【楽天カード編】高いポイントであればあるほどもらえない…広告利用の危険性!

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » 初心者用お小遣いサイト利用ガイド » 【楽天カード編】高いポイントであればあるほどもらえない…広告利用の危険性!

【楽天カード編】高いポイントであればあるほどもらえない…広告利用の危険性!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


riyou4800

 

楽天経済圏(※1)で暮らすことを考えている方に、おすすめなのが「楽天カード」の発行です!

 

楽天カードの引き落とし先を楽天銀行に指定してSPUで+1倍、楽天カードを使って楽天市場でお買い物をするとSPUで+2倍と、楽天市場でのポイント還元率が上がる仕組みを有効活用することが出来るので、楽天経済圏で暮らすのなら必需品といえる1枚です。

 

 

年会費永年無料なのに、ポイントがザクザク貯まるので本当にオススメすることができるクレジットカード。

 

そんな魅力的な楽天カードをお得に発行する方法として人気なのが『ポイントサイト』という、今話題の"ポイ活"を実践している方々に愛用者が多いサービスの利用です。

 

 

Googleなどの検索窓に「楽天カード」と入力して楽天カードの公式サイトから直接カードの申し込みを行う、これが普通のやり方だと思います。

 

このやり方でも、楽天カード側が実施しているキャンペーンのポイントを条件クリアすることで獲得することが出来るので十分おトクなのですが、さらにおトクに楽天カードを発行する為にやることが『ポイントサイトの経由』です!!

 

"経由"といっても難しいことは何ひとつありません。

 

ポイントサイト内に掲載されている「楽天カード」の広告をタップすることで楽天カードの申し込み画面へ移動するので、ここからは普通に楽天カードを発行するための手続きをすればいいだけです。

 

 

これだけで、ポイントサイト『ハピタス』経由で楽天カードの申し込みをすると、

 

 

 

楽天カードポイント

 

 

  1. ハピタスを経由して広告(楽天カード)を申し込んだ謝礼として10,000ハピタスポイント=10,000円相当
  2. 楽天カード側のキャンペーン条件クリアで8,000楽天ポイント
こんなおいしい案件は利用しないと本当に損です!!

 

※2021/9/16時点

 

 

楽天カードはポイントアップしやすい広告なので、ポイントサイトで利用するタイミングが悪ければ獲得できるポイントが1,300円くらいという時もあるので、この10,000円相当のポイントが貰える期間はビッグチャンスだと思ってください♪

 

 

と、ここまでポイントサイト経由で楽天カード発行すると、これだけポイントが貰えておトクだよというお話をしてきましたが、実はポイントサイト経由の楽天カードの発行には悪い評判が存在します。

 

 

今回は、この『ポイントサイト経由の楽天カード発行』の"悪い評判について"からお話していきたいと思います。

 

 

※1楽天経済圏(生活のさまざまなシーンを楽天グループのサービス利用にまとめ、楽天ポイントを効率的に貯めたり使用すること)

 

 

高額ポイントの広告は要注意という噂は本当か⁉

ポイントサイト

 

 

『ポイントアップしているから広告利用したのに…』

 

 

ポイントサイトの広告は他ポイントサイトも含めて1回目のみの挑戦がポイント付与対象になる広告がほとんどなので、【ポイントが反映されなかった=楽天カード発行する広告で二度とポイントサイトのポイントを獲得することができない】という事を意味します。

 

 

そのため、無事ポイント付与されるか分からないという不安な気持ちで待った結果が、

 

    • ポイントサイト経由で発行し、カード到着、受け取りも済ませたのにポイント付与対象外になった!
    • ポイントサイト経由したのに通帳に反映されてない、何かミスったかな?

 

「ポイント付与対象外」「ポイント反映されない」だった場合、ショック状態からだんだんと何でポイント付与されないの⁉という苛立ちへと変わってきます。

 

 

ポイント反映されない基本的な理由については、

上記の記事で解説していますので、気になる方はぜひ一度読んでみてください♪

 

 

ポイント付与されないという問題は別に「楽天カード」の広告だけで発生していることではなく、別のクレジットカード発行や、セミナー参加などでも「ポイント獲得条件は満たしているはずなのにポイントが貰えなかった」という問題は発生しています。

 

 

ただ楽天カードの場合は、気軽に挑戦しやすい、カード発行後も利用する機会が多そうなどの理由から利用する人数が多いため、どうしても他広告よりも「ポイントが付与されなかった」という情報が多くなり悪目立ちしてしまう状態になていることは確かだと思います。

 

 

しかし【楽天カード=申込者が多い分ポイントが付与されない人も多くなってしまう】という問題だけではなく【楽天カード申し込み⇒申し込み完了までのクセが強い】という理由もあるのではないか?と思ったので、ポイントサイトのポイント獲得条件とポイント獲得対象外と楽天カードの申し込みフォームの3つを確認してみたいと思います。

 

ポイントサイトが分かりにくいのではないか?

