LINEPay詐欺なのこれ?本物と偽物の見分け方を徹底解説!

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » モバイルペイメント » LINEPay詐欺なのこれ?本物と偽物の見分け方を徹底解説!

LINEPay詐欺なのこれ?本物と偽物の見分け方を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEPay詐欺

 

『これって詐欺なの?』

 

あるLINEアカウントからLINEに届いたメールが怪しいと、ツイッター上で"LINEPay詐欺説"とLINEPay詐欺じゃない説"があって、結局どっちなの?という状態ですので、今回は【LINEPay詐欺】について検証していこうと思います。

 

こちらの記事もおすすめ!

 

 LINEPay詐欺の危険性

詐欺

 

LINE乗っ取りによる詐欺

2014年頃に、「コンビニでWebMoneyのプリペイドカード買うのを手伝ってくれませんか?」というLINEアカウント乗っ取りによる詐欺が流行しましたが、Twitterで「LINE乗っ取り」で検索してみると、2019年6月現在でも多くの方がLINE乗っ取り被害に遭っていることが分かりました。

 

 

 

 

LINEアカウントを乗っ取られると、

LINE乗っ取り

 

自分のスマホでLINEを起動しても、上記の画像のように「利用することができません」と表示されます。

 

LINE乗っ取りは、

    • LINEに登録しているメールアドレスとパスワードが漏洩した
    • 電話番号と4桁の認証コードを聞いてくる詐欺メールが届く

 

このような方法で入手したあなたの情報を利用します。

 

LINEアカウトは1つの電話番号または1つのメールアドレスに対して1アカウントしか作成できないので、あなたの情報を利用して犯人のPCやスマホで新規アカウント作成された場合は、あなたの端末は【旧端末】扱いとなりLINEを利用できなくなってしまうのです。

 

LINEの新規アカウントを作成するには、登録した電話番号宛に届く認証番号を入力しないと作成することができないようになっています。

 

友達だとしても、絶対にこのSMSで届いた認証番号は教えないようにすることが1番の対策となります!

 

 

もしもLINEアカウントを乗っ取られた場合、友達に迷惑をかけてしまう可能性があるということ、そしてLINEPayを利用している人であればLINEPay残高を狙われる危険性が高いです。

 

当サイトでも、スマホ決済を安全に利用する為に【パスコード】を設定するように勧めていますが、LINEが乗っ取られたとしても犯人はこの6桁のパスコードを突破できないとLINEPay残高を利用することはできません。

 

しかし、パスコードを設定していない場合はLINEPay残高を使い放題の状態になります。

 

今日LINEが乗っ取られる可能性も0ではないので、今すぐにでもLINEとLINEPayのパスコードロックを設定するようにしましょう。

 

そして、誰にも認証番号は教えないようにしましょう。

 

フィッシング詐欺の報告あり

フィシング詐欺メール

 

あなたのLINEへこのようなメールやトークが届いたら、それは詐欺です!

 

絶対に本文中のリンクを開かないでください!

 

 

フィッシング詐欺とは、公式のLINEからの連絡に見せかけて、LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力させ、その情報を元にアカウントを乗っ取るという悪質な行為です。

 

フィッシング詐欺の特徴としては、

 

    • 本文中にログイン画面へのURLがあり、そのURLにアクセスするように説明している
    • 日本語に不自然な部分がある
    • フィッシングサイトには、ログイン画面上部にURLが表示される

 

フィッシングサイト

 

このような少しでも怪しいと感じるメールのリンクは開かず、開いてしまった場合もリンク先のログイン画面でメールアドレスやパスワードを絶対に入力しないようにしてください。

 

さらに、ログインしてしまってもSMSで送られてくる4桁の暗証番号だけはなにがなんでも入力してはいけません!

 

「緊急!」「安全確認!」といった言葉を利用し、怪しいけど本当に緊急だったらどうしよう…と思わせることが本当に上手です。

 

このメールが届く前に、身近な人に不正ログインされたという方がいたり、ネットで最近不正ログインされたという情報をみた後に「あなたのLINEアカウントに異常ログインがありました。」なんてメールが届いたら冷静な判断ができるのか。

 

ログイン画面なんて、本当に本物とそっくりで素人が見分けるなんて無理ですもん。

 

 

すでにフィッシングサイトにログインしてしまったよ…という場合は、

 

まずLINEのパスワードを変更してください。

 

そして、LINEに登録しているメールアドレス&パスワードを他社でも利用している場合は、被害が拡大する前にパスワードを変更してください。

 

 

なんか怪しいな…というメールが届いたらLINEに本文をそのまま転送してほしい!ということでした。

 

フィッシング詐欺報告用メールアドレス:dl_pm-report@linecorp.com

 

 「LINEPay本人確認」って詐欺?

