移動でポイントが貯まるポイ活アプリ『トリマ』と『Miles(マイルズ)』の稼ぎやすさを徹底比較!!

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » お小遣いアプリの危険性 » お小遣いアプリ稼ぐ » 移動でポイントが貯まるポイ活アプリ『トリマ』と『Miles(マイルズ)』の稼ぎやすさを徹底比較!!

移動でポイントが貯まるポイ活アプリ『トリマ』と『Miles(マイルズ)』の稼ぎやすさを徹底比較!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


トリマVSMiles

 

2021年11月3日に発表された「2022年ヒット予測」で、日常生活の移動でマイルが貯まる『Miles(マイルズ)』が見事1位を獲得しました!!

 

日本テレビ「スッキリ」の番組内でも紹介されており、「地方自治体と協力して、Go Toキャンペーンとかやるよりも商店街を歩くと貰えるマイルが高くなるとかにして、移動に対してお金を払う等いろいろな使い方が出来るのでアイデア次第では面白いアプリ」と大絶賛していました!!

 

「トリマ」もスッキリ内で紹介された事があるのですが『ポイ活』というカテゴリーでの特集だったので、スタジオ内で大絶賛という感じにはなりませんでしたが、やはり人気番組で紹介されたという影響は大きく番組を見てトリマを始めたという方が多くいらっしゃいました。

 

 

そこで今回は、いま大注目の"徒歩だけでなく移動でもマイルを貯めることが出来る"ポイ活アプリ「トリマ」と「Miles(マイルズ)」は、どこが違って、どちらのほうが稼ぎやすいのかを徹底比較したいと思います。

 

 

トリマの危険性と評判について気になる方は、こちらの記事がおすすめ!

↓↓↓

 

マイルズの危険性と評判について気になる方は、こちらの記事がおすすめ!

↓↓↓

 

トリマとMiles(マイルズ)を徹底比較!

ヒップホップ

 

マイルを貯めたら何と交換できるの?

「移動でポイントが貯まるポイ活アプリ」や「日常生活の移動でマイルが貯まる」という特徴がある両アプリですが、そもそも「マイル(ポイント)」を貯めたら何かいいことあるの?

 

 

っていうか、マイルを貯めたくなるような、エエもん貰えんの⁉

 

 

という事で、【トリマのマイル】と【マイルズのマイル】の違いや、交換できるアイテムについて検証していきたいと思います。

 

 

【トリマのマイルとは?】

トリマ内で獲得できるポイント単位のことを「マイル」と呼ぶだけであって、航空会社のマイルとは関係ありません!

 

貯めたマイルは、100マイル=1円相当の価値があり、

 

    • トリマを優位に使えるアイテム
    • 「giftee」を経由してコンビニ等で受け取れる商品引換券
    • 「ドットマネー」を経由してアマギフやiTunesギフト等
    • トリ丸の着せ替えアイテム

 

と交換することができます。

 

 

Amazonギフト券などに交換するときはトリマから「ドットマネー」という手数料無料で様々なジャンルのポイントに交換することが出来るポイント交換サービスを経由する必要があります。

 

つまり【トリマ⇒ドットマネー⇒Amazonギフト券】という流れになるので、あえてトリマで貯めたマイルをドットマネーで止めておくという方も多くいらっしゃいます。

 

そのメリットですが、トリマで交換先を確認すると、

 

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • nanacoポイント
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • dポイント
  • Google Playギフトコード
  • Pontaポイント
  • 楽天ポイント
  • 銀行振込

 

としか記載されていないので、自分に合った交換先がないなとトリマの利用を断念した方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと待ってください!!

 

実はドットマネーには「TOKYU POINT」「QUOカードPay」「FamiPay」等、トリマに記載してある交換先以外の交換先もたくさんあるので、トリマの交換先だけを見て「自分に合った交換先がない」と判断するのではなく、一度ドットマネーサイトでどのような交換先があるのか確認してみる事をおすすめします。

 

また、トリマからドットマネーへのポイント交換も無料!ドットマネーから各種ポイント交換先への交換も無料!という嬉しいメリットがあるのもトリマを始める人が多い理由の一つだと思います。

 

ただし、トリマで獲得したマイルには有効期限があり最後にマイルまたはメダルを獲得してから180日経過すると、それまで保有していた全てのマイルとメダルが無くなるので注意が必要です!

