お小遣いサイト 危険 小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » 初心者用お小遣いサイト利用ガイド » 

「iTunes Store」でiTunesギフトを使って購入する方法、めんどくさがり屋が挑戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


めんどくさがり屋が曲を購入

 

私の妻は、新しいものに挑戦する事が苦手…いや面倒くさいようです。

 

車で音楽を聞きたい時は「TSUTAYA」へCDを借りに、

 

スマホで音楽が聞きたい時は「YouTube」を見る、こんか感じです。

 

本人はこれで十分満足しているようでしたが、今回はそんなめんどくさがり屋の人が「iTunes Store」でiTunesギフトを使って曲・音楽が無事に購入できるのか検証していきたいと思います。

 

現在の理解度

まずは、いまどのくらいの知識があるのかを確認してみました。

    • iTunes Storeがわからない
    • どうやって購入するのかわからない
    • 購入した曲・音楽はどこに?

 

これは一から説明しないとダメみたいです。

 

iTunes Storeを習得する!

 iTunes Storeってなに?

iTunesStore

 

「iTunes Store」とは、音楽や映画などを有料で購入できる、Appleが運営するオンラインショップのことです。

 

iTunes Storeで購入するには、Appleのすべてのサービスを使用できるアカウント【Apple ID】が必要になります。

 

iPhoneを初めて持ったという方の場合は、Apple IDを取得する必要があります。

 

【Apple ID取得方法】13歳未満の方は自分でApple IDを作成できません!

 

初めてiPhoneを使い始める場合は、利用開始する際に「Apple ID」を新規作成する事ができます。

 

他には、

  • Apple公式サイトから作成
  • iTunes Store、App Storeでコンテンツを購入・ダウンロードしようとすると「Apple IDを新規作成」と表示されるので、そこから作成
  • iPhoneの[設定]から作成

 

 

嫁の場合は、すでにApple IDを取得している為ここは問題ありませんでしたが、iPhoneの[設定]からApple IDを新規作成する方法をご紹介!

 

設定

 

[設定]をクリックし、一番上に表示されている人のマークが表示されている部分をクリックします。

 

AppleID設定

 

[Apple IDをお持ちでないか忘れた場合]をタップし、Apple IDを作成してください。

 

Apple IDを作成するには、

    • 生年月日
    • 名前
    • メールアドレス
    • パスワード
    • 電話番号
を入力する必要があります。

 

支払い方法を設定する箇所がありますが、私の場合は[なし]にしています。

 

 どうやって購入するの?

Apple IDを作成したら、次はiTunes Storeで曲・音楽を購入していきます。

 

1.iPhoneのホーム画面にある[iTunes Store]をタップ。

 

iTunesStore

 

2.iTunes Storeが開くので、下部にある[検索]をタップ。

 

iTunesStore検索

 

3.検索結果にある[すべて見る]をタップ。

 

すべて見る

 

4.ジャケット写真をタップで[視聴]、料金タップで[購入]できます。

 

視聴と購入

 

5.料金をタップすると、[iTunes Storeにサインイン]として、パスワードを入力します。

 

iTunesStoreサインイン

 

6.[その他]→[購入済み]→[ミュージック]に、先程購入した曲が登録されています。

 

 iTunesギフト獲得・利用方法

 めんどくさがり屋でも稼げる

今回利用した「iTunesギフト」は、嫁がお小遣いサイトで獲得したポイントを使って入手しました!

 

ポイントタウンというお小遣いサイトで、カード発行したり、無料会員登録したり、ショッピングで経由したりと、面倒くさがり屋な嫁でもお小遣いが稼げるという事もあり積極的に利用しています。

 

ポイントタウンでは、500円分のiTunesギフトコードが5%OFFの475円で交換できてお得なんですけど、嫁はiTunes Storeとは無縁だった為100円分から交換できる楽天銀行に交換して"現金化"しています。

 

今回は、現金化をグッと我慢してもらいiTunes Storeで利用する為に「iTunesギフトコード」に交換してもらいました。

 

 ポイント→iTunesギフトへ交換

ポイントタウンで貯めたポイントは、20pt=1円相当で交換することができます。

 

iTunesギフト交換

    • リアルタイム交換をするには、電話番号認証を行う必要がある

 

1.ポイントタウンに設定した[秘密の質問]に回答します。

 

秘密の質問

 

2.ポイントタウンに登録したメールアドレス宛に、iTunesギフトが届きます。

 

メールアドレス宛

 

3.届いたメールを確認する。

 

妻の場合は、電話番号認証をしているのですぐにメールでiTunesギフトコードを獲得できました。

 

メール確認

 

 iTunesギフトコードを登録する

1.iPhoneのホーム画面にある[App Store]をタップ。

 

App Store

 

2.右上にある[人のマーク]をタップ。

 

人のマーク

 

3.アカウント内にある[ギフトカードまたはコードを使う]をタップ。

 

コードを使う

 

4.Apple IDのパスワードを入力してサインインする。

 

パスワード入力

 

5.[コードはキーボードでも入力できます]をタップ。

 

キーボード入力

 

6.これでApple IDに500円分の追加が完了します!

 

AppleID完了

 モッピー経由でさらに5%OFF

上記で紹介したiTunesギフトの獲得・登録方法をまとめると、

 

1.お小遣いサイト「ポイントタウン」で475円分のポイントを貯めて500円分のiTunesギフトコードに交換する

2.ポイントタウンに登録したメールアドレス宛に届いたメール内のコードをAppleIDに登録する

 

この時点で25円お得に購入できているので、そのまま利用してもらってもいいのですが、さらにお得に音楽を購入する方法があるのでご紹介したいと思います。

 

それは、お小遣いサイトを経由してiTunes Storeを利用するという方法です。

 

iTunesギフト購入時に登録したポイントタウンでも利用金額の3%が還元されるのですが、さらにお得に利用できるのがモッピーというお小遣いサイトです!

 

モッピー経由iTunesStore

 

モッピーに登録して、モッピー経由でiTunes Storeを利用するだけで購入金額の5%が還元されるので、かなりお得にiTunes Storeを利用できます。

 

さらに、一度だけでなく何度でもポイント還元の対象になるので、音楽の購入はiTunes Storeしか利用しないという方の場合、お小遣い稼ぎにピッタリだと思います。

 

 

私の場合、だいたい5分くらいでポイントが付与されました。

 

ポイント付与

 

250円の曲を購入したので、12P=12円OFFとなり実質238円で購入することができました!

 

2000円のアルバムになれば、100円引きの1900円で購入することができます。

 

 

iTunesギフト購入時の5%OFFと合計すると、25円+12円=37円もお得に購入することができました。

 

 

2~3個のお小遣いサイトに登録して、利用したい広告の還元率を比較し一番お得なお小遣いサイトを利用している方がいらっしゃるように、貯めたポイントをお得に利用する為に2~3個お小遣いサイトに登録する方もいらっしゃいます。

 

今回、ポイントタウンとセットで利用したモッピーは業界トップクラスの稼ぎやすさ・友達紹介で超人気のお小遣いサイトです!

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 データ購入→ストリーミング配信

音楽配信

 

ここまで、iTunesギフトコードでiTunesから曲をダウンロードする方法を説明してきましたが、いまでは月額1000円ほどの月額料金で4000万曲以上が聴き放題になる定額制音楽ストリーミング配信サービスが主流になっています。

 

  • Amazon Music Unlimited
  • Apple Music
  • LINE Music
  • Google Play Music

 

などがストリーミング配信に該当します。

 

ダウンロードする場合、端末にデータの受信が終了してから再生し、インターネット接続しなくても音楽を聴くことができますが、スマホの容量を圧迫します。

 

ストリーミング配信の場合は、ダウンロードしなくても、データを受信しながら再生することができるため、スマホの容量を圧迫することはありません。

 

 

ストリーミング配信のメリットといえば、膨大な量の楽曲の中から気になった曲がすぐにスマホから聴けることです。

 

デメリットは、身近にWi-Fiを利用できる環境がないと通信料がかかってしまうこと、そして解約すると曲が聴けなくなることです。

 

今後この辺りについても検証記事を追記していく予定です。

 

まとめ

音楽

 

iTunes Storeについても知らない…

 

YouTubeでほぼ満足している…

 

お小遣いサイトで貯めたポイントを現金化する事が大好き…

 

このような嫁に、お小遣いサイトで貯めたポイントをiTunesギフトに交換して、iTunes Storeで好きな曲購入してみて!と説得するのに苦労しました。

 

嫁にiTunes Storeで購入した感想を聞いてみると、「一人だったら分からなかったけど、教えてもらいながらやったら簡単だった。次は一人でもできそう!」と前向きな返答でした。

 

同じように、一人だったら分からないから挑戦していない!という方も、今回紹介した方法でめんどくさがり屋の嫁でも出来たので、是非トライしてみてください♪

 

今回利用したお小遣いサイト「ポイントタウン」は、会員登録やクレジットカード発行など無料で利用できる案件もたくさんあるので、iTunesギフトをお得に獲得したい方!にピッタリなお小遣い稼ぎサイトです。

 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

WebMoney(ウェブマネー)をマスターカード(Master Card)化する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


WebMoneyクレジット化

 

お小遣いサイト(ポイントサイト)の中でもよくある交換先の1つである、WebMoney

 

以前は、ウェブマネーを使える場所が…という感じでしたが、いまでは加盟店も増えて使いやすい電子マネーとなりました。

 

ウェブマネーが使える場所は、WebMoneyが使える場所というページに記載されています。

 

ちなみにカテゴリだけ書き出すと、

  • オンラインゲーム
  • SNS・ブログ
  • 動画・放送
  • 音楽配信
  • 情報サービス
  • 電子書籍
  • ショッピング
  • ツール・ソフト
  • 寄付・募金

で、主にオンラインで利用する用途には優れています♪

 

 

ただ…ウェブマネーは現金化する事が困難で、やるのであればウェブマネー販売・買い取りサイト等を経由する必要があります。

 

レートは概ね80%程度ですので、現金化は実質困難です。

 

そこで、もう少し利用用途を増やせないか…?

 

これを増やす事が可能なのは、ウェブマネーカードを発行しMaster Card(マスターカード)化する事で、Master Cardが使える店舗、例えば家電量販店、はたまたスーパー等で利用する方法です。

 

根塊はウェブマネーをMaster Card化し、限りなく現金に近い形でウェブマネーを利用する方法について詳しく記事を書いていきます。

 

初めてのWebMoney

いろいろなWebMoney

 

ウェブマネーには、

  • シートタイプ
  • WebMoneyギフトカード
  • WebMoneyプリペイドカード
  • au WALLETプリペイドカード
  • 特定加盟店専用タイプ
  • ウェブマネーウォレット

 

このように様々な種類がありますが、

 

コンビニでも買える「シートタイプ」や「WebMoneyギフトカード」、チャージした分だけ支払いができるプリペイドカードなのにクレジットカードみたいに使える「WebMoneyプリペイドカード」、この辺りの種類が初めての方でも使いやすいと思います。

 

アプリで簡単に残高管理

WebMoneyには、スマホ上でチャージできたり、残高を管理できる専用のアプリがあります。

 

以前は「WebMoneyカードケース」という名前でしたが、2019年6月20日よりリニューアルされ「WebMoneyウォレット」になりました。

 

WebMoneyアプリリニューアル

 

6月20日をもって「WebMoneyカードケース」の下記機能が終了となりました。

 

  • 新規登録
  • チャージ
  • 「WebMoneyカードケース支払い」

 

2019年9月3日には全サービスが終了となるので、「WebMoneyカードケース」を利用していた方は「WebMoneyウォレット」への引継ぎを早めにしておきましょう!

 

 

新アプリ一部変更

 

このリニューアルに伴い、一部サービスの変更がありました。

 

    • 「WebMoneyプリペイドカードLite」の新規申し込み受け付け開始!
    • プリペイド番号引継ぎ/クレジットカードでのチャージがWebMoneyプリペイドカードではできなくなった
WebMoneyのアプリがリニューアルされるという情報を知ったときに「え!まじ?」と思ったのは、プリペイドカード番号引継ぎができなくなるという記載があったからです。

 

私の場合、GMコインで獲得したコインをWebMoneyのアプリ経由でチャージして、WebMoneyプリペイドカードをMasterCard加盟店で利用していました。

 

「プリペイドカード番号引継ぎ」機能が新アプリで出来なくなるのであれば、GMコインで稼いだコインも交換できなくなってしまうのではないかと心配になり、GMコインの運営先に「今後WebMoneyアプリがリニューアルされプリペイドカード番号引継ぎができなくなるという記載があったのですが」という問い合わせをしました。

 

GMコイン運営からの回答は「WebMoneyにつきましては、今後の現在と同様の提供方法を行ってまいります。」ということでした。

 

ということは、新しいアプリでもプリペイド番号引継ぎができるのだろうと思い、アプリがリニューアルされた6月20日以降WebMoneyカードケースの支払い機能が終了されてしまったので、新アプリ「WebMoneyウォレット」アプリをダウンロードすることに。

 

プリペイドカード番号引継ぎについては後ほど説明します。

 

まずは、新アプリへ旧アプリに残っている残高を移行しましょう!

 

 新アプリへ残高移行する方法

まずは、App StoreまたはGoogle Playから「WebMoneyウォレット」をインストールしてください。

 

  1. 電話番号を入力し、SMS認証を行う必要があります!
  2. SMS認証後、[持っている]をタップ
  3. 移行したいカードの裏面に記載されている[プリペイド番号]をカメラか直接入力で登録

 

アプリ登録時に登録

 

残高がしっかりと移行されているかの確認は必ずするようにしてください!

 

WebMoneyをクレジット同様に利用する方法

WebMoneyウォレット

WebMoneyウォレット

 

WebMoneyウォレットは、ウェブマネーをチャージするのに必要です。

 

WebMoneyウォレットはアプリですので、さらっとダウンロードしてしまいましょう。

 

Google Play・App Storeでダウンロード可能です。

 

 

これでまず第一段階である、WebMoneyウォレットは準備オーケー!

 

次に、ウェブマネープリペイドカードを持っていないという方は発行していきましょう。

 

WebMoneyプリペイドカード

ウェブマネーカード

 

WebMoneyプリペイドカードの発行は、普通にネットで"ウェブマネーカード"で発行する事ができます♪

 

外部リンク:WebMoney Card

 

ウェブマネープリペイドカードのページにも書いていますが、

  • 審査不要!
  • 入会費無料!
  • 年会費無料!

で、WebMoneyプリペイドカードの場合は20歳未満の方は保護者の同意が必要、WebMoneyプリペイドカードLiteの場合はどなたでも申し込むことができます。

 

 

この条件を覚えておき、WebMoneyプリペイドカードを申し込みます。

 

WebMoneyプリペイドカードには、「WebMoneyプリペイドカード(本人限定カード)」と「WebMoneyプリペイドカードLite(無記名カード)」という2種類があります。

 

以前は新規申込みの受付が休止していた「WebMoneyカードLite」ですが、「WebMoneyプリペイドカードLite」と名前が変更され申込み受付が開始されています!

