pring(プリン)の危険性と評判・評価について

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » モバイルペイメント » pring(プリン)の危険性と評判・評価について

pring(プリン)の危険性と評判・評価について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お金コミュニケーションアプリ「pring」

 

お小遣いサイトのポイントインカムやちょびリッチで「pring(プリン)」が交換先に追加された事で、その存在を知ったという方も多いのではないでしょうか?

 

 

お小遣いサイトは、ショッピングやアプリインストール等、日常で行っている事をお小遣いサイト経由で利用すると現金にも交換できるポイントが貯まるというメリットもありますが、お小遣いサイトで貯めたポイントを現金化するには申込から数日待ったり、中には手数料が必要なお小遣いサイトもあるというデメリットもあります。

 

そのデメリットを無くしてしまったのが、今回ご紹介するpring(プリン)です。

 

お小遣いサイトから銀行口座へリアルタイムで交換が完了し、手数料もかかりません。

 

お小遣いサイトからpringにチャージしたお金は、セブン銀行ATMで24時間365日現金を引き出すことができます。

 

今回は、業界初?リアルタイムで現金に交換できるpringに危険性はないのか検証したいと思います。

 

 危険性の判定

 運営会社の情報

「pring(プリン)」は、マザーズ上場している株式会社メタップスの子会社である株式会社pringが運営する、送受金アプリです。

 

上場している会社の子会社という事なので、悪質なアプリではなさそうです。

 

2018年3月にメッセージ感覚でカンタンにお金を送りあえる無料送金アプリとして「pring(プリン)」をリリース。

 

プリン1年の歩み

 

設立日:2017年5月

資本金:7億3,094万円

従業員数:20名ほど(業務委託など含)

 

総合人材サービス大手の広告営業でナンバー1の成績の方や、決済関連サービスで10年以上の営業経験がある方など、すごいキャリアの持ち主が活躍しているようです。

 

おばあちゃんでも使いこなせるアプリを目指している事もあり、現在5歳~85歳の幅広い年代の方が利用。5歳の子でも親の同意があれば利用ができます♪

 

pring(プリン)が目指している世界観は「お金の通り道に発生する摩擦をなくす」

 

摩擦とは、口座に振り込む際の「手数料」、人にお金を借りる返してもらう際になかなか言い出せないという「ストレス」の事だそうです。

 

 急成長中の企業

無料送金アプリプリンリリースからの1年間

 

  • 2018年3月8日、pring(プリン)リリース
  • 2018年3月19日、Androidアプリリリース
  • 2018年10月22日、法人向けに経費精算や報酬支払サービス開始
  • 2018年12月11日、チャット機能の充実
  • 2018年12月28日、お小遣いサイト「ポイントインカム」と提携開始
  • 2019年3月7日、法人から個人への送金サービス「業務用プリン」リリース
  • 2019年3月8日、リリースから1年で送金額が累計15億を突破
  • 2019年3月12日、Pringの残高がセブン銀行ATMでおろせるようになった
  • 2019年3月14日、お小遣いサイト「ちょびリッチ」と提携開始

 

今後、提携するお小遣いサイトも増えていきそうですし、今後も右肩上がりに伸びていく事でしょう。

 

 登録可能な年齢

登録可能な年齢は、20歳以上(拘束力のある契約を締結する能力があること)。

 

20歳未満の場合は、親権者の同意が必要です。

 

現在5歳の子も利用しているという事ですが、お祝いやお年玉なども現金で渡すという事自体無くなるかもしれませんね。

 

退会できるのか

不安げな男性

pring(プリン)の退会方法は、アプリ内の[FAQ]→[pringを解約するには?]→[解約はこちら]の順で進んでください。

 

解約後は、pringアカウントの残高は登録している銀行口座へ翌営業日に全額出金されます。複数の口座登録がある場合は、最後に登録した口座が自動的に選択されます。

 

《退会前の注意点》

  • 退会すると、すべての取引履歴は削除されます
  • 決済・送金手続き中は解約することができません

 

 問い合わせ窓口の対応

pring(プリン)を分かりやすくご紹介したいと思い、サービス内容やヘルプをみても詳しく説明されていない部分に関してはPring(プリン)へ問い合わせさせてもったのですが、対応がすごく良いです。