 

 

 

【Miles(マイルズ)のマイルとは?】

こちらもマイルズ内で獲得できるポイント単位のことを「マイル」と呼び、航空会社のマイルとは関係ありません!

 

貯めたマイルは、さまざまな特典と交換することが出来ます。

 

例えば、以下の特典と交換するには、

 

特典 交換マイル レート
【ファミマ】ブレンドSまたはアイスコーヒーS無料引換クーポン(税込100円) 500マイル 1マイル=0.2円相当
Amazonギフト券100円分 5,000マイル 1マイル=0.02円相当
Amazonギフト券300円分 15,000マイル 1マイル=0.02円相当
Amazonギフト券500円分 25,000マイル 1マイル=0.02円相当
Amazonギフト券1,000円分 50,000マイル 1マイル=0.02円相当

 

という感じになるのですが、ファミマのコーヒー無料引換券でも1マイル=0.2円相当、それよりも酷いのがAmazonギフト券の1マイル=0.02円相当というレートです。

 

ただ、トリマの場合100マイル=1円、つまり1マイル=0.01円相当のレートなのでレート的にはMilesのほうがお得感があります。

 

 

マイルズ内では「獲得したマイルに有効期限はありません」と記載されていますが、

 

快適な利用者体験を提供し、アカウントのセキュリティを維持するため、6ヶ月以上Milesアプリを開いていない会員には、2,500マイルの維持費が発生します。

例えば、2021年10月20日以降、Milesアカウントにログインしていない場合、2022年4月20日に2,500マイルが失効し、アカウントが再びアクティブになるまで毎月失効し続けます。

Milesアプリは無料なので、維持費としては利用者のアカウントからのマイルが失効するだけです。いかなる金銭の請求はありません。

 

まあ、獲得したマイルの有効期限が存在すると思って利用したほうが分かりやすいと思います。

 

大切な事なのでもう一度いいますが、レートだけのお得感であってマイルの貯めやすさは別です。

 

 

 

マイルズ交換先

 

マイルズでは、Amazonギフト券への交換の他に、

 

  • マイルを使って様々な商品やサービスなどを獲得できる抽選!
  • ユーザーより集めた10,000マイルにつき100円を各団体に寄付!
  • 無料クーポン、割引クーポンなどに交換することで様々な商品やサービスがお得に!

 

といった感じで、自分に合ったサービスや商品があれば「頑張ってマイルを貯めよう」というやる気に繋がると思うのですが、SNSでの口コミを確認した限りでは、

 

マイルズはこのまま交換先が増えなさそうなら魅力がないかな

 

マイルズはコンビニのドリンクとかの特典が増えたら神アプリになると思う

 

あまり魅力的な特典がない

 

噂通り、ファミマのコーヒー1回しか引き換えられないみたい…

 

と、いま現在マイルと交換できる特典に満足している方のほうが少ないといった感じの評価が多かったです。

 

 

最後の『ファミマのコーヒーって1回しか交換出来ないのでは?』という噂がSNSで広まっているのですが、マイルズ内で気になる内容を発見!!

 

ファミマのコーヒー無料クーポンは1回だけ?

マイルズファミマ無料

 

ファミマのコーヒーの無料クーポンが貰えるの♪ヤッター!!