 

そして、このWebMoneyプリペイドカードLiteこそ、先程記載した「プリペイドカード番号引継ぎ」に必要なカードとなってきます。

 

【新WebMoneyカード仕様】

WebMoneyカード仕様

 

赤枠は以前のカード仕様と変更された部分になります。

 

MasterCardとしての利用上限がWebMoneyプリペイドカードLiteに設けられ、チャージ方法もいろいろと変更があります。

 

下記は以前までのWebMoneyカードの仕様。

 

【旧WebMoneyカード仕様】

ウェブマネーカード ライトとの違い

 

 カード申込み方法

評判

 

WebMoneyプリペイドカードの申込みは、アプリから行います。

 

カード申込み後、1週間ほどで家にカードが届きます。

 

先程のカードの仕様に記載がありますが、WebMoneyプリペイドカード(本人限定カード)を申込みした方は、カード受け取り時に本人確認が必要となります。

 

本人確認書類は、運転免許証・パスポート等が対象となります。

 

 

1.Moneyウォレットアプリをダウンロード

2.電話番号を登録し、SMS認証を行う

 

SMS認証

 

 

3.WebMoneyプリペイドカードはお持ちでしょうか?の問いに[持っていない]をタップ

 

カード作成

 

 

4.磁気カードを受け取るまでの仮想カードの「WebMoneyプリペイドカードLite」が発行されます。

 

新規カード発行完了

 

カード自体が必要でない、インターネットのお買い物ならすぐに使い始めることができます。

 

5.[カード詳細へ]をタップすると、WebMoneyプリペイドカードLiteの【磁気カード】申込みへ進めるバナーが表示されるので、[今すぐ申込む]をタップ

 

 

※いま所持していないWebMoneyプリペイドカード/WebMoneyプリペイドカードLiteを新規発行したい場合は、アプリ左上の[三本線]→[カードのお申込み]をタップすることでカード発行手続きへ進むことができます。

 

 

[カード申込みに必要な情報]

 

登録情報

    • 名前
    • 生年月日
    • 性別
    • カード暗証番号
    • 郵便番号
    • 都道府県
    • 市区町村
    • 番地
    • 建物名・部屋番号
    • メールアドレス

 

住所欄には、本人確認書類に記載してある住所を入力するようにしましょう!

 

 

カードが手元に届いたら、アプリ左上の[三本線]→手元のカードと同じ絵柄のカードをタップ→[カード設定]→[カード受け取り確認をする]→カード裏面のPINコード(数字3桁)を入力するとカード登録が完了します!

 

カード登録

 

カードが届いた感想

投稿

6月21日に申込みをして、カードが届いたのが6月28日なので"一週間はカードが届くまでに時間がかかる"ということは覚えておいてください。

 

やはりWebMoneyのカードは光沢があるので、Kyash(キャッシュ)が届いたときのようなショボさを感じない良いカードだと思います。

 

カードが届いたら忘れないうちにアプリへカードを登録します。

 

 

画像付きで分かりやすく表示してあるので、指示に従いながら[カード受け取り確認]を進めていきましょう。

 

 

アプリがリニューアルされた時には、なんでわざわざ新しいカードを発行しないといけないのかと納得できない部分もありましたが、チャージできないままではWebMoneyポイントが失効するだけなので手間でも発行するしかありませんでした。

 

ただ、カード発行手続きもアプリ内で簡単に手続きできたこと、カードも一週間だけ我慢すればまた今までのように[プリペイドカード番号引継ぎ]でチャージできるようになったこと、アプリにカード登録するのも簡単だったこと、どれも難しい手続きは必要なかったので、カードが届きさえすればまたいつもの生活に戻れます。

 

カードは書留で届くので、留守時に配達された場合は再配達をお願いするようになるので、カード受け取りまでの期間が伸びることもあります。

 

チャージ方法

チャージ方法についても、リニューアルに伴い一部変更があったので説明します。

 

旧アプリと新アプリのチャージ方法を比較した表が掲載してあったので、そちらを利用していきます。

 

新旧チャージ方法比較

 

【WebMoneyプリペイドカード比較】

  • 新アプリでは、プリペイド番号引継ぎでのチャージができなくなった
  • 新アプリでは、セブンイレブン収納代行でチャージできなくなった
  • 新アプリでは、クレジットカードでのチャージができなくなった
  • 新アプリでは、三菱UFJ銀行の場合再度銀行口座の登録が必要になる

 

 

【WebMoneyプリペイドカードLite比較】

  • 新アプリでは、プリペイド番号引継ぎでのチャージが手数料なしでできるようになった
  • 新アプリでは、セブンイレブン収納代行でチャージができなくなった
  • 新アプリでは、クレジットカードでのチャージはWebMoneyプリペイドカードLiteのみできる
  • 新アプリでは、三菱UFJ銀行でのチャージがWebMoneyプリペイドカードLiteではできなくなった

 

 

新アプリでチャージ方法を確認してみると、

 

新アプリチャージ方法一覧

 

  • プリペイド番号引継ぎでのチャージは、WebMoneyプリペイドカードLiteのみ
  • クレジットカードでのチャージは、WebMoneyプリペイドカードLiteのみ

 

  • インターネットバンキングでのチャージは、WebMoneyプリペイドカードのみ
  • 三菱UFJ銀行からのチャージはWebMoneyプリペイドカードのみ

 

なんといっても、新アプリに変わってプリペイド番号引継ぎによるチャージ方法で、手数料が無くなった!というのは大ニュースなのではないでしょうか。

 

いままでは、4%の手数料が引かれていたので、1000円分チャージした場合でも960円しか反映されませんでした。

 

新アプリからは、獲得した1000円分まるまる使用することができるので、WebMoneyプリペイドカードLiteを発行するという手間はありますが、手数料がないほうがいいので私は文句も言わずWebMoneyプリペイドLiteをポチポチッと申し込んでおきました。

 

 セブン銀行ATMからチャージ

セブン銀行

 

アプリリニューアルから少し遅れて、新たなチャージ方法が追加されました。

 

セブンイレブンにある「セブン銀行ATM」からチャージできるようになりました。

 

 

WebMoneyの専用アプリ「WebMoneyウォレット」がなくてもチャージできるのか?というと、出来ません!

 

セブン銀行ATMでのチャージを利用するには、アプリ内にあるQR読み込み画面を表示する必要があるため、アプリをインストールする必要があります。

 

【セブン銀行ATMチャージ方法】

 

ATMチャージ方法

 

1.セブン銀行ATMの画面左上にある[スマートフォンでの取引]を選択

※WebMoneyプリペイドカードをATMに入れる必要はありません!

 

2.WebMoneyウォレットアプリを立ち上げ、チャージしたいカードを選択し[チャージ]→[セブン銀行ATM]の順でタップ

 

3.アプリ上にQR読み込み画面が表示されるので、ATM画面に表示されているQRコードをアプリで読み込む。

 

すると4桁の企業番号がアプリに表示されるので、ATM画面の[次へ]をタップし、企業番号を入力します。

 

4.チャージする金額の紙幣をいれます。(一度に1,000~500,000円までチャージ可能)

 

5.金額を確認して[確認]をおします。

 

6.アプリのカード画像を下にスワイプすると、更新されるのでチャージされているか確認しましょう。

 

 

セブン銀行の場合、駅や空港などにも設置してあったり、24時間364日手数料無料でWebMoneyプリペイドカードへチャージすることができたりと、とても使い勝手のよいチャージ方法が追加されました。

 

 プリペイド番号引継ぎでチャージ

では、実際にプリペイド番号引継ぎでチャージできるのか?手数料無料でチャージできるのか?検証していきたいと思います。

 

プリペイド番号チャージ

 

  1. [チャージ]→[プリペイド番号引継ぎ]をタップ
  2. カメラか手動でプリペイド番号を読取る
  3. [チャージする]をタップ
  4. [OK]をタップ後、残高に反映されているか確認しましょう

 

いや、いいですね!手数料が引かれてない金額をみるのは♪

 

ウェブマネーをチャージ

私は正直、これがやりたかった訳です。

 

お小遣いアプリとか、アンケートサイトとか、現金への交換先がなかったりして、どうしてもAmazonギフト券などのギフト券が逃げ道となってしまいます。

 

Amazonで購入する際にAmazonギフト券を利用して割引または、全額ギフト券で支払えるのは嬉しいですが、本音を言えばスーパーなどでお買い物で利用できるものほうが、毎月の生活費を節約することもできるし、そうなればもっと稼ぎたいという欲がでてきます。

 

そこでもっと自由に利用できる交換先があれば…そう思い、手数料が4%(旧アプリ)かかるのを覚悟の上、ウェブマネーを利用しました。

 

大体交換先であるのが、Google Playで利用できるVプリカとWebMoneyです。

 

Vプリカは手数料がかかるものが多いので、4%という手数料(旧アプリ)をもってしてもウェブマネーの方が手数料が安かったりします♪

 

…という訳で、今回私は、GMコインにてWebMoneyをチャージします。

 

GMコインの交換先でウェブマネーを選択し、ウェブマネーのコードを取得します。

 

GMコインウェブマネーコード

 

このコードをコピーして、WebMoneyウォレットアプリを起動。

 

これで、ウェブマネーをMasterCard化し、MasterCardが使えるスーパー等で通常のクレジットカード同様、カードを提示してお買い物に利用できるようになった訳です♪

 WebMoneyの評判

新アプリがリリースされてからのWebMoneyの評判を確認してみましょう。

 

リリースされたばかりなので、まだレビューが少ないので参考程度にしてくださいね。

 

[Google Play]

Google Play評判

 

  • 使いにくくなった
  • プリペイド番号でのチャージができなくなって最悪
  • プリペイド番号の読み取りが以前よりよく使いやすそう

 

[App Store]

App Store評判

 

  • 今まで出来ていたことが出来なくなった
  • クレジットカードでのチャージができなくなって不便
  • 今後改善してほしい

 

 

やはり、この前まで出来ていたことが、急に使用できなくなってしまったのだから、評価が低くなってしまうのはしょうがいないですね。

 

私もとことん調べたから分かりました、新アプリをインストールした直後なんて「プリペイド番号でのチャージができなくなった!」と内心ドキドキしてました。

 

WebMoneyプリペイドカードLiteを発行することによって、クレジットカードでのチャージも、プリペイド番号でのチャージも可能になるので、私の場合はいままでの金色のカードではなく、いまから届くシルバーのカードがメインのカードとして利用していくことになりそうです。

 

 WebMoney基礎知識「使い方」

WebMoney加盟店のネットでのお支払いで、プリペイド番号を使う方法です。

 

プリペイド番号、アプリ、MasterCardとしての使い方をご紹介します。

 

 リアル店舗で使う

リアル店舗でWebMoneyプリペイドカードを使用する場合は、「クレジットカードで支払います」と定員さんに一声かけて提示してください。

 

ここで注意してほしいポイントは、

 

    • 残高が不足している場合は支払いができないので、レジに行く前にチャージ残高を確認する!
    • 一括払いのみ!

 

サインが必要ない店舗もありますが、私の場合このサインが結構手間だと感じることが多いです。

 プリペイド番号を使う

1.支払い方法に[WebMoney]を選択する

2.WebMoney支払い画面で、手持ちのカードの裏面に記載されているプリペイド番号を入力する

 

プリペイド番号入力

 

3.[お支払いを行う]をクリック。

4.[ご利用サイトにもどる]をクリックで支払い完了となります!

 

 アプリを使う

1.支払い方法に[WebMoney]を選択する

2.WebMoney支払い画面で[アプリでの支払い]をクリック

3.スマホで「WebMoneyウォレット」を起動し、右上の[QRコードのマーク]をタップ

4.PC画面に表示されているQRコードをアプリで読み込みます

5.カード一覧から支払いに使用するカードを選択

6.PC画面の[お支払いを行う]をタップ

7.[ご利用サイトにもどる]をクリックで支払い完了になります!

 

MasterCardとして使う

1.支払い方法に[クレジットカード(MasterCard)]を選択する

2.カード番号・名前・有効期限・セキュリティコードを入力する

 

MasterCardとして使う

3.利用サイトの画面に従って支払い完了となります!

 

まとめ

コンビニ対決

 

随分と長くなりましたが、実際のハードルとしてはウェブマネーカードを発行するという所です。

 

ウェブマネーカードを発行してしまえば、後は簡単な作業で、マスターカード化する事でスーパー等でも利用できるようになります♪

 

手数料4%が無くなったので、これでGoogle Playの課金アイテムを購入したりと、色々な使い方ができるようになります♪

 

ポイントが反映されないという危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ポイントが反映されない危険性

 

今回はお小遣いサイトを利用して、ポイントが反映されないといった危険性について記事を書いていきたいと思います。

 

この記事、非常に多くの反論がありそうで怖いですが、満を持して記事を書いてみたいと思います。

 

個人的見解も多く混ざりますので、参考程度にご確認下さい。

 

ポイントが反映されない原因と対処

悩む女の人

 

ポイントが反映されない原因は非常に多くあると思います。

 

私が確認できている、あるいは情報として得たのは以下の通りです。

  • 通信状態の良好な場所で利用する
  • Cookieが食われる場合、Cookieを無効にしている
  • 指定のブラウザでない場合
  • プライベートブラウザ等の別ブラウザ
  • JavaScriptのオフ
  • 運営側の過失
  • 既に登録してしまっている場合
  • 承認までの期間
  • 成果条件の確認
  • 0:00は注意
  • もの凄い連続の利用
  • 追跡型広告をうっかりクリック
  • 追跡型広告をブロック
  • iOS11ではセキュリティー設定の見直し

こういったものがあります。これらについて私の体験談を元に記事を書いていきます。

 

 

100%還元や有料の広告については、上記のポイントが反映されない危険性に加え、個別の危険性があります。

 

詳しくは下記のリンクを参照下さい。

 

 

アンケートが来ない、配信されないという事であれば、下記の記事に詳しく記載しています。

 

 

通信環境について

3G回線

普通のクリックポイント等では問題ありませんが、ショッピング及び広告利用の通信環境はスマホやタブレットにおいて非常に大切です。

 

ポイントインカムでは明確に通信が途切れた場合、ポイントが正常に反映されないと表記されています。

 

スマホを利用の際は、3G/4g LTEからの利用を推奨しています。

 

 

通信環境が途中で途切れるという場合、回線内部では例として例えば電車内であれば、いきなり3GからWifiスポットに入ったりします。

 

ネット側での判定はこれまでショッピングを行い、注文ページは3G回線だったのに確定ページはWifiだったりという事になります。

 

こういった場合は第3者の利用を否定できないので、トラブルを招かない為にそういった処置になるのではないかと思います。

 

ショッピング及び広告利用の際には、3Gなら3Gで固定される場所で利用を推奨です。

 

とにかく通信がぶれるという事が問題です。

 

電車内や高速移動中等、通信に少しでも問題が出る環境であれば注意しましょう。

 

 

スマホ・Wifi環境である場合、電波はバリ3(5かも)の状態で、移動中等を避け、電波の安定した環境で利用しましょう。

 

これはスマホからネットショッピング、アプリダウンロード、広告利用のポイントが反映されないに大きく関わってきます。

 

私もそうですが、iPadのWifi版で利用していますが、Wifiという事は多くにおいておそらくPC回線でiPadを利用していると判断されます。

 

ポケットWifiなんかもそうですが、PCでもスマホでもタブレットでも自由に使える通信環境において、アプリダウンロードは広告側の判定によっては、ポイントが反映されない場合があります。

 

これは…やってみないと分からないですね…

 

普通にポイントが反映される事もあるし、厳しい所では反映されない場合もあります。

 

Wifi環境のみであれば、付与されればラッキー位の気持ちで、有料会員登録や高額案件はリスクが高すぎますので、リスクをご理解の上ご利用下さい。

 

トラッキング漏れを起こしやすい公式サイト

追跡

インターネット上でのユーザーの行動を記録する情報の事を「トラッキング」といい、お小遣いサイト利用であれば、ちゃんと経由して広告利用したかが分かります。

 

しかし、通信状況やシステムのエラーでトラッキングが途切れてしまうと、トラッキング漏れ(ポイントが付かない)という結果に。

 

公式サイトとは何か?