SNS認証

 

Twitter上で、

 

「これは詐欺なんじゃないか?」

 

言われているのが、この【LINEPay本人確認】というアカウントからのメールです。

 

 

 

このメールが届いた方の中には、「LINEPayに何も申し込んでないけど…」「そもそもLINEPay使ったことない」という方も多いようで、LINEPay詐欺なんじゃないのか?というツイートが一気に広がっていきました。

 

この記事を読んでいる方の中にも、同様のアカウントからメールが届いた!という方がいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

実はこれ、LINEPayで開催されていた「300億円祭」の影響なのです。

 

300億円祭

 

300億円祭は、5月20日~5月29日の期間だけ開催されたLINEPayのキャンペーンで、無料で友達に1000円相当のLINEPayボーナスを送ることができるという企画の中で、LINEPayボーナスを10人以上に送った人だけが参加できるTwitterの企画も同時開催されており、10名に100万円分のLINEPayボーナスが当たるというものでした。

 

その為、あまり連絡を取っていない人や、LINEPayを使用していないと知っている人など、LINEで繋がっている人であれば送ることができました。

 

LINEPayをやったことがない人にも「〇〇さんから1000円相当のLINEPayボーナスが届きました。6/30までに本人確認をして受け取ろう!」という内容で友達の名前からメールが届くので、送る人を間違えたのかな?と思ったり、興味がなさすぎてスルーしたという方もいると思います。

 

本人確認をすればLINEPayを使用することでお買い物ができるLINEPayボーナス1000円分がもらえますが、使用してもいないスマホ決済の1000円分をもらう為に、身分証と自分の写真を撮影したり、銀行口座を登録をしてまで受け取った方は少ないのでは?と思いました。

 

そのような、なんでそこまでしてまで…と思いスルーした方宛に、あの【LINEPay本人確認】というアカウントからメールが届いた可能性が高いです。

 

 

TwitterのLINEPay公式アカウントにも掲載されていましたが、

 

 

つまり、お友達から1000円分のプレゼントが届いているよ。6/30までに本人確認をしないと受け取れないよ。というLINEからの最終メッセージだったのです。

 

 

もし、確か友達から届いていたなという記憶がある方でも、勝手に送られてきたメール内のURLから本人確認するのは本当に不安だと思います。

 

上記のLINEPay公式アカウントのツイート内にもありますが、公式マークがついているか、いないかをしっかりと確認して本人確認するようにしましょう。

 

 LINEPay公式ブログを確認

LINEPayブログ

 

LINEPayの名を利用したキャンペーンにも注意しましょう!

 

最近では「梅雨バイバイキャンペーン」など、LINEPayでは開催していないキャンペーン情報が出回っているようです。

 

LINEPay公式以外から発信しているキャンペーンなどは、LINEPayとは一切関係ないと言い切っていますので、少しでも不安に思ったときはLINEPay公式ブログを確認するようにしましょう。

 

LINEPay公式ブログ:http://pay-blog.line.me/

 

 最後に

旅行

 

2019年6月時点で確認できた「LINEPay詐欺なのこれ?」という情報をまとめました。

 

スマホ決済もキャンペーンを行う度に、チャージをしてみよう!実際にお買い物をしてみよう!割り勘機能を使用してみよう!送金機能を使用してみよう!といった感じに、どんどん自分ひとりだけではなく、周りの人を巻き込む系のキャンペーンが多くなった気がします。

 

周りの人を巻き込むキャンペーンを行えば、登録人数も自然と増えますしね。

 

運営としては、スマホ決済時代を生き抜くために登録人数確保に全力をあげている時なのでしょうね。

 

この記事は、今後も「詐欺なの?」と思うような情報を見つけしだい、どんどん更新していこうと思います。

 

関連記事:LINE Pay(ラインペイ)の危険性と評判、注意するポイントについて

 

関連記事:初心者がハマる「LINEPayの罠」、絶対に知っておくべきポイント!


2019年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2019

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2019年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2019年

おすすめお小遣いサイトランキング2019へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2019年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2019年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
8月14日:明日から我が広島も暴風域に入る、台風10号、台風10号がやってくるのがちょうど8月15日で、先に墓参りを済ませておこうと思っています。8月15日と言えばお盆というのもありますが、広島ネタとしては戦争が終わった日というイメージが強く、12時には黙祷を、私も息子たちにもさせようと思っています。ちょっと戦争の話から離れますが、75年前、85歳の方であれば10歳の頃、戦争が終わったという事になるのですね。その頃の文化って、テレビもない時代だったのでしょうけど、オート三輪とかが走っていた、まさに昭和の時代というのにふさわしい時代だったんでしょうね。本格的には戦争が終わった10年後位から、高度経済成長期を迎えてからのほうが本格的なんでしょうけど、こういった時代にはちょっと憧れがありますね。昭和のファミコンとか、懐かしいなぁと感じます。私が子供の頃は上の従兄弟がファミコンを持っていて、まったくわからないなりにも、マリオとかやったっけ…懐かしいです。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 14669631総閲覧数:
  • 2318今日の閲覧数:
  • 4010昨日の閲覧数:
  • 16現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み