メルカリの危険性と評判・評価について

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » お小遣いアプリの危険性 » メルカリの危険性と評判・評価について

メルカリの危険性と評判・評価について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


メルカリ

 

 

メルカリに危険性はあるのか?安全なサイトなのか?評判はどうなのか?を検証した記事です。

 

CMでも放映されているメルカリは、フリーマーケットのオンラインアプリとしては有名です。

 

言い方は悪いですが、わざわざ近所の集会所とかで行われるフリーマーケートに行き、商品を出品しなくとも、またユーザー側におてもわざわざ近所の集会所に行かなくても商品を購入できる良いサービスです♪

 

  • 高いものを安く買うことができる
  • 今や販売していないものも買うことができる
  • オーダーメイドの種類が豊富
  • 思わずポチッとしてしまう手軽さ
  • いらないものを売ることができる

等、良いサービスではありますが、売買を行うのがユーザー同士だという事。

 

オンラインで取引する危険性というもの、それを理解してからの利用をオススメします♪

 

基本的な事ですが、誰もが利用しているフリマアプリなだけにただスマホを持っているから導入したというケースもあると思います。

 

メルカリについてどんな危険性があるのか?まずはそこからです。

危険性の判定

運営会社の情報

メルカリは、株式会社メルカリという直球勝負の企業が運営しています。

 

その名の通り、現状ではメルカリの運営を主体としています。

 

資本金:125億5020万円(資本準備金含む)

設立日:2013年2月1日

従業員数:約250名

 

従業員数の内訳は半数以上がカスタマーサポート(125名)で、残りの8割はプロダクトに関わっている(100名)との事です。

 

そして役員の数を考えるとまあ250名位かなと感じます。

 

メルカリ等のフリマサービスは後述しますが、カスタマーサポートが命と言えるでしょう。

 

2016年には日本版メルカリ4000万ダウンロードで、日本の約1/3人がダウンロードした事になります。

 

ネットオークションとフリーマーケットサービスをあわせたサービスの中では、ヤフオク、楽天オークション、モバオクに次ぐ4位で、フリマアプリサービスの中では首位をキープしています。

 

まあ、フリマアプリの運営会社としてはNo.1という事で、トラブル対応等のノウハウは一番持っているハズです安全マーク

 

子会社として、株式会社ソウゾウという企業があり、メルカリのサービスと関連の深い「メルカリ アッテ」「メルカリ カウル」「メルカリ メゾンズ」等、メルカリを支えるサービスを展開しています。

 

さらにメルカリはポケットマルシェという生鮮品の通販サイトに出資しているので、今後運営が扱う商品として生鮮食品が追加される可能性があります♪

 

さらに2018年6月19日にはマザーズ上場と、順調に会社が大きくなっているのが伺えます。

 

株式市場で非常に話題になっていて、これからのメルカリについて、少なからず影響を与えそうです。

プライバシーマークとSSL

2013年設立という事で、流石にプライバシーマークは取得していません。

 

日本は本社と子会社1つ、あとはアメリカに会社を構えていますので、日本の制度であるプライバシーマークは現時点ではマイナスとは評価しません。

 

2018年に上場が確定していますので、まもまくプライバシーマークが導入されるかもしれませんね。

 

フリマサービスでSSLが無かったらこの時点で利用をオススメしませんが、しっかりとSSLが導入されています安全マーク

 

プライバシーマークとは
SSLとは
登録情報

メルカリの登録情報は以下の通り。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 氏名(フリガナ)
  • 郵便番号
  • 住所(詳細まで)
  • 支払い方法
  • 電話番号

これも通常マイナス評価をつけますが、メルカリのサービスを考えると、これだけの情報が無いと利用できないのはプラスに働きます安全マーク

 

先程のと合わせてこの次に後述しますが、これだけの登録情報が必要な事で抑止できるものがあります。

 

2017年内を予定しているとの事ですが、今後新たに必要になってくる情報として、初回の出品時に、

  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日

は必ず必須になるとの事です。

 

違法・規制違反行為への抑止力強化の一環で、これまでより警察や捜査機関との連携をこれまで以上に強化し、悪質な行為を行なうユーザーの排除に取り組もうとしています。

 

厳しくなったように感じますが、不正利用を行なうユーザーに関して厳しくなったので、通常利用する場合には大きく規制がかかった訳ではありません。

 

初回出品時に住所・氏名・生年月日が必須になる事に意味があるのか?

