お小遣いサイト 危険 小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » お小遣いサイトの危険性 » 

ライフメディアの危険性と評価・評判について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ライフメディア
運営会社
ニフティネクサス株式会社
SSL
あり
プライバシーマーク
あり
スマホサイトあり
独自コンテンツあり
モバイルサイトなし
メールマガジン
中:1日2通
ポイントレート
1P=1円
最低換金額
500円
換金手数料
無料
ポイント有効期限
2年
家族登録
可能
サイト内に記載あり
広告還元率
全体的に低め
クリックポイント
ほぼ毎日
1~5円
ランク制度
なし
登録情報
アンケートの為に
ほぼ必要
年齢制限12歳以上
国外からの利用不可
利用規約に記載あり

 

ライフメディアの安心度

安全レベル70

60点:セキュリティは万全です

ライフメディアの稼げる度

稼げるレベル50

50点:稼げるコンテンツも多いです

ライフメディアの危険度

レベル40

40点:時間と労力がかります

 

総評価

70点

 

結構な時間をかけて利用する事で稼げるようになるお小遣いサイト。

実はお小遣いサイト一番の老舗サイトで、1996年からあるお小遣いサイトです。

 

こんな人にオススメ

  • ライフメディアで長期的に稼ごうと思う方
  • 100%還元とかが好きな方
  • ゲーム、アンケートが多いお小遣いサイトが好きな方
ライフメディアはコンテンツが多く、アンケートサイトだけに留まらない事と、長期的に利用する事で稼ぐ事ができます。

利用を控えた方が良い方

  • 短期間利用される方
  • ショッピングやサービス利用が目的の方
  • クリックで稼ぐ方
短期利用かつ、クリック及びゲーム、アンケートの利用は、最低換金額1000円のライフメディアではオススメできません。

危険性の判定

ライフメディアは、ニフティネクサス株式会社が運営するアンケート系お小遣いサイトです。

 

ニフティネクサス株式会社は

資本金:1億円

設立:2018年8月10日

事業承継日:2018年10月1日

従業員数は、記載がありませんでした。

 

ニフティネクサス株式会社は、ニフティ株式会社と、ニフティネクサス株式会社は2018年8月10日に設立したNIF分割準備株式会社を「ニフティネクサス株式会社」に社名変更し、2018年10月1日から事業を開始しました。

 

以前は株式会社ライフメディアが運営おり、その際の主要株主はプロバイダでよく聞くニフティで、株式会社ノジマの傘下として事業を展開しています♪

 

2018年10月1日より親会社であるニフティグループのニフティネクサス株式会社に、ライフメディアのサービスを拡大発展させるための体制強化の一環として移行しました。

 

ライフメディアのサービス運営は、そのままのスタッフによって引き継がれているので安心ですね。

 

それにしても、社名を声に出しながらでないと入力できず苦戦しました。

 

プライバシーマークとSSL

両方とも無い訳ありません。

アンケート系お小遣いサイトなのであって欲しいとい思ってました安全レベル20

 

プライバシーマークとは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

 

意味が分からないので分かりやすく解説すると、プライバシーマークを取得する為には社員教育を最低年に1回行う事が必要で、個人情報の保護に対して従業員1人ひとりに知識が加わります。

 

プライバシーマークをはく奪されると、認定個人情報保護団体のJIPDEC(プライバシーマークの認定に携わる期間)のプライバシーマークのサイトに、かなりはずかしい感じで会社名が掲載される為、社員1人ひとりにも責任があります。

 

結構な費用がかかり、2年毎に更新しないといけない事から、企業がある程度潤っていてプライバシーマークを取得できるだけの余力がある事が伺えます。

 

詳しくはコチラ:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

 

SSLとは
インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)の一つ。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器による成りすましやデータの盗み見、改竄などを防ぐことができる。

 

私達が理解する所で言えば、

  • 通信間においてハッキングされる可能性は0に等しい
  • URLがhttpsになっていると有効

が関係ある所です。仕組みは呪文でしかありませんが、詳しく検証した記事です。

SSLでのお小遣いサイト利用者のメリット

日本インターネットポイント協議会(JIPC)加入

ライフメディアはJIPCにも参加しています安全マーク

 

JIPC(日本インターネットポイント協議会とは
JIPCは、日本インターネットポイント協議会という、インターネットポイント・マーケティング業界の啓発活動と健全なる発展を促進するために、ポイント発行及びポイント流通に関わるインターネットポイント・サービス提供者で、オープンかつフェアな情報交換と情報の発信を行い、利用者、サービス参加企業、広告主の満足度向上に寄与することを目的とした非営利団体です。

 

何を言っているのかわけが分かりませんが、JIPCに加入するとガイドラインにより、努めるものとする規制と、やらなければならない義務が発生し、

  • ポイント交換及びポイント特典提供サービスの変更及び中止は、最低1ヶ月の告知を行う。
  • サービス終了(閉鎖)の場合は、1最低1ヶ月前に告知を行う。

必要があります。

 

又、参加企業から考えると、ある程度大きな企業でないと参加できていない事から、規模の大きさを把握できるものでもあります。

 

JIPCについて詳しく検証した記事はコチラ

日本インターネットポイント協議会に加入することで保証されるもの

プライバシーマーク、SSL、JIPC加入と、セキュリティー対策に関する3つの対策が整い、セキュリティに対してはほぼ問題がないと言えます。
メールマガジン

メールの頻度は、登録情報と私という年齢・環境によって異なるのでしょうけど、私の場合1日2通位です。

アンケートとしてはあまり来ないかな…レベル10

 

プラスリサーチ(GMO)に登録すると、ポイントタウンやinfoQ等のGMO系アンケートと重複して届きます。

 

その他のボーダーズやテンタメ等、登録すればメールやアンケート等は増えるとの情報を頂きました♪

 

ただこれらは、他のアンケートサイトと被る可能性が大きいです。

 

登録情報

氏名、職業、郵便番号等が必要です。

アンケートからすると、情報を入力すればアンケートの頻度は変わってきますので個人情報の入力はほぼ必須ですレベル10

 

だからこそ個人情報の取り扱いには注意を払っていますが、多いものは多いです。

 

退会できるのか?

ライフメディアの退会は、よくある質問⇒退会から退会ページにいく事ができます。

 

 

退会と同時にポイントが失効ですので、交換申請中に退会してもポイントが失効されます。

 

登録した個人情報は消去で、再登録の際にも制限はありません。個人情報を消去しているのですから…

 

個別ページにて詳しい退会方法を紹介しています。

 

 

最低換金額と換金手数料

ライフメディアの交換先は以下の通り。

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • nanacoギフト
  • EdyギフトID
  • Gポイントギフト
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • ノジマスーパーポイント
  • dポイント
  • PeX ※1日の交換上限変更あり
  • ドットマネー
  • Kyash

です。

 

Amazonギフト券、iTunesギフトコード、nanacoギフト、EdyギフトIDは500ポイント(手数料無料)から交換可能で、1日の交換上限が2000円に設定されています。

 

現金はノーマルランクの場合、一律500円から交換可能で、手数料は無料/50円、振込予定日は交換から4~10営業日です。

 

手数料は全て毎月1回目は無料、同月2回目以降は50ポイントです安全マーク

 

あと、PeXで1日あたりの交換上限に変更がありました。

 

いまは1日あたり30,000ポイントまで交換することができていましたが、2/1(金)午前10:00~からは1日あたり10,000ポイントまでしか交換できなくなりましたのでPeXを利用して交換していた方はご注意ください。

 

陸マイラーさんに人気の【Gポイント】追加!

ライフメディアからGポイント交換開始

 

ライフメディアで貯めたポイントを最大交換レート81%で交換するためのルートが、今より短縮される交換先をついに追加!

 

現在は、ライフメディア→PeX→ワールドプレゼント→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル(最大81%)ですが、

 

Gポイントが追加されることによってライフメディア→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル(最大81%)と度重なる経由のストレスが軽減され、便利になります。

 

ライフメディアソラチカルート

 

Gポイントへの交換が始まるのは、2019年2月4日13:00~開始です。

 

2月28日までであれば、Gポイントへ交換すると、交換ポイントの2%分のライフメディアポイントが還元されるキャンペーンが開催されるので、マイルへ交換する予定がある方はその期間を狙って通常よりお得にマイルを獲得しちゃいましょう。

 

Gポイントについて詳しく知りたいという方は、チェックしてみてください♪

 

銀行振込時の振込名義が変更

株式会社ライフメディアからニフティネクサス株式会社へ運営が変わったことにより、現金へポイント交換する際の振込名義に変更があります。

 

2018年11月29日より銀行の明細へ記載される振込名義が「ライフメディア」⇒「ニフティネクサス(カ」へ変更。

 

振込名義変更

 

ポイントサイト名と同じほうが迷わないでいいのですが、しょうがないですね。

 

ポイント交換に伴う審査・確認

現在、ライフメディアでは不正アクセス及び不正利用防止を目的とした、ポイント交換時に審査・確認を行っています。

 

その結果によっては、登録情報の確認の為、連絡がある"かも"しれません。

  • ポイント交換に間違いないか?(なりすまし対策)
  • 複数アカウント登録有無の確認
  • 本人確認書類提出のお願い(不正利用対策の為)

です。

 

あくまでも"かも"しれないですが、ポイント交換時に確認メールが来ないかどうかは確認する必要があり、場合によっては対応しないといけません。

 

Kyash(キャッシュ)はいつでも2%還元

2018年12月に、新しいポイント交換先として登場した「Kyash(キャッシュ)」は、プリペイドカードなので審査もなく、年会費・手数料も必要ありません。

 

ライフメディアポイントを500円から交換することができ、交換申込日の翌営業日中に交換完了となります。

 

ライフメディア経由でも発行できる「Kyash Visa リアルカード」は、銀行やコンビニから事前にチャージする方法と、クレジットカードと連携させ事前にチャージすることなく使った分だけ自動チャージすることができます。

 

Kyashで支払いをすると2%がキャッシュバックされるので、Kyashにクレジットカードの自動チャージを設定することで、クレジットカードとKyashのポイント二重取りも可能!

 

還元率が0.5%~1%はよく見ますが、お買い物がいつでも2%還元というのはお得過ぎじゃないですか?

 

Kyashでお買い物するたびにクレジットカードからKyashniに入金されるので、プリペイドカードのメリットである使いすぎ防止とは真逆。Kyashには、1日あたり5万円まで、1ヶ月あたり12万円までという利用上限がありますが十分使いすぎな額だと思いますので、しっかりとお金の管理ができるという方であれば"クレジットカードから自動チャージ"を設定してポイント二重取り生活を楽しむことを考えられてもいいと思います。

 

関連記事:Kyash(キャッシュ)の危険性と評判、メリットよりデメリットのほうが多い?

 

関連記事:Kyash(キャッシュ)の登録方法、安全な利用方法について

 

ショッピングもサービス利用もある

ライフメディアではショッピングやサービス利用もかなり充実しています。

 

アンケート系のサイトで稼げる幅が広がるのは良いですが、全体的に還元率がすごく高いわけではありません稼げるアイツレベル10

 

たまに超高還元の広告が掲載されることもあり、2018年10月1日より運営会社を拡大発展させるための体制強化の一環として移行したので、今後の還元率に期待したいと思います。

 

楽天市場の高還元ショップ

※2019年3月30日(土)をもってサービス終了!

 

楽天市場の還元率は1%のポイントサイトが多いですが、中にはライフメディアのようにショップは限定されますが最高15%還元で利用できるサイトもあります稼げるレベル20

 

入学準備に便利な【お名前シール】も15%還元で利用できるショップも掲載されていましたよ。(2018年12月現在)

 

ノジ活!ポイント交換で50%増量

ノジマスーパーポイント

ライフメディアの面白いところは、ノジマスーパーポイントに交換するだけで50%増量で交換することができます。

 

ライフメディア限定の特典ですので、家電を購入する予定がある方はノジマスーパーポイントへの交換がオススメです。

 

近くに実店舗がない場合でも、ノジマスーパーポイントをノジマオンラインポイントに移動することで、ネット通販「ノジマオンライン」で利用することができます。

 

 

 

さらに注意点。

ノジマスーパーポイント有効期限切れ

 

ノジ活をするには、「ノジマモバイル会員」「ノジマオンライン会員」それぞれのアカウント取得が必要となります。

 

ノジマスーパーポイント、ノジマオンラインポイントの有効期限は、先程のアカウントを取得した日から原則1年となります。

 

この有効期限は、ライフメディアからポイント交換をしても延長されません。延長するには、ノジマ実店舗やノジマオンラインでの商品購入時のみです。

 

ノジマスーパーポイントの有効期限が切れた状態でライフメディアからポイント交換してもポイント交換がキャンセルされてしまいます。

 

 

長期メンテナンスの為

ノジマオンラインサイトで[ノジマスーパーポイント⇒ノジマオンラインポイント]へポイント移行可能ですが、2019年3月1日からこの「ポイント移行サービス」が長期メンテナンスが行われると発表がありました。現在では、再開の目処は立っておらず、メンテナンス終了後に交換方法などに変更があるのかないのかも分からない状況です。

 

ノジ活ができるからライフメディアを利用している方も多くいらっしゃると思います。ライフメディアとしては、今後も「ノジマスーパーポイント」へのポイント交換は継続していくという事ですので、実店舗で買い物ができる方であれば問題ありませんが、実店舗が近くになく「ノジマオンライン」でノジ活をしていた方にはかなりショッキングな情報となってしまいました。

 

 

【追記】

ノジマオンラインサイトで、6月3日正午頃にポイント移動サービスを再開したという案内がありました。

 

これでノジ活できるぞ!と思ったのですが、よく見ると「ライフメディアからノジマスーパーポイントへ交換したポイントは、ノジマオンラインポイントへの移動は対象外」とされていました。

 

ポイントへの移動対象外

 

 

ライフメディア側でも、ライフメディアで交換したノジマスーパーポイントはノジマオンラインでは利用できないという旨の説明がありました。

 

ライフメディアノジマ

多分一番の老舗

私が知っている中ではチャンスイットが1997年で、ライフメディアはそれを上回る1996年にサービスを開始しています。

 

Windows95の頃ですね!!

 

私はパソコンいじった事がなかったです♪

 

その頃はライフメディアという名前ではなく、iMiネットというメールサービスだったようです。

 

ポイントサイトとしては2011年からライフメディアになったのですが、老舗という意味では20年以上運営を続けています♪

 

多分一番不正利用を告知してくれる

ライフメディアは第三者による不正なログインの試みがあったり、悪質な広告が表示されたり等、もし仮にそういった事があった場合、できるだけ拡散されたくないような事もサイト内で告知してくれます。

 

この誠実さ、多分一番正直だと思います安全マーク

 

他サイトじゃあ不利な事は書いていないけど、ライフメディアには不利なことが書いてあるっていう事が、信頼関係を生むんじゃないかと思います。

 

ライフメディアメンバーズ倶楽部

※2018年6月30日終了しました!

 

ここで評価を変えないのは、最近のライフメディアがあまりに変化していて、利用する会員の状況も変わっているとの事。

 

変化ニーズに対応する為のランク制度終了との事で、代替えとなるサービス、もしくは企画が出てくるのであれば、それはそれで納得できるのもであればOKだと思います。

 

ライフメディアメンバーズ倶楽部は、夢のあるプチ得ポイントを廃止してできたものだけに中々良い感じです♪

 

ライフメディアメンバーズ倶楽部

 

デフォルトの状態はレギュラーで、3ヵ月間のポイント累計数が250ポイント、それに加え3ヵ月間のポイント加算回数が15回以上でシルバーにランクアップする事ができます。

 

3ヵ月間のポイント累計数が500ポイント、それに加え3ヵ月間のポイント加算回数が30回以上でシルバーにランクアップする事ができます。

 

ほぼ毎日クイズ・ほぼ毎日アンケート・誕生日メール・ボーナスポイント・入会ポイントはポイント獲得数と加算回数の対象外です。

 

とは言ってもライフメディアのゲームやアンケート等、肝心な所が対象外になっていないので、3ヵ月で500ポイントというのはかなり簡単な事でしょう♪

 

ちなみに紹介報酬はポイントの加算対象ですので、私的には簡単にゴールドランクになる事ができました!!

 

ランクごとの特典は以下の通り。

 

ライフメディアメンバーズ倶楽部ランク特典

 

ゴールドランクになれば、3ヵ月に1度のボーナスポイントが獲得ポイントの2%になります♪

 

仮に10000ポイント獲得した場合、3ヵ月に1度ボーナスポイントが200ポイント貰える事になります稼げるレベル20

 

 

結局の所、プチ得ポイントとの違いは、保有ポイント→ポイント獲得数に変わったという事。

 

プチ得ポイントの場合、10000ポイント保有していれば永続的に1年で合計1%である100ポイント=100円相当が付与されていました。

 

ライフメディアメンバーズ倶楽部の場合、3ヶ月で10000ポイント獲得の上、ポイント獲得すうをクリアしてゴールドランクになった場合、3ヶ月で2%の200円が付与されますが、これは1回こっきりという事になります。

 

プチ得ポイントも100万ポイントとかでは夢がありましたが、結果的にはそれ程変わらないのではないかと思います。

 

やれば稼げるんだけど

やれば稼げますが、モニターを利用したりクリックポイントを獲得したりアンケートに答えたりと、かなり時間をかけてライフメディアになれる必要があります。

 

私も結構利用してみましたが、慣れるまでに結構な時間を必要としました。

 

まだコンテンツがあるかもしれませんが

それに気づくのはかなり使い倒さないといけないレベル10

 

友達紹介

友達紹介

 

ライフメディアの友達紹介は、1人紹介すると最大で500ポイント=500円。

 

 

登録月の翌月7日までにお友達が広告利用すると250円、もう1つは登録月の翌々月7日までにお友達がポイント交換するとさらに250円獲得、まあこれはお友達次第の所があります。

 

以前は今より期間は短くても1P以上獲得できれば特典の対象となっていただけに、広告利用が条件となってしまったことは改悪と言えるでしょう。

 

 

最近では友達紹介ランキングもあり、10位までに入賞すると10000ポイント=10000円と、高額のポイントが付与されます。

 

紹介人数→紹介人数とお友達の獲得ポイント→お友達の獲得ポイント、このようにどんどんとルール変更がありましたが、現在はお友達の獲得ポイントでランキングが決定します。

 

 

ブログやインスタでライフメディアを紹介すると、毎月50円稼ぐことができていた「Instagram・ブログ投稿で50Pプレゼント」ですが、7月31までのエントリーで終了となります。

 

目次へ

 

 自力王500

友達紹介では「お友達の獲得ポイント」、抽選で毎日1名に1000Pが当たる企画は「運次第」、そしてついに「自力」でランキング入賞を狙うことができる企画がリリースされました。

 

その名も「自力王500(じりキング500)」!

 

イベント期間中に自力で獲得したポイント数でランキングが決定します。

 

上位500位までにランクインできれば、410P=410円のボーナスポイントがプレゼントされます。

 

 

【カウント条件】

下記で獲得したポイントは対象外となるので、ご注意ください!

 

    • 友達紹介系ポイント

    ・広告利用謝礼

    ・ポイント交換謝礼

    ・ダウン報酬

    ・お友達紹介ランキングボーナス

    • ポイント交換増量分

 

この自力王に参加するには、[メニュー]→[登録情報更新]→[ニックネームの設定・変更]でニックネームを登録していることが条件となります。

ライフメディアのライバルサイト

ライフメディアはアンケートを主力としますが、コンテンツ量的にはむしろポイントサイトです。

 

ライフメディアは浮気をしない事が最大の攻略法かと思いますが、ライバルサイトとしては、コンテンツ量から進撃のポイントタウンですね。

 

進撃のポイントタウンは基本強すぎで、ライフメディアは色々と劣っている所がありますが、セキュリティーに対する取り組み、危険性については同等の全く問題ない部類です。

 

ライフメディアは期間限定でお買い物保証制度を開始しましたが、これが100%還元も対象であれば、又話は変わってきます。

 

目次へ

個人的見解

ライフメディアは、時間をかけて利用する事でどんどん稼げるようになってきます。

 

アンケートもかなり来ますし、クリックポイントについてもほぼ毎日獲得でき、サイト訪問してクリックポイントが無いという事はありません。

 

以前はプチ得ポイントのおかげで換金のタイミングが見えない所がありましたが、ライフメディアメンバーズ倶楽部に変わった事で換金するタイミングを考える必要が無くなりました。

 

現段階の表記では対象外が非常に少ない為、ボーナスの恩恵が非常に強い事になり、プチ得ポイントより上の状態ではないかと思います。

 

いい所は沢山あるのですが、ライフメディアに登録したタイミングがポイントタウンやinfoQよりも遅い場合、テンタメやGMO系列のアンケート等が来ない可能性もありますので、どのタイミングでライフメディアに出会ったかというのも重要です。

 

その場合、実質ポイントサイトとして利用する事になりますが、それだとライフメディアだけ利用すれば稼げる系のお小遣いサイトになります。

 

その状態で考えると、ポイントサイトとしては突出したものがありませんので何か突出したものが欲しい所です。

 

ライフメディアへ無料登録

老舗中の老舗サイトです♪

 

目次へ

ライフメディア関連記事

 

まず最初に、ライフメディアへの登録方法について詳しく書いた記事です。

ライフメディア(lifemedia)登録

 

ライフメディアのメール受信停止方法を、画像付きで詳しくまとめた記事です。

ライフメディアのメール停止方法

 

ライフメディアのブログコンテスト時に、私が今のライフメディアでのポイ活を記事にしました。

メインのお小遣いサイト(ポイントサイト)として利用しないサイトは今…!!

