お小遣いサイト 危険 小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » パソコン関係雑記事 » 

ソフトバンクのiPadで強制解約になったマヌケなお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンク強制解約

 

ソフトバンクのiPadで強制解約になってしまった私のマヌケなお話を記事にしておこうと思います。

 

私が強制解約になってしまった理由は料金滞納です。

 

おいおい滞納とか、高校生の時に無理して携帯を契約した時以来だよ…

 

しかも強制解約になってしまうまで全く気づかず、時すでに遅しで解約料金を支払い、また新規に契約し直すハメになり、結構な出費となってしまった苦い思い出です。

 

折角ですので強制解約になってしまった理由、どの位で強制退会になるか?ソフトバンクでも明確な示唆はありませんでしたので、今回の私のケースを忘備録として、記事にしておこうと思います。

三ヶ月滞納すると強制解約になる

今回ソフトバンクのショップに行った事で判ったのが、ソフトバンクは三ヶ月料金を滞納し、4ヶ月目の料金が確定(約90日前後)した時に強制解約となります。

 

その時は4ヶ月目の料金に解約料金が含まれ、2年契約とかであれば偶然更新月…という事もありませんでしたので契約解除料として9500円(税込10260円)かかってしまいます。

 

ポイントの1つとして、ソフトバンクのみ、利用停止されたとしてもSMS(softbank.ne.jpやi.softbank.jp)と電話の受信のみ可能ということです。

 

ソフトバンクだけなんて親切設計…というメリットもありますが、私のように強制解約になるまで気づかないという、親切がゆえの落とし穴があります。

なんで強制解約になったか?

そもそも私は、強制解約時点でそこまでお金に困っている訳ではありませんでした。

 

というか、延滞させる気もなく、しっかりと料金を払っているとずっと思い込んでいました。

 

なのに今回強制解約になった理由は5つ、

  • iPadだったのでキャリアメールを確認していなかった
  • 子供に取られて自分ではあんまり利用していなかった
  • Wifiだから気づかなかった
  • 全く明細を見ていなかった
  • 単独でiPadを契約していた

という、結構な要素が重なって起こってしまいました。

 

これだけの状況が重なる事は少ないとは思いますが、これらのケースに当てはまる方はちょっとだけ警戒した方が良いです。

 

まず1つ目のiPadだという所、ソフトバンクのiPadには契約上、i.softbank.jpのキャリアメールが付与されますが、このメールがいつも利用するPCのメールから確認できる状態にはしていなかったんですね。

 

2つ目は、下の息子がメインで利用していた為、そのiPadをあまり確認していなかったという所で、頻繁に利用していたらメールを確認していたかもしれません。

 

これも非常に原因としては大きく、いつも利用していたら、左上にSoftbankの記載がないとかで気づけていたハズ…

 

3つ目はWifi環境下で、利用停止されたとしてもインターネットが繋がっていた事、子供が普通に使っていたので無警戒でしたね。

 

4つ目は明細に関して、私は個人事業主+サラリーマンで、このiPadは個人事業主用の楽天銀行の口座から引き落としていたのですが、出納帳作成の為、Excelを使って明細のcsvをコピペしたら自動で毎月の推移が出るよう自動化していたんですね。

 

今思えばこの4つ目が真因、iPadの料金なんていつも固定化されているから、てっきり引かれているものかと思い確認していませんでした。

 

そして最後の5つ目ですが、ソフトバンクのショップ定員さんに聞いた所、通常2ヶ月対応したら、親子契約を行っていた場合は親子ともども、つまりiPhoneの契約にiPadを子として登録していた場合利用停止されますので、その時点で気づいたとの事でした。

 

このiPadは単独での契約だった為、iPadのメールを見ないと気づかなかったという大きな原因の1つとなりました。

 

事に気づいた、回線の所にSoftbankって記載なかったっけ?っと思った時には遅く、解約状態になってしまったのはその為です。

手痛い料金でした

今回の件で強制退会になってしまった損失は、解約料金と新規契約料金となります。

 

この時点(2018年8月)時点の情報ですが、解約料金が9500円(税込10260円)でしたね。

 

普通に料金を支払っていれば、9500円を支払う事はなかったんですね。

 

こんなちょっとした見落としでここまでの料金が必要となるとは…このミスはうっかりドメインを失効してしまった時を思い出します。

 

オマケ:その後新しいiPadを購入した場合

ちょっとしたオマケですが、これも稀なケースだという事で記事にしておきます。

 

このiPadが料金滞納で解約扱いとなってしまったのはもうしょうがないとして、こうやってサイトを構築する我が身としては、1つだけはキャリアの繋がっているiPadが欲しい所です。

 

出先での利用等を考えるとどうしても1つは欲しいので、そのまま新しいiPadを購入しました。

 

解約扱いとなってしまったiPadを再び登録してもよかったのですが、時期的なものもありましたし、新しいiPadを購入と新規契約がほぼイコールだったので、新しいiPadを購入しようとした瞬間、私が思った黒い考えは、新しく契約するならこの解約扱いされてしまったiPadの料金、払わなくてもいいんじゃない?という考えでした。

 

実際ほぼ家から外に出して利用していなかった事が今回の真因ですし、通信してないしいいかなぁ~と。

 

結果から言うと、新しい契約を行うときに審査があり、その審査が通らないので解約料金を払うしかなかったのですが、もしかするとそのまま別キャリアにしてしまったらよかったんじゃあ…

 

とか、よからぬ考えが頭をよぎりましたね。

 

こういった情報、各キャリアで共有のブラックリストに登録されてしまったりする可能性もありますし、イイ歳したおっさんのやる行動ではなかったのでしっかりと料金を払い新規契約しましたが、実際この後は訴訟問題となります。

 

裁判に負ければ弁護士さんを雇った費用なども請求されてしまうし、そもそも延滞した身分で勝てる訳ありませんので、ここいらで払った方が身の為です。

 

まあ故意にやったわけじゃなかったですけど、余計なお金を払うハメになりました。ある意味貴重な体験談でした。

 

原因を分析してみた所、落ち度は私にあるのですが、思わずショップの店員さんに文句を言いたくなりました。

 

…とこれが、お小遣いサイトでも良くある事ですので、なんとか踏みとどまる事ができました…

Excelで書式をコピーして貼り付けで作業効率を劇的に変化させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今回はお小遣いサイトとは直接関係ありませんが、データを管理する時非常に役立つ方法を、私が忘れないように忘備録としてまとめておきます。

 

最近勤務先が変わった事により、非常にExcelの使用度が高くなってきました。

 

正直…ですが、私はExcelを会社で利用するという事はほとんどなかったので、一部の関数、簡単なマクロ、基本的な操作方法位しか理解していませんでした。

 

いきなりグラフを作ったりとかの作業をメインに行う事になりましたので、操作に四苦八苦する始末。

 

例えばオートシェイプで線を書いて、イチイチ設定しなおすのは面倒です。

 

既定の線にしてしまってもそれまでですよね。

 

以前利用してきたAuto CADはプロパティーコピーというコマンドがあり、キーボードに"ma"と打ち込んだら、色や線等の情報をコピーして、他の色や線に適用する事ができたんですね。

 

その機能、Excelだとないのかと思っていましたが、普通にありましたのでご紹介です♪

場所と使い方

Excel書式のコピー/貼り付け

 

…まあこの画面1つで事足りるのかもしれませんが、補足的に説明しておきます。

 

書式をコピーして貼り付ける方法はホームタブ一番左にある、"書式のコピー/貼り付け"から行う事ができます。

 

Excel2003では標準ツールバーの中央、2007や10では画像の位置にあります。

 

