お小遣いサイト 危険 小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » お小遣いサイト最新動向 » 

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2022

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お小遣いサイトエイプリルフール2022

 

4月1日はエイプリルフールということで、利用者を楽しませようとエイプリルフール企画を数日、数週間、いや数ヶ月前?から頭をかかえて考えてくれたお小遣いサイトのエイプリルフールネタを紹介していきたいと思います。

 

毎年、おおっ…!!と思うような企画が開催されています(ポイントインカムは必ず)が、今年はどのようなものがあるのか楽しみです!!

 

過去のエイプリルフール企画についての記事はコチラ

 

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2015年

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2016

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2017

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2018

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2019

 

定常のポイントインカム

いつまでも利用者を楽しませる気持ちを忘れない、少年のような心を持っている社員さんが多いお小遣いサイトです。

 

今回の企画は『ポイントインカムのカフェ「Point Incafe」オープン!』ご予約で10,000ptプレゼント中!

 

インカムカフェオープン

 

ぬいぐるみまで持っているほど好きなポイントインカムのキャラクターがモチーフのメニューを食べたり、飲んだりするなんて胸が苦しい…。

 

テイクアウトもあるみたいなんで、できればお持ち帰りして自宅でトリコばりに『すべての食材に感謝を込めて…いただきます!!』をしたいくらいです。

 

インカムカフェメニュー

 

↑こちらがメニューの一部ですが、お子様ランチによく付いている旗もキャラクターがデザインされていて可愛いですし、海苔?でキャラクターの顔を切り取っていたりと手間を惜しまず、来てくれた人みんなを喜ばせようという気持ちが伝わるメニューとなっています♪

 

ピヨ助の手羽先

 

こういう意味じゃないですよね⁉これじゃお一人限定ですもんね。大丈夫…ですよね。

 

ファイブゲートのホームページにクローン技術の研究がありますので、否定する要素は見つけられませんでした。(エイプリルフール)

 

そうなると、この『骨』も気になります。まさか、ポ太郎…。

 

これだけ値段が高いのはクローン技術の研究があまり上手くいっていないのでしょうね。

 

よく見ると、タヌべぇをテーマにしたメニューがないという事で、無理やり納得してもらったというエピソードがありました!!

 

揉め事

 

無理にクローン技術とか、つなぎ合わせなくても良かったですね!!

 

会計時には注文金額に応じてガラガラが回せて、運が良ければこのようなグッズがGETできるそうです。

 

ガラガラグッズ

 

実物のネズ吉捕獲セットももちろん気になりますが、個人的には妖怪ウォッチのコマさんが持っていそうな「ポ太郎のがま口財布」のほうが欲しいですね♪

 

 

注意事項

 

注意事項もしっかり読んで。

 

  • Point Incafeは完全予約制とさせていただいております
  • ペット同伴可ですが、ネズミの同伴は固くお断りします
  • 画像はすべてイメージです。実際の商品と異なる場合がございます
  • ガオ五郎の江戸っ子カレー~漢version~は辛さのため、体調不良になる可能性がございます
  • ぽ太郎のお手製チャーハンは原作を再現するため、一度床に落としています
  • 商品は数に限りがございます。あらかじめご了承ください
  • こちらはエイプリルフール企画となっており、Point Incafeにご来店いただくことはできません
  • メニューの商品化や実際にご提供しても構わないというカフェスタッフの方がおりましたらポイントインカムまでお問い合わせください。※スタッフが泣いて喜びます

 

 

Point Incafeは完全予約制という事なので、さっそく予約フォームから予約をしてみたいと思います。

 

今なら予約完了で10,000pt=1,000円相当が貰えます。

 

[予約フォームはこちら]ポチッ・・・

 

インカムネタバレ

 

ですよね~!

 

4月1日だけの為にここまでやるポイントインカムって、本当にへん…いや面白いサイトですよね♪

 

ハピタス

あの、面白さを完全排除したハピタスがまさかっ⁉

 

ハピタスを運営するオズビジョンの「とりあえずやっちゃえ精神」がついにエイプリルフールにまで及ぶとは、利用者の誰が想像していたでしょうか⁉

 

ハピタス返却

 

ハピタスを開いてすぐに『ハピタスポイントご返却のお願い 株式会社オズビジョン ハピタス事業部長 松田光憲』という一瞬ドキッとするバナーが目に入ります!

 

ハピタス事業部長、直々のお願いなのでとても重要な内容が書かれていると思われます。

 

返却のお願い

 

内容を抜粋すると、

 

  • 2022年4月1日現在、ハピタスポイントが残り3ポイントとなり、ポイントを付与することができない状態
  • ハピタスを継続するために、獲得したハピタスポイントを一人10pt寄付してほしい
  • この危機を乗り越えたあかつきには、必ずお礼をする

 

ちょっと待って、ハピタスにはあれもこれも買えるくらいの大量のポイントを預けているまま…このままサイト閉鎖なんてさせてたまるものか!

 

どのような経緯でこのような状況に陥っているのか説明しているので確認してみたいと思います。

 

 

2022年3月某日・・・ハピタスポイントの在庫が残り3ポイントしかない事が判明!

 

利用者がたくさんポイントを獲得していることが原因で「発掘」が追いつかない⁉

 

なんとハピタスポイントは世界24カ国で発掘されているという新事実が明らかとなりました。

 

ハピタスポイント発掘

 

ロケ地:WeWork KANDA SQUARE

 

 

社員を集めて相談した結果、様々な案がでてきましたが、

 

  • ハピタスポイントの代わりにTポイント付与⇒Tポイントを発掘する技術がない
  • ●イント●ウンのポイント発掘現場に忍び込んで発掘⇒それは強盗
  • XXXショッピングのポイント発掘現場の社員を人質⇒それも・・・

 

どの案もダメ、その結果「お客様から返してもらうしかない」という経緯のようです。

 

 

先程も言いましたが、このままハピタスが閉鎖してもらっては困るので、もちろん10pt寄付しました。

 

10pt寄付

 

えっ、ネタバレってこれ?↑

 

ポイントインカムと比べると弱い感じがしますが、10ptはハピタスに返却はされないようなので一安心ですね。

 

面白さを2012年に完全排除したハピタスだけあって、様々なアニメをパク…いや参考にして毎年ネタ作りしているポイントインカムにはさすがに敵わなかったようです。

 

それでも、様々なお小遣いサイトがエイプリルフールネタを辞めていく中、挑戦してくれたハピタスには感謝です!!

 

皆勤賞のポイントインカム

ポイントインカムの「利用者を楽しませる」だけのページ作りにかけるのは、毎年ながら流石だなぁと感じます。

 

仕事…!!って考えると、これだけの企画を行うには、上にプレゼンが必要。

 

会社くさい事を言いたくはないが、背景・目的からこの企画でどのような効果があり、どういう利益が見込める…!!

 

とか、記事に書くとほんとうにつまらない事をしないといけないと思いますが、しょうもないネタをやらせてくれるファイブゲート株式会社は、風通しが良いのか、理解通いのか、上司がヒャッハーなのか、本当に一度お会いしてみたいと思いますね♪

 

ハピタスも、旧ドル箱の頃はこんな企画があれば悪ノリ全開!!だったけどもう長い間、スタイルを変えていたのにいきなり…で、正直見過ごすレベルでしたね!!

 

ただいきなり…すぎてハピタスポイントが無いというのは、ちょっと笑えねぇ部分もありましたね…!!誤解を招きそうでしたよ。

 

以上、お小遣いサイトのエイプリルフール企画2022でした。

 

毎年頑張っているのはポイントインカムです!!

 

\ここからの登録で特典がもらえるよ♪/

 

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

アプリ広告利用「トラッキングを許可」して大丈夫⁉【ポイ活】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


トラッキング許可大丈夫

 

最近色々なアプリで「トラッキングしていいか?」という表示が出てくるようになった方の共通点、それは"最近iOSのアップデートをした"です。

 

iOS14.5以降では、マスク着用のままiPhoneのロック解除ができるようになったという事が話題になっていますが、他にもApple社のプライバシーポリシー変更に伴い全アプリを対象に【異なるアプリやWebをまたいでユーザー行動を追跡する場合は、ユーザーの許可を得なければならない】という同意取得を義務化したことにより、ユーザー行動を追跡しているアプリを起動すると「他社が所有するAppやWebサイトを横断してあなたを追跡する許可を求めています。」というダイアログが表示されるようになったので、ユーザーにバレないようにユーザー行動を追跡していたアプリが判明することにもなります。

 

プライバシー優先だからもちろん「許可しない」を選択する、という方もいらっしゃると思いますが、お小遣いサイト(ポイントサイト)を利用されている方はあなたの設定次第では"正常にポイントが付与されない"場合があるので注意が必要です。

 

今回は、iOSをアップデートしたら「他社が所有する~」というトラッキングを許可するか否かを選ぶ画面が表示された時に、どう選択することがお小遣いサイトを利用する上で重要なのかについて分かりやすく解説していきます。

 

 

トラッキングを許可する危険性について

悲しい

 

トラッキング許可のメリット・デメリット

「トラッキングを許可」すると、過去の利用履歴に基づき広告等が表示されるようになるので、興味のない広告が表示されないというメリットがある反面、他の人に広告を見られて趣味などの個人情報を知られてしまうというデメリットもあります。

 

トラッキング拒否のメリット・デメリット

「トラッキングを拒否」すると、過去の利用履歴などがアプリ側に渡らないようになるので、興味のある広告が表示されないというメリットがある反面、興味のない広告が表示されるというストレスと、サイトに登録したログイン情報が記憶されなくなるというデメリットもあります。

 

【iOS14以降】お小遣いサイトへの影響は?

テレワーク

 

アプリ広告利用は注意が必要!

iOS14.5以降の端末を利用して、アプリ広告を利用する場合は下記の設定を行わないと広告主側で計測が取れず正常にポイントが付与されない場合があるので注意してください!

 

このような大切な情報をいち早くユーザーにお知らせしてくれるポイントサイト「ポイントインカム」は本当にオススメです!

 

ポイントインカムに掲載されていた情報によると、

 

  1. ポイントインカム経由でアプリ広告をダウンロード
  2. アプリの初回起動時に「他社が所有するAppやWebサイトを横断してあなたを追跡する許可を求めています。」と表示された場合は『トラッキングを許可』を選択

 

トラッキングを許可選択

 

大切なことなので何度も言いますが、許可をしなかった場合は正常にポイントが付与されない場合があるので、お小遣いサイト(ポイントサイト)でアプリ広告を利用する場合は『トラッキングを許可』を必ず選択しましょう!!

 

 

ポイントサイト「モッピー」でも許可するべきかをヘルプページに記載してくれていました。

 

【アクテビティの追跡は許可するべき?】

「"モッピー"が他社のAppやWebサイトを横断してあなたのアクテビティの追跡することを許可しますか?」のポップアップが出た際は許可していただきますようお願いいたします。

 

「Appにトラッキングしないよう要求」を選択されますと、正常にデータが反映されない場合がございます。

 

という事です。

 

ショッピング広告でアプリを利用する場合

ショッピング広告やサービス広告などを利用する際に、アプリ利用される方もいらっしゃると思います。

 

アプリ起動時に先程の「他社が所有する~」という表示が出た場合は、『トラッキングを許可』して利用しましょう。

 

もしも、「Appにトラッキングしないよう要求」をタップしてしまった場合は、広告利用前にiPhoneの[設定]⇒[プライバシー]⇒[トラッキング]でトラッキングを『許可』に変更することが出来ます。

 

トラッキングを許可に変更

 

【年齢制限】トラッキング要求を許可できない

ポイ活に関するYou Tube動画のコメント欄に『年齢制限でトラッキング許可できないのがでかすぎる』という投稿がありました。

 

私の場合、もうオジサンなので【年齢制限】という言葉に何十年も関わりのない生活をしてきているので、いままでこの"トラッキング要求を許可できない"という問題について気づくことが出来ませんでしたが、どうも年齢制限によって許可することが出来ずポイ活に影響している年代の方がいるようです。

 

 

ポイ活に関わらずトラッキング要求が許可出来ずに困っている方の例として、

 

  • アプリゲームでオンにしないとプレイできない部分があるのに許可できない!
  • 広告を見ないとアイテムが受け取れないのに許可できずに広告が見れない!

 

など、アプリゲーム関連が多いなと感じました。

 

 

[設定]⇒[プライバシー]⇒[トラッキング]で表示される『Appからのトラッキング要求を許可』がグレーになっていてタップできない場合、以下の原因が考えられます。

 

  1. お子様用アカウントを使っているユーザーまたは、18歳未満(生まれ年で計算)のユーザーが自分のApple IDでサインインしている場合
  2. お使いのApple IDが、教育機関によって管理されているか、トラッキングを制限する構成プロファイルを使っている場合
  3. お使いのApple IDが3日以内に作成されたものである場合
  4. [設定]⇒[スクリーンタイム]⇒[コンテンツとプライバシーの制限]⇒[広告]が許可されていない

 

 

ポイ活に関するYou Tube動画のコメント欄にあったように「年齢制限」が原因の場合は、このトラッキング許可のオンオフが変更できない=正常にポイントを獲得できないという事になってしまうので、許可を要求するポップアップが出た際は諦めるしかないようです。

 

【iPhone】ポイントが付与されない原因

お小遣いサイト(ポイントサイト)をiPhoneなどのApple製品で利用している方は、以下の2つの設定を見直すだけで"ポイントが付与されない"という問題を解決できる事が多いので、広告利用してみたけどポイントが付与されなかったという方は確認してみてください。

 

「追跡型広告を制限」をオフにする

10人に1人の方が"オン"になっていると言われている「追跡型広告を制限」を以下の方法で設定が"オフ"になっているか確認してみましょう。

 

  1. iPhone[設定]⇒[プライバシー]⇒[広告]の順にタップ
  2. 「追跡型広告を制限」をオフにする

 

「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにする

iOS11以降を利用している方は、「サイト越えトラッキングを防ぐ」がオンになっていると正常にポイントが反映されない場合があるので、以下の方法で設定が"オフ"になっているか確認してみましょう。

 

  1. iPhone[設定]⇒[Safari]の順にタップ
  2. 「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにする

 

確実にポイント付与してもらうために【アプリ広告】

広告利用時の注意事項

 

お小遣いサイト(ポイントサイト)のアプリ広告利用で確実にポイント付与してもらうために、

 

  1. [iOS14.5以降の場合]アプリ初回起動時に「他社が所有する~」というダイアログが表示されたら『トラッキングを許可』を選択
  2. 通信環境は3G/4G LTE回線からの利用がおすすめ
  3. 通信環境を変えない
  4. 広告クリック⇒アプリダウンロード⇒初回起動までできるだけ早めに完了させる(1時間以内が目安)
  5. 「サイト越えトラッキングを防ぐ」の設定をオフにする
  6. ブラウザのCookieも削除しておくと安心

 

ゲーム課金したいならポイントインカム

ポタフェスについて

 

「課金したいけどお金がない…」という人にオススメ!!