 

という事でマイルズに興味を持った方もいらっしゃると思います。

 

 

Amazonギフト券100円分との交換に必要な5,000マイルと比較すると、ファミマのコーヒー無料クーポンは500マイルで交換できるとあって、【アプリDL&登録で300マイル】+【招待コード( VZAIJE )入力で500マイル】で合計800マイル獲得することが可能なので、すぐにファミマのコーヒー無料クーポンと交換することができます。

 

 

しかし、SNSを確認してみると、

 

ファミマのコーヒー、一回しか交換できなかった

 

ファミマのコーヒーたくさんもらえると思ってウキウキで入れたけど、一杯しかもらえなくて今後も使うか迷う

 

という投稿をされている方が多くいらっしゃいました。

 

 

私もその投稿を見て、「うわ~1回だけとか…思ってたのと違うな」と残念な気持ちになったのですが、マイルズのヘルプセンターを確認してみると以下のような記載がありました。

 

【一度交換した特典はどうなりますか?】

交換された特典は、「特典」ページの「交換された特典」タブに表示されています。

交換した特典をタップすると、その特典の交換確認ページに移動します。

ここから、特典を利用することができます。

 

 

この意味は、交換した特典を利用するときに表示させる方法ってことかな?

 

それともここから再度マイル交換で利用できるってこと?

 

 

テレビで紹介された超話題のときにアプリDLしたりしたので、どうも上手く処理されなかったようで入会特典の合計800マイルを残念ながら獲得することが出来ませんでした。

 

そのため、上記を検証することも出来ず…。

 

たぶん、交換した特典を利用するときに表示させる方法って意味のほうが合ってそうですが、もし一度ファミマのコーヒーに交換された方で「それはこういう意味だよ」という事が分かれば是非教えてください!!

 

 

移動でのマイル獲得方法の違いについて

移動で獲得できるマイルの違いをトリマとマイルズで比較したいと思います。

 

 

【トリマの場合】

 

トリマ移動マイル

 

トリマの場合、飛行機、新幹線、バス、電車、自動車、自転車、船といった乗り物を使った移動でもマイルを貯めることが可能です。

 

基本は、約10㎞を移動することでタンク1本が満タンとなり、動画視聴することで100マイルと交換できます。

 

つまり100㎞の移動であれば、動画を10回見る必要がありますが10円相当をGETできます。

 

 

そしてここからがトリマの裏技的な方法なのですが、「動画を見て3倍速」や「スピードアップ定期券」を利用して3倍速モードにすると約3.3㎞の移動でタンク1本を満タンにすることが可能になります。

 

つまり、動画を30回見る必要がありますが100㎞の移動で30円相当をGETすることができます。

 

 

 

【Miles(マイルズ)の場合】

トリマは「乗り物での移動」と「徒歩での移動」の2種類でマイルの獲得方法が違いますが、マイルズの場合は移動距離に応じてマイルが貰えるだけでなく、移動手段ごとにボーナスマイルの倍率が設定されており、環境にやさしい移動にはより多くのボーナスポイントが付与されます。

 

ボーナスマイル

 

 

マイルズの場合、1.6㎞を移動すると1マイルを貰うことができるので、

 

移動手段 ボーナスマイル 1.6㎞移動した場合(アマギフ換算)
ランニング・徒歩 10倍 10マイル獲得(0.2円相当)
自転車 5倍 5マイル獲得(0.1円相当)
バス・電車・船・スキー 3倍 3マイル獲得(0.06円相当)
相乗り 2倍 2マイル獲得(0.04円相当)
1倍 1マイル獲得(0.02円相当)
飛行機 0.1倍 0.1マイル獲得(0.002円相当)

 

という計算になります。

 

 

私の履歴を確認してみると車移動と徒歩移動の2つで反映されているのですが、正直意識して利用していなかった期間なので「徒歩」と認識されている部分も「いつ歩いたっけ?」という感じで記憶にないのですが、いくつか「徒歩」でマイルが反映されていました。

 

 

マイルズ徒歩マイル

 

 

  1. 0.2マイルの移動⇒2.3マイル
  2. 2.6マイルの移動⇒26.2マイル
  3. 1.4マイルの移動⇒13.5マイル
  4. 0.3マイルの移動⇒2.9マイル

 

獲得出来ていました。

 

単純に0.2マイルの移動の場合、0.2マイル×10倍=2マイル付与という感じだと思っていたのですが、「車」での反映は問題ないのですが「徒歩」の判定になると移動マイルよりも付与されるマイル数が多かったり少なかったりバラバラなので確実にこれだけのマイルが稼げるという事は言えませんが、だいたいの獲得マイルを計算すると、

 

 

