ポイントサイト(お小遣いサイト)のドメインについての基礎知識

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » 初心者用お小遣いサイト利用ガイド » ポイントサイト(お小遣いサイト)のドメインについての基礎知識

ポイントサイト(お小遣いサイト)のドメインについての基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドメイン今回は、ポイントサイト(お小遣いサイト)のドメインにおける基礎知識についてのお話です。

 

本来、ドメインはあんまり気にしないでも良いのですが、近年はお小遣いサイトに限らず、そのサイトを装った迷惑メールを見かける事が多いので、基礎知識として把握して頂きたいと思い、今回の記事を作成しました。

 

ドメインは簡単に言うと、ウェブサイトにおける住所、会社名、身元を表すものです。

 

分かりやすく説明すると

ドメイン構成

 

先程も言いましたが、ドメインとはウェブサイトにおける住所、会社名、身元、どう捉えても構いませんが、やっぱり"住所"というのが一番しっくりとくる所です。

 

当サイトの"お小遣いサイト.asia"というのは、ドメインを取り扱っている会社から購入し、当サイトの住所を"お小遣いサイト.asia"に設定し、当サイトを運営しています。

 

当サイト…は、日本語ドメインというものを利用しているので若干難しいので、一番有名なGoogleを例にしてみましょう。

 

今回はもう全て、URLからいってみましょう。

 

まず、ネットのURLとは、"http://"から始まります。

 

これはインターネットが始まった頃からの決まりごと、決まりごとを決めたのはティム・バーナーズ=リーという方。

 

この偉大な方についてはWikiで確認して下さい。

 

まあここは決まりごとです。最近は"http"が"https"になっているサイトがほとんどです。当サイトも昨年、httpからhttpsに変更しました。

 

これはSSLというものが効いている状態です。SSLとは簡単に言うと、httpsになっているページは、通信の間においてセキュリティーが保証されているという状態です。

 

最近は全sslページが普通となってきていますが、sslは本来、ログインページ等、情報を入力するページにおいて、通信間でハッキングを防ぐという事が目的です。

 

 

次に、wwwという文字がありますが、これはホスト名と呼ばれるもので、このWWWは非常に難しい意味が含まれていますが、省略可能です。

 

当サイトの"https://お小遣いサイト.asia"ですが、"https://www.お小遣いサイト.asia"でもアクセス可能です。

 

この説明は長文小説のように長い文章と難しい仕組みを理解する必要がある為、あってもなくてもいいものと認識して下さい。

 

そしてその次の部分、"google.co.jp"ここがドメインです。

 

ドメインは住所と言いましたが、googleで言えばgoogle.co.jpがこの部分、この部分はトップレベルドメインとセカンドレベルドメイン、サードレベルドメインに分けられますが、これはまあ難しくなってくるので、機会があれば詳しく説明します。

 

このgoogleという部分、まあgoogleが運営しているのですから、まあ”google"が一番望ましいのですが、絶対にgoogleでないといけないという訳ではありません。

 

私達でいうと、私のドメインはお名前.comという所から年単位の契約で購入していて、私がその時、お小遣いサイト.asiaを選んだだけで、別に"okodukaisaito.com"とかでも良かったのですね。

 

ここはユーザー、企業とも自由に決められる所です。

 

ちなみにgoogle.co.jpで言えば、"co"の部分は商業を表すcommercialの略で、"jp"は当然日本です。

 

例えばですが、googleのページにアクセスし、google .co.jpをgoogle.co.ukに変更すると、それはイギリスのgoogleとなり、google.comと入力するとアメリカのgoogleとなります。

 

まあ機会は少ないですが、例えば私のようなウェブサイトを運営している場合、google.co.jpで利用すると地域の情報等で表示されている検索ページが上下してしまう場合があります。

 

そんな時、素のランキングを知りたい時等、co.jpをco.ukに変える事で日本内の評価を考慮しないランキングを見れるという事になります。

 

あくまでも個人的に…ですが、google.co.jpよりもgoogle.co.ukの方が、サーバーが込み合っている回線においてつながりやすいと思います。

 

もう1つ、サブドメインというものがあります。Googleにサブドメインがあるかどうかは微妙ですが、架空のサブドメインを作るなら、

 

danger.google.co.jp

 

という状態です。

 

このサブドメイン、やりようによっては非常に紛らわしい上、このサブドメインのせいで迷惑メールから逃れられないような気がしますが…

 

げん玉のドメインはgendama.jp、これを悪用しようとした場合(運営会社は類似ドメインを取得する等で対応している為、実際の可能性は低い)、

 

gendama.site.jp

 

とか、

 

gendama.support.jp

 

もうホント例ですが、一見分かりにくいドメイン名を取得する事も可能になってきます。

 

2つ目のやつなんか、若干引っかかってしまいそうじゃないですか?

