移動ポイ活アプリ「トリマ」改悪続きだが、それでも私がトリマを続ける理由

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » お小遣いアプリの危険性 » お小遣いアプリ稼ぐ » 移動ポイ活アプリ「トリマ」改悪続きだが、それでも私がトリマを続ける理由

移動ポイ活アプリ「トリマ」改悪続きだが、それでも私がトリマを続ける理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


移動徒歩

 

移動するだけでポイントが貯まるポイ活アプリ「トリマ」が2022年になってから、どんどん改悪されていく…。

 

強制的に「一旦CMです」と動画が流れて手間が増える。

 

1動画再生の還元率が100⇒60マイルに減少で、さらに広告視聴が苦痛になる。

 

追加タンクがお高くなって高級品になる。

 

1日のタンク獲得上限本数が200⇒50本に減少で遠出で稼げなくなる。

 

歩数の2倍速機能がなくなり、アイテムありきの稼ぎやすさとなる。

 

そして2023年1月、交換手数料20%がかかるようになり、マイルの価値が下がる。

 

デンさん
交換手数料が無かった所がいいところだったのにな…

 

 

しかし、これだけ改悪されても、トリマの代替に利用できる移動系ポイ活アプリがあるかと聞かれると難しいところ。

 

稼げるペースは減ったが、他の移動系ポイ活アプリと比較しても、まだ稼ぎやすいから『続ける』という選択をするユーザーもいます。

 

わたしもその中の一人です。

 

 

そこに意味はあるんか?

そこに意味はあるんか

 

 

全盛期のトリマは稼げるという事に突出しており、それが優位性でした。

 

現在は、全盛期と比べて改悪しているものの、他移動系ポイ活アプリと比べても、まだまだ稼げる度は高いです。

 

トリマ評価

 

交換手数料がかかるようになりましたが、交換先も豊富ですし、"ある程度放置できる"ので1日の終わりにまとめてポイント獲得できるという強みは、日常的なポイ活との相性が非常に良いです。

 

評価の詳細はコチラをご確認ください。

 

 

移動系ポイ活アプリはトリマ以外にもあるので、改悪続きのトリマを利用する意味はあるのか?比較検証してみました。

 

まずは、放置できることに特化した「マイルズ(Miles) 」。

 

マイルズ評判

 

マイルズは放置できるところがトリマよりも上回っていますが、稼ぐということにおいては不向きです。

 

評価の詳細はコチラをご確認ください。

 

 

次に、キャラ育成の楽しさに特化した「ぴよクエ」。

 

ぴよクエ評価

 

ぴよクエは、突出した要素も優先すべき要素も少ないですが、放置ということにおいては不向きです。

 

評価の詳細はコチラをご確認ください。

 

 

よって、総合的な点数では現在まだトリマが上回っている状態だと私は考えます。

 

そこに意味はあるんか?

 

「あるんよ」という結論に至りました。

 

デンさん
これ以上改悪すると、そろそろヤバイけどな…

 

動画広告収益が下がる理由

動画広告

 

トリマでは至る場所で「動画広告」が表示されます。

 

移動や徒歩からのマイル回収、3倍速、ガチャやスロットプレイ時など、何かするたびに動画広告の視聴が求められます。

 

これでもかってくらいに広告を見せているんだから、広告利益は良いであろう。

 

それであれば、100マイル=1円という移動系ポイ活アプリ業界では高還元といえる還元率を貰って当然だろう。

 

という気持ちで利用していたのですが、実は【動画収益<ユーザー還元】という状態続きだったようで、とうとうサービス運営継続のために「獲得マイル数の変更」や「交換手数料の発生」が避けられない状況となりました。

 

 

広告単価を上げるためには、

  • ベストな広告配置をする
  • ユーザー体験を優先する

という事が大切になります。

 

 

ベストな広告配置をするとは、例えば、タンク回収時に動画広告を見ることで獲得できるマイルが4倍になったらどうでしょう?