 

アプリ広告を5件クリアすると、ギフトコードが500円分もらえるので課金したい人には非常に使えるポイントサイトです。

 

  • iPhoneを利用している方⇒iTunesコード500円分
  • Androidを利用している方⇒Google Playギフトコード500円分

 

がアプリ広告利用で獲得したポイントとは別でプレゼントされます。

 

 

2,000pt以上のアプリ広告を5件条件達成するごとに貰えるので、アプリ広告の利用をポイントインカム一択にすることで効率よくギフトコードを貰うことが可能になります。

 

 

ポイントインカムに掲載されている広告を利用して獲得したポイントは、

  • iTunesコード⇒475円で500円分のギフトコードに交換(5%お得)
  • Google Playギフトコード⇒485円で500円分のギフトコードに交換(3%お得)
このように、通常よりもお得にiTunesコードやGoogle Playギフトコードに交換することが可能なので、課金したい人には本当におすすめなポイントサイトです。

 

さらに、ニンテンドープリペイドカードにも交換することが出来るので、Switchでゲームをとことん楽しみたい方にもおすすめです♪

 

 

「ポタフェス」について詳しい説明はこちらをご確認ください。

↓↓↓

 

「ニンテンドープリペイドカード」への交換について詳しい説明はこちらをご確認ください。

↓↓↓

 

最後に、設定を間違えないように!

当記事内で、

 

『アプリ広告やショッピング広告でアプリを利用する場合は"トラッキングを許可"して利用してください』と説明しました。

 

そして、

 

『iOS11以降を利用している方は"サイト越えトラッキングを防ぐの設定をOFF"にしてください』と説明もしました。

 

 

あまり理解できていない状態や、記事を読んですぐ設定しない場合、間違えて両方オンにしてしまったり、逆に両方オフにしてしまう可能性もゼロではないと思います。

 

 

 

間違えて設定しないようにもう一度説明します。

 

アプリ起動時に許可を求めるポップアップが表示された場合は『トラッキングを許可』にしてください!

 

そして、[設定]⇒[Safari]⇒『サイト超えトラッキングを防ぐをOFF』にしてください!

 

まとめ

喜び

 

今回は、iOS14.5以降で「他社が所有するAppやWebサイトを横断してあなたを追跡する許可を求めています」というトラッキングを許可するか否かを選択する表示に対して、「トラッキングを許可」して大丈夫なのか⁉について解説しました。

 

結論は、お小遣いサイト(ポイントサイト)でアプリ広告を利用し、アプリ初回起動時に「他社が所有する~」と表示されたら『トラッキングを許可』を選択しないと、広告主側で計測が取れず正常にポイントが付与されない場合があるので、お小遣いサイトでアプリ広告を利用する場合は『トラッキングを許可』を必ず選択するようにしましょう!!

 

 

突然表示された「トラッキングしていいか?」という表示に対して不安に思っているユーザーも多いはずなので、他ポイントサイトよりもいち早く『トラッキング許可を選択してね』と情報を共有してくれたポイントインカムは安心・安全に利用できるポイントサイトなので、まだ登録していない人!どのポイントサイトに登録しようか迷っている人!はポイントインカムで楽しくポイ活デビューしてみましょう♪

 

 

当サイトの紹介バナーからポイントインカムに登録すると、登録後すぐに250円相当のポイントが貰えます♪

↓↓↓

 

ポイントサイトのポイントインカム

 

 

楽天ポイントへの交換改悪!どのお小遣いサイトで交換するのが1番得か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アルバイト

 

次々と各お小遣いサイトで発表された「楽天ポイントへの交換レート改定」のお知らせ。

 

お小遣いサイトで貯めたポイントを楽天ポイントへ交換できるのは、モッピー・ポイントタウン・ハピタス。

 

あと、お小遣いサイトで貯めたポイントを「ポイント合算サイト」を経由することで楽天ポイントへ交換できる、ドットマネー・PeXがあります。

 

お小遣いサイトの利用がはじめての方や、楽天ポイントを使って楽天市場でよくお買い物をする方にとっては、「交換手数料」そして「最低交換ポイント」は低ければ低いほど少ないポイント数で交換することができるので、気軽にポイ活生活を楽しむことができる条件としてとても重要な部分になります。

 

今回の改定により「交換手数料」「最低交換ポイント数」がアップしてしまうので、以前のように気軽に…というわけにはいかなくなってしまいました。

 

そこで今回は楽天ポイントへ交換できるお小遣いサイトを比較し、どのお小遣いサイトから楽天ポイントへ交換するのが1番お得なのか?

 

ハピタスからの今後の交換先についての提案が記載されてあったので、その点についても検証しました!

 

 楽天ポイントへの交換が改悪!

男性バッグ

 

モッピーから交換

モッピーで貯めたポイントを楽天ポイントへ交換する場合、以前までは

 

  • 交換手数料→無料
  • 最低交換ポイント→500ポイント=500円

 

で交換できていましたが、2020年6月1日申請分より

 

モッピーレート変更

※クリックで拡大されます

5/31時点ではメンテナンス中ですが、表記が変わっていました。

 

改定のお知らせでは「交換手数料が変更される」という旨しか記載がありませんが、交換手続きを行うことができる箇所の表記では、

 

  • 交換手数料→150ポイント=150円~
  • 最低交換ポイント→650ポイント=650円

 

となっています。

 

ちょうど以前の最低交換ポイント500ポイントに、新たに必要となった手数料150ポイントを足したポイント数だったので手数料込みの最低交換ポイント数かな?とも思ったのですが、同じく手数料が必要な楽天銀行への交換では最低交換ポイントに300ポイント、交換手数料に105ポイントと記載されていますが、交換する際にはしっかりと手数料分の105円分も引かれるので、モッピーの場合交換手数料だけでなく、最低交換ポイント数までもアップした可能性があるのではないか?と予想していましたが、どうも違ったようです。

 

 

楽天ポイント交換レート

 

実際に楽天ポイントの交換画面を確認してみると、楽天銀行への交換のように「手数料を含めたポイント数を入力してください」という表記はなく、上記のように交換ポイント数を選択するという方法だったので、モッピーの場合、最低交換ポイント数に手数料30%分が含まれているということが分かりました!

 

ということはモッピーポイント650pt⇒楽天ポイント500ptになるので、モッピーポイント1.3円分で楽天ポイント1円相当になります。

 

交換手数料も150円~という記載だったので、固定ではなく交換ポイント数に応じた交換手数料がかかるのだろうと思っていたとおり、手数料として30%が必要となりました。

 

ポイントタウンから交換

ポイントタウンで貯めたポイントを楽天ポイントへ交換する場合、以前までは

 

  • 交換手数料→無料
  • 最低交換ポイント→20ポイント=1円

 

で交換できていましたが、2020年6月1日申請分より

 

ポイントタウンレート変更

 

  • 交換手数料→30%
  • 最低交換ポイント→2,600ポイント=130円

 

となります。

 

楽天ポイント交換レート

 

ポイントタウンポイント2,600pt⇒楽天ポイント100ptになるので、ポイントタウンポイント1.3円分で楽天ポイント1円相当になります。

 

モッピー同様、手数料として30%必要ですが、その手数料分は最低交換ポイント数に含まれているようです。

 

ただ改善してほしい点があって、モッピーは交換ポイント数を選択するだけなので簡単ですが、ポイントタウンの場合2,600pt単位でしか交換申請できないポイント数を自分で手入力しないといけないので面倒というより慣れるまでは不自由だと感じました。

 

入力フォーム

 

例えが記載されていますが、100円分の楽天ポイントに交換するのであれば「2,600pt」、500円分の楽天ポイントであれば「13,000pt」と自分で入力しないといけません。

 

お小遣いサイトで頑張って貯めたポイントを交換するときが「頑張ってよかった~」と思える瞬間だと思うので、このようにポイント交換方法にクセがあるのは慣れている人でも一瞬悩みます。

 

結果その喜びが半減していく…という結果にも繋がると思うのでポイントタウンの場合はコンテンツ内容というよりもポイント交換ページの改善をしたほうがいいのではないかと個人的に思っています。

 

ポイントタウンの場合、最低交換ポイント数が低いのですが交換日数が【翌日~1周間程度】と長めなのも気になりますが、100円分から交換できるのでしょうがないと思える部分ではあります。

 

 ハピタスから交換

ハピタスで貯めたポイントを楽天ポイントへ交換する場合、以前までは

 

  • 交換手数料→無料
  • 最低交換ポイント→300ポイント=300円

 

で交換できていましたが、2020年6月1日申請分より

 

ハピタスレート変更

 

  • 交換手数料→無料
  • 最低交換ポイント→390ポイント=390円

 

例えば、ハピタスポイント390pt⇒楽天ポイント300ptになるので、ハピタスポイント1.3円分で楽天ポイント1円相当になります。

 

交換手数料については記載がなかったので、最低交換ポイント数に含んでいるから記載しなくてもいいだろうという考えなのかもしれませんね。

 

 

 PeXから交換

貯めたポイントを一度PeXへ交換することで直接交換できないお小遣いサイトでも楽天ポイントへの道を切り開くことができます。

 

一度PeXへ交換したポイントを楽天ポイントへ交換する場合、以前までは

 

  • 交換手数料→500ポイント=50円
  • 最低交換ポイント→1,000ポイント=100円

 

で交換できていましたが、2020年6月1日申請分より

 

  • 交換手数料→500ポイント=50円
  • 最低交換ポイント→1,300ポイント=130円

 

メンテナンス中では交換手数料についての記載がなかったので50円相当の手数料がそのままなのか?変更があるのかハッキリと分かりませんでしたが、どうも手数料は必要なようです。

 

 

PeX楽天ポイント交換レート

 

PeXポイント1,300ptで楽天ポイント100ptになるので、PeXポイント1.3円分で楽天ポイント1円相当になるのは間違いなさそうです。

 

モッピーでは楽天ポイント1円に対しモッピーポイント1.3円分が必要という条件だけでしたが、PeXの場合その条件プラス交換手数料として50円が必要になるので、交換手数料が戻ってくる方法があるとしてもちょっと優先順位的には下のほうになっちゃいますね…。

 

 ドットマネーから交換

ドットマネーもPeXと同じく、貯めたポイントを一度ドットマネーへ交換することで直接楽天ポイントへ交換できないお小遣いサイトでも楽天ポイントへの道を切り開くことができます。

 

一度ドットマネーへ交換したポイントを楽天ポイントへ交換する場合、

 

  • 交換手数料→無料
  • 最低交換ポイント→300マネー=300円

 

で交換できていましたが、2020年6月25日(木)以降の交換申請分より

 

  • 交換手数料→無料
  • 最低交換ポイント→390マネー=390円

 

ドットマネー390マネーで楽天ポイント300ptになるので、ドットマネー1.3円分で楽天ポイント1円相当になります。

 

 結局どこで交換するのがお得?

以上のことをまとめると、現在が5/31ということもありハッキリとしたことは6/1以降追記していこうと思いますが、現時点では他お小遣いサイトが6月1日以降の申請分より新たな交換レートでの交換がはじまりますが、たった一つ6月25日(木)以降の申請分から対象になるドットマネー経由で交換すると対象日付までは改定前の交換レートで交換することができるのでお得になります。

 

ただし、一度PeXへ交換してしまうとドットマネー経由で楽天ポイントへ交換することはできないのでご注意ください!

 

 楽天市場をよく利用される方

使い放題

 

モッピー、ポイントタウン、PeX、ドットマネーでは交換レートが改定されることのみのお知らせでしたが、ハピタスだけは今後の交換先としての提案まで記載されていました。

 

『楽天市場』等で楽天ポイントを日常的にご利用のお客様におかれましては、今後の交換先として、お使いのクレジとカードの引き落とし口座宛てへの「現金交換」をお勧めいたします。

 

カード決済をご活用いただくことで、クレジットカードの還元ポイントも貯まるため、現金としてそのままお使いになるよりもお得となります。是非ご検討いただければと存じます。

※楽天カードをご利用の方は「楽天銀行」の口座を引き落とし先に指定することで、さらに楽天ポイントを貯められます。(詳細は楽天銀行の公式サイト等をご確認ください。)

 

また、今後楽天ポイントをご利用のお客様に喜んでいただけるような増量キャンペーン等の企画を検討しておりますので、引き続きハピタスをご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

ハピタスでは、300円から交換手数料無料で楽天銀行への振込が可能です。

 

モッピーでは、300円から交換手数料105円で楽天銀行への振込が可能です。

 

PeXでは、500円から交換手数料50円で楽天銀行への振込が可能です。

 

ドットマネーでは、1,000円から交換手数料無料で楽天銀行への振込が可能です。

 

そして、楽天銀行への振込で1番お得といえばポイントタウンです!

 

なんと100円から手数料無料で楽天銀行への振込が可能です。

 

 

ハピタスの提案通り、楽天カードの引き落とし先として楽天銀行を指定して楽天ポイントを稼ぐのであれば、交換のしやすさはポイントタウンが圧倒的にNo.1です。

 

 まとめ

空

 

この流れが、dポイントやTポイントなどに続かなければよいのですが。

 

しかし今回検証したことによって、一度ドットマネーを経由するという手間が発生しますが6月25日までは変更前の交換レートで交換申請を行うことができるようなので、直接交換できるお小遣いサイトでもドットマネーを経由することで手数料無料・300円から交換することができます。

 

すべてのお小遣いサイトの交換レートが変更されたあとは、しょうがなくそのまま楽天ポイントへ交換するのもありですし、楽天市場でお買い物する際にクレジットカードを利用してその引き落とし口座へポイントを交換するのもありですし、自分に合った方法を見つけ出す必要がありそうですね。

 

この記事は6月1日にハッキリとしてから再度更新しようと思います。

ポイントモンキーがサービス終了!ワラウへ統合し満足度アップを目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ポイントモンキーサービス終了

 

ポイントモンキーは株式会社オープンスマイルが運営するお小遣いサイトで、2007年のサービス開始から10年以上続いている老舗サイトになります。

 

そんなポイントモンキーで6月下旬に事件発生!

 

「2019年9月2日(月)をもって全サービスを終了」

 

という驚きのお知らせがあったのです。

 

貯めていたポイントはどうなるの?シールは?などの詳細をまとめました。

 

 サービス終了について

サービス終了

 

ポイントモンキーは、2019年9月2日(月)14:00をもって全サービスを終了し、同じ運営会社が提供している「遊べるポイントサイト ワラウ」へ統合されることとなりました。

 

ポイントモンキーで貯めたポイント・シールは、2019年9月2日にワラウへ移行手続きを行う必要があるので、まだポイント移行していないという方は早急に移行手続きを行ってください!