車で100㎞移動した場合、

1.6㎞=0.02円

100÷1.6=62.5

62.5×0.02=1.25円

 

 

これが徒歩で100㎞移動した場合、

1.6㎞=0.2円

100÷1.6=62.5

62.5×0.2=12.5円

 

やっと、トリマの基本の使い方で100㎞乗り物で移動した時と同じくらいになる計算になります。

 

 

【1円相当のマイルを獲得するために】

トリマであれば約3.3kmの移動をすることで1円相当のマイルが貰える。

マイルズであれば約80kmの車移動をすることで1円相当のマイルが貰える計算。

 

 

大量の動画を見る必要があるというデメリットはあるものの、マイルズと比較するとマイルが貯めやすく、交換先も豊富というメリットが『トリマ』にはあります!

 

そして、動画視聴など面倒なことはしなくても良いというメリットがあるものの、トリマと比較するとマイルが貯まりにくく、交換先も利用したいと思うものが少ないというデメリットが『マイルズ』にはあります!!

 

 

検証を続けることで、マイルズのもっとよい部分が見えてくるのかもしれませんが、第一印象ではトリマの勝利といった感じがしています。

 

トリマのメリット・デメリット

トリマアイコン

 

トリマのメリット

トリマのメリットは、貯めたマイルを「ドットマネー」に交換できるという強みだと思います!!

 

確かにトリマ⇒ドットマネー⇒交換先と一手間増えるというデメリットはありますが、それ以上に豊富な交換先と交換手数料無料というメリットのほうがデメリットを上回っています。

 

 

「ドットマネー?なにそれ?」という方には、一度経由させるなんてなんか怪しい…と思うかもしれませんが、多くのポイントサイトユーザーがポイント交換サイト業界でNo.1だと認めている安心して利用できるサイトです♪

 

 

そして、移動や徒歩だけでマイルを稼ぐだけでなく、タンク⇒マイル獲得時に動画を見ることでガチャを回せたり、ログインで貰えるコインでスロットを打てたりと「ついで」にマイルを獲得できるチャンスが豊富なのも魅力の一つです。

 

他にも、アンケートやアプリゲーム・お買い物・キャンペーンでもマイルを獲得することが出来るので『マイルが貯まりやすい』これこそ、他の移動でポイ活が出来るアプリとの大きな違いだと思います!!

 

UberEats(ウーバーイーツ)などの配達員をしている方なら、トリマと併用して利用することでW(ダブル)でお得に稼ぐことが出来るのもいいですね♪

 

トリマのデメリット

トリマのデメリットは、動画を見るのが面倒、そしてスマホの電池の消費、通信量の使用、通信料の負担、徒歩がカウントされなくなる、行動情報が収集されるです。

 

「行動情報が収集される」という部分をデメリットと感じてしまう方は、移動でポイ活が出来るアプリの利用には向いていないと思ったほうがいいです。

 

 

そして、SNSで「トリマ アンインストール」で調べたところ、

 

  • 移動することが減った
  • 充電の減りが半端ない
  • 広告見るの面倒くさい
  • 換金までの道のりが果てしない
  • 通信量ヤバイことに気づいた
  • タンクや歩数がカウントされなかった

 

など、トリマをアンインストールした方の理由は様々ありましたが、一番多かったのは「めんどくさい」でした。

 

 

実際トリマとマイルズを比較してみて、トリマはどんどんマイルが増えて貯まりやすいと感じますが、何をするにも動画視聴が必要なので「ながら動画視聴」じゃないと時間の消費も半端ないです。

 

ただ、何度もタップしないと広告が終了してくれないものがほとんどなので、多くの方がめんどくさいと感じるのも納得できます。

 

 

また、トリマの場合「移動」はGPSですが、「徒歩」はモーションとフィットネス(iOS)、運動データまたはGoogle Fit(Android)を連携することでカウントされるので「歩数がカウントされない」という口コミも多くありました。

 

頑張って歩いたのに歩数がカウントされていないってかなりショックなので、同じような事が続く方にとっては十分アンインストールする理由にはなるでしょうね。

 

 

あと、もう一つトリマのデメリットありました!!