 

ユーザーがアプリを使用する際に最も重要視している「マイル獲得」の直前に動画広告を入れることで、動画広告の存在をユーザーに受け入れてもらいやすくなります。

 

 

ユーザー体験を優先するとは、広告収益を上げるために最も優先すべきことは「ユーザー体験を優先した上で収益化を図る」事です。

 

動画収益を優先しすぎるとユーザーが離れていってしまう為、ユーザーが自分で視聴を選択しているという感覚を与える設計にすることがユーザー体験の向上につながり、継続的な収益を獲得する上で重要となります。

 

この事から、決して好意的なものではない【動画広告】を、ユーザーにとってメリットがある形で広告を表示する。

 

デンえ
アプリをたのしみながら広告視聴を習慣化させるという事が、広告単価を上げるためには必要なんじゃないかな

 

トリマの場合、ありとあらゆる場所で広告視聴が求められたり、スムーズに広告が再生されない事にユーザーが疲れてしまい、サービス開始当初と比べて"獲得マイルが下がってもいいから広告を視聴しない"という選択をするユーザーも増えました。

 

また、「ながら作業」するユーザーが増えた事により、広告主がトリマへ広告を掲載してもらう意味というものが薄れてきてしまった結果、広告単価が大きくダウンしてしまったのではないかと当サイトでは判断しています。

 

デンさん
ながら作業=見ていないからな…

 

広告主からすると広告の無駄撃ちになり、トリマ側も広告単価を下げられてしまう原因となるぜ

 

広告収益は改善するのか

トリマに掲載された「タンクによる獲得マイル数が変わります」というお知らせに、

 

今後、広告収益が改善した場合は、もちろんマイルとして皆さまに還元していく所存です。

 

と記載されていますが、一番の改善ポイントは、位置情報を利用したロケーションビジネスの創出ですね。

 

 

  • 動画広告の単価上昇
  • 広告視聴を選択しないユーザーの増加
  • ながら作業化による広告主が感じる疑問
  • 不正利用者増加による広告主への被害
  • 地図によるビジネスモデルの供給不足

 

動画広告の単価上昇、これまで200を超えるポイントサイトを見てきましたが、このパターンで単価上昇というのは、正直見たことないですね…!!

 

広告を視聴する事をしないユーザーを減らすのは極端な話簡単で、動画視聴必須にしてしまえば良いです。

 

そんな事をしてしまえばトリマがクソアプリ認定される事は間違いないですが…。

 

運営が破綻する選択肢なので、余程追い詰められないとこの選択肢は出て来ないと思います。

 

ながら作業化…他のポイントサイトのゲームとかでも、ながら作業しないなんて事はないです。

 

不正利用者…よくない事ではありますが、運営側が即座に対処すべき事です。

 

 

根本的な所で改善できるポイントなのは、ロケーションビジネスの創出にかかかっていると思います。

 

「広告収入で成り立つビジネスモデル」+「ロケーションビジネス」の2本柱をもって、還元率を改善するのが一番現実的ではないかと思います。

 

現実的ではあるが、新しいビジネスの創出というのは非常に難しいと思いますが、位置情報サービスのプロとして頑張って頂きたい所ですね!!

 

デンえ
だから、新しいロケーションビジネスのトリマリサーチとか、期待しちゃうよね!!

 

お得と思えない人はやめる

天秤

 

『1動画再生が100マイルから60マイルに改悪されても、アプリを入れておいた方がお得なんだから』という意見の方もいらっしゃいますが、ユーザーはバッテリーの減りと劣化、そしてデータ量を消費しながら利用しています。

 

仮にですけど、データパケット1GBに制限している場合、動画広告を開くトリマの利用はそれなりの通信量になり、トリマだけで1GBに到達してしまうこともあります。

 

なので、極端な話、通信量無制限にしてまでやるのは割りに合わないです。

 

お得であるかどうかは、ユーザー一人ひとりの現状次第なので、先程の例のようにお得に思えない利用をするくらいなら利用を控えたほうが良いです。

 

●ンズ
体感的にバッテリーの減りとかは、ちょっとだけ早くなるような気がするぜ…

 

パケットプランを変えてまでやる必要はない!

 

トリマが改悪した原因は?

