お小遣いサイト 危険 小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » 初心者用お小遣いサイト利用ガイド » 

お小遣いサイトを1年以上継続利用する心構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


継続利用

 

お小遣いサイトを1年以上継続して利用する為の心構えを説明したページです。

 

なにはともあれ継続する意思が必要ですが、

  • 最初が肝心
  • 定期的に利用する
  • 目標金額を自分の中で決める

この3つも重要です。

 

継続する意思に全てが込められていますが、各項目毎に詳しく説明していきたいと思います。

最初が肝心

スタート

 

お小遣いサイトは最初が肝心です。

 

具体的に言うとお小遣いサイトの事を知り、どんなもんかな…と各ブログ/サイトで評判を確認したりしていざ登録。

 

…この後が肝心です。

 

まずここで満足してしまいそうになります。

 

ですがここで満足してしまうと、お小遣いを稼ぐ事はできません。

 

今の私であっても、とりあえすお小遣いサイトに登録しておいて、時間が出来た時に利用して記事にしてみよう!!

 

て気持ちでいると、登録しただけでそのお小遣いサイトを登録したかどうかすら忘れてしまいそうになります。

 

デンジャーなお小遣いサイトに登録していない場合、お小遣いサイトに登録してから換金するまでの期間はできるだけ短い方が良いです。

 

最初は3ヶ月で5000円換金できるよりも、2週間で100円換金できる方が良いです。

 

2週間で100円稼げるなら、大分慣れてきたしもっと稼げるようになるかな~とか思えますが、登録から3ヶ月で5000円稼げた場合、もう辞めちゃおっかな~という思いが強くなります。

 

お小遣いサイトに登録してから稼ぐ!!という最初のモチベーションが高い場合は大きな問題ではないですが、登録してみよっかな~の気持ちで登録した場合、最も意識して欲しい所です。

 

100円から交換できちゃうお小遣いサイト!

現金へ交換したい場合は、楽天銀行へ100円から交換可能、手数料無料、翌日~2営業日以内には交換完了の【ポイントタウン】がおすすめ!

 

Amazonギフト券へ交換したい場合は、100円からOK、しかも2~4%OFFで交換可能、手数料無料、リアルタイム~翌営業日には交換完了の【ポイントタウン】がおすすめ!

 

ポイントタウンであれば、「ポイントタウンツールバー」をインストールするだけで50円分のポイントがもらえるので、残りの50円分のポイントは無料会員登録やアプリダウンロードなどの無料でポイントを貯める事ができます♪

きちんと管理しておく

お小遣いサイトを1年以上継続させるという事は、必ずしも毎月換金しないといけない訳ではありません。

 

極端な話、ネットショッピングの際にお小遣いサイトを経由し、ポイントが貯まったら換金するでも全然良い理由です♪

 

この場合、お小遣いサイトの存在というものをキチンと覚えておかないといけません。

 

ショッピング利用が主体であるならば、お小遣いサイトさんはドラゴンボールのチャオズさんのように、偶に天津飯の口から名前が出るだけ位存在が薄くなってきます。

 

せっかく1度ショッピング経由し200円相当のポイントを獲得したとしても、次に利用するまでに存在を忘れてしまっていては話になりません。

 

それともう1つ、ほとんどのお小遣いサイトにおいて、ポイント有効期限というものがあります。

 

ポイント有効期限は、大体6ヶ月から1年位が大手サイトでも目安になっています。

 

有効期限を伸ばす為には、ログインするだけでよかったり、あるいは何かしらのアクションでポイントを獲得したりしないといけません。

 

これを忘れてしまうと、ポイントが0になってしまうどころか、最悪は退会処理になってしまう危険性も出てきます。

 

…多分PCのお気に入りに登録したとかだったら、存在を忘れてしまう危険性を避ける事ができません。

 

スマホでホーム画面に追加するというのは、中々有効ではあると思います。

 

対策としてはベタですが、毎月1回位はログインしておくという事が重要です。

 

モッピーやお財布.comのようにメールマガジンを停止する事ができないのであれば中々存在を忘れてしまう事も少ないですが、メールマガジンを停止してしまったのであれば、私は○○に登録した…!!という事は必ず管理しておきましょう。

目標金額を自分の中で決める

私がこのサイトを始めた時、私が狙っていたキーワード"お小遣いサイト"で1位の方を調べに調べまくって、その方がどの位時間がかかり、どの位稼げているのか?どの位コンテンツを作っているのか?色々と調べたものです。

 

そしてその方がかかった時間、私だったら2013年7月と、大体この手のジャンルはキチンと毎月の収支などを書いてくれているものです。

 

こういう入り方をされた方であれば、私自身の経験上、1年以上継続して利用する事ができると思います。

 

…まあこれはブログ/サイト作成を前提としていますが、お小遣いを稼ぐのであれば目標金額を自分の中で決めるというのが大事です。

 

毎月1000円であればモッピーのコンテンツの大多数を毎日1時間かけて利用するでも良いし、無料会員登録やアプリインストール等のリスクの無い案件を併用する。

 

毎月3000円であれば先程に加え、多少記事作成をやってみる。

 

毎月5000円以上であればできそうな高額案件を利用してみる。

 

目標金額さえ決まれば、自ずとやらないといけない事が明確になってきます

 

先ほどの私の例に戻りますが、"お小遣いサイト"で1位の方は当時、毎月50万円以上を稼ぐ方でした。

 

それを目標金額とした場合、私は紹介制度の利用というものを避けられませんでした。

 

そして前例がありますので、決して不可能ではないという事も確信する事ができましたし、それを達成するまではこの位は時間をかけないといけないという目安にもなりました♪

 

簡単に始める事ができ、簡単に辞める事ができるお小遣いサイトにおいて、継続するモチベーションを上げる為には目標金額の設定というものは必要だと思います。

まとめと個人的見解

頑張れ!!

今回の記事中での項目である、

  • 最初が肝心
  • 定期的に利用する
  • 目標金額を自分の中で決める

どうでしょう。

 

継続する意志があれば、どれもカバーできるものだと思います。

 

この中の1つでも大きく心がけていれば、私はお小遣いサイトを1年以上継続できると思います♪

 

この記事、昔から書きたかったんですけど、自分の中でも言葉になるまでに時間がかかりました。

 

この記事はもう1回、大きな更新を行いたいと思いますが、それはまた自分の言葉ができてからにします。

 

どういう内容を更新したいかと言えば、楽しさ系の事ですね♪

 

結局はモチベーションなので、楽しければ継続できると思いますので…

 

ネットで稼ぐ銀行口座の開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


労働

 

お小遣いサイトを利用して、クリックポイントでポイントを貯めたとします。

 

雨にも負けず、風にも負けず…数か月してようやく換金額に辿りついたとします。

 

よし!!換金と思い、換金ページに行くとそこには手数料が!!