失敗

 

ポイント獲得条件を確認してた結果…

モッピー

モッピー楽天カード

 

 

ハピタス

ハピタス楽天カード

 

 

ポイントインカム

インカム楽天カード

 

 

ポイントタウン

タウン楽天カード

 

 

4つの人気ポイントサイトのポイント獲得条件を見比べても、

 

  • 新規カード発行(カード到着必須)
  • 成果対象カード:楽天カード、楽天PINKカード
  • 初めて申込み後、カード発行が確認できた方のみ対象
  • 既に家族カードを持っている場合でも、本人名義の本カード発行が初めてであれば対象
  • 広告クリックから24時間以内の申し込み
  • ポイントサイトの対象リンクから申し込み

 

と同じです。

 

 

ポイントサイト初心者の方の場合「ポイント獲得条件」はしっかり確認したから大丈夫と広告利用してしまう方がいらっしゃるようですが、重要なことは「ポイント獲得対象外」の欄にも実は記載されているって知っていましたか?

 

ポイント獲得対象外を確認してみよう!

【モッピー】

モッピー獲得対象外

 

 

【ハピタス】

ハピタス獲得対象外

 

 

【ポイントインカム】

インカム獲得対象外

 

 

【ポイントタウン】

タウン獲得対象外

 

  • 不備・不正・虚偽・重複(IP/住所)・いたずら・キャンセル等に該当すると広告主が判断した場合
  • 楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ビジネスカード、楽天銀行カード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天カードアカデミー、アルペングループ楽天カード等の成果対象外カードの申し込み
  • 発行キャンセルなど発行に至らなかった場合
  • 他ページへの移動やバナー等をクリックした場合
  • 楽天カード株式会社が個別に実施している本サイト以外で案内しているキャンペーンページからの申し込み
  • 申し込みから90日経過しても発行に至らなかった場合
  • カード受け取りをしなかった場合
  • 過去に申し込み履歴がある場合(楽天会員に再登録した場合でも同一人物と判断された場合は対象外)
  • 楽天カード入会後、90日以内に脱会した場合
  • 楽天カード入会後、90日以内にカード切り替えをした場合
  • 広告クリックから獲得に至るまで、同一ブラウザ内で遷移していない場合
  • 本サイトを退会後に楽天カード発行が確認された場合
  • 家族カードの申し込み(ポイントインカムだけ記載あり!)

 

 

こちらも各サイトほぼ同じですが、「家族カードの申し込み」はポイント獲得対象外になるよという案内をポイントインカムでのみ説明していますが、他サイトでも同様のルールだと思われます。

 

 

そして私が注目したのが「重複(IP/住所)」です!!

 

ポイントインカムにも、

 

無効の多くが重複でのご利用となっております。

 

と、無効になる原因を教えてくれています。

 

このように、ポイントサイト側から情報発信してくれると、利用する側としても気をつけようとするので「ポイントが貰えなかった」という結果にはなりにくいので、とてもいいですね♪

 

「重複」について中の人に聞いてみた!

今回の記事は、

 

『楽天カードは高ポイントが貰える反面、ポイント対象外になりやすい広告』というイメージがあるため、"ポイント対象外にならないやり方"がよく分からず広告利用に挑戦することができない人だけでなく、楽天カード発行の案件を利用した結果ポイント対象外になったという広告利用の危険性に該当する部分を除外したいという目的があって作成しています。

 

 

ですので、ポイントインカムさんに質問をぶつけてみました!!

 

デ)『「無効の多くが重複での利用」という事ですが、重複はどのようなものが多いのでしょうか?』

 

イ)『楽天カードは、初回申込みのみポイント対象となります。2回目以降のお申込みは「重複」に該当するため、ポイント対象外となります』

 

 

「重複」と判断されてしまう原因は過去に楽天カードを申込んだ履歴があるかどうかなので、

 

  • 楽天カード、楽天PINKカード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ビジネスカード、楽天銀行カード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天カードアカデミー、アルペングループ楽天カード等の他券種も含めて申込み履歴がある場合は対象外となります!!

