ポイントサイト交換手数料の危険性、手数料無料・手数料が必要なサイトの違いとは⁉

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » 初心者用お小遣いサイト利用ガイド » ポイントサイト交換手数料の危険性、手数料無料・手数料が必要なサイトの違いとは⁉

ポイントサイト交換手数料の危険性、手数料無料・手数料が必要なサイトの違いとは⁉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


外出自粛

 

お小遣い稼ぎができるポイントサイトの気になる部分といえば、ポイント交換時に発生する「交換手数料」ですよね。

 

日常生活の中で、土日祝日に銀行口座から引出しする時は手数料がかかって当たり前、コンビニATMで引出し・預入れするときは手数料がかかって当たり前という感覚で銀行口座から引出したり、預入れする方もいらっしゃいますが、楽天銀行の「ハッピープログラム」のように会員ステージをアップさせることで1ヶ月に最大7回まで提携先ATMを利用する際の手数料を無料にすることが出来るというお得な特典を受けるために「会員ステージ」を意識した利用をしている方がたくさんいらっしゃいます。

 

【手数料を無料にできる特典があるなら、その特典を受けるために行動する】この行動が、無駄な出費を減らすことでお金が貯まるということに繋がります。

 

 

ポイントサイトの場合も、

 

    • 交換手数料無料のサイトを利用する
    • ドットマネーを利用する
    • 新たなサービスを取り入れる(pringなど)

 

このような方法で、交換手数料という無駄な出費を減らすという行動をしている方がいます。

 

 

そこで今回は、ポイントサイトで貯めたポイントを交換する際に発生する「交換手数料」についての危険性について検証しました。

 

 

交換手数料の危険性について

金欠

 

ポイントサイトの手数料はどうして必要なの?

当サイトの検証のために複数のポイントサイトに登録していますが、だからこそ比較できるのがポイント交換時に"手数料が必要なサイト""必要ないサイト"についてです。

 

各サイトで「交換手数料」についての説明を確認しましたが、

 

Q.交換手数料とは?

A.ポイント交換で銀行振込を希望される場合、弊社から該当の銀行宛に別途手数料が発生しております。

ポイントインカム「よくある質問」より引用

 

という、ポイントインカムの説明だけでした。

 

 

ただ、この説明によってポイントサイト側から銀行宛に手数料が支払われている事がハッキリしました。

 

では何故、交換手数料が必要なサイトと必要ないサイトが存在するのか?

 

 

交換手数料が必要ないサイトは、別途手数料をすべて負担してくれているって事?

 

逆に交換手数料が必要なサイトは、なんで手数料を無料にしないのか?

 

気になる…。

 

 

そこで、回答してもらえないのは分かった上で銀行口座への振込みに交換手数料が発生する「モッピー」と「ポイントインカム」から少しでもヒントを聞き出そうと『他ポイントサイトでは手数料無料で交換できるサイトがあるのに、どうして交換手数料が必要なのか?』的な問い合わせをしてみました。

 

回答できる内容じゃないので返信すら無いかなと思っていたのですが、両サイトから無事返信が届きました。

 

6月7日に問い合わせをして、モッピーは翌日、ポイントインカムは2日後に返信があったのですが、モッピーは『交換先により必要な手数料となります。モッピーホームページでご案内しております内容以外の詳細につきましては、お客様へご案内を行っておりません。』という予想した通りの内容でヒントになりそうなものはありませんでした。

 

 

ポイントインカムは、

 

銀行振込のポイント交換は手数料が発生するため、ユーザー様に手数料を負担していただいておりますが、通常の手数料より安くなるように弊社でも一部手数料を負担させていただいております。

 

また、お客様のご認識の通り、銀行振込の手数料を無料で実施している他社ポイントサイト様もございますが、各社提携元との契約により振込手数料が異なるものと存じます。

 

という、モッピーと似たような内容で質問したにも関わらず、この内容の差!!