 

複数アカウント所持の販売を防止する効果は高いと思います。

登録情報というハードル

メルカリはフリマサービスです。

 

フリマというものはどんなものでしょうか?

 

私のイメージですが、よく河川敷とかで地域の方々がテントを張り、家の不要なものだったりを持ってきて販売している所。

 

そういったイメージですね。

 

メルカリはそのオンラインバージョンですので、誰でも簡単に商品を出品する事ができます。

 

という事は、基本的に個人対個人で取引を行うという事です。

 

登録情報には発送情報も含まれますが、登録情報が必要なのは不正対策防止です。

 

あれだけの登録情報を入力していると、売る側も買う側もバックレというのは難しいものです。

 

住所・電話番号、クレジットカード番号まで抑えられているのですから、一般人にバックレは難しいでしょう。

 

そりゃあ嘘喰いとか新宿スワンみたいな世界に生きていればそれも可能かもしれませんが、誰でも簡単に利用できるユーザーに対しての不正利用というのはほぼ、この登録情報の多さでカバーできています。

 

とは言え、評価としては誰でも簡単に利用できるというハードルを高くする為レベル20

メルカリの年齢制限

メルカリの年齢制限は、規約をマイルドに訳すると保護者の同意を得ていれば、未成年でも利用可能。だけど親に連絡する事があるかもよ…です。

 

不正対策の厳しいフリマアプリにおいて、このハードルの低さええんかなと思うくらいの緩さです。

 

が、上記登録情報の詳細さで、誰でも簡単に登録できるかと思いきや、登録画面に行くと登録できないよ…という事もあると思います。

 

年齢制限は実質無いに等しいが、登録情報をしっかりと入力できる年齢で利用しましょう。

最低換金額と換金手数料

メルカリの最低換金額は211円、換金手数料は210円です。

 

…ですので、211円貯まったから換金、手元に振り込まれたのは1円なんて事をやる人はいないと思います。

 

ただ売れた額を換金したいという事が多いので一例として、

 

500円→手数料210円で290円

1000円→手数料210円で790円

2000円→手数料210円で1790円

5000円→手数料210円で4790円

 

となります。

 

1万円に到達すると手数料無料となりますので、どうしても手数料無料で行きたい場合の最低換金額は10000円です。

 

こちらも年内をめどに対策されますが、今後家族名義の口座や婚姻などによる改姓等の場合を除き、登録された氏名と売上金の振込口座が一致しない場合、売上機を引き出せないようにになります。

 

重ねてこちらもですが、不正利用を行なうユーザーに関して規制がかかっただけなので、通常のユーザーに関しては規制がかかった訳ではありません。

販売手数料は10%

メルカリは謳い文句の通り、スマホで写真を撮るだけで簡単に商品を出品する事ができ、出品に関しては全くの無料です。

 

ですがメルカリで取引が成立した場合、販売手数料として売上から10%の手数料がかかります。

 

ここが運営会社の儲けなんですね~

 

10%というと結構な額ですので、販売する際はどうしても10%上乗せした金額で考えてしまいますよね…

利用する側にとっては

メルカリは基本、利用する側にとっては普通にオークションに近く、落札すると相手が発送してくれますので、それを待ち、商品が来たら出品者を評価するという流れで進んでいきます。

 

購入時に値下げを要求する事もできますが、応じてくれる人とそうでない方もいる、これもオークションに近い形ですね。

 

あくまで利用方法としては…ですが、通常のオークションと捉えても良いです。

 

ちょっと怪しいなぁという商品の場合は考慮が必要です。

退会できるのか?