使い方は図形なりセルなりをクリックしてアクティブにしておき、書式のコピーを行うので1回クリック、その後に書式を変更したいセルなりデータなりをクリックすれば完了です♪

 

この方法だと1回しか貼り付けできないので、連続で貼り付けるのであれば、書式のコピーをダブルクリックすれば連続で貼り付けることができます♪

 

書式のコピー貼り付け例

赤矢印に変えたい場合、書式のコピーをダブルクリックして、各矢印に貼り付けていけば簡単です♪

 

青矢印をグループ化してしまえば、一気に赤矢印に変える事も可能です♪

 

セルであればドラッグすれば一気に色や書式を変える事も可能です♪

 

…書いていて思いましたが、お小遣いサイトブログで使う事ってあんまりないですね…

直前操作であればF4

これはもしかすると普通の機能なのかもしれませんが、私は知りませんでしたね…

 

F4は、直前の操作を繰り返す機能があり、先程の矢印で言えば、直前1回の操作(色を赤にする、もしくは線を一点鎖線にする)は矢印を選択してF4を押すだけでコピーする事が可能です♪

 

問題はと言えば、先程の矢印の場合、線を一点鎖線にする、色を赤にすると2回の操作が必要となってきますが、1回の操作で統一する場合は、線が2、3本であればF4でも十分に書式を貼り付けるという事が可能です。

 

…ホント私が知らなかっただけかもしれませんが、操作もF4だけですので、日々の作業に簡単に取り込む事ができます♪

固定概念は覆せた

さっき書いたけど、お小遣いサイトブログでこの操作を使う事はほとんどないと思います。

 

ないとは思いますが、AutoCADだけのコマンドかと思っていましたが、普通にあるんですね…

 

まあお小遣い帳をつけたり収支簿をつけたるするとき、こういった事もできると心の片隅に覚えておいていただければ幸いです。

 

私は確定申告の為、家でExcelを利用してますが、この機能は家でも使えるかもしれませんと思いました。

 

以上、私の忘備録でした…

Windows10で文字入力が遅いと感じた時の対処方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログかけねぇよ

 

ある日PCを立ち上げ、ネットサーフィンしようとしてGoogleにテキストを入力すると、キーボート入力に表示や変換が追いついてない…!!

 

なんて事になった時の為に作成した記事です。

 

OSはWindows10、2018年7月時点での対処法です。

 

やっぱ予想通り、何らかのアップデートがあったりすると、再びこの症状が出てきますので、頻繁に対処しないといけないのかもしれません…

 

私が利用していたのは通常の入力機能であるIMEパッドではなくGoogle IMEを利用していましたが、IMEパッドでもGoogle IMEが関係している所もあるので、合わせて掲載させて頂いています。

 

まず言っておくことは、Windows10においてキーボード入力に表示や変換が追いつかない場合の問題として、キーボードが悪かったりネット回線が悪かったり、ウイルスに感染してしまったりという問題ではなく、関係してくるのは、

  • Google IMEとの競合
  • IMEパッドの予測変換
  • PCのクリーンアップ

の3つです。

Google IMEとの競合

私的にはまず、この方法を一番最初にやって欲しいですね。

 

IMEパッド、GoogleやMicrosoftは、アップデートによる更新が頻繁に起こるプログラムです。

 

結果何が競合し、何が問題でというのが特定しづらく、また自動更新の為ある日当然、文字変換が遅くなったりという問題が起こったりします。

 

IMEパッドはMicrosoftでは標準搭載、Google IMEはネットから簡単にダウンロード可能ですので消してしまったとしても復元は容易です。

 

Microsoft IMEとGoogle IMEは競合する可能性があり、一方を消去し再起動すると簡単に直ってしまう可能性があります。

 

再起動しないと直らないので気をつけて下さい。直らねぇじゃんと思ったら、再起動するの忘れてた…なんて事でドロ沼にハマる事、結構ありますので…

 

以前対処方法は完ぺきに書いたつもりでしたが、さすがWindows10と言いたくなる程、現在ではコロっと操作方法が変わっていましたので、一から書き直しデスヨ点

 

方法はもう、オーソドックスな手段でいきます。どうせまた変わるんだろ的にな懸念もありますので、

 

以前はコントロールパネルにIMEパッドの設定があったのですが、現在はなぜか"設定"という所から行くことになります。

 

Windowsボタン+xを押すと、画面左下からメニューが表示されるので、そこから"設定"をクリックします。

 

ちなみにWindowsボタンというのはキーボードの

 

Windowsボタン

 

 

コレです。意外と使われないのかもしれませんが、様々なショートカットが用意されていて便利なボタンです♪

 

Windows10 設定

 

設定から、"時刻と言語"を選択します。

 

Windows10 時刻と言語

左サイドバーから、"地域と言語"を選択します。

 

Windows10 地域と言語

 

地域と言語ページの"日本語"をクリックするとオプションが出てきますので、"オプション"をクリックします。

 

Windows10 キーボードの設定

 

ここでGoogle日本語入力とMicrosoft IMEがある場合、どちらかが競合している状態であると言えます。

 

私は今後Google日本語入力を利用していきますので、Microsoft IMEの方を消去しました。

 

ここで忘れていはいけないのが、その後の"再起動"です。再起動しないと文字入力は遅いままです。別にシャットダウンでもなんでもいいのですが、もう一度Windows10を立ち上げるという動作が必要です。

 

以前はGoogle IMEも予測変換についての変更ができたのですが、現在Microsoft IMEのみ予測変換のチェックを外すことができます。

 

Microsoft IMEをメインとして利用する場合、Google日本語入力を消しても直らない場合においては、予測変換のチェックを外すと文字入力のスピードが直る場合もあります。

 

"オプション"をクリックすると、Microsoft IMEのオプションに行くことができます。

 

一番下の詳細設定から"詳細設定を開く"をクリック。

 

WIndows10 Microsoft IME詳細設定

 

出てきたウィンドの中にあるタブ"予測入力"から、"予測入力を仕様する"のチェックを外します。

 

WIndows10 Microsoft IME予測入力

 

ここまでやれば、ほぼ間違いなく文字入力は早くなります。私が以前文字入力が遅くなったのは2018年4月、2018年7月にまた文字入力が遅くなった事から、結構この操作、文字入力が遅くなったらやらないといけないのかもしれませんね。

PCのクリーンアップ

この記事を書いた当初は、下記IMEの競合を上位としていましたが、実際IMEの競合設定を行った後もたまに文字入力が遅くなってしまう…何故か?