 

それは「友達紹介」です。

 

トリマには、お友達があなた専用の招待コードを入力して登録してくれた場合、お友達とあなた両方に5,000マイルが付与されるサービスがあります。

 

ただし、招待コードの利用回数には制限があり最大10人までしか紹介報酬を貰えないので、5,000マイル×10人=50,000マイル(500円相当)で終了となります。

 

 

※招待コードを入力するお友達側は、アプリインストール後に招待コードを入力⇒マイページの会員ログイン完了で5,000マイル獲得することが出来るので、トリマを始める時は忘れずに招待コードを入力しましょう!!

 

 

トリマ招待コード: 1gIjaSmE0

 

トリマの裏技

裏技といってもトリマ側からするとグレーいやアウトな方法だと思うので、やるかやらないかはご自身の判断でお願い致します!!

 

【スロットをやり直す裏技】

トリマにログインしたり、ガチャや動画視聴後に獲得することが出来るメダルを利用して参加できるコンテンツが「スロット」です。

 

通常は5コイン消費することで1回スロットを打つことが出来るのですが、このスロットでマイルを獲得するには3つの絵柄を揃えないといけません!

 

つまり2つ目のボタンを押した時点ではずれた事が分かる時もあるという事です。

 

 

そんな時に今からご紹介するアウトな裏技をすることで、

 

1個目「スイカ」⇒2個目「トリ丸」だった場合、左上にある[戻る]をタップすることでコインを消費することなくもう一度スロットを打つことが可能なので、1個目「スイカ」⇒2個目「スイカ」のリーチ状態にすることが出来ます!!

 

3個目の絵柄が違った場合は諦めるしかないですがリーチの状態までもっていく事ができるだけで「777」が当たる可能性がグンとUPする裏技なので、この裏技を知っている人はグレーいやアウトなやり方だと分かっていてもやっている人のほうが多いのではないかと個人的には思っています。

 

マイルズ(Miles)メリット・デメリット

マイルズアイコン

 

マイルズのメリット

マイルズのメリットは、環境にやさしい「徒歩」には10倍のボーナスマイルが付与される、アプリDL&招待コード入力で800マイル貰える、ステータス特典が貰える、動画を見なくてもいい事です。

 

そして何より「2022年のヒット予測」の第1位に選ばれたという強みもあります。

 

 

車よりも獲得できるマイルが多いなら…と出来るだけ「歩こう」という気持ちになるので、自然にも健康的にもメリットなのではないでしょうか。

 

また動画を見なくてもマイルが勝手に貯まるというのは、トリマで動画広告疲れになっている人にはとても魅力的なのではないでしょうか!!

 

 

マイルズには、今月の移動距離や特典交換数を基に次月の「ステータス」が決まります。

 

【ステータスの特典】

  • 毎月マイルプレゼント
  • 1周年記念にマイルプレゼント
  • 誕生日にマイルプレゼント
  • マイルの交換率がお得に(ゴールド会員・プラチナ会員)
  • 特典へのアーリーアクセス(プラチナ会員)

 

 

そして、アプリダウンロード+300マイル&招待コード入力+500マイル貰えるので合計800マイルと、マイルズでは500マイルで100円相当のファミマのコーヒー無料クーポンと交換できるので、トリマの招待コード入力で貰える5,000マイル=50円相当よりはお得な入会特典が貰えるのは確かです!!

 

マイルズ招待コード: VZAIJE

 

マイルズのデメリット

マイルズのデメリットは、マイルのレートが分かりにくい、交換したい特典が少ない、友達紹介で最大5人しか招待できない、マイルが貯まりにくいです。

 

マイルズの場合、交換する特典によってマイルのレートが変わるので、まあまあ分かりやすいトリマのレートに慣れている方にとっては分かりにくいと感じるでしょう。

 

また、トリマと同じくスマホの電池の消費、通信量の使用、通信料の負担はデメリットになってきます。

 

 

ただ、動画を見なくても、アプリを起動していなくてもバックグラウンドでマイルが勝手に貯まってくれるので、トリマより面倒ではないのは確かです!!