 

<1回目>3/17(日)に質問して、3/18(月)に返信

<2回目>3/25(月)に質問して、3/25(月)に返信

<3回目>3/27(水)に質問して、3/28(木)に返信

<4回目>4/5(金)に質問して、4/5(金)に返信

 

調査関係ではなく、すべてサービス内容に関しての質問なので早いのかもしれませんが、実際にpring(プリン)にログインする事ができない時もあって、その時は当日に返信があり本当に助かりました。

 

pring(プリン)には、他にはない"アプリから銀行口座へ無料でお金を戻す"事ができますが、チャージ、送金機能、お店決済とスマホ決済の戦国時代を生き残るには、サービスの質だけでは無理で、ここの企業であれば安心と思わせる対応力が必須だと思います。

 

スマホ決済サービスには、銀行口座やクレジットカード情報といった漏れては困る情報を預けるわけですから、pring(プリン)のように私のように気になったレベルの質問に対しても、しっかりとサポートしてもらえるかがスマホ決済サービスの危険性のひとつでもあると思います。

 

 機種変更はしても大丈夫なのか

機種変更後も使用する事は可能です。

 

《番号の変更がない場合》

 

機種変更した携帯で、アプリをダウンロードし、携帯番号を入力するとSMSが届きます。

 

SMSに記載された番号をアプリに入力する事で端末認証が完了し、登録画面に進みます。

 

《番号の変更がある場合》

※6桁のパスワードが分からない場合は、先に旧端末でアプリにログインし、パスワードを再設定する必要があります。

 

〈パスワード再設定〉

プリンホーム画面の[自分のアイコン]をタップ→右上の[人型]をタップ→[ログイン情報]をタップ→[パスワード変更]

機種変更した携帯で、アプリをダウンロード後、以下の手順で引き継ぎが可能です。

 

  1. [さあ、プリンをはじめよう]をタップ
  2. 利用規約への同意[同意する]をタップ
  3. 端末認証:新しい電話番号を入力→SMS受取→SMSに記載の番号(4桁)を登録して[次へ]をタップ
  4. [データ引き継ぎはこちら]をタップ
  5. [以前ご利用の電話番号]を入力して[確認]をタップ
  6. [登録のパスワード6桁]、[セイメイ(カナ)]、[生年月日]、[アカウントに登録している銀行口座番号]を入力して[次へ]をタップ
  7. 引き継ぎ完了

 

機種変更により番号が変わる予定の方は、まず6桁のパスワードを覚えているか?

 

覚えていない場合は、上記の「パスワード再設定」の方法で再設定しておきましょう!

 

 保証面はどうなのか

不安そうな女性

 

Pring(プリン)を利用していて、端末を紛失してしまった!不正ログインされた!このような場合に保証してもらえるのでしょうか。

 

利用規約には、

27.ユーザーの責任

当社は、pringの盗難、不正利用(当社の責めに帰すべき事由によることなく、ユーザー本人によらずにpringが利用された場合を含みます。)、紛失等に関しては、一切責任を負いません。

 

このように記載されていますが、よくある質問には、

端末を紛失してしまった→「お問い合わせフォーム」からお問い合わせください。お客様のpringアカウントを停止させていただきます。

 

アカウントを他人に乗っ取られた(不正ログイン)→「問い合わせフォーム」からお問い合わせください。悪用されないようにアカウントを削除いたします。後日弊社にて調査後、残高移行等のお手続きをさせていただきます。

一切責任を負わないと記載されているのに、残高を移行してもらえるってどういう事?