 

最後になりますが、ライフメディアの退会方法について詳しく書いた記事です。

ライフメディアの退会方法

 

※2015年11月終了

プチ特ポイントは、お小遣いサイト利用のもう1つの未来の可能性があります。

ライフメディアのプチ得ポイントについて

 

目次へ

Warau.jp(ワラウ)の危険性と評価・評判について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Warau(ワラウ)
運営会社
株式会社オープンスマイル
SSL
あり
プライバシーマーク
あり
スマホサイトあり
モバイルサイトなし
メールマガジン
中:1日1~2通
ポイントレート
10P=1円
最低換金額
500円
換金手数料
その他主要銀行以外:無料

ポイント有効期限
1年
家族登録
可能
サイト内に記載あり
広告還元率
普通より少し下
クリックポイント
多いけど時間がかかる
ルールも複雑
ランク制度
なし
登録情報
PCメールアドレス
パスワード
名前
ニックネーム
都道府県
生年月日
性別
画像認証
年齢制限10歳以下は不可
18歳未満は保護者の同意
国外からの利用不可
利用規約に記載あり

 

Warau(ワラウ)の安心度

安全レベル60

60点:ユーザーの危険を守ってくれます

Warau(ワラウ)の稼げる度

稼げるレベル20

20点:コンテンツ多すぎて単価が低い

Warau(ワラウ)の危険度

危険レベル30

30点:燃え尽きたぜ…

 

総評価

+50点

 

安全で、良くできたお小遣いサイトなのは認めるが、コンテンツの多さの割には稼げない。

 

こんな人にオススメ

  • 時間に余裕がある方
  • Warauを使い倒す位の意気込みの方

上記に該当する方であれば、コンテンツが多いWarauであっても稼げるかと思います。

利用を控えた方が良い方

  • 時間をかけたくない方
  • 多くのお小遣いサイトを登録している方

Warauはコンテンツが多く時間がかかり、なおかつゲームも面白いが複雑な為、時間がある程度とれないとオススメできません。

危険性の判定

Warau(ワラウ)は、株式会社オープンスマイルが運営するお小遣いサイトです

 

株式会社オープンスマイルは、

設立日:2001年5月

資本金:8000万円

従業員数:35名(2017年3月現在)

 

と、会社元がハッキリしています安全マーク

 

Warau(ワラウ)って、ワラウ犬シリーズを思い出しました。

 

余談ですが、友人の結婚式の際、余興ではっぱ隊というものをやろうとしたのですが、プランナーさんに「それは昔やった方がいらっしゃるのですが、会場がドン引きだったので辞めておいた方が良いです。」と言われた事があります。

 

…本当に余談ですし、やる気にはなれませんでした。

冷静になって考えると、新郎も新婦も、そして私達も黒歴史になるでしょう。

 

脱線はこれくらいにして、株式会社オープンスマイルは、ポイントモンキーを運営しています。

 

5050.JPというお小遣いサイトも運営していましたが、2016年4月にWarauと統合になりました。

 

 

プライバシーマークとSSL

SSLは他オープスマイル系列同様、ログインページや換金ページでSSLを確認できます安全マーク

プライバシーマークとは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

 

意味が分からないので分かりやすく解説すると、プライバシーマークを取得する為には社員教育を最低年に1回行う事が必要で、個人情報の保護に対して従業員1人ひとりに知識が加わります。

 

プライバシーマークをはく奪されると、認定個人情報保護団体のJIPDEC(プライバシーマークの認定に携わる期間)のプライバシーマークのサイトに、かなりはずかしい感じで会社名が掲載される為、社員1人ひとりにも責任があります。

 

結構な費用がかかり、2年毎に更新しないといけない事から、企業がある程度潤っていてプライバシーマークを取得できるだけの余力がある事が伺えます。

 

詳しくはコチラ:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

 

SSLとは
インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)の一つ。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器による成りすましやデータの盗み見、改竄などを防ぐことができる。

 

私達が理解する所で言えば、

  • 通信間においてハッキングされる可能性は0に等しい
  • URLがhttpsになっていると有効

が関係ある所です。仕組みは呪文でしかありませんが、詳しく検証した記事です。

SSLでのお小遣いサイト利用者のメリット

JIPCの会員

 

JIPC(日本インターネットポイント協議会とは
JIPCは、日本インターネットポイント協議会という、インターネットポイント・マーケティング業界の啓発活動と健全なる発展を促進するために、ポイント発行及びポイント流通に関わるインターネットポイント・サービス提供者で、オープンかつフェアな情報交換と情報の発信を行い、利用者、サービス参加企業、広告主の満足度向上に寄与することを目的とした非営利団体です。

 

何を言っているのかわけが分かりませんが、JIPCに加入するとガイドラインにより、努めるものとする規制と、やらなければならない義務が発生し、

  • ポイント交換及びポイント特典提供サービスの変更及び中止は、最低1ヶ月の告知を行う。
  • サービス終了(閉鎖)の場合は、1最低1ヶ月前に告知を行う。

必要があります。

 

又、参加企業から考えると、ある程度大きな企業でないと参加できていない事から、規模の大きさを把握できるものでもあります。

 

JIPCについて詳しく検証した記事はコチラ

日本インターネットポイント協議会に加入することで保証されるもの

 

その他グリーンサイトライセンスなるものや、Fun to Shareやら色々なものに参加しています。

 

株式会社オープンスマイルは、セキュリティーに対する取り組みが万全な運営会社です。
サイトが軽快

ワラウトップページ

 

サイトもこれだけのコンテンツがあるのに軽快に動作します安全マーク

毎日更新されていて、見た目も綺麗です♪

 

この辺りはスバラシイお小遣いサイトです。

ユーザーの危険をしっかりと守っています。

 

げん玉やポイントタウンに勝っている要素として数少ない利点です♪

 

もう1つ、手が込んでいるという事もあります。

 

オフィシャル壁紙を作ったり、各所に細かなイラストが書かれてていたりと、非常に手が込んでいます。

 

良く言えば手が込んでいる、悪く言えば小奇麗といった所でしょうか。

メールマガジン

一日1通~3通が基本。

クリックポイントがアンケート位で、あまりクリックポイントが無いので危険くん

 

 

スマホメールを携帯メールアドレスで受信したい場合は、スマホからアクセスし[受信メールアドレス選択]にてメールアドレスを設定することができます。

 

ただし、システム上2~3日はPCメールアドレスへ配信される場合があります。

登録情報

Warau(ワラウ)に必要な登録情報は、

  • PCメールアドレス
  • パスワード(8文字以上)
  • 名前
  • ニックネーム
  • 都道府県
  • 生年月日
  • 性別
  • 画像認証
  • SMS認証(電子マネーへ交換する場合)

で、個人を特定する決定的な情報を入力する事はありません。

 

2017年5月30日より、電子マネーへのポイント交換にはSMS認証が必要になりました。

最低換金額と換金手数料

最低換金額500円です。

私は1円~300円がいいと思いますので、プラスにもマイナスにもなりません。

 

換金手数料は今の所、その他主要銀行以外全て無料で、これは良いです安全マーク

 

Warau(ワラウ)の交換先
  • Tポイント:500円から手数料無料、即時交換
  • EdyギフトID:500円から手数料無料、翌日中
  • nanacoギフト:500円から手数料無料、翌日中
  • Amazonギフト券:500円から手数料無料、翌日中
  • Pontaポイント:500円から手数料無料、3日程度
  • ポレット:500円から手数料無料、アプリ申請から2時間程度
  • Kyash:500円から手数料無料、即時交換
  • ドットマネー:500円から手数料無料、翌日中
  • Pex:500円から手数料無料、10日以内
  • リアルペイ:500円から手数料無料、10日以内
  • 楽天銀行:500円から手数料無料、10日以内
  • ジャパンネット銀行:500円から手数料無料、10日以内
  • 住信SBIネット銀行:500円から手数料無料、10日以内
  • ゆうちょ銀行:500円から手数料無料、10日以内
  • その他主要銀行:500円から手数料100円、10日以内

 

ドットマネーが換金先に出現しましたので、ドットマネーを経由するとその他主要銀行であっても2000円から手数料無料で交換可能です♪

 

さらに交換先の幅も増えますし、3%増量などのキャンペーンにも参加できます♪

 

1つ不満を挙げるならば、交換申請が10日かかるという事です。

 

翌営業日~3日位が平均だと思うのに、なんでそんなにかかかるの…?

 

 

ただし、Tポイントに関しては他のお小遣いサイトが1週間前後交換に日数がかかるのに対し、warauの場合リアルタイム交換できる為、最近SNSで話題になっている「ウェル活」ができます。

 

「ウエル活」とは、ウエルシア薬局やハックドラックで毎月20日開催しているウエルシアお客様感謝デーで、Tポイントで支払うと通常1P=1円ですが、1P=1.5円分となるので、Tポイントの価値が1.5倍になります。(10,000ポイント使えば、15,000円分のお買い物ができます。)

 

warauならリアルタイム交換だから、ギリギリまで粘って少しでも多くのTポイントをもって参戦することができるのはメリットですね。

 

ゲームが豊富

遊んで貯める

 

  • アバターコンテンツ
  • すごろく
  • 速打ち
  • 頭の体操

等、色々なイベント、ゲームが豊富で楽しむのには結構いいお小遣いサイトです稼げるレベル20

 

「笑う懸賞生活」という懸賞でプレゼントを獲得することもできます。

 

2019年1月には[速打ちワルコちゃんPC版]のポイント獲得方法が山分けに変わりました。

 

【変更前】ランキング&参加賞

  • ランキング2,000位以内で毎日3pt
  • 参加賞で毎日最大10pt

 

【変更後】1週間の合計山分け

  • スコア獲得で毎週50,000pt山分け

 

山分け挑戦中にゲームをクリアするとボーナスポイントが貰えるチャンスもあります♪

長い、そしてあんまり稼げない

長い…本当に長い…やってらんねぇですね危険くん

 

長くてもポイントが稼げるのならまだ良しとするのですがあんまりにも単価が低くてやる気が…。

 

遊びながら稼ぎたいという方には、お気に入りのゲームを見つけることができるくらいの膨大なゲームコンテンツがあるので楽しく稼ぐことができると思います。

 

 

効率よく稼ぐには

warauの友達紹介制度には、紹介したお友達が獲得したポイントの◯%がもらえるダウン報酬がないため、不労所得を狙うという稼ぎ方はwarauではできません。

 

そのため、warauで効率よく稼ぐには、高還元案件とアプリダウンロード案件が狙い目となります。

 

広告の還元的には平均的な印象ですが、クレジットカード案件に関しては他のお小遣いサイトに負けない高還元率で利用できることが多くなったので高還元になったクレジットカード発行はオススメです。

 

他のお小遣いサイトでも同じですが、効率よく稼ぐには「アプリダウンロード」が最適です。

 

モッピーと比べて還元率が高いわけではありませんが、ゲームコンテンツで稼ぐよりかはアプリをダウンロードしたほうが効率よく稼ぐことができます。

 

Twitterなどでも「warauは遊びならが稼げる」と紹介している方が多いですが、正直遊びながら大量にポイントを稼ぐことは難しいので、効率よくお小遣いを稼いでいくほうが現金化までの道のりを短縮できます!

 

理解するのに時間がかかる

ワラウのコンテンツは膨大ですので、モッピーみたいな直感ですぐに利用できるお小遣いサイトとはまた違います。

 

まずはじっくりコンテンツを利用してみて、どれが自分に合っているか?というのを見つけた上で利用する事になると思います。

 

それ位コンテンツが膨大ですので、多少の時間がかかるものだと思っていてください。

 

目次へ

お友達紹介

ワラウ友達紹介リニューアル

 

2019年1月にPC版のお友達紹介がリニューアルされました。

 

《紹介者特典》

 

お友達が【登録】+【SMS認証】+【翌日ログイン】すると、紹介者に300円が付与されます。

 

翌日ログイン前に、お友達がSMS認証していない場合は対象外となってしまいます!

 

お友達がPCから登録した場合は、翌日ログイン後ワラウホームにアクセスしたタイミングで300円が加算されます。

 

SMS認証後翌日ログインが条件

 

《お友達特典》

紹介バナー経由でワラウに登録し、登録時に挑戦できる[スピードくじ]で最大5,000ptがもらえるチャンス!

 

さらに、登録後[初回限定キャンペーン]に参加して条件をクリアすると最大3,000ptがもらえるので、合計最大8,000ptを獲得できます。

 

友達が特典受け取る条件

 

初回限定キャンペーンは、PCとスマホで内容が違います。

 

■PCから登録の場合

初回限定キャンペーンPC

 

■スマホから登録の場合

初回限定キャンペーンスマホ

 

初回限定キャンペーンは登録が完了した時点で参加することができるので、最低換金額を稼ぐチャンスです!

 ワラウお買い物保証

ワラウお買い物保証

 

ワラウにも「お買い物保証」がリリースされました!

 

ワラウ経由でお買い物したのに、ポイントが加算されなかった場合にポイントを保証してくれるサービスです。

 

  • [通帳記載保証]

提携サービス利用後、商品の支払いも受取も完了しているにも関わらず、提携サービスの通帳記載期間から1週間程度が過ぎてもポイント通帳の判定状態に記載されなかった場合にワラウがポイントを保証してくれます。

 

  • [承認保証]

提携サービス利用後、承認・非承認の判定を待っている期間のポイント通帳には[判定中]と記載されますが、判定期間を過ぎても[判定中]の状態が変わらない場合、ワラウがポイントを保証してくれます。

 

保証してもらえる広告には[お買い物保証アイコン]または[お買い物保証マーク]が表示されています。

 

保証マーク

 

この保証マークが表示されている広告利用日から120日以内の申請が保証対象となります。

 

申請できるのは1ヶ月で一人3回まで、1回の申請あたり最大10万ptまでです。

 

申請をする際には、

  • 利用年月日
  • 広告名
  • 購入金額(税抜金額)
  • 購入完了メール

 

以上が、必要となります。

ライバルサイトポイントタウンと比較

ルール

 

Warauと似ているサイトは…げん玉かと思いましたが似通っているのは、

ポイントタウン

です。

 

正直言って、ポイントタウンとワラウでは、全体的に見てもポイントタウンの方が上です。

 

ワラウは何でもできる総合力というのがウリだと思いますが、2019年のポイントタウンの膨大なコンテンツ、スマホにも特化したサービス、そして本気を出して新規会員を獲得している状態ですので到底敵いません。

 

ポイントタウンはスマホにも力を入れていて、独自のチェックイン機能等がありますので、ちょっと太刀打ちできません。

 

ですのでまあ、負けてもしょうがないかな…という所です。

 

ポイントタウンとワラウ、そしてげん玉やECナビ等、コンテンツの多いお小遣いサイトは時間が掛かる為共存が難しく、ワラウを選ぶのであれば売りとして考えるとセキュリティーに対する取り組みではないかと思います。

 

全てが高くスキがないのであればポイントタウン、登録情報の少なさと総合力ならげん玉、この2つは紹介制度においても月数十万稼げる可能性を持っています。

 

アクティブな会員が多いECナビ、紹介ランキングが毎月あるゲットマネー…の中で、ワラウを選ぶ理由はセキュリティーの取り組みかなと思います。

 

稼ぐという場合、上記サイトに劣っている感は否めないです。

 

先程も書きましたが、ワラウもポイントタウンも理解するのに時間がかかりますので、どちらが効率が良いか…むしろどちらを使い倒す気がするか…

 

両立は正直、私は難しいと思いますので選択を迫られると思います。

 

目次へ

個人的見解

音楽

 

ものすごい忍耐力がないと日々のゲームに耐えられない、お仕事も稼げない。

 

ただ、忍耐力があれば、ユーザーをしっかりと守ってくれる優良サイトではあります。

 

株式会社オープンスマイルはサイトを見ると分かるのですが、女性中心のスタッフさん達を中心に仕事をされています。

 

ですので女性目線というか、サイトも綺麗でセキュリティがしっかりしていて、あくまで個人的見解ですが少し時間がかかるような設定になっています。

 

偏見等ではありませんが、どうしても時間のある方に向けてコンテンツが出来ているように思えます。

 

従って私のようなサラリーマンには不向きで、コンテンツの長さに耐えられませんでした。

 

先程も言いましたが、ユーザーを危険から守ってくれるとても良いサイトですので、

 

モヒカンの方がモトクロスで走り回り、「汚物は消毒だ~っ!!」的なデンジャーな部分はWarauに求めるべきではないと感じます。

 

問題は全体的に上位互換のポイントタウンやげん玉に対し、Warauを優先して利用するだけの理由です。

 

これがサイトが軽い事、セキュリティーに配慮を配っているという事位です(セキュリティーは皆基準を満たしているけど)

 

私的にはもうちょっとわかりやすく、単価的にも頑張って欲しいサイトです。

 

遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP

ゲームが多いし長いし…

 

目次へ

ポチカムの危険性と評判・評価について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ポチカム
運営会社
株式会社サイバー・バズ
SSL
あり
プライバシーマーク
なし
スマホサイトあり
モバイルサイトなし
メールマガジン
極小:1日1通以下
ポイントレート
10P=1円
最低換金額
Amazonギフト券:300円
iTunesギフト:500円
Pex:300円
換金手数料
無料
ポイント有効期限
1年
家族登録
可能
広告還元率
なし
クリックポイント
毎日ポイントのみ
ランク制度
なし
登録情報
個人情報は全て持っていかれる
年齢制限18歳未満の場合、親権者と一緒に利用

 

ポチカムの安心度

安全レベル40

40点:しっかりと保護されています

ポチカムの稼げる度

稼げるレベル30

30点:稼ぐスタンスもあるが貰うスタンスの方が大きい

ポチカムの危険度

レベル20

-20点:最低換金額と換金手数料が…

 

総評価

+50点

 

応募する際にブログやFacebook、Twitter、Instagram等が必要になるのですが、よくブログやTwitterなどを更新している人であれば、ポチカムで当選した商品をTwitterなどで紹介してもらえれば多くの方に見てもらえるというメリットがあることから、ほとんど更新していない人よりも当選しやすいので、そのようなあなただけの武器(Twitter・インスタ等)を生かすことができるモニターサイトです。

 

個人的見解だが、影響力のある媒体であれば、当選確率も上がるのでは?

 

危険性の判定

ポチカム

 

ポチカムは、株式会社サイバー・バズ(CyberBuzz, Inc.)が運営するモニターサイトです。

 

アメブロで有名な株式会社サイバーエージェントを親会社に持ち、サイバーエージェントと言えばポイント合算サイトのドットマネーです。

 

設立日:2006年4月3日

資本金:2015万円

従業員数:95名(2018年3月現在)

 

で、企業的には大きく、とは言ってもサイバーエージェントの子会社という事の方が光ります安全マーク

 

プライバシーマークとSSL

株式会社サイバー・バズにはプライバシーマークがありません。

 

これは親会社もありませんので、何か方針的なものがあるのかも?です。

 

SSLは全ページSSLで、ユーザーの通信間のセキュリティーを守ってくれています安全マーク

 

プライバシーマークとは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

 

意味が分からないので分かりやすく解説すると、プライバシーマークを取得する為には社員教育を最低年に1回行う事が必要で、個人情報の保護に対して従業員1人ひとりに知識が加わります。

 

プライバシーマークをはく奪されると、認定個人情報保護団体のJIPDEC(プライバシーマークの認定に携わる期間)のプライバシーマークのサイトに、かなりはずかしい感じで会社名が掲載される為、社員1人ひとりにも責任があります。

 

結構な費用がかかり、2年毎に更新しないといけない事から、企業がある程度潤っていてプライバシーマークを取得できるだけの余力がある事が伺えます。

 

詳しくはコチラ:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

 

SSLとは
インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)の一つ。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器による成りすましやデータの盗み見、改竄などを防ぐことができる。

 

私達が理解する所で言えば、

  • 通信間においてハッキングされる可能性は0に等しい
  • URLがhttpsになっていると有効

が関係ある所です。仕組みは呪文でしかありませんが、詳しく検証した記事です。

SSLでのお小遣いサイト利用者のメリット

登録情報

ポチカムに年齢制限はありませんが、18歳未満の場合、親権者の方とご一緒にご利用下さいとの事です。

 

ポチカムに必要な登録情報は以下のとおり。

  • メールアドレス
  • ニックネーム
  • パスワード

非常に登録情報が少ないですね!!

