情報銀行Dprime(ディープライム)とは?危険性と評判・口コミを徹底検証

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » お小遣いアプリの危険性 » 情報銀行Dprime(ディープライム)とは?危険性と評判・口コミを徹底検証

情報銀行Dprime(ディープライム)とは?危険性と評判・口コミを徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ストア画像

 

本記事は、情報銀行サービス「Dprime(ディープライム)」とは?危険性と安全性、評判について検証した記事です。

 

個人情報を企業に提供することで報酬がもらえるというのが売りのお小遣いアプリ。

 

最優先かつ最重要な引継ぎコードさえ控えておけば、ログインするだけでAmazonギフト券最大10万円が当たる…夢があるじゃないですか!!

 

【最新ニュース】

2022年12月7日現在、一部アクセスしづらい状況が続いています。

 

引継ぎコードを控えていない状態でアンインストールしてしまうと、再インストール時に引継ぎコードが分からずログインできなくなってしまいますので、引継コードを控えていない方はアンインストールしないで下さい!!

 

情報銀行Dprime(ディープライム)とは

情報銀行

出典:Dprime

 

Dprime(ディープライム)とは、個人情報を出し入れすることができる銀行、すなわち情報銀行の役割を行っています。

 

ユーザーは、Dprime(ディープライム)に個人情報を預けます。

 

企業は、Dprime(ディープライム)から個人情報を出してマーケティング等に活用します。

 

その見返りとして、ユーザーはLINEポイント等の報酬を受取ることができます。

 

この流れにより、ユーザーが情報銀行でポイント等の報酬をもらえる仕組みが成立します。

 

デンさん
むずかしく考えずに、単純に情報提供の見返りとして報酬をもらっているってことだ!

 

情報銀行Dprime(ディープライム)の危険性や安全性、評判・口コミについて、以下で詳しく検証していきます。

Dprime(ディープライム)の危険性と安全性

運営会社の情報

安全度:+20点 安全レベル20

 

Dprime(ディープライム)は、三菱UFJ信託銀行株式会社が運営する情報銀行アプリです。

 

三菱UFJ信託銀行株式会社は、上場企業である三菱UFJフィナンシャル・グループの一員として、資産運用と資産管理を主力事業としています。

 

会社概要
運営会社 三菱UFJ信託銀行株式会社
設立 1927年3月
資本金 3,242億円(2022年3月末)
従業員数 6,190人(2022年3月末現在)
所在地 東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
代表者 長島 巌
上場・未上場 未上場
企業HP https://www.tr.mufg.jp/

 

…運営会社の規模としては、どうあがいても逃げ隠れできない大企業です。

 

余談ですが、三菱UFJ信託銀行本店の隣にある「三菱UFJ信託銀行 信託博物館」の付属資料室には、マリリン・モンロー、ジョン・レノン、アインシュタイン他の遺言の全文を展示、配架しています。

 

気になる方はチェックしてみてください♪

セキュリティに対する取り組み

安全度:+20点 安全レベル20

 

三菱UFJ信託銀行株式会社は、金融情報システムセンター(FISC)が定めた「FISC安全対策基準」に準じた運営を行っています。

 

FISCは、楽天銀行株式会社をはじめ主な金融機関等が多く加盟している組織。

 

FISC安全対策基準は、正式名を「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書」と言い、高いセキュリティが求められる金融機関の情報システムが満たすべき安全対策の基準となっています。

 

デンさん
金融庁が金融機関のシステム管理体制を検査するときも、FISC安全対策基準に基づいて行われている。

 

正直、プライバシーマークとかISMSよりも遥かに厳しい条件を突破している高水準な品質セキュリティレベルだぜ!

 

年齢制限

Dprime(ディープライム)は、18歳未満では登録することができません。

登録情報

お小遣いサイト登録

 

Dprime(ディープライム)のアプリインストールはこちら↓

 

App StoreからダウンロードGoogle Playからダウンロード

 

デンえ
登録時に運転免許証などの本人確認書類の提示は必要ないよ!

 

Dprime(ディープライム)の登録に必要な情報は、

  • メールアドレス
  • 名前(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 詳細な住所
  • パスワード

です。

 

登録完了すると、機種変更やアンインストール後の再インストール時に必要となる引継ぎコードが発行されます。

 

第三者が不正入手した情報を使って他端末からログインしようとしても、この引継ぎコードの入力が求められるので情報の流出を防ぐことができます。

 

デンさん
【メールアドレス&パスワード+引継ぎコードによる端末認証】の他にも、スマホでの顔認証や指紋認証といった様々なログイン認証に対応しているから、セキュリティ的に考えると良いな!!