 

この部分に関して、pring(プリン)に問い合わせをしてみました。結果は…

 

盗難、不正利用、紛失等に関しては一切責任を負いません。

 

よくある質問に記載してある「残高移行等のお手続きをさせていただきます」とは、

 

不正ログインされた場合に、停止したアカウントの残高を、別アカウントに移行させていただくことをさしております。

 

LINE Payのような保証制度はないけど、不正ログインの場合のみ残高を守る事はできそうです。

 

 複数の端末での利用はアカウント停止

Pring(プリン)の使用は、1電話番号につき、1アカウントとなります。

 

一人で複数アカウントを保持することは、利用規約違反でアカウント停止となります。

 

 1日の上限金額について

1日の上限金額は以下の通りです。

 

《入金の場合》1日あたり100万円

 

《出金及び送金の場合》原則として1日あたり10万円 ※利用者ごとに違います

 

 有効期限

最終利用時から5年以上経過している場合は、ユーザーに通知することなく退会となります。

 

最終利用時とは、ウォレット内のpringの残高が変動した時ですが、pringの付与は含まれないので、何かしらアクションが必要となりそうです。

 

 銀行口座へ反映されない場合

pringアプリから銀行口座へ戻す手続きは、申請した時間によって振り込み日が違うので注意してください。

 

《銀行営業日の10:59までに申請した場合》当日中に振り込み

 

《銀行営業日11:00以降または休祝日に申請した場合》翌営業日中に振り込み

 

申請したけど銀行口座に反映されないという場合は、申請した時間をご確認ください。

 

 銀行口座直結で負担減

銀行口座直結でスムーズ

 

クレジットカード情報を登録しクレジットカード経由で決済する決済アプリが多いですが、実はクレジットカード経由の場合お店側は決済毎に3~4%の手数料をカード会社に支払っています。

 

それに比べpring(プリン)の場合は、銀行口座情報を登録し銀行口座直結にすることで、クレジットカード会社や決済代行会社などを通さないため決済手数料を0.95%という業界最低水準に抑えた

 

決済アプリを導入したいお店があっても、決済手数料が高く導入できないお店の悩みをこの業界最低水準の手数料で解消できたのではないでしょうか。

 

また、決済アプリの多くは「楽天ペイ」「LINE Pay」「PayPay」のように"ペイ"が付いたものが多く、AKB48のメンバー全員が同じような顔に見える感覚と似ていて違いが非常に分かりにくいと感じるのは私だけ?

 

お友達や家族に送金するサービスは「LINE Pay」や「Kyash」などにもありますが、Pring(プリン)が他と違う点は、銀行口座へのキャッシュアウト(Pring残高を銀行口座へ戻す)が可能だという事。

 

つまり、A銀行からPring(プリン)へチャージし、Pringアプリにチャージされたお金をB銀行へキャッシュアウトすれば、他銀行への振り込みも手数料無料で行うことができる。

 

この一連の流れがスマホだけで行えるとは…便利な時代になりましたね。

 

 楽天銀行が改悪された

スマホ決済危険性

 

"入金も出金も無料で利用できるアプリ"として2018年3月のリリースから1年が経過した「pring」ですが、ついに手数料が発生するというお知らせが掲載されました。

 

手数料が発生するといっても、2019年6月現在楽天銀行の1社のみではありますが、提携した銀行すべてが入出金を無料で行えていただけに残念ですね。

 

■プリン→楽天銀行口座への出金

  • 月3回までは無料
  • 月4回目以降は200円(税別)

 

 

■楽天銀行口座→プリンへの入金

  • 1日1回まで無料
  • 2回目以降は200円(税別)

 

この改悪は、6/26からの楽天銀行「ハッピープログラム」の条件変更が影響しているのか?

 

 改悪の原因はハッピープログラムか?

上記でも記載した楽天銀行の「ハッピープログラム」ですが、どのようなサービスかというと、

 

    • 毎月25日終了時点のお預かり資産残高
    • 前月26日~毎月25日の対象商品・サービスのお取引件数

 

この2つの条件のうち、クリアした条件が当てはまるランクが高い方の優遇を翌月1日から受けることができます。

 

 

ハッピープログラムでは5つのステージが用意されており、

 

ハッピープログラム特典

 

・ATM利用手数料が最大7回/月無料

・振込手数料が最大3回/月無料

・楽天スーパーポイントの獲得倍率がアップ

 

このような特典が受けれるというメリットがあります。

 

 

VIPやスーパーVIPになれば、他銀行からの振込みがあっただけで、通常1ポイントのところ3ポイント獲得することができるので、お小遣いサイトの換金先を楽天銀行にしている場合は換金する度に楽天スーパーポイントを通常より多く獲得することができます!