 

公式サイトとは、docomo・au・SoftBankの審査をクリアしたサイトなので安心して利用できるというメリットもあるのですが、トラッキング漏れを起こしやすいというデメリットもあります。

 

《トラッキング漏れを起こしやすい公式サイト》

  • コミなび
  • スポーツアイランド
  • ヘアケアラボ
  • ゴールデンミュージック 等

 

公式サイトでポイントが付かなかった場合は、ポイントインカムであれば【公式サイト保証制度】があるので保証してもらえます(一部対象外の広告あり)。

 

ポイントインカムの場合、トラッキング漏れの心配がある広告には「※こちらの広告はシステムの都合上、正常にポイントが反映されないケースもございます」という記載がポイント獲得の条件欄にありますので、そこを確認して利用広告を選ぶといいかもしれませんね♪

 

トラッキング漏れの心配がある公式サイト

Cookieが食われる場合

Cookieが食われる

 

Cookieとは、例えばお小遣いサイトが登録情報を一時的に保管している状態です。

 

お小遣いサイト、例えばモッピーを経由して楽天市場に行くと、URLの末尾にid=○○等がつくと思います。

 

それがGookieであると解釈しても良いです。

 

この情報は、他のサイトに移動すると消えたりするので一番手っ取り早い方法としては、

 

楽天市場で商品を選別、買うものを決めておく事を最初に行い、モッピー⇒楽天市場⇒目当ての商品⇒購入までの流れを一気にやってしまう事です。

 

これならばCookieが食われる事はありません。

 

 

また、直前に検索した大量のCookiが邪魔をしてしまう事もありますので、インターネットオプション等からキャッシュを削除する際にCookieも削除するとより確実です♪

 

後に記載しますが、最近広告がいつまでも付いてくる追尾型の広告があります。

 

あれって追尾する程見て欲しい広告ですので、高確率でCookieを利用しています。

 

お小遣いサイトのPRバナーなんかも、お小遣いサイトの運営会社もCookieを使って広告がクリックされたか判断されています。

 

ある意味商品へ移動するページ以外は極端な話、Cookieを食われるかもしれないトラップみたいなものですので、一直線に商品購入に向かいましょう♪

 

Cookieを無効にしている

IDパスワード

 

Cookieを無効にしているとすぐわかるとは思います。

 

無効の場合、お小遣いサイトを利用する場合、毎回ログインの際にメールアドレスとパスワードを入力していると思います。

 

お小遣いサイトを経由したのかはCookieで判断する為、例えば楽天市場のトップページであってもアドレスに、

 

http://www.rakuten.co.jp/○○○○○id=○○○○○

 

…なんて文字が入っていると思います。

 

この文字の羅列は、各サイトによって異なりますが、基本アドレスの一番後ろに、呪文のような文字の羅列が入っています。

 

この状態がCookieを有効にしている状態であり、この情報が無いとお小遣いサイトを経由した事が分かりません。

 

一度ご利用のブラウザのCookieの設定が有効になっているか、確認しておいて下さい。

 

Java Scriptを無効

Java Scriptを無効にしている場合、インターネットを利用するにあたって弊害が出ていると思いますが、無効である場合、本来表示されているものが表示されていなかったりしますので、これも一応確認しておいて下さい。

 

ちなみにこの機能、通常オンしているので、余程の事がなければオフにはしないと思いますが…

 

Java Scriptを無効にしている場合、本来使えるログイン機能とか、カテゴリをまとめる機能とかの大半が使用できないのですぐに気づくことができます。

 

指定のブラウザでない場合

あつめる

私もiPhone/iPadではSafariではなくパフィンブラウザも利用していますが、パフィンブラウザは海外のサーバーを経由する為実際私のIPアドレスとは異なっています。

 

ですので怖いので私はアプリインストール等は、Safariから行っています。

 

Androidの場合は"標準ブラウザ"です。

 

私のギャラクシーNote8は最初からGoogle Chromeがインストールされていましたがそれでも…それでも!!

 

標準ブラウザからアプリインストールを行って下さい。

 

 

各お小遣いサイトの指定のブラウザというのは大体一緒ですが、それでも多少の差異はある為、確実にあるブラウザの利用を推奨します。

 

PCはGoogle Chromeであれば問題はありません。

 

ieじゃないとできないものもありますが、そういった時にはieを利用します。

 

PCからの広告利用って、Cookieを消した状態で、ページ移動する事無く一直線に広告利用を行う事でほぼ確実にポイントが反映されいます。

 

プライベートブラウザ等

セキュリティ

 

iPhoneを利用している場合、Safariというブラウザを利用していると思います。

 

これはデフォルトのブラウザであり、お小遣いサイトの推奨環境のブラウザでもあるのですが、プライベートブラウザを利用していると、Cookieが反映されず、先程のアドレス後半部分が反映しないという可能性があります。

 

プライベートブラウズとは要するにココです。

 

プライベートブラウズ

 

Google Chromeでもシークレットモードという名称で、同様の機能があります。

 

こういった機能を利用していないか?

 

これも確認が必要となります。

 

運営側の過失

キャッシュレス破産

 

これは運営側が何らかの原因でポイント付与できないと判断、又はポイントを付与しなかった場合です。

 

こればっかりは私たちに調べる方法というのはありませんし、広告主に連絡するしかありませんが、それをやったら大体退会になります。

 

 

この対処はきちんと利用した履歴を残しておく事です。

 

ショッピングであれば利用した過程のメールを。

 

会員登録であれば会員登録完了メールを保存しておくといった事で、いざとなっても証拠充分の状態を作っておきます。

 

実際私達には分からないという所がポイントで、条件を満たしていなかったのか、故意にポイント付与されなかったのか?運営側?広告側?

 

それを判断するのは難しいです。というか無理でしょう。

 

出来る事はキチンとしたメール等の履歴をとっておき、キチンと利用しましたよという事を証明できるという事が大事です。

 

その上でお問い合わせを行い、答えが返ってくるまで粘り強くお問い合わせし続ける事になります。

 

 

お小遣いサイトは会員数が多い為か、中々お問い合わせが返ってこなかったりするものです。

 

そういう場合でもポイントが付与されるのは権利ですので、何度でもお問い合わせする事は私達の権利です。

 

調査会社が絡むという事

お小遣いサイト登録

i2iポイントというお小遣いサイトのブログで知った事なのですが、i2iポイントが調査依頼をする場合、

 

i2iポイント→ASP→広告主ではなく、

i2iポイント→ASP→調査会社→広告主という流れのようです。

 

まあよく考えてみれば、ポイントが付与されないという問題は膨大な件数でしょう。

 

特にASPの場合、各ポイントサイトから、アフィリエイターさんからも膨大な数の件数になると思います。

 

そこで調査会社という専門の機関が調査して、広告主に原因を伝えるという事でしょう。

 

お問い合わせで、「現在調査を行っております。」という返事が返って来た場合、i2iポイントもしくはASPが調査しているのかと思っていました…

 

だから調査の結果が平気で1ヶ月以上かかるとの事です。

 

それともう1つ大事な事がこの記事には掛かれています。

 

登録情報が正しくないと言われたら終わりです

 

この一文。見逃せませんね…

 

という事は、登録情報入力画面をキャプチャしておいて、私はこう登録しましたが、どの部分が、何処が間違っていますか?という事を聞ければ良いという事ではないか…!!

 

私たちがポイントが付与されない場合にお問い合わせする時、登録情報入力画面のキャプチャがありますと言えば、問題がスムーズに進むのではないかと思います。

 

まあそのキャプチャが加工されていないのか?と言われると新たな問題が起きそうですが、なんならキャプチャを写メで取るなり、動画で記録しておくなりで対処もできるのではないか…?

 

色々な可能性が見えてきました。

 

既に登録してしまっている場合

スマホ決済危険性

 

これは結構ある事だと思います。

 

例えば別のお小遣いサイトで登録したものを忘れてしまい、又登録してしまっても、広告主側では利用した履歴・IPアドレス・登録情報が残っている為承認されないというケースです。

 

これはコチラの責任ではありますが、沢山のお小遣いサイトを利用した場合、特にアプリインストールなんか良く起こる話です。

 

ちょっとココは私たちも運営側・広告側も曖昧になっていると思います。

 

このケースが一番多いんじゃないかなと思います。

 

対処法がモメるしかありませんので、確実に利用した案件を記録しているのであればまだ何とかなる場合もあるかと思います。

 

ただ、曖昧になっているという事がポイントで、既にやってしまった案件が再びついたりする!!なんてこともあったり、ダメだったらもう1回やり直せばキチンと付与される事もあったりと、曖昧な所がプラスに働く場合もあります♪

 

承認までの期間

困る

 

特に高額案件ですが、承認までの期間が3ヶ月とか、とても長い場合があります。

 

ポイントが付与されるまでに時間がかかるものもあるので、運営側・広告主の定める期間については十分に確認しておいて下さい。

 

アプリインストールとかでも、即追加されるものもあれば1時間、1週間、1ヶ月といったものもありますので注意が必要です。

 

これは期間の相違ですので、反映されないかがどうかがやってみないと分かりません。

 

お小遣いサイト側もお小遣いサイト側に報酬が付与されないと、お金を貰っていないのにお金を払う事になります。

 

もしポイントが付与されなかった場合に先にお金を支払っている場合、逆にそのお小遣いサイトはいつ潰れるか…という不安にかられます。

 

ちょっとしたトラブルでポイントが付与されなかったら大赤字です。

 

お小遣いサイト側の承認期間というのは広告主側に依存されます。

 

ですので承認期間が1ヶ月と書いてあっても実際は1ヶ月以上かかってしまうという事。

 

どうしようもないと思いますがよくある事です。

 

成果条件の確認

メリット

 

成果条件はこちら側がよく確認しなけらばならない事になります。

 

100%還元であれば"初回利用"という所はあくまで初回という所が大事になり、初回でないと反映されません。

 

また"初回利用"か"定期利用"でも異なります。

 

1ヶ月経ってから解約するとポイント反映されないものもあります。

 

その他アプリインストール後、初回起動とかとにかく成果条件についてはその通りに利用する必要があります。

 

二か月目も利用してポイント付与以上の費用がかかったり、インストールしてもポイントが付与されないといったトラブルになる事があります。

 

こうなってしまったらポイント付与は厳しいので、こちら側で確実にポイントを付与される条件になるか確認しておきましょう。

 

 

成果条件を確認せずに広告利用し、結果非承認になったので問い合わせしたけど「調査ができない」という回答だった!ということもあります。

 

成果条件を確認して利用したにも関わらず「調査ができない」という回答の場合もあります。

 

なぜそのような回答がくるのかというと、

 

    • 広告主側で調査を受け付けていない場合
    • 広告主サイトの営業が終了している場合
    • お小遣いサイトからのアクセスの確認が取れない場合
    • 案件の成果条件を明らかに満たしていない、もしくは却下条件に明らかに当てはまっている場合

 

クレジットカード広告の場合、

 

  • 発行+利用が条件
  • キャッシング枠の希望有りが条件
  • キャッシング枠の希望有無はどちらでもよいが、利用希望の場合は10万円以上に設定が条件
  • リボ払いの設定が条件

 

これ以外にもカードによって条件が異なりますが、成果条件を確認していない場合カードを発行して手元に届けば終了でしょうし、リボ払いの設定なんてしていないでしょうし、このような利用内容ではさすがに「ポイント付与して!」なんて強く言えないので、利用する前にしっかりと成果条件を確認するように習慣づけることが大切になります!

 

0:00は注意

なんで0:00に注意が必要かというと、日をまたいだ広告利用はポイントが反映されない危険性があるからです。

 

普通にお店とかでも、閉店前には一日の売上を確認する締めというものがあります。

 

その締めというのが、0:00にあたっている可能性があります。

 

…夜の20:00にカートに入れて、翌日決済を行うような利用方法は、ポイントが反映されない危険性を高める事になります。

 

予約は承認予定期間内で

こちらはポイントインカムからの抜粋です。

 

要は承認予定期間が30日の場合、2ヶ月前に予約を行うとポイントが無効になる可能性があります。

 

具体例的にはドラクエとかですねぇ…

 

ドラクエとか、発表後楽天市場ですぐに予約できる事がありますが、楽天市場の承認期間が60日の場合、3ヶ月前にポイントサイト経由して予約するという事はポイントが付与されない原因となってしまう可能性があります。

 

もの凄い連続の利用

例えば1日に数十ものアプリをインストール、無料会員も数十件、さらに高額案件を利用。

 

これってポイントサイトの広告利用で十万円とか稼ぐ為にはこうなってきますが、私的には確たる根拠はありませんが、出来るだけ日にちを分散した方が良いと思います。

 

自分の管理も訳が分からなくなりますし、Cookieもどうなっているやら…成果条件の確認も曖昧になってしまいますので、出来るだけではありますが疲れない程度に日にちを分散した方が良いです。

 

これは経験上ですので必ずしもとは言いませんがこれも結構ある事だと思います。

 

追尾型広告をブロック

これはモッピーのサイトでは明確に、iPhoneで利用する場合、追跡型広告をブロックするとポイントが反映されない可能性があると記載されています。

 

追尾型広告は正直、私でも邪魔に思うこともありますが、何かをブロックするとどんなはずみでCookieが作動しないなんて事もあるかもしれません。

 

1. iPhone本体の設定アプリを起動し、「プライバシー」を選択する。
2. 「広告」を選択する。
3. 「追跡型広告を制限」をオフにする。

 

デフォルトでは"オフ"になっているのですが、一度ご確認下さい。

 

iOS11から実装された

ITPが設定されている場合、ポイントサイト経由での利用が正しく確認できずポイントが付与されない場合があります。

 

ITP(Intelligent Tracking Prevention」)とは、アマゾンなどのネット通販で閲覧した商品が、他のサイトの広告に表示され「あれ?以前ネット通販で見た商

 

品だ」と思った方も多いのではないでしょうか。これは、ネット通販などの閲覧履歴がCookieに保存されその情報を参照にして、そのユーザーが興味を持ち

 

そうな広告を表示しています。広告主たちに追跡されるは、やはり気持ちのいいものではありませんよね。利用者にもプライバシーの権利があるはずです。

 

そのような追跡を防止することができる機能です。

 

Apple製品ではITPがデフォルトで設定されている場合があります。

 

対象ソフトウェアは、iOS11以降、macOS High Sierra以降のSafariです(新規で購入した場合、ソフトウェア・アップデートをされた場合など)。

ITPが設定されているままだとオンラインでの行動に関する情報収集を防いでしまうので、ポイントサイト経由で利用してもその利用したという確認ができ

 

ずにポイントが付与されないという問題が発生してしまいます。

 

・iPhone利用の場合

設定→Safari→サイト越えトラッキングを防ぐを“OFF”にする

 

・Mac利用の場合

プライバシー→サイト越えトラッキングを防ぐのチェックを外す

 

使用端末の「サイト超えトラッキングを防ぐ」項目が有効になっていないか一度ご確認下さい。

 

(iOS)ITP設定のメリット、危険性について

関連記事:

 

ポイントを確実に反映させる為には

音楽

 

ポイントを確実に反映される為には、悪質な運営会社であればもうどうしようもありませんが、運営状態がしっかりしている会社においてこちら側に問題がなかったと、確実に証明できる必要があります。

 

これは絶対条件で、例えハピタスのお買い物あんしん保障等でも広告主とのやり取りのメールが必要になってきます。

 

  • 成果条件を確認する
  • やりとりのメールを残しておく
  • 通信状態の確認

 

は特に重要です。

 

確認しておいて、ポイントが反映されなかった場合においても説明できるようにしておきましょう!!