トリマ改悪

 

手数料の改悪とトリマ側の言い分

交換手数料20%

画像引用:トリマ公式サイト

 

 

2023年1月30日突如、交換手数料が20%に引き上げられました。

 

元々、商品引換券には15%の手数料がありましたが、今回は商品引換券・他社ポイントで一律換金手数料20%となりました。

 

他社ポイント=ドットマネーなので、ドットマネーにポイント交換するのに20%の手数料が必要。

 

これって、ポイントサイトやアンケートサイトでは、そもそもドットマネーへの交換は換金手数料なしが当然の中、フォロー不可能な改悪です!!

 

 

交換先 最低換金マイル数 交換手数料
銀行振込 120,000マイル=1,000円分 (※)200円
dポイント 36,000マイル=300円分 (※)60円
iTunesギフトコード 60,000マイル=500円分 (※)100円

※交換手数料は、最低換金マイル数に含まれる

 

 

このように、高額な手数料がかかることになります。

 

仮に1万円相当のポイントを持っていたとして、

 

  • 1月29日交換したら手数料0円
  • 1月30日に交換したら手数料2,000円取られる

 

とか、納得いくわけないですよね…

 

デンえ
突如ではなく、事前告知してくれていれば問題なかったんだけどね…

 

トリマ側の言い分ですが、事前告知することで一斉に交換申請されてしまうと、システムダウン及びサービス停止などのリスクが避けられないと判断した上での苦渋の決断だったという事です。

 

"そうならない為に"事前告知を行い、長い期間をとってポイント交換すればよかっただけだと思いますが、どうあがいても損する方がでる以上、悪評は免れませんし、悪質と思われるのは仕方ないですね。

 

●ンズ
交換手数料がかかるのはしょうがないが、信頼関係は大事だぜ…

 

獲得マイル数の改悪とトリマ側の言い分

改悪時の説明

画像引用:トリマ公式サイト

 

 

移動による獲得マイル数が、100マイル⇒60マイル(動画再生あり)、25マイル⇒15マイル(動画再生なし)に減少しました。

 

トリマの運営は、基本的には広告収入(動画広告含む)で成り立つビジネスモデルのため、比率の大きい動画広告の単価が下がった事が原因となります。

 

"基本的には広告収入で成り立つビジネスモデル"については、『トリマ』の立ち上げからプロダクトに関わってきたプランナー兼デザイナーの宮田貴大さんが言われている一文が掲載されています。

 

記事URL:https://repro.io/casestudy/trip-mile/

 

 

元々のトリマの"なんでポイントがもらえるの?"には、位置情報データを取得する代わりにポイントを還元するという記載があります。

 

なんでポイントがもらえるのか

画像引用:トリマ公式サイト

 

 

これらをまとめると、トリマは広告収入(動画広告含む)の収入で成り立つアプリであり、収集した位置情報を運営会社がデジタル地図の更新や新しいロケーションに活用しているという事になります。

 

なので、広告単価が下がっても、動画広告収入を上回る還元率を払ってでも、トリマの運営を続けていきたいという事が伺えます。

 

実際にどのくらい改悪したのか

【改悪1】獲得マイル数が100マイル→60マイルに減少

【改悪2】1日のタンク獲得上限本数200本→50本に減少

【改悪3】交換手数料20%かかる

上記3つの改悪による影響を実例をあげて説明します。

 

 

前提条件として、現実的なところで言うと、

  • 月~金曜日の移動距離が、車・電車・バスを含む片道20Km、往復40Km
  • 一ヶ月の移動距離は、40Km×20日=合計800Kmとする
  • 800Kmの移動で獲得できるタンク本数は、800Km÷3.3Km=242本とする
  • タンク回収時、毎回動画を視聴する

だとします。

 

条件 合計800Kmの移動で

獲得できるマイル数

獲得金額

(合計20日間))

リリース時 242本×100マイル

=24,200マイル

242円
改悪1 242本×60マイル

=14,520マイル

145円
改悪2 242本×60マイル

=14,520マイル

145円

※改悪1:獲得マイル数が100マイル→60マイル減

※改悪2:1日のタンク獲得上限本数200本→50本減

 

●ンズ
獲得マイル数が減ったときはダメージが大きかったが、獲得できるタンクの数が減っても、オレには影響がなかったぜ…

 

 

前提条件として、理論上稼げる最大値で計算すると、

 

