WebMoney(ウェブマネー)をマスターカード(Master Card)化する方法

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » 初心者用お小遣いサイト利用ガイド » WebMoney(ウェブマネー)をマスターカード(Master Card)化する方法

WebMoney(ウェブマネー)をマスターカード(Master Card)化する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


WebMoney

お小遣いサイト(ポイントサイト)の中でもよくある交換先の1つである、WebMoney

 

以前は、ウェブマネーを使える場所が…という感じでしたが、いまでは加盟店も増えて使いやすい電子マネーとなりました。

 

ウェブマネーが使える場所は、WebMoneyが使える場所というページに記載されています。

 

ちなみにカテゴリだけ書き出すと、

  • オンラインゲーム
  • SNS・ブログ
  • 動画・放送
  • 音楽配信
  • 情報サービス
  • 電子書籍
  • ショッピング
  • ツール・ソフト
  • 寄付・募金

で、主にオンラインで利用する用途には優れています♪

 

ただ…ウェブマネーは現金化する事が困難で、やるのであればウェブマネー販売・買い取りサイト等を経由する必要があります。

 

レートは概ね80%程度ですので、現金化は実質困難です。

 

そこで、もう少し利用用途を増やせないか…?

 

これを増やす事が可能なのは、ウェブマネーカードを発行しMaster Card(マスターカード)化する事で、Master Cardが使える店舗、例えば家電量販店、はたまたスーパー等で利用する方法です。

 

根塊はウェブマネーをMaster Card化し、限りなく現金に近い形でウェブマネーを利用する方法について詳しく記事を書いていきます。

 

知っておくべきこと

いろいろなウェブマネー

 

ウェブマネーには、

  • シートタイプ
  • WebMoneyギフトカード
  • WebMoneyプリペイドカード
  • au WALLETプリペイドカード
  • ウェブマネーカードケース(アプリ)
  • 特定加盟店専用タイプ
  • ウェブマネーウォレット

 

このように様々な種類がありますが、

 

コンビニでも買える「シートタイプ」や「WebMoneyギフトカード」、チャージした分だけ支払いができるプリペイドカードなのにクレジットカードみたいに使える「WebMoneyプリペイドカード」、アプリにWebMoneyカードを登録するとリアルタイム残高やチャージがアプリ上で簡単にできる「WebMoneyカードケース」、この辺りの種類が初めての方でも使いやすいと思います。

 

そして、今回はWebMoneyをいかに使いやすい電子マネーにするかを説明したいと思います。

 

組み合わせて便利

 

マスターカード付きWebMoneyプリペイドカードをマスターカード加盟店で、クレジットカードのように使う為には用意するものがいくつかあります。

 

1.アプリを利用できるスマホ・タブレット等の媒体が必要

 

2.年齢制限・審査なし、入会・年会費無料で発行できる[MasterCard付き]のウェブマネーカードが必要

 

3.ウェブマネーカードを発行する為には、フリーメールアドレスでも可能ですがメールアドレスが必要

 

申し込み後1~2週間でカードが届きます。ウェブマネーカードを受け取る際、本人確認を行えるものが必要です。

 

これらの条件を全てクリアしてから、ウェブマネーカードを発行します。

 

 

最後に付け加えるようですが、お小遣いサイトで取得したウェブマネーコードをチャージする場合、手数料が4%かかります。

 

仮に1000円分のプリペイド番号をウェブマネーカードへチャージした場合、引継ぎ手数料として4%がかかり960円となります。

 

プリペイド番号をウェブマネーカードへ引き継ぐ際の注意点!

  • 手数料として4%かかる
  • 1ヶ月あたりのプリペイド番号チャージの上限金額は10万円分まで(手数料込)

 

 

あとは、どこでも利用できるカードではないので利用できない店舗というものが存在します。

 

詳しくは下記のページを参照して下さい。

 

 

簡単に言うと、

  • 携帯電話料金及び固定電話料金
  • その他月次課金料金(インターネットプロバイダー等)
  • カーシェアリング
  • 生命保険・損害保険保険料
  • 電子マネー
  • その他

 

に加え、高速道路・ガソリンスタンド・電気・ガス等の公共料金への利用はできません。

 

WebMoneyをクレジット同様に利用する方法

まずはウェブマネーカードケース

ウェブマネーカードケース

 

ウェブマネーカードケースは、ウェブマネーをチャージするのに必要です。

 

ウェブマネーカードケースはアプリですので、さらっとダウンロードしてしまいましょう。

 