 

般若

 

という事になってしまう事を極力防ぐ為、銀行口座の開設は任意ではありますができる方は必須と言えます。

 

地方/都市銀行でも良いのですが、ハピタスやゲットマネー等、一部のお小遣いサイト以外は手数料がかかってしまいます。

 

お小遣いサイトだけではなく、例えばアフィリエイト等、これから始めるにはネットバンクがある方がなにかと便利です♪

オススメの銀行口座

ネットで稼ぐ銀行口座

 

推奨の銀行口座でも、手数料がかかる所はかかるのですが、お小遣いサイトで手数料が優遇されているのは、

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行

の3つが主力になってきます。

 

全部とは言いませんが、特に楽天銀行は手数料無料のサイトが多く、規模の小さいお小遣いサイトにもよくあるのでオススメです♪

 

楽天銀行は年齢制限がないので、未成年の方であっても保護者の同意があれば利用できます♪

 

ジャパンネット銀行では、15歳以上であれば利用可能です♪

 

Yahooショッピング等のサービスを利用する場合、ジャパンネット銀行の方が都合が良いでしょう♪

 

住信SBIネット銀行では満15歳以上の方であれば利用可能。

 

ですので私的には窓の広い、楽天銀行をオススメします♪

 

楽天銀行では優遇プログラム「ハッピープログラム」にエントリーするだけで、取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり、ATM手数料が最大7回/月無料になったりと利用用途が広いです♪

 

銀行口座については手数料が発生するお小遣いサイトは半々位です。

 

先程3つ挙げた金融機関において何が優遇されているかって、お小遣いサイトから換金する時の手数料が無料な事が多いです。

 

楽天銀行は手数料無料だったり、換金がリアルタイム換金できるお小遣いサイトもあります。

 

i2iポイントとジャパンネット銀行は、i2iポイント経由でジャパンネット銀行を開設すると換金のたびに50円もらえるサービスがあります。

 

電子マネーにおいては手数料が存在しない事が大半だと思ってください。

 

特にAmazonギフト券、Pex等のポイント合算サイトに手数料が発生する事はないと言っても良いでしょう。

あるのであれば…危険くんですね。意味が分かりません。

現金に引き出すと手数料がかかる

手数料

 

ネット銀行は、現金として引き出す場合、手数料がかなり高い事が多いです。

 

楽天銀行でいうとATMで現金を引き出すと、手数料が216円かかったりします。

 

10万円まで貯めると、月に1回手数料が無料になり、ある程度手数料無料で自由に利用する事ができます。

 

ですがこれは、楽天カードのクレジット決済であればあんまり関係なく、楽天カードと連携させる事により、現金を引き出すのでなければ正直、あんまり問題がなかったりします。

 

家電量販店でお買い物をする際でもクレジット決済を、そのカードでやってしまえば良いです。

ネットで稼ぐ銀行口座がいらないケース

お小遣いサイトでは、楽天銀行など本来であれば交換手数料が必要な交換先でも、ある方法で手数料無料になるケースもあります。

 

一例として一部のお小遣いサイトを挙げておきます。

 

げん玉からRealPay(リアルペイ)へ換金すると【手数料無料チケット】を貰う事が出来るので、月1回であれば10万円まで各種銀行も手数料無料で交換する事ができます。

 

げん玉の換金先であるリアルペイ(RealPay)は様々な換金先があるのでとても便利です。

 

リアルペイ(RealPay)の年齢制限として、利用は日本国内に在住する16歳以上の個人、満16歳~20歳の方(未成年の方)については、保護者の同意が必要です。

 

げん玉と運営会社を同じくするリアルワールド-暮らすことも同様ですが、げん玉かリアルワールド-暮らすことどちらか一方しか手数料無料チケットを貰えない為、げん玉との併用が必要となってきます。

 

ハピタスは現在、各種銀行であっても換金手数料が無料な為、ネットバンクが必要ではありません。

 

電子マネーへの交換もあるので交換先は豊富です♪

 

ゲットマネー(GetMoney!)も初回交換に銀行口座が必要ですが、手数料は全て無料です♪

 

ポイント交換サイト(お小遣いサイト)のドットマネーに経由できるお小遣いサイト(ほぼ大手お小遣いサイトには換金先がある)においては、お小遣いサイト→ドットマネー→現金に交換する事で、地方/都市銀行であっても換金手数料を無料化する事ができます♪

 

ただしドットマネーから地方/都市銀行に交換する場合の最低換金額は2000円ですので、かなり高めの最低換金額になります。

別目的であれば

例えば課金アイテムを購入する為のお小遣い稼ぎで、iTunesギフトコードやVプリカ等にポイント交換する事が目的の場合、銀行口座は必要ありません。

 

必要ありませんが、お小遣いサイトには銀行口座の登録が必要ない交換先もありますが一部ですので、銀行口座は持っていた方が登録しやすいです。

 

例えば目当てのポイント交換先がそのお小遣いサイトに無いとしても、最悪現金(ネット銀行)に交換できるのであれば、ネット銀行⇒現金は等価交換できる最強の通貨です♪

 

最近はビットコイン等、様々な通貨があり換金先も増えていますが、元祖等価交換は現金です。

使いにくいがゆえに貯まりやすい

先程課金アイテムの事を出しましたが、課金アイテムを購入するiTunesギフトやVプリカ、Google Playギフト等、これらに交換すると使いみちが限定されるというデメリットがあります。

 

対してネットバンクに口座開設し、そこにお金を振り込むと、使いみちが広がりますし、すぐに使ってしまうという事は少なくなります。

 

頑張って貯めたお金が現金化され、どんな事にでも使えるようになり、目的が高額の家電を購入するとか、高額のものを考える事ができるようになる為です。

 

そうなってくると目的意識をもつ場合、銀行口座に振り込むという選択肢もあるという事になります。

 

少なくとも、Amazonギフト券等に交換すると、一応有効期限としては2年あり、Amazonを利用した際に有効期限が気になって使ってしまう為、目的の金額まで貯めるという事は少なくなります。

 

まあこれは"意識"の問題ではありますが、現金化するとポイントが溜まりやすい…いや、ポイントを貯めるという目的を見失いにくいと私は思います。

お小遣いサイト経由で開設して下さい♪

このページは初心者用ページという事もありますので、是非お小遣いサイト経由で口座開設して頂ければと思います。

 