 

 

友達紹介は、最大5人まで&最大2,000マイルと制限がある上に、紹介したお友達が2マイル(約3.2km)以上の移動を10回するなど条件をクリアすると…といった感じでお友達側の条件もプラスされるので、活動的なお友達を招待しなければいけないというデメリットが紹介する側にはあるなと感じました。

 

 

最後にもう一つデメリットがありました!!

 

それが「特典」です。

 

招待コード入力で合計800マイルを獲得した方の場合、登録してすぐに交換出来てしまうファミマのコーヒー無料クーポンは「売り切れ」状態になりやすいです!!

 

ファミマ売り切れ

 

まだファミマのコーヒー無料クーポンに1度も交換していない方でも「売り切れ」と表示されてしまっては交換することが出来ないので、無料クーポンが追加されるのを待つ、つまり交換したい時に交換したい特典が無いという可能性があるというデメリットがあります。

 

【どのくらいバッテリーを消費しますか?】

静止しているときはバッテリーを消費しません。

移動するときのバッテリー消費量は最小限に抑えられ、平均的な日々の移動では、バッテリーの1%程度が消費されます。

Wi-Fiを常にオンにしておくことで、バッテリー消費を抑えることができます。

 

【アプリのデータ使用量は?】

データ使用量は、移動回数や各移動の距離によって異なりますが、平均的な月間データプランの1~2%程度を使用することがあります。

データ使用量を軽減するためには、Wi-Fiの使用をおすすめします。

 

マイルズの裏技

こちらの裏技もマイルズ側からするとグレーいやアウトな方法だと思うので、やるかやらないかはご自身の判断でお願い致します!!

 

先程も「車」よりも「徒歩」のほうがマイルが貯まりやすいというお話をしましたが、それなら「車」⇒「徒歩」に変えちゃえばいいじゃないか。

 

 

移動手段をという意味ではなく、マイルズでは反映された移動履歴にある「移動方法」を手動で変更することが出来ちゃいます!!

 

 

移動手段変更

 

今回の検証結果であれば、車1.5マイル⇒1.5マイル獲得だったところが、ランニング1.5マイル⇒15.1マイル獲得になりました!!

 

ただ、車から徒歩に変更しようとしても「変更できませんでした」と表示されることもあるので、その時は次にランニングを選択することで「完了しました」と表示される事もあるので【車⇒徒歩⇒ランニング⇒自転車…】と変更完了するまで選択し続けるという方法もあります。

 

試しに、徒歩もランニングも自転車もダメだった時にバスを選択してみたのですが「変更依頼を確認中」と表示されてしまい、これはダメだなと思いました。

 

 

マイルズでこの裏技について調べてみたところ、

 

移動手段の変更リクエストは、当社のデータに基づいて合理的だと判断された場合、即座に承認されます。

 

追加情報が必要な場合はEメールでご確認します。

 

との記載があるので、上記のようなバスなんかは連絡があるかもしれないですね。

 

 

速度で移動手段を判定しているのであれば、車移動のときも速度制限を守った運転を心掛けることでランニングや自転車に変更できる可能性がアップするのではないかと思います!!

 

 

マイルズにはもう一つ裏技があるのでご紹介したいと思います。

 

「相乗り」で家族でマイルを稼ごう

相乗り

 

マイルズには、あなたと相乗りしている方が「Milesアプリ」をダウンロードして動作させている場合、あなたと利用者が相乗りしていることを自動的に検出して相乗りしていた移動のマイル数に対して「相乗りボーナスマイル」が付与れます。

 

相乗りボーナスマイル:2倍

 

 

「相乗りしていた移動のマイル数に対してボーナスマイルが付与される」という事は、家族でMilesアプリを利用していれば最初から最後まで相乗りしている移動が多いと思うので、家族でお得な移動が出来ます!!