メルカリの退会は、アプリでもPCでもお問い合わせ項目の中の退会したいを選択します。

 

メルカリ退会

 

注意点として一番大事なのは、取引の決済や商品の郵送等、取引の手続きが未完のものがある場合は退会できないという事です。

 

手続きは全て完了してから退会するようにしましょう。

 

まあ登録情報的が抑止力となり、退会する場合は全て手続きを終えるとは思いますが…

 

新宿スワンとか嘘喰いとか以外は…

友達紹介

メルカリには以前は紹介した友達が登録すると300ポイント=300円という友達紹介がありましたが、現在は1人登録するとくじ引き券1枚、友達が30日以内に出品し売買が行われるとくじ引き券1枚(招待した友達も)獲得に変更となりました。

 

くじの賞品ですが、

  • A賞:10000円分ポイント
  • B賞:1000円分ポイント
  • C賞:300円分ポイント
  • D賞:100円分ポイント
  • E賞:50円分ポイント

となっています。

 

友達が10人になった時点でくじを一気に回した結果、

  • D賞:2枚
  • E賞:8枚

となりました。

 

あくまでも参考程度ですが、やはりC賞品以上の壁は大きいという結果になりました。

メルカリの現状

現状のメルカリについて貴重なコメントを頂きましたので追記します。

 

言い訳的な感じですが、この記事はコメント頂いた情報に関して、ある程度気づいている状態で書いてい為、情報が集まり次第アップロードを予定していましたので、オブラートには包まないでいます。

 

現状のメルカリは設立当初の目的であるフリマアプリとして利用されている方も多数いらっしゃいますが、問題のある出品者も「相当数」いるのが現状です。

  • 著作権法違反商品の販売
  • コピー商品の販売
  • チケットの高額転売

こういった問題のあるものが出品されている事も多いというか…カテゴリにおいては巣窟になっているとの事です。

 

まあヤフオクとかでもこういった商品を販売している事もありますから…

 

メルカリでは現状こういったものに対し抑止力が無いという事になりますね。

 

正直、運営が本気を出せばこういった出品はほぼ0に近い状態、あるいは購入する前に抑止する事は可能だとは思います。

 

やっていないという事は"運営管理"に対して問題があるという事ですね。

 

以下、モロにコメントを抜粋させて頂きます。

 

 

トラブルが発生しても、「双方で話し合って下さい。」だけで、何もしません。

 

また、規約違反(上記の様な出品者)に対しても、警告すらせずに野放しです。

 

結局、「手数料目当ての運営」ですので、違法であろうがコピー商品であろうが「なんでもOK」なんです。

 

被害に遭われた人(出品・買取どちらも)は、(自分も含め)自分の周りだけでも多数居ます。

 

出品者は音信不通になり、別アカウントで繰り返す。

 

これに関しても運営サポートは「お構いなし」状態です。

 

 

詳細な登録情報が必要ですが、その登録情報を入力さえしてしまえば不正利用がまかり通っているのが現状ですね。

 

例えばですが、Windows7とか、普通2万円弱で販売していないとおかしいのですが、オークションやフリマアプリ、ネットショップ等では5000円とかで販売してある事も珍しくないんですよね…

 

なんでかって言うと、私は職業柄いろんなソフト売買の方々と関わってきての情報ですが、Windowsって、正直ソフトはインストールできれば何でもいいんですよね。

 

必要なのはプロダクトキーですから、プロダクトキーさえ入力できてしまえば後は何でもいいんです。

 

ですので新宿スワン的な場合だと、クラックやらキージェネやらなんやら…でアレコレして複製できてしまうんですね。

 

で、ソフトはその辺でダウンロードするなり購入するなりして、プロダクトキーを大量複製、そしてそれを売買という流れになります。

 

ホントここで書くのもどうかと思いますが、CADメーカーさんとかって、クラックできる事で知名度が上がっているという事もある為、ある程度容認している所があるという情報を聞いた事があります。

 

漫画でも動画でも同様です。

 

決して違法な商品というのを推奨する訳ではありませんが、多少であれば宣伝になっているのも事実。

 

それであまりにも目に余るようなら摘発…という事もあるようです。

 

そういった商品、当然著作権違反ですし違法でもあります。

 

もうムチャクチャですね。簡単にクラックできるから皆が使うようになり、大手メーカーは使える人が多いから企業でそのソフトを採用するとか…

 

ただメルカリだけではなく、こういった商品、ネットで"格安"とかをつけて検索するといくらでも出てきますね。

 