 

  • 楽天会員に再登録した場合でも、同一人物と判断された場合は対象外となります!!

 

この条件が該当する場合は、重複と判断される可能性も、ポイント対象外になる可能性も非常に高いと思ったほうがいいでしょう。

 

 

また、ポイントインカムさんに教えてもらったココにも注意してほしいという点が以下の2つです。

 

    • ポイントインカムを経由して広告の利用完了までに「ページの更新」をした
    • ポイントインカムを経由して広告の利用完了までに「他サイトを経由」した

 

この場合、履歴が複数回発生するため、こちらも「重複」とみなされ無効判定される可能性があるようです。

 

そのため、『ポイントインカムを経由した後は、広告の利用完了までスムーズに行って下さい』と中の方も言われていました。

 

 

ポイントサイトから楽天カードサイトへ遷移後、楽天カードサイト内を回遊中に自分で発見した先の申込みページから手続きを行った場合…ポイント獲得対象外になる可能性があるので、必ずポイントサイトから遷移した先にある申込みページから手続きをするようにしましょう!!

 

別のサイト等へ移動してしまった場合は、再度ポイントサイトの楽天カード詳細ページにあるバナーを再度タップし広告主サイトを訪問することで、ポイントが反映されないという危険性を回避することが出来るので、面倒でももう一度ポイントサイトから再スタートさせるようにしましょう。

 

重複(IP/住所)とはどういうこと⁉

重複とは

 

クレジットカード発行案件の詳細に記載されている【ポイント対象外】の条件は、各カードで記載内容が異なるのですが、「重複」と書かれている部分だけをカード別で比較してみると、ただ「重複」とだけ書かれているクレカ、「重複(同一IPアドレス)」と書かれているクレカなどいろいろあるのですが、楽天カードの場合「重複(IP/住所)」と書かれています。

 

 

ここで「じゅ、じゅ、住所⁉」となったわけです。

 

 

ポイントサイトに掲載されている広告によっては、同じ環境(同一IPアドレス)からの2回目以降の利用はポイント対象外になるものがあったり、家族に紹介する場合も同じ環境(同一IPアドレス)で登録してしまうと友達紹介特典の付与対象にならなかったりするので、

 

IPは、同インターネット環境を共有する人が利用した経緯があるとポイント獲得できないケースがあるということ?

 

住所は、夫婦で楽天カードを申し込もうとした場合、住所が重複しているって判断されてポイント獲得できないケースがあるということ?

 

と、いままでIPアドレスについては気をつけながらポイントサイトの広告を利用してきましたが、まさかここで「住所」が出てくるとは…。

 

住所ってどういうことなんだーーーーーー!!

 

 

ただ、なんとなく"楽天会員に再登録してカード発行した場合"という部分が関係ありそうな予感がしてきました。

 

以前と同じIP、住所であれば楽天会員に再登録して楽天カードを発行(2回目)しても、同一人物と判断することができるから、そういう意味ではないのかと。

 

 

よく分からない事はポイントサイトの中の人に聞いてみることが一番!!

 

という事で、『重複(IP/住所)という記載がありますが、楽天カードがポイントアップしていてお得だからと夫婦(同住所・同IP)で申込んだ場合は重複と判断される可能性があるという事でしょうか?ユーザー側はどのような点に注意すればよいのでしょうか?』と、ポイントインカムさんに聞いてみました!!

 

すると、広告代理店にまで確認してくれるということで返信を待った結果、

 

すでにお申込みされているユーザー様からの再申し込みは、ポイント追加の対象外となるため、記載されている状況でございました。

 

このため、別名義のお申込みであれば問題ございませんので、ご安心ください。

 

という丁寧かつ分かりやすい説明をして下さいました。

 

 

さすがポイントインカム!!

 

 

この記事で上位にランクインした理由が分かるカスタマーサービスの対応でした。

 

 

やはり、【楽天会員に再登録した場合でも同一人物と判断された場合は対象外=重複(IP/住所)】ということのようです。

 

じゃあ、引っ越せばいいって事⁉と思った方が一人はいるかもしれませんが、ポイント獲得対象外となる条件に「過去に楽天カードのお申込履歴がある場合」という条件があるので、引っ越しをして住所が変わったとしてもカード申込みした際の名前で2回目以降の発行だとバレてしまうでしょう。

 

 