 

まあこれはホント例ですが、一見本家サイトと見分けがつかないように細工する事も可能です。

 

Webサイトを作る時、こうやってサイトを見てもらう為にはまず、"お小遣いサイト.asia"という住所が必要です。

 

ドメインをドメインを取り扱っている会社から購入し、これまたサーバーを取り扱っている会社からサーバー(容量)をレンタルし、当サイトは成り立っています。

お小遣いサイトでのURL

お小遣いサイトドメイン

 

お小遣いサイト運営会社はもちろん法人…である事が99%で、モッピーならpc.moppy.jpであり、ポイントタウンならpointtown.com、げん玉ならgendama.jpと、それぞれのサイト名にマッチしたドメインを取得しています。

 

唯一、ゲットマネーだけ何でかdietnavi.comという、ゲットマネーなのにダイエットナビ的なドメイン名となっています。

 

最初調査が至っておらず適当な事を言ってしまったのですが、ゲットマネーは当初、有限会社ダイエットナビが運営していて、そこから有限会社アドクロス⇒株式会社アドクロスと運営会社名が代わり、2008年に株式会社チャンスイット(現インフォニア株式会社、ゲットマネーの運営会社)が吸収合併⇒株式会社インフォニアに社名を変更という、何回名刺変えないといけないの?っていう位社名が変わっているサイトです。

 

ですが始めたのは有限会社ダイエットナビが当初ですので、社名、つまり自社のコンテンツであるdietnavi.comというドメイン名になっていて、今更ドメインを変えるのは…という踏ん切りがつかないのでしょうね。

 

ちなみにですが、ドメインを変更するというのは簡単に言うと、これまでゲットマネーが検索上位、まあ当然ゲットマネーで1位になっていますが、その状態を一旦白紙にして(ある程度引き継げますが)、新しいサイトを作るようなものですので、デメリットは大きいです。

 

しかし初見の方においては、ゲットマネーじゃねぇの?という印象は、気になる方であれば出てくるのでないかと思います。

 

私が知る限りでは、ゲットマネーを除き、そのサイト名にあったドメインで運営されていますので、ポイントインカムであればpointi.jpであり、お財布.comならofaifu.com、ちょびリッチならcyobirich.comという、サイト名に合ったドメイン名です。

どこに問題があるか?

ドメインがサイト名と違うと

 

ここまでを見て、ドメインってどうでもよくない?と思った方もいるかもしれません。

 

ドメインってそういうものなのか…でもあんま利用するという事においては関係ないよね?と思った方もいるかもしれません。

 

そう、利用において、ドメインがどうであれ、一切関係ありません。

 

ではどこで関係があるか?というと、メールマガジン、ここに関係してきます。

 

まあ変える事も可能ですが、げん玉からのメールマガジンは、gendama.jpから、ポイントタウンのメールマガジンはpointtown.comというドメインから来る事になります。

 

ゲットマネーからのメールマガジンは、dietnavi.comからメールマガジンが来ます。

 

これって、昨今の迷惑メールから考えると、ゲットマネーから来るメールマガジンは、getmoney.jpとから来るのが自然で、dietnavi.comからゲットマネーのメールマガジンが来るのは怪しくないと思いませんか?

 

ここが関係してくる1つの所。

 

ゲットマネーは対策している(getmoney.jpとかを自社が保有して他社に使えないようにしている)ますが、これがもし、個人にgetmoney.comとかが取得できるようになったとすれば、個人情報を不正取得等、色々な悪用ができてしまいますね。

 

しかもdietnavi.comよりgetmoney.comの方が、ゲットマネーからメールが来たように見えるという悪循環。

 

結果的に、ドメインはサイト名に合ったものがよく、Googleのseo対策においても、サイト名とドメインのマッチは、seoとして評価される(評価はないけど当たり前かも?)状態となっています。

ほとんどの悪意あるサイトに有効

こうかはばつぐんだ

 

でもドメインなんか、普通に利用する場合においては関係なくない?

 

そうです。関係ありません。

 

ならドメインに関する知識なんかいらなくない?