 

しかしポチカムは、モニター商品に当選する事でポイントを稼いでいくことをメインとしますし、そもそも応募の条件として、プロフィール入力が必要です。

 

従って以下の情報は、ポチカムを利用する為に必ず必要だと思って下さい。

  • 氏名
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村(詳細まで)
  • 電話番号

まあモニターサイトという性質上仕方がありませんが、個人情報は全て持って行かれますレベル10

 

退会できるのか?

登録情報が多いので、しっかりと退会できるかは大事な所です。

 

ポチカムの退会は、以下のリンクから行う事ができます。

 

ポチカム退会手続き

 

退会の注意点はお馴染みで、退会すると応募中の当選権利等も失われるので、ポチカムを利用しきってから退会しましょう。

 

  • 掲載した記事
  • 画像

 

利用中に掲載したものは退会後もサービス上に掲載されますので、該当記事・画像を削除してもらいたい場合は、退会前にお問い合わせフォームから連絡することで削除してもらえます。

 

メールマガジン

メールアドレス

ポチカムのメール・マガジンは1日1通も来ないかなといった感じです安全マーク

 

この他、懸賞に落選したりするとメールが届きますし、利用すると多少頻度は多くなります。

 

メールマガジンを配信停止する事が可能で、マイページ→アカウント設定から、

  • 新着イベントメール
  • イベント落選通知
  • 企業メッセージ

の配信を停止する事ができます。

 

ポチカムからの重要なお知らせは配信停止に関係なく届きますが、これは滅多な事では来ないです。

 

最低換金額と換金手数料

ポイント交換

 

ポチカムのポイントレートは、10ポイント=1円です。

 

ポイント有効期限は、最後にポイント獲得した日、又は最後にポイント交換した日から1年間です。

 

ポチカムの最低換金額と換金手数料は以下の通りです。

  • Amazonギフト券
  • iTuensギフト
  • Pex

に交換する事ができます。

 

Amazonギフト券・PeXは300円、500円、1000円

 

iTunesギフトは500円、1000円の単位でポイント交換する事ができます。

 

交換先にPexがありますので、現金や他のポイント交換先も選択する事が可能です♪

 

現金等、若干の手数料はかかりますが、AmazonとiTunesギフトだけよりかはマシです安全マーク

 

Pexについて
Pexは、ECナビを運営する株式会社VOYAGE GROUPのグループ企業で、ポイント合算サイトですが、クリックで稼げるコンテンツ等も豊富です。

 

Amazonギフト券は1ポイント=1円以上の単価になり、交換日数が7日前後程増えますがお得に交換したいという方はPex経由がおすすめです。

 

現金は手数料がかかり、

  • 楽天銀行:50円
  • ゆうちょ銀行:50円
  • みずほ銀行:50円
  • ジャパンネット:100円
  • その他銀行:200円
  • 住信SBIネット銀行:50円

です。いずれも手数料は定額で、楽天銀行はリアルタイム~数時間、その他銀行は翌日~1週間程度です。

 

ソーシャルメディアが必要

ソーシャルメディア登録

 

ポチカムでは、ブログ、Twitter、Facebook、Instagramのソーシャルメディアが必要です。

 

むしろ、全て利用している方であれば、全てのモニター商品に応募する事ができるのですが、例えばブログだけ、Twitterだけとなるとどうしても応募できる条件に制限がかかります。

 

連携SNSが必要ないものもありますが、それだけでは正直、最低換金額に到達するのは難しいです。

 

まあ一番用途の幅が広いのはブログですし、簡単なのはTwitter、Facebookですね。

 

ですがハードルの1つとして、何かしらソーシャルメディアが必要だと思って下さいレベル10

 

どうにもできませんもん。

 

広めてpt

特にないよ!さんから教えてもらった「広めてpt」。

 

twitter等で、あなたが投稿した記事がクリックされた分だけポイントがもらえます。

 

同じ利用者…クリック…

 

という事で、Tweepieと同様の事もできます。

 

が、私が確認した時点では広めてptは0件。

 

ですのでまあ、こういう事もあるかな~という位に思って下さい。

 

ハードルを上げていくと

ポイント獲得数

ポチカムは、ここから下の事ができるかどうか?で大きく違ってきます。

 

今回ポチカムの利用方法よりも、こちらの方が重要だと思います。

 

言ってしまえばポチカムは、モニターに当選するかどうか?で全てが決まります。

 

モニター当選

 

モニターに当選する為には何をしないといけないか?ですよね♪

 

 

個人的見解になりますが、運営会社及び、広告主の目線で考えていきます。

 

ポチカム運営会社は、ポチカムを利用し、多くのアクセスを集めてくれる媒体を持っている方、そして商品を購入してくるような媒体で宣伝してくれる方を当選させたいですね。

 

広告主は、ポチカムで宣伝を行い、商品が売れればいい訳ですよね。

 

共通して言える事は、モニタ商品を購入してくれるような宣伝を行うことが可能な人に当選して欲しい訳です!

 

 

ですので、ただポチカムの応募にTwitterが必要だからとTwitterに登録して、オススメのフォロー5人だけフォローしている状態よりも、1年以上Twitterを利用して、フォロワーさんが1000人いる方の方が当選に有利という事になります。

 

例えフォロワーさんが1000人いても、ボットでボット同士をフォローしているような1000人と、実際にツイートして1000人集めたアカウントであれば、後者の方が有利という事になります。

 

ブログでも同じです。

 

ブログ開設して間もない独自ドメインで、1日のアクセスが5アクセス位の状態より、1日のアクセスが1000あるブログの方が当選に有利という事になります。

 

Facebookでも、何年も利用していないアカウントより、友達が多く、誰か広告利用してくれるようなFacebookアカウントの方が有利です。

 

要は、ソーシャルメディアでこういった状況を作り出していく事で、当選の確率は確実にアップすると思います♪

 

だってビジネスですもん…

 

 

ポチカムでも「どうすれば当選しやすくなりますか?」という質問に対して、以下のように回答しています。

住所が正しく登録されている

登録しているブログ、Facebook、Twitter、Instagramをよく更新している

複数のソーシャルメディアを登録している

 

ポチカムだって、ランダムに当選者を決め、モニターさんが宣伝した媒体からの購入が0だった場合、広告主からしたらポチカム大丈夫?意味ある?ってなってしまうと思います。

 

広告主から考えても、ポチカムに費用を払ったのに…ってなると思います。

 

ですのでまず、人によく検索される媒体、そしてブログで例えると、その商品に対し興味がある方がアクセスしてくれるようなブログがあれば当選確率も上がってくるでしょう。

 

 

次に、マイナスイメージを与えるレビューはNGでしょう。

 

本で例えると、

 

「この本は内容はペラいですが、重量だけはあるので漬物石として役に立っています♪」

 

よりも

 

「この本を読んで非常に感動しました!!次巻も楽しみにしています♪」

 

というレビューであれば、普通前者からは本を購入しないでしょう。

 

 

金メダル級にハードルを上げるならば、抽選に当選する為には、その商品に興味のある方が大勢アクセスしてくれるソーシャルメディアを持つという事です。

 

想像ですが、運営会社から見てこういった方は毎回当選して欲しいどころか、ポチカムの利用を辞めてほしくないです。

 

広告主から考えても、あの方に宣伝して貰えれば…ってなりますね♪

 

その場合運営会社も広告主も、全当選しても、それどころか山吹色のお菓子(違法なので想像)を送っても、特別単価を出してでも手放せないでしょうね稼げるレベル30

 

 ポイント獲得の注意点

世界に一つだけのお小遣いサイト

 

ポチカムでポイントを取りこぼしなく獲得するには、「ポチカム経由で指定の条件を達成したと外部サイト側で判断」できる必要があります。

 

その為には、以下のような点に注意が必要です。

 

    • Cookieが有効になっているか、制限がかかっていないか確認
    • サービス利用前に、一度ブラウザのCookieを削除する
    • 外部サイトに移動後、ブラウザを閉じたり他のサイトに移動したりせず、指定された条件を達成するまでは必要な操作のみ行う
    • イベントごとに成果承認の為の条件が異なるので、しっかりと成果達成条件を確認する

 

ポチカム経由で指定の条件を達成したということが判定できないとポイントを付与してもらえないので、同じ失敗を何度も繰り返してはもったいないので、Cookieや成果条件など、面倒かもしれませんがしっかりと確認することが大切です。

 

関連記事:ポイントが反映されないという危険性

 

ポチカムのライバルサイト

広告参加数

 

ポチカムは一応、ポイントサイトとしての機能も持っていますし、モニター商品で拡散というのを目的とします。

 

であるなら、現在勢いのあるお小遣いサイトで、モニターがあるポイントタウンのようなお小遣いサイトがライバルになってくると思います。

 

他のモニターサイトとかもありますが、私的には多くの利用者がいるものが一番のライバルだと思います。

 

そこで終わってしまいますもん…

 

逆にポイントタウン×ポチカムとかコラボするのであるなら共存できるのでしょうけど、現在はそういった事はありませんね。

 

個人的見解

懸賞

 

もう個人的見解を書いたようなものですけど、やっぱりハードルを上げ、ブログ等のメディア+商品を購入してくれるような媒体を持っている方が有利だと思います。

 

この記事を書く時、"ポチカム 当たらない"とかのキーワードが上位に上がっていますが、私だったらこのキーワードで上位に入っている方に対して抽選に当選して欲しいですね♪

 

だってビジネスですから…

 

ここまで言っておいてアレですが、影響力の弱いソーシャルメディアでも絶対に当たらないという事はないと思います。

 

もうホント想像ですが、1000人のモニターがいる場合、

 

890人:ランダムで決定

100人:アクセス数が多い方から

10人:影響力のあるメディアを持っている方

 

みたいな感じのことがあってもおかしくないと思います。

 

890人の方はたまに当選するなぁ

 

100人の方はよく当たるモニターサイトだなぁ

 

10人の方は、運営会社さんからお話を頂いていてもおかしくないと思います。

 

だってビジネスですから…

 

であるなら、影響力のあるソーシャルメディアを用意し、長い目でポチカムを利用しつづける事が重要です♪

 

まあ全ては想像にすぎませんが、私的にはこう思います。

 

【ポチカム】日本最大級のモニターサイト

「アンとケイト」不正アクセスによる個人情報流出の危険性!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アンとケイト不正アクセスの危険性

5月22日に発生した「アンとケイト」の個人情報流出ですが、

 

不正アクセス確認後は、「アンとケイト」に係るサービスを全て停止し、外部アクセスを遮断、その他アクセスについても監視を強化。

 

その後、攻撃を受けたサーバーの不備に対して対策を行い、個人情報が流出したアカウントのパスワードを無効化したという報告がありました。

 

5月25日に送られてきた「お客様情報流出に関する追加情報」以降、届くのはアンケートのご協力のお願いメールのみ。

 

 流出した情報の多さ

流出情報の多さ 

    • 氏名
    • メールアドレス
    • パスワード
    • 性別
    • 生年月日
    • 未既婚
    • 子供の有無
    • 個人年収
    • 世帯年収
    • 職業
    • 勤務先業種
    • 郵便番号
    • 都道府県
    • 市区町村、それ以降の住所
    • 電話番号
    • 銀行口座の支店番号、口座番号、口座名義
    • PeXポイント口座番号
    • ドットマネー口座番号

 

※該当する選択肢番号を選ぶ形式のもの、任意項目のものが含まれています。

 

個人情報流出後、何が起きるのか

スマホ決済危険性

 

流出してしまったものは、どうすることもできません…。

 

しかし、流出してしまった個人情報により今後どのような危険性があるのかを知ることで、対策を行うことはできると思います。

 

[メールアドレス+パスワード]

複数のサイトで使い回しをしている場合は、他のサービスにも不正にアクセスされ被害に遭う恐れがあります。

 

SNS、クレジットカード会員専用のマイページ、通販サイト等で同じメールアドレス・パスワードでログインできる場合は大変危険です!

 

SNSでは乗っ取り、クレジットカードのマイページではお金の出金、通販サイトでは知らない買い物の請求…このような被害に遭わないためにも、

    • それぞれ違うパスワードに変更してください。

 

 

[メールアドレス、電話番号]

最近では、お小遣いサイトでも本人確認として電話番号認証が主流となっているので、多くのサイトで電話番号を登録している方も多いと思います。

 

メールアドレスや電話番号が流出した場合は、迷惑メールによる架空請求や詐欺電話、勧誘電話といった被害に遭う恐れがあります。

    • 身に覚えのないメール、電話には十分に気をつける
    • 受信メールの送信元や文中のリンク先が正しいものか確認する

 

 

[クレジットカード番号や銀行口座情報]

金融機関名・支店名・口座番号や名前を基にキャッシュカードを偽造し、ATMから現金を引き出したり、「押し貸し」という悪徳業者が一方的に振り込み、不当な利息をつけて返済を要求する手口の被害に遭う恐れがあります。

 

 

[氏名、住所、性別、生年月日]

嫁が言っていたのは、利用したこともない店舗から振り袖のダイレクトメールが届いた!というものです。

 

氏名も住所も性別も生年月日もすべてバレている証拠です。

 迷惑メール対策

悪質メール

 

ヤマダ電機でも5月29日に3.8万件の個人情報流出があったりと、アンとケイトが直接関係ある迷惑メールかは分からないが、Twitter上では、

 

  • めっちゃ迷惑メール来るんですけど、絶対にアンとケイトのせいだと思う
  • 最近迷惑メール明らかに増えてる
  • やたらアマゾンを装ったフィッシングメールが来る

 

このように、アンとケイトから個人情報が漏れたタイミングで、迷惑メールが増えたという声が多かったです。

 

 

迷惑メールが大量に届くようになった場合は、キャリアの迷惑メール設定を使って、[許可するメール]の登録をしたり、[拒否するメール]の登録をすることで、迷惑メールを届きにくくすることができます。

 

あとは、思わずメールを開いてメール内のURLをクリックしてしまいそうな偽配達荷物のメールが届いたりしますが、見覚えのない送信元や件名などの不審なメールのURLや添付ファイルを触らない!開かない!ようにして、届いたメールは削除するようにしましょう。

 

迷惑メールに関していくつか記事を掲載していますので、合わせて確認して頂ければと思います。

 

関連記事:迷惑メールを誤ってクリックした時の対処方法まとめ

 

関連記事:誤って迷惑メールをクリックした結果どうなる?

 

関連記事:迷惑メールの内容まとめ!!その才能を他の所に…

 

 アンとケイトの対応

アンとケイト

 

2019年6月7日現在、個人情報が流出したからパスワードを変更して!という情報以降…「アンケートご協力のお願い」しか届きません。

 

アンとケイト依頼メール

 

これ以上、個人情報流出については触れないつもりのようです。

 

 

個人年収や世帯年収、職業や業種など、選択肢番号を選ぶ形式とはいえ、サイトを確認すれば何番がこれで、何番はこれ、なんてすぐに分かってしまうのではないでしょうか。

 

年収が高い低いといった、その人に合わせた詐欺を実行できてしまう十分危険な情報漏えいだと思います。

 

これだけの危険な個人情報を漏えいしておきながら、ニュースで取り扱われないという疑問、お詫びのメールのみ、流出による専用窓口が24時間体制ではない

 

私も今回の流出の被害者ですが、第三者による不正アクセスから2日後には攻撃を受けた不備に対して対応を行ったという事でサイトが再開されましたが、本当にもう大丈夫なのか?というのが正直な気持ちです。

 

一度失った信頼は簡単には取り戻せません。

 

テレビで取り上げられていない事や、アンとケイトの新規会員登録ページで、まったく個人情報流出について表記されていないので、流出後もまったくその事を知らずに登録した方もいらっしゃるでしょう。

 

ユーザーに対しても、新規利用者に対しても、うまく誤魔化されていてどうしても腑に落ちない。

 

2014年7月に約3,504万件という大量の情報漏えいが発覚したある企業では、プライバシーマークが取り消しとなった。

 

今回とは被害件数が桁外れだが、アンとケイトの場合あれだけの内容の情報を77万件以上流出させたのだから、これくらいの事はあってもいいのでは?とも思ってしまう。

 

プライバシーマークがある事を前提に、取引してくれていた企業もあるだろう。

 

今後、不正ログインに対して対策しつつ通常通り運営していくのか、何かしら動きがあるのか、これから先の動向について更新していきたいと思います。

 

関連記事:アンとケイトの危険性と評判・評価について

 

関連記事:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

アンとケイトの危険性と評判・評価について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アンとケイト
運営会社
株式会社マーケティングアプリケーションズ
SSL
あり
プライバシーマーク
あり
スマホサイトあり(スマホでも利用可)
モバイルサイトなし?
メールマガジン
大:多い時では1日10通以上のアンケート依頼が来る

スマホで利用する場合フリーメールアドレス必須の量
ポイントレート
1P=1円
最低換金額
500円
換金手数料
無料
ポイント有効期限
年に1回のモニタ登録情報の更新が必要
家族登録
ASPでバナー取得すれば
やろうと思えば可能
広告還元率
なし
クリックポイント
なし
ランク制度
なし
登録情報
氏名
フリガナ
メールアドレス(携帯アドレスは不可)
性別
生年月日
未結婚
子供の有無
個人年収
世帯年収
職業
職種
郵便番号
都道府県
市区町村
電話番号
アンケートに答えるためには必要になる
年齢制限満7歳以上

 

アンとケイトの安心度

安全マーク

10点:一定水準は満たしていましたが、情報漏えいは許されない

アンとケイトの稼げる度

稼げるレベル50

50点:こんなにアンケート件数が多いとは…

アンとケイトの危険度

レベル20

20点:アンケートサイトではしょうがない。個人情報の入力やメールは多い

 

総評価

80点

 

アンケートサイトは登録情報が多いですからね…不正アクセスについてはしっかりと対策しておいてほしかったですね。

 

アンケートの頻度的にはマクロミルやリサーチパネルと戦える位頑張っているサイト。

 

最低換金額である月500円に、あるいは到達するのではないか…?

 

 

危険性の判定

アンとケイトは、株式会社マーケティングアプリケーションズが運営しているアンケート調査の会社です。

 

設立日:2006年9月1日

資本金:188,759,616円

従業員数:128名(2017年12月現在)

 

以前は株式会社ボーダーズという名前でしたが、2015年2月に社名を変更しました。

 

1年前と比較すると、従業員数が3倍に増えています。何が起こったのか…?

 

調査を主体としている企業で、親元にあのECナビを運営するVOYAGE GROUPがあります。

 

10年以上運営を続けてきた歴史のある会社です。

 

余談ですが、シャッフルランチっていい制度ですね!!

 

水曜19時以降、社内でビールやエナジードリンク解禁!!てもスゴイです。

 

アンとケイトのスマホ版「ポケットアンとケイト」も運営しています。

 

プライバシーマークとSSL

アンとケイトのサイトには、しっかりとプライバシーマークが表示されています。

 

プライバシーマーク

 

しかし、2019年5月22日に「アンとケイト」「ポケットアンとケイト」において、第三者による不正アクセスがあり個人情報流出というお知らせがありました。

 

ログインページからフルにSSLが導入されていて顧客情報を暗号化しているはずなのですが、登録した情報が最終的に安全な場所ではないところに保管してあったのかもしれませんね。

 

この個人情報流出については、警視庁に通報済みということで、今後はサイバー攻撃に対する対策と監視の強化に加えて、有識者を交えたセキュリティ監視を踏まえ再発防止策に取り組んでいくという事ですが、今回失った信頼を取り戻すのは難しそうですね。

 

関連記事:「アンとケイト」不正アクセスによる個人情報流出の危険性!

 

プライバシーマークとは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

 

意味が分からないので分かりやすく解説すると、プライバシーマークを取得する為には社員教育を最低年に1回行う事が必要で、個人情報の保護に対して従業員1人ひとりに知識が加わります。

 

プライバシーマークをはく奪されると、認定個人情報保護団体のJIPDEC(プライバシーマークの認定に携わる期間)のプライバシーマークのサイトに、かなりはずかしい感じで会社名が掲載される為、社員1人ひとりにも責任があります。

 

結構な費用がかかり、2年毎に更新しないといけない事から、企業がある程度潤っていてプライバシーマークを取得できるだけの余力がある事が伺えます。

 

詳しくはコチラ:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

 

SSLとは
インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)の一つ。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器による成りすましやデータの盗み見、改竄などを防ぐことができる。

 

私達が理解する所で言えば、

  • 通信間においてハッキングされる可能性は0に等しい
  • URLがhttpsになっていると有効

が関係ある所です。仕組みは呪文でしかありませんが、詳しく検証した記事です。

SSLでのお小遣いサイト利用者のメリット

 

登録情報

アンとケイトに必要な登録情報は以下の通り。

  • 氏名(フリガナ)
  • メールアドレス
  • 性別
  • 生年月日
  • 未結婚
  • 子供の有無
  • 個人年収
  • 世帯年収
  • 職業
  • 勤務先業種
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • それ以降の住所
  • 電話番号

そして銀行口座にポイント換金するならば、銀行口座の情報が必要です。

 

当然、SSLで守られていますが、個人情報の多さは流石のアンケートサイトですレベル10

 

退会できるのか?