利用するお小遣いサイトとしては、3つとも平均して上位にいるハピタスが良いです♪

 

楽天銀行は400ポイント

 

ジャパンネット銀行は850ポイント

 

住信SBIネット銀行は500ポイント

 

※ポイントについては全て変動あり

 

ですので、ほぼいきなり換金額に到達します♪

 

さらにバナー経由であれば30ポイント獲得できますので、ほぼ換金額に到達すると言っても良いでしょう♪

 

ハピタスは登録1ヶ月でキャンペーンがありますし、一番始めにお小遣いサイトで広告利用を行うには、最も保証面が充実しているお小遣いサイトです。

 

ハピタスのバナーを貼っておきますので是非登録して初回の換金を体験して下さい♪

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ショッピング及び広告利用のハピタス
経由する際の注意点

お小遣いサイト経由で口座開設をする場合は、銀行などへ「〇〇サイトを経由して口座開設したけどポイントが付与されていないのですが、どうしてですか」などと直接問い合わせするとは禁止されています。ポイントが付与されない場合は、経由したお小遣いサイトへ問い合わせしてくださいね。

 

住信SBIネット銀行のQ&Aに、「ポイントサイトを経由して口座開設しましたがポイント付与されていません。ポイント付与の対象になっていますか?」というものがありますが、かなり珍しいパターンだと思います。

 

回答には、「ポイントサイトを経由し、所定の条件、操作により当社口座開設をお申込みいただくこと等によりポイントが付与されます。※途中で口座開設手続きを終了したり、直接当社WEBサイトやモバイルから口座開設申込みする等、所定の条件、操作を満たさない場合は、ポイント付与の対象とはなりません。」と記載があります。

 

この所定の条件については、各お小遣いサイトの広告詳細ページへ詳しく記載があるので、その注意点をしっかりと読み、その注意点を守る事が「ポイ活」のスタートとなります。

 

…自分でも宣伝ポイと思いますし、若干胡散臭くなってしまいましたがホントに口座開設をするだけで、換金額に到達します♪

 

お小遣いサイトはまず換金してみないとモチベーションが保ちにくいので、ここは宣伝ぽくても紹介させて頂きます♪

 

この先、ネットで稼ぐという事を考えると、銀行口座の問題はどこかで直面しますので、是非お小遣いサイト経由で利用しましょう♪

 

お小遣いサイトは大丈夫なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


もう一度

 

今回は、私がもし過去に戻り検索するなら?と考え、お小遣いサイトは大丈夫なのか?という記事を書いていきます。

 

過去に戻った自分に答えるかのように、記事を書いていきたいと思います。

お小遣いサイトの大丈夫

逆に怪しい

 

遠い過去、私がお小遣いサイトについて大丈夫なのか?と思った事は、

  • ソーシャルゲーム等でお小遣いサイトの存在を知った場合
  • 10分で10000円!!
  • 登録は無料なのか?
  • しつこいメールマガジンに悩まされないか?
  • 個人情報が漏れないか?
  • 仕組みの意味が分からない
  • 不正ログイン

ざっと考えるとこんな感じです。

 

どういった経緯でお小遣いサイトの事を知ったのか?というのが大事ですが、思い浮かぶ大丈夫とはこの位です。

 

これらについて今の考えを書いていきます。

ソーシャルゲーム等で知った場合

お小遣いサイトの存在、いくらモッピーの累計会員数が600万人だとて、日本人口1.27億人(2016年)で考えると20人に1人です。

 

100%で考えると5%、TVの視聴率とかで考えると、ゴールデンとは行かないまでも、ドラゴンボール(日曜朝9時)位ですね。

 

そのお小遣いサイトについてソーシャルゲーム攻略等、まあ…課金アイテムが無料で手に入るがどうとか…で来た場合、お小遣いサイトに対して結構警戒心を持っていると思います。

 

言ってしまえば当サイトは、これらの疑問にお答えするサイトで、この800記事を超えるサイトがその答えとなってくれれば幸いなのですが、ここで当サイトの800ページを簡単にまとめます。

 

お小遣いサイトは(ごく一部を除き)、かなりの大手企業が運営しているサイトもある立派なビジネスです。

 

危険性というのは、利用の仕方によっては考えられるものですが、個人情報を取得するだけのサイトだったり、後から高額の請求が来るものだったり、そういった悪意あるサイトではありません。

 

ただ、やらないとお小遣いを稼ぐことができない、希望額によってはそれ相応の努力が必要となる。

 

そこは前提に持っておいて頂きたいと思います。

10分で10000円!!

この言葉、要するに簡単にポイントが貯まるのか?という事になります。

 

現在ブログを書かれている方や、そういったお小遣いサイトはとても少なくなってきましたが、わずか10分で10000円!!即換金!!とかとても簡単そうに紹介されている時期がありました。

 

現在ではあまり見かけませんが、過去の自分に見せるならこの記事、

お小遣いサイトで簡単にすぐに数万円稼ぐ方法

 

だったと思います。

 

できるけど…できるけど!!という感じです。

 

確かに登録したり、広告を利用したりと簡単ではありますが、カード発行や保険見積り、エステ体験等の高額案件を利用しないと"簡単に"は難しいです。

 

私もチャラチャラっとクリックするだけで何万円も稼げるかと思っていましたが、さすがにそれは現在では誰トクになるんだよ…と思います。

 

数百円ならクリックで実現可能ですが、数万円は…クリックノイローゼになります。

 

お小遣いサイト自動化ツールについて、私も頭に浮かばなかった訳ではありませんので、こっちの記事も昔の私にすすめておきます。

 

 

そして忠告ですが、お小遣いサイトのクリックポイントやゲーム、あくまで宣伝の為にあるものですので、自動化という行為自体、明確に禁止されているサイトもそうでないサイトもありますが、お小遣いサイト運営会社にとって好ましいものではないという事を覚えておいて下さい。

「短時間」の魅力

「詐欺」と聞くと、年配の方からお金を騙し取るというイメージだ!という方もいらっしゃると思います。

 

しかし、狙われているのは年配の方だけではありません。

 

インスタグラムなどでは、「主婦」を狙った副業詐欺が増えているのです。

 

「5分の作業で3万円稼ぐことができました」という広告をみただけでは、あやしいと警戒すると思いますが、

 

SNSの知り合いから「5分の作業で3万円稼ぐことができるよ」と誘われた場合はどうでしょう。

 

もちろんあやしいと思いますが、知り合いからの誘いだと信用してURLくらいはクリックしてしまいませんか?