 

VIPになるには、残高100万円以上にするか、振込などの取引を20回以上利用する必要があります。

 

「そんなの無理…」

 

と思われた方も多いかもしれませんが、LINE Payの場合100円からチャージすることが可能なので、「楽天銀行即時入金サービス」の1日あたり最大15回までの取引が取引件数としてカウントされるという条件を利用し、LINE Payへ【1日目】100円×15回=1500円、【2日目】100円×15回=1500円の合計3000円を楽天銀行からLINEPayへ入金すれば、取引回数20回以上というハッピープログラムの条件を簡単にクリアすることができる!という裏技があったのですが、この方法は現在では利用できなくなりました!

 

※pringの場合、最低チャージ金額が500円からと高額なので、今回はLINEPayへのチャージ方法を説明しました。

 

 

【改悪その1】

 

楽天銀行即時入金サービス

 

上記は「楽天銀行即時入金サービス」のページへ掲載されていました。

 

先程説明した、楽天銀行→LINEPayへの入金、さらに楽天銀行からPringへの入金による取引は、ハッピープログラムの対象取引・ポイント付与の対象外になるという改悪がありました。

 

 

この時点で、pringと楽天銀行のランク制度の旨味はまったく無くなってしまったのですが、せっかくハッピープログラムについて記載したのでご報告として。

 

 

2019年6月26日以降から、ハッピープログラムの対象サービス、取引件数のカウント条件および、ポイントの獲得条件が変更されます!

 

ハッピープログラム条件変更

 

取引件数のカウントとして利用していた「楽天銀行即時入金サービス」ですが、いままでは1件ごとにカウントしてもらえていましたが、変更後は、

 

    • 前月26日~毎月25日の間で最大3件までの反映分が対象になる
    • 楽天銀行即時入金サービスでの一部の取引(カードローンの返済・不動産担保ローンの返済・教育ローンの返済・FX証拠金・プリペイドカードへの入金)は特典付与の対象外

 

これは、取引件数を改善してもらわないとランクアップは厳しいのでは?

 

 〈デメリット〉利用できる銀行口座が少ない

Pring提携銀行

 

現在利用できる銀行は、

  • 楽天銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 愛知銀行
  • 伊予銀行
  • 愛媛銀行
  • 関西みらい銀行
  • 北九州銀行
  • 熊本銀行
  • 群馬銀行
  • 京葉銀行
  • 四国銀行
  • 七十七銀行
  • 親和銀行
  • 筑波銀行
  • 東邦銀行
  • 百十四銀行
  • 広島銀行
  • 北洋銀行
  • 宮崎銀行
  • 武蔵野銀行
  • 琉球銀行

 

その他金融機関については順次追加予定だということです。

 

 Pring(プリン)の登録方法

アプリダウンロード

 

Pring(プリン)登録の流れ。

 

  1. Pringをインストール
  2. 各種登録情報入力(コミュニケーション機能が使えるようになります)
  3. 銀行口座か本人確認の登録(全ての機能が使えるようになります)

 

会員情報の登録では、下記内容の登録が必要となります。

 

  • 名前
  • ニックネーム
  • 生年月日
  • 性別
  • 郵便番号
  • 都道府県、市区町村
  • 以降の住所
  • 職業
  • 利用目的

 

〈注意事項〉

  • 名前は銀行口座と同じ氏名を入力
  • 氏名、生年月日、性別は登録後、変更できません

 

アカウント作成後、お金の取引をするには本人確認は必要となります。

 

お金の取引をするには、銀行口座の登録をするか、郵送による本人確認が必要となるので、下記の銀行口座を持っていない場合は、「郵送で本人確認」をするから進みましょう。

 

pring対応銀行口座

 

本人確認が完了する事で、"お金をおくる、お金をもらう、お金をはらう"の機能が利用できるようになります。

 

関連記事:pring(プリン)の登録方法を画像つきで徹底解説

 

 銀行口座登録に必要な情報

「みずほ銀行」

(ネットバンキングの場合)口座番号・第二暗証番号

(キャッシュカードの場合)口座番号・暗証番号・通帳記帳残高

 