 

 

ネットの世界では直接やり取りを行う訳ではないので、こういった管理が大事です。

 

仮にポイントが反映されなかった場合でも、注文番号が残っていれば注文した履歴をデータベースにアクセスして広告側で確認する事ができるでしょう。

 

何も取っていない場合、何時何分に商品の○○を購入したから…というと、必ず?と言われる時に返答に困ってしまいます。

 

余程特殊な、ヌンチャクとかを購入するのであればそれでいいかもしれませんが、大概のものは管理が必要です♪

 

 

スマホ版においては、通信環境とブラウザ、Cookieが問題になってきます。

 

ズバリ言うなら、家のWifiを切った状態で電波が良好な所で、スマホの標準ブラウザ、iPhoneならSafari、Androidなら標準ブラウザで、標準ブラウザのCookieを削除した状態で広告に向かって余計なページに移る事なく一直線に広告利用するという流れ。

 

ここまでやっておけばコチラ側の問題はないと思います。

 

これで付与されない場合、成果条件や過去に利用したかそういった事を確かめる必要があります。

 

それでも駄目なら…問い合わせ、もしくはもう諦めてしまうか…

 

お小遣いサイトに保障制度があるかどうか?です。

 

保証制度がある場合

今までこの記事を読んでいただき、この記事の内容を実行していた場合、お小遣いサイト保証制度がある場合はまずトラブルを起こす事なくポイントを付与してもらえるでしょう。

 

保証制度があるのは、

です。

 

保証制度対象の案件において、ポイントを保障してくれる制度ですので、上記4サイトを利用して広告利用を行うというのも考えてみて下さい♪

 

お小遣いサイトの換金方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お小遣いサイト換金ポイントサイト(お小遣いサイト)で貯めたポイントをどうやって換金する?お小遣いサイトの換金方法について記事を書いていきます。

 

お小遣いサイトの換金方法は、

  • お小遣いサイトから直接換金する方法
  • ポイント合算サイトから換金する方法

との2種類があります。

 

最近多くのお小遣いサイトが第3の選択肢として、プリペイドカードへの交換が増えつつあります。

 

私は前者の、お小遣いサイトで交換を主に利用していましたが、最近では後者のポイント合算サイトを利用する機会も増えてきました。

 

そして今回追記する第3の選択肢である、プリペイドカードへの交換も利用するようになりました。

 

まずはお小遣いサイトで換金する方法について説明したいと思います。

 

お小遣いサイトの換金方法

換金

最低換金額と換金手数料について

各お小遣いサイトには最低換金額と換金手数料、そして換金日数が設定されていて、

 

例えば500ポイント(最低換金額)+50ポイント(交換手数料)で、550ポイントないと換金できないものや、

 

初めから換金手数料分が含まれていて550ポイント(最低換金額)から換金できるものや、

 

あるいは換金手数料が無料で、500ポイント(最低換金額)だけで換金できるものがあります。

 

ポイント交換について

 

 

げん玉は毎月1回最低換金額に到達し、げん玉からリアルペイ(RealPay)に交換する事でリアルペイ(RealPay)から各交換先への交換手数料を無料化できる[手数料無料チケット]を獲得できる等、少し特殊なお小遣いサイトもあります。

 

最低換金額が高く設定されると、どんな優良お小遣いサイトでも換金が難しくなり、途中で辞めてしまうという可能性を上げる事から当サイトでは危険くんの判定を追加しています。

 

換金手数料の高さは、もし…クリック及びゲームでコツコツ貯め、1ヶ月以上継続し続けやっと最低換金額に到達し、ポイント交換しようとしたらそこにはなんと手数料が!!という、賽の河原の石を崩すような所業に、危険くんの判定を追加しています。

 

最低換金額が高く、さらに換金手数料がかかるお小遣いサイトは利用の前にまず躊躇いますが、実際に利用するといつしか換金できるまでの期間を逆算するようになり、あまりの継続していかなければならない期間に心の折れる音を聞く事になります。

 

 

最後に換金日数ですが、リアルタイム交換から翌月●●日位まであります。

 

リアルタイム交換は換金した瞬間にポイント交換が完了するもので、Amazonギフト券やiTunesギフトコード等の電子マネー関係ではよくある交換日数です。

 

基本的交換日数は土日祝は除外され、お小遣いサイトの営業日でカウントされます。

 

もう1つあるのは、月末締めの翌月●●日払いというもので、この交換方法がお小遣いサイトにおいて最長の交換日数となります。

 

マイルに交換する場合に多い交換日数になります。

 

 

お小遣いサイト全般のイメージとして

    • 電子マネー:リアルタイム
    • 現金:翌日から1週間程度
    • マイル等:月末締めの翌月●●日払い
こんな感じに分かれています。

 

ポイント交換方法

ポイント交換方法には、商品に直接交換する方法や、現金及び電子マネーに交換する方法、ポイントインカムのようにグッズと交換するなど、様々な交換方法があります。

 

現金に交換

費用

 

現金に交換は、貯めたポイントを各銀行口座に振り込む事を指します。

 

現金に交換は換金手数料がかかる場合とかからない場合が半々位です。

 

主な金融機関は楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行等が挙げられます。

 

各地方銀行もあるサイトはありますが、あまり多くはありませんし、手数料が高いお小遣いサイトが多いです。

 

    現金への交換は、

    • ネットバンキング→手数料がかかるかどうかは半々
    • 地方/都市銀行では8割以上がかかる
という認識でいてください。

 

交換手数料を避ける方法としては、

    • ドットマネー
    • げん玉→RealPay→銀行(手数料無料チケット月1回)
    • ちょびリッチ→無料送金アプリ「Pring」

 

モッピーでセブン銀行(ATM)への交換が開始され、5月20日~6月20日までの期間中であれば通常162円かかる交換手数料が無料で利用できます!

 

モッピーセブン銀行交換開始

 

リアルタイムで現金へ交換する方法としては、

    • お財布.com→楽天銀行(手数料80円)
    • お財布.com→セブン銀行(6/21まで手数料無料)
    • げん玉→RealPay→セブン銀行(162円)
    • ちょびリッチ→無料送金アプリ「Pring」

 

中にはハピタスのように、ネット銀行でも地方/都市銀行でも一切手数料のかからないお小遣いサイトもあります。

 

 セブン銀行について

セブン銀行ATM

 

お小遣いサイトからであれば、げん玉→RealPayからとモッピー、お財布.comからセブン銀行へ交換する事ができます。

 

今回はRealPayを利用しての交換方法なのですが、

 

RealPayからセブン銀行へ交換すると、登録しているメールアドレス宛に[リアル交換完了のお知らせ]というメールが届きます。

 

メール内にある確認URLをタップする事で、提携先コード・お客様番号・確認番号が表示されます。

 

この受取情報をセブン銀行ATMで、紙幣はセブン銀行ATMで、硬貨はセブンイレブンのレジで原則24時間365日いつでも受け取ることができます。

 

セブン銀行ATM(現金受取サービス)の利用方法については、こちらでご確認ください。

 

ATMで現金を受け取る際に手数料はかかりませんが、RealPay→セブン銀行(162円)、モッピー→セブン銀行(162円)へ交換する際に手数料がかかるのでご注意ください。

 

げん玉の場合は、げん玉→RealPay→セブン銀行への交換すべてがリアルタイムですが、

 

モッピーの場合は、モッピー→セブン銀行への交換に1週間前後かかるので、自社でポイント交換サイトを持っているげん玉の圧勝ですね。

 

電子マネー/ギフト券に交換

電子マネー/ギフト券

 

電子マネー/ギフト券に交換は、貯めたポイントをウェブ上の通貨に変える事を指します。

 

多くの電子マネー/ギフト券に交換は、最低換金額が低く手数料がかからない事が特徴です。

 

電子マネー/ギフト券には以下のような交換先があります。

 

リンク先は、詳細ページに移動します。

WebMoney

Amazonギフト券

iTunesギフトコード

Vプリカ

Amebaプリペイドカード

モバコイン

WAONポイント

楽天Edy

nanacoギフト

Suicaポイント

Google Playギフトカード

LINEポイント

 

この情報はほぼモッピーから入手したのですが、モッピーではVプリカ以外は手数料がありません。

 

その位手数料のかからない換金方法です。

 

特に現金にこだわりが無い場合、手数料がかかるお小遣いサイトでも無料になる場合がありますので、出来るだけ電子マネーを利用した方が良いと思います。

 

正直な話、年齢制限とかを気にする場合は…とも思います。

 

SMS(電話)認証

メール

電子マネーに限った事ではありませんが、特に電子マネーは最近、SMS認証(電話認証)を行わないと利用できないようになってきています。

 

電話認証は不正防止に利用される為、個人情報を取得する為とか、認証を行った方にメールを送るという目的ではありません。

 

認証が必要なのは現時点で5割程度。

 

換金だけではなく、登録等を含めると5割以上はSMS認証が必要です。

 

お小遣いアプリでは認証が必要なアプリが多く、お小遣いサイトでは認証が必要でないサイトも結構残っています。

 

 スマホ決済サービス

スマホ決済

これからどんどん広がっていくであろう「スマホ決済サービス」へのポイント交換。

 

お小遣いサイトで貯めたポイントを、スマホ決済サービスで利用する方法としては

 

多くのお小遣いサイトで利用できるLINEポイントは「LINE Pay残高」へ交換する事ができます。

 

[LINE Pay]

ポイントタウンであればLINEポイントへ無料で交換できますが、その他の交換手数料がかかるお小遣いサイト利用中の場合は、ドットマネーがあればドットマネーからLINE Payへチャージ可能な銀行口座へポイント交換する事で、お小遣いサイトで貯めたポイントをLINE Payで利用できます!

 

関連記事:LINE Pay(ラインペイ)の危険性と評判、注意するポイントについて

 

[d払い]

月々の携帯料金と合算して支払える「d払い」。合算はドコモユーザーしかできない機能ですが、dアカウントがあればドコモユーザーでなくてもd払いを利用する事ができます。

 

d払いをすると、利用額に応じてdポイントがもらえ、貯めたポイントはd払いで支払い時に利用したり、dポイント加盟店での支払いにも利用できます。

 

お小遣いサイトにある「dポイント」に交換する事で、d払いで支払い時に利用できます!

 

[pring(プリン) ]

送受金も、お店での支払いも、アプリから銀行口座への出金も、チャージもすべて無料で利用できるお金のコミュニケーションアプリです。

 

現在では、ちょびリッチとポイントインカムからのみ交換する事ができますが、ちょびリッチの場合だとリアルタイムでpring(プリン)アプリに入金されるので、お小遣いサイトのポイントをリアルタイムで現金化して利用する事ができます!

 

関連記事: pring(プリン)の危険性と評判・評価について

 

商品に交換

最近ではあまり見かけませんが、ポイントインカムであればグッズ、PeXであれば貯めたポイントを商品に変えることが可能です。

 

これには送料も含まれている場合が多く、よほど大型のものや特殊なものでない限りは送料もかからない状態です。

 

この交換方法を選らんだ場合、2週間から1ヵ月程度と、結構長めの日数がかかります。

 

ポイント合算サイトについて

ポイント合算サイト

ポイント合算サイトは、複数のお小遣いサイトと提携して、お小遣いサイトからポイント合算サイトの通貨に交換して、最終的にはポイント合算サイトでポイントを交換するというものです。

 

代表的なものに、Pex、RealPay、ネットマイル、Gポイント等、そしてドットマネーがあります。

 

リアルペイ(RealPay)の例で言いますと、リアルペイ(RealPay)の代表的なものはげん玉です。

 

げん玉で貯めたポイントを換金する際には、このリアルペイ(RealPay)にポイントを交換する必要があります。

 

リアルペイ(RealPay)では、ワラウ、ポイントモンキー等、いろいろなお小遣いサイトからポイントを貯める事ができます。

 

複数のお小遣いサイトを利用していて、それぞれがポイント合算サイトに対応している場合にオススメになってきます。

 

私がよく利用するのはPexです。

 

用途としては現金交換では換金手数料から逃れられない為、お小遣いサイトからPexに交換という部分は換金手数料がかからないという事が多く、そこからAmazonギフト券等の電子マネーに変える事が多いです。

 

Pexはポイントレートが10ポイント=1円で、

Amazonギフト券への交換は990P=100円で、

レートが高くなっている為よく利用します♪

 

少し期間はかかりますが、高く換金できるのでよく利用します♪

 

また現金においても、楽天銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行においては、手数料は避けられませんが定額で50円ですので、手数料が200円とかのお小遣いサイトだったらPexに移行して、そこから現金に交換する方がお得な場合もあります♪

 

リアルペイ(RealPay)は私の利用状態では、げん玉やリアルワールド-暮らすこと、そして換金額に到達すれば他社のポイントを合算するのが主力です。

 

げん玉をおすすめお小遣いサイトにおいているので訪問も毎日していますし、紹介報酬も頂いています。

 

ですので毎月最低換金額に到達する事はできますので、げん玉で換金する事により獲得できる手数料無料チケットを手に入れている状態で、同じ運営会社のライフマイルとmanekinのポイントが入れば手数料無料で好きな(私の場合楽天銀行)に交換しています♪

 

 

定説をブチ壊したドットマネー

私はドットマネーが出現するまで、ポイント合算サイトの現金交換は少なからず手数料がかかると思っていましたが、ドットマネーは、ネット銀行では1000円から、地方/都市銀行においては2000円から手数料無料でポイント交換を行えるポイント合算サイトです♪

 

ポイント合算サイトドットマネー

 

現金に交換する場合に手数料がかかるお小遣いサイトである、さらに換金先にドットマネーがあるのであれば、ドットマネーに交換する事で手数料を無料化する事ができます♪

 

デメリットとしては、ネット銀行で1000円、地方/都市銀行で2000円という所です。

 

いくらお小遣いサイトでドットマネーへの交換が500円だったとしても、ネット銀行なら1000円、地方/都市銀行であれば2000円ポイントを貯めないと交換できません。

 

ドットマネーのポイント有効期限は6ヵ月ですので、ここだけは注意しておきましょう。

 

 

その他ポイント合算サイト

今回大きく取り上げてはいませんが、その他ポイント合算サイトを紹介します。

 

その他ポイント合算サイトは、

です。

 

Pexはポイント合算サイトとしては非常に有名で、多くのポイントサイトと提携しています。

 