 

URLから移動したページには「一週間で20万円稼げる人続出中!」という在宅スマホ副業の広告でよく見かけるキャッチコピーが。

 

自由な時間が少ない主婦の方ならではの悩みとして、

  • 仕事をしているけどもう少しお金があったら助かる
  • 子供が小さいから家にいて稼ぎたい
  • 仕事、子育て、家事、これ以上は無理だ

 

旦那さんが仕事とは別に副業を始めようとした場合でも同じですが、「短時間」という言葉の威力は絶大で、PayPayの「第1回100億円あげちゃうキャンペーン」のようにスマホ決済に興味がまったくない方ですらPayPayに登録してしまったくらい、人を動かす力がある言葉だと思います。

 

「短時間 稼ぐ」などで検索した際に、お小遣いサイトを紹介しているブログが表示される事もあるでしょう。

 

先程も言いましたが、お小遣いサイトではコツコツ稼ぐ方法と、一気に稼ぐ方法の2通りあります。

 

お小遣いサイトでいう「短時間」は、一気に稼ぐ方法のことを言い、カード発行や保険相談などの高単価だかクリックするだけのような簡単さはありません。

 

一気に稼ぎたいという方は、高還元で人気のあるハピタスやモッピーがおすすめです。

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

登録は無料なのか?

これは当時、私が初めて登録する時に無料なのか?とやはり疑ってかかったからです。

 

多くの方が無料と書いてあり、お小遣いサイトにも無料と書いてあるのに信じ切れなかった事。

 

これはもう、1つお小遣いサイトに登録してみるしかありません。

 

モチロン無料ですので!!

 

となったら過去の自分にはげん玉をおすすめします。

 

げん玉は登録情報が極端に必要なく、お金を請求しようにも人物特定が不可能なサイトで、ゆりかごから墓場まで的なボリュームのサイトだからです。

 

 

ポイント交換の際にはリアルペイ(RealPay)に登録が必要となり、個人情報の入力が必要となりますが、私が今まで経験した中ではげん玉が一番登録情報の入力が少なく、クリックで換金する事もでき、コンテンツが多いので後々に発展しやすいです。

 

過去の自分に送る言葉としてはまずげん玉に登録してみましょう。

 

無料ですので!!

 

本当に一部のお小遣いサイトですが、有料会員という選択肢があるポイントサイトもありますが、これはいきなりオススメするサイトじゃありません。

しつこいメールマガジンに悩まされないか

これを昔の私に説明するなら、案外大丈夫と言う事になります。

 

今見たら私のお小遣いサイト用フリーメールアドレスは153701通と、ギニュー隊長を超える状態ですが、お小遣いサイト用フリーメールアドレスですので、プライベートなアドレスには影響ありません。

 

携帯メールアドレスについてはプライベートなアドレスをsoftbank.ne.jpに、お小遣いサイト用アドレスをi.softbank.jpに設定しているのであまり問題がありません。

 

これはやって見て分かった事です♪

 

お小遣いサイト用フリーメールアドレスから特定のサイトのメールをクリックというのが少し難しいですが、Gmailの検索機能とかで何とかなっています♪

 

 

あくまで今登録するという事で考えると、携帯メールアドレスが必要なお小遣いサイトは非常に少なくなってきていますので、まずはフリーメールアドレスを取得する事をオススメします。

個人情報が漏れないか

これもやってみて分かる事ですが、お小遣いサイトを利用して、例えば迷惑メールが多くなったとか、知らない番号から電話がかかってくるようになったとか、そういった事は今の所ありません。

 

もう5年にもなりますので、現状のお小遣いサイトではそういった事は無かったという事だと思います♪

 

お小遣いサイトはウェブサイトが大部分を占めますので、個人情報については細心の注意を払っていると思います。

 

もし流出してしまってYahooのニュースにも出ようものなら…

 

1つのお小遣いサイトが命を終えるに十分なダメージを受けると思います。

 

私が今まで利用してきた期間では、そういった情報を目にも耳にもした事がありません。

 

ただ私が1つだけ気をつけているのは、SSLの存在です。SSLとは簡単に説明すると、URLがHTTPではなくHTTPSになっているサイト。

 

ログイン画面には必ず、スマホだろうがなんだろうがSSLがあり、HTTPSになっていると思います。

 

逆になっていないサイト、通信間のセキュリティーに保証がありませんし、仮に私が悪意あるクラッカーだったら、そんなログインページを狙っていくんじゃないかなと思います。

 

SSLは1つの指標であり、当サイトのURLもSSLになっている通り、現在では嗜みレベルで無料で使用できるものですので、ログインページにSSLが無いというのは、正直登録するときにフリーメールアドレスを使ったほうが良いです。

仕組みの意味が分からない

今でこそASP等の広告を掲載し、中間マージンを得る事で運営が成り立っているのが分かっていますが、当時はお小遣いサイト運営側に何のメリットがあるかが分かりませんでした。

 

そういう過去の私向けに書いたいい記事が!!

 

 

あるねぇと思います♪

 

仕組みが分からないと結局、換金時とかにお金を取られるんじゃないか?という懸念が頭に浮かんでくる事もあります。

 

中間マージンであればお小遣いサイトは利用されればされる程利益が上がりますので、今では逆に無料じゃないというのはおかしいと思います。

 

…まあ無料以外のお小遣いサイト、2018年に1つだけ確認する事ができますが、それ以外は見たことがありません。

 

有料の月額会員の場合、その他のお小遣いサイトよりもはるかに還元率等の水準が高い優良サイトになっていました。

 

まあ月額がかかりますから当然の事ですが。

不正利用対策はあるのか

不正ログインによって、貯めたポイントが盗まれたりしないか…。

 

サイバー犯罪は、いままでネットバンキングによる被害が多かったのですがセキュリティが強化され、被害が減少傾向にあります。その一歩まだまだセキュリティ面が十分でない"ポイント"が今度は標的となり、不正に入手したメールアドレスやパスワードで貯めていたポイントを交換されたという被害もありました。

 

現在、お小遣いサイトでは画像認証・秘密の質問・電話番号認証・SMS認証といった本人認証によって不正利用対策を行っているサイトが多くあります。

 