 

ですが…

 

名前で引継ぎ時のみ必要と認識しますよね?

 

最優先かつ最重要な情報なので、登録完了後に必ず控えておいてください。

 

引継ぎコードは、アプリ[メニュー]⇒[引継ぎコード確認]でログイン状態であればいつでも確認することができます。

 

その理由は以下で説明します。

 

引継ぎコードは最優先

引継コード忘れた

 

「引継ぎコードを再発行することはできません」と利用規約に記載がある為、問い合わせても再度ログインできるようになる可能性は低いですね…。

 

Dprime利用規約「引継ぎコードの紛失について」

利用規約抜粋

出典:Dprime利用規約

 

Dprime(ディープライム)は、一度アプリにログインしておけば基本ログインした状態が維持されるので、毎回引継ぎコードが必要というわけではありません。

 

ただし、

  • セッション切れ(長時間放置)
  • 機種変更
  • 再インストール
  • OSバージョンアップ
  • 不具合

などでログイン画面に戻ってしまうと、メールアドレス・パスワード・引継ぎコードの3セット入力が求められます。

 

特にセッション切れは、いつどういうタイミングでおきるか分からないので注意が必要です!!

 

3セットのうち、引継ぎコードだけは再設定できないという事が問題です。

 

例えば、電車通勤時間中にDprime(ディープライム)を知りインストールして登録完了、個人情報を入力中に目的の駅についてアプリをそのまま放置、電車帰宅時間中に朝やった個人情報入力を再開しようとすると、ログイン画面に戻ってしまい、ログイン情報3セットが必要…!!

 

ってなった時に、メールアドレスはともかく、パスワードは再設定可能、チラッと出た引継ぎコードを覚えているかって話です。

 

 

引継ぎコードを忘れてしまうと、

  • 再ログインできない⇒確認方法が存在しない
  • 再インストール後ログインできない⇒確認方法が存在しない
  • 機種変更できない⇒確認方法が存在しない

こうなると、ログイン画面から先へ進めない為、アプリをアンインストールする事になってしまい、最初からやり直しになってしまいます。

 

しかも最初からやり直すと、多くの場合重複登録になり、多くのサービスでは1人1アカウント原則なので、今後のサービス利用に支障がでる可能性があります。

 

ですので、Dprime(ディープライム)登録後、最優先で引継ぎコードを控えておいてください。

 

デンさん
ログイン時は、ワンタイムパスワードじゃダメなのか?
退会できるのか?

お小遣いサイト退会

 

Dprime(ディープライム)の退会は、[メニュー]⇒[アカウント設定]⇒[退会手続き]から簡単に退会できます(パスワードの入力が必要)。

 

ただし、引継ぎコードが分からずログインできない場合は、ログインできないので退会しようがありませんし、どうしようもありません。

 

デンさん
まあ、引継ぎコードを忘れなければ手間なく退会できるってことだ。

 

忘れないようにしようぜ!!

 

退会時の注意点は、

  • 退会後、一切の取引情報が確認できなくなる
  • 商品の引換券等、退会後に使用できない場合がある
  • 再登録時は、別のユーザーIDで登録する必要がある
  • 一部削除されない個人データがある(一部が何かは不明)
  • 利用企業に提出した個人のデータは削除されない

です。

退会後も提供したデータは削除されない

商品開発や改良等に活用してもらうために同意した上で企業に提供した個人データですので、企業側に提出した個人データが削除されないのはしょうがない部分と言えます。

 

ただ、Dprime(ディープライム)から企業側へ提供するデータには、

  • 名前
  • 住所の一部
  • メールアドレス等
  • 行動履歴データによる自宅周辺の情報

が含まれないように、一部の削除または置き換え等の処理をしたうえで提供されていますので、個人を特定できる情報が永久に保管されているわけではありません。

 

 

それともう一つ、"一部削除されない個人データがある"ですが、Dprime(ディープライム)の利用規約に、

 

第7条 お客さまの権利

2)退会により本規約に基づく契約を終了するものとし、当社は、法令上必要な情報等、最低限の範囲を除き、保有するお客さまのパーソナルデータを削除すること

引用:Dprimeサービス利用規約より

 

と記載されていますが、最低限の範囲がどの個人データに該当するのかは不明…。

 

ただ当記事のセキュリティに対する取り組みで解説したように、しっかりセキュリティ対策が行われていますので、個人情報が流出するリスクは低いと言えます。

メールマガジン

メール

 

※検証中

 

自分の情報を提供して報酬をもらう

データを貯める

出典:Dprime(ディープライム)公式アプリ

 

Dprime(ディープライム)の利用開始から報酬受け取りまでの流れは、

 

  1. 提供する情報を連携し、データを貯めていく
  2. 企業からのオファー(提供依頼)に応じる
  3. オファーに応じた謝礼として、企業から報酬がもらえる

 

となります。

 

簡単に言うと「あなたの情報を商品開発等にぜひ活用させてください!!」という企業へデータを提供し報酬を得るという事です。

 

デンえ
わたしの場合だと、登録初日でも16件のオファーが届いていたよ♪

 

提供したデータが何に活用されるのか(新規の商品開発など)記載してあるから、安心感があるね。

 

どんな報酬がもらえるか?