現在、ANAマイルに最も効率よくポイント交換する方法として、換金先にPexがないと始まりませんので非常に重宝されるサイトです。

 

Gポイントは、上記ANAマイルのルート内で、必ず経由しなければならないポイント合算サイトでしたが、現在はGポイントの代わりにポイントタウンを経由すればよくなった為、若干ピンチですね。

 

ネットマイルはちょっと知名度が落ちるのですが、ポイント合算サイトの性能としては他のサイトに引けを取らないです。

 

プリペイドカードへのチャージ

キャッシュレス化

2017以降年になると、ポイントサイトから直接、プリペイドカードにチャージする事ができるようになってきました。

 

プリペイドカードへのチャージが行えるのはモッピー、ポイントインカム、ハピタス等のお小遣いサイトでも有名なサイトが多いです。

 

モッピーであれば「POINT WALLET VISA PREPAID」というカード、ハピタスとポイントインカム等であれば「ポレット(Pollet)」というカード、ライフメディアであれば「Kyash(キャッシュ)」というカードです。

 

 

 

 

プリペイドカードへのチャージは、指定されたプリペイドカードを発行し、お小遣いサイトで獲得したポイントを直接プリペイドカードへチャージする事になります。

 

現状、1つのカードに統一されているわけではなく、モッピーを例にすると、モッピー運営会社が独自のクレジット会社と提携、そしてプリペイドカード発行を促すという形です。

 

現状の弱点はお小遣いサイト毎にカードが必要な事ですが、ハピタスとポイントインカムは同一のカードであったり、今後はポイント合算サイトのように、ポイントを合算してチャージできるプリペイドカードも登場する可能性があります。

 

モッピーのPOINT WALLET VISA PREPAIDですが、カードを利用すると還元率が0.5%な為、お小遣いサイトで取り扱っていない(取り扱えない)広告でも還元率0.5%を実現する事ができます。

 

それこそ、一昔前にハピタスがようやく実現でき、そして停止を余儀なくされたAmazonであっても…です。

 

お小遣いサイト換金の注意点

デンジャー

登録名は同一のもので

お小遣いサイトは、100%とは言い切れませんが、現在ではほぼ全てのサイトで、お小遣いサイトのアカウントと銀行口座や電子マネーの登録名は同一でないと換金できないトラブルが多くなります。

 

例えばご自身で貯めたポイントを、ご家族の誰かの名義に振り込むことは出来ません。

 

この理由は、不正対策防止にあると思います。

 

もしアカウントと口座名が違っても交換できるのであれば、全く関係ない第三者がIDを何らかの方法で入手した場合に問題が出てきます。

 

例えるなら職場でお小遣いサイトを利用していて、たまたま別の人がご自身の端末に座った場合、ログイン情報が残っていると別の人は換金して自分の口座に振り込む事が可能になります。

 

職場でそこまでは難しいかと思いますが、何で職場でやってんの?みたいな空気になった場合、泣き寝入りするしかなくなってしまう恐れもあります。

 

ですので、アカウントと口座名は同一でないといけないという事です。

 

ですがリアルペイ(RealPay)のメールアドレスとげん玉のメールアドレス、

Pexのメールアドレスと他お小遣いサイトのメールアドレスにおいては、メールアドレスが異なっていても問題ありません。

 

換金時に必要な情報もある

例えばポイントタウンは、換金時に電話番号(固定電話も含む。初回以外は必要無し)が必要だったり、げん玉では唯一の換金先であるリアルペイ(RealPay)の年齢制限が16歳以上で、20歳未満は保護者の同意が必要だったり、その他、多くのお小遣いサイトでは秘密の質問に答える必要があったりと、色々必要な情報もあります。

 

こういった状態に答えられない、または端末が無い等という事はないようにしておきましょう。

 

例に挙げたポイントタウンでは、携帯メールアドレスで登録するのではなく、本人確認の認証の為の電話番号が必要です。

 

まあ、携帯電話があれば良いという事で、本人が送られてきた認証コードを確認し、入力できれば良いという事になっています。

 

携帯電話を持っていないユーザーが利用できない事から、固定電話もOKになりました。

 

 

秘密の質問は、忘れたり誤入力したりすると以前の私のようにとてもヒヤっとする事になります。

秘密の質問は忘れないように

 

なんか換金までにいろんなハードルがあるような感じになってきましたが、換金できますのでご安心ください♪

 

私が換金できたサイトでは、ちょっと評判的にアレなお小遣いサイトもありますが、実際に換金できていますので♪

 

お小遣いサイト換金まとめ

進むか悩んでいる猫

 

お小遣いサイトの換金方法は多種多様。

ご自身の用途に合ったものをお選び下さい。

 

お小遣いサイトのアカウントと口座名は同一で、でないと換金できない危険性が高まります。

 

電子マネーに換金する事は、換金手数料を減らす大きな手段です。

出来れば電子マネーを利用しましょう♪

 

以上がお小遣いサイトの換金方法です。

換金は最終的に重要になってくるので、しっかりと押さえておくべきポイントです♪

 

ポイント合算サイト比較まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ポイント合算サイト比較まとめ

 

お小遣いサイトやアンケートサイト、お小遣いアプリ、はたまたその他のサービスで獲得できるポイントを合算する事を目的としたポイント合算サイトについて、当サイトではドットマネーやPex等、様々な合算サイトを検証してきました。

 

今回はこのポイント合算サイトについて、どのような時に利用するのか?どんな特徴があるのか?を比較してまとめていきます。

 

比較するのは、

です。

 

それぞれ比較していきたいと思います。

 

一番大事なこと

あつめる

 

私が長年ポイント合算サイトを利用して、一番大事だと思ったことは「ポイント合算サイトを利用するメリット」があるのか?という事です。

 

 

当サイトで紹介しているお小遣いサイトは、わざわざポイント合算サイトを経由してポイント交換しなくても、お小遣いサイトから直接様々なジャンルの交換先へ交換する事ができます。

 

では、なぜそのようなお小遣いサイトがポイント合算サイトと提携するのか?疑問に思いませんか?

 

お小遣いサイトで稼いだポイントをポイント合算サイトに交換するメリットとして、

    • 交換手数料の無料化
    • ポイント合算サイトに交換することでポイントが増える
    • 交換先が増える

があります。

 

お小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリでポイント合算できる窓口が広いのは「ドットマネー」「Pex」になるので、おのずと2社への交換が多くなると思います。

 

各ポイント合算サイトの特徴を簡単に説明すると、

 

「ドットマネー」は、どの交換先へ交換しても交換手数料が無料なので、直接では手数料がかかってしまうサイトで重宝します。

 

「Pex」は、昔からポイント合算サービスとして普及している為、ドットマネーに次いで提携お小遣いサイト数が多いです。

 

「RealPay」は、お小遣いサイトげん玉と同じ企業が運営していて、げん玉かリアルワールド暮らすことで貯めたポイントをRealPayへ交換する際にもらえる「手数料無料チケット」があれば手数料で様々な交換先へ交換することができます。

 

「ネットマイル」は提携お小遣いサイトはリアルペイ(RealPay)に次ぐのですが、換金レートが等価交換でないサイトが多く、結果的にポイント移行に手数料がかかる場合が多いです。

 

「Gポイント」は、提携お小遣いサイトの数は少ないですが、他ジャンルからポイントをまとめる事ができる数が多いので、ドットマネー等にポイント交換する事ができない場合、Gポイントなら交換先があるかもしれません。

 

「ライフマイル」は現状、げん玉とリアルワールド-暮らすことでのみ利用できる事になります。

 

現金に合算できるサイト比較

費用

 

現金化することが目的であれば、2019年において1番は「ドットマネー」になります。

 

サイトによっては、ドットマネーにもPeXにも交換できるというところもあります。

 

その場合、現金化するのにどちらのポイント合算サイトを利用するほうがメリットが多いか確認します。

 

ドットマネーの場合、

    • 楽天銀行
    • ゆうちょ銀行
    • 三菱東京UFJ銀行
    • みずほ銀行
    • 三井住友銀行

こちらの金融機関へは、手数料無料で1000円から交換できます。

 

    • 住信SBIネット銀行
    • ジャパンネット銀行
    • 新生銀行
    • その他の銀行
こちらの金融機関へは、手数料無料で2000円から交換できます。

 

交換日数は、ゆうちょ銀行は7営業日、それ以外の銀行では5営業日以内となります。

 

 

PeXの場合、

 

    • 楽天銀行:500円+50円、リアルタイム~数時間
    • ゆうちょ銀行:500円+50円、翌月25日前後
    • みずほ銀行:500円+50円、翌月25日前後
    • ジャパンネット銀行:500円+100円、翌月25日前後
    • 住信SBI銀行:500円+50円、翌月25日前後
    • その他銀行:500円+200円、翌日~1週間程度

 

このように、50~200円の手数料が発生し、楽天銀行とその他銀行以外は交換完了するまでに日数もかかります。

 

楽天銀行を利用している方限定となりますが、リアルタイム~数時間でポイント交換が完了するので、「現金・楽天銀行・即効性」が条件であればPeXのほうが優秀です。

 

ドットマネーとPeXの「最低換金額・手数料・交換予定日」を総合的に判断すると、ドットマネーのほうが現金化するのであればオススメ!

 

電子マネー・ギフト券

電子マネー・ギフト券

 

電子マネー・ギフト券については、利用中の様々なサイトやアプリのポイントが合算できれば、よりポイントが貯まりやすくなり継続的に交換し続ける事ができます。

 

あとは、普段利用している電子マネーやギフト券がそのポイント合算サイトから交換できるか?の確認は必須です。

 

むしろこの選択肢が50%を占めると言っても過言ではありません。

 

その上で各項目で考えていきます。

 

今回は主要のものですが、今後は色々と項目を増やしていきたいと思います。

 

Amazonギフト券

 

Amazonギフト券

 

最低換金額の低さと換金時のボーナスに左右する

 

ドットマネー:297ポイント=300円に交換、常に1%お得

Pex:990ポイント=100円に交換、1%お得

リアルペイ(RealPay):5000R=500円、手数料無料チケットありき

ネットマイル:200マイル=100円に交換、、等価交換

Gポイント:98G=100円に交換、交換手数料5%だが、案件利用で手数料が戻る

 

iTunesギフト

 

iTunesギフト

 

手数料無料は当たり前で、最低換金額が500円に設定

 

ドットマネー:490ポイント=500円に交換、常に2%お得

Pex:4900ポイント=500円に交換、1%お得

リアルペイ(RealPay):5000R=500円、手数料無料チケットありき

ネットマイル:980ポイント=500円に交換、1%お得

Gポイント:490G=500円に交換

 

Vプリカ

 

Vプリカ

 

手数料が無料なのはドットマネー、手数料無料化したリアルペイ(RealPay)のみです。

 

ドットマネー:500ポイント=500円に交換
Pex:5000ポイント=500円に交換、手数料100円
リアルペイ(RealPay):5000R=500円、手数料無料チケットありき
ネットマイル:1000ポイント=500円に交換、手数料100円
Gポイント:500G=500円に交換、交換手数料5%だが、案件利用で手数料が戻る

 

WebMoney

 

ウェブマネー

 

ドットマネー以外は手数料がかかるものが多い。

 

ドットマネー:300ポイント=300円に交換
Pex:5000ポイント=500円に交換、手数料50円
リアルペイ(RealPay):5000R=500円、手数料無料チケットありき
ネットマイル:1000ポイント=500円に交換、手数料50円
Gポイント:500G=500円、交換手数料5%だが、案件利用で手数料が戻る

 

 

Tポイント

 

Tポイント

 

ドットマネー以外は手数料がかかるものが多い。

 

ドットマネー:1000ポイント=1000円に交換
Pex:1000ポイント=100円に交換、手数料50円
リアルペイ(RealPay):1000R=100円、手数料無料チケットありき
ネットマイル:200ポイント=100円に交換、手数料10円
Gポイント:100G=100円に交換、交換手数料10%だが、案件利用で手数料が戻る

 

楽天Edy

 

楽天Edy

 

ドットマネー以外は手数料がかかるものが多い。

 

ドットマネー:1000ポイント=1000円に交換
Pex:1000ポイント=100円に交換、手数料50円
リアルペイ(RealPay):500円、手数料無料チケットありき
ネットマイル:1000ポイント=500円に交換、手数料100円/回
Gポイント:100G=100円に交換、交換手数料5%だが、案件利用で手数料が戻る

 

特典・性能

ルール

 

ポイント合算サイトで開催される「ポイント増量キャンペーン」はオススメです!

 

が、現時点での特典として考えるならば、ドットマネーの"マネー増量キャンペーン"は他サイトと比較しても群を抜いています♪

 

PexはたまにAmazonギフトなどの増量キャンペーンを行う程度です。

 

リアルペイ(RealPay)は、手数料無料チケットがキャンペーンと言えるでしょう。

 

ネットマイルもPexと同様、たまに増量キャンペーンがあります。

 

鉄板として持っているサイト

友達紹介

 

ポイント合算サイトは、主にポイントサイト運営会社が運営している、もしくは関連企業が運営しているものが大半です。

 

ドットマネー

 

ドットマネーモールというAmebaのポイントサイトがあるが、マネー増量キャンペーンや換金条件の良さがあるので、換金先にドットマネーがある場合、ポイント合算サイトとして利用すべきメインのサイトとなる。

 

Pex

 

運営しているのはECナビを運営しているVOYAGE GROUPの関連企業。

 

リサーチパネルはECナビポイントが貯まり、ECナビはPexに交換しないと手数料を免れないので、メインの換金先はPexとなる。

 

リアルペイ(RealPay)

 

げん玉を運営する株式会社リアルワールド運営するポイント合算サイトですので、手数料無料チケットを獲得できるげん玉及びリアルワールド-暮らすことが一番優遇される。

 

ネットマイル

 

株式会社ネットマイルという会社が運営し、お小遣いサイトとしてすぐたまを運営している為、すぐたまのポイントはネットマイルのポイントを貯める事になる。

 

Gポイント

 

Gポイントを運営するジー・プラン株式会社は、プロバイダーで有名なビッグローブ株式会社の連結子会社ですので、ビッグローブ利用者にとっては鉄板のポイント合算サイトとなります。

オススメとまとめ

投稿

今回このページ、どれがオススメというのはまず1番に、そのサービスからポイント合算できるか?というのがあります。

 

正直主要ポイントサイトで言えば、ポイントを合算できる交換先として考えられるのは、ドットマネーとPex位でしょう。

 

この2つの合算サイトであれば、ポイントサイトにおいては概ねポイント交換先として存在しています♪

 

その中でポイントのレートが良く、換金手数料が無料なのはドットマネーで、2019年においてはドットマネーが最強のポイント合算サイトであり、オススメのポイント合算サイトです。

 

ドットマネーは換金手数料が無料の変わりに、最低換金額が高く設定されています。

 

というよりも、換金手数料を無料にする為には、最低換金額を高く設定しないと運営側が手数料を負担できないのでしょう。

 

PexはECナビをメインのお小遣いサイトとする場合はメインの合算サイトになります。

 

リアルペイ(RealPay)は、げん玉をメインとする場合、メインの合算サイトになります。

 

ネットマイルは、スグたまをメインのとする場合、メインの合算サイトになります。

 

Gポイントはお小遣いサイト以外、そしてビッグローブを利用している場合はメインとなります。

 

参考になれば幸いです♪

 

GmailとYahooメールの登録方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


gmail

 

今回は、Gmail及びYahooメールの登録方法を記載していきます。

 

GmailとYahooメールはフリーメールアドレスとしては優秀です。

 

私はGmailを利用していますが、お好みによってはYahooメールでも全然問題ありませんので、お好きな方を利用して頂ければと思います。

 

後で紹介制度を利用してブログ作成を検討するのであれば、ウェブマスターツールの利用やGooglePlay、Google+等にも便利なGmailが良いかと思います。

 

閉鎖の可能性が少ない

GmailとYahooメール、オススメする理由として閉鎖の可能性が少ないというのがあります。

 

Yahooメールは現在Yahooアカウント取得と同意味ですし、Googleは検索エンジンとして今後無くなる可能性は0でしょう。

 

Googleもアカウント=Gmailの登録ですので、ほぼ閉鎖という可能性は無いと言ってもいいでしょう。

 

2018年9月、エキサイトメールのサービスが終了するにあたって、各お小遣いサイトがエキサイトメールの終了を呼びかけ、メールアドレスの変更を呼びかけていました。

 

正直、もし私がエキサイトメールでお小遣いサイトに登録していたら、100を超えるお小遣サイト登録状況で全てメールアドレス変更…!!

