PayPayについて教えてもらう前と後、お得に使うための3つの条件!

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » モバイルペイメント » PayPayについて教えてもらう前と後、お得に使うための3つの条件!

PayPayについて教えてもらう前と後、お得に使うための3つの条件!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PayPayについて

 

PayPayといえば、利用者を増やすための初期投資として膨大な資金をばら撒いた「100億円あげちゃうキャンペーン」ですよね。

 

確かに、あのキャンペーンを皮切りにユーザー数は急激に増加しました。

 

第1弾の100億円あげちゃうキャンペーンを実施する前は104万人程度でしたが、1年が経過したいまユーザー数は1,250万人を突破し、「〇〇Pay」業界ではナンバーワンの地位を確立しました。

 

最近では、Yahoo!ショッピングの厳選ストアだけを集めた『PayPayモール』で100億円あげちゃうキャンペーンが復活しましたが、第1回、第2回と開催された100億円キャンペーン以降は正直パッとしたキャンペーンは実施されていません。

 

やはり「100億円あげちゃうキャンペーンが終了した前と後」では、ポイント還元による"お得"がかなり低下したことは明らかなのです!

 

 100億円キャンペーンが終了した前と後

 100億円キャンペーンが終了する前

買い物

 

第1回、第2回の「100億円あげちゃうキャンペーン」を振り返ってみると、

 

【第1回キャンペーン】

1回のお支払いにおける付与上限:5万円

キャンペーン期間中の付与上限:合計5万円

 

【第2回キャンペーン】

1回のお支払いにおける付与上限:1000円

キャンペーン期間中の付与上限:合計5万円

 

両方とも合計5万円までが付与条件なので、キャンペーン期間中に25万円分のお買い物ができれば上限いっぱいまでボーナスを受け取ることができました。

 

第2回開催時に利用者が混乱することになった原因に、大幅に異なる「1回のお支払いにおける付与上限」がありました。

 

第1回は、1回のお買い物で一気に25万円分購入しても還元対象だったので、多く方が高額な家電を購入しキャンペーン開始からわずか10日間でキャンペーン終了となりました。

 

開始から10日間での終了にユーザーは激怒し、第2弾では「1回のお支払いにおける付与上限」が1,000円にまで引き下げられたのです。

 

これにより高額な商品を購入しても意味がなくなり、1回の付与上限が1,000円ということで5,000円分のお買い物までが対象となりました。

 

そしてキャンペーン期間中の付与上限合計5万円いっぱいまでもらうには、5,000円分のお買い物を50回繰り返す必要がありました。

 

第1回と第2回でここまで大きな差が生じましたが、コンビニやドラッグストアといった店舗であれば5,000円分お買い物できればいろいろと購入できたので、私個人では十分な金額でした。

 

ただ5万円というボーナスを受け取るには、半端じゃない回数お買い物しないといけないので手軽という部分とはかけ離れたキャンペーンだったことは確かです。

 

同時に、第1回では抽選で40回に1回の確率で利用金額の全額相当のボーナスが当たり、第2弾では抽選で10回に1回の確率で最大1,000円相当のボーナスが当たったりと、かなりの大盤振る舞い状態でした。

 

LINEPay

 

この頃はまだLINE Payに体力があったので、PayPayに対抗して大型キャンペーンを実施していましたが、後半からLINE Payの体力がなくなっていき、PayPayの一人勝ち状態でした。

 

そうなると、競争相手を失ったPayPayは進化は続けているものの、付与上限がシビアなキャンペーンが多くなっていきました。

 

 

 100億円キャンペーンが終了した後

驚き

 

過去のキャンペーンの話をしてもあれなので、12月に開催されるキャンペーンで前と後を比較したいと思います。

 

PayPayとLINEPayが統合される…なんて事になれば大盤振る舞いのキャンペーンが復活する可能性は高いですが、現状トップの座にいるPayPayが大型キャンペーンを開催する可能性は低く、いまから紹介するような小規模なキャンペーンが実施されるということになるでしょう。

 

【12月開催キャンペーン情報】

 

  • 決済額の10%のボーナスが付与される「家電量販7Days」
  • 税込700円以上の買い物をすると100円のボーナスが付与される「だんぜん!ダイソー」

 

詳細を説明すると、

 

【家電量販7Days】

 

対象店舗において「PayPayで支払いをする」と、決済額の10%が還元されるというキャンペーンです。

 

対象となる家電量販店は、以下の5社です。

 

  • エディオングループ各社
  • ケーズデンキ
  • 上新電機グループ各社
  • ビックカメラグループ各社
  • ヤマダ電機グループ各社

 

ただしこのキャンペーンの対象となるのは、【ソフトバンクまたはワイモバイルユーザー】限定!