 

 

相乗りを自動的に検出させるためには、以下の設定が必要です。

 

1.【位置情報サービス】

iOS端末の場合:位置情報サービスを「常に許可」に設定してください。

 

「なし」または「このAppの使用中のみ許可」を選択すると、アプリが正常に機能しなくなります。

 

[設定]⇒[プライバシー]⇒[位置情報サービス(オン)]⇒Milesで[常に許可]を選択する。

 

※iOSでは時々[バックグラウンドでの位置情報の使用を許可したままにしますか?]と表示されますが「常に許可」を選択してください。

 

 

Android端末の場合:位置情報サービスを「常に許可」に設定してください。

 

[設定]⇒[アプリ管理]⇒[Miles]⇒[アプリの権限]⇒[位置情報:常に許可]で更新する。

 

 

2.【ログインしたままにする】

意図せずにアプリからログアウトしていないか確認するようにしましょう。

 

 

3.【アプリのバージョン】

アプリのアップデートが定期的にリリースされているので、最新の状態にしておきましょう。

 

 

4.【OSのバージョン】

アプリの機能を確実にサポートするために、可能な限り最新のOSバージョンにアップデートしておきましょう。

 

 

5.【インターネット接続環境】

このアプリは、インターネットに接続されていないオフライン手段でも完全に動作します。

 

オフライン手段で使用する場合、24時間の間にオフライン手段で行ったすべての移動のマイルを獲得するために、少なくとも24時間に1回はインターネット(Wi-Fiまたはデータプラン)に接続する必要がある場合があります。

 

 

SNSでは、

 

旦那と一緒に行動したから相乗り×2に~♪(今日も端末だけ旦那と仕事行ってるけどw)

 

息子を迎えに行ったら相乗り2倍になった!Milesすげー

 

といった感じで、家族で協力して「相乗り活」を楽しんでいらっしゃる方もいらっしゃいました♪

 

まとめ

目指す

 

「2022年ヒット予測ランキング」でMiles(マイルズ)が第1位を獲得したこともあり、多くの番組で取り上げられたようです。

 

その影響で、実際私もアプリダウンロード後に登録画面へ進むことが出来なかったり、移動履歴の反映とマイルの付与に遅れが発生していました。

 

 

 

 

私の場合は、一度アプリをアンインストールし、もう一度アプリダウンロードから挑戦してみたところスムーズに登録を完了させることが出来ましたので、なかなかマイルズに登録できないという方はアンインストール後の再ダウンロードをお試しください。

 

 

今朝ニュースを見てこの記事の作成を始めたので、今回は簡単な違いを比較しただけの内容になってしまいましたが、どんどん追記していき初心者の方でも分かりやすい内容にしていきたいと思っております。

 

 

Miles(マイルズ)に関しては動画視聴という手間がなく、ほったらかしでOKなのでトリマとマイルズの二刀流も全然ありだと思います!!

 

 

現在トリマでは、5万円相当のマイルが当たるキャンペーンを実施しておりますので、興味がある方は要チェックです!!

↓↓↓


2020年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2020

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2020年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2020年

おすすめお小遣いサイトランキング2020へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2020年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2020年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
現在、サイトを更新することは可能。一応更新の危険性も把握できているし、よっぽどの事がなければ大丈夫…だと思う。一番大丈夫じゃない部分は、私自身がこのサイトを使い、何を発信し、何のためにお金を儲けて、どうやって楽しんでやっていくか…これがまとまっていないので、今サイトを更新しても、結局大掛かりな変更をしなければならない状態になるのではないかと感じてきました。そして私のモチベーションも方向性を見失ったままなので、総合的に何の為に今期限を設けてやるという事に意味を見いだせなくなってきてしましました…思えばこのサイトを始めた時、闇雲に乱立するお小遣いサイトを、俺の手で危険性を洗い出して、安全に利用するガイドを作ってやるぜ…みたいな、確固たる熱意、あの頃にはそれがあった。ただ今思うのは、その中に自分が楽しむというのは、あまりなかったと思います。今後、一生情報発信をやっていくには、"楽しむ"というのを切り離してはいけないのだと、強く感じ、ここからの方針を再び考えていきたいと思います。更新は、それからかな…
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 18095207総閲覧数:
  • 3069今日の閲覧数:
  • 4332昨日の閲覧数:
  • 25現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み