メルカリの運営管理がどうであれ、この"まかり通っている"事実は、オンラインに潜む危険性というものを理解した上での利用を余儀なくされます。

 

以下のリンクはより詳しく、メルカリの不正売買について考察した記事です。

 

 

メルカリの対策

メルカリは対策強化として、2017年末に

  • 初回出品に住所・氏名・生年月日の登録を必須化
  • 口座は本人及び家族、改姓を除き登録情報と一致しないといけない
  • 違法行為に対するAI導入、盗品に対して損害額の補填を行なう

という対策を発表しています。

 

初回出品時に住所氏名・生年月日の登録を必須化、そして口座が本人及び家族、改姓を除き登録情報が一致しないといけないという事は、複数アカウントを所持して、複数商品を出品するユーザーに対して効果があります。

 

AIを用いた不正の検知は、既に一部開始されているのですが、過去に発生した違法行為を分析し、自動的に不正を検知していくとの事です。

 

そして盗品に対しても警察との確認を行い、盗難にあった被害者に対して損害額の補填を行っていくとの事です。

 

この対策が発表され、利用規約が改定され、禁止される出品物を明確化しました。

 

2017年10月時点での禁止物は

  • 法令に違反する商品
  • 主として武器として使用される又はそのおそれのある目的を持つ商品
  • 他のユーザーの権利を侵害する又はそのおそれのある商品(偽ブランド品を含むがこれに限られないものとします)
  • 犯罪等によって入手した商品
  • 公序良俗に反する商品(アダルト関連の商品、わいせつな商品、児童ポルノに関連する商品を含むがこれらに限られないものとします)
  • 商品の販売の際に、法律上の許認可が必要な商品
  • 人体・健康に影響を及ぼすおそれのある商品
  • コンピュータウィルスを含むデジタルコンテンツ
  • 一つの商品でありながら代金を複数に分割して出品された商品
  • 道路運送車両法上の所有者の変更登録が直ちにできないまたはそのおそれがある自動車およびオートバイ
  • 債券、有価証券、保険等の金融商品
  • 人体、臓器、細胞、血液またはそれに類するもの
  • 生き物
  • 盗品
  • 物品ではないもの(情報、サービスの提供、会員権などの権利を含むがこれに限られないものとします)
  • その他、弊社が不適切と判断した商品

となっています。

 

出品の際には、出品禁止なものを必ず確認しておきましょう。

 

通常のユーザーであっても、下手をすると警察沙汰になってしまう可能性がありますので…

 

まあこんな感じになると思いますよ…

 

メルカリの評判

フリマアプリは評判・評価が命と言えるでしょう。

 

オークションでも、出品者が評価されている所は安心して利用する事ができますよね♪

 

この情報はネットを調べ上げた評判です。

良い評判
  • 出品が無料
  • 手軽
  • 自分で価格を決めてモノが売れる
  • いらないものを整理できる

等、フリマアプリである事が注目されていますね♪

 

 

まあ良い評判ですので、大体第一印象でそういった印象を受けますし、取引をすると実際にそう思います。

 

メルカリを初めて目にする時、大体こんな感じの評判から入ると思います。

 

では、悪い評判について…これは詳しくいきます。

 

オンラインで売買を行う危険性というものを理解して欲しいですから…

悪い評判

メルカリの悪い評判と言っても、集約されるのは"トラブル"です。

 

トラブルに巻き込まれるからこそ、メルカリの評判は悪くなりますし、出品者もユーザーもメルカリのイメージは悪くなります。

 

という事で、トラブルを調べた上でのリストアップです。

 

出品側、購入側に分けていきます。

 

購入側のトラブル
  • 実際の商品と違う
  • 招待コードのトラブル
  • 偽物が届く
  • 送料込みなのに着払い

 

出品側のトラブル
  • 受け取り側が受け取り評価してくれない
  • キャンセル・返金のトラブル
  • 商品が届かない・戻ってくる

 

です。

 

これでも私、昔せどりをやった事があるので、こういったトラブルがあるのは十分に承知しています。

 

