換金手数料の危険性について

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » 初心者用お小遣いサイト利用ガイド » 換金手数料の危険性について

換金手数料の危険性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


デンジャー

 

当サイトでも取り上げている換金手数料についてですが、この換金手数料の危険性について記事を書いていきたいと思います。

 

話を簡単にまとめておくと、現状のお小遣いサイトでは、

  • 現金:手数料がかかる
  • 電子マネー:ものによっては手数料がかかる
  • ちゃんと換金できる

というのがデフォルトです。

 

このデフォルトを大きく外れるものが危険性がある事になり、又安全性がないという事になります。

 

特に最後の、ちゃんと換金できるというのは、言葉悪く言えば強者系お小遣いサイトでも守っている事で、ちゃんと換金できないサイトは非常に危険です。

 

お小遣いサイトは各々で、デフォルトを貫き通すか、悪い方向、良い方向に変わる事もあります。

換金手数料が無料な事

費用

 

換金手数料は、現金でも無料のサイトが一部あります。

 

ハピタスとかポイントタウンとかマクロミルとかゲットマネーとか…

 

まあどこかで換金手数料分を補填しているのですが、手数料がないということは利用者にとって良いサービスですね

 

ですが当サイトでも推奨しているげん玉とかにも手数料が存在するのも事実。

(2014年3月より手数料無料チケットが適用)

 

であれば、手数料は極力控えめに抑えていきたいものです。

 

手数料があること自体、お小遣いサイトへの不満という危険性が増してしまいますレベル10

 

冒頭でも説明しましたが、換金手数料は基本的に現金において適用されています。現金の換金手数料をかわす方法として、他の換金先に交換するという方法があります。

手数料を抑える方法

電子マネー(Amazonギフト券)に交換する

ネットショッピング

手数料を抑える方法の一つに、Amazonギフト券に交換するという方法があります。

 

Amazonギフト券は、どこのお小遣いサイトでも換金手数料が低い傾向にあります。

 

むしろ手数料など存在しないのがデフォルトで、手数料がかかるのであれば逆におかしいと思います。

 

こんな感じで、最も手数料が低いものに交換するというのも一つの手になります。

 

換金手数料がかかるお小遣いサイトであっても、電子マネーにおいては無料というサイトは非常に多いです。

 

交換したポイントを、何に使うかという事です。

 

パズドラとかに使うのならiTunesギフトコードで良いですし、Amazonで商品を購入する機会が多いのであればAmazonギフト券。

 

楽天で商品を購入する機会が多いのであれば、楽天銀行の口座があれば良い。

 

といった、使用目的に応じて最も低い換金手数料のサービスを選ぶと、手数料という被害は最低限に抑えられます

 

現金に交換すると、お金という形でポイント合算できますが、Amazonギフト券で合算しても価値は同じです。

 

むしろAmazonギフト券で購入したものをオークションで売るという荒業もできない事はありません

 

用途に応じて、合算させる”モノ”を考えてみましょう!!

 

私がやたらAmazonって言ってるのは換金手数料が安いのもありますが、私が一番使用するからという部分もあります。

 

欲しいものは人それぞれなので、使い方は各自の判断にはなりますが、手数料を減らせるのであれば絶対に減らした方がお得です。

 

むしろコツコツ貯めたポイントを手数料でもっていかれるのは…

 

ドラクエで言いますと街に戻る直前で全滅するようなもの。

 

棺桶×3とお金が半分になったらやる気になりませんよね?