 

1回あたりの付与上限:1,000円

キャンペーン期間中の合計上限:5,000円

 

決済額の10%還元なので、1回で10,000円、合計で50,000円までのお買い物がボーナス付与の対象となります。

 

 

【だんぜん!ダイソーキャンペーン】

 

ダイソーのキャンペーンは12月17日~23日まで開催されており、全国のダイソーが対象となります。

 

ダイソーで税込700円以上のお買い物をして「PayPayで支払う」と、100円相当のボーナスをもらうことができます。

 

またこちらも利用者によって条件がことなり、

 

  • ソフトバンクまたはワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員→期間中2回までボーナス付与
  • それ以外のユーザー→期間中1回までボーナス付与

 

 

またかよ!と思われた方も多いのではないでしょうか。

 

この【ヤフーとソフトバンク優先】は、いま始まったことではなく実は100億円あげちゃうキャンペーンの第2弾から始まっているのです。

 

第1弾ではPayPayを利用して支払いをすればOKという条件だったので、PayPayと楽天カードを紐付けても20%還元してもらえました。

 

しかし第2弾では、PayPay残高かYahoo!マネーでの支払いが20%、Yahoo!カードでの支払いが19%、その他のクレジットカードでの支払いは10%還元と自分たちのサービスを利用してくれているユーザーが得をするように条件を変更しました。

 

PayPayのボーナス還元で得するには、

 

  • ソフトバンクまたはワイモバイルユーザー
  • Yahoo!プレミアム会員
  • Yahoo!カード所持

 

この3つの条件が必須となりつつあります。

 

 

 まとめ

Yahoo!ショッピング危険性

 

大型キャンペーンとそうじゃないキャンペーンを比較しても…と私も思いましたが、先程も言いましたがLINEPayと統合する!なんて話にならない限り今後大型キャンペーンは開催しないと個人的には考えています。

 

そうなると、年末商戦の時期となる12月に開催しているキャンペーンこそ、2020年にPayPayが開催し続けるキャンペーンと同等なのではないか?と思ったわけです。

 

案の定、ソフトバンクユーザーやYahoo!プレミアム会員といった、PayPayを立ち上げた両社のユーザーのみ得できるキャンペーンが多くなり、いま報道され注目されている「ヤフーとLINEの経営統合」が実現すれば資金不足のLINEPayをPayPayが飲み込む可能性は高く、そうなるとスマホ決済サービスでダントツトップとなります。

 

今後、キャッシュレス社会になるのであれば多く方が「PayPay」という存在を無視することができず、ソフトバンクまたはワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員にならざるを得ない状況になることは明らかです。

 

日本人の64%(8,100万人)が利用しているといわれる「LINE」。

 

そして、ヤフーの5,000万人という利用者の情報がソフトバンクグループに集結したとすると、巨大サービス企業が誕生することは間違いないですから。

 


2020年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2020

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2020年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2020年

おすすめお小遣いサイトランキング2020へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2020年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2020年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
7月6日:新しいというか、期間限定で実施されるものであるマイナポイント、これはかなりいいものになるんじゃないかなと思っています。今の所、マイナンバーカードを取得してキャッシュレス決済サービスを選ぶと、最大5000円相当のポイントがもらえるというお得なもので、今後もこういったマイナポイント限定のお得なサービスがある可能性があります。一応総務省のポイントサイトと言えるようなものですので、かなりお得になるんじゃないかと思いますので、注目のポイントサイト・アプリになっています。マイナンバーカードがいるというのもありますが、危険性なく利用できるよう、しっかりと記事を書いていきたいと思います。どうやっても、国という下支えがあるというのは大きいです。キャッシュレス事業も、国という支えがあったこそ、正直ポイントサイトの還元率よりもはるかに高いものが出せたんじゃないかと思いますので、7ヶ月ではありますが、このアプリには注目したいと思います。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 15872195総閲覧数:
  • 1174今日の閲覧数:
  • 3039昨日の閲覧数:
  • 14現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み