 

 ポイントとシールの移行方法

ポイント移行

 

ワラウへの移行方法には「特典付き移行」と「通常移行」の2つがあるので、それぞれ説明していきます。

 

【特典付き移行とは?】

 

ワラウへの特典付き移行期間である〈2019年6月25日(火)~2019年9月30日(月)14:00頃〉までに、自分で所持ポイントとシールをワラウアカウントへ移行する手続きのことです。

 

「ポイントモンキーの特典付き移行」「ワラウでの特典付き移行」の2つを継続して行う必要があるのでご注意ください!

 

特典付き移行の手順

 

※特典付き移行を始めると、ポイントモンキーのサービスが利用できなくなります。

 

 

ワラウユーザーでない場合は、ワラウでの移行手続きの中で新規ワラウアカウントを作成することが可能です。

 

 

ポイントモンキーのユーザーランクに応じてボーナスポイントをもらうことができます。

 

移行ボーナス

 

 

【通常移行とは?】

 

移行ボーナスがもらえる9月30日(月)14:00までに、ワラウへの特典付き移行が完了していない場合は、通常移行が適用されます。

 

この場合、移行ボーナスは付与されないので出来るだけ特典移行期間内に完了させたほうがお得です!

 

移行期間は2020年3月31日までとなり、それ移行はポイントを移行することができなくなります。

 

ポイントの交換受付

ポイント交換受付終了

 

2019年9月9日(月)14:00までは、ポイントモンキーの交換先へのポイント交換を受け付けてもらえますが、9月10日(火)移行は、ワラウへ移行手続き後にワラウの交換先へ申請することができます。

 

 実際にワラウへ移行してみた

それでは、実際にポイントモンキー→ワラウへポイント移行してみたいと思います。

 

1.まずはトップページにある[ワラウへの移行手続きについて]をクリック

 

ワラウへの移行手続きについて

 

 

2.移行についての詳細を確認しつつ、下へスクロールし[重要 移行ガイドを確認する]をクリック

 

移行ガイドを確認する

 

 

3.移行についての詳細を確認しつつ、下へスクロールし[あなたの移行情報を確認する]をクリック

 

移行情報を確認

 

 

4.移行情報を確認しつつ、下へスクロールし[特典付き移行開始前の最終確認へ進む]をクリック

 

最終確認へ進む

 

 

5.同意事項にチェックを入れ[ポイモンを利用停止し、特典付き移行を開始]をクリック(ポイモンのサービスが利用できなくなります)

 

最終確認

 

 

6.ワラウへの特典付き移行が開始され、送信先メールアドレス宛に届いたメール内に記載されているURLをクリックして、次はワラウでの特典付き移行へ進みます。

 

確認メール

 

 

7.すでにワラウユーザーの方は[ログインして移行する]を、ワラウユーザーでない方は[新規ユーザー登録して移行する]のどちらかをクリック

 

ログイン/新規登録

 

 

8.私の場合は、すでにワラウユーザーでしたのでログインするだけで、ポイントモンキーの移行情報をワラウへ移行することができました。

 

移行完了

 

下へスクロールし、[この内容で引き続きワラウを利用する]をクリックして完了です!

 

ここまでやって全て完了となるので、最後の[この内容で引き続きワラウを利用する]をクリックすることを忘れないでくださいね。

 

移行完了

 

 まとめ

驚き

 

ポイントモンキーでは、現金への交換先が楽天銀行とジャパンネット銀行と少なく、一律500ptから交換することができるのですがユーザーランクが最低ランクのスターターの場合のみ、交換手数料として100円かかってしまうという難点があります。それ以上のランクでは無料。

 

それに比べワラウでは500円から交換することができ、なんと言っても[その他銀行]以外の金融機関への交換は手数料無料で交換することができるという点は、とても優秀です!

 

 

合わせて読んでいただきたい記事はこちら!

 

関連記事:Warau.jp(ワラウ)の危険性と評価・評判について

ドットマネーへの交換が手数料有料化、改悪は各お小遣いサイトに拡大するのか⁉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2015年4月のリリースから「手数料無料」を貫いてきたドットマネーに改悪する日が訪れました。

 

直接交換では手数料が発生してしまうお小遣いサイトでも、ドットマネーと提携することで「手数料無料で現金化」できるという夢を広げてくれた最強合算サイト。

 

今回、改悪されたお小遣いサイトは「げん玉」。

 

手数料の新設により、一体どのような変化が起きるのか検証しました。

 

 ドットマネー手数料無料、崩壊

キャッシュレス破産

 

今回、ドットマネーへの交換に手数料が新設された、げん玉。

 

一体どのくらいの手数料が発生してしまうのでしょうか。

 

 げん玉の交換先について

げん玉iOS

 

げん玉の交換先には、運営会社が同じ「RealPay(リアルペイ)」「ドットマネー」「PeX」の3つがあります。

 

ドットマネーに関しては、本来ならJALマイレージバンク、dポイント、ドコモ口座に交換するために必要なルートの一部として、まずげん玉からドットマネーに交換する必要があるのですが、ドットマネーにさえポイントを交換してしまえば、そこで終了してしまってもいいわけです。

 

RealPayよりもドットマネーが優れている部分としては、

 

  • 月に何度交換しても手数料無料で交換できる
  • RealPayにはない交換先がある
  • Amazonギフト券やiTunesギフトコードが常に1~2%お得

 

RealPayでも、げん玉からポイント交換する際に「手数料無料チケット」がもらえ、月に1度はRealPayから手数料無料で現金などへ交換することができますが、月に2回以上の交換する場合は手数料が必要となるので、やはりドットマネーに交換しておいたほうが使い勝手が良いと感じることもあります。

 

 手数料新設について

驚き

 

げん玉では、8月30日(金)10:00~ドットマネーへの交換において手数料が新設されます。

 

変更前→手数料なし

変更後→交換額の10%の手数料

 

交換完了が8月30日10時以降となる場合は、手数料および交換レートが変更後のものが適用されてしまうので、時間に余裕を持って交換手続きを行ってください。

 

さらに、8月30日10時以降の交換完了時点で、交換額+手数料分のポイントがない場合はキャンセル扱いとなり保有ポイントへ戻されてしまうのでご注意ください!

 

 個人的見解

SNS認証

 

げん玉は、今回のドットマネーの手数料新設よりも前に、PeXへの交換にも手数料が新設されています。

 

それぞれげん玉で交換開始されたのは、ドットマネーが2017年10月、PeXが2018年2月。

 

2017年10月以前はげん玉→ポイントエクスチェンジ(現RealPay)にしか交換することができず陸マイラーさんからは相手にされず…。

 

お小遣いサイトが「陸マイラー」の方に注目し始めた頃なのか、立て続けにマイルへ効率よく交換できる中継先を取り入れました。

 

遅れて、2018年10月よりポイントエクスチェンジ(現RealPay)から等価交換・月1度手数料無料で直接LINEポイントへ交換可能になったことで、2019年1月にリニューアルされたRealPayの使いやすさに拍車をかけることに成功。

 

もうこの頃から、ドットマネーやPeXは様子み状態だったのかもしれません。

 

 

自分達に不足している部分を他で補っていた状態から、自分たちだけで自立できる状態にしたRealPayだからこその、手数料有料化なのかもしれません。

 

 

お小遣いサイトとポイント合算サイトが同じ運営会社なのは、げん玉×RealPay、ECナビ×PeX、すぐたま×ネットマイル、Gポイント×Gポイント、ECナビは自社のPeXにしか交換できないですし、すぐたまは自社のネットマイルにしか交換できないですし、Gポイントは自社のGポイントにしか交換できません。

 

自社のポイント合算サイトがありながら、他社のポイント合算サイトを取り入れているのはげん玉だけということになります。

 

つまり、ドットマネーやPeXへの交換手数料を有料化してでも自社のポイント合算サイトへ集客し直す必要がある為、ドットマネーやPeXへの手数料有料化はげん玉特有の対策だと思われます。

 

 まとめ

買い物

 

ドットマネーが改悪されるときは全部まとめて!と思っていただけでに、げん玉だけ手数料新設ということには正直驚かされました。

 

しかし、その驚き以上に驚いだのは自社ポイント合算サイトがあるのに「ドットマネー」がげん玉で利用できるようになったときです。

 

何度でも手数料無料で交換できるドットマネーと、月に1度だけ手数料無料で交換できるポイントエクスチェンジ(現RealPay)だったら、ポイントエクスチェンジに使いにくさを感じていたユーザーの多くはドットマネーへポイント交換しているはずです。

 

このタイミングでの手数料新設は、元々ここまで計算して提携していたのか、思ったよりもRealPayへの登録者数が増えないことへの焦りなのかは定かではありませんが、RealPayへのリニューアル時に「完全手数料無料」にしなかったことがRealPay離れを加速させてしまったのかもしれませんね。

 

 

ただ、げん玉で貯めたポイントを月に1度RealPayから交換するだけで大丈夫という方であれば、手数料無料で交換できるわけですから何の問題もありません。

 

げん玉は、稼ぎやすさで有名なお小遣いサイトで、単価が高めに設定されているのでオススメですよ!

 

GMコインリニューアルでコイン関連機能が終了、「ゲームアール」どんなサイト?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


GMコイン終了

 

GMコイン、終了へ…。

 

ログインボーナス稼ぎのため起動したGMコインで『8月20日GMコインはリニューアルします。』という驚きの発表がありました。

 

改悪だろうなという思いしかありませんでしたが、まさかコイン関連の機能がすべて終了するとは。

 

 

8月20日(火)15:00に、GMコインから『ゲームアール』として生まれ変わります。

 

GMコイン終了へ!

GMコイン終了

 

2018年10月、iTunesアフィリエイト終了とともに、いくつかのアプリ課金還元サービスがサービス終了へ。

 

同様のアプリ課金還元サービスが終了していくなか、GMコインとスマートゲームはサービス続行!

 

GMコインも、Appleからのアフィリエイト報酬7%のうち、5%をユーザーに還元するというサービスを提供していた為、課金還元の先駆者としてとても人気のアプリでした。

 

その後、アフィリエイト報酬が2.5%まで下落し、ユーザーへの還元率は1%と改悪せざるを得ない状態。

 

iTunesアフィリエイトがある頃は課金額に対して5%が還元されていましたが、iTunesアフィリエイト終了後はGMをコインを利用して貯めたコインやクレジットカードで【ポイント購入】をして、そのポイントでiTunesギフトコードへ交換することにより2%安く購入できる系のサイトに生まれ変わりました。

 

 

しかし今回のコイン関連機能終了の前兆ともいえる、「ポイントによるiTunesギフトコード交換終了」により、最近ではログインボーナス/アプリダウンロード/アプリ事前登録/友達紹介といった、ただ自分でコインを稼ぎ出すしかないサービスしか残っていない状態。

 

全盛期の面影がない…なんの魅力もないアプリになっていたので、今回の「ゲームアール」へのリニューアルはやむを得ないのかもしれませんね。

 

 

関連記事: GMコインの危険性と評価・評判について

 

 「ゲームアール」とは?

ゲームアールリリース

 

8月20日(火)15:00からサービス開始する「ゲームアール」ではどのようなサービスが利用できるのでしょうか。

 

会員数80万人以上のユーザーがいるGMコインを、アプリの事前予約に特化したかたちでリニューアルされます。

 

GMコインを利用している=課金をした経験があるというユーザーが多数なわけで、つまりゲーム好きな方に「GMコインがリニューアルして、ゲーム内アイテムやゲーム内通貨などの特典がもらえる事前登録サービスにリニューアルするよ」という情報がすでに見た見てないは別としても累計利用者数80万人以上の方に宣伝はできている状態です。(※特典のないアプリもあります)

 

この状態で「ゲームアール」をリリースすることで、数%のゲームが好きな方が「ゲームアール」に登録してくれるので新作アプリを開発する企業からするとスタートダッシュ成功という結果がついてきます。

 

ひとつに特化したアプリに生まれ変わるしか生き残れなかったのか、計算なのかはわかりませんがパッとしないGMコインを続けるよりは正解だっと思います。

 

 

企業の予算などもあるので、すべての新作アプリではありませんが、予約時またはダンロード後に抽選でギフトが当たる「オリジナルくじ」に参加することもできます。

 

ゲームアールはこちらから→https://game-r.info

 

 事前登録とは?

SNS認証

 

GMコインでは、リリース前の新作アプリの事前登録を行うことで限定特典がもらえたり、リリース5日後に登録者の中から抽選で100コインが当たったり、事前登録についてツイートすることで10コインをもらうことができます。

 

気になるアプリの事前受付をする→リリース開始のメールが届く→新作アプリダンロードという流れになります。

 

公開前のアプリ情報を早く確認することができるというメリットもある。

 

「ゲームアール」では、この事前登録がメインのゲーム情報サイトになるということですが、リニューアルに伴いコイン関連の機能がすべて終了するので【限定特典】だけで勝負にでることになります。

 

コインの移行方法

GMコインで保有しているコインとポイントは、GMコインのサービスが終了する前までに、グループ会社運営の「ポイントインカム」へコインを移行する必要があります。

 

ポイントインカムは、ショッピングや無料会員登録、アプリダウンロードなどのサービスを利用することで、500円から現金に交換することができるお小遣いサイトです。

 

会員数も300万人と突破し、お得にポイントを貯めることができるキャンペーンの多さで人気があります。

 

 

お小遣いサイトってなんだか怪しそう…という方は、是非こちらの記事を合わせて読んで頂ければ、その不安は解消できます!

 

ポイントインカムってどんなサイトなの?という方は、こちらの記事で詳しく解説しています!

 

 リニューアルまでのスケジュール

アンケート

 

【8月20日(火)15:00】

 

  • コイン付与機能の終了(コインを稼ぐ/事前登録/JACKPOT/ログインボーナス/友達紹介)
  • ポイントインカムへのコイン及びポイント移行開始

 

 

【8月30日(金)15:00】

 

  • GMコインのサービス&サポート終了

 

 まとめ

買い物

 

2014年6月よりサービス提供開始して5年、そして2018年10月の改悪から1年経過目前での終了(リニューアル)。

 

GMコインを運営しているナオ株式会社の親会社であるファイブゲート株式会社は、2006年からお小遣いサイト「ポイントインカム」を運営しており、会員数も300万人以上というお小遣いサイト運営会社としてはかなり大きい会社がバックにいたからこそ、ここまでサービスを延期できたのでしょう。

 

リニューアル後の「ゲームアール」には稼ぐ系の機能はなさそうなので、現金に交換できるポイントがもらえるというサービス内容に興味があるという方はポイントインカムがおすすめ!