Google Play・App Storeでダウンロード可能です。

 

 

これでまず第一段階である、ウェブマネーカードケースは終了しました♪

 

次に、ウェブマネーカードを発行していきましょう。

ウェブマネーカードの発行

ウェブマネーカード

 

ウェブマネーカードの発行は、普通にネットで"ウェブマネーカード"で発行する事ができます♪

 

外部リンク:WebMoney Card

 

ウェブマネーカードのページにも書いていますが、

  • 審査不要
  • 入会費無料
  • 年会費無料

で、20歳未満の方は保護者の同意が必要です。

 

この条件を覚えておき、ウェブマネカードを申し込みます。

 

ウェブマネーカードには、ウェブマネーカードとウェブマネーカードライトというものがあります。

 

ウェブマネーカード ライトとの違い

 

まあライトもクソも、2016年6月時点ではライトの発行は休止されているのですが、何が違うかというと、

  • 申込条件(ライトは本人確認必要なし)
  • カード名義(カードは実名、ライトはWEBMONEY USER)
  • カード更新(ライトは不可)
  • マスターカード利用上限(ライトは3万円/日、5万円/月)

です。

 

極端な話、ウェブマネーを末永く利用される方にとっては、ライトにする意味はありません。

 

マスターカードとして利用したい場合…まあライトの発行は休止されていますので、通常のカードを選択します。

さて発行です。

 

ウェブマネーカードの登録ページに行き、メールアドレスを入力します。

 

ウェブマネーカード認証

 

まずここで、メールアドレスが必要となりますね♪

 

メールアドレスを入力し、送られてきた認証コードを入力し、次の画面へ移動します。

 

次の画面では、登録情報を入力します。

 

ウェブマネー登録情報

登録情報は、

  • 氏名(フリガナ)
  • 氏名(ローマ字)
  • 生年月日
  • 性別
  • 現住所(詳細まで)
  • 電話番号
  • カードの暗証番号

です。

 

入力内容を確認し、申込を完了します。

 

その後ですが、約1週間後に郵便局から「通知書」が届きます。

 

通知書の内容に従い、カードを受け取る事でウェブマネーカードの発行が完了します♪

 

配達及び、郵便窓口での受け取りが可能です。

 

通知書の内容をアップロードしていいものか…おそらくダメだろう。

 

私の場合、郵便局の番号が記載してありましたので、即座に電話。

 

本人確認が必要との事で、免許証を選択。

 

電話での質問に答え、配達日時をしていして、私がいる時間に本人確認の情報を確認してもらい、ウェブマネーカードを受け取りました♪

 

これでウェブマネーカードが手元に届きました!!

ウェブマネーカードケースにウェブマネーをチャージする

ウェブマネーカードが届いた場合、ウェブマネーカードケースにウェブマネーをチャージします。

 

と、その前にウェブマネーカードケースに、ウェブマネーを登録します。

 

ウェブマネーカードケースを開くと、カードを追加という項目があります。

 

ここから送られてきたウェブマネーカードを登録します。

 

ウェブマネーカードを追加

 

ウェブマネーカードは、背面に記載されている16ケタの数字を読み込む、もしくは自分で手入力します。

 

ウェブマネーカードの16ケタの番号は、私の場合カードの裏面のこの位置に記載してありました。

 

カード番号記載

 

カードを読み込む、または手入力して、ウェブマネーカードを登録します。

 

ウェブマネーカード登録

 

これで、ウェブマネーカードケースにウェブマネーカードを登録し、ウェブマネーカードについているMaster Cardを使う準備ができました♪

 

最後はウェブマネーをチャージし、Master Cardとして利用する方法です♪

ウェブマネーをチャージ

私は正直、これがやりたかった訳です。

 

お小遣いアプリとか、アンケートサイトとか、現金への交換先がなかったりして、どうしてもAmazonギフト券が逃げ道となってしまいます。

 

仮にAmazonで購入するものがなく、もっと自由に利用できる交換先があれば…そう思い、手数料が4%かかるのを覚悟の上、ウェブマネーを利用しました。

 

大体交換先であるのが、Google Playで利用できるVプリカとWebMoneyです。

 

Vプリカは手数料がかかるものが多いので、4%という手数料をもってしてもウェブマネーの方が手数料が安かったりします♪

 

…という訳で、今回私は、GMコインにてWebMoneyをチャージします。

 

GMコインの交換先でウェブマネーを選択し、ウェブマネーのコードを取得します。

 

GMコインウェブマネーコード

 