 

この原因として、PCを長い間切らずにいる状態、すなわち一定期間再起動していない状態が原因の可能性が高いです。

 

例えば再起動せずに電源をスリープ状態にすること1ヶ月とか、再起動してクリーンアップする事でキャッシュがリセットされ、ただ再起動してないだけじゃん的な事でも直ったりします。

 

最近のGoogle等のブラウザはキャッシュを多用していますので、それが原因でデータを圧迫している可能性もありますので、ここでは詳細な紹介はしませんが、Cclener等のクリーンアップツールを利用してデータをリセットし、再起動。

 

この方法、結構直ったりすると思いますよ…もしかするとまず一番にこれを試すべきかもしれませんね。

 

私もそうなのですが、Windows XPの時と比べると、Windows10等は省電力モードというのが採用されていて、PCの電源が途中で切れたりする為、基本的に再起動やシャットダウンをする機会が少なくなっています。

 

その為使わないキャッシュが貯まり、メモリを圧迫し、それがテキスト入力のスピードに関わってくる場合…というか、結構関わってきます。

まとめと個人的見解

この症状、PCでブログを書くに当たって面倒くさくなり挫折する要因となるレベルですので、しっかりと詳細記事を書き上げました。

 

この症状に気づいたのは水曜日位で、仕事もある事から放置していましたが、土曜日に対象を行ってからのキーボードの爽快さと言ったらなかったですね♪

 

変換が遅いと何が困るかって、誤字脱字が非常に多くなってもう一度書き直し⇒また入力が遅く誤字脱字⇒もう一度書き直しのサイクルになってしまい、非常にイライラしてきます。

 

般若

 

このサイトでちょこちょこ言っていますが、基本的に私の器は小さいです。

 

こんな事で変換⇒書き直しなんてやってると、器の小さい私はすぐ嫌になってしまいます。結果チェックが甘くなって誤字脱字を残したまま情報発信してしまいそうになります。

 

ランチャーム

 

私の器のイメージ図ですが、こんな感じです。

 

ですが快適さというのはブログ作成に必要なものです、ネットサーフィンにおいてもこれは非常に重要、正直スマホで文字入力するよりPCで入力した方が楽じゃないですか?

 

持ち運びできる優位性には霞む所ですが、PCの性能が追いつかなくなったとか、PCの故障とかじゃなくて簡単に直るという事が言いたかったです。

 

冒頭に記載していますが、別にキーボードが故障したわけでもなく、ネット回線に問題があったからでも、ウイスルに感染してしまった訳でもありません。

 

ちなみに私、PCを使ってからすぐにGoogle IMEを導入してIMEパッドを消していませんでしたが、すぐにはこの症状にはならなかったです。むしろWindows10の更新プログラムがインストールされた時等、ちょっとしたきっかけで文字変換や表示が遅くなってしまうのではないかと思います。

 

入力が遅くなったなぁという時にこの記事を思い出して頂ければ幸いです♪

 

IMEパッドを入れてないよという方、もしかするとただ再起動するだけで直ってしまうかもしれませんよ…!!

iPhone/iPadのiOSアップデート通知、うざくないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


iOSアップデート通知

 

私はハッキリと言いますが、iPhone/iPadを利用している時、iOSの最新バージョンが出た時の通知、非常にウザいと感じています。

 

アップデートが必要なのは分かりますが、毎日のようにアップデートが現れるエンカウント率の高さはまるで、ロマサガのカクラム砂漠?(だったか)、ドラクエ3のおうごんの爪を取った後、クソ強い雑魚が立て続けに出てくる新桃太郎伝説、まるでそれを彷彿とさせるようです。

 

異常なエンカウント率

 

なにが面倒くさいって、

・Wifi接続が必要

・充電が(40~50%)

とかの条件があるのに、毎日エンカウントするこのアップデート通知。

 

後でっていう機能もあるのに、毎日聞いてくるまるで呪いのような状態。

 

正直致命的な欠陥でもない限り、夜間でも面倒くさいです。

 

まあ自己責任の話ですが、今後脱獄とか考えるのであれば、アップデートするとすぐに元に戻すことができなくなりますので、そこにも問題が出てきますね。

 

このもどかしい現象をどう表現するか…?色々考えた結果、単純にウザいという言葉が適切ではないかと思います。

 

今回の記事はそのウザいiOSのアップデート通知を止める方法について説明します。

 

その前に、止めるという事はどういう事か?という注意点だけ見ておいて下さい。

アップデート通知を止めるという事

iOSはWindowsと比較すると、ウイルスに感染する可能性は低いと言われていますが、可能性は0ではないです。

 

今後個人情報を取得するウィルス等が作られ、世界で蔓延したとして、Apple側は対策を行ってくれます。

 

その対策を行ったものが、アップデート後のiOSだという事です。

 

要するにApple側がいくらウイルス対策を行ったとしても、私たちユーザーがアップデートをしない限り、対策が適応されないのです。

 

その対策を行った最新の情報に保つというのが、アップデートが必要な1つの理由です。

 

ですのでアップデートの通知がウザいと感じても、いつかどこかでアップデートの事を思い出してアップデートを行わなければならない。

 

これだけは覚えておいてください。

 

私個人としては、iOS12.0.0が12.0.1、こういった新しいバーションのOSがアップデートするならば、12.0.0で致命的な欠陥があり、それを修正している可能性がありますので、アップデートした方が良いです。

 

ただ12.1.3が12.1.4とかになったとて…何が違うの?という時はアップデートしなくてもいいんじゃないかと思います。

 

…まあ、Appleの更新内容を把握した方が良いですが、私個人のイメージ的にはそう思っています。

新しいサービスを利用する

例えばですが、今後iPhoneに全く新しい機能が登場としたとして、その機能が使えるようになるのはアップデートの後になります。

 

つまりいくらいいiPhoneでも、ソフトウェアのバージョンが古い場合利用できないという可能性もあります。

 

こちらは対応しているかどうか?の問題。

 

あまり見かける事のないケースかと思いますが、以前私がしつこくiPhone3GSを使い倒していた事、ついにiOSのバージョンに限界がきてしまい、アプリをインストールできなくなったことがあります。

 

アップデート通知を止めた場合、何か新しい画期的なサービスが出たとして、利用できないのはアップデートしていない為という事も考えられますので、そちらも重ねて覚えておいてください。

ただホント最新以外は

例えばですが、当サイトで取り扱っているお小遣いサイトのコンテンツについては、動作環境がiOS7.1.2以降とかです。

 

2018年10月現在、12.0.1とかが最新バージョンですので、逆に7.1.2とかで利用する方が難しい状況です。

 

ですので、ホント最新のiOS機能を必要としない場合、既存のサービスを利用する場合推奨環境はほぼ関係ないと思ってください。

通知の止め方

それでは、通知を止める方法…なのですが、現時点ではこの方法であっても、一時的にしか通知を止める事はできません。

 

なんでそんなにインストールしたいの?って思いますが、仕様的に完全停止するのは難しいです。

ダイジェスト版

1.設定をタップ

2.一般をタップ

3.ストレージとiCloudの使用状況をタップ

4.ストレージ管理をタップ

5.出てきたiOS〇〇を消去

詳細版

1.設定をタップします。

 

iOS設定

 

2.設定内にある、一般をタップします。

 

iOS一般

 

3.一般の中にある"ストレージとiCloudの使用状況"をタップします。

 

iOSiCloudの使用状況

 

4.ストレージ管理をタップして、中を表示させます。

 

正直ここ、ストレージ状況、つまりiPhone/iPadの中に入っているデータ状況を表示させる為、若干時間がかかりますが我慢です。

 

iOSiCloudの使用状況

 

5.出てきたiOS〇〇を消去します。

 

iOS消去

問題点

色々と調べたところ、この通知は新しいiOSがダウンロードされる事によって通知が行われるという事。

 

つまりiOSが自動的にダウンロードされてしまうとまた通知が再開されてしまうという事です。

 

よって1日経過した場合、この通知が再び復活してしまう可能性があります。

 

制約の中に、Wifiに接続されている、あるいは充電が4~50%ないとダウンロードできないという制約があるので、その辺りを制御できればあるいは完全停止に近づくのではないかと思います。

 

まあ夜間は電源を切ったらいいのですが、そんな面倒な事、誰もやらないでしょうね…

 

以上、今回私の検証も中途半端な感じがしますが、iOSのアップデート通知を止める方法を紹介しました。

ドメインの有効期限が切れてから再取得する危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドメイン

 

やってしまいました嫁のブログ、ドメインの有効期限を延長するのを忘れ、再取得するまでの過程を私自身、絶対に忘れないように忘備録として残しておこうと思い、今回の記事を作成しました。

 

結論から言っておくと、一度ドメインの有効期限が切れた場合について、万単位でのお金がかかる可能性があり、再取得できる可能性は9割でした。

 

私の場合の結論からいうと、再取得に37800円、高くつきましたよ…!!