 

 

【ポイントインカムのおすすめポイント!】

  • 月額サービスが最大100%還元で利用できる
  • ネットショッピングを頻繁に使う人なら、一度上がったら下がらないランク制度で最大7%還元
  • 毎日ログインしてトロフィーを貯めれば最大5000ポイントがもらえる
  • キャンペーンの多さはお小遣いサイトNO.1

 

貯めたポイントは、現金なら500円から、iTunesコードなら5%OFF、Google Playギフトコードなら3%OFFとお得に交換することができます。

 

 

ポイントインカムの登録はココからがおすすめ!

ポイントサイトのポイントインカム

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2019

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


満開の桜

 

4月1日はエイプリルフールではありますが、2019年だけはテレビでは「新元号」ばかりが特集されている状態。

 

忘れられているな…という感じです。

 

とは言っても、エイプリルフールの企画を忘れずに実施しているお小遣いサイトもありました♪

 

今年はどこのお小遣いサイトが楽しませてくれているのか、紹介していきたいと思います。

 

過去のエイプリルフール企画についての記事はコチラ

 

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2015年

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2016

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2017

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2018

 

 さすが!ポイントインカム

他お小遣いサイトがみんなを楽しませる事を忘れても、あなただけは毎年楽しませてくれています。

 

今年の企画は「インカム公式キャラクター脱落総選挙!」ポイントインカムのキャラクター達の中で消えてほしいキャラクターを投票しろ?!

 

ポイントインカムエイプリルフール企画

 

そんな…みんなにはいつも4コマ漫画で楽しませてもらっているのに選べない…。

 

ポイントインカムキャラクター

 

票数上位5名は、今後すべての存在を抹消され、新キャラクター5名と入れ替わります。

 

エイプリルフール注意事項

注意事項もマジのやつじゃないっすか!

 

  • 投票は1人1問までとなります
  • 新キャラクターは投票対象となりません
  • 弊社にて不正な投票と判断した場合、投票を無効とさせていただきます
  • キャンペーンの内容につきまして、予告なく変更する場合がございます
  • 投票状況や結果などについてのお問い合わせは受け付けておりません

 

ここまで本気なら、1人選んでやろうじゃないか。

 

じゃ、この子…ポチッ

 

キャラクター総選挙

 

ごめん。[投票する]ポチッ・・・

 

エイプリルフールネタバレ

 

これこれ!

 

みんなを楽しませるだけなのに、ここまで凝った事をしてくれるから人気なんでしょうね♪

 エイプリルフール後

エイプリルフールのネタバレをする為だけの投票だと思っていましたが、実は…みんなの投票をちゃんと集計していたそうです。

 

ポイントインカム内のブログで「インカム公式キャラクター人気がないランキング」が発表されています。

 

不人気ランキング

 

コメントも記載してあったりと、細かいことにも手を抜かないポイントインカム。

 

来年も楽しみにしています♪

 チャンスイット

チャンスイット公式YouTuber「宝来りぼん」ちゃんデビュー?

 

チャンスイットエイプリルフール

 

左上の[チャンスイット]のロゴの顔がすでに違いますが、その謎のキャラクターについて調べてみることに。

 

キャラクター

 

宝来りぼん(元・りぼんタン)?

 

懸賞サイト「チャンスイット」のマスコットキャラ・りぼんタンとしてチャンシーとともに活躍してきましたが・・・

 

このたびチャンスイットでVTuberとしてデビューすることになり…美少女キャラへと生まれ変わったのです!

 

可愛いキャラですから、そりゃファンも増える可能性もあります。しっかりとその辺の対策はしてあるようです。

 

キャラクターおうえんする

 

[応援する]ボタンをクリックしたサポーターの数が増えるほど、りぼんちゃんからのお礼の品も豪華になるかも!?

 

  • サポーター100人で、今後の配信される動画のエンドロールにお名前記載
  • サポーター500人で、オリジナルクリアファイルを50名様にプレゼント!
  • サポーター1,000人で、オリジナルマグカップを100名様にプレゼント!

 

まずはりぼんちゃんについて知る為に、4月1日限定の自己紹介動画を確認したいと思います。

 

自己紹介動画

 

やはり…

 

チャンスイットエイプリルフール企画

 

しかし、チャンスイットはこれだけでは終わりません!

 

エイプリルフールキャンペーン

 

[応募ボタン]を1回タップすると1ptを使ってキャンペーンに応募する事ができる「エイプリルフールプレゼントキャンペーン」が実施されています。

 

応募は1日何回でもできるので、応募すればするほど当選確率アップ♪

 

もしかしたら、その1ptで1000円分のポイントが当たるかもしれません。

 エルネ

エルネは、映画作ってみました?特別鑑賞券プレゼントだそうです。

 

エルネエイプリルフール企画

 

エルネシネマ第1弾「劇場版POINT HUNTER 増税にMAKERUNA!」

 

エルネ映画

 

監督:マイ・ポイント

 

脚本:エル・ネー

 

制作:エルネエイプリルフール製作委員会

 

主題歌:GET POINT

 

伝説のエルネ会員「ポイントハンター」が増税に立ち向かうオリジナルストーリー。

 

エイプリルフール企画応募

 

映画公開記念として特別鑑賞券プレゼントキャンペーンが開催されているので、応募してみたいと思います。

 

エルネネタバレ

 

なんとも冷静な対応です。

 

ポイントインカムのネタバレ画像がかなり派手に感じます。

 

エルネもネタを謹んで[ポイント獲得はこちら]ボタンをクリックすると1ポイントをもらう事ができます。

 楽しみにしてるんだけどな

寂しい結果です。

 

昨年はエルネのエイプリルフールネタを見つける事ができなかったのですが、今年開催されているのでもしかしたら見逃してしまったのかもしれません。

 

ここ数年、ポイントインカム、チャンスイット、エルネの3つお小遣いサイトしかないので寂しいですね、意外に楽しみにしてるんですがね。

 

今年はチャンスイットが一番頑張っていたでしょうね‼

 

ネタバレする際の、ユーザーを楽しく騙すという事に関しては、やはり常にユーザーを楽しませているポイントインカムがダントツでしたね‼

 

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

課金アイテム還元に大打撃、2018年10月にアフィリエイト終了でどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


App Store アフィリエイトプログラムの変更について
App Storeのアフィリエイトプログラムにご参加いただきありがとうございます。新しいiOSとmacOSのApp Storeの開始により、Appの見つけやすさが一段と向上しました。これに伴いまして、Appがアフィリエイトプログラムの対象から除外されることになりました。2018年10月1日以降、iOSとMacのAppとApp内コンテンツは、アフィリエイトプログラムの報酬対象外となります。音楽、映画、ブックなど、その他の全てのコンテンツは、引き続きプログラムの対象です。

 

2018年8月2日、iTunesアフィリエイトのメールマガジンで、iOSとMacのAppとApp内コンテンツは、アフィリエイトプログラムの報酬対象外となりました。

 

…というのが何を意味するかというと、GMコインやSMARTGAME、そしてお小遣いサイト(ポイントサイト)における課金アイテムを購入する毎に〇%還元というプログラムの資金となる部分が無くなってしまい、サービスの継続が難しくなるという事です。

 

これまで課金アイテム購入時に、ポイントサイトを経由して課金アイテムを購入して、〇%を還元していた課金アイテムユーザーに大きな打撃となるか…?

 

とは言え、私的にはそれ程大きなダメージとはならないと思っています。

 

ただこれからは、課金アイテムを購入時に〇%還元ではなく、iTunesギフトを購入時に〇%還元、今で言えば料率は5%ですね。

 

こちらに切り替わっていくと考えられます。

打開策を考えているサイト速報

2018年9月末時点で打開策を感考えているサイトは以下の通り。

  • GMコイン(ギフトコード購入の還元に注力)
  • モッピー(app moneyで購入時に5%還元)
  • ポイントインカム(お得に利用できる仕組みを作成中)
  • スマートゲーム(リニューアル予定)
  • リフレク→終了
  • Gamix→終了

 

です。

 

その他お小遣いサイト(げん玉、ゲットマネー等)に関しては今後の記載はなく、ただ本当に終了してしまうようです。

 

当面はこのまま購入時の還元がメインになっていくのが予想されます。

これまでの歴史のおさらい

Appleアフィリエイトの歴史

 

iTunesアフィリエイト、App Storeのアプリにアフィリエイト報酬をつけていた、Appleが運営するアフィリエイトプログラムです。

 

2016年10月までのアフィリエイト料率は7%、課金アイテム購入に対しても7%還元がありました。

 

そのアフィリエイトプログラムのアフィリエイト報酬を使用し、課金アイテム購入時に5%還元させていたのが、GMコインやSMARTGAME、そして各種お小遣いサイトで、2015年のアプリ全盛期においては、GMコインやSMARTGAMEは莫大な収益を生み出していました。

 

ホント私も自慢でも何でもありませんでしたが、GMコインの友達紹介報酬、それだけで月50万…とか、そういうケタ違いのレベルでした。

 

そのアプリ課金全盛期ともいえる状態が終わりを告げたのが2016年10月、Appleは課金アイテムの購入において、7%の料率を2.5%に引き下げました。

 

当然GMコインやSMARTGAME等のアプリ課金を主軸とするお小遣いアプリは大ダメージ、お小遣いサイトはアプリ課金も1つのコンテンツでしたので、そこまでのダメージはありませんでしたが、お小遣いサイト業界に少なからず影響があったのは確かです。

 

そしてここにきて、2018年10月、アフィリエイトプログラム自体の終了で、Appleからのアフィリエイト報酬というのは0になりました。

 

2016年の時も半年~1年は課金アイテム還元5%を続けるサイトがありましたが、現在はアフィリエイト報酬である2.5%から2%を還元するのが最大でした。

 

という事は、この流れから行くと2019年中には、アプリ課金の報酬というものは無くなってしまうのは時間の問題と言えるでしょう。

ただ黙ってはいなかった

革命

 

ただ、お小遣いサイト側もただ黙ってはいなかったですね。

 

課金アイテム還元自体、7%⇒2.5%に引き下げられた時点で、多くのユーザーはやる気を無くしてしまっています。

 

そして、Appleの気分次第ではいくらでも料率を下げられる、というか、最悪0になるという事も予想していたと思います。

 

そこで生み出したのが、モッピーを運営する株式会社セレスを例に例えますが、iTunesギフトを購入の際、5%還元を行うApp Money等の、iTunesアフィリエイトに頼らず、ギフトの大量購入による値引きの割合で、ユーザーに還元するというスタイルをとってきました。

 

この方法の一番のメリットは、Appleのアフィリエイト報酬が0になったとしても、ユーザーにポイントを還元できるという事です。

 

そして、大量購入による割引がある限り、このビジネスを続けることができました。

 

ある意味、こうなることを予見していたのではないかと思います。

大量仕入れによる格安購入の危険性

デンジャー

 

安価に仕入れる事の危険性とは、いつまで供給ができるか?ですよね。

 

現在この安価購入、多くの方法があるようで、差分としては5%、もしくはそれ以上出ている状態である事が分かります。

 

ただこの状態、Appleがアフィリエイト報酬を除外した今、どうなるか?というのは1つの懸念材料ではあります。

 

Appleの気分次第では…というのも否定できません。

 

もう1つは、大手運営会社が強くなる、二極化はより進んでいくでしょうね。

 

大量の資金が安価購入のポイントの1つであることはほぼ間違いないでしょう。その場合、資金力のある運営会社が強いのは目に見えていますしね。

 

中小では算入できず、大手がしのぎを削り合う状態になる…まあ予想の範囲ではありますが、おそらく近い状態になってくると思います。

 

課金アイテム購入は○○がお得!!から、iTunesギフトの購入は〇〇がお得!!に変わっていくのでしょうね。

影響はないがAppleの気分次第では

2016年10月のアフィリエイト料率大幅引き下げで、お小遣いサイトやそれを提供するアプリ側も対策していて、いつかこの日が来ると予想していたんじゃないかというのが伺えますね。

 

ただこれもAppleの気分次第、安価提供をできない状態にしてしまう施策があるなら、もしかしたら完全に封じられる可能性というのも否定できません。

 

安価仕入れの中に、Appleを仲介するものがあるのであれば、ますます可能性を否定できなくなってしまいます。

 

正直私が思ったのは、もうAndroidでもいいんじゃね?と少し感じましたね。

 

確かに魅力な製品、私個人を言うとiPadは子供たちにとっては非常に大事なものですね。私自身もよく利用しています。

 

Apple Watchは私的に、こんなの役に立つのかなぁと思って購入しましたが、今ではApple Watchがない生活なんて…という状態です。

 

このウォッチ、多分着けてみないと分からない便利さがあります。

 

ただそれらのサービス、Andorid、つまりGoogleで代用できないか?と考えたら、スマホは既にAndoridがあるし、性能差はほぼない、むしろAndroidの方が凄いか?という状態、Androidタブレットは性能差こそあれ、タブレットとしては存在します。Googleがスマートウォッチを作ってくれたら…まあ日本の認知度からしてAppleが上位に立っていますが、Appleを絶対に選ばなければいけないという状況というのはないですね。

 

おそらく多くのアプリ攻略サイト、iOS情報提供サイト等、アフィリエイト終了で影響が出てくるでしょうね。

 

運営されている方、個人でも法人でも、お金が入らなければこれまでの質を保って情報発信というのは難しくなると思います。

 

もちろんAppleにもそれを補うだけの施策があるからこそ、プログラムの停止なのでしょうけど…

 

ただこれまでアプリ課金還元を利用していた方には、確実に影響が出てきますので、現状の方法を変え、課金アイテム購入時に還元されるものではなく、iTunesギフト購入時に還元されるものに切り替えていく必要があると思います。

 

現状予測の範囲ですが、iTunesギフトの購入時の還元にまで影響が出ないことを祈っています。

2018年のお小遣いサイト・アプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年のお小遣いサイト

 

2018のお小遣いサイト・アプリを、私の思いと共に書き連ねた記事です。

 

今回の更新は、2018年6月です。

 

今年は半年に1回、6月と12月に動向を確認していきたいと思います。

 

2018年において最も注目を見せたのは、友達紹介によるお小遣いサイトの競争です。競争を勝ち抜け新規会員を獲得しているお小遣いサイト、運営会社が潤うので新しいキャンペーンを始める事ができるという状態です。

 

6月、最近感じる事は、サービスを改善できるサイトと改善できない、もしくは改悪してしまうサイトが2極化している事ですね。

 