あの頃のノウハウ…と言ってもそれなりですが、対処法つきで紹介していきます。

メルカリ決済の仕組み

まず、メルカリで商品の売買が成立する仕組みというのを理解しましょう。

 

商品の売買が成立し、出品側が報酬を受け取るには購入者側が受け取り評価というものをしてくれないといけません。

 

このシステム的には運営側が売買の仲介に入るエスクロー決済という形で、不正利用の防止の1つとなっています。

 

つまり、出品側が商品を発送しない場合、購入側に商品が手元に届き、その商品に満足しない限り受け取り評価を行わなければ出品者にとってメリットのない状態となっています。

 

これはお金を支払う側、つまり購入者側の"権利"ですので、一番強い抑止力となります。

 

究極の話、受け取り評価というものは購入者側にとっての最後の砦、評価さえしてしまえば後はどうでもいいという事になります。

 

ですので購入者側は、受け取り評価を忘れないよう、正当な時でも不正だと思う時でも意識しておいて下さい。

 

どんな理由があっても先に受け取り評価を行ってはいけません。

 

受け取り評価さえすめば、極端な話商品を発送しなくてもいいのですから…

 

かと言って受け取り評価は水戸黄門の紋所のようなものではありませんので、正当な取引の後受け取り評価をしないという事は購入者側が退会処理、それ以上の問題となってしまいますので注意して下さい。

 

何度でも言いますが、この受け取り評価で出品者側に売上が発生します。

運営管理は助けてはくれない

先程コメント頂いた情報のまとめですが、メルカリの運営管理は基本、ユーザー間で話し合って下さいというのが基本です。

 

個人的見解になりますが、コピー商品とかが野放しなのも、手数料で運営しているからというのもありますが、違法ものなどがメルカリにあるという事を問題としたくないからだと思いますね…

 

オークションやネットショップでも違法ものがまかり通っている今、メルカリが矢面に立つのは避けたいのでしょうね…

 

助けてくれないのならどうするか…自分が知識を身につけるしかありません。

 

以下、代表的なトラブルをまとめておきました。

購入者立場のトラブル

実際の商品と違う

実際の商品と違う…オークションでもネットショッピングでもあり得る事です。

 

例えば実際の商品と色味が違ったり、思っていた質感ではなかったり…

 

まあ質感を伝えるのは困難ですし、色が違うのは画面色と印刷色の違いと言ってしまえば言い訳がつきます。

 

これはしょうがないですが、例えばジャギの仮面を頼んだのにアミバのヘアバンドなぞ来ようものなら、それは流石にクレーム対象です。

 

それこそ名を語り、親友をそそのかされた時、兄の名を語り残虐非道の限りを尽くされた世紀末救世主のように上半身の服が弾け飛んでしまいます。

 

この場合、先程に出てきた受け取り評価をする前に出品者に問い合わせる、出品者が俺の名前を言ってみろの一点張りだった場合、運営会社に問い合わせる必要があります。

 

ここまでがモラルの話です。

 

色味が違った、質感が違ったでも返品やキャンセルは可能ですが、それはネットで商品を買う以上、サイズ違い等のリスクは少なからずあると思って下さい。

招待コードのトラブル

これは情報から知った事ですが、モンスト等のゲーム掲示板やSNSにおいて、「メルカリの招待を受けてくれたら変わりに○○のサービスの紹介を受けます。」とか、商品券プレゼントとか、何らかの条件を提示して、見返りに何かしてくれるというものですね。

 

これはお小遣いサイト全般、他の条件を提示して友達紹介を行うのは基本禁止されています。

 

例えば○○をダウンロードするのに登録して紹介コードを入力等、この手の不正は知っているだけでもかなりありますが、全て運営側に対処されています。

 

…というか、こういったものが出品されていたらもう、受けない方が身のためですね。

 

もし受けてしまった場合、余程信じられる方でない限りは受け取り評価の処置を行い、運営会社もしくはしかるべき機関に違反を訴えるのが吉です。

 

仮にやってしまったとしても、最悪ダメージが無いというのがこのトラブルの痛い所です。

偽物が届く

もし偽物が届いた場合、それが精巧な偽物で自分が気づかないのであれば、それはそれでユーザーにとっては本物?ではないかと私は思います。

 