「三井住友銀行」

支店/口座番号、または契約者番号・第一暗証番号・ワンタイムパスワード

 

「りそな銀行」

銀行口座情報・キャッシュカードの暗証番号

 

「住信SBIネット銀行」

ユーザーネーム・WEBログインパスワード・取引パスワード・スマート認証アプリ

 

「楽天銀行」

ユーザーID・ログインパスワード・暗証番号

 

「ジャパンネット銀行」

銀行口座情報・ログインパスワード・ワンタイムパスワード

 

「イオン銀行」

銀行口座情報・キャッシュカードの暗証番号

 

「埼玉りそな銀行」

銀行口座情報・キャッシュカードの暗証番号

 

「福岡銀行」

銀行口座情報・キャッシュカードの暗証番号・銀行への届出電話番号

 

「西日本シティ銀行」

銀行口座情報・キャッシュカードの暗証番号

 

「愛媛銀行」

銀行口座情報・口座残高の下4桁・キャッシュカード暗証番号

 

「関西みらい銀行」

銀行口座情報・キャッシュカードの暗証番号・本人確認書類

 

「北九州銀行」

銀行口座情報・キャッシュカードの暗証番号・銀行への届出電話番号

 

「京葉銀行」

銀行口座情報・キャッシュカード暗証番号

 

「四国銀行」

銀行口座情報・キャッシュカード暗証番号・本人確認書類

 

「七十七銀行」

銀行口座番号・キャッシュカードの暗証番号・本人確認書類

 

「筑波銀行」

銀行口座情報・暗証番号・電話番号・本人確認書類

 

「東邦銀行」

銀行口座情報・キャッシュカードの暗証番号

 

「百十四銀行」

銀行口座情報・ワンタイムパスワード・キャッシュカードの暗証番号・通帳の最終残高(下4桁)・銀行への届出電話番号

 

「北洋銀行」

銀行口座情報・口座残高の下4桁・キャッシュカード暗証番号・本人確認書類

 

一際目立つのは、百十四銀行の登録情報の多さですね。

 

住信SBIネット銀行も、スマート認証アプリをインストールしていないとダメみたいですね。

 

 銀行口座登録を中断した結果…

悩む男性

 

Pring(プリン)に銀行口座を登録しようとしたのですが、問題が発生し途中で作業を中断した際のお話です。

 

ネット銀行に登録しているメールアドレスが現在では受信できないものになっていた為、Pring(プリン)から送られてくるSNS認証が確認できないと思い、銀行口座登録を途中で諦めることに。

 

利用しているネット銀行では、ワンタイム認証に利用するメールアドレスの変更の場合、再設定に必要なワンタイムキーが書かれたハガキを郵送してもらうという手間があったので、利用可能なメールアドレスに変更するだけの事だったのですが、少し時間がかかってしまいました。

 

その後、無事メール受信可能なメールアドレスへ変更ができたので、再度pring(プリン)へ銀行口座を登録しようとアプリを開いたのですが…。

 

パスワード入力画面で、パスワードを入力しても開かない

 

あれ?パスワードが違うのかなと思い、「パスワードを忘れた方」からSMSでパスワード再設定用のURLを送付してもらおうと、電話番号を入力したのですが、

 

パスワード再設定ができない

 

「電話番号に紐づく口座情報に誤りがあります」との記載。

 

パスワードは間違えている可能性はあっても、電話番号を間違えている可能性はゼロなので、これは自分ではどうする事もできない状態だと思い問い合わせをする事にしました。

 

問い合わせをした当日中に返信が届きました。

 

口座未登録の状態ですと、パスワードリマインダは利用できず、弊社側でもパスワードの確認ができません。

大変お手数ではございますが、一度アプリをアンインストール後、再度インストールいただき、端末認証後、新規登録をいただけますでしょうか。

 

という内容。

 

確か「アカウントが開設されました」と表示されたあとに、

 

  • 続けて銀行口座を登録する
  • 郵送で本人確認をする(提携銀行口座を持っていない場合)
  • あとで登録する

 

の3つの中から選択する事ができ、私の場合「続けて銀行口座を登録する」をタップしました。

 

銀行口座の登録を途中でやめても、[アカウントが開設されました]と記載してあったので、後で銀行口座だけ登録すれば大丈夫だろうと思っていたのですが、「続けて銀行口座を登録する」を選択した場合は最後まで入力し登録完了しないとアカウントすら登録されていない事が今回の問題で分かりました。

 

もし仮に、銀行口座登録中に私のように問題が発生した場合、または時間がなくて途中でやめたい場合などは、アプリを戻り「あとで登録する」を選択できる画面まで戻っていればよかったのか?