コンテンツや還元率など、この勝ち抜けたお小遣いサイトがどうしても有利です。

 

iTunesアフィリエイトの料率は、iTunesギフト購入で5%還元する事で、実質1~2%に変更された料率は高いサイトでは7.5%を実現できています♪

 

このページは非常に長い記事です。下の目次をクリックすると各お小遣いサイトの簡単な説明と現在の動向が記載されていて、文章の終わりには目次に戻れるようにリンクを配置しています。

 

行ったり来たりで、ご自身が確認したいお小遣いサイトを確認してみて下さい。

 

モッピー

運営会社:株式会社セレス

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:従業員約100名以上・東証一部上場

運営会社の景気:全お小遣いサイトNo.1の右肩上がり

還元率:高め

ゲームコンテンツ:全お小遣いサイトNo.1

特徴:会員数・人気No.1

 

iTunesアフィリエイトの料率変更にiTunesギフト購入5%還元+2%+カード利用で0.5%=7.5%と、最も良い対応を見せた。

 

元々凶悪な紹介制度に、ティア制度の最終型と言える5%~100%の還元率を実現。

 

マザーズ上場→東証一部上場と、どうやってもNo.1のお小遣いサイトです。

 

2018年6月、ついに待望のモッピーを経由しなくても経由した事になるモッピーツールバーが登場し、さらなる改善を見せました。

 

もう残っているのはお買い物保証制度位ですね♪

 

目次へ

ポイントタウン

運営会社:GMOメディア株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:従業員約150名・マザーズ上場

運営会社の景気:ここ数年で1,2位を争うサイトになった

還元率:高め

ゲームコンテンツ:前お小遣いサイトNo.1の数

特徴:コンテンツが非常に豊富、運営の底力が強い

 

ポイントタウンを経由しなくとも経由したことになるツールバーの導入。

 

他サイトを圧倒し過ぎている膨大なコンテンツ。

 

さらに当サイトでは登録=350円のボーナス。

 

もうこれでオススメしない利用はない。

 

2018年6月、JALマイルを最も高還元率で換金できるルートに、突如無視できない位鉄板ルートで割り込んできました。

 

可哀そうにGポイント…とか思いながらも、ポイントタウン的にはさらなる収益が予想され、そして新たなコンテンツを生み出す可能性大となりました。

 

目次へ

げん玉

運営会社:株式会社リアルワールド

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:従業員約150名・マザーズ上場

運営会社の景気:長年トップクラスを争っている

還元率:高め

ゲームコンテンツ:前お小遣いサイトNo.1の数

特徴:コンテンツが非常に豊富、運営の底力が強い

 

現在、長らくげん玉を支えてきた友達紹介を模索中。

 

長らくトップクラスのコンテンツを保っているげん玉は、各種キャンペーンも多くなってきたし現状の状態は潤っている状態です。

 

2018年6月、友達紹介制度のコース化が安定してきたのが、ちょっと様子見ですね。

 

目次へ

リアルワールド-暮らすこと

げん玉のランク制度採用版で、げん玉とポイントが同一かつIDも同一。基本的にはげん玉があるので利用する機会は少ないが、ランク制度を利用する位広告利用する場合に役立つ。

 

2018年において、げん玉が友達紹介のあり方を模索している事から、こちらもコンテンツが変わる可能性がある。

 

目次へ

ちょびリッチ

運営会社:株式会社ちょびリッチ

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:20~30名

運営会社の景気:ジワジワとトップクラスに迫っている

還元率:高め

ゲームコンテンツ:非常に多い

特徴:上記3サイトに知名度は劣るが、基本性能は互角

 

ジワジワとトップクラスに迫ってきているというか、ほぼトップクラスのお小遣いサイトと遜色のない所まで来ている。

 

ただ2017年に関していてば、右肩上がりも少し息を潜めたかなた感じます。

 

2018年、目玉の楽天市場の還元率下降でちょびっとダメージです。

 

まあちょびリッチがどうこうじゃなく、楽天市場の方針次第なのでなんとも言えない所です。

 

目次へ

ポイントインカム

運営会社:ファイブゲート株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約50名

運営会社の景気:昔からトップ周辺を争っている

還元率:非常に高い

ゲームコンテンツ:多いが、他上位サイトには劣る

特徴:広告還元率に特価

 

広告還元率に特価している元祖サイト。還元率が高く補償制度も充実。

 

エンターテイメント性もあるお小遣いサイトだが、ライバルサイトもいっぱいです。

 

2018年6月、ポイント交換の際の自動入力、実際便利です。さすがユーザーの声を形にしただけはあります♪

 

目次へ

ハピタス

運営会社:株式会社オズビジョン

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約50名

運営会社の景気:年々売上を伸ばしている

還元率:全お小遣いサイトNo.1

ゲームコンテンツ:ゲームでの換金はほぼ不可能

特徴:広告還元率と補償制度に特価

 

ポイントインカムの還元率特価に加え、クリックやゲームまでも廃止して補償制度を充実した、初心者が広告利用のポイントが反映されないに対しての答えとも言えるサイト。

 

換金制限を実質廃止した事から、今後の上場が予想される。

 

2018年6月、ポイント交換先が基本的に改善傾向。良くも悪くもハピタスは変わらない事が特徴です。

 

目次へ

お財布.com

運営会社:株式会社セレス

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約100名

運営会社の景気:モッピー運営会社と同一

還元率:高め

ゲームコンテンツ:モッピーとほぼ同一

特徴:モッピーとほぼ同一

 

基本的にはモッピーと変わらないのだが、2018年リニューアルを行いサービスが大きく変わる可能性がある。

 

2018年6月、サービスは改善ながらも、友達紹介は若干改悪しちゃったな…

 

目次へ

ゲットマネー

運営会社:インフォニア株式会社

運営会社のやる気:メイン事業ではあるが一番ではなくなった

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約50名

運営会社の景気:ポイントサイトとしては停滞

還元率:普通~高め

ゲームコンテンツ:メール受信のポイントは高い

特徴:以前はトップクラスだったが、現在は停滞~下手をすると衰退

 

2017年~どうしても同一運営会社が運営する懸賞サイトのチャンスイットに力を入れていて、ゲットマネーが置き去りになっている感が否めない。

 

が、かつてのトップクラスお小遣いサイトとして、一流のコンテンツを保っている状態。

 

2018年6月、友達紹介制度が大改善で、新規会員獲得を狙っています。

 

上手く行けばまた、かつてのトップクラスお小遣いサイトではなく、またトップクラスお小遣いサイトに食い込んでくる可能性もあります。

 

目次へ

モバトク

運営会社:株式会社セレス

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約100名

運営会社の景気:モッピー運営会社と同一

還元率:高め

ゲームコンテンツ:モッピーとほぼ同一

特徴:モッピーとほぼ同一だが、紹介制度において若干劣る

 

基本的にはモッピーと変わらないのだが、お財布.comと比較してもちょっと紹介制度において劣る状態。

 

2018年6月、お財布.comが若干改悪したけど、モバトクよりはましですのでやっぱ一番扱い的には…です。

 

目次へ

ECナビ

運営会社:株式会社VOYAGE GROUP

運営会社のやる気:メイン事業ではあるが他事業も展開している

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約400名、JIPCの首領

運営会社の景気:停滞→上昇

還元率:高め

ゲームコンテンツ:非常に多い

特徴:膨大なコンテンツ、還元率が上昇中

 

2017年後半から還元率が急激に上昇、さらにECナビカードを含めると還元率は全お小遣いサイトの中でもNo.1になる。

 

底力を見せつけて来たか…!!

 

2018年6月、還元率も伸び、ECナビ伝統のスゴロクゲーム廃止等、多分これから変化してくと思います。

 

余談ですが、運営会社の方とちょっと話す機会があり、そんな感じだった事も後押しです。

 

目次へ

i2iポイント

運営会社:株式会社エムフロ

運営会社のやる気:メイン事業ではないが、一部の人は本気

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約70名

運営会社の景気:2014年誕生から右肩上がり

還元率:非常に高い

ゲームコンテンツ:上位サイトに比べると少なめ

特徴:還元率が高い、運営の人が特徴的

 

以前はi2iポイント=山岸さんだったが、還元率が高いお小遣いサイトとしてその地位を築きつつある。

 

大手サイトと比較するとまだまだ改善の余地がある。

 

2018年6月、サービスはちょっと改善…という位で、相変わらず運営会社との距離が近いサイトです。

 

目次へ

ライフメディア

運営会社:株式会社ライフメディア

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約30名

運営会社の景気:2016年から右肩上がり

還元率:高め

ゲームコンテンツ:アンケートを考えると非常に多い

特徴:アンケートにも力を入れているポイントサイト

 

2017年からのキャンペーンは凄まじく、運営会社が潤っているのが伺える。

 

今後の成長株として期待。

 

2018年、基本は改善傾向で、気になるのはランク制度の終了。

 

ランク制度の終了の代わりに新しいキャンペーンや企画を開発するとの事で、大きな変化が予測されます。

 

目次へ

colleee(コリー)

運営会社:株式会社ファンコミュニケーションズ

運営会社のやる気:メイン事業ではないが、メイン事業と関連づいてきた

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約400名

運営会社の景気:2017年末リニューアル

還元率:非常に高い~全お小遣いサイトNo.1

ゲームコンテンツ:ほぼ無い

特徴:広告を取り扱っている企業が運営しているお小遣いサイト

 

2017年末、めちゃくちゃ徹夜しただろうなぁ~という感じでリニューアル。

 

ゲームコンテンツを廃止した以上、ASPが運営するお小遣いサイトである以上、還元率が低いのは許されないだろう。

 

2018年、還元率の高いサイトに生まれ変わりましたね。

 

ただなんか、生まれ変わってからあんまりサービスに変化が無い気が…するんですけどね。

 

目次へ

フルーツメール

運営会社:アイブリッジ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約60名

運営会社の景気:一定水準をキープ

還元率:普通~やや微妙

ゲームコンテンツ:非常に多い

特徴:いま一歩、最低換金額と換金手数料だけが気になる

 

 

思えば2014年位からずっと最低換金額と換金手数料だけが気になるお小遣いサイトです。

 

2000円と手数料さえなんとかなればトップクラスのお小遣いサイトになるのに…という状態から4年、もう現状を変えるという気はないのではないかと思います。

 

2018年6月、ポイント有効期限が2年から半年へ変更。まあ2年が長すぎるだけだったが…

 

目次へ

えんためねっと

運営会社:株式会社エイトフィールド

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約2名

運営会社の景気:一定水準をキープ

還元率:高め

ゲームコンテンツ:少ない

特徴:特定の還元率だけ驚異的

 

 

運営会社の人数が2名という、個人運営を成功させたお小遣いサイト。

 

その秘訣はたまにあり得ない程高い還元率の広告を出すことです。

 

2018年6月、サービスに変更はなく、たまに高還元を出すのも変わりません。

 

目次へ

ポイントミュージアム

運営会社:システムエッジ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全~身元が不明

運営会社の状態:不明

運営会社の景気:年々新しくなってきている

還元率:高め

ゲームコンテンツ:普通

特徴:根強く生き残っている

 

運営会社の身元に一抹の不安が残るお小遣いサイトではあるが、もう10年以上運営を続けている実績はある。

 

トラブルも多いが、ポイントミュージアムならではのサービスもある。

 

システムエッジ系列No.1のお小遣いサイト。

 

ちょこちょこサービスは変わっていますが、現状を変える程の変更はありません。

 

目次へ

タッチモール(Touch Mall)

運営会社:株式会社ワンワールド

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約25名

運営会社の景気:年々新しくなってきている

還元率:普通

ゲームコンテンツ:無し

特徴:唯一の有料お小遣いサイト

 

 

月額料金を支払うことで原価スーパーを利用できるショッピングサイトに、ポイント還元をつけたサイト。

 

稼ぐというのは難しいが、有料会員となり、原価スーパーでお買い物はお得。

 

だが、有料会員ですので利用する意思は絶対的に大事です。

 

2018年6月、動画で稼げていたポイントが激減、以前に比べるともう、有料会員の為のサイトに変わりました。

 

目次へ

もらえるモール

運営会社:リンクシェア・ジャパン株式会社

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約200名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:普通

ゲームコンテンツ:普通にある

特徴:楽天のための楽天のためだけのお小遣いサイト

 

楽天サービスをメインに利用するのであれば相性の良いお小遣いサイトではあるが、他の展開は望めない。

 

2018年6月、相変わらず楽天サービスに関しては優遇されています。

 

目次へ

バリューポイントクラブ

運営会社:バリューコマース株式会社

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約50名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:非常に高い~全お小遣いサイトNo.1

ゲームコンテンツ:無し

 

バリューコマースを利用してるブロガーさん等が、自分で広告を利用する為に作られたお小遣いサイト。

 

なだけに還元率は非常に高い、No.1の広告もある。

 

2018年6月、大きな変更はありません。基本的にASP用のお小遣いサイトですので。

 

目次へ

CLUB Panasonic(クラブパナソニック)コイン

運営会社:パナソニック株式会社

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約25万名

運営会社の景気:無数にある事業の末端

還元率:普通

ゲームコンテンツ:膨大なサービスと連携されている

特徴:大手サイトが運営している事業の1つだが、結構頑張っている

 

大手サイトが運営している事業の1つは還元率が悪い傾向があるが、結構頑張っている。

 

無数のパナソニック提携サービスと連携が取れるので、かなり使い込まないと使いこなせない。

 

2018年6月、特に変わった事はありません。

 

目次へ

SBIポイント

運営会社:オールインワンソリューション株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:不明

運営会社の景気:SBIの子会社

還元率:高め

ゲームコンテンツ:無し

特徴、SBIサービスのためのお小遣いサイト

 

SBI証券等、SBIのサービスを利用するためのお小遣いサイト。

 

なので友達紹介とかそういった制度はなく、陸の孤島という状態。

 

お小遣いサイトとしては一定会員を獲得している為、変化が少ない。

 

2018年6月、サービスにお起きは変更はありません。

 

目次へ

ポイコレ

運営会社:株式会社フォープン

運営会社のやる気:メイン事業?