 

いつも色々来るドメインの有効期限についてのメール、まだいいだろうってスカしていると私のようになります…

 

ただ多くの場合、ブログ存続を諦める結果になるのではないかと思いますので、そうならないよう記録をしっかりと日記形式で残しておきます。

 

ドメインの有効期限がすぎてしまったらどうなるか…?

 

ちなにみ今回ドメイン失効したのはバリュードメインで取得したものですので、バリュードメインの場合、モロにこの記事が解決策となります♪

嫁から聞いた突然の言葉

2017年5月24日 PM23:00

 

「私のブログが昨日から開かないんだけど。」

 

えっ!!昨日のモッピークエストの更新どうしたの?から始まりましたが、どうやら嫁のブログが開かなくなってしまったようです。

 

開かない理由なんてあったっけ?と思いながら、利用しているX Serverを確認。

 

だけど特にサーバ接続に関するトラブルがある訳ではありませんでした。

 

となると考えられるのは…

 

ドメインの有効期限!!!

 

慌ててバリュードメインを確認すると、なんと有効期限が4月21日になっていました。

 

ドメイン有効期限切れ

 

しまった…!!と思いつつもまだ、この時点ではそう重く考えておらず、更新したら治るだろうとか考えていました。

 

ですので更新するとこの画面が表示され、先に進まなくなってしまいました。

 

ドメイン更新エラー

うーん。お問い合わせかぁ…

 

ここでふと、少しずつ思い出してきました。

 

よく考えたら、中古ドメインってもの凄い価値があるものもあるよなぁ…

 

あれって多分、ウェブサイトに当たりをつけ、ドメインの有効期限が来た瞬間に差し押さえられるようになっているからあんなに大量のドメインを販売できるんだよなぁ…

 

ヤバい…!!

 

一応3年は更新し続けた中古ドメイン…!!

 

速攻でお問い合わせし、差し押さえられていないかデスクトップの前でお祓いして、本日は眠りにつきました。

 

※とは言ってもAM3:00位でした…

やってしまったよ有効期限切れ

2017年5月25日 AM6:30

 

翌日…と言ってもまだ3時間しかたっていない上、深夜の話だったので当然お問合わせの結果が帰ってくるハズがありません。

 

ただ私はサラリーマンですので、ドメインの為に仕事を休もうか本気で考えましたが、現在はいつも深夜残業状態の今、仕事を休むとは到底言えず、やむなく嫁にお問い合わせの結果を診てもらうことにして、満員電車に飛び込みました。

 

AM11:00頃ですが、嫁からメールで、お問合わせの結果が返ってきたという知らせを受けました。

 

さすがバリュードメイン、迅速な対応です♪

 

嫁から聞いた事は、なにやら37800円かけてドメインを取り戻すという事、復旧できる可能性は9割という事。

 

それ以上は確認できる状態ではなかったので、とりあえず仕事が終わり、家に変えるまで待ってもらう事にしました。

 

2017年5月25日 PM23:00

 

家に帰ってお問い合わせを見ると、かなり長い内容でしたが要約すると、

  • もう既に他の企業に差し押さえられている
  • そこからドメインを譲ってもらうのに37800円必要
  • 復旧できる可能性は9割
  • 復旧できなかったらお金は戻ってくる
  • 戻ってきたとして、バリュードメインでしか使えない37800円
  • 復旧には最大14日

という内容です。

 

結構な費用…

 

本当に言い方は悪いですが、ここで結構考えましたね…

 

嫁のブログ、そうアクセスが多い訳でもなく、現在はただ、モッピークエストの答えを掲載している状態。

 

このブログにおいて、後で37800円取り戻せるだけの価値があるのか…?

 

ただ嫁は、長男も次男の面倒を見て、空いた時間にコツコツとブログを更新し続けてきました。

 

その積み重ねを、期限切れで消してしまうのはあまりにも言いにくい…

 

ドメインの復旧に14日かかるけど、嫁の機嫌の復旧にも最大14日かかっちゃうよ…

 

ここで私は決断しました。

 

この記事を書くというのもありますが、新しい知識も欲しいし、当サイトで皆様にご登録頂いた恩もありますし…

 

やってみよう…!!

 

誰でも最初は初心者なんだから…!!

 

この歌が後押ししたのもありますね。やってみようと決断し、37800円を振り込み、復旧依頼を行いました。

速攻で復旧できた微妙な気持ち

2017年5月26日:AM10:37

 

復旧には時間がかかるという事で、ちょっと油断していましたが、結果的には10:37分、復旧が完了しました♪

 

ドメイン復旧完了

 

占めて37800円なりの画像です♪

 

まあ一瞬でしたね…おそらくは相手側がそこまで重要なドメインだと判断しなかったので、あっさり手放してくれたんでしょうね。

 

というわけで、私の場合、37800円かけてドメインを再取得した結果になりましたね。

 

一度有効期限を過ぎてしまったドメインは、ドメインの会社によりけりですが数万円単位のお金がかかるという事ですね。

もし当サイトだったら

これが仮にもし当サイトのドメインを手放してしまった場合だったら、私はどうしただろう…

 

おそらく、数万円どころか数十万円単位でも条件を飲むしかなかったでしょう。

 

本当に最終の結論ですが、ドメインは有効期限をすぎる前に更新しておこうという事です。

 

確かにドメイン有効期限の半年前位から告知があったりするので忘れがちです。

 

バリュードメインとかお名前.comに毎日ログインする事もありませんし、忘れがちになってしまうのは仕方がない事です。

 

こう言ってはアレなのですが、一応事前からドメイン失効が怖くて、バリュードメインやお名前.comはメールマガジンを停止していなかったんですね。

 

そしてバリュードメインやお名前.com等のドメイン会社は、新しいドメインとか、結構メールマガジンが多く来るんですね。

 

結果、1つひとつのメールを軽視してしまった事が原因です。

 

ですが私のように忘れて有効期限を過ぎてしまうと非常に高いお金がかかってしまいます。

 

それでブログを辞めてしまうなんて…あんまりじゃないですか。

 

ですのでドメインだけは…ちゃんと更新するようにしましょう。

 

というか、この記事を書いた後、当サイトのドメインを更新しようと固く決意しました♪

 

この記事は2017年5月に作成し、ちょうど1年経、以前の失敗をもとに再取得した今、ちょっとだけ更新したものです。

iPhone/iPadに充電ケーブルが刺さらない原因とその対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


iPhone/iPad充電できない

 

iPadの充電が残り10%という警告が出て、ああ充電しなきゃと思いケーブルを挿す時、何か違和感がして充電ケーブルが刺さらない…

 

どうしよう…故障か?折角買ったiPadが…!!

 

修理に出すにしろ料金がかかるし、なにより修理に出している期間iPadが利用できない…!!