思いますが、偽物を扱い大量に商品を出品して設けている方もいるのは事実。

 

中にはDVD等の海賊版を出品されている方もいらっしゃる様です。

 

まあこれは違法ですので、運営会社にお問い合わせ対象ですよね。

 

…あくまで気づけばの話ですが。

 

商品を偽物と知っていて購入した場合、ユーザーも罪に問われてしまいますので、気づけば対処が原則危険性を回避する方法になります。

送料込なのに着払い

送料の問題はよくある事です。

 

通常出品者が送料を負担するものですが、これは必ず負担するものではありません。

 

負担しないと同一価格で同一商品があった場合、売れなくなりますが、唯一無二のものに対しては購入者が送料を負担してでも欲しいものです。

 

これはもう、書いた書かないかというのが一番の問題になってきますので、売買のやり取り時に送料に関する記載が無い場合、必ず送料に関しては出品者に問い合わせるべきです。

 

送料がかかるからキャンセル、送料がかかるから返品しますは、運営会社も対応が難しいと思いますので…

出品者側のトラブル

受け取り評価をしてくれない

受け取り評価をしてくれない原因は沢山あります。

  • 商品が届いていない
  • 配送方法の不備
  • 実際の商品と違う

等、出品者側のトラブルがそっくりそのまま当てはまりますよね。

 

それ以上にただ嫌がらせで評価しない、そもそも評価するという事自体を知らないという場合もあります。

 

購入者側が存在を知らない場合、なんで評価しないといけないの?から説明しないといけませんが、これは売る側に課せられた"枷"でもあります。

 

スーパーでも製品の原料表示を求められたり、最近では野菜なんか○○さんが作っていますまで記載されているものもあります。

 

オンラインのサービスである以上、何が気に入らないのかを聞き入れ、それに対処してくしかありません。

 

素直に購入者側に受け取り評価の事を聞き、受け取り評価をしてくれるのであればそれで良し、評価をしてくれないのであれば何が原因か?どうしたいか?というのを聞き出していくしかありません。

 

これは商売ですので、原則出品側が対処しないといけない事です。

キャンセル・返金のトラブル

メルカリでは規約上基本的に購入者が強い立場に設定されていて、キャンセルや返金に応じる必要があります。

 

例えば商品の内容が説明文と違ったり、商品が届いたが一部が欠けていたりと、様々な要因があります。

 

ただ説明文が完璧で、出品者に何も落ち度がない場合は返金に応じる必要はありません。

 

とは言っても、それを決める立場が強いのは購入者側ですので、基本的にはキャンセル・返金に応じる事になります。

 

ですがムチャクチャな理由での返金・キャンセルに対しては自分に落ち度がないかぎり、毅然とした対応をすべきです。

 

場合によっては運営会社に対応を求めるのも良いでしょう。

 

なにせ販売手数料10%ですから、10%分の働きはやってもらいましょう。

商品が届かない

自分のミス、配送業者のミス、相手のミスと3つ考えられますよね。

 

自分のミスはもうどうしようもないので、素直に謝り、キャンセルならキャンセル、そのまま発送なら発送、悪い評価をつけられてもしょうがないです。

 

配送業者のミス、これも結構手痛いものです。

 

発送前に状態がどうなっていたか分かりませんし、商品を配送しているのは自分ではない為、天候の問題等に対しては文句がいいにくいですよね。

 

ただ、期日までにちゃんと配送するのが配送サービスですので、ちゃんとした記録を取っているであれば、早めに遅れる旨を出品者に伝えることで悪印象を持たれる事はないでしょう。

 

最後に相手のミス、これは商品が戻ってきた時に発覚しますので、住所が間違っていないか?を再度尋ねる事になります。

 

念のため、もう一度間違いがないか聞く位でもいいでしょう。

 

それでキャンセルや返金されるとすれば、購入者側が強いですから…お金を払っている限りどうしようもない事でしょう。

出品者にとってメリットがあるかどうか?