 

上場企業(モッピー)と未上場企業(インカム)では、ここまで回答できる内容に違いがあるとは…。

 

それとも、単純に対応したカスタマーサポートの人の差なのか⁉

 

 

まあ、ポイントインカムは「判定の裏側」として、誤って無効判定される原因の一つに"承認判定をしている方の人為的なミス"があるという、ポイントサイト側がそんな事言っちゃって大丈夫⁉と思うようなユーザー側がハラハラドキドキするような内容まで暴露しちゃうような面白い中の人がいるポイントサイトなので親近感を持ってポイ活することが出来ます。

 

ポイントインカムの回答によって、

 

  • ユーザーの負担を少しでも減らすために、ポイントインカムも手数料の一部を負担している
  • ポイントサイトによって、各社提携元との契約状況が異なる

 

という事がハッキリしました。
ポイントサイトによって、交換手数料が必要なサイトと必要ないサイトが存在する理由を知るには、「何を条件に手数料を無料にしているのか」を知る必要がありそうです。

 

銀行振込の条件について

銀行口座へポイント交換する際の各ポイントサイトの手数料等を比較しました。

 

 

交換手数料 交換日数 備考
モッピー 手数料かかる 平均5営業日以内 300円から交換可能
ポイントタウン 無料 平均3営業日以内 ・楽天銀行100円から交換可能。

・その他銀行500円から交換可能。

ポイントインカム 手数料かかる 2営業日以内 ・最低交換額:500円

・1回2万円までしか交換出来ない。

ハピタス 無料 3営業日以内 ・300円から交換可能

・上限3万円/月まで

ライフメディア 無料 平均10営業日以内 ・最低交換額:500円

・毎月1回目の交換は無料/同月2回目以降は50円必要

ちょびリッチ 一部手数料かかる 平均3営業日以内 ・最低交換額:500円

・利用できる金融機関が少ない。

・会員ランクに応じて1日のポイント交換数に上限がある。(プラチナ会員⇒1日3万円まで。その他ランクの上限は不正対策のため公開されていない。)

ワラウ 一部手数料かかる 平均5営業日以内 ・最低交換額:500円

・利用できる金融機関が少ない。

・交換上限3万円/日

アメフリ 無料 依頼月の翌月20日前後 ・最低交換額:400円

・銀行口座への振込は月1回まで。

ゲットマネー 無料 平均4営業日以内 ・最低交換額:500円
げん玉 無料 - ・最低交換額:1円から

・げん玉から交換することで貰える「手数料無料チケット」で月1回は無料になる。

 

 

各金融機関とポイントサイトの契約に直接関係あるのは、「交換日数」と「手数料」なのかなという感じがします。

 

交換手数料無料のサイトに関してはポイントサイト側がすべて負担しているので、

 

  • 最低交換額を上げてその分ユーザーに広告利用してもらう
  • 現金振込にかかっていた人件費などのコストを大幅に削減できるドットマネーを利用してもらう

 

という対策で出来るだけ自社の負担を減らしながら、「手数料無料」というお得感で登録者を獲得しようとしているのかもしれませんね。

 

「上限」については、ポイントサイト側の蓄えに関係あると思うので、ポイントインカムのように1回の交換額を低く設定することで、あれだけたくさんのキャンペーンを実施できるのかもしれませんし、ハピタスのように1ヶ月に3万円までしか交換できない事で、同グループが運営するPollet(ポレット)に興味を持ってもらえたり、高い還元率をキープできるのかもしれません。

 

 

各金融機関との交渉では、

 

  • 上場企業なので安心です!
  • 交換日数はかかっていいので、手数料安くしてもらえませんか?
  • 上場はしていませんが、交換上限金額を設けてやりくりしているので手数料を払い続けることが可能です!
  • 私はGMOグループだ!

 

なんて話があるのかもしれませんね。

 

 

GMOグループが運営するポイントタウンの「楽天銀行」の特別感は、やはり「私はGMOグループだ!」と楽天とGMOが提携している関係性だからこその強みだと思います。

 

ドットマネーの存在

ポイントサイトにとってドットマネーの存在は、

 

  • ポイント交換先を拡張することができる!
  • 現金振込にかかっていた人件費などのコストを大幅に削減可能!
  • 様々な交換先の交換手数料を無料にできる

 

など、自社サイトのユーザー満足度向上に繋がるというメリットがあります。

 

 

ドットマネー経由で現金化してもらうことで、ポイントサイト側は契約料金を支払うことになりますが現金振込の作業コストを削減できるため、もしかするとモッピーの場合は銀行振込の手数料ユーザー負担&交換日数がかかる&ドットマネー1%増量キャンペーンで、ユーザーに「モッピーで貯めたポイントを現金化するならドットマネー経由が良い」と思わせ、自社の負担を減らすという目的も意外にあるのかもしれませんね。

 

ポイントインカムの場合は、銀行振込だけでなく、Tポイントやdポイントといったポイ活に役立つポイントへの交換にも手数料がかかるので、なにかとドットマネー経由でポイント交換する機会が多いです。