ポイントインカムさんが教えてくれたように「重複」が無効判定になる原因として多いようなので、どうすれば「重複」による無効判定をされるユーザーさんが減るのだろう…と原因を見つけようとした結果、"夫婦で楽天カードを発行すると重複と判断され無効判定されるのではないか?"という意味不明な疑問を抱いてしまいましたが、楽天カードの場合「別名義であれば同じ住所でも大丈夫」という確認が取れたので、結局、

 

  • あまりにも昔のことで、楽天カードを発行したことを忘れていた
  • 楽天会員に再登録すれば同一人物とバレないだろうと思った
  • 過去に楽天カードの申込み履歴がある場合」に該当するカードを所持していると対象外になることを知らなかった
  • ポイントインカムを経由して広告の利用完了までに「ページの更新」をした
  • ポイントインカムを経由して広告の利用完了までに「他サイトを経由」した

 

という【重複】に自分は該当しないかをもう一度確認してみましょう!!

 

その他注意点も確認しよう!
  • iPhoneを利用している場合は、「設定⇒Safari⇒サイト超えトラッキングを防ぐをオフにする」を設定してから広告利用する!

 

  • 楽天カードの申し込みページへ訪問後、申し込み完了前に別のサイトに訪問するとポイント付与されないので、別のサイトへ移動してしまった場合は再度ポイントサイトのバナーからもう一度始めましょう!

 

  • 広告クリックから申し込みが完了するまで30分以上経過した場合は、ポイントが反映されない場合があるので注意してください!

 

  • 他ポイントサイトなどを利用している方は、稀に利用した広告が他ポイントサイトで反映される場合があるので、念の為、広告利用前にCookieの削除、並びにブラウザの再起動を推奨しています!

 

  • Cookieが無効設定になっているとポイントが反映されないので、広告利用前に設定を確認しましょう!

 

  • 広告利用後に、申し込み情報の変更等をした場合はポイントが反映されない場合があります!

 

  • 2枚目を追加で発行できるようになりましたが、2枚目の発行は対象外となります!

 

  • 楽天カードは所持しているが、楽天PINKカードは所持していない方が新規で楽天PINKカードを発行しても対象外となります!

 

 

 

口コミを確認したときに、「サイト超えトラッキング」の設定をミスしたまま利用してしまったという方がいらっしゃったので、iPhoneを利用されている方は今、忘れないうちに設定を確認してみましょう。

 

もしも、申し込み完了後に設定がオンのままだったと気付き、慌てて再申し込みした…なんてことは絶対にしないようにしてください!!

 

新規発行のみが対象なので、再申し込みした時点でその条件を満たしていないことになります。

 

すでに申し込み完了していて、判定中に反映されない場合は「判定中にならない」で一度ポイントサイトに問い合わせをしてみましょう!

 

決して、楽天側には連絡しないでくださいね!!

 

ブランド指定が条件のときもある

ブランド指定

 

9/27時点で掲載されている楽天カードの案件では、『Mastercardブランド』のカード申込みのみ対象となるようです。

 

通常はクレジットカードブランドの指定はないのですが、今回はMasterブランドでの申込みが絶対条件になるので、この条件のときに申込みされる方は間違わないようにご注意ください!!

 

楽天カードのページが分かりにくいのではないか?

楽天カードの申込みをする際にブラウザの「戻る」ボタンを使用しないよう注意書きされていますので、ご注意ください!!

 

 

楽天カードの申し込みページで、カードの選択がややこしいのではないか?と思ったのですが、みてください↓

 

 

カード選択

 

 

楽天カードと楽天PINKカードだけ表示されているので、成果対象外カードを選択することのほうが難しいほど分かりやすかったです。

 

ポイント付与されなかった時の対処法

希望

 

お問い合わせ出来ない広告って本当⁉

私もこの印象が強いですが、各ポイントサイトをチェックしてみると、

 

ポイントに関する調査は2020年10月21日以降にカードのお申し込み手続きを完了された場合のみ承ります。

それ以前のお申し込みに関する調査は、ご利用当時の掲載条件に基づき、お受けいたしかねます。

 

2020年10月21日以降にお申込みされた方のみポイントに関するお問い合わせが可能となります。

2020年10月20日以前にお申込みされた方はポイントに関するお問い合わせを受け付けておりません。

 

2020年10月21日以降のお申込み分よりポイントに関するお問い合わせが可能になりました。

 

このように記載されてあるので、私のようにポイントサイト経由で楽天カードを発行した時期が「広告利用の調査ができない」と記載してあった頃であれば、ポイントサイトを紹介している立場の方の中には「楽天カードは調査してもらえないから気をつけてね」という注意喚起をいまでも促している方がいらっしゃるかもしれません。

 

 

実は私も「問い合わせができない」と思っていたので、この記事を作成するためにいろいろと調査している中で「なんでポイント付与されなかったという理由で調査してもらえているのだろう?」と不思議でしょうがなかったのですが、随分前から問い合わせ可能になっていたんですね。

 

問い合わせできる期間に注意しよう!

