PayPayが不正利用時の「全額補償制度」を導入、LINE Payと比較しました

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » モバイルペイメント » PayPayが不正利用時の「全額補償制度」を導入、LINE Payと比較しました

PayPayが不正利用時の「全額補償制度」を導入、LINE Payと比較しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


補償制度比較

 

スマホ決済サービス「PayPay」に足りないもの…それは【不正利用による被害を補償する制度】、つまり安心して利用できるかどうかです。

 

2015年2月から第三者による不正利用のユーザー補償制度「不正利用保証制度」を導入しているLINE Payに圧勝するには、"必須"ともいえる補償制度をついにPayPayも導入。

 

これにより、PayPay・LINE Payどちらのほうが安心してスマホ決済サービスを利用できる保証制度なのか比較・検証することが可能になりました。

 

 私はこれが理由で使っていません

拒否

 

スマホ決済サービスを利用していない理由について2019年1月にMMD研究所が調査した結果では、

 

クレジットカードで十分だからという回答が圧倒的に多い中、個人情報や決済情報が漏洩しないか不安だからという回答もスマホ決済サービスを利用しない理由として上位に入っていました。

 

PayPay株式会社が実施したアンケートでも、不正利用に対する不安があり、不正利用発生時に保証してもらいたいという声が多かったようです。

 

 

スマホ決済サービスの不正利用で記憶に新しい「7Pay」では、登録時に必要だったセブン&アイのグループ共通ID「7iD」の認証システムに存在した脆弱性によって不正利用され、808人という被害人数となりました(7月31日時点)。

 

リリース後すぐに不正利用されたという衝撃で多くの方のスマホ決済による不正利用の情報が「7Pay」に上書きされたかもしれませんが、PayPayもリリース後に開催した「第1弾100億円あげちゃうキャンペーン」開催中に「ユーザーの利便性を考えてクレジットカード登録時にセキュリティーコードの入力回数に制限を設けていなかった」という脆弱性を利用され不正利用された過去があります。

 

その後、クレジットカード登録における本人認証サービス(3Dセキュア)など不正利用に対していろいろと対策を行ったことにより、不正発生率は「第1回100億円あげちゃうキャンペーン」実施時は0.996%でしたが、「第2回100億円あげちゃうキャンペーン」実施時は0.0004%に減少しました。

 

しかし、7Payの不正利用によりニュースなどでも大々的に放送されたことにより「スマホ決済サービスは危険」という認識が広まる結果となってしまった。

 

PayPayの1番のライバルでもあるLINEPayに圧勝するには、増税前・直後にどれだけスマホ決済サービスを利用していない人を獲得するかにかかっています。

 

増税まで残り1ヶ月となったいま、最後のアピールとして「不正利用による被害を補償する制度の導入」が発表されました。

 

 PayPayの補償制度について

PayPay

 

PayPayでは安心して利用してもらえるサービスにするため、第三者による不正利用による被害に遭った場合、さらにPayPayを利用していない方(PayPayアカウントを持っていない方)にも銀行口座情報などによって「PayPay」で不正利用された場合でも、原則PayPayに被害の全額を補償してもらえます!

 

 

PayPayを利用している全ユーザーを対象に、

 

  • 決済
  • チャージ
  • 送金
  • 出金

 

などのPayPayのサービスで、第三者によってアカウントや銀行口座情報、クレジットカード情報などが盗まれて不正利用された場合、原則PayPayが被害額の全額を補償してくれます。

 

※クレジットカードについてはクレジットカード会社を通じて補償される場合があるので、まずはクレジットカード会社に連絡するようにしてください。

 

 

ただし、補償してもらうには被害者からPayPayに申し出があること、警察署への申告など所定の手続き、そしてPayPay側での審査といった条件を満たす必要があり、被害に遭った方に故意または重大な過失などがある場合は補償してもらえない場合があるのでご注意ください。

 

 

【被害者が対応すべき内容】

 

  • 不正利用による被害が発生した日(継続して複数回の損害が発生した場合はその最終日)から60日以内にPayPayと警察署に申告する必要がある

 

その際に、PayPay以外の第三者から受けられる補償の有無および内容を正確に遅滞なく通知する必要があります

 

  • PayPayに必要とする書類、情報または証拠となるものを求められた場合は、応じる必要があります

 

 

【補償内容】

 

  • 不正利用の内容に応じて、PayPay残高または現金で被害額を補償してもらえます。

 