 

面倒を超えて、全て登録し直すかな?ってなります。

 

まあ面倒ですが、変えればいいと言えばそうです。ですが、メールマガジンを配信停止するのではなく、お小遣いサイト側が受信できない状況は、ポイント交換ができない、最悪アカウントが停止されてしまう恐れがありますので、できるだけ閉鎖の可能性が少ないフリーメールアドレスを取得しておくほうが良いです。

 

Yahooメールは万が一、億が一終了する可能性も0ではないですが、Gmailが閉鎖するってことは…可能性0だと思います。

 

目次へ

パスワードの重要性について

私が以前ヒヤっとした思い出がありますので、ここに記載させて頂きます。

 

パスワードについて、最近は半角英数と数字・大文字や小文字を混ぜるようになっていますが、これは本当に重要です。

 

どちらかというと私の不手際ですので、決済サービスには問題ありませんでした。

 

以上の事を踏まえ、決済サービス名も出していきます。

 

支払先についてもむしろ被害者である為、問題はありません。

 

2014年9月の事なのですが、数年前に登録した決済サービスのPayPalで事件は起こりました。

 

ふと朝、メールを見ると見に覚えの無いお支払いのご連絡が届きました。

 

身に覚えのない決済メール

 

 

Trion Worldというのは海外のソーシャルゲームみたいなものだと思います。

 

そのソーシャルゲームへの課金が何故か私のPayPalで支払われてしまったようです。

 

最初は1通だったので「何これ?」と思っていたのですが、数分置きにどんどん決済メールが増えていき、合計39通もの決済メールが届きました。

 

こうなったら私もすっかりビビってしまい、数通メールが来た時点で即座にPayPalのサポートに電話しました

 

結果的には何とか支払を止め、取引自体なかったものにして頂いたものの、非常にビビりました。

 

このケース、支払いが行われている時たまたまリアルタイムでメールを見ていましたが、数日経って、あるいはあまりメールを開かないものでやっていたら…と思うと本当にゾッとしますし、どうなっていたか分かりません。

 

1ヶ月経って身に覚えのない支払が行われていて、もう利用されていたとしたら…本当にゾッとします…

 

原因的には私の登録したメールアドレスのパスワードが非常に弱いものであった為、ランダムに検索され、パスワードが解析されたのが原因との事です。

 

確かに数年前の事ですので、おそらく数字8文字でパスワードを設定してしまったと思います。

 

支払総額は44000円以上で、本当に…本当にビビリました…

 

こういう体験をして深~く再認識させられた事がパスワードの重要性です。

 

パスワードの解析をどのようにやったか?というのは分かりませんが、パスワードの解析は解凍ソフトのLhaplusとかにも付属しており、誰でも入手する事ができます。

 

そのLhaplusでは、数字だけとか英数字(小文字)とかを指定でき、さらに桁数を指定できます。

 

おそらくは数字だけに設定し、桁数を4にした場合であれば1111,1112,1113…と順にパスワードを検索していくのではないかと思います。

 

ですので数字だけでは必然的に解析にかかる時間が少なくなり解読されやすいパスワードになります。

 

英数字のみでもaからzまでを組み合わせる為、時間的には短くなります。

 

それが半角英数字+数字とかになると、もの凄い多くのパターンが生まれてきて解析が非常に困難になってくると思います。

 

この状態では時間がかかってしょうがないと思いますので、パスワードとしては強固なものになるという事です。

 

ですのでパスワードは必ず、最低でも半角英数字+数字の方が良いでしょう。

 

abcde1234のような感じですね♪

 

パスワードは忘れないようにしっかりとメモしておきましょう!!自分自身が忘れてしまうと元も子もありませんので…

 

目次へ

Gmailの登録方法

Gmailは、検索エンジンでGmailと入力する、あるいはコチラのリンクからアカウントの作成をクリックします。

 

※画像は変わる場合があります。

Gmailアカウントを作成

 

アカウントを作成をクリックすると、登録情報の入力画面に移ります。

ここで登録情報を入力していきます。

 

gmail情報入力画面

 

一応入力は、個人名を利用することが推奨されてはいますが、特に実名を入力する必要は…といった感じです。

 

性別にその他があるのに匠の気遣いを感じますが、まあ…必要なのかもしれません。

 

最後に、Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意しますにチェックを入れ、次のステップを押します。

 

これでGmailの取得が終わった場合はこれで取得終了です♪

 

携帯電話のメールアドレスが必要になる場合があります。

 

ここがGmail一番の山場です。

 

認証がない場合、この時点でGmail取得完了です♪

 

携帯番号が必要かどうかはやってみなければ分かりませんが、複数アカウントを取得した場合等によく出てきます。

 

例えば当サイトの上記リンク、立て続けに2回アカウントを取得すると、大体出てくると思います。

 

Gmail 携帯電話番号の入力

 

2016年10月時点で利用できるアドレスは、

  • disney.ne.jp
  • docomo.ne.jp
  • docomo.blackberry.com
  • emnet.ne.jp
  • emobile-s.ne.jp
  • emobile.ne.jp
  • ezweb.ne.jp
  • softbank.ne.jp
  • i.softbank.jp
  • t.vodafone.ne.jp
  • d.vodafone.ne.jp
  • h.vodafone.ne.jp
  • c.vodafone.ne.jp
  • k.vodafone.ne.jp
  • r.vodafone.ne.jp
  • n.vodafone.ne.jp
  • s.vodafone.ne.jp
  • q.vodafone.ne.jp
  • willcom.com
  • pdx.ne.jp
  • wm.pdx.ne.jp
  • dk.pdx.ne.jp
  • di.pdx.ne.jp
  • dg.pdx.ne.jp
  • y-mobile.ne.jp
  • ymobile1.ne.jp
  • ymobile.ne.jp
  • yahoo.ne.jp
  • wcm.ne.jp

です。

 

この携帯メールアドレスの認証は、携帯メールアドレス号を入力してGmailアカウントを取得するというもので、悪意ある利用方法を行う場合でなければ入力してしまっても良いですが、気持ちの良いものではないかと思います。

 

携帯メールアドレスが必要な認証は、

  • 何度も入力を間違った場合
  • 一日に複数メールアドレスを取得しようとした場合

等に多く見受けられます。

 

その場合、一番早いのはスマホでGmailを登録するのが一番早いですが、基本的には時間を明けて再登録することでGmailのアカウントを取得できます。

 

待つって言っても1日単位なので、てっとり早いのはスマホで登録かと思います。

 

この点に注意すればほぼ問題なくGmailのアカウントは作成できるかと思います♪

 

目次へ

Yahooメールの登録方法

Yahooメールの場合、Yahoo IDを新規に取得する必要があります。

 

とは言っても、Yahooメールの取得=Yahoo IDの取得ですので、IDの取得が主体となってきます。

 

まずはYahooに行き、右サイドバーの

Yahooメール取得

から、メールアドレスを取得をクリックします。

 

そうするとメールアドレスについての説明画面に移りますので、メールアドレスを取得するをクリックします。

 

その先で、登録情報を入力する事でYahooIDの取得は完了です。

 

Yahooメール登録情報

 

Yahooメールにおいて特に難しい事はありませんが、Yahoo JAPAN IDは後で変更する事ができませんので、あまり適当な名前は付けない方が良いです。

 

Yahooからのお知らせメールが必要ない方は、"配信を希望する(無料)"のチェックを外します。

 

入力が終わると、確認して次へボタンを押すことでYahoo JAPAN IDの取得が完了します。

 

これでYahooメールに、先ほど取得したIDでログインすることによってメールの使用が可能になります。

 

Yahoo JAPAN IDにメールが付属していますので、Yahooメールの取得=IDの取得になります。

 

既に利用されている方も多いと思いますが、お小遣いサイトのメールマガジンは膨大ですので新たに取得を推奨します。

 

目次へ

 Yahoo!メールは不正アクセスされる?

楽天で注意喚起されていましたが、楽天IDに「Yahoo!メール」を登録している方が、第三者による不正アクセスの被害に遭ったという事例が確認されており、私もYahoo!メールを所持利用しているので、セキュリティ強化する為に以下のような事をしました。

 

  • パスワード無効設定

 

これらは、他社のサービスにYahoo!メールを登録している方のために無料で利用できる【Yahoo!JAPAN ID】の強化策となります。

 

[パスワード無効設定]

パスワード無効設定

 

「パスワード無効設定」とは、パスワードによるログインを無効にし、代わりに登録した携帯電話番号に送られる確認コードでのログインに変える機能の事です。

 

パスワードを覚える必要もないですし、第三者があなたのYahoo!JAPAN IDにログインしようとしても確認コードが入力できない為、その先へ進むことができません。

 

Yahoo!JAPANのサービスでは毎日約20,000件ものパスワード再設定が行われているようなので、パスワードをよく忘れるという方にもオススメ!

 

それでは設定していきたいと思います。

 

まず、Yahoo!トップページ右側にある[登録情報]をクリックします。

 

登録情報

 

パスワードが有効になっている場合、「セキュリティ強化のために、パスワードを無効にしてください」という表示が上のほうにあると思うので、そこの部分をクリックします。

 

パスワード無効

 

パスワードの無効・変更ページが開くので、赤枠の部分が【オフ】の状態なのでクリックして【オン】の状態にしてください。

 

設定オフ

 

これでパスワードを無効する事ができました。次回からはSMSでの認証に変わります。

 

SMS認証

 

次ログインする際は、携帯に届いた[確認コード]を入力しログインします。

 

SMS認証ログイン

 

慣れてしまえば簡単です。

まとめ

Gmail及びYahooメールでなくとも構わないのですが、フリーメールアドレスの利用はお小遣いサイトにおいて必須です。

 

本当に後悔するハメになるので、必ずフリーメールアドレスだけは取得して下さい!!

 

戦闘力に換算すると、キュイさんとかだったらスグ逃げ出すほどの量になります。

 

参考までに現在私の戦闘力(メールの数)は、90381ですので、ギニュー隊長以外は倒すことができます♪

 

いつか530000になるかな…

 

iPhone/iPadへGmail及びYahooメールを設定される方はコチラ

 

AndroidへGmail及びYahooメールを設定される方はコチラ

 

Gmailのフィルタ機能を使い、膨大なメールマガジンを整理したい方はコチラ

 

 

目次へ

100%還元、有料広告の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


デンジャー

 

いつもはおふざけの記事も脱線もありますが、デンジャーマン、当記事は超大真面目に執筆します。

 

今回の題目はタイトルの通り、100%還元、有料広告についての注意点です。

 

お名前を出すのはどうかと思いますので伏せますが、今まで当サイトにてのコメントでも、ポイントが付与されないという問題が多いです。

 

ポイントが付与されない問題についてはポイントが反映されないという危険性で詳しくお伝えしています。

 

広告詳細条件についての注意点

ネットショッピング

例えばですが、お小遣いサイトの広告詳細に、"初回購入"が対象という記載があり、500円の商品購入で3000円(600%)還元という広告があったとしましょう。

 

…というか、実際にあった広告(名前は今回出せません)での実例ですが。

 

実例ですので非常にデリケートですので画像等使用しませんので、文章をよく読んでみて下さい。

 

[Aというお小遣いサイト]では、"初回購入"すればポイント獲得対象になるという記載がありました。

 

[Bというお小遣いサイト]では、"定期購入"すればポイント獲得対象になるという記載がありました。

 

どちらのバナーも、広告を取り扱っている企業(ASP)は同じであり、ASPでのポイント獲得条件は、"初回購入"でした。

 

ただバナーを開き、広告主ページを細かく見ていくと、500円で購入できるという条件は、定期購入ありきの広告である事が分かります。

 

初回は500円で、2回目からは約3000円分の料金がかかり、5回目までが定期購入の条件となっており、解約できない条件となっています。

 

…難しくなってきましたが、

 

[Aというお小遣いサイト]では、"初回購入"として500円のものを購入すると3000円還元され非常にお得に見える状態。

 

[Bというお小遣いサイト]では、"定期購入"の一文字で警戒心が高まり、バナーの条件をよく確認し、600%還元が初回のみで、定期購入の事を考えていないというのが分かる状態。

 

広告を取り扱っているASPでは、記載は"初回購入"のみ。バナーを開くと、定期購入なのが分かる状態。

 

もし仮に、Aというお小遣いサイトで"初回購入"として500円のものを購入すると、3000円還元され《非常にお得と判断》した場合、非常に手痛い出費になる可能性があります。

 

500円で購入して3000円貰い(+2500円)、そこから4ヶ月間3000円払い続ける(-12000円)=9500円の赤字です。

一体悪いのは誰なのか?

勝負に負ける

ちなみにこれ、説明すると長くなるのですが、広告主、ASP、ポイントサイトの中で、一体誰が悪いのか?を示すのが非常に難しいです。

 

簡単に説明すると、ポイントサイト側では広告主のバナーを開き、リンクを確認したかどうかで、Aというポイントサイトと、Bという安全なポイントサイトの分岐点となります。

 

ですがASP側の広告詳細には"初回購入"となっているので、AというポイントサイトもBというポイントサイトも、ASPの広告詳細条件を記載するという条件は満たしていますので、どちらも悪いとは言えない状態です。

 

だったらASPが悪いんじゃないか?というとJASK(日本アフィリエイト・サービス協会)というものがあり、そこに加入しているのであればASPの落ち度の可能性が非常に高くなるのですが、ASPは基本、広告主はお客が神様ですので、広告を掲載しないぜをチラつかせられると、ある程度折れないといけないジレンマがあります。

 

まあ、バナーを開けば思いっきり定期購入って書いてあるから…となってしまうかもしれません。

 

ASPも企業ながら、数千・数万件という広告を取り扱っていますので、もし広告主がいきなり広告のページを変更したとしても、変更したことに気づくまで時間がかかります。

 

そして広告主は、アフィリエイト広告を出す事に関して楽をしたいから、ASPに依頼を出すのですから、ASPがしっかりと責任を取ってくれるものと思っています。

 

かたやポイントサイトは利用規約に"悪質な広告は掲載しないぜ!!"という規約があるサイトもあります。掲載する広告のバナーすら開いて確認していないの?ってなりますよね。

 

訳がわからなくなりますよね。こうなってくると誰が悪いのか?どこで条件がおかしくなったのか?