 

あるいは仲間は全滅、HP1の状態で宿屋の前に辿りついたが宿代がない。

 

というやり場の無い憤りを感じる事になります。

ポイント合算サイトに交換する

例え換金額に到達したお小遣いサイト・アプリでもポイント合算サイトに交換できるのであれば話は変わってきます。

 

ポイント交換先にポイント合算サイトがあるのであれば、手数料無料化の道が開けてきます。

 

特にドットマネーが換金先にあるのであればもう、ドットマネーに換金する事で現金の手数料を無料化する事もできますし、Amazonギフト券やiTunesギフトに対しても1~2%増量だったりします。

 

ドットマネー

ドットマネーの換金先一覧
  • みずほ銀行:1000円から手数料無料、5営業日以内
  • 三菱東京UFJ銀行:1000円から手数料無料、5営業日以内
  • 三井住友銀行:1000円から手数料無料、5営業日以内
  • ゆうちょ銀行:1000円から手数料無料、7営業日以内
  • 楽天銀行:1000円から手数料無料、5営業日以内
  • 住信SBIネット銀行:2000円から手数料無料、5営業日以内
  • ジャパンネット銀行:2000円から手数料無料、5営業日以内
  • 新生銀行:2000円から手数料無料、5営業日以内
  • その他全国金融機関:2000円から手数料無料、5営業日以内
  • ポレット:300マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • Amazonギフト券:297マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • Vプリカ:500マネー→500円から手数料無料、3営業日以内
  • iTunesギフトコード:490マネー→500円から手数料無料、3営業日以内
  • WebMoney:300円から手数料無料、3営業日以内
  • ビットキャッシュ:294マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • nanacoポイント:300マネー→300円から手数料無料、4営業日以内
  • JALマイレージバンク:500マネー→250円から手数料無料、1~15日申請分→申請月の下旬頃/16~末日申請分→翌月の上旬頃
  • Tポイント:1000マネー→1000ポイントから手数料無料、4営業日以内
  • 読書ポイント:300マネー→300ポイントから手数料無料、3営業日以内
  • 楽天Edy:1000マネー→1000円から手数料無料、3営業日以内
  • WAONポイント:300マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • CNポイント:1000マネー→1900ポイントから手数料無料、3営業日以内
  • Amebaコイン:10マネー→20コインから手数料無料、即時
  • バンドルカード:300マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • NET CASH:485マネー→500円から手数料無料、3営業日以内
  • dポイント:300マネー→300ポイントから手数料無料、6~8週間
  • WALLETポイント:300マネー→300ポイントから手数料無料、3営業日以内
  • ANAマイレージクラブ:300マネー→85マイルから手数料無料、翌月9日頃
  • ココナラポイント:300マネー→300ポイントから手数料無料、5営業日以内
  • Google Playギフトコード:500マネー→500円から手数料無料、4営業日以内
  • STOCK POINT:100マネー→95SPから手数料無料、5営業日以内
  • ドコモ口座:300マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • PayPal→300マネー→300円から手数料無料、6営業日以内

 

まずはドットマネーが換金先にあるか…?というので換金先は大きく違ってきます。

 

その他、げん玉とリアルワールド-暮らすことで手に入れる事ができる手数料無料チケットを持っているのであれば、一部のお小遣いサイトにおいてポイントを合算できる為、これまた手数料を無料化する事ができます♪

 

リアルペイ(RealPay)

 

リアルペイ(RealPay)に交換できるサイト
  • ボイスノート
  • げん玉
  • MediF
  • ワラウ
  • ファンくる
  • お小遣いJP
  • PONEY(ポニー)
  • ポイントモンキー
  • Pointier(ポインティア)
  • POM
  • CROWD
  • ワールドプレゼント
  • Vモニター
  • キレイナビ
  • ファンくる
  • ラブサーチ
  • ウマニティ
  • EverySense
  • e-Motto
  • ふわっち
  • リアルワールド-暮らすこと

 

上記以外でも、ポイント合算サイトにはPexやGポイント等がありますが、この2つは現金には手数料がかかり、VプリカやWebMoneyでも手数料を免れません。時間がかかってもいいのであれば、ポイント合算サイト経由でAmazonギフト券やiTunesギフトに交換すると1~2%増量で換金できる。

 