 

となってしまった私の、iPadに充電ケーブルが刺さらない原因とその対処方法についての記事です。

 

iPadならまだしも、iPhoneでこうなってしまったら困りますよね。

 

原因は異物の混入、私の場合は充電ケーブルのプラグの破片が詰まっていました。

 

対処方法は電源を切り、つまようじでほじくるでほぼ解決、だが私のiPadは…お店に相談となりました…

原因は特定できた

iPadの充電ケーブルが刺さらない場合の原因というのは、色々ネットで調べた所、充電ポートの穴に異物が挟まっていて、つまようじや串等で除去するという方法が一般的です。

 

ショートしたらiPadがただの箱になってしまうので、爪楊枝等の絶縁体のもので根気よく取り除く必要があります。

 

が、今回私が充電しているケーブル、何か違和感があったんですよね…

 

もう1つのiPadだと逆に充電ケーブルを刺しても固定されず、なんかグラグラだったんですよね…

 

で、2つのiPadの差込口を比べてみると…

 

※問題のないiPad

 

通常のiPad

 

iPhone Xの画質いいですね~汚いですね~iPadが。

 

まあそれは置いといて、問題のiPadですが…

問題のiPad

 

なんかこの金具おかしくない?絶対に刺さる訳ないよね?

 

そして充電ケーブルをよく見てみると…

 

充電ケーブルのサイド

 

両サイドが削れている…!!

 

…なるほど、これが原因のようですね。このケーブル、Apple純正じゃないんですよね。

 

ちなみにApple純正のケーブルはしっかりと対策がされており、ケーブルの両サイドが金属製になっています。

 

純正ケーブル

 

まあこのケーブルのカスが詰まったと考えるのが妥当でしょう。

 

カスが詰まり、ケーブル内部の金具を押し出してしまったのか…?

つまようじでやってみたものの

つまようじを使い、プラグ付近を念入りにほじくる事20分以上、まあ問題が解決する訳ないですよね。

 

何らかの問題で金具が飛び出している為、この金具をどうにかしまいといけませんが…

 

精密ドライバーでやってみようと思いましたが、ショートが怖い為挑戦する気にはなれませんでした。

 

自作PC等で内部をいじった事がある方なら分かるはず、ショートすると本当に一瞬でPCがただの箱になってしまうという怖さを…

 

という訳で、私的にはこれはもう修理行きだと判断し、修理をお願いする事にします。

 

料金や期間など、追ってこの記事に追記していきたいと思います。

純正ケーブル大事だったか…

私はこれまで、あんまり純正ケーブルにこだわっていなかったんですね。

 

iPhoneの充電ケーブル、意外に高いじゃないですか。

 

そしてすぐ先っぽが壊れるじゃないですか。こんな風に…

 

ケーブル先っぽ破れ

 

なので差し込み口に関しては完全に盲点でした。

 

まあ大体はつまようじでホコリを除去すれば直りますので、私のケースは特殊なケースという事で紹介させて頂きました。

 

まあケーブルが高いのですが、餅は餅屋、iPhoneケーブルはApple製品でって事ですね。

パソコン無料回収の危険性と評判、トラブルなく安全に回収してもらうには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


パソコン無料回収

 

古くなったパソコンを無料で回収してくれる…

 

なんていい響きの言葉でしょう。

 

使わなくなったパソコンは只の箱、ただ埃が蓄積するだけの存在…

 

ノートパソコンなんか、どっかの棚で眠ってしまうだけの存在になるでしょう。

 

なんでそうなるかというと、まあいつか使うかもしれないという事もありますが、回収に費用がかかるという事もあります。

 

そんな古くなったパソコンを無料で回収してくれるどころか、パソコンだけではなくプリンターやその他家電までも無料で引き取ってくれるのがパソコン無料回収業者です。

 

そんな美味しい話のパソコン無料回収、ちょっと怪しく感じたり、危険な事に使っているんじゃないかと、まず思ってしまうのではないでしょうか?

 

当記事はそんな時に読む記事として用意しました。

無料回収業者の目的

無料回収の目的

 

古くなり、尚且つリサイクル費用がかかるパソコン及び家電を何故無料回収してくれるのか?

 

パソコン無料回収業者にとって何の意味があるのか?

 

もちろんですが、パソコン無料回収業者には利益を生み出すシステムがあります。

 

パソコン無料回収業者の目的は、古くなったパソコンを中古品として販売する「リユース」そして部品や資源単位で販売する「リサイクル」等の目的があります。

 

古くなったパソコンと言っても、言い方は悪いですが先進国である私たちにとっては古いパソコンかもしれませんが、発展途上国ではまだまだ使える、あるいは一線として利用できるようなパソコンである可能性もあります。

 

日本でも中古パソコンを使う理由と言うものがあります。

 

例えばフロッピーディスクドライブとか、もの凄い古いデータを取り出したい時、もはやフロッピーディスクドライブ自体を入手するのが難しく、フロッピーという名前のブーメランだけが残っている状態になっている場合、中古パソコンにフロッピーディスクドライブが付いている可能性もあります。

 

データさえ取り出せれば、USBなりSCSIなり、まあまたパソコンショップに変換機を買いに行く事になりますがなんとかなります♪

 

先程発展途上国の事を言いましたが、日本という環境の中では光ファイバーが当たり前かもしれませんが、発展途上国ではADSLだったり、そもそもLANカードが最新に対応していない等、最新のパソコンでは様々な問題がある場合もあります。

 

要は古いパソコンでもどこかにニーズがあるという事。

 

もう1つのリサイクル、パソコンにはレアメタルである金・銀・プラチナはおろか、なんとかウムとか、賢者の石でもできそうなレアメタルが沢山含まれています。

 

そのレアメタルはレアメタルだけに希少で、極端な話、古いものほど希少な金属が使われているようで、私たちにとっては埃を蓄積する存在、棚を占領する存在となった古いパソコンが、部品を分解し抽出するだけの費用を使ってでも利益が出るような素敵な存在となるようです。

 

パソコン無料回収業者はこういった用途でパソコンを無料回収しているので、利益がでるビジネスとして成り立っています。

危険性について

デンジャー

 

パソコン無料回収の危険性と言えば、一番の危険性としては個人情報の流出です。

 

これは私達がハードディスクのデータをフォーマットして送れば良いというものではなく、私達ではどうしてもデータを抹消できない所もあります。

 

例えばウィンドウズのフォーマット。

 

論理フォーマットはファイルシステムを変更しただけです。

 

FAT32とかNTSFとかが一般的ですが、このファイルシステムを初期化して何でもないファイルにしただけですので、復元する事は可能です。

 

その他、HDDフォーマットツールとかでは、単純に0x000、つまり0というデータを上書きするフォーマット形式、これが物理フォーマットと呼ばれるものなのですが、こちらを採用していて、こちらを利用してしまえばそう簡単にデータを復元する事はできません。

 

が、これでも専門の業者においては、ファイルを復元できてしまう可能性があり、その状態でパソコンをリユースしてしまうと、あくまでも専門的な知識を持った方にあたれば…の話ですがデータが流出してしまう可能性はあります。

 

ただパソコン無料回収業者は、データ削除のプロとも言えます。

 

当然こういった事は熟知しているでしょうし、それ以上の事をやっているハズです。

 

やっていないとしたら、それはかなり悪質な業者ですので、正直有名な業者に出す方が良いと思います。

 

まあハードディスクだけ抜いて、新しいパソコンに使ってしまう、ハードディスクを数回地面に落とす等、色々方法はあると思います。

トラブルに合わないように

パソコン買い替えであれば

DELLやマウスコンピューター等、パソコンを買い換えるのであればパソコン下取りサービスというものがあります。

 

これは古いパソコンを下取り(1000円程度)して、新しいパソコンの費用を減らすというものです。

 

こちらも回収業者と同様の事をしているのですが、パソコン回収業者に頼まずとも下取りしてくれる場合があります。

分別の問題

パソコン回収業者ではパソコンの他、液晶テレビや電化製品・エレキギター等も回収してくれる場合があります。

 