しかし、どこの企業でも個人情報流出は100%ないとは言い切れないでしょう。そこで必要なのは、パスワードの使い回しをやめる等、もし流出した情報で不正換金された場合でも被害を最小限にすることはできます。登録したお小遣いサイトすべて同じメールアドレス、パスワード、秘密の質問と答えの場合、ひとつ不正換金できれば他のお小遣いサイトでも同様の被害に合ってしまいますので、定期的にパスワードを変更する、同じものを利用しない、メールの設定で海外からのアクセスを制限するなど「なりすまし」被害に合わない対策をする必要はあります。

お小遣いサイトは大丈夫です♪

ハート

 

お小遣いサイトが大丈夫じゃない、詐欺・危険と思う方は

 

  • どこから存在を知ったか?
  • 面倒そうだと思った
  • 途中で挫折した
  • 紹介されている金額のアンマッチ

なんかで大丈夫じゃないと判断されるのではないかと思います。

 

私も実の所、面倒そうだと思いましたし、複数登録し過ぎて途中で挫折、再検証したサイト、そして10分で10000円は私の当時の収入等では承認されなかった等の苦い経験があります。

 

お小遣いサイトは決して、チャラっと稼げるものではありません。

 

クリックにはそれなりの時間がかかりますし、アンケートも本調査に向かう為に数をこなす必要があります。

 

記事作成はスキルと時間がかかり、紹介ブログは日々のコンテンツ作りに追われる事になります。

 

無料会員登録や高額案件だってそう。

 

登録するのにも、口座開設するのにも時間がかかります。

 

登録してすぐに!!というものではなく、1ヶ月位コツコツクリックする事や、無料会員登録等の反映期間を待つ事でお小遣いサイトは稼げます。

 

その認識さえあれば、お小遣いサイトは、私が登録し、検証している範囲では大丈夫だと言えます♪

 

当サイト、範囲には自身がマジでありますので、お小遣いサイトに関してはほぼ網羅していますので!!

 

WebMoney(ウェブマネー)をマスターカード(Master Card)化する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ウェブマネー

 

お小遣いサイト(ポイントサイト)の中でもよくある交換先の1つである、WebMoney

 

以前は、ウェブマネーを使える場所が…という感じでしたが、いまでは加盟店も増えて使いやすい電子マネーとなりました。

 

ウェブマネーが使える場所は、WebMoneyが使える場所というページに記載されています。

 

ちなみにカテゴリだけ書き出すと、

  • オンラインゲーム
  • SNS・ブログ
  • 動画・放送
  • 音楽配信
  • 情報サービス
  • 電子書籍
  • ショッピング
  • ツール・ソフト
  • 寄付・募金

で、主にオンラインで利用する用途には優れています♪

 

ただ…ウェブマネーは現金化する事が困難で、やるのであればウェブマネー販売・買い取りサイト等を経由する必要があります。

 

レートは概ね80%程度ですので、現金化は実質困難です。

 

そこで、もう少し利用用途を増やせないか…?

 

これを増やす事が可能なのは、ウェブマネーカードを発行しMaster Card(マスターカード)化する事で、Master Cardが使える店舗、例えば家電量販店、はたまたスーパー等で利用する方法です。

 

根塊はウェブマネーをMaster Card化し、限りなく現金に近い形でウェブマネーを利用する方法について詳しく記事を書いていきます。

知っておくべきこと

いろいろなウェブマネー

 

ウェブマネーには、

  • シートタイプ
  • WebMoneyギフトカード
  • WebMoneyカード
  • au WALLETプリペイドカード
  • ウェブマネーカードケース(アプリ)
  • 特定加盟店専用タイプ
  • ウェブマネーウォレット

 

このように様々な種類がありますが、

 

コンビニでも買える「シートタイプ」や「WebMoneyギフトカード」、チャージした分だけ支払いができるプリペイドカードなのにクレジットカードみたいに使える「WebMoneyカード」、アプリにWebMoneyカードを登録するとリアルタイム残高やチャージがアプリ上で簡単にできるWebMoneyカードケース、この辺りの種類が初めての方でも使いやすいと思います。

 

そして、今回はWebMoneyをいかに使いやすい電子マネーにするかを説明したいと思います。

 

まず、ウェブマネーをマスターカード化する為には、

  • ウェブマネーカードケース(アプリ)
  • マスターカードプリペイド付きウェブマネーカード

の2つが必要になります。

 

組み合わせて便利

 

ですのでまず、アプリを利用できるスマホ・タブレット等の媒体が必要な事が1つです。

 

年齢制限・審査なし、入会・年会費無料で発行できる[MasterCardプリペイド付き]のウェブマネーカードが必要となります。

 

これがもう1つ。

 

そしてウェブマネーカードを発行する為には、フリーメールアドレスでも可能ですがメールアドレスが必要。

 

申し込み後1~2週間でカードが届きます。ウェブマネーカードを受け取る際、本人確認を行えるものが必要です。

 

これらの条件を全てクリアしてから、ウェブマネーカードを発行します。

 

最後に付け加えるようですが、お小遣いサイトで取得したウェブマネーコードをチャージする場合、手数料が4%かかります。

 

仮に1000円分のプリペイド番号をウェブマネーカードへチャージする場合、引継ぎ手数料として4%がかかり960円となります。

 

プリペイド番号をウェブマネーカードへ引き継ぐ際の注意点!

  • 手数料として4%かかる
  • 月間の引継ぎ上限金額は10万円分まで(手数料含)

 

これもというか、これが一番重要かもしれませんので、よく覚えておいて下さい。

 

いくらMaster Card化と言っても、利用できない店舗というものが存在します。

 

詳しくは下記のページを参照して下さい。

 

 

簡単に言うと、

  • 携帯電話料金及び固定電話料金
  • その他月次課金料金(インターネットプロバイダー等)
  • カーシェアリング
  • 生命保険・損害保険保険料
  • 電子マネー
  • その他

 

に加え、高速道路・ガソリンスタンド・電気・ガス等の公共料金への利用はできません。

 

チャージ上限が10万円ですので、10万円以上の利用も難しいです。

 

要は、月額料金もの等、チャージ金額を超えてしまう可能性が高いものが利用できないという事です。

まずはウェブマネーカードケース

ウェブマネーカードケース

 

ウェブマネーカードケースは、ウェブマネーをチャージするのに必要です。

 

ウェブマネーカードケースはアプリですので、さらっとダウンロードしてしまいましょう。

 

Google Play・App Storeでダウンロード可能です。

 

 

これでまず第一段階である、ウェブマネーカードケースは終了しました♪

 

次に、ウェブマネーカードを発行していきましょう。

ウェブマネーカードの発行

ウェブマネーカード

 

ウェブマネーカードの発行は、普通にネットで"ウェブマネーカード"で発行する事ができます♪

 