という意識で良いでしょう。

 

 

現金に交換するならば

お小遣いサイトの換金先として現金を目的とする場合、そして換金先にドットマネーが無い場合、そのお小遣いサイトが現金交換に換金手数料を必要とする場合、換金手数料を覚悟する必要があります。

 

ドットマネーにもデメリットがあり、手数料を覚悟するならばお小遣いサイトの最低換金額は大体300円~500円程度ですが、ドットマネーから楽天銀行等で1000円、その他銀行で2000円とお小遣いサイトから直接交換するよりも、最低換金額が高くなるので300~500円換金しただけだと現金化はもう少しポイントを貯めてからになってしまいます。

 

ちょっと最低換金額が上がるので、ターゲットとしては2000円を狙って換金額を設定する必要があります。

 

2019年現在、ほぼ主要お小遣いサイトにおいては換金先にドットマネーが適用されている為、ターゲットとしては2000円あれば手数料というのはほぼ心配いりません。

 

現在はお小遣いサイト側の最低換金額が1000円を超えるサイトというのは少なくなってきていますが、基本最低換金額1000円以上のお小遣いサイトは当サイトでの判定もマイナス判定です。

 

クリックやゲームでの換金は厳しくなってきますのでご注意下さい。

 

現金交換に換金手数料がかかるのは悪なのか

革命

 

利用しているお小遣いサイトに換金手数料がかかるというのは、そのお小遣いサイトが悪質なサイトなのか?と言えばそうでもありません。

 

現金に交換するという事は現金を振り込むという事、つまり基本振込み手数料が発生するものです。

 

その振込手数料がどこから出てくるか?というと、基本的には運営会社が自腹を切るという方向になってきます。

 

おそらくドットマネーとか、1000円、2000円の金額であれば手数料を無料、あるいは格安とするよう金融機関に交渉しているのではないかと思います。

 

ですので余程大手企業でない限り、換金手数料無料というのはお小遣いサイト側が手数料をかぶっている状態です。

 

その事が何を意味するかというと、お小遣いサイトの仕組み上、ポイント還元率等に影響してきます。

 

どこから費用をひねり出す…?お小遣いサイトの収入源は広告収入ですので、還元率に依存するしかないのですから…

どうやって現金を利用したいですか?

キャッシュレス決済サービスの普及により、銀行から現金を引き下ろし財布に入れる派の方、キャッシュレス決済を利用する為に銀行口座からチャージする派、クレジットカード派の方と、購入方法は様々です。

 

しかし、それぞれ現金を得るまでに不便と感じる事があるんじゃないかと思います。

 

現金派の方であれば、お小遣いサイトからドットマネーを経由し銀行口座へ。ここまではすべて手数料無料でOKですが、毎日帰宅時間が遅い方の場合はどうでしょうか。

 

多くの銀行では18時以降ATMで引き出そうとすると手数料がかかってしまいます。セブン銀行でも19時以降は手数料がかかります。

 

土曜日の手数料無料の時まで現金が残っているのであれば土曜日に引き落とす事でお小遣いサイト~現金化まですべて手数料無料で利用できますが、現金化までの自由度はありません。

 

キャッシュレス決済派の方であれば、キャンペーンによってよく話題になるPayPayとLINEPayで説明すると、PayPayの場合Yahoo!ウォレットの預金払い用口座を登録していれば手数料無料で登録銀行口座からPayPay残高へチャージ可能、LINEPayの場合も登録銀行口座から手数料無料で残高にチャージ可能なので、それぞれよく利用するお店が対象店舗であるのであれば、お小遣いサイト~キャッシュレス決済サービスの残高にチャージまですべて手数料無料で利用できます。

 

お小遣いサイトが限定されてしまいますが、「Pring(プリン)」という送受金アプリであればお小遣いサイト~銀行口座からの出金まですべて手数料無料で利用する事ができます。

 