アンとケイトの退会は、ログインしたマイページに思いっきり表示されていますので、迷うことはありません。

 

 

退会には本人確認として、生年月日、パスワード、セキュリティー認証(私はロボットではありません)が必要となります。

 

アンとケイトはアンケートに答えるのみができるサイトですので、きちんと個人情報を消去して貰えればほぼ問題はないかと思いますが、

  • 退会後に新たにモニタ登録していただいても、ポイントの継続はございません。
  • 退会手続きが完了すると、あなたの『モニタ専用ページ』が消失し、『アンとケイト』からのアンケートのご依頼メールの配信が停止いたします。
  • ご登録いただいていた個人情報は、一定期間保持後すべて消去されます。そのため、退会後のお問い合わせについては、登録情報と照合する事ができませんので、お答えできない場合がございます。

 

とあり、一定期間というのは不正防止対策で開示してくれる事はありませんが、しっかりと個人情報を消去してくれているのが伺えます。

 

情報漏えいについてTwitterでも多くのツイートがありますが、

 

  • 何年も前に退会した
  • 2015年に退会済み

 

このような方にも、今回の流出についてのメールが届いたようで、一定期間の長さが浮き彫りになりましたね。

 

 パスワード再設定が必要

今回、個人情報流出という最悪の結果となりましたが、一時外部アクセスを遮断していた為ログインすることができませんでしたが、攻撃を受けたサーバー上の不備に対して対策を行い5月24日にログインできるようになりました。

 

いままで利用していたパスワードは第三者の手に渡ってしまった為、いままでのパスワードがリセットとなり再設定を行うことで、登録情報の閲覧や退会が行えます。

 

[パスワード再設定方法]

 

1.ログインページにある[パスワードを忘れた方]をクリック。

 

パスワード再設定

 

2.パスワードを再発行するには、メールアドレス・お名前・電話番号が必要となります。

 

再発行フォーム

 

3.入力後、登録したメールアドレス宛に新しいパスワードが届きます。

 

最低換金額と換金手数料

アンとケイトの最低換金額は500ポイント=500円が基本です。

換金先は、

  • ジャパンネット銀行:500円、翌月20日から翌月末日交換
  • 楽天銀行:500円:500円、翌月20日から翌月末日交換
  • その他銀行:1000円:500円、翌月20日から翌月末日交換
  • Pex:500円:交換した月の翌月末日
  • ドットマネー:300円
  • Amazonギフト券:300円、3週間以内に交換
  • 日本赤十字社:100円
  • 日本ユニセフ協会:100円

 

で、換金手数料は無料です。

 

現金交換には手数料がかからないので基本的には銀行口座、電子マネー各種であればPexかドットマネー利用する事になります。

 

優遇されている換金先はPexとジャパンネット銀行で、Pexであれば交換するたびに20ポイント、ジャパンネット銀行では換金する度に10ポイント獲得する事ができます。

 

仮に10000ポイントとか保有している場合、期日はかかりますが分割して交換した方がお得です。

 

寄付も充実していますが、稼ぐとはまた別の話です。

 

Pexについて
Pexは、ECナビを運営する株式会社VOYAGE GROUPのグループ企業で、ポイント合算サイトですが、クリックで稼げるコンテンツ等も豊富です。

 

Amazonギフト券、iTunesギフトコードは1ポイント=1円以上の単価になり、交換日数が7日前後程増えますがお得に交換したいという方はPex経由がおすすめです。

 

現金は手数料がかかり、

  • 楽天銀行:50円
  • ゆうちょ銀行:50円
  • みずほ銀行:50円
  • ジャパンネット:100円
  • その他銀行:200円
  • 住信SBIネット銀行:50円

です。いずれも手数料は定額で、楽天銀行はリアルタイム、その他銀行はリアルタイム~数日で、その他の交換予定日は翌月25日前後です。

 

 

換金先にドットマネーが表れましたので、電子マネー各種の主力はドットマネーとなるでしょうね。

 

 

メールマガジン

アンケートの頻度が多いので、結構な量のアンケートが来ます。

 

1日に数通メールが来ますので、アンケートが来る事は嬉しい事ですがレベル10稼げるアイツ

 

アンケートが多い

おお、すげぇじゃん!!っていう位アンケートは良くきます♪

 

マクロミルに近い感じで、事前調査が多いですが、本調査も結構あります♪

 

リサーチパネルとも戦えるんじゃないかなという位豊富です稼げるレベル20

 

アンケートサイトはツンデレなものが多く、登録当初はアンケートが来るまでに時間がかかる事が多いですが、アンとケイトは最初からデレ状態で、登録した次の日からアンケートがどしどし送られてきました♪

 

アンケートに全て答えた場合、なんとか最低換金額である月500円に到達します♪

 

これだけのアンケート頻度が多いサイトですので、配信終了するのも早めですので、早めの回答が必要となります。

 

ウェブで完結するアンケートの他、事前アンケートで許可を頂いた対象者には商品サンプル調査という、実際の商品を試した後、アンケートに答えるものもあります。

 

…なのにアンケートが来ない場合、以下の記事を参考に何か問題がなかったか?を確認してみて下さい。

 

 

軸がぶれない

アンとケイトでできる事はただ1つ。

 

アンケートに答えるのみです。そして友達紹介もありません。

 

やれる事はアンケートに答えるのみですので、アンケートをする以外の思考が広がることはありません稼げるアイツ

 

それでこのアンケート頻度であれば、ポイントは貯まりやすいです♪

 

ポイント有効期限

ポイント有効期限は、1年に1回モニタの最新の属性(性別・年齢・居住地)情報を更新する事で有効期限はありません。

 

逆に言えば、1年に1回モニタ情報を更新しない場合、ポイントが失効してしまいます。

 

友達紹介はキャンペーン時のみ

通常は友達紹介の機能はありませんが、キャンペーン時のみ友達紹介があるとの事です。

 

そしてバナーは、お問い合わせすれば頂けるとの事です。

 

それとですが、以前はJanetというASPに、アンとケイトの広告が掲載されています。

 

この場合、アフィリエイト報酬としては130円、無料会員登録後、アンケートに回答で成果です稼げるアイツ

 

ただ、ASPであるが故、予算が終了すると終わってしまうという欠点もあります。

 

アンとケイトのライバルサイト

アンとケイト。

 

まさかこれ程のデレ状態だとは…

 

このアンケートの頻度は、マクロミルに近いものがあり、リサーチパネルとも戦える程です。

 

マクロミルの方が事前調査アンケートとしては多く、リサーチパネルの方が本調査に発展する依頼が多いといった状態です。

 

ただこの2サイトをライバルとして比較できるアンケートサイト自体、あまり見る事はできません。

 

セキュリティー的には同等ですが、これはマクロミルがやはり一番頑張っています。

 

マクロミルには友達紹介と会場調査等で、月500円以上稼ぐ事もできる手段があります。

 

リサーチパネルはVOYAGE GROUPの一員ですので、アンとケイトにはより近しい関係にあります。

 

リサーチパネルにはECナビという、強力なポイントサイト機能がついている上、ECナビのアンケートもあります。

 

この辺りが今一歩及ばない、完成形のアンケートサイトとしての弱みです。

 

個人的見解

「あんたは、アンとケイトだけ利用してればいいのよッ。

 

だから…、その…、私達もあんたにアンケート送ってるから。

 

もうちょっと嬉しそうな顔しなさいよね!」

 

ちょっとした愛を感じる程のアンケート頻度でした♪

 

2019年5月、およそ半年ぶりに記事を見直しましたが、ほぼ何も変わっておらず、アンケートの頻度も変わっていないという安定ぶりです。

 

これ程アンケートの頻度が多いサイトは中々ありませんので、メインのアンケートサイトとして考えても良いのではないかと思えるサイトだった為に、今回の77万以上のアカウントが流出という結果になったことは、本当に残念です。

 

ただ、月500円の域を超えるというのは中々難しいので、もっと稼ぎたいという方はリサーチパネルとECナビで、ポイントサイト機能も考えても良いと思います♪

 

アンとケイト

Point anytime(ポイントエニタイム)の危険性と評判・評価について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Point anytime(ポイントエニタイム)
運営会社
株式会社Newgate
SSL
あり
プライバシーマーク
無し
スマホサイト・アプリ現状はスマホ限定サイト
モバイルサイト-
メールマガジン
中:1日1~3通
ポイントレート
1ポイント=1円
最低換金額
完全ドットマネー依存
換金手数料
完全ドットマネー依存

無し
ポイント有効期限
180日
家族登録
4ティアのキャンペーン中は有利
広告還元率
低い
クリックポイント
現状無し
ランク制度
無し
登録情報
メールアドレス
パスワード
性別
生年月日
ご利用携帯
年齢制限18歳未満の場合は親の同意が必要
国外からの利用規約に記載無し

 

2019年2月25日にオープンした新ポイントサイとのPoint anytime(ポイントエニタイム)に登録し、危険性を検証した記事です。

 

まだオープンしたてという事で色々と足りないものが多いですが、これからどうなっていくのか?によっては期待が持てるお小遣いサイト。

 

リリースから約1ヶ月で、すでにティア制度の変更などがありましたので、その部分についても検証しています。

 

危険性の判定

運営会社の情報

Point anytime(ポイントエニタイム)

 

Point anytime(ポイントエニタイム)は、株式会社Newgateが運営する、スマホ版お小遣いサイトです。

 

2019年2月25日にリリースされたばかりの、近年では非常に珍しい、新お小遣いサイトの登場です。

 

現時点ではスマホ版のみですが、今後PC版も実装される予定があるとの事です。

 

設立日:平成21年8月28日

資本金:9000万円

代表者:片山 敏

従業員数:不明

所在:東京都渋谷区渋谷3-26-17渋谷デュープレックスB’s8階(平成31年3月移転)

ホームページ:http://www.n-gate.jp/index.html

 

株式会社Newgateは、全く関連性のない同一名称の企業があり、そちらの方がネットで検索上位に表示されてしまいます。

 

平成30年10月に東京都渋谷区渋谷3-5-1に移転し、オフィスは家賃30万円のマンションの1室で、企業HPからリリースされたアプリを見る限り、10名でも言い過ぎなんじゃないか?くらいの会社の規模と予想していましたが、平成31年3月にポイント事業拡大のため移転。ワンフロア40坪弱の賃貸オフィスビルで、ここで10~15名働けるかなというくらいの広さです。たった半年での移転、違約金めっちゃかかったんじゃないかな。

 

会社設立後、iPhone用アプリをリリースしつつ、平成25年5月には100%連結子会社「株式会社NewgateMedia」を設立しています。

 

色々とやった結果、ポイントサイト事業に手を出した…と考えるのが妥当でしょう。

セキュリティーに対する取り組み

ECナビセキュリティー対策

 

登録の際に、本名・住所・電話番号などの個人情報を登録する必要がないのは、現状プライバシーマークを取得できていないという点を考慮しての事なのかもしれない。

 

株式会社Newgateの規模で、プライバシーマーク等を取得している訳もなく、JIPC(日本インターネットポイント協議会)にも加入している訳でもなく、最近できたサイトであるという事から、全ページSSLが導入させており、ユーザーの通信間の情報をしっかりと守ってくれています。

プライバシーマークとは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

 

意味が分からないので分かりやすく解説すると、プライバシーマークを取得する為には社員教育を最低年に1回行う事が必要で、個人情報の保護に対して従業員1人ひとりに知識が加わります。

 

プライバシーマークをはく奪されると、認定個人情報保護団体のJIPDEC(プライバシーマークの認定に携わる期間)のプライバシーマークのサイトに、かなりはずかしい感じで会社名が掲載される為、社員1人ひとりにも責任があります。

 

結構な費用がかかり、2年毎に更新しないといけない事から、企業がある程度潤っていてプライバシーマークを取得できるだけの余力がある事が伺えます。

 

詳しくはコチラ:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

 

SSLとは
インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)の一つ。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器による成りすましやデータの盗み見、改竄などを防ぐことができる。

 

私達が理解する所で言えば、

  • 通信間においてハッキングされる可能性は0に等しい
  • URLがhttpsになっていると有効

が関係ある所です。仕組みは呪文でしかありませんが、詳しく検証した記事です。

SSLでのお小遣いサイト利用者のメリット

システムが気になる

セキュリティ

 

Point anytime(ポイントエニタイム)のシステム…これが私の気になったポイントの1つ。

 

このシステムに罪は無いのですが、以前の強者系お小遣いサイトと同じシステム構築されているんですよね…

 

まあ私みたいに、以前強者系お小遣いサイトに登録した人であれば、ちょっと気になるかもしれませんね…

 

システムに罪はないのですが。

検索してもサイトが出ない

TwitterやInstagramで悪い噂も込みで話題になっているので、サイトを調べようと検索した方も多い事でしょう。

 

かくいう私も、Point anytime(ポイントエニタイム)の存在を知ったのは、コメントから"私のIDから登録して頂けませんか?"というコメントを頂いて初めて知りましたもん…

 

Point anytime(ポイントエニタイム)というサイト名、特にライバルがいるわけでもありませんので、結構簡単に検索上位に入るとは思いますが…検索してもサイト名が出ない状態が続いています。

 

システムに罪はないのですが、もしかするとシステムがまずいんじゃないの?とも感じます。

 

株式会社Newgateの事業として、Web事業からリスティング事業まで、幅広くサポートしているので、検索1位に表示させる位速攻だと思いますけどね…

 

2019年3月、やっと検索すると表示されるようになりました。

なんでフリー素材ばかり使用してるの

ここも…

ポイントエニタイムトップページ

ここも…

ポイントエニタイム特徴紹介

 

 

このフリー素材は、テレビとかでもよく使われている"いらすとや"というフリー素材集のものを使用していますね。

 

別にフリー素材を利用することは悪いことでないですし、当サイトでもいらすとやさんのフリー素材を大量に使用していますが、仮にもポイントサイとを作る企業でフリー素材を使っているサイトというのはほぼ見かけないと言っていい状態ですね…

 

考えられるのは余程突貫でサイトを構築したか?イラストを作成するだけの人材がいないか?

 

とか、よくない想像が広がる方向に印象を与える結果となっています。

 

特にオープンしたてでこのシステムですので余計に…です。

 おしゃれな感じにリニューアル

リリース当初は有名なフリー素材が至る所にあるサイトでしたが、現在ではピンクを基調し、雰囲気もおしゃれな感じになりました。

 

ポイントエニタイム 新デザイン

 

問題のイラストたちも、

 

ポイントエニタイム イラスト

 

落ち着いた感じになりました。

 

[よくある質問]に関しても、リリースから問い合わせが多かったのか詳しく説明したものに変わっています。

 

いろいろ変わりましたが、友達紹介のティア制度についてもやはり…というような変更がありました。詳細についてはあとで説明しています。

登録情報

登録方法

Point anitime(ポイントエニタイム)の年齢制限は、利用規約に記載が無い為、年齢制限は現状は無い状態です。

 

登録にはまず原則として、スマホが必要です。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 性別
  • 生年月日
  • ご利用携帯

が必要となってきます。

 

現在はスマホ版しかないので、メールアドレスは携帯メールアドレスじゃないといけないのかな?と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、Pointanytimeの登録には「フリーメールアドレス」も利用する事ができます。

 

携帯メールアドレスで登録しても、フリーメールアドレスで登録しても、表示内容や機能について違いはないので、毎日1日3通くらいのメールマガジンが届くので、お得情報は知りたいけど携帯メールアドレス宛に届くのはプライベートなメールとごちゃまぜになって分かりにくくなりそう…と思われる方はフリーメールアドレスで登録することをオススメします。

 

関連記事:GmailとYahooメールの登録方法

 

1つ気になるのはパスワードが半角英数8文字しか設定できないという事。

 

もうちょっと長い方がいいんじゃないかな…?

 

8文字の羅列、頑張れば解析されちゃいそうですので…

 

下記バナーから会員登録できます♪

“いつでもどこでも”ポイントが貯まる!Point anytime
退会できるのか?

お小遣いサイト退会

 

Point anytime(ポイントエニタイム)の退会は、退会申請ページから、Point anytime(ポイントエニタイム)に登録したメールアドレスからメールを送信し、返信メール内のURLにアクセス牛、完全退会ページに移動し、引き止めをスルーしてから完全退会ボタンを押すことで退会を行う事ができます。

 

システム上直リンクを貼ることができませんので、画像つきで現状退会ページのあるリンクに行く方法を紹介します。

 

Point anytime(ポイントエニタイム)にログイン後、メニューからよくある質問へ行きます。

 

Point anytime(ポイントエニタイム)よくある質問

 

その他不明点から、登録解除についてをタップ、登録解除はこちらからをタップします。

 

Point anytime(ポイントエニタイム)退会ページ

 

…う~ん。システムが強者系お小遣いサイトなので、退会方法が強者系お小遣いサイトの退会手順と一緒です。

 

強者系お小遣いサイトでは、この手順が非常に悪質で、退会リンクに飛ばなかったり、送信するアドレスを勝手に変更されたり、そこから儀式のような手順でページ移動しないと退会できなかったのですが、Point anytime(ポイントエニタイム)は手順通りにやれば退会できるのでご安心下さい。

再登録について

再登録については、基本的に可能ですが一定期間経過後でなければ再登録はできないようです。

 

この一定期間については、他お小遣いサイトでも提示されていない情報なのでいつ頃再登録できるかは不明です。

 

退会後の個人情報については、退会ページに「退会処理完了でその他の登録情報も破棄されます」という記載がありますが、一定期間再登録ができない事から退会処理完了時に破棄されるのでなく、一定期間は個人情報は所持しているものと考えられます。

 

でないと、登録情報がない状態でどうやって再登録と判断するのか?という事になります。

メールマガジン

メールアドレス

Point anytime(ポイントエニタイム)からのメールは、よくある質問にもありますが1日1通~3通程度です。

 

「"Point anytime"info@p-any.net」と「info@p-any.net」からメールが届きます。

 

ポイント付メールの配信もあるようですが、気になる場合は以下の方法で変更できます。

 

登録情報変更ページから、配信をいつでも停止する事が可能です。

 

Point anytime(ポイントエニタイム)登録情報ページ

現在はオープン直後だからか、登録情報ページのパスワードをタップすると、メールマガジン停止設定に行くことができます。

 

Point anytime(ポイントエニタイム)メルマガ配信停止設定

ドットマネー依存のポイント交換

ドットマネー

Point anytime(ポイントエニタイム)のポイント有効期限は180日です。

 

この有効期限もリリース時は150日でしたが、規約変更時に180日に変更されました。

 

Point anytime(ポイントエニタイム)のポイント交換は、現時点ではドットマネー経由のポイント交換一択となっています。

 

ドットマネーについては、詳しく検証している記事がありますので、そちらを御覧ください。

 

ドットマネー(.money)の危険性と評判・評価について
 ドットマネー(.money)の安心度60点:プライバシーマークが見当たらないが…ドットマネー(.money)の稼げる度40点:もはや最強のポイント合算サイトですドットマネー(.money)の危険度20点:クリックやアメーバの有効期限が短いよ… 総評価+80点 とにかく...

 

ポイント交換先がドットマネーという事で、アメーバIDが必要となってきます。

 

ポイント交換先の一例として、現金は1000円から手数料無料、iTunesギフトは500円、Google Playギフトは500円から、Amazonギフトは300円から、その他色々なポイント交換先が用意されています。

 電話番号認証

スマホを持つ

 

point anytime(ポイントエニタイム)では、不正利用防止の対策の為「電話番号認証」が導入されました。

 

登録時に携帯電話番号を入力する必要はなく、初回のポイント交換時に本人確認のために電話番号を提示しないといけなくなりました。

 

リリース時から言われ続けていますが「point anytimeってサイト大丈夫なの?」と思っている方が、メールアドレスの入力だけでも抵抗があるのに、電話番号も入力しないといけないとなると会員登録するというハードルは高くなってしまったように思います。

 

お小遣いサイトでは不正利用防止の為に電話番号認証を行っているサイトも増え当たり前になりつつありますが、お小遣いサイトを利用した事がない方からすると「電話がかかってくるんじゃないか」など不安要素しかないでしょう。

 

私もいくつものお小遣いサイトに電話番号を登録していますが、直接電話がかかってくるという事は何年も利用していますが経験ありません。

広告還元率が低い

ポイントサイト経由で契約

広告還元率が…低いんですよね。

 

例えばですが、今やお小遣いサイトの代名詞とも言える、リスクの少ないU-NEXTの広告、Point anytime(ポイントエニタイム)の還元ポイントは300ポイント=300円ですが、"すぐたま"とかだったら1700円相当だったりするので、還元率は1/5以下となります。

 

友達紹介のティア制度に変更が変更されたことにより一部の広告のポイント還元がアップしたようで、U-NEXTの広告に関しても600ポイント=600円(2019年3月時点)と確かに増えている事が確認できました。

 

まああまり確実に比較できる案件が少なかったので、多くは検索していませんが、他も総じて還元率が高いとは言えない状態でしたね。

 

まあ還元率は運営会社の方針という水物(予想しにくい)ですので、運営会社の方針によってガラっと変わるかもしれませんが、少なくとも私が検証した時点では還元率が高いとは言えない状態でした。

業界初の4ティア

4ティア

業界初の4ティア…?