外部リンク:WebMoney Card

 

ウェブマネーカードのページにも書いていますが、

  • 審査不要
  • 入会費無料
  • 年会費無料

で、20歳未満の方は保護者の同意が必要です。

 

この条件を覚えておき、ウェブマネカードを申し込みます。

 

ウェブマネーカードには、ウェブマネーカードとウェブマネーカードライトというものがあります。

 

ウェブマネーカード ライトとの違い

 

まあライトもクソも、2016年6月時点ではライトの発行は休止されているのですが、何が違うかというと、

  • 申込条件(ライトは本人確認必要なし)
  • カード名義(カードは実名、ライトはWEBMONEY USER)
  • カード更新(ライトは不可)
  • マスターカード利用上限(ライトは3万円/日、5万円/月)

です。

 

極端な話、ウェブマネーを末永く利用される方にとっては、ライトにする意味はありません。

 

マスターカードとして利用したい場合…まあライトの発行は休止されていますので、通常のカードを選択します。

さて発行です。

 

ウェブマネーカードの登録ページに行き、メールアドレスを入力します。

 

ウェブマネーカード認証

 

まずここで、メールアドレスが必要となりますね♪

 

メールアドレスを入力し、送られてきた認証コードを入力し、次の画面へ移動します。

 

次の画面では、登録情報を入力します。

 

ウェブマネー登録情報

登録情報は、

  • 氏名(フリガナ)
  • 氏名(ローマ字)
  • 生年月日
  • 性別
  • 現住所(詳細まで)
  • 電話番号
  • カードの暗証番号

です。

 

入力内容を確認し、申込を完了します。

 

その後ですが、約1週間後に郵便局から「通知書」が届きます。

 

通知書の内容に従い、カードを受け取る事でウェブマネーカードの発行が完了します♪

 

配達及び、郵便窓口での受け取りが可能です。

 

通知書の内容をアップロードしていいものか…おそらくダメだろう。

 

私の場合、郵便局の番号が記載してありましたので、即座に電話。

 

本人確認が必要との事で、免許証を選択。

 

電話での質問に答え、配達日時をしていして、私がいる時間に本人確認の情報を確認してもらい、ウェブマネーカードを受け取りました♪

 

これでウェブマネーカードが手元に届きました!!

ウェブマネーカードケースにウェブマネーをチャージする

ウェブマネーカードが届いた場合、ウェブマネーカードケースにウェブマネーをチャージします。

 

と、その前にウェブマネーカードケースに、ウェブマネーを登録します。

 

ウェブマネーカードケースを開くと、カードを追加という項目があります。

 

ここから送られてきたウェブマネーカードを登録します。

 

ウェブマネーカードを追加

 

ウェブマネーカードは、背面に記載されている16ケタの数字を読み込む、もしくは自分で手入力します。

 

ウェブマネーカードの16ケタの番号は、私の場合カードの裏面のこの位置に記載してありました。

 

カード番号記載

 

カードを読み込む、または手入力して、ウェブマネーカードを登録します。

 

ウェブマネーカード登録

 

これで、ウェブマネーカードケースにウェブマネーカードを登録し、ウェブマネーカードについているMaster Cardを使う準備ができました♪

 

最後はウェブマネーをチャージし、Master Cardとして利用する方法です♪

ウェブマネーをチャージ

私は正直、これがやりたかった訳です。

 

お小遣いアプリとか、アンケートサイトとか、現金への交換先がなかったりして、どうしてもAmazonギフト券が逃げ道となってしまいます。

 

仮にAmazonで購入するものがなく、もっと自由に利用できる交換先があれば…そう思い、手数料が4%かかるのを覚悟の上、ウェブマネーを利用しました。

 

大体交換先であるのが、Google Playで利用できるVプリカとWebMoneyです。

 

Vプリカは手数料がかかるものが多いので、4%という手数料をもってしてもウェブマネーの方が手数料が安かったりします♪

 

…という訳で、今回私は、GMコインにてWebMoneyをチャージします。

 

GMコインの交換先でウェブマネーを選択し、ウェブマネーのコードを取得します。

 

GMコインウェブマネーコード

 

このコードをコピーして、ウェブマネーカードケースを起動。

 

追加したウェブマネーカードを選択し、チャージを行います。

 

ウェブマネーカードチャージ

 

チャージはカード追加と同様、バーコードを読み込む、または手入力です。

 

今回私はウェブマネーコードをコピーしていますので、手入力を選択してウェブマネーコードを貼り付けます。

 

ウェブマネーコード貼り付け

 

今回私は、1000ポイントを交換した為、ここで手数料が4%かかり、960円チャージする事ができます。

 

ウェブマネーカードにチャージ

 

 

これで、ウェブマネーをマスターカード化し、マスターカードが使えるスーパ等で利用できるようになった訳です♪

まとめ

随分と長くなりましたが、実際のハードルとしてはウェブマネーカードを発行するという所です。

 

ウェブマネーカードを発行してしまえば、後は簡単な作業で、マスターカード化する事でスーパー等でも利用できるようになります♪

 

手数料4%は痛いですが、これでGoogle Playの課金アイテムを購入したりと、色々な使い方ができるようになります♪

 

お小遣いサイトのニックネームに本名を入れる危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お小遣いサイトに登録する場合に、ニックネームを入力する箇所があると思います。

 

例えばげん玉の登録画面の

 

登録画面

 

 

ニックネームの入力画面。

 

こういうものなのですが、ここに本名を入力されている方を偶に見かけます。

 

何で分かるか?って、げん玉のポイント畑にあるバルーンチャンスにおいて、ニックネーム月のユーザーがランダムに5人表示される時、本名っぽい名前が出て来る事があるからです。

 

このニックネームは稀に、ランキング等で公開される可能性が高く、掲載するが為にニックネームを設定していますので、ここには必ずニックネームを入力しましょう。

記事を書くに至った経緯

偶に見かけるのですが、げん玉のサービスでバルーンチャンスというものがあります。

 

このサービスは他のユーザーの情報を必要とする為、ユーザーのニックネームが表示されます。

 

げん玉バルーンチャンス

 

ここで稀ですが、本名で表示される方がいらっしゃいるという事があります。

 

他にも友達紹介ランキングや、ゲーム等の上位入賞者等、サイト内でニックネームが表示されるという事はよくある事です。

 

 

こういったものを見て、今回の記事を作成する必要があるかなという思いに至りました。

 

ニックネームはニックネームなんです。

 

いわゆる"あだ名"ですね。

 

Wikiから抜粋すると、"とくに親しみを込めて対象を呼ぶために用いられる本名以外の名前の一種である。"との事で、本名以外という所に注意して下さい。

 

ペンネームでもハンドルネームでも何でもそうですが、本名を入れてしまっては意味がありません。

 

お小遣いサイト側ではニックネームは半角英数字に指定してあったりと、本名の入力が難しいサイトもありますが、自由な名前をつける事ができるよう、ひらがなや漢字も入力可能なサイトもありますので…

友達紹介した私達は分かっているのか?