(リリース時/改悪1)

デンえ
この頃は1日のタンク獲得上限が200本だったから、1日の移動距離は660kmが上限だったよ!
  • 1日の最大移動距離が660Km
  • 一ヶ月の移動距離は、660Km×30日=合計19,800Kmとする
  • 合計19,800Kmの移動で獲得できるタンク本数は、19,800Km÷3.3Km=6,000本とする
  • タンク回収時、毎回動画を視聴する

 

(改悪2)

デンえ
改悪されて1日のタンク獲得上限が50本に減ったから、1日の移動距離は165kmが上限だよ!
  • 1日の最大移動距離が165Km
  • 一ヶ月の移動距離は、165Km×30日=合計4,950Kmとする
  • 合計4,950Kmの移動で獲得できるタンク本数は、4,950Km÷3.3Km=1,500本とする
  • タンク回収時、毎回動画を視聴する

だとします。

 

条件 1日の最大

移動距離

合計19,800Kmの移動で

獲得できるマイル数

獲得金額

(30日間)

リリース時 660Km 6,000本×100マイル=600,000マイル 6,000円
改悪1 660Km 6,000本×60マイル

=360,000マイル

3,600円
条件 1日の最大

移動距離

合計4,950Kmの移動で

獲得できるマイル数

獲得金額

(30日間)

改悪2 165Km 1,500本×60マイル

=90,000マイル

900円

※改悪1:獲得マイル数が100マイル→60マイル減

※改悪2:1日のタンク獲得上限本数200本→50本減

 

 

獲得マイル数が減った【改悪1】のときには、利用者全員が獲得金額が減るという影響を受けました。

 

しかし、1日のタンク獲得上限本数が減った【改悪2】では、影響を受けた方の大半は、1日の最大移動距離が165Km以上になる長距離・中距離ドライバーさんや、営業の方のように毎日の移動距離が長い方です。

 

デンさん
移動距離が165Kmに到達しない生活をしている人には、現状影響はないぜ!

 

 

獲得マイル数が減った【改悪1】同様、交換手数料が20%発生する【改悪3】は、利用者全員が影響を受けることになります。

 

前提条件として、交換先は銀行振込とします。

 

条件 最低換金マイル数 交換手数料)
以前まで 100,000マイル=1,000円 無料
改悪3 120,000マイル=1,000円 200円

※最低換金マイル数に含む

 

これまで交換手数料無料で現金化できていましたが、2023年1月30日からは交換に必要となるマイル数に加え、高額な手数料がとられる事になります。

 

トリマ以外にも交換手数料がかかる移動系ポイ活アプリはありますが、10%が多く、20%取るのはトリマくらい…

 

デンさん
交換手数料がかかるようになるってのはノーマークだったぜ…

 

 

目次へ

トリマを続ける理由

トリマ継続

 

移動系ポイ活アプリはトリマ以外にも、

 

 

等たくさんありますが、代表して「マイルズ」と「ぴよクエ」でレートとタンクを比較。

 

マイルズの評価

マイルズは1.6Kmで1マイル獲得できるので、40Kmの移動で25マイル。

 

これに電車移動の場合は獲得マイルが3倍になるので、最終的に75マイル程度獲得という事になります。

 

マイルズは、交換する特典によってレート変動し、Amazonギフト券への交換レートは0.008円相当(2023年1月時点)と非常に低いです。

 

交換先はAmazonギフト券以外にもありますが、割引クーポン等に交換となるので実用性が低いんですよね。

 

『動画広告を見なくても、マイルが貰えるなんてラッキー♪』という気持ちよりも、Amazonギフト券100円分に交換するのにどれだけ日数がかかるのだろうかという不安のほうが大きい…。

 

デンさん
上限距離の記載はないが、それ以前に0.008円というレートの中で優位性を見つけることのほうが難しいぜ…。

 

マイルズのメリットはタンク容量の概念が存在しないので、動画広告を見る必要がなく、インストールしたら放置でポイントが貯まっていきます。

 

放置という意味では極限、稼ぐという事には不向きというのがマイルズの特徴となります。

 

■マイルズの評価

タンク容量:5

稼げるか:1

放置度:5

交換先:1

動画広告:5

合計:17点

 