 

ドリームプライズとか、かつて4ティアじゃなかったっけ…?

 

キラキラウォーカーとか、かつての強者系お小遣いサイトとか4ティアじゃなかったっけ…?

 

とは思いつつも、現存するお小遣いサイトでは、業界初ではないにしろ、現存している唯一の4ティア制度です。

 

ただこのティア制度、お小遣いサイト運営会社にとってかなりの弊害があります。

 

現状のお小遣いサイトで3ティアを採用しているのは"げん玉"が最も大きなお小遣いサイトで、3ティアを採用していた事により、一時期はお小遣いサイトの中でも圧倒的に一番人気の地位にいたサイトです。

 

ただこの"一番人気"つまり新規ユーザーが一番多く、最も広告利用してくれる状態においても3ティアの維持は非常にきつく、げん玉でも、(子)10~35%、(孫)1~12.25%、掲載広告数が違いますがすべての広告が3ティアの対象ではありません。

 

げん玉を含むリアルワールドの会員数が累計1,000万人突破、そしてマザーズ上場している企業がお小遣いサイトを10年以上運営する限界がこのティア還元率なのです。

 

対してPoint anytime(ポイントエニタイム)は、子、孫、ひ孫からなる4ティアで、子(20%)、孫(15%)、ひ孫(10%)から、げん玉の3ティアを大きく上回っている状態となります。

ポイントエニタイム友達紹介キャンペーン

 

※3月31日までの4ティア友達紹介キャンペーンでしたが、4月30日まで延期となっています。

 

この状態はキャンペーン時の還元率で、2019年3月31日までとの事ですが、キャンペーンが終了すると大幅に下がることになると思います。

 

リリースから1ヶ月、そりゃそうだろうと思う変更が発表されました!

 

ティア制度期間限定

 

以前は、3月31日まで開催しているティア率増のキャンペーン後も、ティア率は下がるけど4ティアでやっていくよ!という説明だったのですが、リリースから1ヶ月も経たないうちに改悪となりました。

 

4ティアは期間限定の開催となり、通常時は2ティア制でティアポイントは一律10%還元!

 

さらに現在開催している4ティアキャンペーンでは全広告がティアポイントの対象ですが、通常時は対象広告のみの還元となります。

 

リリースしたばかりで利用者が少ないにも関わらず、2ティアで10%ってそれってほぼ無きに等しいじゃん!って思いましたよ。

 

まだ4ティアのキャンペーンがどのくらいのペースで開催されるのかも分かっていませんし、「4ティア制度」という事で一時期Twitterやインスタなどで話題になりましたが、フリー素材の多用や4ティアという怪しさから、「様子見」という方が多かったのではないでしょうか?

 

その状況下でティア制度の変更、そしてティアポイントの低さ、これってユーザー増やす気あります?と問いたくなるような改悪です。

クリックやゲームが無い

Point anytime(ポイントエニタイム)では現状の稼ぐ方法が、広告利用と友達紹介しかありません。

 

よって、めぼしい広告を利用すると、後は友達紹介を行うだけ…となってしまいますので、クリックやゲームでポイントを稼ごうと思っている方には、現状では稼ぐ事は困難という事を覚えておいて下さい。

Twitter・インスタの反応

クチコミ

  • ドットマネーには無事交換できた(30分位で交換済みのメールきた→ドマネみたら交換されていた)5日かかるのでは?
  • 怪しすぎる
  • 見守ろう
  • ネズミ講
  • 電話での解約は受付けていないって怪しい→ポイントサイト初心者が多い!
  • やる方は自己責任で
  • 解約した人が多数
  • ドットマネーに表記がない
  • ドットマネーに問い合わせ⇒安全なサイトだった
  • 電話して「私しかいない」って言われたけど他に話し声が聞こえる。振込詐欺によくあるやつ。

こんな反応が多かったですね。

 

総じて言える事は、しっかりとお小遣いサイトのノウハウを持って運営会社を立ち上げるならば、別にこういった悪評はなかったと感じますね。

 

この時点で私個人的には、お小遣いサイトのノウハウを持っていない、本当に新規に事業を立ち上げたのではないかと予想します。

 

じゃないとこのシステム、4ティアはやらないと思いますけどね…

まとめと個人的見解です

にゃー

 

Point anytime(ポイントエニタイム)は一応安全なサイトで、還元率は低いものの、これからコンテンツ拡大も予想されるお小遣いサイトです。

 

ただPoint anytime(ポイントエニタイム)は、本当に生まれたての状態で、予想が外れていたら申し訳ありませんが、運営会社もお小遣いサイトに対するノウハウを持っているようには思えませんでした。

  • 強者系お小遣いサイトのシステムをそのまま利用している
  • 還元率が低く、4ティアが期間限定に変更された
  • お小遣いサイト運営会社が気にする所に気を配っていない

というのが、個人的見解としては気になる所です。

 

まずはこの怪しさを払拭する…というのが一番だと思いますけどね。

 

とは言え、まだまだ生まれたての赤ん坊状態で、これからどうなっていくか…?

 

悟りを開きし者
それともこんなヒャッハーになるか…

 

コメント不可能

 

は、Point anytime(ポイントエニタイム)自身がこれからどう運営を行っていくか?で決まります。

ユーザーの声を聞き、より使いやすいお小遣いサイトに発展していくか?独りよがりのお小遣いサイトになっていくか…?

 

俺の名前を言ってみろ
これからのPoint anytime(ポイントエニタイム)次第です。

 

あくまで現状を貫くのであれば、なんで今このシステムでサイトを作ったか…が、ちょっとわかりませんね。

 

昔みたいに新しいお小遣いサイトが次から次へと乱立する時代でもなく、突出した大手お小遣いサイトが無い訳でもなく、数々の大手お小遣いサイトが存在する中、わざわざPoint anytime(ポイントエニタイム)を利用すべき理由…なにか特徴があれば良いのですが、正直現状では目立ったものはありませんね…

 

“いつでもどこでも”ポイントが貯まる!Point anytime

 

ドットマネー(.money)の危険性と評判・評価について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ドットマネー(.money)
運営会社
株式会社ドットマネー
SSL
あり
プライバシーマーク
なし?
スマホサイトあり
モバイルサイト未検証
メールマガジン
小:1日1通程度
ポイントレート
1P=1円
最低換金額
ネットバンク:1000円
全国金融機関:2000円
Amebaコイン:10円
Amazonギフト券:294円
iTunesギフトコード:490円
WebMoney:300円
換金手数料
現金:かかる
電子マネー:無料

ポイント有効期限
6ヶ月が基本だが、
クリックポイント系は1ヶ月
家族登録
紹介制度が無いのでメリット無し
広告還元率
普通
クリックポイント
1円は確実
その後はアメブロ、アンケート等で大きく変わるが、
有効期限が1ヶ月
ランク制度
なし
登録情報
メールアドレス(フリー可)
パスワード
アメーバID(公開・ブログのアドレス)
性別
生年月日(非公開)
年齢制限18歳未満は保護者の同意
国外からの利用利用規約に記載なし

 

ドットマネー(.money)の安心度

安全レベル60

60点:プライバシーマークが見当たらないが…

ドットマネー(.money)の稼げる度

稼げるレベル40

40点:もはや最強のポイント合算サイトです

ドットマネー(.money)の危険度

危険レベル20

20点:クリックやアメーバの有効期限が短いよ…

 

総評価

+80点

 

とにかくポイント合算サイトとして強力なお小遣いサイト。

 

モッピー等の現金の換金手数料が免れなかったお小遣いサイトの換金手数料を無料化できる、とても良い換金先です♪

 

2017年11月頃どんどん換金先が増え、ついにお小遣いサイトの主要サイトと言えるものは網羅したのではないかと思います。

 

もはやドットマネーは間違いなく、お小遣いサイトの中で最も使われるポイント合算サイトと言えます。

 

こんな人にオススメ

  • モッピー(お小遣いサイト)を利用されている方
  • ドットマネー対応のお小遣いサイト(アプリ)を利用されている方
  • Ameba関連のコンテンツを利用される方
お小遣いサイトを利用するのではあれば、大半のサイトはドットマネーに交換できます。

利用を控えた方が良い方

  • 該当お小遣いサイトを利用していない方
ポイントサイトとして一通り揃っているが、優先して利用する程ではない。

危険性の判定

ドットマネー(.money)は、株式会社ドットマネーが運営するお小遣いサイト(ポイント合算サイト)です。

 

設立日:2016年12月1日

資本金:10,000万円(2016年12月現在)

株主:株式会社サイバーエージェント100%

 

2016年12月以前は、株式会社サイバーエージェントが運営していましたが、会社分割により新たに設立した子会社「株式会社ドットマネー」に受け継がれました。

 

株式会社ドットマネーの親会社である、株式会社サイバーエージェントは2011年までライフマイルを運営していましたが、げん玉を運営する株式会社リアルワールドに譲渡し、お小遣いサイト業界からは遠ざかっていましたが、Uターンして戻ってきました。

 

サイバーエージェントって何してる会社なの?と言われると、「アメーバ」です。

 

ですので、ドットマネーからAmebaコインへポイントを交換する事も可能なのです。

 

株式会社ドットマネーの求人で営業の方を「提携先拡大」の為に募集しているという記載もありましたので、業界最大級でありますがまだまだ進化していく企業です。

プライバシーマークとSSL

ECナビセキュリティー対策

 

プライバシーマークなんか探すのは失礼じゃないの?と思いましたが、プライバシーマーク参加企業を見ても存在しません。

 

マイナス…いや、芸能人も利用しているアメブロ、そんなハズは…

 

企業の大きさが私の判定を覆した瞬間です。

 

ちなみにSSLは通帳ページにまで効いていて、ユーザーを守ってくれています安全マーク

 

ちなみにJIPCには加入していませんが、サイバーエージェントが加入したいって言えば速効で加入できるんじゃないかなと思います♪

 

プライバシーマークとは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

 

意味が分からないので分かりやすく解説すると、プライバシーマークを取得する為には社員教育を最低年に1回行う事が必要で、個人情報の保護に対して従業員1人ひとりに知識が加わります。

 

プライバシーマークをはく奪されると、認定個人情報保護団体のJIPDEC(プライバシーマークの認定に携わる期間)のプライバシーマークのサイトに、かなりはずかしい感じで会社名が掲載される為、社員1人ひとりにも責任があります。

 

結構な費用がかかり、2年毎に更新しないといけない事から、企業がある程度潤っていてプライバシーマークを取得できるだけの余力がある事が伺えます。

 

詳しくはコチラ:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

 

SSLとは
インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)の一つ。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器による成りすましやデータの盗み見、改竄などを防ぐことができる。

 

私達が理解する所で言えば、

  • 通信間においてハッキングされる可能性は0に等しい
  • URLがhttpsになっていると有効

が関係ある所です。仕組みは呪文でしかありませんが、詳しく検証した記事です。

SSLでのお小遣いサイト利用者のメリット

メールマガジン

今の所メールはアメーバからのみです。

アメーバからだけであれば、1日1通…位でストレスは感じません♪

登録情報

ドットマネーの年齢制限は、18歳未満の場合は親権者その他法定代理人の同意が必要です。

 

今の所アメーバIDがあれば利用できますので、登録情報としては

  • メールアドレス(フリー可)
  • アメーバID(公開・ブログのアドレス)
  • パスワード
  • 性別
  • 生年月日(非公開)

です。

登録情報としては少ないですね♪

 

退会できるのか?

ドットマネーは「Amebaサービス」の一部という扱いなので、ドットマネーの退会=Amebaを退会ですので、Amebaを利用されている方は注意して下さい。

 

退会自体は非常に簡単ですので、直リンクを記載しておきます。

 

関連記事:Ameba退会ページ

 

この退会ページに色々とアメーバ関連サービスへ影響が記載されているので、目を通してから退会するようにして下さい。

暗証番号を忘れた場合

ドットマネーでは秘密の質問の代わりに暗証番号があり、暗証番号で本人確認やポイント交換等の不正利用防止対策を行っています。

 

セキュリティー保護の為、お問い合わせをしても暗証番号は教えてもらえません!

 

「アメーバIDとパスワード」「ご本人確認に登録された携帯電話番号」があれば、パスワードの再設定を行う事ができます。

 

本人であれば上記情報を利用するのは簡単ですが、本人確認登録時の携帯電話番号を変更したり、提携パートナーIDを利用している場合は面倒な事になりますので、メモをとっておくとかスクリーンショットに撮影しておくとかの対処を行っておくと万が一の時に備えとなります。

最低換金額と換金手数料

ドットマネーは、ネットバンク等は1000円から、全国金融機関のみ2000円から交換できます。

 

電子マネーはAmazonギフト券、iTunesギフトコード、WebMoneyに交換でき、Amazonギフト券とiTunesギフトコードは1ポイント=1円以上のレートです♪

 

手数料無料化が難しいVプリカでも手数料が無料です。

 

換金手数料は全国金融機関であっても無料。すごいね安全マーク

 

ドットマネーの換金先一覧
  • GMOあおぞらネット銀行:1000円から手数料無料、5営業日以内
  • 三菱東京UFJ銀行:1000円から手数料無料、5営業日以内
  • みずほ銀行:1000円から手数料無料、5営業日以内
  • 三井住友銀行:1000円から手数料無料、5営業日以内
  • ゆうちょ銀行:1000円から手数料無料、7営業日以内
  • 楽天銀行:1000円から手数料無料、5営業日以内
  • 住信SBIネット銀行:2000円から手数料無料、5営業日以内
  • ジャパンネット銀行:2000円から手数料無料、5営業日以内
  • 新生銀行:2000円から手数料無料、5営業日以内
  • その他全国金融機関:2000円から手数料無料、5営業日以内
  • QUOカードPay:300円から手数料無料、3営業日以内
  • PayPal:1円から手数料無料、6営業日以内
  • ポレット:300円から手数料無料、3営業日以内
  • Amebaコイン:10マネー→30コインから交換可能
  • dポイント:300マネー→300円から手数料無料、6~8週間
  • WAONポイント:300マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • Amazonギフト券:297マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • iTunesギフトコード:490マネー→500円から手数料無料、3営業日以内
  • ビットキャッシュ:294マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • NET CASH:485マネー→500円から手数料無料、3営業日以内
  • Vプリカ:500マネー→500円から手数料無料、3営業日以内
  • WebMoney:300円から手数料無料、3営業日以内
  • nanacoポイント:300マネー→300円から手数料無料、4営業日以内
  • JALマイレージバンク:500マネー→260円から手数料無料、1~15日申請分→申請月の下旬頃/16~末日申請分→翌月の上旬頃
  • Tポイント:1000マネー→1000円から手数料無料、4営業日以内
  • メトロポイント:300マネー→300円から手数料無料、1~2ヶ月
  • WALLETポイント:300マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
  • ANAマイレージバンク:500マネー→260円から手数料無料、交換申請月の翌月9日頃
  • ココナラポイント→30マネー300円から手数料無料、5営業日以内
  • 楽天Edy:1000マネー→1000円から手数料無料、3営業日以内
  • リクルートポイント:300マネー→300円から手数料無料、5営業日以内
  • CNポイント:1000マネー→2000ポイントから手数料無料、3営業日以内
  • 読書ポイント:300マネー→300円から手数料無料、3営業日以内
今まで手数料がかかっていたお小遣いサイトを無料化

話がウマ過ぎてちょっとの間信じられませんでしたが、例えばモッピーのような、現金に交換する場合に手数料がかかっていたものを、

モッピー→ドットマネー→現金に交換すると換金手数料を無料化する事ができます♪

 

これって、ECナビを運営し、ポイント合算サイトのPexを運営する株式会社VOYAGE GROUPでも、

 

げん玉を運営し、ポイント合算サイトのRealPay(リアルペイ)を運営する株式会社リアルワールドでも、

 

すぐたまを運営し、ポイント合算サイトのネットマイルを運営する株式会社ネットマイルでも、

 

全てのポイント合算サイトで実現できていません。

 

唯一げん玉で毎月換金額に到達する言でリアルペイ(RealPay)のみ手数料を無料化できますが、げん玉の利用が必須となり、意外と他のお小遣いサイトでは交換できなかったりします。

 

無条件でっていうのは、現状ドットマネーのみです安全マーク稼げるレベル30

 

モッピーで、ドットマネーに換金した時の記事です。

 

 

現状のドットマネーは、この手数料無料化で評判・評価が支えられています♪

 

いつか変わりそうで心配ですが…ウマ過ぎて!!

 

数年が経過しましたが、むしろ換金先が増えているし、増量キャンペーンは定期的に行われているし…

 

で、もはや換金先にドットマネーがある場合、リアルタイム性さえ追及しなければあんまり考えなくてもドットマネーに交換した方が良い位になっています♪

 

特にポイント交換先の増加は凄まじく、主要お小遣いサイトの全てでドットマネーに換金できるようになりました。

 

最初目を疑いましたが、リアルペイ(RealPay)に交換する事ができるげん玉まで、換金先にドットマネーが追加されました♪

 

※最終更新は2019年4月16日です。

 

ドットマネーへ交換できるサイト一覧
  • げん玉(10pt=1マネー):最低交換額500円、3営業日程度
  • モッピー(1pt=1マネー):最低交換額500円、リアルタイム
  • ハピタス(1pt=1マネー):最低交換額300円、3営業日程度
  • i2iポイント(10pt=1マネー):最低換金額500円、5営業日
  • ライフメディア(1pt=1マネー):最低交換額500円、翌営業日
  • チャンスイット(10pt=1マネー):最低交換額500円、4営業日以内
  • GetMoney!(10pt=1マネー):最低交換額500円、4営業日以内
  • ハニースクリーン(10pt=1マネー):最低交換額300円、リアルタイム
  • ポイントインカム (10ポイント=1マネー):最低交換額1000円、2営業日以内
  • ちょびリッチ(2pt=1マネー):最低交換額500円、リアルタイム
  • NET CASH(550pt=500マネー):最低換金額550円、45日程度
  • infoQ(1pt=1マネー):最低交換額500円、月末締め翌月3営業日程度
  • colleee(10pt=1マネー):最低交換額300円、即日
  • ワラウ(10pt=1マネー):最低交換額500円、翌営業日
  • CMサイト(2pt=1マネー):最低交換額300円、月末締め翌月10日以内
  • PONEY(1pt=1マネー):最低交換額500円、4営業日以内
  • CNポイント(2pt=1マネー):最低交換額300円、月末締め翌月10日以内
  • My Greenstamp:400pt→240マネー、月末締め翌月7日以降
  • お小遣いJP(10pt=1マネー):最低交換額500円、7営業日以内
  • ポイントミュージアム(10pt=1マネー):最低交換額1円、1営業日程度
  • ポイントスタジアム(10pt=1マネー):最低交換額1円、1営業日程度
  • 素材ラボ(10pt=1マネー):最低交換額2000円、リアルタイム
  • ポイントランド(10pt=1マネー):最低交換額1円、1営業日程度
  • コレクポ(10pt=1マネー):最低交換額500円、1~2週間程度
  • イッカツ(10pt=1マネー):最低交換額500円、3営業日程度
  • ベビカムポイント(1pt=1マネー):最低交換額500円、5営業日以内
  • ポイントアイランド(10pt=1マネー):最低交換額1円、1営業日程度
  • 懸賞にゃんダフル(10pt=1マネー):最低交換額1円、1営業日程度
  • Pointier(1pt=1マネー):最低交換額500円、2営業日以内
  • バンプク(10pt=1マネー):最低交換額500円、リアルタイム
  • アドボンバー(1pt=1マネー):最低交換額1円、リアルタイム
  • TCSアフィリエイト(1pt=1マネー):最低交換額1円、相手先支払日による
  • afb(1pt=1マネー):最低換金額777円、当月末締め翌月末交換
  • レビューブログ(1pt=1マネー):最低換金額200円、リアルタイム
  • fx-on.com(1pt=1マネー):最低換金額100円、30営業日以内
  • M2Jポイント:5000ポイント=4000マネー、翌月10日頃交換
  • アンとケイト(1pt=1マネー):最低交換額300円、リアルタイム
  • スマートアンサー(1pt=1マネー):最低交換額100円、リアルタイム
  • Vモニター(1pt=1マネー):最低交換額500円、7日
  • エキテン(1pt=1マネー):最低交換額500円、月末締め翌月5営業日
  • Toluna:20000ポイント=750マネー、1~2週間
  • サーチーズ:1ポイント=1マネー、最低交換額300円、リアルタイム
  • イーツアーポイント(1pt=1マネー):最低交換額2000円、3営業日以内
  • 宿らん(1pt=1マネー):最低交換額100円、1営業日以内
  • REPO(1pt=1マネー):最低交換額300円、リアルタイム
  • サグーワークス(1pt=1マネー):最低交換額500円、リアルタイム
  • TLC会員サービス(1pt=1マネー):最低交換額100円、2日以内
  • 住まいサーフィン:最低交換額500円、リアルタイム
  • SUPERCHOICE:最低交換額500円、リアルタイム
  • DELISH KITCHEN:最低交換額300円、リアルタイム
  • くらしTEPCOポイント:最低交換額300円、リアルタイム

手数料は全ての機関で無料です♪

細かい金額でも交換可能

ドットマネー内で利用できるアンケート等でマネーを稼いだ場合、どうしても1マネーなど細かい数字が発生していまいます。

 

ポイント交換時に、ついでにこの1マネー分も交換したいけど…交換できるの?という質問がありましたので実践してみました。

 

現在ドットマネーに1,001マネーある状態にしました。

 

ドットマネー残高

 

今回は、1000マネーから交換する事ができる楽天銀行へ交換してみたいと思います。

 

ドットマネー楽天銀行交換

 

交換マネー数へ「1001」と入力し、[確認する]をクリック。

 

ドットマネー楽天銀行確認

 

どうやら交換できそうな雰囲気ですので、[申請する]をクリック。

 

楽天銀行交換完了

 

無事に楽天銀行へ交換できました!