 

これが…絶対に知っておいた方が良いです。

 

なぜなら、ドメインの仕組みを知っている場合、迷惑メール等、悪意あるサイトにおいて殆どの場合、ほぼ絶対と言える対策となるからです。

 

詳しくは下記、ドメインは簡単に確認できるから方法を確認できます。

 

なんでかって、どんな悪意あるサイト、巧妙に隠すサイトにおいても、ドメインだけは隠しようがないからです。

 

いくらメールの題名に"ソフトバンクから重要なお知らせ"とか、"【楽天市場】注文内容ご確認”とかいう偽装メールが来たとしても、ドメインは欺くことができません。

 

怪しいと思ったら、"ソフトバンク ドメイン"とか、"楽天市場 ドメイン"とかでいくらでも調べることができ、その事が悪意ある行動全ての対策になるという事は覚えておいて下さい。

ドメインは簡単に確認できる

URLの確認方法

 

もうちょっとドメインについての補足説明です。

 

ここで当サイトで扱っている全てのお小遣いサイトとアプリのドメインを書こうかと思いますが、長くなりますので、ドメインを簡単に確認できる方法を記載しておきます。

 

とは言っても、トップページにどんなデバイスでも表示されていますので、確認方法を記載するまでもないと思いますが…

 

要は、怪しいと思ったらサイトにログインして、ドメインを確認して下さいという事ですね。

 

赤枠の部分、どうやっても運営会社しか使うことができません。WWWは省略する事が可能ですが、gendama.jpがドメインである場合、どうやってもげん玉関係者からのメールです。

 

別にログインしなくても、げん玉ならげん玉のページに行けばドメインを表示する事ができますが、一昔前は相当な複合キーワード(例:げん玉 稼げる 1日 1万円)であれば、げん玉がトップページにあるという事は少なかったですし、ここまでくれば個人のサイトが上がってくる事も珍しくありません。

 

当サイトでも狙いのキーワードは"危険"ですが、本家サイトよりも上位に表示されています。

 

もし私が悪意あるユーザーであれば、本家サイトよりも上位表示された場合、本家サイトを装って悪用する…(絶対にやりませんが)という事も状況的に言えば可能となってしまいます。

 

そんな時、自身を守るのは"ドメインを確認する事"です。

 

できればログインして、確実にそのサイトという状況でドメインを確認、運営会社以外にそのドメインを利用する事は不可能ですので、確実に悪意あるメールではないという事が判断できます。

 

最後にですが、パッと見、これはあんまりよろしくないですね。

 

げん玉は、gendama.jpですが、gendaman.jpとかになっていたり、gentama.jpとか違和感のないドメインで悪用する可能性、まあ運営会社が対策してドメイン取得しているとは思いますが、そういった事も可能性的には否定できません。

 

メールのタイトルをgendama.jpにするとかで、一見本家サイトを装うとか、相手側も色々考えていますので、パッと見ではなく、ある程度確認するという事だけは覚えておいて下さい。

 

…今回、結構げん玉を多用しましたので、げん玉のバナーを貼ります。

 

余談ですが、当サイトのバナーであれば、げん玉の友達紹介は、クリックすると

 

”http://www.gendama.jp/invite/?frid=3924245&ref=90000-blog”

 

という記載になります。

 

最後に確認ですが、この文字全てがURL、wwwはホスト名ですが省略可能、gendama.jpはげん玉である事を証明するドメイン、inviteは運営会社がサーバー内でフォルダを作成したもの、?frid=以降はげん玉が私というブロガーを認識する為の情報という構成になっています。

 

まあ参考までにですが、ドメインは一度理屈を理解してしまえば、ネット内の危険性を大幅に減らす事ができますので、参考までに記載させて頂きました♪

 

長らくお小遣いサイトを引っ張ってきたげん玉

2018年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. ゲットマネーのドメインについてですが、ゲットマネー開設当初は有限会社ダイエットナビが運営していたのでその名残だと思います。

    • コメントありがとうございます!!

      そうだったんですか…!!そこまで調査に至っておらず、申し訳ありません。
      てっきに何か中古ドメインで運営して、そのまま後に引けなくなったものかと思っていました。

      記事を修正し、正しい情報を掲載させて頂きます。

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2018年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2018年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

超期待のスマホお小遣い

モバトク通帳
モッピーを運営する株式会社セレスに
譲渡され、しばらくは息をひそめていたが、ついに改善傾向が見られ始めました

今後の成長に期待している
お小遣いサイトです

おこづかいとウェブマネー稼ぐならモバトク!

モバトク通帳の危険性と評判について

若干のつぶやき
12月19日:最近私としてはモバイルペイメントに力を入れていますが、それと同時にインターネット回線等にも力を入れていこうかなと思っています。PayPay(ペイペイ)でも100億円キャンペーンは非常に話題となったのですが、後になって認証コードの総アタックに不備が出る等、色々な問題が出ていますが、セキュリティーということを考えるとインターネット回線から考えていかないといけないのかと考えています。こうしてみると、我が家のインターネット回線も、つながればいいやという思いで、昔は上りと下りの通信速度を回線テストしたり、仕事上回線配線の仕事を受けていたので意識がありましたが、最近はあまり考えていないので…サービスを便利に使うだけではなく、サービスを危険性なく便利に使うという事を意識しないといけませんね。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 13648284総閲覧数:
  • 1601今日の閲覧数:
  • 4776昨日の閲覧数:
  • 17現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み