ポップル(Poplle)街中にハート出現中!「ポップルGO」の評判

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » 初心者用お小遣いサイト利用ガイド » ポップル(Poplle)街中にハート出現中!「ポップルGO」の評判

ポップル(Poplle)街中にハート出現中!「ポップルGO」の評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


登録・退会方法

 

スマホ決済サービスは「〇〇Pay」で、位置情報ゲームは「〇〇GO」じゃないといけないのかな?と思ってしまうような新サービスがポップルに登場!

 

その名も『ポップルGO』

 

現在はまだβ版ということで東京23区でしかサービス利用することができませんが、今後は日本全国へ順次展開予定です。

 

 ポップルGOとは

ポップルGO

 

ポップルGOは、位置情報を利用したサービスになるので、位置情報を「オン」にしたくないという方は利用することができません。

 

地図上に出現しているハートに近づき、ハートをタップ後スマホを振ることで「いいね!」を獲得することができます。

 

どこにハートがあるの?

喜ぶ女性

 

セブンイレブンの中でも特定の場所でしかGETできませんでした

 

一箇所あたり一日40人までと獲得制限がある

 

ポップルGOもしかして今ハート付いてるの全部セブンイレブン?

 

Twitterで上記のようなツイートをみて、ポップルで獲得した「いいね!」をセブンイレブンの商品と交換することができる関係性なのであり得るかもしれないと思いながら、実際にポップルGOを起動してみることに。

 

確かに、セブンイレブンの店舗数の多さからセブンイレブンにしかハートが付いていないように見えますが、外食チェーンストアにもハートが付いていたので、セブンイレブン限定というわけではなさそうです。

 

 

情報通り"店内に入らないとハートを獲得できない"となると、セブンイレブンでハートが目的の場合、店内に入って何も購入せずに店舗を出る!という行為ができる度胸が必要です。

 

つまり、ハートを獲得するために行ったはずが、あまりの気まずさにセブンイレブンで商品を購入してしまう…はい、もうこれ利用者は赤字になっちゃいます。

 

 

「ポップル」と「セブンイレブン」の関係は、

  • セブンイレブンの店内でハートが獲得できる
  • 獲得したいいね!をつかってセブンイレブンの商品と交換できる
  • いいね!を貯めてセブン銀行ATMで現金化(手数料398円)

 

と、ポップルを利用する上で切っても切り離せない関係であることは確かなので、店内に入らないとハートが取れないようにしているのでしょう。

 

楽天が提供する「楽天チェック」も同じように指定された場所に行くことで楽天ポイントがもらえるアプリなのですが、「この場所!」と決められた位置に相当近づかないと反応しないレベルなので、コンビニや居酒屋の駐車場などではポップルも難しいと思います。

 

 ハートの種類

「ポップルブログ」でポップルGOの使い方について説明しているページがあるのですが、それを見る限りハートは一種類ではなさそうです。

 

ポップルGOハート種類

 

もうポケモンGO意識させちゃってる時点で、ハート一種類じゃおかしいですもんね。

 

ピンクのハートがβ版では[+1]となっているようなので、他の色の場合だともらえるハートいいね!数が異なるのかもしれませんね。

 

 ポップルGO使い方

ここからはポップルGOの使い方について説明していきます。

 

まずは、先程も言いましたが位置情報を「オン」にする必要があります。

 

ポップルGOが表示されない!という方は、アプリのアップデートをすることで表示されるようになります。

 

アプリをアップデートしてもハートが表示されない場合は、アプリを再起動してみましょう。

 

 

ポップルGO使い方説明

 

  1. 地図上にハートが出現しているので、ハートをタップする
  2. ハートまでの距離が表示されるので、近くまで行ってみる
  3. 近くに付くとボタンが[GETする]に変わるので、タップする
  4. 画面表示が変わったらスマホを振ってみる(Androidの一部端末などで反応がない場合はハートを複数回タップしてみましょう)
  5. スマホを振り続けると「いいね!」をGETすることができる

 

 まとめ

写真を撮る

 

まだ東京のみ対応したサービスなので、詳しい検証をすることができていません。

 

1円のためにハートを探し回るなんてと思う気持ちが正直大きいので、今後いいね数の多いハートが出現するようになれば散歩がてらハートを、という使い方もできるかもしれませんね。

 

 

「なんだか最近バッテリーの減りが早い…」と感じている方は、ポップルで許可した[位置情報]が原因かもしれません。

 

バックグランドでGPSを動作させ続けています。

 

その状態でいるとバッテリーを大量に消費する可能性があるので、ポップルを楽しんだあとはバックグランドまで終了させることをオススメします!

 


2020年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2020

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2020年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2020年

おすすめお小遣いサイトランキング2020へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2020年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2020年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
4月10日:先日、島根で初のコロナウイルス感染者が出てしまいましたね。これで岩手、鳥取以外では、日本中でコロナウイルス感染者がいらっしゃるという状態になりました。岩手、鳥取で感染者が出ない理由ってなんなんでしょうね?色々な事情があるのか、それとも気候的なものがあるのか、はたまた広島県から見ると山口、島根は山の向こう、ウイルスが伝わりにくいのか、そんな事を考えてしまいますね。まあ…人工が少ない…それもあるかもしれません。年配の方が多いというのも、海外から人が来にくい…というのもあるかもしれません。だけど島根とか、出雲大社を考えるとかなり観光客は多いのではないかと思います。そういった意味では、地域と、偶然と、県一人ひとりの意識のたまものだったのかもしれませんね。ふと気になって検索したキーワード、コロナ うんざりですが、多分そう思っている方も多いいのでしょうね。私も若い頃だったら、そう思ってしまうかもしれない…とか思いました。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 15593332総閲覧数:
  • 3536今日の閲覧数:
  • 3255昨日の閲覧数:
  • 14現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み