 

ドットマネー通帳にも反映された事が確認できました。

 

ドットマネー通帳反映

 

今回の検証により、ドットマネーにある細かいマネーも換金する事ができると分かりました。

 

最低換金額さえ超えていれば、自分の好きな金額を振り込むことができるので便利ですね。

有効期限が厳しいか

ドットマネーのポイント有効期限(2019年4月)は、

 

[ドットマネー]

  • ポイント交換でためる:6ヶ月後月末
  • 交換失敗により返却されたドットマネー

15日までに返却された場合→返却された当月末、16日以降に返却された場合→返却された翌月末

 

[ドットマネーモール]

  • アプリ・アメブロでためる:翌月月末
  • 広告サービスでためる:6ヶ月後月末
  • ショッピングでためる:6ヶ月後月末
  • デイリースクラッチ:翌月月末
  • かんたんお仕事で稼ぐ:6ヶ月後月末

です。

 

「ポイント交換でためる」については全く問題がありませんが、アプリ・アメブロで稼ぐ、デイリースクラッチには正直、強力な制限がかかっている状態です 危険くん

増量キャンペーン

ドットマネー増量キャンペーン

 

ドットマネーでは毎月お小遣いサイト等で、マネーが1%増量キャンペーン等、ポイント合算サイトとしてお得な事が多々あります。

 

ドットマネーで定期的に開催されている増量キャンペーンの増量分のマネーに関しては、有効期限に注意しないといけません。

 

ポイントを交換した翌月月末となるので注意が必要です。

 

これ、かなり大事です。

 

有効期限が短く、少額のポイント交換であれば有効期限を迎え、失効してしまう可能性があります。

 

Amebaを利用される方は有利

私は独自ドメイン+レンタルサーバーで当サイトを運営していて、アメーバは商用利用の問題であまり利用していなかったのですが、アメーバを登録して、ブログ等、これから利用される方にとっては色々な特典があります♪

 

ドットマネー アメーバ利用でのメリット

 

 

まあ、サイバーエージェントの子会社が運営するお小遣いサイトですから、自信のコンテンツに特典をもたせるのは当然でしょう稼げるアイツ

 

逆にここから利益が発生しない場合、上記の換金手数料無料の所が怖くなってきます。

 

色々と期間限定コンテンツがあり、ここで紹介しても期間が終了しそうですが、

  • ブログネタを題材に投稿
  • 読者登録キャンペーン
  • ブログランキング
  • コイン交換レートアップ

みたいな事をやっています。

まあ期間限定ですので、参考程度に…

 

実際は登録後、トップページ付近を確認して下さい♪

お買いもの登録アプリ

2016年頃には「かんたんお仕事で稼ぐ」に記事作成や入力ワーク等もありましたが、現在みてみると専用アプリをインストールし買い物をしたレシートと商品のバーコードを撮影する事でポイントがもらえるという作業内容の案件1つしか掲載されていませんでした。

 

しかもドットマネーやドットマネーモールなど探したのですが「かんたんお仕事で稼ぐ」がどこに掲載されているのか分からず、結局Googleの検索窓に「ドットマネー かんたんお仕事」を入力する事で該当ページへ辿り着くことに成功!

 

かんたんお仕事で稼ぐ

 

「かんたんお仕事で稼ぐ」はげん玉CROWDを採用しているようで、見たことのあるアイツ

リアックくん

 

ことリアックさんを見かけました♪

 

サイバーエージェントなだけに、GMOグループが運営するポイントタウンのような、サイバーエージェントが本気出したらコンテンツ増強なんか一瞬だぜ…!!的な、大きな力を感じます安全マーク

たまに重い

規模が規模なだけ、検索が検索なだけに微妙なレスポンスの遅延が、私の環境では感じられます。

 

2015年5月時点でグラフィックボード以外、家庭用では一番高いスペックのノートパソコンを購入したが、それでも若干…感じられます。

 

まあサーバーの応答ですからあんまり関係ないですけどね…

 

感じる方は感じるし、感じない方は感じないと思います。

モラッポみたいに…

現時点で紹介制度はありません。

 

まあそれはそれで利用者にはあまり問題がないのですが、この状態は以前のモラッポを彷彿とさせます。

 

モラッポは多少紹介制度がありましたが、基本mixiからの顧客を狙っていたと思います。

 

現状のドットマネーは、アメーバを利用していなかったら?私の場合モッピーを利用していなかったら?

 

ドットマネーと関わる機会というのはなかったと思います。

 

サイバーエージェントが運営しているのは凄い事だと思いますが、折角お小遣いサイトを作ったならもうちょっと露出しても良いのかなと感じます危険くん

 

ただポイント合算サイトとして有名になってきていますので、紹介制度を利用しなくとも…なのかもしれません。

 

アメブロもありますしね…

個人的見解

風景海

 

今のところ私には、お小遣いサイトというよりも、ポイント合算サイトとしての将来に期待を持っています♪

 

それだけモッピーやポイントインカム等、手数料を無料化できなかったサイトを無料化できるようになったという事はスゴイと思います♪

 

2019年4月時点でも手数料が発生するようなことはなく、むしろ交換先が増え続けています♪

 

むしろお小遣いサイトの交換先として、現在一番有名で換金先が多く、ポイント合算サイトと言えばドットマネーになりつつあります。

 

ポイントタウンを運営するGMOメディアのように、サイバーエージェントのこれまで培ってきたノウハウは巨人クラスです。

 

ポイントタウンも正直2013年前半位まで微妙~な感じでしたが、いきなりマジになり他のお小遣いサイト達を圧倒しました。

 

それをやれるだけの力…ドットマネーには、サイバーエージェントには下手をするとGMOよりもあるかもしれません。

 

今の所利用にはアメーバIDのみで、とりあえず利用するだけであれば登録情報は非常に少なく、あまりメールマガジンも来ないのでとりあえず登録しておいて、ポイント交換時には登録情報の追加を考えても良いんじゃないかと思います♪

 

まさかドットマネーで手作りバナーを作るとは思わなんだ…

 

ドットマネー

永久不滅.comの危険性と評価・評判について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


永久不滅.com
運営会社
株式会社クレディセゾン
SSL
あり
プライバシーマーク
あり
スマホサイトあり
モバイルサイトなし
メールマガジン
設定で0も可能
ポイントレート
安定しないが
電子マネーの場合
1ポイント=4円
最低換金額
電子マネーでは1000円
セゾンカードで大きく変動
換金手数料
無料

ポイント有効期限
永久不滅
家族登録
可能
広告還元率
低い
クリックポイント
ルールが複雑だが
結構ある
ランク制度
ないが
カード会員依存は強い
登録情報
カード会員でないなら
メールアドレス
氏名
性別
誕生日
郵便番号
年齢制限12歳以下(中学生を除く)
国外からの利用不可
利用規約に記載あり

セゾンポイントモール(永久不滅.com)の安心度

安全レベル60
60点:大手の強さはハンパないです
セゾンポイントモール(永久不滅.com)の稼げる度
稼げるレベル30
30点:セゾンカードがあればまだ使い道が点
セゾンポイントモール(永久不滅.com)の危険度
危険レベル40
50点:セゾンカード依存で微妙

 

総評価
+40点

 

大手の特徴である、還元率が低いのをモロに再現しているお小遣いサイトです。

 

大手会社が運営しているので宣伝方法がCMだったりと、何かとスケールの大きいお小遣いサイトですが、還元率に影響していないかが不安。

 

セゾン系のカードを持っていると良いが、持っていない場合微妙と言わざるを得ない。

 

こんな人にオススメ

  • セゾン系のカードを持っている方
  • セゾンポイントモール(永久不滅.com)だけ利用される方

上記に該当する方であれば、セゾンポイントモール(永久不滅.com)で様々な恩恵を得る事ができます。

利用を控えた方が良い方

  • メインとして利用されない方
  • セゾンカードを持っていない方

上記に該当する方であれば、恩恵がなく還元率も微妙なのであまりオススメできません。

危険性の判定

セゾンポイントモール(永久不滅.com)は、株式会社クレディセゾンが運営するお小遣いサイトです

 

クレディセゾンは、よくもこんな大手が…というくらいの大企業、セゾンカードですね♪

クレジットカード会社です。

 

書くまでもないかもしれませんが

資本金:759億

従業員数:3689名(連結)

 

典型的な大企業です安全マーク

 

本来+2を付けるのですが、ポイントサイトという事業が1つの手段でしかないので、若干評価を下げています。

 

以前は「永久不滅.com」という名称でしたが「セゾンポイントモール」へ変更となりました。

プライバシーマークとSSL

プライバシーマークは、言うまでもなく永久不滅であります安全マーク

 

この会社規模でなかったら超危険です。

 

SSLについても、言うまでもなく永久不滅で使用されています安全マーク

 

プライバシーマークとは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

 

意味が分からないので分かりやすく解説すると、プライバシーマークを取得する為には社員教育を最低年に1回行う事が必要で、個人情報の保護に対して従業員1人ひとりに知識が加わります。

 

プライバシーマークをはく奪されると、認定個人情報保護団体のJIPDEC(プライバシーマークの認定に携わる期間)のプライバシーマークのサイトに、かなりはずかしい感じで会社名が掲載される為、社員1人ひとりにも責任があります。

 

結構な費用がかかり、2年毎に更新しないといけない事から、企業がある程度潤っていてプライバシーマークを取得できるだけの余力がある事が伺えます。

 

詳しくはコチラ:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

 

SSLとは
インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)の一つ。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器による成りすましやデータの盗み見、改竄などを防ぐことができる。

 

私達が理解する所で言えば、

  • 通信間においてハッキングされる可能性は0に等しい
  • URLがhttpsになっていると有効

が関係ある所です。仕組みは呪文でしかありませんが、詳しく検証した記事です。

SSLでのお小遣いサイト利用者のメリット

 

この2つを辞める前に、事業を撤退するなりどうにかすると思います。

登録情報

セゾンポイントモールの場合、セゾンNetアンサー・UCアットユーネット!・クラブオン/ミレニアムカードセゾンNetアンサーのIDでもログイン可能。

 

永久不滅ポイント対象のカードは持っていないという方でも、メールアドレスを登録すれば利用できるようになります。

 

では、メールアドレスでの登録方法をご紹介!

 

セゾンポイントモール登録

 

カードを持っている場合はこれに当てはまらないですが、メールアドレスで登録する場合

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 氏名(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 電話番号

で、ギリギリ個人を特定できません。

退会できるのか?

これまたカードを持っているかで変わっていますので、メールアドレスでの退会方法です。

 

メールアドレスでの退会は、セゾンポイントモールにログイン→上部にある[登録情報変更]→[セゾンポイントモール退会]です。

 

むしろ、カードを持っている場合、あんまり退会しようとは思わないでしょうね。

サイトのデザイン

サイトは軽いし超キレイです。金のかけ方がちがいますね~安全マーク

 

これだけのコンテンツを詰め込んでいるのにこのスピードは素晴らしいです♪

 

アクセスが少ない…CMまで展開しているのにそれはないと思います。

メールアドレス

メールマガジンはそれ程届く訳ではありませんが、設定で最初からメールマガジンを受け取らないにすれば、メールマガジンを0にする事が可能です安全マーク

 

メールアドレスで登録の場合、セゾンポイントモールにログイン→上部にある[登録情報変更]→[基本情報の登録・変更(メールアドレスなど)]です。

 

メルマガ停止方法

 

赤枠の部分のチェックを外す事で、メールマガジンの配信を停止できます。ただし重要なお知らせや、ポイント付与などは停止する事ができません。

 

配信停止後、2~3日はメールマガジンが配信る可能性があり、その後停止となります。

 

もしかするとメールアドレスでのアカウントはそうかもしれないけど、カードIDだったら違うかも…です。

最低換金額と換金手数料

セゾンポイントモールでポイント交換できるのは、

  • 永久不滅ウォレット
  • Amazonギフト券
  • WebMoney

です。

 

通常Amazonギフト券もWebMoneyも250ポイントから交換可能となりますが、セゾンカード・UCカードを持っている方であれば200ポイントで交換できるようになります。

 

セゾンカード所持ポイント交換

 

言うまでもなく、自社コンテンツである永久不滅ウォレット(支払い用ポイント)が優遇されています。

 

貯めた「永久不滅ポイント」を「永久不滅ウォレット」に交換する事で、対象サイトの商品やゲームコインをポイントで購入・交換可能。

 

永久不滅ポイント100ポイントで、永久不滅ウォレット450円分になります。

 永久不滅ウォレット

永久不滅ウォレット流れ

 

永久不滅ウォレットが使えるネットショップが限定されていますが、永久不滅ウォレットで支払う事で、また永久不滅ポイントが貯まっていきます。

 

永久不滅ウォレットの期限も永久不滅ですので、利用先がある場合はどんどんウォレットに貯めておいても期限がないから安心ですね。

 

永久不滅ウォレットが使えるサイトは以下の通りです。※画像をクリックすると大きく見やすくなります。

 

永久不滅ウォレットが使えるサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントが永久不滅

ポイント失効がありません。

 

まあこれが永久不滅でなかったら期限半年.comとかに改名して欲しいですよね安全マーク

広告が豊富

Amazonの広告があるのはおそらくセゾンポイントモールと後2、3のポイントサイト位、いずれも超大手のものしか存在しないです。

 

ですがセゾンカード・UCカードを持ってないと利用できません危険くん

 

カード会員のみ利用可能

 

という訳で、カードを作りましょう!!…?と思えるかな…

クリックポイント

ゲームやアンケートなどのコンテンツがありますので、広告利用しないとポイントを貯める事ができない訳ではありません。

 

  • ポイントスロット
  • ミニゲーム
  • すごろくゲーム
  • CMじゃんけん
  • アンケート(レシートで貯める)
  • CMを見る
  • チラシを見る

 

ゲームなどは「アクションポイント」が貯まり、アンケートは「リサーチポイント」が貯まります。

 

アクションポイントまたは、リサーチポイントが100ポイント貯まる事で1ポイントの永久不滅ポイントへ交換できます。

アンケートが多い

セゾンポイントモールでは、永久不滅リサーチという、リサーチパネルと提携したアンケートとトップページから行くアンケートがあり、両方利用するとかなりのポイントを貯める事ができます。稼げるアイツ

 

事前にリサーチパネルに登録したり、ECナビに登録していて既にリサーチパネルに登録している場合は利用できません。

 

リサーチパネルはECナビを運営する株式会社VOYAGE GROUPの子会社ですから…

 

優遇されるのは仕方がありません。

カード保有宣言

カード保有宣言

 

永久不滅ポイント対象外カードであれば持っているという方の場合、セゾンポイントモールに登録後「カード保有宣言」をする事で、セゾンポイントモール経由で利用したサービスに対して永久不滅ポイントを貯める事ができるようになりました。

 

カード会社のポイント、永久不滅ポイント、購入サイトのポイントと3重でポイントを貯める事ができます♪

 

セゾンカードがないと

以前はセゾンカードがないと登録すらできない状態でした。

 

現在はメールアドレスで登録できますが、数多くのメリットを失うことになります。

 

目を引くAmazonが利用できないのは痛い危険レベル20

還元率は高くない

1ポイント=5円という全く新しいレートですが、ショッピングの換金額は総じて低い。

なにかしら2倍とかついているが、それでも低い危険くん

セゾンポイントモールのライバルサイト

こんなもん企業の大きさからポイントタウンしかライバルにならないでしょう。

 

ポイントタウンでも、親元の企業の力は敵わないです。

 

セゾンカードを持っているという前提で考えた場合、コンテンツ量は互角なのではないかと思います。

 

ただ還元率は圧倒的にポイントタウンの方が高いです。

 

ポイントサイト経由の手間を無くすコンテンツを双方用意していますが、ポイントタウンの方がGoogle Chromeツールバーをインストールするだけですので楽です。

 

一番の違いは、永久不滅ポイントを制限なしで利用するにはセゾン系のカードが必要な事。

 

ポイントタウンは電話認証こそありますが、固定電話でも可能な本人確認の為に必要な為だけですし、利用の制限という所が私的に一番引っかかる所で、それが当サイトの評価を決定づけています。

 

簡単に利用でき、簡単に辞める事ができるフットワークの軽さ、お小遣いサイトにおける日本国憲法で例えるなら、基本的人権の尊重クラスで重要なのではないかと思います。

どうなれば良くなるのか

セゾンポイントモールは、セゾンカードを持っている方に向けてのお小遣いサイトという状態です。

 

それがCM等で有名になり、セゾンカードを持っていない方でも利用できるようになった状態です。

 

これが何を意味するか…?というと、通常のお小遣いサイトは、言い方は悪いですが、あの手この手を使って新規会員を獲得していかないといけません。

 

友達紹介も手段の1つですし、高還元キャンペーンや、そのお小遣いサイトだけの特徴というものがあります。

 

に対し、セゾンポイントモールはどうかというと、これも言葉悪く言えば自動的にセゾンカードを持っている方が会員になってくれる為、積極的な友達紹介を行わなくとも運営が成り立つという事になります。

 

ですのセゾンポイントモールの場合、そこまで採算度外視のキャンペーンを行わなくても良いですし、最悪現在のセゾンポイントモールのように、セゾンカードを持っている方を優遇しておけば良いのです。

 

どうなれば良くなるか…?要はセゾンカードからくる会員に頼らなくなればいいという事になります。

 

が、セゾンカードの為のお小遣いサイト、現在のセゾンポイントモールはそれで運営が成り立っていますので、セゾンカードのお小遣いサイトという前提が崩れなければ大きな改善はないという事になります。

 

というか、セゾンカード前提のお小遣いサイトが崩れた時、お小遣いサイト業界から撤退してしまうかもしれません。

 

…大手企業で、お小遣いサイトがサービスの1つである場合、この可能性が否定できないんですよね…

個人的見解

なんというか、目的が、セゾンカードを登録してもらうなんですよね。

 

クレジットカードを登録してもらう為にあるようなもんだから、力の入れようも自然とクレジットカード登録方向になっています。

 

セゾンカードに登録すると特典がありますよ!!が強すぎてやる気になりませんでした。

 

Amazonも利用できないですもん。

 

意味ないです

 

セゾンカードを既に持っているのなら良いですが、持っていない方は永久不滅な事がかえって腹立つサイトになります。

 

CMで広告するのも良いとは思いますが、いくら費用がかかってるの?と正直思う。

 

このCMのお陰で還元率とか下がるよね?