嘘…

 

ちょっとしたコラムになりますが、友達紹介をした側、つまり当サイトであれば執筆している私ですね。

 

私は友達紹介したお友達の情報を知っているのか?についてです。

 

結論的に言えば、私達友達紹介する側は紹介した人数は知ることができますが、お友達の詳しい登録情報というのは判断できません。

 

○○さんが登録しました!!位ですね。これも限られた一部のサイトだけで、基本はいつの間にか友達が増えています。

 

この○○もニックネームや会員番号ですので、よりニックネーム欄に本名を入れるのは控えたほうがいいんですね。

 

別に私達がその情報を使ってどうこうというのはできませんが、隠すためのニックネームですのでここでも本名が使われる可能性があるというのを覚えておいて下さい。

お小遣いサイトによっては変更できない

後から変更できると思っていたが、実は変更できないお小遣いサイトだった!なんてことにならない為にもしっかりと変更できないお小遣いサイトについて知っておきましょう。

 

  • げん玉→変更可能
  • モッピー→変更可能
  • ポイントタウン→変更可能
  • ポイントインカム→変更可能
  • ちょびリッチ→変更可能
  • ライフメディア→変更可能(約6ヵ月間は再変更不可)
  • ハピタス→変更できない

 

ライフメディアでは、6ヵ月後であれば変更することは可能ですが、「氏名・メールアドレスなどの個人情報は設定しないでください」と注意をしています。

 

ハピタスでは、会員登録画面のニックネーム入力欄に小さな字で「ご登録後の変更はできません」という記載があるので、見逃してしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

ハピタスニックネーム変更不可

ヘルプページにもしっかりと記載があるので、仮に本名を登録してしまってもハピタスでは変更してもらえないので特に注意が必要となります。

リスクについて

デンジャー

 

まあ特に大きなリスクがあるかといえばそうでもない。

 

同姓同名の方はいるでしょうし、何よりそれが本名かどうかは私達には判断できません。

 

ただ、まあ…特徴的なお名前である方であればお小遣いサイトを利用してるなってのが分かるかもしれません。

 

利用していたから何?と言われればそれまでですが、会社にバレたくない方もいらっしゃるでしょうし、何かと不便な事もあるかと思います。

 

例えば、会社等でげん玉をやっているという事を話していた場合、ランキングに本名が掲載されていたら当然、本名を紐付けして考えてしまうでしょう。

 

ニックネームの欄はサイト内に掲載される可能性があるので本名は控え、ニックネームを設定しましょう♪

 

半角英数字にするなりでも可です。

 

中にはキリンの紅茶的な名前であったり、北斗の拳のやられる効果音だったりと

 

色々個性満載のニックネームがあります♪

ニックネームが思いつかない

ミステリー

 

ニックネーム…私もそうですが、生まれてこの方、ニックネームをつけられた事がありません。

 

○○ちゃん的な感じでしか呼ばれたことがありません。

 

まあ、○○ちゃんでも良いのですが、これから自分が長らく利用していくニックネームを考えようという方もいると思います。

 

ニックネームは変更可能な場合が多いですので、手が止まる位であれば極端な話、"aaaaa"でも”asdfasdf"でも問題ないです。

 

まあ、重複が認められているサイトならですが…

 

ニックネームは後で変更できますので、そこまで意識する必要はないとう事は覚えておいて下さい♪

 

メインのお小遣いサイトは限られてくる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世界に一つだけのお小遣いサイト

 

お小遣いサイトで、コツコツクリックを行という事。

 

お小遣いサイトを登録したての時は、毎日クリックして換金まで頑張ってみようと決心を固めていますが、1か月も頑張ると自分の中でよく頑張った…と感じます。

 

そこがターニングポイントです。

お小遣いサイト側が儲かっちゃう?

結果、換金額の半分にも満たない場合、心がポキっと折れてしまいます危険くん

 

これがポイントを失効させ、お小遣いサイトだけを儲からせてしまう悪循環です。

 

この現象は、登録しているお小遣いサイトの量にも関係してきます。

 

例えばげん玉はあれだけの量のクリックポイントがあり、全てをこなすことで1日10円以上、多い時では50円も理論上入る可能性がありますが、

 

げん玉のクリックポイントで換金を目指す場合、他のお小遣いサイトのクリックはもうかなり厳しいです。

 

げん玉だけでも1日20~30分、1か月クリックポイント獲得を続けるだけでかなりの忍耐力が必要です。

 

そこにポイントタウンなんかのクリックポイントが多いお小遣いサイトでさらにクリックポイントで換金を目指すと、

 

お小遣いサイト=貯まらないという公式が成り立ちます。

 

お小遣いサイトのクリックやゲームを毎日複数利用して、全てのサイトで換金しようする場合、後光が指す程の忍耐力が必要となります。

 

悟りを開きし者

 

ですのでコンテンツが多いお小遣いサイトを複数利用は自然とできないです。

 

モッピーの1ポイント=1円という高単価、

ハピタスの還元率の高さ、

マクロミルのアンケート数、

 

等の時間がかからない、あるいは単価が高いものを利用する事になります。

 

そうなってくると、メインのお小遣いサイトっていうのは限られてきます

 

マンガで

「己の心を補足せよ 側は板を破壊できぬ 水滴のみが板に穴を穿つ」

という言葉を目にした事があります。

 

ぶっちゃけコレです。

 

うしおととら

 

 

まさにその通り、あの言葉は要するに一点集中しろという事。

 

お小遣いサイトで一点集中しろとまではいかないが、最悪でもコンテンツの多いポイントサイト×コンテンツの多いポイントサイトのコラボレーションは人間には厳しい。

 

コンテンツの多いお小遣いサイトを利用した場合は、1ポイント=1円のお小遣いサイトやアンケートサイト、広告の還元率の高いお小遣いサイトと、メインのお小遣いサイは決まってきます。

 

結局コンテンツの多いお小遣いサイトはどれか一つ、忍耐力がある人でも2,3に絞られます。

 

その選び抜いた中で、どのお小遣いサイトが換金できそうか?