このコードをコピーして、ウェブマネーカードケースを起動。

 

追加したウェブマネーカードを選択し、チャージを行います。

 

ウェブマネーカードチャージ

 

チャージはカード追加と同様、バーコードを読み込む、または手入力です。

 

今回私はウェブマネーコードをコピーしていますので、手入力を選択してウェブマネーコードを貼り付けます。

 

ウェブマネーコード貼り付け

 

今回私は、1000ポイントを交換した為、ここで手数料が4%かかり、960円チャージする事ができます。

 

ウェブマネーカードにチャージ

 

 

これで、ウェブマネーをマスターカード化し、マスターカードが使えるスーパ等で利用できるようになった訳です♪

WebMoney基礎知識「チャージ方法」

先程は、ウェブマネープリペイド番号からのチャージ方法をご紹介しましたが、他にも様々な方法でチャージする事ができます。

    • ローソンでチャージ
    • セブンイレブン収納代行
    • auショップ
    • 自遊空間
    • 三菱UFJ銀行口座
    • インターネットバンキング口座
    • クレジットカード
    • ウェブマネープリペイド番号
現金でチャージするのであれば、ローソンでのチャージがおすすめです。

 

セブンイレブン収納代行・auショップ・自遊空間でのチャージではチャージできる金額が設定されています。

 

チャージ設定金額

 

そこで、ローソンでチャージする事により1,000円~45,000円の間の好きな金額(1円単位)でチャージできるので、必要な分だけピッタリ買うことができます。

 

現金以外のチャージであれば、アプリとの連携が必須です!

 WebMoney基礎知識「使い方」

WebMoney加盟店のネットでのお支払いで、プリペイド番号を使う方法です。

 

プリペイド番号、アプリ、MasterCardとしての使い方をご紹介します。

 プリペイド番号を使う

1.支払い方法に[WebMoney]を選択する

2.WebMoney支払い画面で、手持ちのカードの裏面に記載されているプリペイド番号を入力する

 

プリペイド番号入力

 

3.[お支払いを行う]をクリック。

4.[ご利用サイトにもどる]をクリックで支払い完了となります!

 アプリを使う

1.支払い方法に[WebMoney]を選択する

2.WebMoney支払い画面で[アプリでの支払い]をクリック

3.スマホで「WebMoneyカードケース」を起動し、[お支払いカメラ]をタップ

 

カメラ起動

 

4.PC画面に表示されているQRコードをアプリで読み込みます

5.カード一覧から支払いに使用するカードを選択

6.PCS画面の[お支払いを行う]をタップ

7.[ご利用サイトにもどる]をクリックで支払い完了になります!

MasterCardとして使う

1.支払い方法に[クレジットカード(MasterCard)]を選択する

2.カード番号・名前・有効期限・セキュリティコードを入力する

 

MasterCardとして使う

3.利用サイトの画面に従って支払い完了となります!

まとめ

ルール

 

随分と長くなりましたが、実際のハードルとしてはウェブマネーカードを発行するという所です。

 

ウェブマネーカードを発行してしまえば、後は簡単な作業で、マスターカード化する事でスーパー等でも利用できるようになります♪

 

手数料4%は痛いですが、これでGoogle Playの課金アイテムを購入したりと、色々な使い方ができるようになります♪

 


2019年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2019

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2019年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2019年

おすすめお小遣いサイトランキング2019へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2019年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2019年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
5月27日:先日は運動会で、ちょっと熱中症っぽくて頭が痛いです。先日の気温は最高気温で32度、だけど体感的には確実に32度以上あったなぁ…と感じました。でも朝はちょっと肌寒かったので、少し厚着していきましたが、10時位にはもう暑くて暑くて…子供のプログラムが無い時に、半ズボンに履き替えに戻ったくらいです。この時期は気温差が激しいものですが、気温差が激しすぎて、体調を崩された方も多いかと思います。俺も今日は有給をとっておけばよかったぜ…とか思いながらこのつぶやきを書いています。私の他に、部署で2人本日有給をとっているのですが、その2人とも、先日運動会があり、しんどいので有給を取られています。まあ大丈夫だとうとか思っていましたが、実際月曜日になってみると、この若干の頭の痛さから少し後悔です。本日も気温が上がったりしなければよいのですが。もの凄いフライング感がありますが、皆さまも熱中症には気をつけて、こまめな水分補給を取りましょう。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 14346810総閲覧数:
  • 2928今日の閲覧数:
  • 3435昨日の閲覧数:
  • 8現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み