という位の費用だと思います。

 

他のお小遣いサイトは紹介制度とかで宣伝しているのに対し、セゾンポイントモールはCMで宣伝する為、知名度としては高いのですが、紹介制度で宣伝しているサイトに比べると予算がかかる為、様々な所で費用を抑える必要があるでしょう。

 

逆にCMで宣伝している事が私にとって、セゾンポイントモールを稼げないと思わせる一員ともなりました。

 

CMについて少し触れておきますが、CMでなんで瓦を割るのか全く意味がわかりません。

 

 

狙ってやっているのでしょうけど、何これ?と思ったら永久不滅.comみたいな感じでした。

 

この意味の分からなさが、永久不滅のインパクトを残しています。

 

武田 梨奈さん、そりゃ知名度も上がりますわ…

 

進撃の巨人にも出演との事、期待しています♪

 

セゾンカードを持っていて、なおかつ永久不滅.comだけの利用であれば稼げるのではと思います。

ポイントは多分永久不滅

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ちょびリッチ
運営会社
株式会社ちょびリッチ
SSL
あり
プライバシーマーク
なし
スマホサイトあり
全面リニューアルで独自コンテンツ追加予定
モバイルサイトなし
メールマガジン
小:1日1通
ゲーム次第で増
ポイントレート
2P=1円
最低換金額
各金融機関:500円
電子マネー:500円
換金手数料
ゆうちょ銀行、その他金融機関:150円
その他:無料
ポイント有効期限
1年サービスを利用しないと
アカウント抹消・削除の危険性がある
家族登録
可能
特に制限がない
広告還元率
あまり良いとはいえない
クリックポイント
とても少ない
ビンゴゲーム等で貯めるのが主力
ランク制度
なし
登録情報
住所・氏名・電話番号が必要
年齢制限12歳以上
20歳未満の場合法定代理人の同意を得たものとして扱われる
国外からの利用不可
利用規約に記載あり

 

ちょびリッチの安心度

安全レベル50

50点:普通に安心レベル

ちょびリッチの稼げる度

稼げるレベル70

70点:継続利用で換金できる

ちょびリッチの危険度

レベル20

20点:サービスがいいだけに最低換金額が気になる

 

総評価

+100点

 

あくまでも連続して2カ月利用する気持ちがあれば、換金額に到達するであろうお小遣いサイト。

 

コンテンツが多い系サイトとしては2ポイント=1円というのは優秀。

 

あと一歩、サービスはトップクラスのサイトに引けを取らないが、最低換金額が気になる。

 

こんな人にオススメ

  • 継続して利用できる方
  • ゲームが多いお小遣いサイトが好きな方
  • ポイントレートが高いサイトが好きな方
  • 改善傾向に期待が持てる方
非常にコンテンツの多いお小遣いサイトで、ポイントレートが高いので毎日継続利用できる方にはオススメのサイトです♪

利用を控えたほうが良い方

  • 暇な時間だけ利用しようとしている方
であれば継続利用でポイントを獲得できるゲームの多いちょびリッチを登録するのは控えたほうが良いです。

 

還元率・サポート的に考えると利用するのは悪くないがやはりモッピーやハピタスの方が上です。

危険性の判定

ちょびリッチは、株式会社ちょびリッチが運営するお小遣いサイトです。

 

会社名がそのままちょびリッチなんて…

決して馬鹿にしている訳ではありませんが、名刺にちょびリッチって書いてあったら「ぷっ」ってなってしまいそうです

 

客先であった場合、つっこむべきかどうか…空気が重要になりそうです。

 

そんな会社名とは裏腹にちょびリッチは、

設立日:2004年8月(創業2002年1月)

資本金:7,000万円

従業員:20人(2017年7月調べ)

と、ちょびっと大きい運営会社です安全マーク

 

ただちょびリッチの規模としては、累計350万人が利用するポイントサイトですので、ちょびっとではなく巨大なポイントサイトです。

プライバシーマークとSSL

SSLは、ログインページやポイント交換ページにてちょびっと確認安全マーク

 

プライバシーマークは残念ながらありません。子会社があることを考えると、ちょびっとヤバイかな…レベル10

 

子会社がある場合、プライバシーマークはセキュリティーに対する会社間の価値観の違いが統一される為、重要なのではないかと思います。

 

プライバシーマークとは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

 

意味が分からないので分かりやすく解説すると、プライバシーマークを取得する為には社員教育を最低年に1回行う事が必要で、個人情報の保護に対して従業員1人ひとりに知識が加わります。

 

プライバシーマークをはく奪されると、認定個人情報保護団体のJIPDEC(プライバシーマークの認定に携わる期間)のプライバシーマークのサイトに、かなりはずかしい感じで会社名が掲載される為、社員1人ひとりにも責任があります。

 

結構な費用がかかり、2年毎に更新しないといけない事から、企業がある程度潤っていてプライバシーマークを取得できるだけの余力がある事が伺えます。

 

詳しくはコチラ:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

 

SSLとは
インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)の一つ。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器による成りすましやデータの盗み見、改竄などを防ぐことができる。

 

私達が理解する所で言えば、

  • 通信間においてハッキングされる可能性は0に等しい
  • URLがhttpsになっていると有効

が関係ある所です。仕組みは呪文でしかありませんが、詳しく検証した記事です。

SSLでのお小遣いサイト利用者のメリット

メールマガジン

メールマガジンの量は微妙なラインで、1日3件の時もあれば数日メールが来ない事もあります。

ゲームを多く利用すると少し増えますが、基本的にはこの数値ちょびっとなのでOKです安全マーク

 

そしておみくじ付きメールに関しては、最低でも1ポイント=0.5円獲得できますので、メールマガジン的には結構良いです稼げるアイツ

 

 

おみくじ付きメールは最大10ポイント=5円が当たる、メールマガジンの相場的には最強クラスです♪

 

一番下位の末吉は0.5円ですが、まあ夢があるじゃないっすか!!

 

おみくじには有効期限があるので、配信されたらすぐにクリックする癖をつけましょう。

登録情報

ちょびリッチは12歳以上であれば利用可能ですが、20歳未満は保護者の同意が必要です。

 

ちょびリッチに必要な登録情報は以下の通り。

  • メールアドレス
  • ニックネーム
  • パスワード
  • お名前(フリガナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所(県まで)

で、詳細な住所がない為、個人を特定するには至りません。

 

ログインが特殊

現在のちょびリッチは、メールアドレスでのログインが一時的(結構前から)停止され、会員番号でログインしないといけないというちょびっとだけ不便な仕様となっています。

 

メールマガジンなら覚えているけど、会員番号まで覚えているか?

 

まあ普通、覚えている訳ありませんよね…

 

という訳で、ログインが特殊という事もありますが、ちょびリッチの会員番号の確認方法を記載しておきます。

 

まず1つは、ちょびリッチから来るメールマガジンを確認できる場合、メール本文内に記載されているという事が1つ。

 

メールマガジンを消していたり、配信停止をしていてメールマガジンが確認できない場合は、ちょびリッチにお問い合わせする事になります。

 

メールアドレスさえわかればなんとかなりますが、メールアドレスが分からない場合、どうしてもお問い合わせする必要が出てきます。

 

下記リンクは、これでもかという位詳細にログインできないケースをまとめていますので、ログインできない場合は参照下さい。

 

退会できるのか?

ちょびリッチの退会は、メニュー→登録情報の確認変更→パスワード・秘密の質問→退会手続きで退会する事ができます。

 

注意点として、退会するとポイント交換申請中であってもポイント失効。

 

退会後は数通のメールマガジンが届く場合があるという事です。

 

秘密の答えを忘れたら?

ちょびリッチで秘密の質問の答えを忘れた場合、問い合わせが必要となります。問い合わせで必要な情報は

  • 会員番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 認証電話番号(していない場合はその旨を記載)

となります。

 

登録メールアドレスが利用できない場合においてのメールアドレス変更、ひみつの答え確認に必要な情報は

  • 会員番号
  • 氏名
  • 生年月日
  • 登録メールアドレス
  • 新メールアドレス
  • 認証電話番号(していない場合はその旨を記載)

となります。

 

いずれも変更には5~10日かかりますので、忘れないようにメモ、もしくはスクリーンショットに撮影しておく等の対処が必要となります。

 

さらにメールアドレスを変更した場合は、不正なポイント交換を防ぐため1週間程ポイント交換ができなくなりますのでご注意ください!

最低換金額と換金手数料

最低換金額は500円。

ここは良くも悪くもありませんが、ここだけが唯一トップクラスのお小遣いサイトと違う所なのでレベル10

 

ちょびリッチでは、ポイント交換のセキュリティ強化のため電話番号による発信認証完了後でないと、全ての交換先を利用する事ができません!

 

換金手数料はネット銀行においてほぼ無料で、ここはちょびっと良い感じです安全マーク

 

ドットマネーの登場により、ゆうちょ銀行、地方/都市銀行においても手数料を無料化できる道が開けました♪

 

ちょびリッチはドットマネーと非常に中が良く、毎月ポイント交換増量キャンペーンを行っています♪

 

その仲の良さはちょびリッチが、「ドレミファソーラファ」って言ったらすかさずドットマネーが「ミーレード」って言ってくれそうです。

 

ドットマネーとは

ドットマネーとは、アメーバを運営するサイバーエージェントが運営するお小遣いサイトです。

 

お小遣いサイトとしてのコンテンツも中々ですが、現金交換で手数料がかかっていたお小遣いサイトの手数料を無料化できるポイント合算サイトとして力を発揮しています。

 

ドットマネーから現金に交換するにはネット銀行で1000円、地方/都市銀行では2000円からですので、仮に利用したお小遣いサイトの換金額が100円の場合、残り900~1900円貯めるまでは現金に交換する事はできません。

 

 

不正対策として、各ランクによって交換上限が異なりますが、上限が公開されているのは最高ランクのプラチナ会員のみ。

 

他のランクの上限については公開されていません。

 

プラチナ会員のポイント交換上限が、1日60,000ポイントに設定されています。

 

60,000ポイントって3万円ですので、これ以上のポイントを換金する場合、翌日になれば再度交換できるので日を分けて交換する事で高額交換可能です。

 

ちょびリッチのポイント交換先
現金に交換する場合

  • 住信SBIネット銀行:1000ポイント=500円、手数料無料で3営業日以内
  • 楽天銀行:1000ポイント=500円、手数料無料で3営業日以内
  • ジャパンネット銀行::1000ポイント=500円、手数料無料で3営業日以内
  • ゆうちょ銀行:1000ポイント=500円、手数料150円で4営業日以内
  • その他銀行:1000ポイント=500円、手数料150円で4営業日以内
  • PayPal:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム

電子マネーに交換する場合

  • Amazonギフト券:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • WebMoney:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • 楽天Edy:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • ビットキャッシュ:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • ちょコム:1000ポイント=500円、手数料無料で翌日交換
  • カエトクマネー:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • nanacoギフト:1000ポイント=500円、手数料無料で3日後
  • iTunesギフトコード:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • NET CADH:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • ニッセンポイント:950ポイント=500円、手数料無料で2週間程度
  • ビットコイン:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • GooglePlayギフトコード:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • バリュースターモールオンラインクーポン:2000ポイント=2000円分、リアルタイム

ポイント・マイルに交換する場合

  • JALマイレージマイル:800ポイント=200マイル、手数料無料で2週間程度
  • ANAマイル:800ポイント=200マイル、手数料無料で翌月25日頃
  • Pex:1000ポイント=5000ポイント、手数料無料でリアルタイム
  • Gポイントギフト:1000ポイント=500ポイント、手数料無料でリアルタイム
  • ベルメゾン・ポイント:1000ポイント=500ポイント、手数料無料で10営業日以内
  • ビックネットポイント:1000ポイント=500ポイント、手数料無料で2週間程度
  • Tポイント:1000ポイント=500ポイント、手数料無料で翌日
  • ちょびコイン:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • ドットマネー:1000ポイント=500円、手数料無料でリアルタイム
  • OZmallのOZポイント:1000ポイント=500ポイント、手数料無料でリアルタイム

ギフト券に交換する場合

  • マックカード:1200ポイント=500円、手数料無料で2週間程度
  • 図書カードNEXT:1200ポイント=500円、手数料無料で2週間程度

その他のものに交換する場合

  • ちょびリッチgoods:グッズページから交換、2週間程度

他サイトからちょびリッチポイントに交換する場合

  • アプラス:アプラス200ポイント=ちょびリッチ2000ポイント、翌月末頃

現金に交換する場合、楽天銀行と住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行であればいずれも500円から、手数料無料で3営業日以内に交換できます♪

 

電子マネーの場合、楽天Edyやnanacoギフトも500円から手数料無料で交換できます♪

もちろんAmazonギフト券、iTunesギフトコード等も同様です♪

 

マイルに関して、400円=200マイルですので、国内であれば1円より上の1マイル、国外・ビジネスクラスにおいては4円~15円=1マイルである為、マイル交換としては高めに設定されています♪

 

Pexにしても等価交換ではないですし、ちょびコインが一番良いですか、わざわざ変える意味は…今の所見つからなかったです。

 

ギフト券は等価交換じゃありません。

 

ちょびリッチgoodsはお好みで。

 

アプラスポイントってのを持っていれば、ちょびリッチのポイントに交換する事ができます♪

 

ポイントポータルサイト

ちょびリッチでは、げん玉と同じく、お小遣いサイトでできる事の殆どが行えます。

 

ゲームで獲得できるポイントも多く、げん玉と同じようにちょびっと時間をかけてサイト訪問する事で大きくポイントを稼ぐことができます。

 

最近の改善で、ちょびっとどころじゃない程コンテンツが増強されています♪

2ポイント=1円のサイト

プラスマイナスになる事ではありませんが、それでも10ポイント=1円のポイントサイトに比べると毎日の巡回的にはちょびっと楽なお小遣いサイトです。

時間的にはげん玉よりも少なくポイントを獲得できます稼げるアイツ

楽天市場が特徴

※2019年3月31日をもって終了!

 

ちょびリッチでは、楽天市場の広告の一部が、最大15%ポイントが還元される「楽天市場の高還元ショップを集めました」という特集ページがありました。

 

 

楽天市場高還元ショップ

 

高還元率ショップに記載されている還元率は【ショップに行く】から購入した場合のみ適用されるので利用の際には注意が必要ですが、楽天市場のお小遣いサイト経由としては最大稼げるアイツ

 

以前は50%だったのですが15%に変更されたりと、楽天の都合で還元率が左右される所はしょうがないですね。

 

なんて言っていましたが、楽天の使用変更に伴い最大15%→1%へ変更となりました。

 

さらに、1商品1個につき1,000円までが獲得ポイントの上限となり、一部店舗については注文がポイント対象外になる場合があるという事です。

 

一部の注文がポイント対象外となる店舗についてはポイント獲得に関する注意事項に記載されていました。

 

ポイント付与数の上限については、ちょびリッチだけでなく楽天市場を掲載しているお小遣いサイトすべてが獲得ポイント数の上限が1000円分となっています。

名刺入力も記事作成も

ちょびリッチでは、名刺入力も記事作成もできます。

 

名刺入力は後○○ポイント足りない場合の補完に、記事作成は毎日数記事書く事で、月にまとまった額のお小遣いを稼ぐ事が可能です稼げるレベル20

  • ちょびんくんコース⇒ジャンルの選択ワーク
  • ちょびリーナちゃんコース⇒名刺入力と簡単な記事作成
  • ちょびおばさんコース⇒ガッツリ記事作成

 

記事作成は難易度が低いものと高いものがあり、言ってしまえばモッピーにある記事作成とinfoQの記事作成です。

 

これは両方とも、突き詰めれば月数万円を稼げる事ができる優秀な記事作成です稼げるアイツ

クリックポイント

ちょびリッチはのクリックポイントはかなり多めです。

  • 特選サイトバナー
  • スロットゲーム
  • UFOハンター
  • ビンゴゲーム
  • イチゴケーキ大作戦
  • ちょびくんGamePark
  • ちょびガチャ

等でポイントを貯める事が主力になります。

 

スマホゲームでは、スロットゲームがあります。

 

基本的にお小遣いサイトを複数登録している場合、どこかで見たことがあるゲームが多いですが、PC版であれば[特選サイトバナー]、スマホ版であれば[厳選サイトバナー]と割と効率の良いコンテンツもあります♪

 

スロットゲームやUFOハンター等、時間をかける事で高いポイントを獲得できるコンテンツもあります。

 

基本的に1週間利用する、継続利用系のゲームが多く、毎日訪問しクリックポイントを利用できるのであれば、ちょびリッチのクリックポイントはかなり優秀です♪

 

逆に言えば、飛び飛びに利用される方にとってはあまり良いクリックポイントとは言えないです。

今日のちょびリッチ

今日のちょびリッチ

 

ちょびリッチに登録する事で、今日のちょびリッチに強制参加している事になります。

 

毎日抽選で5名に、高額のポイントが当たります♪

 

ですが、当たった場合当日中に確認しないといけないので、毎日訪問して当たったかどうかを確認しなければなりません。

 

ただ、当選報告の記事をよく見かけますので、当たるのかコレ?と言われると、当たる可能性はちょびっとあります♪

 

ショッピング及び広告利用

一時期はショッピング及び広告利用の還元率があまり良くなかったですが、最近のちょびリッチは頑張っています。

 

最近では、楽天市場の最大15%還元同様、Yahoo!ショッピングでも最大35%高還元で利用できるようになりました稼げるアイツ

 

スマホ版はアプリダウンロード等の広告も豊富で、auスマートパス案件にも対応しています。

 

ちょびリッチは大手お小遣いサイトでは扱われないような広告も扱っている場合もあり、もしかするとちょびリッチに行けば…と、ちょびっと期待が持てます♪

 

App Pass案件というものもありiOSを利用されている方にとっては恩恵が強いです♪

課金アイテム(iOS)を2%還元(終了)

2016年11月21日からitunesアフィリエイトの料率が変わり、7%から2.5%に引き下げられるという残念な事態がありました。

 

ちょびリッチでは、以前はちょびっと無理して6%還元という、全お小遣いサイトの中でもデフォルトの還元率が一番高い状態でした。

 

2.5%に下がった今でも、還元率は2%と、前お小遣いサイトの中でもデフォルトとしては一番頑張っています♪

 

ただ、課金アイテム5%還元を続けている予想ネット、最大5.5%還元のモッピーについては現時点では劣っています。

 

劣っていますが、すべての課金アイテム還元広告が下がった場合、デフォルトとして一番頑張っているのはちょびリッチだという事は覚えておいて下さい。

あと一歩感がなくなってきた

ちょびっと改善、ちょびっと改善を続け、2015年位まではあったあと一歩感が大分薄れてきました。

 

現状の状態であれば、ちょびっと改善を続けていくのであればトップクラスのお小遣いサイトと言っても良い程です安全マーク

 

後は最低換金額が500円という事が気になります。

 

ポイントタウンは最低換金額が100円、モッピーは300円。

 

この水準に到達すれば、トップ3を争います♪

どっちが先だったのか分からないけど

お財布.comのマスコットキャラのお財布くん

お財布くん

ちょびリッチのマスコットキャラのちょびんくん

ちょびリッチマスコット

 

ちょびっとではなく完全に種族が一緒です。

猿とチンパンジー位似通っています。

まぁいいんでしょうけど…

 

思わず記事にしました

パクッてるなぁ…と思うお小遣いサイトの画像

 

目次へ

ちょびリッチの2chでの評判

ちょびリッチの2017年8月6日(105-107スレ)2chでの評判を箇条書きにします。

  • ゲームに関してのスレ(8割)
  • ポイントが付かない(1割)
  • その他(1割)

位ですね。

 

本当に評判の悪いお小遣いサイトの場合、ポイントが付かない関係のスレが5割を超えてきます。

 

悪評の少ないお小遣いサイトの場合、ゲームに関してのスレが多いです。

 

ちょびリッチの105-107スレで目立つのはゲームに関してのスレですね。

 

ゲームに関してのスレで考えると、目立つのはちょびリッチスロットの設定改悪の件ですね。

 

確かに改悪して設定が悪くなりましたから…

 

これはしょうがないです。

 

ポイントが付かないというスレに関して、1割程度であれば評判としては悪くないです。

 

高額案件でポイントが付与されないというのを見かけますが、これは高額案件の条件が厳しいという事もあり、前お小遣いサイトでも付与されないトラブルが多めです。

 

現状、基本的に悪い評判となる2chにおいて、ちょびリッチの評判は"良好"と言える状態です。

 

目次へ

ちょびリッチのライバルサイト

ちょびリッチはポイントポータルサイトで、お小遣いサイトでできる事は一通りそろっています。

 

ちょびリッチは、2ポイント=1円が同一のポイントタウンよりもモッピーが一番近いかなと思います。

 

2ポイント=1円のクリック効率の良さ等、モッピーに通じる所があります。

 

が、モッピーと比べると…あのクリック効率と魔王的な紹介制度、モバイルを牛耳る姿からすると、ちょびリッチは若干ですが及んでいません。

 

PC版・スマホ版単体で考えてみると、PC版ではポイントタウンにいま一歩、スマホ版ではモッピーにいま一歩です。

 

このいま一歩を、「ちょびリッチの日」等のキャンペーンで埋めている状態です。

 

あと一歩は最低換金額のみか…!!と思います。

 

目次へ

ちょびリッチでできる事

.