また補償を行う際に発生する手数料は、PayPay側が負担してくれます

 

 

  • 不正利用された金額から、PayPay以外の第三者から受けた補償を差し引いた金額を補償してくれます

 

不正利用の保証内容

 

 

以前、PayPayの補償制度について調べたことがありますが、クレジットカードによる不正利用が相次いだ際にはヤフー株式会社を経由して全額補償されましたが、特に「よくある質問」などに補償について記載されているわけでもなく、利用規約に記載されているわけでもなかったので、いま不正利用されたときには保証してくれるのかな?という疑問がありました。

 

上記の表をみる限りでは個別対応で補償を実施しているようですが、規約などによる規定がないので、それでは安心して利用できるサービスとは言えない状態だったようですね。

 

 LINE Payの保証制度について

LINEPay

 

LINE Payでは、第三者にアカウント情報が盗まれて不正利用された場合は、被害に対して補償してもらえます。

 

LINEPayを利用している全ユーザーを対象に、

 

  • 支払い
  • 送金
  • 出金

 

など、すべてのLINEPayサービスが補償の対象となります。

 

 

【被害者が対応すべき内容】

 

  • 補償してもらうには、被害発生時から30日以内の申し立てが必要になります

 

  • 補償制度を利用するなら、事前に警察署への届け出が必要になります

 

 

【補償内容】

 

1事故あたりの補償限度額は原則10万円となります。

 

本人確認が必要なLINE Moneyアカウントの方の場合は、利用状況や警察による捜査結果などによっては、補償限度額の引き上げを個別に検討してもらえます。

 

 まとめ

コンビニ対決

 

どちらの保証制度でも、警察署への申告が必須となります。

 

2つの保証制度を比較して大きく違う点は、

 

  • 損害発生時から申請までの日数
  • 保証してもらえる金額

 

PayPayは損害が発生した日から60日以内に申請することで審査してもらえますが、LINEPayの場合は損害が発生した日から30日以内と短いです。

 

ただLINEPayの場合は、お金の動きがあると通知が届くのでその通知を見逃さないようにし、不正利用が発覚したらなるべく早く対策をしてください。

 

 

不正利用の対策について詳しく紹介したこちらの記事もオススメ!

 

関連記事:スマホ決済の危険性、紛失・不正利用・詐欺に防止策はあるのか?

 

 

Twitterなどで評判なのは、このPayPayの「全額補償」というユーザーにとっては安心できる補償内容です。

 

LINEPayは状況によっては引き上げしてもらえるが、1事故あたりの補償限度額が原則10万円と指定されています。

 

LINE Pay VisaクレジットカードでLINE Payの決済に利用できるようになれば上がるのか?それともクレジットカード会社で補償されるからこのままなのか?この辺りについは詳細が分かり次第追記していきたいと思います。

 

 

PayPayの勢いは誰も止めることができないのか⁉

 

なんだか最近はクーポンアプリ化してしまったLINEPayと、時間指定だが最大20%還元を行っているPayPay、私の場合はPayPayを使うことが最近は増えてきました。

 

あの最悪なクレジットカード不正利用から、他スマホ決済サービスを大きく引き離すことに大成功した全額補償の導入により、今後もっと期待できるサービスへとなりました。

 

関連記事:楽天ペイ・PayPay・LINEPay、スマホ決済で人気の3社を徹底比較

 


2019年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2019

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2019年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2019年

おすすめお小遣いサイトランキング2019へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2019年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2019年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
11月15日:YahooとLINE、統合するのであればこれは凄い事になるのかもしれませんね。ここまで大きな企業が統合するのであれば、日本国内においてかもしれませんが、ある意味Googleに対抗できる可能性を持つのではないかと思います。現状というか、私達にインターネットが普及した始めてから、Googleという存在は非常に大きかったと思います。むしろGoogleを何かしら利用しなくて、インターネットを利用するというのは逆に難しいと思います。Yahooの検索エンジンも、Googleを利用していますし…そういった意味では変わらないのですが、LINEという媒体があるのであれば、あるいは対抗することが可能…かもしれませんね。かと言ってすぐにどうこうなるという訳でもなく、ただの可能性ではありますが。…なんかついに時代が動いてしまうような気がします。キャッシュレス決済もありますし、LINEとYahooなら、巨大な広告サイトやポイントサイトができても不思議じゃないし…動向が気になります。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 15059251総閲覧数:
  • 401今日の閲覧数:
  • 4203昨日の閲覧数:
  • 9現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み