 

その前に、選択画面まで戻れるのかは分かりませんが「続けて銀行口座を登録する」を選択した場合は、最後までやりきらないとまたアカウント作成から始めることになってしまいますのでご注意ください!

 

アカウント登録完了後に、銀行口座登録という流れだったので、1度登録した電話番号が認証してもらえるのか不安でしたが、無事アカウント登録と銀行口座登録が完了しました!

 

一度開いている状態のアプリを閉じ、再度アプリを開いてパスワードを入力してみると…

 

無事アプリを開くことに成功!

 

 pring(プリン)の利用方法

pring(プリン)利用の流れ。

 

プリン利用の流れ

 

  1. 送る相手を選ぶ
  2. 金額を入力
  3. 送信完了

 

食事の割り勘、買い物を代理でしたとき、会社や大学のイベントの集金、このようにいろいろな場面で活躍しそうです♪

 

プリン利用シーン

 

 pring(プリン)のおすすめポイント
    • 《おすすめポイント1》操作が簡単な事。
他の決済アプリでは、慣れるまでに時間がかかりそうなものが多いですが、Pring(プリン)は「お金をおくる・お金をもらう・お店ではらう」と大きな文字で分かりやすい。

 

分かりやすい操作方法

 

    • 《おすすめポイント2》「チャット機能」。
以前までは、1度の送受金に対して、送金時と受金時+1回のメッセージ交換しかできませんでしたが、現在は送受信が完了後もずっと会話をすることができるようになり、お金のやり取りだけで終了するのは申し訳ないと利用しづらかったり、LINEなど別のツールでメッセージのやり取りを行わなくてもよくなったので、利用しやすいチャット機能だと思います。

 

プリンチャット機能

 

    • 《おすすめポイント3》チャット内でお金の送受信ができる事。
以前までは、「お金をおくる」か「お金をリクエスト」するか、この2つの方法からしかお金の送受信ができませんでしたが、現在は先程紹介したチャット機能の充実によって、会話の流れでお金のやり取りができるようになりました。

 

チャット内でお金の送受信

 

関連記事:無料送金アプリ「pring」スワイプ送金、手を離すだけで送金できてしまう危険性

 

 つながりの非表示機能

つながり非表示

 

利用者からリクエストが多かったという事で追加された「つながりの非表示機能」。

 

1回だけ送金した相手だったり、奥さんに内緒でお子さんにお小遣いをあげたり、そんな常に表示されていると困る...といった相手とのやり取りを非表示にする事ができます。

 

非表示にされた事は相手には分からないので安心してください。

 

非表示も簡単に解除する事もできます。

 

非表示にしている時に、相手からメッセージなどが来た場合は、再度表示されるようになります。

 

[非表示にする手順]

トップ画面右上のプリンちゃんの形をした[…]をタップすると[やりとり]が開きます。

 

非表示にしたい相手の右にある[…]をタップし、[やりとりを非表示]ボタンをタップ。

 

[非表示を解除する手順]

トップ画面の下部中央にあるプリンちゃんをタップ。

 

右上の人型をタップ→[アカウントメニュー]→[各種設定]→[非表示リスト]→表示したい人を選択して[選択した人を再表示する]ボタンをタップ。

 

 取引履歴が管理しやすい
    • お友達とのお金の送受信など、すべての取引履歴がトップのプロフィールアイコンから確認できるので管理しやすい!

 

すべての取引履歴が確認可能

 

 

    • トップのQRコードアイコンから、友達のQRコードを読み取って簡単に友だちを追加することができる!