どんな報酬がもらえるか

出典:Dprime(ディープライム)公式アプリ

 

Dprime(ディープライム)は、自分の情報を提供した企業によって報酬が異なるという特徴があります。

 

例えば、クーポンだったり電子マネー、企業が提供するサービスなど様々です。

 

2022年11月13日時点で参加できる企業からのオファー(提供依頼)は全部で16件、その報酬の内訳は以下のとおりです。

  • 電子マネー:3件
  • クーポン:6件
  • 応募券:4件
  • チケット:1件

 

電子マネーは、Amazonギフト券、LINEポイント、ハーゲンダッツやマチカフェのギフト券が貰えますが、全員プレゼントや抽選などが混ざっているので利用する時にしっかり確認する必要があります。

 

クーポンは、オンラインショップ等で使える○%割引といったものがデフォルトといった感じです。

 

応募券は、自社商品が当たる抽選の応募券で、中には無料宿泊券が当たる応募券もありました。

 

チケットは、自社商品を購入した人への特典が受け取れるチケットでした。

 

デンえ
運営会社である三菱UFJ信託銀行からのオファーは、Amazonギフト券やLINEポイント、ギフト券がもらえたり魅力的な報酬が多いよ♪

 

ただ先着順だったり応募上限があったりするから、見つけたら早めに参加しよう!

 

●ンズ
運営会社が どれだけがんばるか… それによって評判はかわるだろうな…

 

他にも、オファーに応じた回数やログイン日数など指定された条件をクリアすることで、ハズレなしのAmazonギフト券最大10万円分プレゼントのガチャ等に参加できるのはお得感がありますね♪

 

デンえ
SNSに、Amazonギフト券10万円が当たったという投稿が画像付きであったよ!

 

あと、7のつく日限定でLINEポイントがもらえるオファーが出現するよ。

 

提供する情報や企業を自分で決められる

連携するデータ

出典:Dprime(ディープライム)公式アプリ

 

Dprime(ディープライム)は、アプリインストール後すぐに情報収集されるわけではなく、アプリの[データ]から企業に提供するデータの種類を自分で決めます。

 

2022年11月13日時点では、

  • 行動履歴(GPSを使った位置情報を取得)
  • 資産情報(銀行の残高情報やクレカの利用明細などを登録)
  • About Me(あなたへの質問)

の3つから提供する情報を選びます。

※今後順次拡大予定

 

ですが、現時点では基本情報とAbout Meの情報提供を求めている企業がほぼほぼなので、まずはAbou Meに回答しデータを充実させた後、行動履歴や資産情報の連携を考えてみてはと思います。

 

デンえ
生年月日等の基本情報の登録完了は、登録から1~3営業日かかるよ。

 

企業からのオファー(提供依頼)に応じることができない時は、もう少し待ってみよう!

 

また貯めたデータは、オファーされている企業の中から、自分の情報をぜひ活用してもらいたいと思える企業を自分で選ぶ事ができるので、届けたい企業にだけ自分の情報を渡すことができます。

一部、本人確認書類の提示が必要

基本、登録時に入力した生年月日などの本人情報(基本情報)で企業からのオファー(提供依頼)に応じることができますが、一部本人確認が必要なケースもあります。

 

本人情報だけでよいオファーには、下へスクロールすると、

 

本人情報の登録が必要

出典:Dprime(ディープライム)公式アプリ

 

このような記載があります。

 

本人情報+本人確認が必要なオファーには、下へスクロールすると、

 

本人確認が必要

出典:Dprime(ディープライム)公式アプリ

 

このような記載があります。

 

本人確認手続きは本人情報が完了後、手続きできるようになります。

 

本人確認の申請には、運転免許証もしくは2020年2月3日以前に申請した日本国発行のパスポートが必要です。

 

申請から2~5営業日後、本人確認が完了します。

 

本人情報+本人確認の両方が完了するのに一週間以上かかるので、気になるオファーがある時は早めに申請したほうが良いです。

渡すデータは匿名化される

 

企業へ匿名化(個人が特定できないように加工)した形でデータ提供されます。

 

つまり誰の情報か分からないので、アプリ退会後もDprime(ディープライム)から企業へ渡されたデータは削除されませんが、特に問題ないと言えます。

 

デンさん
オファーを出す企業やオファー内容は、運営会社によってチェックされているから安心だぜ!