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:不明

運営会社の景気:見えてこない

還元率:普通~高め

ゲームコンテンツ:無し

特徴:紹介制度だけが特価している

 

紹介制度が特価しすぎているピクミンを彷彿させるお小遣いサイト。

 

なのに動かないのが気になる、もうここ数年に…

 

2018年6月、むしろこのまま閉鎖してしまわないか心配です。

 

目次へ

すぐたま

運営会社:株式会社ネットマイル

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約40名

運営会社の景気:リニューアル後一定の水準をキープ

還元率:高め

ゲームコンテンツ:トップクラスと遜色無し

特徴:ポータルサイトでやれる事は一式揃っている

 

トップクラスのお小遣いサイトとほぼ遜色なく、やれる事は一式揃っている。ただすぐたまだけのサービス!!というのも少ないので、今後独自のサービスが望まれる。

 

2018年6月、友達紹介が改善しましたが、それ以外のサービスに変更はありません。

 

目次へ

PONEY(ポニー)

運営会社:株式会社マーケットプレイス

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:十数名

運営会社の景気:2016年から急激に上昇

還元率:高め

ゲームコンテンツ:非常多いし、ゲーム作成も行っている

特徴:以前はダメなサイトだったが、リニューアル後上昇

 

以前はホントダメなサイトだったが、急激に上昇し今に至ります。

 

ポイントポータルサイトとして活躍中。

 

2018年6月、PONEYにとっては向かい風な事が多く、ソラチカルートの変更によって、サービスの質を落とさざるを得ない状況になったのか、友達紹介の改悪等が目立ちました。

 

目次へ

スマートライフポイント

運営会社:スマートライフ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:数名~十数名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:普通

ゲームコンテンツ:ほぼ無い

特徴:可もなく不可もなく

 

可もなく不可もなくだが、自社のコンテンツを使ってほしいという意思が強い。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

バータードットコム

運営会社:株式会社ロッキーシステムズ

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約50名

運営会社の景気:一定期間変化なし

還元率:普通

ゲームコンテンツ:無し

特徴:プロフィールを埋める事で非常に高いクリックポイントを実現

 

適切な広告を配置して、適切な広告を利用するためのお小遣いサイト。

 

広告クリックでのポイントはかなりおいしい。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

懸賞にゃんダフル

運営会社:システムエッジ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全~身元が不明

運営会社の状態:不明

運営会社の景気:年々新しくなってきている

還元率:高め

ゲームコンテンツ:普通

特徴:根強く生き残っている

 

運営会社の身元に一抹の不安が残るお小遣いサイトではあるが、もう10年以上運営を続けている実績はある。

 

トラブルも多いが、懸賞にゃんダフルならではのサービスもある。

 

システムエッジ系列No.2のお小遣いサイト。

 

2018年6月、サイトは綺麗になったけど、サービス自体に変更はありません。

 

目次へ

ポイントスタジアム

運営会社:システムエッジ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全~身元が不明

運営会社の状態:不明

運営会社の景気:年々新しくなってきている

還元率:高め

ゲームコンテンツ:普通

特徴:根強く生き残っている

 

運営会社の身元に一抹の不安が残るお小遣いサイトではあるが、もう10年以上運営を続けている実績はある。

トラブルも多いが、ポイントミュージアムならではのサービスもある。

 

システムエッジ系列No.3のお小遣いサイト。

 

2018年6月、サイトは綺麗になったけど、サービス自体に変更はありません。

 

目次へ

お小遣いJP

運営会社:株式会社コンプリートロジック

運営会社のやる気:メイン事業だがやる気は…

セキュリティーに対する取り組み:SSLが使用されていない

運営会社の状態:従業員不明

運営会社の景気:水準キープ→衰退

還元率:以前は高い→普通

ゲームコンテンツ:少しある

特徴:もはやタイムスリップと言える程古いサイトデザイン

 

昔のお小遣いサイトって、こんなサイトが多かったなぁと思うほどサイトデザインが古いです。

 

もうサイトデザインを更新した方がいいんじゃないかな?ある程度知名度はあるんだし…と思う。

 

2018年6月、もうデザイン変えないと…サービスの変更無しです。

 

目次へ

エルネ(ELNE)

運営会社:株式会社DNPソーシャルリンク

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:十数名

運営会社の景気:一定水準をキープ

還元率:低め

ゲームコンテンツ:トップクラスと遜色無し

特徴:それなにいいが、還元率が惜しい

 

結構良いコンテンツを持っているのですが、ちょっと還元率が低め。

 

友達紹介も行っていないので、現状維持の傾向が強い。

 

2018年、サービスに変更はあるものの、サービスの水準に変更はありません。

 

目次へ

ポイントショップ

運営会社:データネットワークシステムズ

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:SSLが無い

運営会社の状態:数名

運営会社の景気:ちょっとずつ衰退

還元率:普通

ゲームコンテンツ:無し

特徴:紹介した友達をシャッフルできる

 

友達紹介に特価しているお小遣いサイトだが、友達紹介制度が破綻している。

 

運営会社が複数のお小遣いサイトを運営していて、当たれば…と思っている節がある。

 

2018年6月、まさかのスピート閉鎖、こんなスピード閉鎖見たことねぇよで、私自身もポイントを失効してしまいました…

 

目次へ

永久不滅.com

運営会社:株式会社クレディセゾン

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約1万2千名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:セゾンカードがあると高くなる

ゲームコンテンツ:一定水準

特徴:セゾンカードを持っている人のお小遣いサイト

 

以前はセゾンカードが無くても利用して下さいという状態だったが、最近は宣伝が少ない。

 

2018年6月、セゾンカード系お小遣いサイトになってきたイメージ。

 

積極的な宣伝が少ないです。

 

目次へ

Warau.jp(ワラウ)

運営会社: 株式会社オープンスマイル

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約30名

運営会社の景気:上昇と衰退を繰り返している

還元率:普通

ゲームコンテンツ:トップクラスと遜色無し

特徴:セキュリティー等の対策はバッチリ

 

セキュリティー対策はバッチリ、サイトも綺麗なのだが、これなら上位互換のお小遣いサイトがあるという状態。

 

2018年6月、基本的に改善、サイトもリニューアルしたので独自のコンテンツを出せばという所です。

 

目次へ

ポイントモンキー

運営会社: 株式会社オープンスマイル

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約30名、Warau.jpと同一運営会社

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:普通

ゲームコンテンツ:多少ある程度

特徴:隠れた穴場お小遣いサイト

 

セキュリティー対策はバッチリ、サイトも綺麗、Warau.jpとは違い、ポイント獲得ランキングに入ることが可能な穴場サイトとなっている。

 

2018年6月、接続不具合とかもおきましたが、基本的にサービスの内容に変化のない穴場状態です。

 

目次へ

シュフー(Shufoo!)

運営会社:凸版印刷株式会社

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約47000名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:無し

ゲームコンテンツ:チラシ配信のみ

 

各お小遣いサイトと連携している事が多い。

 

チラシを見てポイントを獲得する事ができる異色のお小遣いサイト。

 

2018年6月、特にサービスに変更はありません。

 

目次へ

ポイントハンター

運営会社:株式会社アクセスライン

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:10000人位いそうだけど数名でしょう

運営会社の景気:すごろく終了で衰退傾向

還元率:高め

ゲームコンテンツ:広告利用で換金可能な位になる

特徴:最低換金額がべらぼうに高い3000円

 

最低換金額が3000円…!!これが全てを物語っていますよね。

 

クリックポイントがあろうがなかろうが、広告利用しないと最低換金額に到達しない。

 

2018年6月、スゴロクがなくなってから元気がありません。どころか、広告の更新も今ひとつな感じが…

 

目次へ

バンプク

運営会社:株式会社バリシス

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:数名~十数名

運営会社の景気:停滞~衰退傾向

還元率:普通

ゲームコンテンツ:無し

 

一瞬強者系お小遣いサイトを思わせる姿でしたが、どうやらエンジンが同じなだけのよう。

 

キャンペーンも行わず宣伝も行わないので、どんどん衰退していっている。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

まんぷくじま

運営会社:オールインワンソリューション株式会社

運営会社のやる気:メイン事業でない

セキュリティーに対する取り組み:SSLが無い

運営会社の状態:約20名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:普通だが、広告が少ない

ゲームコンテンツ:ほぼ無い

特徴:長い間更新されていない放置サイト

 

放置されすぎて運営会社の規模に対してSSLすら導入されていない可哀想なサイト。

 

通過のどすこいは一瞬、何言ってるのかわからなかったです。

 

2018年6月、サービスに変更が無いことが、広告を更新してるだけなんだなぁと思わされます。

 

目次へ

ABCポイント

運営会社:株式会社ミリオレ

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:SSLが無い

運営会社の状態:数名~十数名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:普通

ゲームコンテンツ:昔流行ったコンテンツがある

 

10年前の風貌をそのまま残したサイトデザイン。放置されて広告だけが更新されている。

 

サイトが重かったが、もはやあまり利用されている方も少ないだろう。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

ポイントアイランド

運営会社:システムエッジ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全~身元が不明

運営会社の状態:不明

運営会社の景気:年々新しくなってきている

還元率:高め

ゲームコンテンツ:普通

特徴:根強く生き残っている

 

運営会社の身元に一抹の不安が残るお小遣いサイトではあるが、もう10年以上運営を続けている実績はある。

 

トラブルも多いが、ポイントアイランドならではのサービスもある。

 

システムエッジ系列No.4のお小遣いサイト。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

ポイントランド

運営会社:システムエッジ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全~身元が不明

運営会社の状態:不明

運営会社の景気:年々新しくなってきている

還元率:高め

ゲームコンテンツ:普通

特徴:根強く生き残っている

 

運営会社の身元に一抹の不安が残るお小遣いサイトではあるが、もう10年以上運営を続けている実績はある。

 

トラブルも多いが、ポイントランドならではのサービスもある。

 

システムエッジ系列No.3のお小遣いサイト。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

ポイントボックス

運営会社:株式会社ファンコミュニケーションズ

運営会社のやる気:メイン事業ではないが、メイン事業と関連づいてきた

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約400名

運営会社の景気:数年前から現状維持~衰退

還元率:非常に高い~全お小遣いサイトNo.1

ゲームコンテンツ:ほぼ無い

特徴:広告を取り扱っている企業が運営しているお小遣いサイト

 

リニューアルして看板サイト的な扱いになったcolleee(コリー)に対し、明らかに放置状態。

 

数年前に構ってもらったが、それ以来またご無沙汰となっている。

 

2018年6月、その役目を終え6月30日に閉鎖します。

 

目次へ

チャンスイット

運営会社:インフォニア株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約50名

運営会社の景気:ポイントサイトとしては停滞

還元率:普通~高め

ゲームコンテンツ:かなり多め

特徴:以前は構ってもらえてなかったが、現在は力を入れられている

 

2016年あたりからゲットマネーよりチャンスイットの方に力が入れられるようになってきた。

 

その結果、お小遣いサイトとしてゲットマネーとも遜色が無くなってきたが、基本的には懸賞サイト。

 

2018年6月、チャンスイットもちゃんと更新していますが、それよりもゲットマネーの方がサービス改善しています。

 

目次へ

ドリームプライズ

運営会社:株式会社トランスメディアGP

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約50名

運営会社の景気:停滞~衰退

還元率:高め

ゲームコンテンツ:無し

特徴:換金制限が非常にキツイ

 

換金制限のおかげで、ともすれば悪質とも言えるお小遣いサイト。

 

換金できなくてポイント失効したの、私だけじゃないと思います。

 

2018年6月、マジで換金制限無くす気、ないんですねぇ。

 

目次へ

ポケマNet

運営会社:株式会社 アイ・エフ・クリエイションズ

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:少し曖昧

運営会社の状態:約数名

運営会社の景気:停滞~衰退

還元率:普通

ゲームコンテンツ:独自コンテンツあり

 

今やギャンブル性の高いお小遣いサイトと言えばこのポケマNet位になってきた。

 

ただ停滞~衰退傾向が強い

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

快適印ポイント

運営会社:株式会社ミリオレ

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:一部SSL

運営会社の状態:数名~十数名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:普通

ゲームコンテンツ:昔流行ったコンテンツがある

 

昔は快適印という名前が逆にムカつくという位重かったが、現在はそこまで…な感じ。

 

還元率が高いくボーナスも凄いのだが、運営会社にやる気は感じられない。

 

2018年6月、サイトが重いなぁと、そろそろデザインも見直した方がいいんじゃないかなと感じます。

 

目次へ

Potora(ポトラ)

運営会社:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約50名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:普通

ゲームコンテンツ:トップクラスと遜色ない

 

少し前までは本気でやる気がなかったが、現在はかなり力を入れて運営が進められている。

 

隠れたトップクラスお小遣いサイトではあるが、最低換金額周りが解決されていない。

 

2018年6月、最低換金額さえ何とかなれば、トップクラスのお小遣いサイトに近いんじゃないかと思います。

 

目次へ

Good-Luck11.info

運営会社:合同会社 M.プロジェクト

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:一応SSL導入

運営会社の状態:約数名

運営会社の景気:他事業では活躍

還元率:広告がない

ゲームコンテンツ:一応クリックポイントがある

 

2018年3月にリニューアル予定。

 

以前もリニューアルが行われた時採算度外視のキャンペーンがあった為、この時点では要チェックな存在。

 

2018年6月、リニューアルするんじゃなかったっけ…

 

目次へ

ポインティア

運営会社:ポインティア株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:SSLが無い

運営会社の状態:約数名

運営会社の景気:停滞~衰退

還元率:普通

ゲームコンテンツ:ほんのちょっと

 

過疎化がひどいので、人気を獲得しないといけないハズ。

 

なのに続けてられるという事が運営会社の人数の少なさを表している。

 

2018年6月、私でもSSL対応できるんだから、プロとしてSSL対応した方がいんじゃないかな…

 

目次へ

マクロミル

運営会社:株式会社マクロミル

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約800名

アンケートの頻度:全アンケートサイトNo.1

アンケート以外:姉妹サイトのミルトーク

特徴:5年以上アンケートサイトNo.1の地位に君臨している

 

2017年だろうが2018年だろうがマクロミルがNo.1アンケートサイトというのはそう簡単には変わらないでしょう。

 

2018年6月、アンケートの数は相変わらず一定、アンケート後のサービスもちょっとずつ増えてきました。

 

目次へ

ミルトーク

マクロミルの姉妹サイトで、マクロミルのアンケートではできない事をやるサイト。

 

トークルームに招待された場合、月に数千円稼げる可能性も出てくる。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

リサーチパネル

運営会社:株式会社リサーチパネル

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:数十名

アンケートの頻度:1日1~2通、本調査に入れる可能性が高い

アンケート以外:ECナビ

特徴:ECナビを毎月最低換金額に到達させるコンテンツ

 

お小遣いサイトのECナビのアンケートとして、長年ECナビを毎月換金できるお小遣いサイトにしてきた最も大きな要因がリサーチパネル。

 

アンケートの頻度は多く、本調査に入れる可能性も高い。

 

2018年6月、ECナビのアンケートコンテンツとして頑張っています♪

 

目次へ

infoQ

運営会社:GMOリサーチ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約100名

アンケートの頻度:1日1通程度、記事作成のコンテンツが大きい

アンケート以外:ポイントタウン

特徴:ポイントタウンのアンケート、記事作成コンテンツ

 