【モッピー】

モッピー問い合わせ

 

 

【ハピタス】

ハピタス問い合わせ

 

 

【ポイントインカム】

インカム問い合わせ

 

 

【ポイントタウン】

タウン問い合わせ

 

 

どのポイントサイトでも共通している問い合わせに関する条件は、

 

  • カード申込受付ID
  • 申し込み日時

 

が必要ということです。

 

「カード申込受付ID」は、申込完了画面に表示されるので、自分で控える必要があります!!

 

「カード申込受付ID」と「申し込み日時」がない場合は調査不可となってしまいますので、必ず控えるようにしましょう。

 

 

【調査してもらえる条件】

  1. 「カード申込受付ID」と「申し込み日時」の提供ができる

 

 

【調査してもらえない条件】

  1. 「カード申込受付ID」「申し込み日時」が分からない
  2. 申込みから半年以上経過してから問い合わせをした

 

調査してもらった結果

ポイントサイトに問い合わせ後、広告主に調査してもらった結果について、SNSに投稿されているものをまとめました!!

 

  • ポイント反映されないので問い合わせたら、きちんと反映されていた
  • 反映されてなくて問い合わせたら約2ヶ月後にポイント入ってきた

 

と無事ポイント付与された方がいらっしゃる中で、

 

広告主へ追加調査をしてもらったが「当サイト経由での利用データが正常に発生していなかった」という結果で否認になった方、「過去別領域にて成果付与歴ありの為」という結果で否認になった方もいらっしゃいますので、問い合わせをすれば必ずポイントが付与されるという事ではないので、そこを十分理解した上で問い合わせをして調査してもらいましょう。

 

 

ただ、広告主へ調査してもらう場合、広告を掲載しているポイントサイトからの依頼を順番に調査しているため、結果が出るまでに数ヶ月かかってしまいます!!

 

忘れられている?と不安になるレベルの期間なので、心配になってしまうと思います。

 

2~3ヶ月経過しても結果連絡や、ポイント付与が無い場合は再度ポイントサイトへ問い合わせをしてみましょう。

 

問い合わせをすることで、広告主側へ催促してくれることもあるようなので。

 

まとめ

暇

 

当記事をご覧になっている方は、いまから楽天カードの広告を利用しようと思っている方、または既に楽天カードの広告を利用してポイント付与されなかった人のどちらかだと思います。

 

たった1枚のクレジットカードを発行するだけですが、広告主が求める条件を達成してこそ、ポイントサイトへ広告主から広告費が支払われ、その広告費の一部がユーザーに還元されるので、ここに記載した情報を厳守するという事が「承認」になるか「非承認」になるかの分かれ道だと思ってください。

 

 

▼楽天生活圏の暮らしを始めるなら、楽天と相性ピッタリなポイントタウンがおすすめ▼


2020年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2020

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2020年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2020年

おすすめお小遣いサイトランキング2020へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2020年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2020年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
現在、サイトを更新することは可能。一応更新の危険性も把握できているし、よっぽどの事がなければ大丈夫…だと思う。一番大丈夫じゃない部分は、私自身がこのサイトを使い、何を発信し、何のためにお金を儲けて、どうやって楽しんでやっていくか…これがまとまっていないので、今サイトを更新しても、結局大掛かりな変更をしなければならない状態になるのではないかと感じてきました。そして私のモチベーションも方向性を見失ったままなので、総合的に何の為に今期限を設けてやるという事に意味を見いだせなくなってきてしましました…思えばこのサイトを始めた時、闇雲に乱立するお小遣いサイトを、俺の手で危険性を洗い出して、安全に利用するガイドを作ってやるぜ…みたいな、確固たる熱意、あの頃にはそれがあった。ただ今思うのは、その中に自分が楽しむというのは、あまりなかったと思います。今後、一生情報発信をやっていくには、"楽しむ"というのを切り離してはいけないのだと、強く感じ、ここからの方針を再び考えていきたいと思います。更新は、それからかな…
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 17877491総閲覧数:
  • 1318今日の閲覧数:
  • 4240昨日の閲覧数:
  • 8現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み