ぴよクエの評価

一時期、トリマを超える移動系アプリの登場か⁉とSNSで話題になったぴよクエは、約3.3Kmの移動で2マイル=0.66円相当が貯まります。

 

40㎞の移動で24.24マイル=約8円獲得という事になります。

 

ただし、ぴよクエはトリマのようにタンクを何本も貯めておくという概念がないので、約3.3Kmごとに動画広告を見ないといけないという制約があります。

 

そうなると、電車移動でも1駅1動画視聴するのであれば、まだマイルを回収することができます。

 

しかし、車移動となると厳しいというか、やってはいけないスマホ操作をしながら運転するしかないでしょうね。

 

さらに、1日に付与されるマイルの上限は、1日42.195Km=26.4マイル=13200経験値=8.8円です。

 

貯めたポイントをAmazonギフト券にのみ交換できます。

 

放置という事には不向きというのがぴよクエの特徴となります。

 

■ぴよクエの評価

タンク容量:1

稼げるか:3

放置度:1

交換先:2

動画広告:3

合計:10点

 

トリマの評価
デンえ
トリマのレートは、100マイル=1円相当だよ。

 

以前のトリマは、約3.3Kmの移動(3倍速)でタンク1本が一杯になり、動画視聴をすることで100マイル⇒1円を獲得することができていました。

 

例えば移動距離が約40Kmの場合であれば、一杯になったタンク数が約12本貯まっている状態です。

 

すべてのタンクを動画視聴してマイル回収すると、12本×100マイル=1,200マイル獲得!

 

100マイル=1円相当なので、1,200マイル=12円になります。

 

これを30日間で計算すると、12円×30日=360円獲得できる事になります。

 

 

しかしタンク1本の回収が60マイルになった現在は、

 

12本×60マイル=720マイル獲得!

 

100マイル=1円相当なので、720マイル=7.2円になります。

 

これを30日間で計算すると、7.2円×30日=216円獲得できる事になります。

 

貯めたポイントをドットマネー経由で交換する場合の最低換金額が360円(手数料含む)ですので、2ヶ月継続できれば交換することが可能です。

 

●ンズ
この金額を高いと思うか 安いと思うかでアプリの価値が変わってくるぜ…

 

約40Kmの移動で獲得できる各アプリのポイントは以下の通りです。

 

  • トリマ⇒約7.2円
  • ぴよクエ⇒約8円
  • マイルズ⇒約0.6円

 

これを100Kmで計算すると、

  • トリマ⇒約18円
  • ぴよクエ⇒約8.8円
  • マイルズ⇒約1.5円

 

ぴよクエは、1日の上限距離(約42.195km)で引っかかりますので、長距離になればなるほどマイナス面が目立ちます。

 

マイルズは、もう距離制限なんかどうでもいいくらい、ポイントレートが問題です。

 

トリマは、1日の上限距離(約165km)なので、長距離になればなるほど他アプリよりも稼げるというプラス面が目立ちます。

 

 

タンクを貯められる数(動画広告を見ないといけない頻度)は、

 

  • トリマ⇒約10kmから33Km
  • ぴよクエ⇒約3.2km
  • マイルズ⇒動画視聴なしで利用可能

 

マイルズはポイントレートの問題でスルーです。

 

ぴよクエの約3.3kmごとに動画広告を見ないといけないという仕様は、いくらトリマよりも短い動画視聴と移動距離で1円稼ぐことができたとしても、放置しづらいです。

 

そうなると、還元率とタンクが貯められる優位性というのはトリマにあります。

 

デンえ
この結果にプラスして、トリマの場合ガチャやスロットに参加でき、ボーナスマイルを獲得することができるよ♪

 

■トリマの評価

タンク容量:3

稼げるか:5

放置度:3

交換先:5

動画広告:3

合計:19点

 

比較した結果

■マイルズの評価

タンク容量:5

稼げるか:1

放置度:5

交換先:1

動画広告:5

合計:17点

 

■ぴよクエの評価

タンク容量:1

稼げるか:3

放置度:1

交換先:2

動画広告:3

合計:10点

 