ポイントタウンの膨大なコンテンツにinfoQのポイントを合算できるようになり、よりポイントタウンを巨大にしたサイト。

 

infoQだけでもアンケートと記事作成、その他のコンテンツで換金可能。

 

2018年6月、若干モニター規約が変わったようですが、変わった所を書いておいてほしかった…

 

目次へ

ポップインサイト

運営会社:株式会社ポップインサイト

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約20名

アンケートの頻度:1ヶ月で2~3件

アンケート以外:タイピングがあるが数年間締め切られている

特徴:音声によるアンケートに答える

 

音声によるアンケートという、アンケートサイトではあるがジャンルの違うサイト。

 

1件1000円とかもザラにあるので、月に2,3000円稼げる。

 

2018年6月、サービスに変更ないのは良い事です♪

 

目次へ

楽天リサーチ

運営会社:楽天リサーチ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約200名

アンケートの頻度:1日3~5通

アンケート以外:楽天サービス全て

特徴:楽天スーパーポイントのみ交換可能だが、案件数はマクロミル並

 

アンケートの頻度はマクロミルと互角なくらい多いが、交換は楽天スーパーポイントのみ。

 

楽天サービスをよく利用される方であれば、楽天リサーチを利用すると月数百円分はポイントが貯まる。

 

2018年6月、相変わらずアンケート頻度が高いです♪

 

目次へ

アンとケイト

運営会社:株式会社マーケティングアプリケーションズ

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約120名

アンケートの頻度:マクロミルに近い頻度

アンケート以外:無し

特徴:ここまでマクロミルに迫ったサイトは初めて

 

ここまでマクロミルに迫ったアンケート頻度のアンケートサイト、初めて見ました。

 

マクロミルと比べるとちょっとだけアンケートが少ないが、どっしりとアンケートサイトを利用するのであればマクロミルに次いで鉄板と言える。

 

2018年6月、相変わらずアンケート頻度が高いです♪

 

目次へ

ファンくる

運営会社:株式会社ROI(アールオーアイ)

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約60名

アンケートの頻度:-

アンケート以外:モニターサイトがメイン

特徴:モニターサイトとしては満点に近い

 

元祖モニターサイトであるファンくるは、モニターサイトの模範とも言える状態です。

 

モニターサイトを始めるなら、ファンくるで概要を知ってからでも良いとさえ思える。

 

2018年6月、モニター案件が豊富です♪

 

目次へ

オピニオンワールド

運営会社:サーベイサンプリングジャパン合同会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約20名

アンケートの頻度:無限アンケートも可能

アンケート以外:無し

特徴:アンケートの単価が高く、時間をかければ無限アンケートも可能

 

月に数件アンケートが来る位の頻度だが、1件あたりの単価は非常に高い。

 

場合によっては0円という事もあるので、確実性にかける。

 

2018年6月、サービスに変化はありませんでした。

 

目次へ

キューモニター

運営会社:株式会社インテージ

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約900名

アンケートの頻度:1日1~2件程度

アンケート以外:無し

特徴:運営会社の規模はマクロミルと同等

 

運営会社の規模こそマクロミルと同等だが、マクロミルと比べるとチョコチョコ気になる事が多いアンケートサイト。

 

2018年6月、サービスに変化はありませんでした。

 

目次へ

D Style Web

運営会社:株式会社マーシュ

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約230名

アンケートの頻度:1日3~5件、オピニオンワールドのアンケート

アンケート以外:-

特徴:アンケートサイトとしてリニューアル

 

以前はポイントサイト機能があり中途半端だったが、アンケートサイトとしてリニューアル。

 

アンケートサイトとしてはかなり良くなっている。

 

2018年6月、参加型調査とか、来るようになったなぁと感じています。

 

目次へ

CMサイト

運営会社:株式会社CMサイト

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約40名

アンケートの頻度:-

アンケート以外:動画視聴サービスがメイン

特徴:動画視聴とゲームがメイン

 

動画視聴、特にゲームが特徴出来だったが、単価が大幅ダウンして微妙になってしまった。

 

2018年6月、だがゲームやコンテンツは、お小遣いサイトにありがちなものではないのでいい感じです。

 

目次へ

Fastask(ファストアスク)

運営会社:株式会社ジャストシステム

運営会社のやる気:メイン事業ではない

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約350名

アンケートの頻度:1日2~3通

アンケート以外:一太郎や花子等

特徴:安定してアンケートが来る

 

あの一太郎や花子を生み出したジャストシステムが運営するアンケートサイト。

 

ジャストシステムの名を冠するだけに、アンケート頻度は中々です。

 

2018年6月、相変わらずのアンケート頻度です。

 

目次へ

サイバーパネル

運営会社:日本リサーチセンター(NRC)

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約100名

アンケートの頻度:数日に1件、本調査率は高い

アンケート以外:-

特徴:当初アンケートが来ないが、あとから来るようになる

 

最初にアンケートが来ないという時期が長く、ある程度立つと単価の高いアンケートを送ってくれるサイト。

 

2018年6月、相変わらずの少ないアンケート頻度です。

 

目次へ

NTTコムリサーチ

運営会社:NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約150名

アンケートの頻度:1日1~2通程度

アンケート以外:Potora(ポトラ)

特徴:お小遣いサイトPotora(ポトラ)のポイント獲得に役立つ

 

Potora(ポトラ)を利用しているのであればポトラポイントが貯まる為、積極的に利用してもいいアンケートサイト。

 

2018年6月、アンケート頻度はそれなりで、サービスに変更はありません。

 

目次へ

ボイスノート

運営会社:株式会社クリエイティブジャパン

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約20名

アンケートの頻度:非常に多いが単価が低い

アンケート以外:-

特徴:登録に身分証が必要だったりと制限が多い

 

登録に身分証が必要だったりと制限が多いが、かなりの頻度でアンケートが来る。

 

登録初日からガンガン来るのはボイスノート位です。

 

2018年6月、アンケートの頻度はかなり高いです♪

 

目次へ

Qzoo

運営会社:株式会社モニタス

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約20名

アンケートの頻度:1日1~2通

アンケート以外:-

特徴:メインに利用するアンケートサイトという訳ではない

 

アンケートはそれなりだが、頻度的に換金にはアンケートに答え続け2ヶ月位かかってしまう。

 

2018年6月、アンケートの頻度は相変わらずです。

 

目次へ

バリュードオピニオン

運営会社:
リサーチ・ナウジャパン合同会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:不明だが大きい

アンケートの頻度:全アンケートサイトNo.1

アンケート以外:-

特徴:すごい評判が悪かったが…

 

オピニオンワールドと同様、海外のアンケートサイト。

 

ちょっと評判が悪かった事がありますので、オピニオンワールドが好きなら利用しても良いと思います。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

アイリサーチ(iResearch)

運営会社:株式会社ネオマーケティング

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約110名

アンケートの頻度:1日0~5通

アンケート以外:-

特徴:サブアンケートサイトの中では結構優秀

 

アンケートサイトとしてはそれなりだが、それなりはそれなりでマクロミル等には及びません。

 

サブアンケートサイトとして空いた時間にコツコツ位が妥当。

 

2018年6月、アンケートの頻度に変わりはありません。

 

目次へ

My Voice(マイボイスコム)

運営会社:マイボイスコム株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約45名

アンケートの頻度:1日1通…が言い過ぎな位

アンケート以外:-

特徴:アンケートが少ないのでメインサイトとしては利用できない

 

アンケートの頻度が少ないので、毎月換金とかには向かない。

 

数ヶ月~半年で数百円とか、気長に利用する必要がある。

 

2018年6月、アンケートの頻度に変わりはありません。

 

目次へ

トルーナ(Toluna)

運営会社:トルーナ・ジャパン株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:5名

アンケートの頻度:2日に1回程度

アンケート以外:商品テスト有

特徴:サイトが重たい、そしてわかりづらい

 

サイトが重たい、そして日本語が意味不明で一瞬投げ出しそうになりました。

 

それに耐えれるのであれば、海外アンケートサイトならではの高単価アンケートが来る。

 

2018年6月、アンケートの頻度に変更なく、サイトの重さにも変更はありません。

 

目次へ

CAPAT(キャパット)

運営会社:株式会社プラグ

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約60名

アンケートの頻度:1ヶ月に5件程度、本調査に進むタイプ

アンケート以外:-

特徴:頻度の少なさにビックリだが、安全性は高い

 

アンケートの頻度の少なさにはビックリしたが、安全性は高いアンケートサイト。

 

2018年6月、アンケートの頻度…が変わらないのでいいのかな?

 

目次へ

Vモニター

運営会社:株式会社バルク

運営会社のやる気:メイン事業

セキュリティーに対する取り組み:万全

運営会社の状態:約30名

アンケートの頻度:1日1通~2通

アンケート以外:-

特徴:サイト名をリニューアルしたにも関わらずやる気が…

 

サイト名変えてもアンケートの頻度には関係なくない?と思った位、アンケートの頻度がイマイチです。

 

Vモニターを優先する理由、あるかな?

 

2018年6月、アンケートの頻度に変わりはありません。

 

目次へ

GMコイン

運営会社:ナオ株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:ファイブゲート子会社、数名~十数名、ゴージャス

アプリの状態:Web版・Andoridアプリ

閉鎖の可能性:Web版に以降した為少ない

課金アイテム還元:ギフト購入で5%、利用で1%

特徴:Web版としてリニューアルした為継続意思あり

 

ゴージャス動画の連携でApple Storeの制限から逃れたお小遣いアプリ。

 

お小遣いアプリで一番生き残っていると言えばこのアプリです。

 

2018年6月、相変わらずの状態ではありますが、動画配信には力を入れています。

 

目次へ

ハニースクリーン

運営会社:株式会社バズヴィル

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約30名

アプリの状態:iOS版・Andoridアプリ

閉鎖の可能性:App Storeに復活した経歴あり

課金アイテム還元:-

特徴:ロック解除だけでポイントが獲得できる

 

Android版においてはロック解除だけでポイントが獲得できる、インストールしておいた方が良いアプリ。

 

iOS版でもロック画面からページ移動するだけですのでかなり優秀です。

 

2018年6月、このままのサービスでいてくれれば十分です。

 

目次へ

itumon(いつもん)

運営会社:株式会社ウィナス

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約60名

アプリの状態:Web版・iOS版・Andoridアプリ

閉鎖の可能性:Web版がある為生き残る

課金アイテム還元:-

特徴:レシートアップロード系

 

レシートアップロード系お小遣いアプリ、そしてモッピーと提携している事で知名度も上がってきた。

 

2018年6月、モッピーとタイアップもしていますし、徐々にサービスの幅が広がっています。

 

目次へ

イッカツ

※現在アプリが見当たりませんし、閉鎖の情報を掴めていません。

目次へ

不満買取センター

運営会社:株式会社インサイトテック

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約十数名

アプリの状態:Web版・iOS版・Andoridアプリ

閉鎖の可能性:Web版がある為生き残る

課金アイテム還元:-

特徴:不満を投稿して稼ぐ

 

広告が絡まず他サイト・アプリとも絡まない為、不満投稿に需要がある限り生き残っていくアプリ。

 

2018年6月、なんとかこの状態で続けていってほしいものです。

 

目次へ

レシポ

運営会社:株式会社ニジボックス

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約140名

アプリの状態:Web版・iOS版・Andoridアプリ

閉鎖の可能性:Web版がある為生き残る

課金アイテム還元:-

特徴:レシートアップロード系

 

テレビ等でも紹介される、元祖レシートアップロード系アプリ。

 

手軽な商品が多く、いつもの買い物でポイントを獲得する事ができる。

 

2018年6月、レシートアップロード系では、一番頻度が高いけど、ユーザーの多さにクローズも早いです。

 

目次へ

Testee(テスティー)

運営会社:株式会社ニジボックス

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約10名

アプリの状態:iOS⇒停止、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:iOSが閉鎖した為、可能性はある

課金アイテム還元:-

特徴:アンケート系お小遣いアプリ

 

アンケート系お小遣いアプリだったが、アンケート後に広告の紹介があったりゲームや動画視聴などがあったのが災いしたか…?

 

iOS版の復活、あるいはWeb版を期待、もしくはそのままズルズルと…

 

2018年6月、サービスに変更はないが、iOSの対応もされていない。

 

目次へ

サーチーズ

運営会社:株式会社サイクス

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約10名

アプリの状態:iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:iOS継続中なので心配ない

課金アイテム還元:-

特徴:複合アンケート系お小遣いアプリ

 

親会社・子会社でアンケートを配信していて、配信数は多め。

 

換金制限があるが、ドットマネーである程度回避可能。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

キャッシュビー(CASHb)

運営会社:キャッシュビー株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約数名

アプリの状態:iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:iOS継続中なので心配ない

課金アイテム還元:-

特徴:レシートアップロード系

 

レシートアップロード系お小遣いアプリの1つで、日々のお買い物に利用できる。

 

数あるレシートアップロード系サイト・アプリとは案件が被らない。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

CODE

運営会社:株式会社リサーチアンドイノベーション

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約20名

アプリの状態:iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:iOS継続中なので心配ない

課金アイテム還元:-

特徴:レシートアップロード系

 

レシートアップロード系お小遣いアプリの1つで、日々のお買い物に利用できる。

 

数あるレシートアップロード系サイト・アプリとは案件が被らない。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

スマートアンサー

運営会社:キャッシュビー株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約数名

アプリの状態:iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:iOS継続中なので心配ない

課金アイテム還元:-

特徴:アンケート系お小遣いアプリ

 

コツコツアンケートで、なんとサウンドがあるというお小遣いアプリ

 

最低換金額が100円だが、今後の発展性に乏しい。

 

2018年6月、サービスの変更はありません。

 

目次へ

メルカリ

運営会社:株式会社メルカリ

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約300名

アプリの状態:Web版、iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:閉鎖の可能性は0に近い

課金アイテム還元:-

特徴:フリマアプリ

 

今やフリマアプリとしてNo.1の地位を築いたフリマアプリ。

 

有名だがフリマアプリ特有の危険性というのは熟知しておく必要がある。

 

2018年6月、マザーズ上場、人気も不動のもの。誰でも知っているアプリですよね。

 

目次へ

メルカリカウル

運営会社:株式会社ソウゾウ(メルカリの関連会社)

 

メルカリの本やDVD等に特化したアプリで、メルカリと連動している。

 

該当カテゴリにおいて、メルカリには無い機能が沢山あり使い勝手がいい。

 

2018年6月、変更はありません。

 

目次へ

コレクポ

運営会社:株式会社スクラウド

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約数名

アプリの状態:Web版のみ

閉鎖の可能性:アプリに依存しないので今のところ継続中

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いサイト

 

無限にクリックポイントができる異色のお小遣いサイト。

 

スマホサイトなのにPCメールアドレスで登録できるこれまた異色のサイトだが、PCメールアドレスだと色々な制限がある。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

スマートゲーム(SMARTGAME)

運営会社:株式会社Smarprise

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約数十名

アプリの状態:Web版

閉鎖の可能性:iOS継続中なので心配ない

課金アイテム還元:1%

特徴:課金アイテム還元がメイン

 

以前は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、iTunesアフィリエイトの料率改悪から大幅ダウン。

 

色々な特典が追加されているがGMコイン以上とは…?