どこまでがセーフでどこまでがアウトという明確なものは難しいのですが、

  • ブラウン管テレビ
  • ストーブ
  • オイルヒーター
  • 蛍光灯
  • 木製家電
  • 有害物を含む製品

こういったものは回収が厳しい…というより、再利用が難しいのでしょう。

 

蛍光灯なんか有害ごみですからね…

 

どうしてもグレーゾーンのものを回収して欲しい場合、その業者にお問い合わせしてみるのが良いです。

 

実際私もお問い合わせした事がありますし、最悪私達が送料を負担して返送される可能性がありますので…

業者の選定

パソコン無料回収業者は、極端な話レアメタルが含まれているパーツだけ取り出し、どこかに不法投棄してしまうという可能性を否定できないですよね。

 

必要な部品さえ取り出してしまえば、後は料金をかけて引き取って貰わないといけないのですから…

 

ですので正直、適当な業者に出すのはあまりオススメできる状態ではありません。

 

当サイトはお小遣いサイトを危険性を検証していますが、お小遣いサイトに広告費用を出し、広告を出稿している業者。

 

こういった業者であれば、お小遣いサイト側もある程度審査していますし、広告を出稿する際にASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)も審査しています。

 

その審査をくり抜けて広告を出稿しているのですから、不法投棄していては審査に引っかかる場合もありますし、広告を出稿する際に個人情報や身元も登録しているでしょう。

 

この位のハードルを超えている場合、中々不正行為というのは難しいですので、ハードルの落とし所としては、広告を出稿している位を目安として下さい。

 

その方が安全です。

破壊という選択肢

絶対に復元できない方法、つまりハードディスクやタブレット等を破壊するという方法です。

 

ハードディスクやSSLはPCを開けると簡単に取り外しが可能ですので、新しいPCに載せ替えるという手があり、新しいPCにハードディスクが設置できる限りは増設という方法を取ることができます。

 

設置の限界が来たとして、外付けハードディスク化するとか色々な方法はありますが、数が多くなってくると最終的に"破壊"するという選択肢があります。

 

これはコメント頂いた情報なのですが、ハードディスクの破壊は内部のプラッターを物理破壊する必要があり、その破壊にはかなり危険が伴うとの事です。

 

タブレットやスマホに関しては、ドコモで言うパンチングという破壊処理があります。

 

携帯電話破砕工具(ケータイパンチ・スマホパンチ等)を利用して破壊するという方法、ここまでやって完全にデータが破砕できるという事です。

 

中々個人で破砕…となると金槌で叩いたり、高いところから落としたりというのが浮かびますが、破壊となると専門知識、もしくは破砕を行ってくれる業者であれば完全にデータ毎破壊してくれます。

 

金槌でコナゴナにしたとして、その後の処理に困りますしね…

個人的見解とまとめ

ビル群

 

パソコン無料回収業者は、古くなったパソコンをリサイクル、あるいは部品のレアメタルを取り出す事で収入を得ている。

 

データ削除はこちらでも対策できるが、パソコン回収業者はプロなのでプロに任せるのもアリ。

 

パソコンを買い換える場合、大体下取りサービスがついているので、そちらを利用する事もできる。

 

トラブルに合わないよう、引き取ってくれるものはしっかりと確認。

 

最低でも広告を出稿しているような業者を選定するのが望ましい。

 

ポイントとしてはこの位です。

 

個人的見解ですが、私自身、パソコン無料回収サービスというものを利用した事もありますし、その時は知りませんでしたが、お小遣いサイトを経由する事でポイントを獲得する事もできます。

 

ライズマークという広告では、大体500円くらいのポイントを獲得できますね♪

 

パソコンは、回収費用がかかる事からどうしても捨てるという行為が面倒くさくなるものです。

 

その結果、机のセンターに同等と居を構えるオブジェと化し、しかしそれでも捨てるのは面倒臭いからオブジェのままになってしまいます。

 

そんなパソコンですが、不要となればこういった無料回収サービスを利用すると、料金もかからずデータも完全消去、安全かつノーリスクで回収してもらう事ができます♪

 

その際、iPhoneのあのよく切れるコードとか、10年選手にもなろうデジカメとか、不要な家電も合わせて送付してしまえば家のなかもスッキリ、一挙両得です♪

 

ただある程度、業者については下調べをした方が良いと思います。

 

その指標として、広告を出稿できる程の業者という事、ポイントも貰えるという事から、お小遣いサイトの経由というのも考えてみては?と思います♪

 

オススメするお小遣いサイトとしては"ポイントタウン"があります。

 

ポイントタウンを経由しなくても経由した事になる無敵のツールバー、お小遣いサイトのコンテンツもトップクラスというか、1、2位を争いますし、当サイトから登録すると300円相当のポイントを獲得できますし、最低換金額が100円なので登録=いきなり換金です♪

 

直接ポイントタウンに行くならコチラ

 

ポイントタウン

進撃のポイントタウン

 

ポイントタウンの事について詳しく知りたいのであればコチラ

 

Windows10が起動せずログイン画面でキーボードが使えない時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


パソコンフリーズ

 

Windows10搭載PCを起動すると、ログイン画面でキーボードが認識せず、PCが使えなくなってしまった時の対処法です。

 

色々とありましたが、私の対処方法はWindows10のDVDからスタートアップ修復に行き、システムの復元を行う事でなんとかキーボードを使えるようになりました。

 

ネットにログイン画面でキーボードが認識しない状況というのはたくさん対処法がありましたが、私の場合マウスまでもが使用不可だったんですよね…

 

マウスまで利用不可だった方、なんとかこの方法で直りましたよ!!

 

直るまでの経緯

 

PCのスペックを書いてはみましたが、もうスペックの問題ではないような気がします…

 

CPU:Intel Corei7-6700

グラフィックボード:GeForce GT730

メモリ:16GB

OS:Windows10 Pro

マザーボード:H170M-PLUS

 

まず、私のPCがどういった状況だったかと言うと、PCを立ち上げた時、ログイン画面になるもののそこでキーボードとマウスが認識しなくなり、パスワードを入力する事ができなくなってしまうという状況でした。

 

キーボードとマウスが認識しないので、ネットに沢山の情報があった、"電源から再起動"という事ができませんでした。

 

再起動できないログイン画面

 

私のキーボードは、キーボードが認識している場合キーボードが光るので、ログイン画面に入った瞬間キーボードが認識しなくなるのは分かっている状況でした。マウスの方が分かりやすいですが、マウスもログイン画面になると、裏側の赤い光が消えてしまう状況です。

 

マウスとキーボードを抜き差し、プラグアンドプレイでドライバーが認識しなおすか…ダメでしたので、ドライバーの問題でもないようです。

 

まずは原因から、原因はどうやらWindows8から導入されている高速スタートアップにて、キーボードとマウスが認識されていない状況で保存され、次回起動時にはキーボードとマウスが認識しない状況で立ち上がってしまうという事が原因です。

 

ログイン画面での不具合がある場合、どうやら"高速スタートアップ"の問題になるようです。

 

高速スタートアップの停止方法については、次の項目で説明します。正直もう、こんな事があっては困りますので、私としては高速スタートアップを停止することにしました。

 

まあ別に何回も起動しましたが、ストレスを感じる程起動が遅いと感じませんでしたので…(利用環境によるとは思いますが)

 

で、高速スタートアップが原因と分かれば、高速スタートアップの情報をクリアにした状態で起動できればいいのですけど、これがWindwos8の頃、会社のPCでもありましたが非常に難しいです。

 

マウスもキーボードも動かない状況であれば、やれることはもう"パソコンのスイッチを切る"位しか操作する事ができません。

 

パソコンのスイッチを切り、スタートアップ修復画面を呼び出そうとしたのですが、そもそも正常に動作している為か、高速スタートアップの設定が生きている為か、どうやってもスタートアップ修復画面が出てきません。電源をブチ切りしても、周辺機器を全てはずしても、どうする事もできませんでした。

 

ここで私が試したのは、

  • BIOSでなんとかならないか?
  • セーフモードでなんとかならないか?