最後にこれは書いておきたい。

 

商品を売買する事により、出品者にとって何のメリットがあるか?についてです。

 

例えば先程のWindows7、普通に購入すると2万円弱のものを5000円で販売、これって出品者にとって何のメリットがあるか?という事です。

 

物理的に考えて、どう考えても2万円のものを仕入れて5000円で販売すると赤字になってしまいますよね。

 

という事は、何らか5000円で販売しても利益が出る仕組みがあるという事です。

 

クラックすれば0円とCD、ラベル印刷、ケース代位か…?

 

であれば5000円でも4000円位は利益が出ますよね♪

 

という事は、正規品が5000円で売られる可能性はほぼ無いという事です。

 

0じゃないという所がポイント。

  • パソコンを買い替えたから2個ライセンスを持っている
  • 新しいものにアップグレードした
  • 人からもらった

とか、理由はいくらでもあるから0とは言い切れないのが、もしかすると正規品かも…?という可能性を否定できないです。

 

ただほぼ0に近い可能性ですので、ここでおかしいと思う事で大部分のオンラインにおける危険性というものを回避する事ができます。

 

個人的見解

メルカリは、取引に対する知識・注意点を身に着けておくという事を理解しておけば、危険なアプリではなく、ネットでも販売していないようなものを手に入れる事ができる良いサービスです♪

 

ここまでできた上で、稼げるというよりも有益な取引ができた場合、その価値は稼げるレベル40です。

 

今回はちょっと、評価の趣向が変わってしまいましたね。

 

正式に言うとお小遣いサイトというよりもフリマアプリですので、評価の方法も、重視する所も変えた結果です。

 

何度でも念仏のように言いますが、オンラインに潜む危険性といういものに対処できる場合、レアな商品でも手に入れる事ができる良いサービスです♪

 

私に言える事は、CMで言われる無料で簡単に登録、画像をアップロードするだけで商品を出品できる!!だけでなく、危険性というものを理解して、本当に良いサービスを利用しましょうという事です。

 

それができれば…普通手に入らないものも手に入れる事ができる可能性もある良いアプリです♪(マイベストフレンドでさえ…)

 

PC版メルカリはコチラ

 

メルカリ

 

アプリ版はこちらです。

 

App Storeからダウンロード   Google Playからダウンロード

 

招待コード:FTRCCC

 

この招待コードを入力する事で50~10000円相当が当たります♪


2018年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントは9件です

  1. はじめまして。

    最近のメルカリに関してですが、
    ・著作権法違反商品の販売
    ・コピー商品の販売
    ・チケットの高額転売
    の巣窟と化してますね。
    確かに、サイトの「設立当初の目的」に乗っ取っての方も多数いらっしゃいます。
    しかし、問題ある出品者も「相当数」居るのが実情です。
    そして更に問題なのが「運営管理」です。
    サポートに力を入れていると書いてらっしゃいますが、全くに近いほど機能していません。
    トラブルが発生しても、「双方で話し合って下さい。」だけで、何もしません。
    また、規約違反(上記の様な出品者)に対しても、警告すらせずに野放しです。
    結局、「手数料目当ての運営」ですので、違法であろうがコピー商品であろうが「なんでもOK」なんです。
    被害に遭われた人(出品・買取どちらも)は、(自分も含め)自分の周りだけでも多数居ます。
    出品者は音信不通になり、別アカウントで繰り返す。
    これに関しても運営サポートは「お構いなし」状態です。
    内容を変更して、より正確な「警告」をされる事を希望します。

    • コメントありがとうございます!!

      貴重な情報、ありがとうございます!!

      記事を更新しましたので、機会があれば確認して頂けると幸いです。

      現在はこういった事がまかり通っていますよね。メルカリだけではなく、オークションやネットショッピング等でも…

    • メルカリ事務局は、酷すぎるよね。
      偽物売っているの、画像では真偽の判断がつかないって。手数料10%で荒稼ぎ。
      新たなピンハネ商売だよね。

  2. メルカリの事 勉強不足で 登録もしないで数か月前 購入ボタンを押したのですが、、、もちろん商品は届きません。 がメルカリから 「ご利用ありがとうございます。ポイント期限が切れます」 のメールが入ってます。支払もカードでしたかどうか??不明です。
    この状態を どう考えたら良いですか?

    • コメントありがとうございます!!