 

ただアプリを登録する際の特典は魅力的。

 

2018年6月、ゲームウォレットの方がまだ頑張っているか…?

 

目次へ

Game Wallet(ゲームウォレット)

運営会社:株式会社シーエー・モバイル

運営会社のやる気:メイン事業ではない

運営会社の状態:約450名

アプリの状態:Web版

閉鎖の可能性:iOS継続中なので心配ない

課金アイテム還元:1%~100%

特徴:課金アイテム還元がメイン

 

大手が運営する課金アイテム還元がメインのアプリ。

 

課金アイテム購入を加えると、実質課金アイテム還元を5%にする事が可能…

 

だが現状、モッピーは課金アイテムを同条件で7%還元する事ができてしまうんですよね…

 

2018年6月、チケット制度で100%還元も可能。ただ結構な条件をクリアしないといけない、上級者向け仕様となりました。

 

目次へ

ポイントランプ2

運営会社:株式会社スカイネットモバイル

運営会社のやる気:メイン事業ではない

運営会社の状態:約50名

アプリの状態:iOS

閉鎖の可能性:iOSのみで、広告を取り扱っているのに何故か閉鎖しない

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いアプリ

 

元祖お小遣いサイトとして何故か生き残っている状態が続いているお小遣いアプリ。

 

ちょっとでもアプリインストール等の広告を出してしまうと閉鎖してしまう可能性も…

 

2018年6月、まさかの2.5に…更新しないと。

 

目次へ

DORAKEN(ドラケン)

運営会社:リワードゲーム株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約40名

アプリの状態:Web版、iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:メイン事業なのでアプリが閉鎖しても頑張るだろう

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いサイト+RPG

 

お小遣いサイト+RPGという、単純な作業が嫌な方にとってのアプリ。

 

だが餅は餅屋、お小遣いサイトはお小遣いサイト、RPGはRPG専門のものをやる方が良い。

 

2018年6月、RPGとしては更新されていますが、正直お小遣いサイトの方も見直してほしい気がします。

 

目次へ

ポイントオン

運営会社:XIT株式会社

運営会社のやる気:メイン事業でない

運営会社の状態:約300名

アプリの状態:Web版

閉鎖の可能性:大手運営なので閉鎖するなら告知がある

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いサイト

 

かつて強者系お小遣いサイトの換金先と言えばポイントオンだったが、姿を消した今少し停滞状態が続いている。

 

2018年6月、広告は更新されているが、サービスに大きな変更はありません。

 

目次へ

楽天スーパーポイントスクリーン

運営会社:楽天株式会社

運営会社のやる気:メイン事業でない

運営会社の状態:約10000名

アプリの状態:Web版、iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:楽天の方針次第だが、今の所閉鎖する様子はない

課金アイテム還元:-

特徴:ロック解除系お小遣いアプリ

 

ハニースクリーンと同じくロック解除後の記事閲覧でポイントが貯まるが、楽天スーパーポイントへの交換のみなので、楽天サービスをよく利用される方にはオススメ。

 

ハニースクリーンとの共存可能。

 

2018年6月、共存可能であればこのまま続いてほしいです♪

 

目次へ

楽天チェック

運営会社:株式会社スポットライト

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約20名

アプリの状態:iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:まず数年は閉鎖することはないだろう

課金アイテム還元:-

特徴:チェックイン系お小遣いアプリ

 

実際にその場所に行くことでポイントが貯まるアプリ。

 

全国に展開しているので、スーパー等に行くと楽天ポイントが貯まる。

 

2018年6月、自宅の近くにチェックポイントがあるので、結構利用しています♪

 

目次へ

スマポ

運営会社:株式会社スポットライト

 

楽天チェックと同様、その場所に行くことでポイントが貯まる。

 

楽天チェックとの違いは換金先が楽天スーパーポイント以外もある、そして案件が楽天チェックよりも少ないという事。だが首都圏や対象地域内の場合はあまり問題はないだろう。

 

2018年6月、近くにないので実質利用できないです。

 

 

目次へ

お金つむつむ

運営会社:おそらく個人運営

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約数名

アプリの状態:Web版、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:Web版があるので今後も継続するだろう

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いアプリ

 

Web版を作った位だから運営の意思はあるのだろう。だが大手達とどうやって戦うか…というのが見えない。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

パカポン

運営会社:セルフプロモート株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約十数名

アプリの状態:iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:iOS復活

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いアプリ

 

特に目立った問題のないお小遣いアプリだが、お小遣いアプリなのでスマホ案件に特価。

 

今後の展開しだいではどうなのかなと思う。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

プリぽん

運営会社:GMOメディア株式会社

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約150名

アプリの状態:Web版

閉鎖の可能性:役目を終えたのか、かなり危ない

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いサイト

 

かつては登録後5日で最低換金額に到達という凶悪な仕様だったが、現在は役目を終えたのか、広告案件を更新するだけのサイトとなってしまった。

 

2018年6月、役目を終え実質閉鎖状態です。

 

目次へ

検索ニュースプラス

運営会社:株式会社jig.jp

運営会社のやる気:メイン事業でない

運営会社の状態:約60名

アプリの状態:iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:iOS継続中なので心配ない

課金アイテム還元:-

特徴:ニュース検索アプリ

 

ニュース検索アプリは今の所Appleの規約に引っかかっていない為、今後の継続も期待できる。

 

ならばネットサーフィンするなら使ったほうがお得。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

ポイントリーダー

運営会社:株式会社アプデイト

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約数名

アプリの状態:iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:iOS継続中なので心配ない

課金アイテム還元:-

特徴:まとめサイト検索アプリ

 

まとめサイトを検索でき、しかもポイントを獲得できるアプリ。

 

自身でまとめサイトを見る媒体として定着できるのであれば使った方がお得。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

楽天スーパーブラウザ

運営会社:楽天株式会社

運営会社のやる気:メイン事業でない

運営会社の状態:約10000名

アプリの状態:iOS、Andoridアプリ

閉鎖の可能性:この数年は安泰

課金アイテム還元:-

特徴:インターネットブラウザ系アプリ

 

インターネットを利用する際に使うブラウザとして、検索するとポイントを稼ぐ事ができるアプリ。

 

検索がbingに近いので私は受け入れられなかったが、気にならない方にはオススメ。

 

2018年6月、楽天ウェブ検索に名前が変わりそうです。

 

目次へ

アプリで稼ごう

運営会社:個人運営

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約数名

アプリの状態:Andoridアプリ

閉鎖の可能性:Androidのみでひっそりと閉鎖してもおかしくない

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いアプリ

 

小規模なお小遣いアプリで、Android版のみとなってしまいました。

 

広告を更新するだけで、今後の展開は見込めないだろう。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

超おとくじら

運営会社:個人運営

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約数名

アプリの状態:Andoridアプリ

閉鎖の可能性:Androidのみでひっそりと閉鎖してもおかしくない

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いアプリ

 

アプリで稼ごうと同じく個人運営、おそらくアプリのインターフェースも同じです。

 

現状広告を更新するだけですので、今後の展開は見込めない。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

キャッシュバックモバイル

運営会社:株式会社メディアフラッツ

運営会社のやる気:メイン事業でない

運営会社の状態:約30名

アプリの状態:Web版

閉鎖の可能性:iOS継続中なので心配ない

課金アイテム還元:-

特徴:お小遣いサイト

 

セキュリティーに一抹の不安が残るスマホ版お小遣いサイト。

 

案件は普通、JIPC会員ではあるが今ひとつ特徴がない。

 

2018年6月、サービスに変更はありません。

 

目次へ

ポイントぐるぐる

運営会社:株式会社メディアフラッツ

 

正直キャッシュバックモバイルとは何が違うの…?サイト名という位コンテンツが同じです。

 

したがって評価も同じ、今ひとつ特徴がないです。

 

2018年6月、

 

目次へ

妖怪ガチャ

運営会社:個人運営

運営会社のやる気:メイン事業

運営会社の状態:約数名

アプリの状態:iOSアプリ

閉鎖の可能性:iOS継続中だがやる気次第

課金アイテム還元:-

特徴:itunesギフト抽選系

 

いくらでもガチャを回すことができるが、交換が抽選なお小遣いアプリ。

 

稼ぐ…!!事ができるのか…!!

 

2018年6月、閉鎖…なのか?

 

目次へ

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2018

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


嘘…

 

今年もとうとうやってきましたエイプリルフールが…!!

 

お小遣いサイトはエイプリルフールの企画として、面白い嘘を用意してユーザーを驚かせてくれます。

 

とは言っても、最近エイプリルフール企画も少なくなってきましたが、常習犯のようにいつもやってくれるお小遣いサイトがあるのも事実。

 

今年もエイプリルフールネタを紹介していきたいと思います。

 

過年度エイプリルフール企画についての記事はコチラ

 

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2015年

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2016年

お小遣いサイトのエイプリルフール企画2017年

常連ポイントインカム

絶対やるって分かってたんで、エイプリルフール企画はまっすぐポイントインカムを探しますね。

 

トップページからして、もう明らかに怪しいバナーがエイプリルフール臭を醸し出していますね。

 

ポイントインカム4月1日

 

クリックしてみると…

 

ポ太郎ぬいぐるみ貰い手

 

ポ太郎のぬいぐるみ位で会社が倒産するか…?とか冷静に思ってしまいましたが、大還元なので買って助けてくださいとの事です。

 

この後のページがまあ胡散臭いのなんのって…

 

胡散臭いユーザーの声

 

もう…胡散臭いユーザーの声の模範的回答のよう。

 

二番目の重たさが若干笑ってしまいましたね。

 

三番目の10000円で売ってくれとか、じゃあダンボール100箱あってもいいじゃんって感じです。

 

まあそんな胡散臭いポ太郎ぬいぐるみですが、価格はコチラ。

 

ポ太郎ぬいぐるみ販売価格

 

まあ800円であの日の自分に後悔したまま独り寂しく最後を迎えるならば、購入した方が良いでしょう。

 

というか1000%還元、せ、センパーセントデスカ…!!

 

なんで会社の存亡がかかってるのに、1000%還元なの…?

 

という訳で、購入するをクリックすると、エイプリルフールというネタバラシがあります。

 

ポイントインカムネタばらし

 

まあ、最初の時点でエイプリルフール企画ということがわかりますが。

 

本日より1週間限定で、ポ太郎ぬいぐるみが800円から700円で交換できるようになるようです。

 

…この機会ですし、交換してみようかな…?と思ったらポ太郎自体は700円ですが、手数料が300円~900円と、本体より高いじゃねぇか…!!

 

どっちかっていうと、この手数料(配送料)こそエイプリルフール企画だったら良かったのに…と思いました。

 

というかマジで交換してみたので、その記事はポイントインカムの稼ぎ方と評価・評判についてにレビューを載せようと思っています。

チャンスイットアイス

この力の入ったLPページはまさか…と思ったら、なんかありそうな感じですがネタでした。

 

チャンスイットアイス

 

価格帯も常識ですし、確かにまあ…かわいいっちゃあ可愛いですね♪

 

チャンスイットアイスラインナップ

 

…なんか広範囲いくにつれ、適当になっているような気がするのは機能性ですかね…

 

素材の味の科学の力で100%引き出したアイス、どんな化学物質が入っているやら…とは思いました。

 

購入ページをクリックすると…

 

チャンスイットエイプリルフールネタバラシ

エイプリルフールネタだという事が分かります。

 

ただ、アイスの広告は本当で、ハーゲンダッツミニカップ50名様抽選というものが行われていました。

ないなぁ

もはやポイントインカムの恒例行事に近い状態になってきたエイプリルフールネタですが、毎年やっていたエルネではエイプリルフールネタは見られず、まさかのチャンスイットにてエイプリルフールネタを発見しました。

 

もし重要があるなら、他サイトでやっているのをコメント頂ければ…と思います。

 

昔はげん玉とかモッピーとかでもやってたんですけどね…と言いはじめてもはや3年近く経ったのではないかと思います。

 

個人的にはポイントインカムと同じくらい全力でやっていたエルネにて、今回エイプリルフール企画が見られないのが残念です。

 

ECナビとかも、去年からやっていないですが、結構頑張ってたんですけどね…

 

まあ今回もポイントインカムが一番頑張っていたでしょうね!!

 

今回あまりにもぬいぐるみ推しなので、私ぬいぐるみ注文してみましたもん。

 

レビューはマジで、当サイトでポイントインカムを掲載している記事に掲載したいと思っています。

 

本当にあの日の自分に後悔したまま独り寂しく最後を迎える事を回避できるができるようなぬいぐるみなのか…?

 

ちゃちいぬいぐるみが来たらガッカリ感がいなめないです…

 

頼みますよファイブゲートさん!!

 

ポイントサイト「Point Income」

還元率と遊び心とスマホ展開と
おすすめお小遣いサイト2022

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2022年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2022年

おすすめお小遣いサイトランキング2022へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、更に当サイトのバナーから登録頂くと、登録=350円相当のポイントを獲得できいきなり換金可能です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

2022年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2022年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

アメフリ
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはアメフリです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

アメフリ

アメフリの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
7/16:妻と協創して情報発信する。まずはその長い道のりの一歩として、モッピーの危険性記事を更新してみました。まだまだですが、今後はコンテンツの拡縮を行い、より皆様に分かりやすく、最大のポイントは内容を半分以下に抑えるのが理想だと思っています。一時期私の原因で、ブログ投稿が上手くいかず、妻にも手伝ってもらったりで、サイトの内容に問題がある当サイト。現状の権威性に信憑性が薄いことは把握しています。心機一転新しいサイト…とは思いますが、そうするにも既存のコンテンツの整理が必要だと思っていますので、動画投稿よりも先に既存コンテンツの整理に勤しんでいます。今回は基本的な内容と順番の整備、過去のものとなった情報の整理といった所です。過去の情報を今後どう扱っていくかなど、課題がありますが、自分自身のスタイルを確立してやっていきたいと思っています。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 19124938総閲覧数:
  • 2603今日の閲覧数:
  • 3846昨日の閲覧数:
  • 12現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み