です。が、BIOSはそもそもWindowsが起動する前のプログラム、どうする事もできませんでした。

 

次にセーフモード、これは簡単に、セーフモードにしてもキーボードが認識しませんでした。

 

この時点でもはや取れる手段は、Windows10のDVDからの再インストール、もしくは何としてでもスタートアップを起動させるの2択でした。

 

正直再インストールはしたくないので、何とかWindows10のDVDからスタートアップを起動させるという方法を模索しました。

 

起動前にWindows10のDVDを挿入しておくと、私の場合はBIOSを表示して何もせず終了し再起動すると、起動時に以下の画面が表示され、何かキーを押すとWindows10のDVDが起動します。

 

CDを起動するには何かキーを押して下さい

 

画像にはテキストを埋め込んでいますが、CDやDVDを起動するには何かキーを押してくださいと書いています。これでWindows10の再インストール画面に行くことができます。

 

再インストールするのではなく"コンピューターを修復する"に行きます。

 

コンピューターを修復

 

 

ここからスタートアップ修復画面に行けますので、"システムの復元"を選択します。

 

システムの復元

 

システムの復元を選択すると、インストール直後でも直前の復元ポイントが残っています。

 

復元ポイント選択

 

 

復元した結果、見事にPCが起動していた頃に戻り、マウスもキーボードも認識するようになりました♪

 

これはおそらく…私だけだとは思いますが、復元した後、Google Chromeが起動しなくなりました。これはGoogle Chromeを再インストールする事であっさり直りました♪

勘弁して下さいよ

なんでやねん

 

高速スタートアップは昔から、不具合の起きるPCにおいては不具合が起きまくるイメージです。

 

私の家にはもう1つ、デスクトップPCがありWindows10を使っています。むしろ今回のPCとスペックもそう代わりがありません。そのPC、再インストールどころか、起動しなくなった、インターネットに繋がらなくなったという不具合は1度もありません。

 

問題のPC、2017年12月から2018年の3月まで、もう10回以上再インストールを行っています。今回は再インストールを免れましたが…

 

現在の私のスペックなのですが、普通にPCの状態がどうなっているか?ドライバーは認識しているか?ソフトに不具合はないか?ウィルス対策ソフトは競合していないか?BIOSの問題なのか?とか、普通に調べて対策できる状態です。会社のPC購入の際に選定する権利を持ち、ネットワーク構築も私の仕事です。

 

パソコン自作もできますし、用途にあったPCを組み上げる事も可能。もちろん本業ではないので本格的なシステム担当の方とは比べるべくもありませんが、まあ一応、いっぱしと言える状態ではないかと思います。

 

にも関わらず、マウスとキーボードが動かないというのはもうどうしようもありませんでしたね。直すのに結構時間がかかってしまいました。

 

これまでの私の経験上、ハードディスクが認識しないならハードディスクを抜き差し、グラフィックボードが認識しないなら抜き差しとかで90%は直っていましたが、マジで今回、再インストールするかスタートアップ修復画面をなんとか呼び出すか?の2択になりました。

 

ですので今回忘備録として、ネット検索にない症状でしたの紹介させて頂きました。

 

ちなみにこのPC、ドスパラで2016年12月に購入したもので、もう1つのPCはマウスコンピューターだという事も付け加えておきます。

Google Chromeの検索結果を100件表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Google Chrome検索100件表示

 

Google Chromeの検索結果を100件表示させる方法、2018年版です。

 

結構コロコロ表示させる設定ページが変わったりするので、直リンクも記載しています。

 

Googleに限った事ではありませんが、私的には検索結果は10件表示よりももっともっと多く表示させたいものです。

 

検索1位表示されている情報は適切ですが、2番目、3番目には1位に表示されている記事には無い情報があったり、2ページ目にはこれから検索順位が上昇してきそうな新しい情報がある事もあります。

 

商品を探すときなんか10件表示されるよりももっと多く表示された方が便利です。

 

という訳で今回は、Googleの検索結果を100件表示させる方法を記事にしたいと思います。

 

まあ自分でやってみて分かった事ですが、100件表示させる方が全てにおいて確実に効率的です。

 

100件表示させる方法

 

大前提として、まずはGoogleアカウントを作成する必要があります。

 

GoogleアカウントはGmailを取得する事と同一ですので、以下の記事を参照下さい。

 

 

アカウントを作成、あるいは持っている方はGoogleアカウントにログインした状態で以下に進んでください。

 

ちなみに100件に設定する為の直リンクは以下のリンクです。

 

 

ログインしていない場合、この直リンクのページがエラーとなります。

 

さて、この直リンクに至るまでの過程ですが、正直結構苦労しました。以前はGoogleのページの下にあったのに、なんでこんな闇に隠れたのか…はGoogleのみぞ知る事ですけど。

 

まず、ログインした状態でGoogleのトップページに行き、右上のChromeメニューこのボタンをクリックします。

 

クリックするとメニューが表示されます。まさかこれがキモだったとは…このメニューにあるChromeのアイコン、検索をクリックします。

 

Google Chrome検索100件手順1

このおまじないのような行動…この行動をすると、トップページ下部に以下の表示が現れます。

 

Google Chrome検索100件手順2

 

2018年1月においては、右下にある"設定"から先程の直リンクに行くのが正規な方法です。

 

 

設定を押すと次のような表示が現れます。

 

Google100件表示設定2

 

 

この中から「検索設定」をクリックすると、Googleの検索設定に移ります。

 

表示されたページの"セーフサーチフィルタ"から、ページあたりの表示件数を100件に設定します。

 

Google Chrome検索100件手順3

 

設定後、下の方にある"保存"を忘れないようにしましょう。

 

Google Chrome検索100件手順4

これで設定完了、検索表示が100件になりました。

 

画像では分かりにくいですが、はるか下まで果てしなく続いています。

 

Google100件表示設定5

 

以上がGoogleで検索結果を100件に表示する方法です。

 

重いな…と思った方は先ほどの表示件数を50とかに変えて下さい。

慣れるとこれなしでは…

 

正直この方法を知ってから、私はずっと検索結果を100件表示していますね。

 

普通の検索でも非常に便利ですが、特に真価を発揮するのは商品系ですね。2ページ目、3ページ目…と何回もクリックして面倒くさくならないですね。

 

情報系のキーワードを検索する際でも、広い視野で検索することができます。例えば評判を調べる場合、1ページ目は大体良い評判ですが、2ページ目、3ページ目となってくると悪い評判も目に入ってきます。

 

これが10件表示である場合、2ページ目、3ページ目に行くのが面倒臭くて行かなかったりするんですよね。

 

そういった時に予め100件表示であれば、良い評判、悪い評判も100件あれば目に入ってくる訳です。

 

何よりクリックしなくて済むので、器の小さい私にとってはもはや100件表示がデフォルトといえる状態となりました♪

 

本当に便利ですので、是非試してみて下さい。

 

何故かGoogleの仕様でコロコロ設定箇所への行き方が変わりますので、当記事を大幅に更新しました。

 

最後にお願いがあります。もし設定方法が変わっていたらコメント頂ければ記事を更新します!!