■トリマの評価

タンク容量:3

稼げるか:5

放置度:3

交換先:5

動画広告:3

合計:19点

 

トリマにまだ優位性があることが分かりました。

 

詳細については「そこに意味はあるんか」で詳しく解説しています。

 

目次へ

サービス終了・閉鎖の危険性

突然閉鎖

 

2022年から続く改悪の数々…広告単価も右肩下がりが続いている事から、さすがにサービス終了・閉鎖しないとは言えない状態です。

 

●ンズ
オレはアンタを信じてるぜ

 

目次へ

個人的見解

にゃー

 

度重なる改悪や、事前告知なしの改悪に不安を感じトリマを辞めるという選択をした人。

 

トリマ以上の移動系ポイ活アプリが見つからず、そのまま使い続けるという選択をした人など様々だと思いますが、いままでのポイントの貯めやすさが異常だったと思ったほうが良いです。

 

改悪後稼げるペースは下がったものの、他移動系ポイ活アプリと比較してもまだ還元率は高い状態が続いていますし、ある程度放置できるので普段の生活の中でお小遣いが稼ぎやすい、さらに改悪…という結果になるまでの間に稼いでおいたほうが良い、これが私がトリマを続ける理由です。

 

 

トリマ-移動するだけでポイントが貯まるお小遣い稼ぎアプリ

トリマ-移動するだけでポイントが貯まるお小遣い稼ぎアプリ
開発元:GeoTechnologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

招待コード: 1gIjaSmE0

 

目次へ


2023年、当サイトで最も推奨するのはモッピーです。
モッピーは、お小遣いサイトとして現在一番輝いていて、PCはもちろん、スマホ・タブレットで真価を発揮するお小遣いサイトです♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントは5件です

  1. 言うほどエラーあります?
    他と比べてトリマだけがエラー頻度が高いってわけでもないですしこればっかりはトリマに言ってもどうしようもないかと

    • コメントありがとうございます!!

      「移動ポイ活アプリの中では稼ぎやすい」という理由でトリマを利用されている方もいらっしゃいますので、エラーを多いと思うか少ないと思うかはトリマとユーザーの相性の問題になってきます。
      他同様トリマも広告を見てもらうことで成り立っているアプリですので、エラーの原因を改善しより良いサービスを提供するよう努めて頂きたいと思い記載しました。

  2. 移動ポイントは作動するが歩数計が作動しない。
    他にauボイントとWi-Fiアブリを入れてます。
    ネットワークはコミュファ光使用。

  3. ぴよクエのところなのですが、3.2km=2マイル=1円なので、
    40km=25マイル=12.5円ではないでしょうか。

    • コメントありがとうございます!!

      完全誤記でした。
      しかも、結論が変わるレベルでしたので、記事を修正させて頂きました。

コメントフォーム

※折角コメント頂いたのに表示できない理由

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

おすすめお小遣いサイト2023

当サイトで総数200以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2023年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2023年

おすすめお小遣いサイトランキング2023へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2023年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、更に当サイトのバナーから登録頂くと、登録=350円相当のポイントを獲得できいきなり換金可能です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

アメフリ
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはアメフリです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

アメフリ

アメフリの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
1/28:今現在、ロスオフという食品ロス・在庫ロスのオンラインショップについての記事を検証中で、記事更新が若干遅めになっています。新しい方向性のサービス検証で、面白いのではありますが時間がかかってしまっています。あとは単純に、実店舗との比較をしたいので、実店舗に行くという時間がかなりかかっていますね…!!近日中には数記事まとめて、新規記事を公開していきたいと思います。当サイト、本当に崖っぷちなのはPHPのバージョンだったりします。バージョンアップを慎重にやらないといけないが、もう最近のプラグインが稼働しねぇ…をなんとかしないといけないですね。サイトのテンプレートを更新する際は、そこをしっかりとしていきたいと思います。本当の本当に、5月の連休時には休みをかぶらせて、サイトのテンプレートや更新を行っていきたいと思います。Youtubeも一度やったきりですが、この先つかっていけるように頑張っていきたいと思います。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 19156285総閲覧数:
  • 554今日の閲覧数:
  • 4296昨日の閲覧数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み