 

ですので100%還元の広告や有料広告を取り扱う時は、ポイントサイトの獲得条件をよく見るというのは一番大事な事ですが、バナーをクリックして飛んだ先の条件というのもよく確認しておいて下さい。

 

今回の"初回購入""定期購入"問題であれば、よく確認する事がでいていれば"定期購入"である事に気づき、600%還元はおかしいという事に気づけます。

 

納得がいかないのであれば、問い合わせして確認する事もできます。

獲得条件が分からない…とならない為の対策

以前ポイントインカムでお問い合わせが多い内容として第3位にはいっていた「広告内容についてのお問い合わせ」!

 

ポイントサイト側は、広告を紹介する際には広告主が提示している条件だけ記載するのではなく、商品ページをチェックして、獲得条件や却下条件を分かりやすいように載せてくれていますが、中には「これ説明不足じゃない?」「どの商品を買えば対象なの?」というような広告もあります。

 

ただポイントサイトが気づかずに掲載してしまった場合もありますし、広告主や広告代理店の意向で書きたくても書けない…という事もあるようです。

 

なんだか先程紹介した、「定期購入って書いといてよ!」も広告主や広告代理店の意向に含まれていそうな気もしますね。

 

もし、どの商品を買えばいいの?なんて広告があったら、迷わずお小遣いサイトに問い合わせをして広告代理店経由で広告主にしっかりと確認してもらいましょう。

 

あと、お小遣いサイトには定期的に高還元になる広告があります。ネスレなんかもそうですね。

 

この場合、毎回毎回獲得条件が同じであれば問題ないのですが、利用した広告が無効になった時に2ヶ月、3ヶ月前の条件なんて覚えているわけがありません。

 

いま掲載されている同じ広告の獲得条件を見ても、「私が利用した時はこんな条件なかったはず…」と迷い続ける事になります。

 

ポイントインカムの場合は、承認待ちがついた際に送信される[承認待ちのお知らせ]というメールと、[ポイント通帳]の2種類で獲得条件を確認できます。

 

ポイント獲得条件確認

 

すべてのお小遣いサイトで、2ヵ月、3ヵ月前のポイント獲得条件が確認できるようにしてくれているわけではありません。

 

その場合どうやって確認するか。もうこれは、自分で獲得条件を保存しておくしかありません。

 

[Windowsキー]+[Print Screenキー]を押すと、自動で[ピクチャ]内の[スクリーンショットフォルダー]へ保存されます。

 

自分の獲得条件が分からないと、ポイント付与されなかった場合でも問い合わせしにくかったりします。

大手、有名なサイトであるという事

絶好調な企業

 

基本的に私は、申し訳ないのですが中小のお小遣いサイトより大手お小遣いサイトを推奨しています。

 

大手お小遣いサイトであるという事はまず1つ、ポイントが反映されないというケースについても利用者が多いので必然的に多くなるという事です。

 

この事であやふやになってしまうという危険性もありますが、症例が1つであれば調査はしないという事が多いです。

 

広告側・運営側に何か過失があった場合、多くの方がポイント反映されないという事になります。

 

その場合、お問い合わせも中小お小遣いサイトよりも大手お小遣いサイトであれば数が圧倒的に増える事になります。

 

そうなってくると問題は大きくなりますので調査も徹底的に行われる事になります。

 

まずこれが1点、同じ境遇の方が出てくる可能性が高いという事です。

 

次に、これは言ってもどうかと思いますが、大手お小遣いサイトって、評判サイトや口コミサイト、5ch等、色々とありますよね?

 

ですので運営側も大問題になりそうな気配を察知する事ができます。

 

必ずしも見ているとは限りませんが、私も多少はありますが、運営側からコンタクトを頂く事もあります。

 

その場合、サイト拝見させて頂きましたとのお言葉があったりします。

 

少なくとも上位サイトに入れば運営側も見てくれる可能性があり、まとめサイトや口コミサイト、ある程度運営側が見てくれる事もあります。

 

当サイトよりも、5chなんかの影響力はかなり強いと思います。

 

これも1点、宣伝している媒体が多いという事です。

 

最後に保証面についてです。

 

これは有名なのが、

  • ハピタス
  • げん玉
  • ポイントタウン
  • ポイントインカム
  • ゲットマネー

 

特にハピタスは最初にお買い物あんしん保証制度を開始し、ポイント獲得条件が「商品購入」の広告が対象です。

 

ここも大きな部分大手サイトならではの保障面という部分です。

広告主に問い合わせすると

行き止まりで通れない

ここも利用規約等で"広告主"で検索、あるいは禁止事項等、よく確認しておいて下さい。

 

多くのお小遣いサイトは原則、広告を出している広告主に直接お問い合わせを行うのを禁止しています。

 

 

広告主にお問い合わせを禁止された場合、起こりうる事は運営側からのお問い合わせの答えで運営側では広告を利用した形跡が見当たりません。

 

Cookieは大丈夫ですか?

 

他のページに移動しませんでしたか?

 

お小遣いサイトをクリックしてからあまりにも時間が経ってませんか?

 

ポイント獲得条件を満たしましたか?

 

みたいなメールが返って来た時にどうしようもないという事になり兼ねません。

 

こうなるともう…ホントにそうなのですか?的な戦いになってしまいます。

 

私達も実際、運営会社には広告主からポイントが付与されてるか分かりませんし、運営側もポイントを付与されてないのかもしれません。

 

そうなると広告主に連絡したくなりますが、利用規約という縛りがある為、最悪退会処置の可能性があり、戦ったけど規約違反でポイントが付与されないという可能性もあります。

 

そういった意味でも大手お小遣いサイトでは上記の大手お小遣いサイトである事というのがあり、より確実にポイント付与の可能性を上げる事ができます。

解約し忘れが一番の難関

有料広告、100%還元でも[お試し登録]という広告がありますが、基本有料広告は初月は無料、翌月から自動的に料金がかかるシステムです。

 

多くの月額料金が発生する広告は、初月分が無料になる100%還元広告か、当月内に解約可能で、解約さえしてしまえば数百円のポイントが稼げる広告です。

 

この広告において一番の難関は"解約"です。

 

一部の広告では即時ポイント反映され、その時に解約する事ができますが、ポイント反映が数日後になる広告もあります。

 

その数日後、ポイント反映されてしっかりと解約するには、広告利用の注意時点をしっかりと確認し、ポイント反映の期間を確認しておく必要があります。

 

その上でカレンダーにでもしっかりと印をつけ、スマホの通知に登録、この位しておかないとうっかりと忘れてしまう場合があります。

 

忘れてしまった場合、初月無料ならばプラスマイナス0になる場合もありますが、当月から料金がかかる100%還元の広告の場合、ただ費用がかかってしまうだけになります。

 

この解約し忘れ、広告利用に慣れた私でもやってしまいそうな事がありますので、初心者の方、慣れた方でも十分に注意して頂きたいと願っています。

 キャリアによって請求日が異なる

お小遣いサイト経由で[月額サービス]を利用すると、月額料金分のポイントがもらえる100%還元広告があります。

 

リピートOKという事で人気のある「HAPPY!動画」なんかも、100%還元で利用する事ができます。

 

100%還元

 

この広告はauとSoftBankのみ対象となる広告ですが、コースによってはすべてのキャリアが利用できるものもあります。

 

例えば月額サービス広告で10000円コースに登録したとします。

 

通常なら10000円を支払ってHAPPY!動画サービスを楽しみますが、100%還元であれば10000円分のポイントを獲得できるので、実質無料で利用できるわけです。

 

ここで獲得した10000円分のポイントでは"初月分"が無料になっただけなので、このままでは翌月分の月額料金が発生してしまいます。

 

そこで翌月分の月額料金が発生する前に解約する事で、0円でHAPPY!動画を楽しめた事になります。

 

翌月の月額料金が発生する日っていつだと思いますか?

 

ここめちゃくちゃ大事です!

 

(A)4/20に登録し、4月末までに解約すればOK?

 

(B)4/20に登録し、5/20までに解約すればOK?

 

答えは、(A) (B)どちらの方法も正解!です。

 

今回ご紹介したHAPPY!動画では、キャリアによって翌月分の金額発生日が異なるため注意が必要となります。

 

docomo・auは、初回の課金は会員登録日、翌月以降の課金は毎月1日に発生。

 

SoftBankは、初回の課金は会員登録日に発生し、翌月以降は会員登録日を起算日として毎月起算日に課金が発生します。

 

このようにキャリアによって翌月以降の料金発生日が違う場合があるので、サービス利用前、登録時に「翌月はいつ料金が発生するのか?」という疑問をまずハッキリさせておきましょう。

 

ここで調べずに「4/20に登録したんだし、1ヶ月後の5/20までに解約すれば大丈夫だろう」と自分の考えだけで判断し、5/1に料金が発生した場合もう払うしかなく完全に赤字になってしまいます。

 

お小遣いサイト経由で月額サービスを利用する場合、黒字にするのも、赤字にするのも、自分次第という事は忘れないで下さい!

 

関連記事:HAPPY!動画の危険性と評判、解約方法について

信じられるお小遣いサイトで

だらだらねこ

 

ポイント付与に関する事は別記事で書いたので、ここでは運営会社にまつわる事をお話しています。

 

100%還元や有料広告については、多少還元率が落ちても信頼できるお小遣いサイトでやった方が良いです。マジで、本当に…です。

 

事実私は検証の元、大手お小遣いサイトでしかほとんど広告利用を行いません。

 

モッピーではクレジットカードを作った事がありますが無事反映され、ハピタスはショッピング全般、最近はポイントタウンもツールバーもありますし利用しています。

 

colleee(コリー)なんか、もうどうやっても還元率だけで考えると高い、というよりASP直営の為高くなければおかしいお小遣いサイトです。

 

この辺りが私の主力です。

 

あえて1つ挙げるとしたら…ハピタスが最も保証面も厚く、ショッピング及び広告利用に特化したサイトで世間も認識している為、オススメできます♪

 

ただ私はそうなった事はありませんが、ここまでやっているハピタスでもポイントが付かないと言う記事を見かける事があります。

 

そうならない為にもポイントが反映されないという危険性をよく読んで、実際ご利用の際に注意して頂けばと思います♪

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ショッピング及び広告利用のハピタス

 

ハピタスはお買い物あんしん保証制度が100%還元の広告にも適応していましたが、現在はハピタスから100%還元広告の掲載が消えてしまいました。

 

お小遣いサイト利用 100%還元の広告の記事もハピタスを利用して書きましたしね♪

 

今まで検証の為、実際にお小遣い稼ぎの為に利用して私は今までポイントが付与されないという事はなかったです♪

 

まあ、モッピーとかポイントタウンとかでもポイントが付与されなかったという事はありませんが!!

 

お小遣いサイト利用 モニターを使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


モニター

 

お小遣いサイトでも多く浸透している、モニターについて、詳しい利用方法を説明した記事です。

 

ポイントタウンやポイントインカム、ちょびリッチなんかで、全面に押し出されているコンテンツですね。

 

 

基本的には上記記事で詳しい説明は説明しているんのですが、このページは総合ページとして注意点等、詳しく記載していきたいと思います。

 

モニターとは?

案内する女性

 

モニターとは、食事を例に説明すると、対象の店舗へ行き食事を行い、味はどうだったか?店員さんの対応はどうだったか?等をモニタリングして結果を送る、いわばアンケートのようなものです。

 

モニターにはオンラインからオフラインへ(O2O)、実際の店舗に行くという集客の目的もありますので、実際に店舗に行き食事を行ったというレシートが必要です。

 

このモニタリングと集客という2つの目的が合わさって、モニターという案件があります。

 

この他、店頭で商品を購入し、アンケートとレシートをアップロードする商品に対してのモニター等、様々な案件が存在します。

 

どちらも集客とモニタリングを目的としていますので、ご利用金額の30%~100%還元とか、非常に高い還元率となっています。

時間帯によって還元率が変わる

ぐるリザ

 

ちょびリッチやi2iポイントでは、「ぐるリザ」という、利用する時間帯によって還元率が変わるグルメクーポンも利用する事ができます。

 

お店側の、この時間帯はいつもお客さんが少ないという深刻な悩みを、ポイント還元する変わりに、その利用者の少ない時間帯にモニター利用者に来てもらうといった感じです。

 

ただし入店時間を過ぎる、人数が揃わなかった、これはポイント付与対象外となりますので、十分に注意して利用するようにしましょう。

 

利用金額の最大50%が後日ポイントバックされるので、こちらも飲み会や食事といったシーンでもお得に利用できます♪

まずは自分が利用できるか?

リラックスしている女性

 

私的にはまずはこれ。

 

自分が利用できるか?非常に大事です。

 

むしろ自分が利用できない場合、ページをそっと閉じるだけの結果となってしまいます。

 

私はモニターの記事を書く時、この事を必ず言っていますが、まずは各ポイントサイトのモニターのページを開いて下さい。

 

ポイントタウンのモニターで説明します。

 

モニターが使えるか

 

私の場合、広島県に在住していますので、広島県となっています。

 

この広島県で、自分が行けるかどうか?利用できるようなものがあるか?まずは調べて下さい。

 

私の場合広島県という事で、東京都等に比べると少ないので広島県全域で調べていますが、場合によっては地域を絞っても良いです。

 

その上で、自分が利用できそうな案件があるのか?

 

例えば私でも、メイク案件やエステ体験ばっかりであったら、男の私としては流石に二の足を踏む事になります。

 

むしろ全身鎧で店舗に趣、鎧兜をメイク・エステしてくれるのならなんとか行けますが、その場合は警察に捕まるかどうか?という高いハードルがあります。

 

この画面で言うと、串焼きの案件等、広島県全域にありますので私でも利用する事が可能です。

 

という、まずはここまでが店舗に赴くモニターの一番大事なポイントとなります。

 

案件が無い場合、現在のモニター案件では、自分が利用できるようなものが無かったという事で、これはそっとページを閉じて下さい。

 

無理に店舗に行ってもロクな事はありませんので…

 

次に通販モニターの場合ですが、こちらも店舗モニターと同様、まずはページを開いて利用できそうなものがあるかを確認して下さい。

 

通販モニターが利用できるか

 

これはあえて利用しにくそうなページを選んでみましたが、このページ、結構男性には利用しにくい案件が揃っていますよね?