 

ポイントインカムが「キャンペーンが豊富でポイントが稼ぎやすい」と話題になるほど、キャンペーンを実施するためにはポイントの出口までユーザーファーストにすることは出来ないのかもしれませんね。

 

ドットマネーで一元化

出典:ドットマネー

 

 

各ポイントサイトからドットマネーへの交換条件を比較しました。

 

ドットマネーへの交換額 交換日数
モッピー 500円 リアルタイム
ポイントタウン 500円 リアルタイム
ポイントインカム 500円 翌営業日
ハピタス 300円 3営業日以内
ライフメディア 500円 翌営業日
ちょびリッチ 500円 リアルタイム
ワラウ 500円 リアルタイム
アメフリ 500円 5営業日以内
ゲットマネー 500円 約4営業日

 

 

「ドットマネーを経由する」というひと手間が必要ですが、

 

  • モッピー(手数料がかかる)
  • ポイントインカム(手数料がかかる)
  • ライフメディア(交換日数がかかる)
  • ちょびリッチ(提携金融機関が少ない)
  • ワラウ(提携金融機関が少ない)

 

これらのポイントサイトに関しては、手間でもドットマネーを経由て銀行振込したほうがお得で利便性があるのでおすすめです!

 

 

ただ、上記ポイントサイト以外のポイントサイトの場合も、ドットマネーへ交換することで【1%増量キャンペーン】に参加することが出来る(不定期開催)ので、このキャンペーンが開催している時は現金への交換だけでなく、ギフト券などへの交換の場合もドットマネーを経由したほうがお小遣いを増やすことが出来るのでおすすめです!!

 

手数料を支払うメリット・デメリット

メリット・デメリット

 

手数料をユーザーが負担するメリット

交換手数料をユーザーが負担するメリットなんてあるの?

 

私もそう思います。

 

しかし個人的見解ではありますが、銀行口座の振込手数料がかかるサイトや、上限を設けているサイトのほうが、還元率の面では評判が良いように感じます。

 

基本振込手数料が無料で、上限金額が高く設定してあるポイントタウンは、ランク制度の恩恵や楽天ユーザーとの相性の良さ、ポイントの出口としても良い部分があるサイトですが、広告利用でポイントを稼ぐという面では、還元率が低いわけではないが突発的な超高還元の広告が出現する事も少ないという、広告利用だけで判断すると併用してもう一つポイントサイトを使いたくなっちゃう人もいるのではないかと思うポイントサイトなので、振込手数料を負担している代わりに還元率では話題になる機会が少なくなってしまっているように感じます。

 

逆に、銀行口座へのポイント交換に手数料がかかるモッピーやポイントインカムの場合は、広告利用の還元率で話題になる事も多く、キャンペーン等もたくさん開催しているのでポイントが貯まりやすいというメリットが両サイトにはあります。

 

銀行口座の振込手数料をユーザー負担にするだけで、高還元をキープ出来たり、キャンペーンをたくさん開催できるわけではないとは思いますが、ユーザーへの振込手数料は企業にとっても負担になる部分であることは確かだと思うので、そこをユーザーに負担してもらい、ポイントの稼ぎやすさで他サイトとの差別化に繋げているのかもしれまえせん。

 

もし、広告の還元率が高いポイントサイトに登録したいのであれば、モッピーポイントインカムに登録し、ドットマネーを経由することで、我々ユーザーは交換手数料を負担することなくお得な広告でポイント稼ぎが出来るというメリットがあるのでオススメです!

 

手数料をユーザーが負担するデメリット

デメリットは、せっかく稼いだポイントが減ってしまう事でしょう。

 

モッピー ポイントインカム
楽天銀行 105円 50円
ゆうちょ銀行 66円 100円
三井住友銀行 31円 160円
みずほ銀行 154円 160円
三菱UFJ銀行 154円 160円
その他銀行・信用金庫 154円 160円
PayPay銀行 55円 無料~50円
GMOあおぞらネット銀行 154円 -
セブン銀行ATM 165円 -

 

160円相当のポイントをコツコツ系の広告で稼ごうとした場合1~3個くらい利用する場合が多いので、そう考えると交換手数料でポイントが減っていくってもったいない事ですよね。

 

我が広島県の地方銀行といえば「広島銀行」ですが、ATMで広島銀行から広島銀行へ振込する場合でも3万円未満で110円、3万円以上で220円の振込手数料が必要になります。

 