まだサービスが始まったばかりなのでお店で決済という点では正直まだ利用する価値はない状態ですが、お小遣いサイトからPring(プリン)にポイント交換する場合と、お小遣いサイトからドットマネーを経由して銀行口座に振込する場合とを比較すると、pring(プリン)に交換し、銀行口座へ手数料無料で出金する事ができる為、pring(プリン)と提携しているポイントインカムちょびリッチのユーザーで、pring(プリン)の対象銀行口座を持っているのであればドットマネーを経由するよりも早く現金を手に入れる事ができますよ♪

 

現金化して現金を利用するまでにも、手数料という問題がつきまといます。

 

お小遣いサイトから銀行口座振込まで手数料無料で交換できたからいいや!ではなく、どのように現金を利用するのかによって、利用する事で還元されるポイントで得する事もできるし、アプリひとつダウンロードするだけでドットマネーよりも早く現金化できたりと、いままで通りの換金方法とは異なる換金方法も視野に入れるべき時代に突入しているように感じます。

 

関連記事:pring(プリン)の危険性と評判・評価について

 

関連記事:PayPay(ペイペイ) の危険性と評判、テレビでは教えてくれない本当の話

 

関連記事:LINE Pay(ラインペイ)の危険性と評判、注意するポイントについて

換金手数料まとめ

にゃー

 

換金手数料はこういう考え方もできる。

 

換金手数料が無料なお小遣いサイトはどこかで換金手数料を補填しなければならない。

 

例えば広告の還元率を落としたり、クリックポイントの量を調整したり、あるいはサイトに広告をペタペタ貼って表示が重くなったり…

 

その辺はうまい事やっているとは思いますが、どこかで補填しているのは間違いないでしょう。

 

ちなみにモッピーやポイントインカムは、ドットマネーと付き合っていく事でこれまでかかっていた手数料をうまく無料化しています。

 

例えばこれまで手数料がかかっていたお小遣いサイトがいきなり手数料無料にしたとします。

 

手数料無料にするための代償として、これまで1日十秒で2円獲得できたコンテンツが無くなってしまったならそれは良い事でしょうか?

 

逆も考えられます。

 

現在ならハピタスは手数料無料ですが、逆に手数料がかかる代わりにクリックポイントの数が3倍になる。

 

と言われた場合、納得できるかどうかというのは微妙であると思います

 

換金手数料はお小遣いサイト利用のテンションを決めるものでありつつも、

 

現在の制度上無理に換金手数料を無料にするという事はどこかにしわ寄せが来るという事です。

 

利用者の増加や広告利用の増加で運営会社そのものの景気が上昇した場合は全然良い、むしろ早く無料にして欲しいですが、無理に手数料無料にされるとどこかで補填する考えに向かっていきます。

 

換金手数料があるならばクリックポイントが多いという特徴があればそのお小遣いサイトは、換金手数料がかかっても優良なお小遣いサイトであると私は思います♪

 


2019年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2019

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2019年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2019年

おすすめお小遣いサイトランキング2019へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2019年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2019年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
7月23日:先日は吉本による、吉本の1日と言っても良いような1日でしたね。会見は長いし、要点をつかめた感じはしないですが、今一度パワハラについて考えさせられましたね。上司も人間、感情的になる事もありますが、意見が通るのは上司の方、なので上司は発言には気をつけないといけませんね。ただ…悪いことをしたのは最初は誰か?という気もしますし、そもそも悪いことをしないといけない環境を作ったのは誰か?という気もしますし、闇営業って、普通の会社でも営業が会社を通さずに仕事をとり、クラウドソーシングに出すでも成立する事もあるかと思います。そういった事を考えると、闇営業を止めるというのは、実質信頼関係を気づいているのは現場な事から非常に難しい事なのではないかと思います。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 14572043総閲覧数:
  • 93今日の閲覧数:
  • 3582昨日の閲覧数:
  • 10現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み