 

コンタクトレンズ・シャンプーがありましたが、女性が利用する事を考えているといったラインナップでした。

 

この通販モニターに関しても、一度ご自身でどのような案件があるか確認してみて下さい。

 

ただ、おそらくは店舗モニターのように、全て利用できないという事はないと思います。

 

カテゴリを絞っていくと食材等で絞ることもできるので、まずは検索して探してみて下さい。

 

以上、2つの案件に共通して言える事は、まずは案件を見てみるという事です。

 

案件を見て、利用できる案件があるか?この先利用できるような案件が出そうか?というのを見ないとモニターは始まりません。

モニターの利用

以上の事を踏まえてから、モニターを利用するまでの流れです。

 

流れですとは言っても、個別の記事で説明している部分もありますので、以下の項目はほぼポイントタウンのモニター記事と同じですし、ポイントタウンで説明していきます。

 

基本的な利用方法の流れは以下の通りです。

 

利用日は2016年4月27日、そして即日にポイントが付与されました♪

 

2016年に利用したものですが、2019年においても利用方法は全く変わっていません。

STEP1 お店を選ぶ

飲食店・エステ・ヘアサロン・コスメ・お取り寄せグルメ等から気になるお店や商品を選んで応募します。

 

店舗モニターの場合、都道府県やカテゴリを絞る事ができます。

 

通販モニターの場合、

  • スキンケア/メイクアップ
  • ボディケア/ヘアケア
  • ビューティーグッズ
  • ダイエット
  • 健康/サプリメント
  • 食材
  • 惣菜/加工食品/スイーツ
  • ドリンク/お酒/調味料/保存食
  • 生活/ファッション
  • その他

等のカテゴリに分けられていて、このカテゴリの中からさらにもう1つカテゴリを絞る事ができます。

STEP2 抽選

モニターには抽選があり、応募して当選した場合のみモニターとして利用できるようになります。

 

店舗モニターも通販モニターも同じなので、どんなもんかやってみます。

 

家から超近いこの広告でいきます。

ポイントタウンモニター利用例

この広告をクリックすると、応募に進むことができます。

 

お応募に進むをクリックした後、応募条件を十分に確認します。

 

覆面モニターですので画像を公表するのもあまりよくないと思いますので、以下は画像無しです。

 

例えば、飲食内容がアラカルト(一品料理)だったり、支払い方法が現金だったり、来店証明はレシートを貰いあとで提出する事だったりします。

 

そういった条件を確認後、応募をクリックします。

 

ポイントタウンモニター応募

 

当選かどうかは、本当に一瞬です。

 

今回の私の場合、応募ボタンを押すといきなり参加した事になりました。

 

規定人数に到達していない場合、抽選とは言っても基本的に当選します。

STEP3 モニター体験

実際に店舗に行き、お店を利用します。

 

先程の注意点をよく確認の上、利用して下さい。

STEP4 アンケート・レシート提出

利用後は、レシートの提出とアンケートがあります。

 

レシートは四隅の端が見え、レシートの内容が確認できるように撮影し、アップロードします。

 

私はPC版ポイントタウンでモニターを利用した為、iPhoneで撮影したレシート画像をDropboxへ移動し、そこからアップロードしました。

 

アンケートについては、接客のよかった店員さんの名前とかも聞かれる可能性もあります。

 

まあ覚えていない場合、特徴でよいのですが先にアンケート内容を確認して行くのが良いです。

 

まあやる勇気はなかったのですが、虚偽の特徴はNGでしょう。

 

モヒカンでナイフをペロリとしている店員さんとか…折角のポイント付与を逃してしまう可能性もありますのでやめておきましょう。

STEP5 ポイント付与

アンケートの内容確認・来店/購入の確認が済むと、謝礼でポイントが付与されます。

 

確認が済み次第、即日でもポイント付与されます♪

 

ポイントタウンモニター ポイント付与

日々の生活に組み込めるか?

寝てる女性

 

前の文章を繰り返すような事になるのですが、利用の流れを考えると、近くに店舗があり、日々の生活に組み込めるか?というのが非常に重要となってきます。

 

組み込めるのであれば、お小遣いサイトで稼ぐという事ではなく、節約するという意識で、どれだけ利用できるか?です。

 

日々の生活に組み込めるのであれば、それはもうお得になります。毎週外食していた場合、日々の外食が2割~5割カットできますので、総額は下手をすると万単位になる可能性もあります。

 

継続は無理に利用するより、自然に利用できるような状態がベストですので、まずは日々の生活に組み込める、これだったらできるなぁというのを考えてみて下さい。

お小遣いサイトで稼げる額が大幅に上がる

離れる

 

モニター案件は上手く利用する事で、お小遣いサイトで稼げる額が大幅に上がる可能性があります。

 

この方法も人が絞られますが、例えば忘年会の幹事をされる方、モニター案件に目を通されてみては?と思います。

 

ぶっちゃけ飲み会の費用は会社が出してくれるのであれば、面倒な幹事の仕事をやったのだからこれくらいのボーナスを頂くのは良いのではないかと思います♪

 

レシートもアップロードするので、会社でレシートが必要であっても問題ないと思います。(自身の確定申告から考えました)

 

その金額は利用金額の30%とかですので、上限金額に近い場合、数千円分のポイントになる事もあるでしょう。

 

モニターを利用して、文字通りガッツリとポイントを稼いでくださいね♪

 

今回は当然実際にモニターを行ったポイントタウンです。

ポイントタウン

進撃のポイントタウン

適当な問い合わせが承認されない理由かもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


適当な問い合わせが承認されない理由かも

 

お小遣いサイトを経由する事で、掲載してある広告を利用すると現金にも交換可能なポイントをもらう事ができますが、その反面「通帳に反映されない」「広告利用したけど無効になった」など無事にポイントを受け取る事ができない場合もあります。

 

お小遣いサイト側だけの問題ではなく、利用者側の問題の可能性もあるので、ここで「ポイントがもらえない時があるの?お小遣いサイトって危なそうだからやめておこう…」と判断するのは待ってください!

 

お小遣いサイト側の問題?利用者側の問題?この謎を解決する為に、下記の記事をご参考ください。

 

広告利用前に[ポイント獲得条件]を読んで、しっかりと獲得条件を満たしているにも関わらず通帳に反映されない場合や、無効になった場合はお小遣いサイト内にある[問い合わせフォーム]からお小遣いサイトに連絡しましょう。

 

決して、広告主に直接連絡はしないようにして下さいね!

 

 適当な問い合わせが原因だった?

適当

お小遣いサイト経由でクレジットカードを発行すると、アプリダウンロードや無料会員登録に比べて高還元な為とても人気のある広告ではありますが、クレジットカードの申込みフォームの入力って本当に面倒なんです。

 

それでも人気なのは、「この広告利用が承認される事で1万円以上のお小遣いをもらえる」というご褒美があるから、申込みフォーム入力という苦痛も乗り越える事ができるのです。

 

しかし、1万円以上のお小遣いを期待していたクレジットカード発行の広告利用が"反映されない"または"無効"になった場合、どう思いますか?

 

私がお小遣いサイトに登録したばかりであれば、「なんで?ちゃんと獲得条件みて申込みしたのに!」「お小遣いサイトが悪い」と思う事でしょう。

 

このような気持ちの状態で、お小遣いサイトに問い合わせすると強い口調になってしまったり、お小遣いサイト側が調べて当然と「クレジットカード発行したけど、ポイントが反映されない。」たったこれだけの文章で問い合わせをする、このような問い合わせ方をしてしまう可能性はゼロではないと思います。

 

本当に獲得条件を満たしているのか?

 

お小遣いサイトの基本的なルールを守っているか?

 

など、まずは一旦落ち着いて本当に自分に落ち度がないかを考えましょう。

 

クレジットカード発行で忘れがちなのが「キャッシング枠」です。

 

ただチェックするだけの項目かもしれませんが、お小遣いサイトでポイントを稼ぐ為にはそのチェックするだけの項目を忘れるだけで命取りになってしまうのです。

 

広告利用しても反映されない場合や、無効になった場合は、お小遣いサイトから広告代理店を経由して広告主に問い合わせします。

 

しかし獲得条件を満たしていない場合や、却下の条件となっている内容に該当している場合は、お小遣いサイトに問い合わせをしてもその先の広告代理店にすら問い合わせをする事ができません。

 

獲得条件も満たしている!お小遣いサイトのルールも守っている!という場合は、各お小遣いサイトの問い合わせフォームから連絡をしましょう。

 

問い合わせすることで、広告主の間違えだったと分かり「承認」される事もあります。遠慮せずに問い合わせしたほうがいいですよ。

 必要なものは残してありますか?

必要なメール

以下のメールを破棄した場合は調査してもらえない場合もあります。

 

  • 広告主からの申込み完了メール
  • お小遣いサイトからの承認待ちメール

 

ポイントが付与されるまで、しっかりと保管しておきましょう!

 正しい問い合わせフォームですか?

正しい選択

獲得条件も満たしている、却下の条件となっている内容に該当していない、「よし、お小遣いサイトに問い合わせをしよう!」と問い合わせフォームを開いて固まった経験はありませんか?

 

ど…どこに…入力すればいいの?

 

そのように思う理由は、こちら!

 

[モッピーのフォーム]

 

モッピー問い合わせフォーム

 

[ポイントタウンのフォーム]

 

ポイントタウン問い合わせフォーム

 

[ポイントインカムのフォーム]

 

インカム問い合わせフォーム

 

そうです、問い合わせフォームの複雑さという危険性が立ちはだかるのです。

 

登録情報なり、サービスについてなり、問い合わせフォームを利用した経験がある方であれば、こんなもので済む問題かもしれませんが、お小遣いサイトを初めたばかりの方がこのような複雑な形式から"正しい問い合わせフォームを利用する"という事は難しいのではないでしょうか?

 

私がお小遣いサイトへ問い合わせするのは、主にサービス内容の事ですが何度経験しても悩みます。

 

「どれが正しいのか分からない!」となった結果、サービス全般などにある「その他」を選択し問い合わせする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ポイントインカムで紹介させてもらうと、

 

仮に「承認待ちがつかなかった」としましょう。

 

問い合わせフォームで[広告のご利用]→[承認待ちがつかない]→お名前、返信希望メールアドレス、広告のご利用日、問い合わせ内容、確認事項チェックこのような記入が必要となります。

 

インカム広告のご利用問い合わせ

 

これが[その他]を選択した場合だと、

 

インカムサービス全般問い合わせ

 

広告の利用日は入力する可能性は高いですが、もし広告の利用日を[お問い合わせ内容]に入力していなかった場合や、[広告のご利用]→[承認待ちがつかない]のフォームにはあるチェック項目が[その他]のフォームにはない事から、ポイントインカムからの返信がやっと届いたとしても、

 

  • 広告のポイント獲得条件/却下条件を確認しましたか
  • 「ポイントを確実に獲得するために」を確認しましたか

 

といった定型文に近く、こっちが求めていた内容とは違う確認メールのような返信が届く可能性もあります。

 

他にも「問い合わせすれば、どこでもいいでしょ!」とまったく異なるフォームから問い合わせしてしまう。

 

広告によって広告代理店が求めている調査に必要な項目があるので、このように異なるフォームから問い合わせしてしまうと広告代理店が必要としている情報が足りず、結局調査に時間がかかってしまったり、正しく調査ができなくて承認されなかったという事になってしまいます。

まとめ

進むか悩んでいる猫

 

すぐに反映される広告ならまだいいですが、2、3ヵ月も前の広告利用について問い合わせるって結構不安ですよね。

 

承認待ちメールやポイント通帳で、利用時のポイント獲得条件が確認できるのであれば条件を満たしているか満たしていないか自分でも確認する事ができますが、そのような利用時のポイント獲得条件が確認できないお小遣いサイトの場合だと、自分も条件を満たしたか自信がない…その結果あいまいな内容の問い合わせしかできず、やりとりに時間がかかってしまいます。

 

適当な問い合わせ方にしない為にも、

 

  • 念の為、ポイント獲得条件をスクショしておく
  • ポイント獲得条件、却下の条件をよく確認する
  • 広告主からの申込み完了メール、お小遣いサイトからの承認待ちメールを残しておく
  • 自分の状態にもっとも近いと思われる問い合わせカテゴリを選択する

 

上記を守る事で、広告代理店が必要としている情報が足りなくて承認されなかったという最悪な事態は回避する事ができます。

 

AndroidにGmail等のフリーメールアドレスを設定する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今回はAndroid端末において、Gmail等のフリーメールアドレスを設定し、Android端末で自由に閲覧・管理できる設定方法についての記事です。

 

私が所持しているAndroid端末はギャラクシーNote8で、キャリアはドコモです。

 

設定方法は非常に簡単ですので、是非利用してみて下さい♪

 

フリーメールアドレスの取得方法についてはコチラ

 

Android端末にフリーメールアドレスを設定する

Gmail

 

Gmailが標準で入っていますが、今回は設定から取得済みのGoogleアカウントを設定していきます。

ダイジェスト版

1.[設定]→[クラウドとアカウント]の順にタップ

2.[アカウント]→[アカウント新規追加]→[Google]をタップ

3.Googleにログインするためにメールアドレスとパスワードを入力

4.本人確認として、再設定用のメールアドレスの確認

5.[同意]しGoogleアカウントの設定完了

詳細版

1.[設定][クラウドとアカウント]の順にタップします。

 

Android設定アイコン

 

 

クラウドとアカウント

 

2.[アカウント][アカウント新規追加]→[Google]をタップする。

 

アカウント

 

 

アカウント新規

 

 

Google

 

3.Googleにログインするためにメールアドレスとパスワードを入力します。

 

Googleログインメールアドレス

 

 

Googleログインパスワード

 

4.本人確認として、再設定用のメールアドレスの確認をします。

 

Google本人確認

 

 

確認用メールアドレス入力

 

その後[電話番号を追加しますか?]と聞かれますが、各自で設定してください。

 

[同意する]をタップし、Googleアカウントの設定完了です。

アカウントの削除方法

もしアカウントを削除する場合は、[設定][クラウドとアカウント][アカウント]削除したいメールアドレスをタップ→[アカウントを削除]で削除する事ができます。

 

Googleアカウントの削除

画像付きなら簡単!

 

世界に一つだけのお小遣いサイト

 

フリーメールアドレスを設定する為に必要な作業を、言葉だけで分かりやすく説明する事は非常に難しいので、一つ一つの作業が分かりやすいように画像付きで説明させてもらいました。

 

この画像を見ながらであれば、初心者の方でも簡単に設定できると思います♪

 

お小遣いサイトの場合、日々タップしてポイントを貯めていく事になりますので、私的に一番手軽だと思った方法を紹介させて頂きました♪

 

他の方法も色々ありますが、私はこの方法を利用していますし、オススメします♪

 

 

1 2 3 13
おすすめお小遣いサイト2019

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2019年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2019年

おすすめお小遣いサイトランキング2019へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2019年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2019年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
8月14日:明日から我が広島も暴風域に入る、台風10号、台風10号がやってくるのがちょうど8月15日で、先に墓参りを済ませておこうと思っています。8月15日と言えばお盆というのもありますが、広島ネタとしては戦争が終わった日というイメージが強く、12時には黙祷を、私も息子たちにもさせようと思っています。ちょっと戦争の話から離れますが、75年前、85歳の方であれば10歳の頃、戦争が終わったという事になるのですね。その頃の文化って、テレビもない時代だったのでしょうけど、オート三輪とかが走っていた、まさに昭和の時代というのにふさわしい時代だったんでしょうね。本格的には戦争が終わった10年後位から、高度経済成長期を迎えてからのほうが本格的なんでしょうけど、こういった時代にはちょっと憧れがありますね。昭和のファミコンとか、懐かしいなぁと感じます。私が子供の頃は上の従兄弟がファミコンを持っていて、まったくわからないなりにも、マリオとかやったっけ…懐かしいです。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 14671328総閲覧数:
  • 4015今日の閲覧数:
  • 4010昨日の閲覧数:
  • 17現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み