ポイントサイトで貯めたポイントを数万円単位で交換する人にとってはお得だけど、数百円~数千円で銀行口座へ振込しようとする人には非常に高い振込手数料を支払わないといけない…それであればやはりドットマネーを経由して交換手数料無料で交換するほうがお得ですね。

 

ドットマネーのメリット・デメリット

メリット・デメリット2

 

ドットマネーを経由するメリット

ドットマネーを経由するメリットは、

 

  • 手数料がかかる交換先でも、手数料を無料にできる
  • 交換先が少ないサイトでも、交換先を増やすことができる
  • 増量キャンペーンでお小遣いを増やすことができる
  • 「Ameba」を提供する株式会社サイバーエージェントが運営しているから安心・安全

 

この4つです。

 

ほとんどのポイントサイトにドットマネーが導入されているので、まだ利用したことはないけどドットマネーの存在は知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか⁉

 

運営元もしっかりした企業なので、安心してポイントを預けることが出来るというのもメリットだと思います。

 

ドットマネーを経由するデメリット

ドットマネーを経由するデメリットは、

 

  • ポイント交換に一手間かかる
  • 最低交換額がアップする
  • 交換日数が伸びるサイトがある

 

この3です。

 

ドットマネーに移動したポイントを銀行口座へ振込する場合、1,000円相当のポイント数がなければ銀行口座へ振込することが出来ません。

 

中には2,000円ないと申請できない金融機関もあります。

 

つまり、ポイントサイトで最低交換額の500円が貯まったからと、ドットマネーに交換しても…そうですポイントが足らなくて銀行口座へ振込む事ができません!

 

 

あと、ポイントサイトからドットマネーへリアルタイム交換できるサイトもありますが、交換までに数日必要なサイトも一部ではあるので、【ポイントサイトからドットマネーへの交換日数+ドットマネーから銀行口座振込の日数】とダブルで日にちがかかるので、想像よりも時間がかかったという事になる危険性もあります。

 

まとめ

eKYC

 

交換手数料について説明しているのがポイントインカムのみ、そして問い合わせをしても詳しくは教えてもらえないという状況なので、当記事は個人的見解です。

 

交換手数料を負担してくれているポイントサイトの場合、上限金額が設けてあったり、交換日数が長かったり、ポイント交換先が少なかったりとクセがすごいサイトが多いようです。

 

その中でも銀行口座への振込みに関しては、【交換手数料無料・平均3営業日以内に交換可能・楽天銀行なら100円から交換可能】なのに、最大50万まで交換出来てしまうという「ポイントタウン」はやはり運営する企業のグループが巨大なだけに、突如超高還元広告が出現するという事は滅多にないものの、「楽天」との相性の良さ、ポイントサイトで出来ることが揃っているのでメインのポイントサイトとして利用する事が可能なポイントサイトだと思います。

 

ただ、高還元広告を狙うのであればポイントタウンだけでは厳しいので、総合的に還元率の高い「モッピー」を併用して利用することをおすすめします!

 

銀行振込に関しては手数料がかかってしまうモッピーですが、ドットマネーへの交換が1%増量になることも多く、PayPay・Tポイント・dポイント・FamiPayギフトへの交換は【500円から交換可能・交換手数料無料・リアルタイム】とポイ活するなら登録しておくべきポイントサイトの一つなので、モッピーもおすすめです!

 

 

▼詳しくはこちらをご確認ください▼


2020年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2020

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2020年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2020年

おすすめお小遣いサイトランキング2020へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2020年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2020年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
もう本当に久しぶりの更新となるこのつぶやきで、前回同様ですが、今度こそテンプレート更新の目処が立ちましたので、近日中に更新を行います。私の使っているテンプレートが数年ぶりの更新で、HTML5になった事、これで最小限のダメージでテンプレート更新できそうです♪今回は…単純に、テンプレート変更した後のcss変更ボリュームの確認に時間がかかるから、変更に踏み切れないという状態ですね…遅くとも、6月末には変更をかけようと思います。最近はコロナで緊急事態宣言となり、外出できない状況が続いているので、更新にはまぁ…いいことではないですが時間はある状況ですので、速やかに更新を行えるよう、努力します。結局、全てのページを見直す必要は出てくると思いますが、その際には今まで書いた記事の見直し、構成の変更など、これから色々手を加えて、よりよいサイトにしていきたいと思いますので、よろしくお願い致します!!
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 17374585総閲覧数:
  • 213今日の閲覧数:
  • 4196昨日の閲覧数:
  • 7現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み