 

Dprime(ディープライム)の評判・口コミ

Dprime(ディープライム)の良い評判は、

  • 情報銀行のアイディア自体は良い
  • Amazonギフト券やLINEポイントがもらえる(抽選)
  • オファー内容が良くなっている
  • 10万円のアマギフ当たった

等があります。

 

Dprime(ディープライム)の悪い評判は、

  • オファーが少ない
  • 抽選に当たらない
  • 現金に交換できない
  • ただのクーポンアプリ
  • 引継コードの仕様が面倒
  • オファーによって本人確認書類の提出が必要
  • 前は引換券があったけど無くなった?

等があります。

 

指定されたログイン日数を達成するだけでAmazonギフト券がもらえる点は評価が良い反面、現金に交換できない、報酬がクーポンや応募券ばっかりという声も目立ちます。

 

アプリにログインするだけという手軽な条件でAmazonギフト券10円~10万円分もらえるのはお得さがあり、Dprime(ディープライム)に登録してよかったと思える瞬間だと思います。

 

しかし大事な個人データを時間をかけて入力し、それを情報銀行に提供しても抽選にハズレると無報酬もありえるので、労働に対する対価がない場合、正直納得いきません。

 

それが口コミやレビューにも現れていると思います。

 

ポイントサイトUvoice(ユーボイス)ようにポイントを蓄積する機能を付けて"全員に1P"とかあってもいいんじゃないかと思います。

 

まあ、ログインポイントとしてAmazonギフト券10万円が当たればチャラになるんですけどね♪

 

サービス終了・閉鎖の危険性

突然閉鎖

 

2021年7月に新ビジネスとして注目を集めている情報銀行ビジネスDprime(ディープライム)が、いまサービス終了・閉鎖する理由がないのでサービス終了・閉鎖の可能性は皆無です。

 

●ンズ
どうなるかは 今後次第だ

 

個人的見解

にゃー

 

サービスDprime(ディープライム)は、悪質・詐欺行為を行っているサイトではありません。

 

ですが、ログイン時に必要な引継ぎコードに関しては、オートロックなのに鍵を持たずに部屋を出てしまった状況と似た危険性があり、締め出されたら最後、サービス続行不可能になってしまいます。

 

このログイン時の不便さの改善と、個人データ提供による対価が確実に獲得できるようになれば良いと感じましたね。

 

ただ、運営会社の規模、高水準のセキュリティ、データの匿名化という安心感がありますし、ログインするだけでAmazonギフト券最大10万円が当たるので、いま使っておくと非常にお得なアプリです。

 

正直まだまだ発展途中のアプリといった感じです。

 

Dprime(ディープライム)のアプリインストールはこちら↓

 

App StoreからダウンロードGoogle Playからダウンロード

 

個人情報を提供して貰った報酬を現金化したいと考えている方には、Dprime(ディープライム)と同じく、個人情報を提供することでポイントが貯まるAndroidアプリ「Uvoice(ユーボイス)」がおすすめです。


2022年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2022

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2022年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2022年

おすすめお小遣いサイトランキング2022へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、更に当サイトのバナーから登録頂くと、登録=350円相当のポイントを獲得できいきなり換金可能です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

2022年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2022年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

アメフリ
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはアメフリです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

アメフリ

アメフリの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
11/20:当サイトで利用しているアクセスカウンター、私自身の需要は高く、日々のモチベーションになっているのですが、いかんせんプラグインの負荷が非常に高いのが問題、長年運営を続けているともはや、カウンターの負荷率がピーキーになってきて、どれだけキャッシュを削除しても足を引っ張ってしまっている状態です。今後の事を考えると、消してしまうか…という思いにかられています。現在1800万強のアクセスを頂いている、非常にありがたい状態なのですが、カウンターを設置していなかった時期を考えると、(おそらく)2000万アクセスも突破している状態で、どこかでリセットして、ユーザービリティの向上に努めたいと思っています。サイトを新しくするというのも1つの手で、そこでやってしまおうか…と考えていますが、構成を修正するのに中々手間取っていますので、早めにやりたいと考えていますが中々準備が整わない状態ですね…ただ、"軽い"というのはどうしても向上していきたい…!!
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 18930369総閲覧数:
  • 692今日の閲覧数:
  • 3755昨日の閲覧数:
  • 11現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み