      その状況…おかしいのでまずはやりとりの記録を確認します。

      その上で運営会社にお問合せする必要があるかと思います。

      ただそれができない状態、登録していない状況でお買物、メルカリでできるでしょうか?
      私的にはできないと認識していましたが…

      登録情報があるかどうかもあわせて確認してみた方が良いです。

      登録せずに相手とコンタクトを取り、メルカリ外で取引となれば正直厳しいです。

      …今思ったのですが、メルカリから有効期限のメールが来るのであれば、メルカリに登録してないでしょうか?

      そのメールが来るメールアドレス、それが登録メールアドレスでありアカウントであると思うのですが…?

      パスワードは再設定する事が可能ですので、その辺りから始めてみてはと思います。

  3. メルカリ事務局は酷いよ。
    酷すぎる。
    具体的に訴訟準備をするまで、キャンセルさせない。
    途中経過の説明無し。
    手数料で荒稼ぎしたいのはわかるが、
    問題の有る出品者を見逃すと受け止めてられる、当事者で話合いを。って。
    結果的には、出品者からのコメント無し。
    メルカリ事務局からの説明も無し。
    ただ、キャンセルしました。で終わり。
    10日以上、受け取り催促を続けるシステム、異常だよ。

  4. 素敵な購入者様に恵まれて、楽しく利用していました。この夏の広島の豪雨災害で発送が厳しくなり、一時お休みします。とネームの横に付け加えました。ボタン1つで全品を出品一時停止に出来る機能を知らなかったのです。相当数出品していたので、普通の生活もままならない中1つ1つ訂正するのが大変だったので。そんな中購入されたとの通知。お休みしている事。発送に日にちが頂きたい旨コメントしました。2日ほどたっても返答なし。仕方なくエレベーターの停まったマンションの12階から老体に鞭打って発送。取引終了まで一度も連絡頂けなかったので、少し心使いを頂きたかったと普通の評価をしたところ 事務局から、コメント必要の決まりは無い 表記よりも発送が遅い 出品停止か発送日数の変更の義務がこちらにあるので、評価は公開しない。との連絡。機能を使い切れなかったおばあちゃんの愚痴です。先方からの評価には、迅速な対応ありがとうございました。とありましたが、事務局に不信感を持ち退会しました。

  5. メルカリで商品を分割で購入したのですが、カード会社から一括の明細になってました。
    問い合わせをしましたが、分割購入の確認は出来ましたが、確認は自分でクレジットカード会社にしろって丸投げの対応でした。
    できもしない事をやって、何かあれば利用者丸投げにする糞みたいな会社です。

    • コメントありがとうございます!!

      そりゃあ意味がわかりませんね。

      だったら分割で購入できるって書くなよって感じになってもおかしくないですね。

      サポートさんに当たり外れがあるのか?それともマニュアルなのか?が気になる所です。

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2018年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2018年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

超期待のスマホお小遣い

モバトク通帳
モッピーを運営する株式会社セレスに
譲渡され、しばらくは息をひそめていたが、ついに改善傾向が見られ始めました

今後の成長に期待している
お小遣いサイトです

おこづかいとウェブマネー稼ぐならモバトク!

モバトク通帳の危険性と評判について

若干のつぶやき
11月16日:げん玉のポイント有効期限を延長する方法として、クリックのみでポイントを獲得でき、尚且サービス利用としてカウントできるコンテンツが登場していますね♪”4Dドレナージュ美容器"という広告なのですが、1人2回限りクリックのみで10ポイント=1円もらえ、サービス利用とカウントされます。1人2回だとそもそもこの広告が半年後残っているかが微妙ですので、あくまでも1回限りですが、2円相当獲得でき、ポイント有効期限を延長させる事が可能です、興味ある方は先程の広告名で、げん玉の検索窓から検索してみて下さい。こういった広告、中々気づかないものです。ただげん玉は、ポイント有効期限について、トップページに残り期間を掲載すべきじゃないかなと思います。サービス判定されたら延長される事で、ユーザーがポイント失効しないよう気を配っているように見えると思いますけどね…
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 13484853総閲覧数:
  • 3362今日の閲覧数:
  • 4801昨日の閲覧数:
  • 15現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み