Count per DayのサーバーDB容量の使用率はハンパないです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Count per Day

 

私はwpxという、WordPressに特化したサーバーを利用しています。

 

最近、やけにWordPressが重いなぁとは思っていたのすが、ここ数ヶ月、私が当サイトを更新しようとするとWordPressに繋がらないという現象が数回起こりました。

 

そして当サイトの記事を見ると、そりゃそうですがサイトにアクセスできない状態となっていました…

 

これはシャレにならない、検索順位にも影響してくると、Googleクローラーのエラーも多くなってきています。

 

何が原因か…これがサーバーのDB容量を大きくオーバーしていた訳ですね。

 

この状態でよく繋がっていたなぁと思いながらも色々と調べた結果、当サイトで利用していたプラグインの1つ、Count per Dayが原因である事がわかりました。

 

以下、忘備録として、Count Per DayのおかげでDB容量の負荷が大きくなった時の対処方法を記載します。

Count per Dayとは?

Count per Dayとは、当サイトであれば右サイドバーの、総閲覧者数や本日の閲覧者数を表示するプラグインです。

 

ただこの機能は表面的なもので、Count per Day本来の機能は非常に高機能なアクセス解析です。

 

Count per Dayの凄い所は、GoogleやYahoo検索がssl化される事により、何のキーワードで検索をかけてサイトに来てくれるか分からなくなってしまいますが、Count per Dayの場合、今のところ関係なく詳細な情報を見ることができます。

 

…と、Count per Dayはかなり高機能アクセス解析なのですが、私が困ったのは、Count Per Dayは使用しているサーバーのデーターベースにアクセス解析データを蓄積していく事です。

 

当サイトはおかげさまで1000万アクセスを突破!!

 

皆様の温かい支持により、ここまでの数字になりましたと選挙演説的な事を言いますが、その結果、当サイトのサーバーDB容量は…

 

サーバーDB容量

 

※あの時は焦っていたのでキャプチャしていませんでしたので、当時の情報を再現しています。

 

おいおい…完全に容量オーバーじゃねぇか…!!

 

よく動いていたよ…

 

と思いましたが、どうやら運営側も曖昧らしい。

 

ただ、私が体感したのは、WordPressへのアクセスがメチャクチャ時間がかかったり、私が見る限りでも1日の中でサイトに繋がらない時を確認できるという状態。

 

DBはテキストファイルがメインのはず…1文字半角1バイト、全角2バイト程度で3GB超え…30億文字ですよ(概算ですが)

 

そんなにある訳ないですよね。

 

この状態を解消する為、デンジャーマンは徹夜で対処法を探し、徹夜でなんとか対処法を見つけましたよ…

 

原因は、Count per Dayのアクセス解析のデーターベース蓄積による容量悪化でした。

 

ちなみに対処を行った結果、DB容量はこのようになりました♪

 

wpxデータベース生理後

 

もう何と言うか…count per dayの容量が1000MBに対し、およそ3100MBを占領していた訳ですね。

 

Count per Dayは高機能なアクセス解析ですが、DB容量に関してはウイルスでももうちょっと慎ましやかなんじゃないかと思う位です。

 

まあ私が定期的にDBを削除しなかったのがいけなかっのですけどね…

どう対処したか?

さあ原因は完璧に特定できました。

 

対処法…これはネットで簡単に見つかったのですが、何故かできない状態になりました。

 

具体的にはCount Per Dayの設定に古いデータの整理というものがあり、古いデータの整理を行なう事で容量を減らうことができます。

 

古いデータの削除

 

…が、3GBという大容量のせいか、何故か途中で"internal server error"となってしまい途中で中断してしまう状態になりました。

 

Count per Day Internal Server Error

 

※またまた焦っていたのでキャプチャしていませんでしたので、当時を再現しています。

 

おそらくですが、バックアップファイルを生成できないからのエラーです。

 

これもおそらく…ですが、wpxでアップロードに制限がかかっている、そもそもデーターベース容量1GBに対して3GBの状態等、そういった事が原因だったのではないかと思います。

 

なにはともあれ、削除できないんじゃどうしようもないです。

 

サーバー内のデータをいじると何が起こるか分からない状態。

 

結局私が選んだのは、一度全てを削除して、新たにCount per Dayを設置し直すという方法でした。

 

まず、今までのアクセスの累計、これはなんとしてでも残しておきたい。

 

どうにかならないのか…?と思ったら、Count per Dayの設定(ページ上部で切り替えを行なう事が可)に、今までのカウント数を入力する項目がありました♪

 

カウンターの記録

 

ここに今までのカウント数、いつからカウンターを設置したか?を入力する事で、とりあえずサイトの見た目的には問題なく、入力した数字からカウントできるようになりました。

 

残りはデータベースの削除、バックアップで躓いているなら、Count per Dayのデータベースを削除する事ができる"アンインストール"を選択、これでデータベース的にはリセットされました。

 

Count per Dayアンインストール

 

アンインストールとは言っても、カウンターをアンインストール(フォーマット)する機能で、Count per Day自体を削除する訳ではありません。

 

その後、念の為、Count per Day自体をプラグインから削除、もう一度インストール、そして先程の総訪問者数等の情報を再び入力。

 

アクセス解析としてはリセットされましたが、これでデータベース容量は先程の画像の通り、あっさりと解決してしまいました♪

効果の程は?

さあこれでどうなったか…?

 

サイトが繋がらない状態…おそらく直っていると思いますが、こればかりは私が遭遇しないと判断できないので検証中です。

 

WordPressへのログインですが、これまでログインから1分位かかっていたものが、ものの数秒で繋がるようになりました♪

 

そして私の体感的なものですが、ウェブサイトの表示速度も向上したのではないかと思います。

 

以前はWordPressに特化したwpxであっても少しもっさりとしていた所が、あっさりと表示されるようになりました♪

 

Count per Dayに蓄積された膨大なデータは消去されましたが、もう数年前の結果とかは必要ないのでいいことだらけですね♪

定期的なチェックが必要

Count per Dayは高機能なアクセス解析ですが、DB容量を圧迫する要因となるのは事実です。

 

定期的なチェックが必要です。

 

ただそれだけを守れば…私のように後になって徹夜することもなくなる、良いプラグインです。

 

この記事を書いたのは、WordPressに特化したレンタルサーバーであるwpxを過信しすぎていたという私自身の体験談です。

 

私自身も定期的にチェックするよう、気をつけていきます。

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2018年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2018年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

超期待のスマホお小遣い

モバトク通帳
モッピーを運営する株式会社セレスに
譲渡され、しばらくは息をひそめていたが、ついに改善傾向が見られ始めました

今後の成長に期待している
お小遣いサイトです

おこづかいとウェブマネー稼ぐならモバトク!

モバトク通帳の危険性と評判について

若干のつぶやき
12月19日:最近私としてはモバイルペイメントに力を入れていますが、それと同時にインターネット回線等にも力を入れていこうかなと思っています。PayPay(ペイペイ)でも100億円キャンペーンは非常に話題となったのですが、後になって認証コードの総アタックに不備が出る等、色々な問題が出ていますが、セキュリティーということを考えるとインターネット回線から考えていかないといけないのかと考えています。こうしてみると、我が家のインターネット回線も、つながればいいやという思いで、昔は上りと下りの通信速度を回線テストしたり、仕事上回線配線の仕事を受けていたので意識がありましたが、最近はあまり考えていないので…サービスを便利に使うだけではなく、サービスを危険性なく便利に使うという事を意識しないといけませんね。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 13648209総閲覧数:
  • 1526今日の閲覧数:
  • 4776昨日の閲覧数:
  • 13現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み