 

QRコードで友達登録

チャージ方法について

セブン銀行チャージ

 

pring(プリン)で改善してもらいたいことの一つでもあった、『チャージ方法の少なさ』が少しですが改善されました。

 

いままでは登録した銀行口座からしかチャージすることができませんでしたが、24時間365日いつでも無料でチャージすることができる「セブン銀行ATM」からお金をチャージできるようになりました。

 

pring(プリン)はまだまだ発展途中のアプリで、少しづつ登録できる銀行口座が増えてはいますが、正直「ここも対応してくれたらいいのにな」という銀行もあります。

 

しかし、今回のセブン銀行ATMからお金がチャージできるようになったことにより、pring(プリン)に自分が利用している金融機関がないという方でも、

 

  • セブン銀行ATMでお金をチャージする
  • 送受金する
  • 支払いをする
  • セブン銀行ATMや銀行口座から出金する

 

という、一連の流れがスマホだけで"手数料無料"で完結できるようになりました。

 

 

出金に関しては、PayPayではまだ出金という機能すらありません!LINEPayでは出金することは可能ですが出金手数料216円がかかります。

 

利用者数が少ないこと、使用できる店舗が少ないことが課題ではありますが、家族間であればとても便利なアプリになりました。

 

 ついに使えるお店が!

コンビニ対決

 

pring(プリン)の基本機能に[はらう]があります。

 

しかし、アプリ内をみても支払いが利用できる店舗情報がなかったため運営に問い合わせをしたのですが、「加盟店一覧の用意がないため今後掲載等を検討させていただきます」という返答でした。

 

そしてついに対象対象店舗が解禁となり、合わせてpring(プリン)で決済すると500円がもらえるキャンペーンが開催されています。

 

対象店舗についてはこちらをご確認ください。

 

 

現在は、東京・東海エリア、九州エリアしかpring(プリン)が使える店舗がありませんが、これが普通なんだと思います。

 

スマホ決済といったらPayPayやLINEPay、楽天ペイ、メルペイなどすでに知名度のある企業が運営しているというブランド価値で提携店があっという間に増えますが、一企業がスマホ決済に乗り込んだ場合、決済手数料が他よりも安いということを売りに営業していかないといけないのだから大変だと思います。

 

それでも、結局はコンビニで使えないスマホ決済は生き残ってはいけないと思うので、今後早い段階でコンビニと提携できれば現状よりも普及し、【振込手数料無料】というpring(プリン)の魅力を多くの方に実感してもらえると思うのですがどうなるでしょうか⁉

 

 お小遣いサイトと相性抜群!

引き出し

 

スマホアプリで、お金を払う、送るという機能を使う場合、多くのアプリが現金やクレジットカードからアプリにチャージしますが、pring(プリン)ではお小遣いサイトで稼いだポイントをチャージすることができます。

 

なぜお小遣いサイトと相性抜群かというと、お小遣いサイトで貯めたポイントを銀行口座へ振込む場合3日~5日くらいで振込完了するのですが、pring(プリン)への交換であればリアルタイムで交換することができるため、お金が欲しいときに出金することが可能だからです。

 

【pring(プリン)に交換できるお小遣いサイト】

 

 

pring(プリン)では、セブン銀行ATMで1日1回までであればATM手数料無料でpring(プリン)内の残高を出金することができるため、お小遣いサイト側も直でセブン銀行ATMと提携するか、pring(プリン)と提携するか、と悩む部分なのかもしれません。

 

セブン銀行ATMへの出金の場合、交換手数料として162円が必要となるためユーザー側としては結構高額な手数料ではあります。

 

それであれば、アプリダウンロードという手間はありますがpring(プリン)を経由してセブン銀行ATMや提携銀行口座へ振込をして出金したほうが、お小遣いサイトで貯めたポイントを無駄なく現金に変えることができます。

 

 友達紹介キャンペーン

お友達にpring(プリン)を招待することができます♪

 

プリン友達招待URL

 

お友達紹介キャンペーンは、今のところ常時開催という感じではありませんが開催されています。

 