クリック及びゲーム

 

ちょびリッチゲームコンテンツ

ちょびリッチのクリックポイントは、以前よりも減りました。

 

先ほども書きましたが、特選サイトバナーやちょびガチャ等の効率が良いものを重視すべきです。

 

ちょびリッチをメインサイトとして利用する場合、全てのコンテンツを利用できるのであれば1カ月強程度で換金が見えてきますが、複数お小遣いサイトを利用する場合は、クリック効率が良いものを重視し、長い目で利用することをオススメします。

ショッピング及び広告利用

 

ちょびリッチのショッピング及び広告利用・アプリインストール等の還元率は水準程度と言った所です。

 

最近、大手お小遣いサイトで導入されているお買い物保証制度はありません。

 

ですがちょびリッチは、ちょびリッチしか取り扱っていない広告というものも存在しますので、広告利用を視野に入れている方は1カ月に1度位でも、たまにちょびリッチをのぞいてみると良いです♪

 

アンケート

 

ちょびリッチアンケート

 

ちょびリッチのアンケートは専門のマクロミルやリサーチパネルに比べるとそりゃあ弱いですが、お小遣いサイトに付属しているアンケートの中では結構アンケートの頻度が高いです。

 

アンケート単体で最低換金額にたどり着ける程ではありませんが、最低換金額に到達するための組み合わせの1つとして活躍します♪

 

お仕事

 

ちょびリッチお仕事

 

このカテゴリは、ちょびっとワークというのですが、お仕事の量はちょびっとどころではなく、かなり豊富なお仕事が用意されています。

 

ポイント加算時期が翌月中旬と長めですが、これだけ豊富であれば記事作成の副業として、極めればパートの代わりにもなると思います♪

 

モニター

 

ちょびリッチモニター

 

モニターは、ちょびリッチだけではなく他のお小遣いサイトにも多く掲載されています。

 

具体的にはお住いの県(行ける範囲)でお店を探し、利用できる範囲で利用した分の何割かを、モニターとして利用することでキャッシュバックしてくれます♪

 

こちらは行けるか?利用できるか?が全てですが、やはり食についてはかなりお得になれると思います♪

 

 

友達紹介

 

友達紹介

 

ちょびリッチの友達紹介は、250円+ティア制度40%です。

 

それに加え、友達が今日のちょびリッチに当選した場合、10%のボーナスというものがあります。

 

さらにブログで紹介ボーナスは毎月利用する事ができ、毎月50円のボーナスがあります。

 

もはやデフォルトとなってしまった友達紹介キャンペーンは、紹介する側もされる側も非常にメリットが高いです。

 

ティア制度の40%は紹介報酬対象広告のみですが、これは他の際とも似たようなものです。

 

ここまであれば、モッピーやポイントタウン等に非常に近い紹介制度と言え、あとちょびっと頑張れば魔王紹介制度となりえます。

 

ライバルの存在を考えた場合、モッピーはもはや密集地帯、ポイントタウンもジワジワと多くなっていく中、ちょびリッチの知名度から考えると参戦はし易いです♪

 

 

目次へ

 お友達人数が重視されるランキングへ

ランキングに入賞すれば、高額なポイントを獲得できる「お友達紹介爆弾ランキングキャンペーン」が総額をアップしてリニューアルされました!

 

いままでは、紹介者ランキング1位で25万円分、獲得ポイントランキング1位で10万円分の賞金総額200pt=100万円がプレゼントされていましたが、今回のリニューアルに伴い賞金総額160pt=80万円のボーナスポイントを「お友達の人数と、お友達が申し込みした広告利用回数」を素に決定された1つのランキングでプレゼントします。

 

お友達紹介爆弾ランキングリニューアル

 

賞金総額100万円から80万円に減ってるじゃん!と思うかもしれませんが、2つあったランキングの内の「獲得ランキング」が終了し1つのランキングに絞る事で、1位になると30万円分のポイントがもらえるようになりました。

 

終了した「獲得ランキング」ではお友達が獲得したポイント数でランキング決定されていましたが、今回は「お友達が申し込みした広告利用回数」になっているので、よりお友達の数が重視されるようになりました。

 

お友達が多ければ多いほど、広告を利用してくれる回数も増えるので、優位です。

 

広告利用回数にカウントされる広告は、

 

  • お買い物で貯める
  • 登録・申込みで貯める

 

のカテゴリ内の案件、且つポイント通帳内の「獲得予定明細」に記載された分の広告が対象になります。

 

紹介人数のカウントは、お友達が登録月の月末までに1pt以上獲得した場合のみですので、ポイ活してもらえるようにしっかりとちょびリッチでの稼ぎ方を紹介していく事でカウント条件はクリアできるのではないでしょうか。

個人的見解

ちょびリッチは、ちょびっとずつ改善を続けてきたこともあり、頑張れば毎月最低換金額である500円をクリック及びゲーム、リスク低のもので稼げるお小遣いサイトになりました。

 

ちょびリッチにおいても、お小遣いサイトでできる事はほぼ全て揃っているポイントポータルサイト系で、げん玉やモッピー等とコンテンツが似通っています。

 

クリックで最低換金額に到達できるところは良いですが、げん玉やポイントタウン等の時間がかかるサイトと併用すると時間的に負担になってきます。

 

だからあえてちょびリッチを選ぶという事を選択するには他のポイントポータルサイト、特に現在ではポイントタウンの存在が大きな壁になってくると思います。

 

ポイントタウンはコンテンツが膨大な分、少し分かりにくいというマイナス点があります。

 

ちょびリッチは本当にちょっとだけマシで、直感的には分かりやすくなっています。

 

ポイントタウンには全体的に今一歩及んでいませんが、この分かりやすさというのはちょびリッチの武器です。

 

一時期はヘルプが無かったりしましたが、現在はヘルプも新しいだけにしっかりと説明がされています。

 

今であればモッピーやポイントタウンと戦っても、戦いにすらなっていなかったという事にはならないでしょう。

 

あとちょびっとだけ、最低換金額が低くなればもっといい勝負になってくると思います♪

 

…私はちょびっとが言いたいだけなんじゃないか?

という気がしますが、たまたま語呂が良いだけです

 

ちょびリッチは、今一歩ですが、改善すると一気にトップクラスに躍り出てくるお小遣いサイトです♪

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

毎日利用すると稼げるちょびリッチ!!

 

目次へ

ちょびリッチの関連記事一覧

ちょびリッチの登録方法を、画像つきで詳しくまとめた記事です。

ちょびリッチ登録

 

ちょびリッチの退会方法を、画像つきで詳しくまとめた記事です。

ちょびリッチの退会方法を画像つきで解説

 

ちょびリッチのメールマガジン停止方法を、画像つきで詳しくまとめた記事です。

ちょびリッチのメールマガジン停止方法

 

ちょびリッチのブログ紹介は、毎月50円ポイントが貰える他のお小遣いサイトにはないコンテンツです。

ちょびリッチのブログ紹介は毎月50円貰えます

 

ちょびリッチスロットは、時間はかかりますが1ヵ月で3000円稼ぐ事ができる、ちょびリッチオリジナルのゲームです。

ちょびリッチスロットは1ヶ月で3000円稼げる!!

 

ちょびリッチ毎月換金する為には何をすれば良いか?を、組み合わせと手段に分けて説明した記事です。

ちょびリッチで毎月換金するには?

 

ちょびリッチ毎月換金する為には何をすれば良いか?を、組み合わせと手段に分けて説明した記事です。

ちょびリッチで月1万円以上稼ぐには?

 

ちょびリッチで換金する為に最適な換金先をまとめた記事です。

ちょびリッチの最適換金方法

 

目次へ

AQUIZ(アクイズ)の危険性と評判・評価について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


AQUIZ(アクイズ)

 

クイズを買い取ってくれるというAQUIZ(アクイズ)に危険性はあるのか?安全なサイトなのか?評判・評価を検証した記事です。

 

今回、私がAQUIZ(アクイズ)を知ったのは貴重なコメントを頂いたから、なにやら10代の学校で流行っていたとか…

 

という事で危険性を検証していきたいと思います。おっさんですができるだけ10代向けに頑張ってみます。

 

クイズ作成でもクイズ解答でも、お金を稼ぐ事が可能となりました♪

 

危険性の判定

AQUIZ(アクイズ)は以前、株式会社レイヴンが運営していましたが、開発・運営体制の強化の為、合同会社DMM.comが運営するクイズ買取サイトとなりました。

 

運営情報から分かる事は、

 

設立:平成11年11月17日

資本金:1000万円

従業員数:約3200人(2017年11月末日時点)

 

2018年5月に株式会社DMM.comから"合同会社"に社名変更。2018年に創業20周年を迎えました。

 

DMM.comは、動画や電子書籍、ゲームや通販、オンラインレンタルなど、現在40以上の各種サービスを展開しており、会員数は2800人を突破!

 

株式会社よりもコストを軽減できる合同会社に商号を変更した事により、会社運営を効率化する狙いがあるのでしょう。

セキュリティーに関する取り組み

AQUIZ(アクイズ)では、SSLを導入しています。

 

まあ現在では当然といえば当然ですが、通信間のセキュリティーは保証されています。

 

プライバシーマークやISMS等の認証制度については取得していないのはほぼ確定、というか情報が全くありません。

 

プライバシーマークとは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

 

意味が分からないので分かりやすく解説すると、プライバシーマークを取得する為には社員教育を最低年に1回行う事が必要で、個人情報の保護に対して従業員1人ひとりに知識が加わります。

 

プライバシーマークをはく奪されると、認定個人情報保護団体のJIPDEC(プライバシーマークの認定に携わる期間)のプライバシーマークのサイトに、かなりはずかしい感じで会社名が掲載される為、社員1人ひとりにも責任があります。

 

結構な費用がかかり、2年毎に更新しないといけない事から、企業がある程度潤っていてプライバシーマークを取得できるだけの余力がある事が伺えます。

 

詳しくはコチラ:プライバシーマークがあることでお小遣いサイト利用者のメリット

 

SSLとは
インターネットなどのTCP/IPネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)の一つ。データを送受信する一対の機器間で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の機器による成りすましやデータの盗み見、改竄などを防ぐことができる。

 

私達が理解する所で言えば、

  • 通信間においてハッキングされる可能性は0に等しい
  • URLがhttpsになっていると有効

が関係ある所です。仕組みは呪文でしかありませんが、詳しく検証した記事です。

SSLでのお小遣いサイト利用者のメリット

登録情報

AQUIZ(アクイズ)にはアプリはないので、スマホかパソコンから登録します。

 

AQUIZ(アクイズ)の登録情報は現状、メールアドレスとパスワードのみです。

 

ですが換金申請となると、

  • 生年月日
  • 性別
  • 都道府県
  • 銀行口座の情報

が必要となってきます。

 

利用するだけであればお小遣いサイト用フリーメールアドレスでも登録すれば利用できますが、最終的なハードルとして、銀行口座が必要になるという事は覚えておいて下さい。

 

現状登録確認メールの配信というものがありませんので、ご自身が登録したメールアドレスはしっかりと覚えておきましょう。

 

退会できるのか?

AQUIZ(アクイズ)の退会は、ログイン後右上にある顔マークから[マイページ]へ移動し、さらに右上の歯車のアイコン内にある[退会する]から手続きできます。

 

 

現状、これまでに登録したクイズの記録を再現する事ができないという事と、ウォレットの情報は全て削除されます。

メールマガジン

現状では、私の登録メールアドレスにメールマガジンは来ていません。

 

登録メールも何も来ないので、逆に来ないのが不安な位です。

 

まだ実装されていないだけで、今後メールマガジンが増えるという可能性もあります。

最低換金額と換金手数料

AQUIZ(アクイズ)の換金方法は、現在「銀行振込」のみ。

 

ここがちょっとな…と思うのは、ウォレットの中に3000円以上貯まってからでないと銀行振込の申請ができないという事。そして一律210円の振込手数料がかかります。

 

4営業日以内に振込されます。

 

まあ3000円はかなり高いかな。

 

このクイズ単価が維持されていたとしてもちょっと高めだと思います。

 

「Coke ON」コラボキャンペーン!

現在、日本コカ・コーラ株式会社が提供する「Coke ON」とのキャンペーンが開始され、AQUIZのウォレットに貯まったお金でチケットを購入できるように♪

 

お好きなコカ・コーラ社製品1本と交換できるギフトドリンクチケット⇒160円

 

今後は3000円未満でもウォレットを利用できるようになっていくようです。

クイズ作成

AQUIZ(アクイズ)は、クイズを作成してポイントを稼ぐ事、クイズに回答してポイントを稼ぐ方法、この2つの稼ぎ方がメインとなっています。

 

クイズ作成はクイズさえ浮かんで入れば、正直ガイドに従えば簡単に作成することができます。

 

自分でジャンルを選んで投稿できるようになりました。

 

AQUIZ(アクイズ)クイズ作成

 

まあ問題文を書き、選択肢を選び、正解を設定し、開設を入力するという流れになります。

 

初期状態ではこれで10円、運営側より承認された場合、現金に反映されます。

 

ただし、すでにAQUIZ内に同じようなクイズがある場合等には買取されないので、ルール確認と重複するようなクイズがAQUIZ内にないかしっかりと確認する事が大切になります。

 

クイズのクオリティ等で運営がユーザーを5段階で評価する【評価システム】により、買取枠が増減します。

 

評価システム

 

買取枠とは、ユーザーが1ヶ月の間に買取申請する事ができる上限金額で、買取枠が上限に達した場合は翌月まで申請を行うことができません。

クイズ解答

もう1つは"クイズ解答"というコンテンツ。新機能として、クイズに答えるでも【5問正解するごとに1円】がもらえる仕組みになり稼ぐ事が可能となりました。

 

ジャンルは、

  • 雑学
  • ライフスタイル
  • エンタメ
  • スポーツ
  • 芸術
  • 地理
  • 教育
  • 社会

 

があり、各カテゴリの中に色々なジャンルがあります。

ユーザーレベルは廃止

クイズに答えていくとレベルがどんどんアップし、そのレベルに応じた買取単価が上がるという機能がありましたが、上記で記載した【評価システム】の導入により廃止となりました。

 

AQUIZクイズ買取単価表

 

以前は、できるだけクイズに答え、その後クイズ問題を作る方がお得でしたが、クイズのクオリティ等で評価されるようになった事クイズの質を上げる必要がでてきました。

クイズに答えて賞金獲得

クイズに答えて賞金獲得

 

AQUIZやスポンサーが用意したクイズに間違えてもOKなので、全てのクイズに正解する事が条件となります。

 

一人1回限りの参加で、設定金額の上限に達した場合解答中でも終了となってしまいます。

 

【参加条件】

  • メールアドレス/パスワード設定
  • 生年月日設定
  • 性別設定
  • 都道府県設定

 

キャンペーンページにある【キャンペーンに参加する】をクリックし、クイズに解答!なんと2問で賞品獲得♪

 「クイズ解答」常設終了

「クイズ解答」は、いままで毎日決まった時間に掲載される"イベント"という形で開催されていましたが、2018年12月に"常設"になりました。

 

5問正解するごとに1円と獲得できる金額が減ったなと思っていましたが、たった3ヶ月で"常設"機能は終了。

 

クイズ解答常設終了

 

終了した原因として、悪質なユーザーによるbot(機械による自動発言システム)が発生したという事です。悪質なユーザーのアカウントはすべて凍結したようですが、常備になった事で不正行為によって獲得できる金額が増える事に目をつけたのでしょう。

 

お小遣いサイトでも注意喚起されていますが「不正行為は、提携先の企業だけでなく、全てのユーザーにも迷惑をかける行為です」、まさに今回はお金を稼ぐ為のサービスの縮小につながってしまいました。

 

しかし、お知らせをみると不正行為だけが理由ではなさそうで、

 

「常設にしたことによるユーザーリテンションの低下」も終了の背景として記載されていました。

 

リテンションってなんだ?と調べてみると、「保留、保持、保有、維持、保持力」という意味で、日本ではマーケティング用語と人事用語の2つで使用されています。

 

マーケティング用語では「既存顧客の維持」という意味で、人事用語では「企業にとって必要な人材や優秀な社員を企業内に留めるための様々な施策」ということのようなので、今回の"ユーザーリテンションの低下"とはユーザー離れが多かったという事になるのでしょうか。

 

現在参加できる「クイズ解答」だと10問回答で10円獲得できるので、5問で1円はユーザーにとって改悪だと判断されてもしょうがいないかもしれませんね。

 1回限り100円獲得

CokeONクイズ

 

現在、コカ・コーラのアプリ「Coke ON」とAQUIZ(アクイズ)のタイアップクイズに答えると、100円獲得する事ができるクイズに参加できます。

 

たった8問で100円獲得できるのであれば、参加しないと損ですよ!

 

特に期間は確認できませんでしたが、いつ終了するか分からないのでまだ答えていない方はチェックしてみましょう。

ビジョンがイマイチ

AQUIZ(アクイズ)のビジョンとして、知識を定量化するというものがあります。

 

偏差値に代わる新しい知性の数値を発明する

 

「頭がいい人」とはどういう人か。
私たちはまだこの答えを持っていません。

 

この課題を解決するために、AQUIZではユーザーの「学習ログ」を蓄積し、分析し、「偏差値」に代わる新しい知性の数値を発明したいと考えています。

 

というのがあります。

 

これ自体は凄くいい事だとは思いますが、"企業"として、この発明に対するお金、どこから入ってくるのでしょう?

 

というビジョンがイマイチ見えてきません。

 

通常お小遣いサイトの仕組みとかは、アフィリエイトプログラム、つまり広告をクリック、又は購入した場合広告主からの報酬が支払われ、その報酬をポイントとして還元、お小遣いサイトが手数料的なものを頂くというのがビジネスの仕組みです。

 

この仕組み…どこから収入を得ているのかがイマイチ見えて来ない場合、自腹で運営しているのであればそう遠くない未来、単価の変更・サービスの終了が訪れます。

 

このビジョンをある程度明確にして欲しいかな…と感じます。でないと私としては、いつサービスが終了するか分からないという判断をせざるを得ないので。

 

まあアプリを開発していたりと、色々な所で収入に結びつけているのが伺えます。

 

ページに広告とか貼っているのであれば、収入源の1つとして安心できる所もありますが、現状広告もありませんので…

個人的見解

AQUIZ(アクイズ)は、開発・運営体制の強化の為に運営会社をDMM.comへ代わり、ユーザーの事を考えた決断をしましたし、危険性は少ないと判断します。

 

なんとなく、クイズを買い取ってクイズを配信、そこで収益が発生する仕組みを作っているであれば、ともすればお小遣いサイトのゲームとして登場してもおかしくないイメージです。

 

ただシステム的には発展途上な所が目立ちます。

 

例えばですが、クイズ投稿、同様の問題が既に投稿されていたらどのように判断するの?一つひとつ目で?となるとそれだけ非常に時間がかかってしまうでしょう。

 

人気サイトになったときどう処理するの?疑問が残ります。

 

もう1つは、現状の最低換金額が1000円から3000円に引き上がったという事、結構高いですよね。

 

どうあっても、1問買取の金額が10円な事から、最悪300問クイズを作るという覚悟が必要です。

 

途中でやめた場合、本当に言い方は悪いですが、運営会社が喜ぶだけですので…。

 

今回のコカ・コーラが提供する「Coke ON」とのコラボキャンペーンで、160円からウォレットに貯まった現金を利用できるようになりました。

 

今後も3000円未満でも利用できる交換先を増やしていく予定という事ですので、その点は期待大ですね!

 

そういった注意点を踏まえれば、現状のクイズがまだ充実していない状態においては十分換金を目指せる範囲のお小遣いサイトではないかと思います♪

 

趣味の延長、クイズ問題を出題したい、クイズに答えたい…かつお小遣稼ぎができるサイトになっています。

 

近々アプリも実装されるとの事、Appleの規約に引っかかるようなコンテンツはないので、需要がある限り姿を消すということも少ないと思います。

 

AQUIZ(アクイズ)

1 2 3 12
おすすめお小遣いサイト2019

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2019年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2019年

おすすめお小遣いサイトランキング2019へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2019年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2019年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
7月18日:ついに明日、会社のPCがWindows7からWindows10に切り替わります。というか、かなり今更な感じですよね。家のPCはもう数年前からWindows10で、会社がWindows7なのでどこになんのコマンドがあるかイマイチ分からなかったです。もはやWindows7の設定等は把握しているけど、10になるとどこに何があるか分からない状態になってしまいましたよ…その状態で、突然10に切り替わるのが明日とかで、細かな設定を行う時はかなりネットを見ないといけない状態です。もう10が入ってあるPCをみると、どうやらブラウザはIEのようで、Edgeじゃないようです。そして会社のセキュリティー設定で、Google Chrome等が使えない状態です。私的にはブラウザに左右される事のないChromeが好きなのですが、問答無用でIEになってしまいました。会社でポイントサイトとかを閲覧すると規制がかかってしまう可能性があるので、ログインする事ができないです。不便な世の中になったものよ…
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 14550682総閲覧数:
  • 1024今日の閲覧数:
  • 3720昨日の閲覧数:
  • 8現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み