キャンペーン内容は様々で、アプリダウンロード・登録だけではなく招待コードを入力する事でさらに特典を受け取る事ができたり、みずほ銀行口座を登録する事が条件だったり、招待人数が一番多い方に3万円プレゼントがあったり、セブン銀行ATMに対応した際には7カフェのふわふわバウムクーヘンの無料クーポンがもらえたりと、条件も特典も異なる為登録する側はアプリと出会ったタイミングで登録するか、これだ!と思う友達紹介キャンペーンを待つかという感じになってしまうでしょう。

 

 Twitter・インスタの反応

    • セブンイレブンやファミリーマートなどでの利用解禁期待しています
    • Suicaみたいにかざしてピッて出来るのかと思っていた
    • セブン銀行には引出し手数料のかかる時間帯があるけど、プリンだと1日1回までであれば24時間無料で出金可能とはセブン銀行よりも便利
    • 悪いところ、店舗対応がほぼ無い
    • 友達紹介キャンペーン、低額でもいいからお金のほうが嬉しい
    • pring、もしかしたらこれから強いツールになっていくかもね
    • いままで立替はKyashで送金してたけど、これからはpringのほうが使い勝手が良さそう
    • 提携先コードと電話番号と確認番号入力したら無事セブン銀行ATMで出金できた
    • アイコン部分をタップするとアカウント設定がでてきます

 

ちょうどセブン銀行ATMで1日1回であれば出金手数料が無料という神的なサービスが開始したので、pring(プリン)に対して好印象な反応が多かったです。

 

あとは、お店での支払いもQRコードで簡単に支払える機能があっても、どこで使えるのかが確認できなかったのでその点は是非改善してもらいたいところです。

 

 まとめと個人的見解

クリック/ゲーム

 

リリースして1年しか経っていない為、まだ知名度は低いですがこのままずっと手数料無料が続くのであれば、数年後には多くの方が知っている送受金アプリとなる可能性が高いです。

 

運営会社もマザーズ上場している会社が親会社なので、資金力があり経営が安定しやすいというメリットもあります。

 

pring(プリン)へのチャージは銀行口座から直接可能ですが、他にもお小遣いサイトで獲得したポイントをpringへチャージするという方法もあります。

 

3/16現在、pring(プリン)へポイント交換する事ができるお小遣いサイトはポイントインカムとちょびリッチです。

 

ポイントインカム→pringへの交換は、

  • 最低換金額:1000円~
  • 交換手数料:無料
  • 交換予定日:2営業日

 

ちょびリッチ→pringへの交換は、

  • 最低換金額:1000円~
  • 交換手数料:無料
  • 交換予定日:リアルタイム

 

ちょびリッチが驚きのリアルタイム交換を開始し、お小遣いサイトから現金への交換の場合リアルタイム性を求めてはいけないという常識を覆されました。

 

あとは1日1回セブン銀行ATMから出金するだけで、手数料0で現金をすぐに手に入れる事が可能となります。

 

どちらのお小遣いサイトでも、ゲーム、アンケート、ショッピング、無料会員登録など様々な方法でポイントを獲得する事が可能です。

 

興味のある方は、是非下記の記事をご参考ください。

 

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 


2019年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2019

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2019年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2019年

おすすめお小遣いサイトランキング2019へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2019年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2019年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
10月14日:先日、台風等の災害に会社が対策した、安否確認システムというのが発動され、メールにて安否確認が行われました。安全とか、重症とか書いてありましたが、これが重症だったら多分メール打てないと思いますけどね。掲示板にはテストページしかなく、テストを行った履歴だけがつらつらと数十ページに渡って記載されていました。私の住んでいる地域、広島では、私が西側よりに住んでいるという事もあって、それほどの被害はなかったのではないかと思います。むしろ少し前にあった台風の方が余程ひどかったと思いますが、その台風に対しては安否確認システムが発動される事はありませんので、今回もないだろうと思ってたのに、今回発動された事によって盛大に安否確認システムを無視してしまいましたね。多分6時間位はスルーしてしまったので、ある意味連絡がないのは重症、それ以上と判断されてしまう可能性があったので、会社に行くと大丈夫だったか?と言われそうでヒヤヒヤしています。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 14926937総閲覧数:
  • 3957今日の閲覧数:
  • 4008昨日の閲覧数:
  • 24現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み