 

私のサイトはこうして、換金できたお小遣いサイトが決まっています

友達紹介も意識しよう

もう一つは友達紹介のポイントが査定基準に入ってきます。

 

さすがに当サイトでも、利益0円ではレンタルサーバー代金、時間、ドメイン取得代諸々で運営していくことは難しい。

 

自然と友達紹介を意識せざるを得なくなってしまいます。

 

当サイトでは、利益目的に順位を変動させることはないものの、友達紹介の特典が多いサイトはどうしてもいいところを探してしまうというのは否定できません。

 

最終的に残ったものが最近、モッピーポイントタウンハピタス及びげん玉だと思いつつあります。

 

モッピー

クリックポイント:上の中

広告還元率:上の下

紹介制度:No.1

運営会社:バブルなんじゃないの?

 

ポイントタウン

クリックポイント:膨大すぎる

広告還元率:高め

紹介制度:No.2

運営会社:巨人なんじゃないの?

 

 

ハピタス

クリックポイント:並の上

広告還元率:No.1

紹介制度:上の中

運営会社:景気がよさそう

 

げん玉

クリックポイント:最低換金額を目指せる

広告還元率:ちょっと高め

紹介制度:夢はあるが絶対的なものではなくなった

運営会社:RealPayでどうなるか

 

と、私が欲しいもの全てを満たしているんですね他の多くの方々のブログでもそう。

個人的見解

人気のあるサイトはこの知られざる、隠しパラメーターが総じて高いものです。

 

2019年の動きは、現魔王のモッピー、そしてポイントタウンが、息を吹き返したげん玉に倒されるかどうか?が動向のキモだと思います。

 

進撃のポイントタウンは、このページでは仮に、ダークドレアムとしましょう。

 

その時、勇者げん玉、戦士ハピタス、そしてダークドレアムポイントタウン。

 

これからの予想は4通り

 

魔王モッピーが威厳を見せ、全ての敵を倒す。

戦士ハピタスがその力で、魔王モッピーを倒す。

勇者げん玉が魔王を倒し、かつての魔王の姿を取り戻す。

ダークドレアムポイントタウンが、魔王モッピーを倒しにかかる。

 

今の所他の伏兵は私は確認できないです。

 

現状のげん玉は、まさにオルテガ位の位置づけだと思います。

 

こんな事を言ったら、オルテガに魔王は倒せたのかとなっていますが根性はあります。

 

ギアガの大穴にラーミアなしで乗り込み、虹の雫なしで泳いでゾーマ城に一人で乗り込み、キングヒドラに海パン一丁で戦いを挑む程には…!!

 

電子ジャーとかチラつかせたらこちらの想像以上にビビリそうなげん玉は、ひかりのたまを手に入れ、転職に転職を重ねた戦士、武道家、とうぞくを引き連れて魔王に戦いを挑んでいます。

 

ハピタスはAmazon広告還元という破壊の鉄球を振り回していたのですが、リスクもあったようで広告が終了してしまい、魔王打倒の決め手を欠いてしまいました。

 

1位に躍り出る事を考えると、今の装備なし、まるだし状態では戦えないでしょう。

 

となると、魔王モッピーが大魔王のまま終わるか、ダークドレアムポイントタウンがその力を見せ、いきなりボスの目の前に現れ、余裕で倒してしまうか?

 

そして準備万端のげん玉が、魔王を倒す勢力となるか?ではないかと思います。

 

現在3人の力は拮抗していて、甲乙が付け難いです。

 

2019年はこういった魔王たちとその他の力の差が大きいので、魔王と村人の二極化が進みつつあります。

 

当サイトのメインのお小遣いサイト候補としては、

 

完璧な装備を整えた勇者げん玉か

 

会心の一撃が連打できれば最強の戦士ハピタスか

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

進撃の巨人、ポイントタウンが魔王を倒しに行くか?

 

進撃のポイントタウン

 

魔王モッピーがその座を死守するのか?

モッピー!お金がたまるポイントサイト

非常に楽しみな1年であります♪

 

結局どのお小遣いサイト/アプリがいいか迷った時の為の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


当サイトでは、色々なお小遣いサイトの評価が高評価になっています。

 

これだけ高評価なお小遣いサイトばかりだと、結局どのお小遣いサイト/アプリが良いのか判断しにくいと思います。

 

その問題を解決すべく、利用別に応じてどのお小遣いサイトが良いのか?を記事にしていきたいと思います。

 

この記事は更新型で、最終的にはお小遣いサイトランキングの中の1つに組み込む予定です。

 

どう選ぶか?選び方についてはコチラ

 

始めに言っておく事

当サイトでこれだけ多くのお小遣いサイトについて高評価をつけている理由は、そのお小遣いサイトが良いと判断したからです。

 

それだけ得手・不得手はありますが、お小遣いサイト/アプリは用途別に最適なサイトが変わってきます。

 

極端な話、高評価をつけているお小遣いサイトであれば1つを集中的に利用する事で損なく稼ぐ事ができます。

 

その上で、どのお小遣いサイトが用途別にオススメかどうかを判断していきます。

用途別お小遣いサイトオススメ

お小遣いサイト/アプリを用途別に仕分けていきます。

 

当サイトで高評価をつけているものの中から判断します。

 

どれが一番いいか?ですので、結構な頻度で同じお小遣いサイトが出てきます。

 

当サイトのようにこれだけお小遣いサイトを検証しても…です。

PC利用がメインなら

これは…モッピーcolleeeですね。

 

モッピーの場合は、本会員としてスマホと合わせて利用するほうが一番稼ぎやすいですが、PC利用がメインでも毎日無料で稼げるガチャ、Amazon利用でも決済方法によって購入金額の0.5%のポイントが還元されたりと、無料コンテンツと還元率の高さから、PC利用がメインでも稼ぐ事ができます。

 

colleeeの場合は、2017年11月に予想ネットからリニューアルし、還元率を売りにしたお小遣いサイトへ変わった為初めは微妙なサイトになってしまったと思っていましたが、A8.netという広告を取り扱っている企業が運営していることもあり、還元率が非常に高く、モニター案件まで揃っているので、広告利用がメインであればPC利用で稼ぐ事ができます。

スマホ利用がメインなら

これは確実にモッピーですね。

 

モバイルを源流としている為、PC版も膨大なコンテンツですがスマホ版は綺麗に整理され、クリック効率が非常に高いです♪

 

タップの回数が少なくなるモッピーは、毎月最低換金額に到達するお小遣いサイトとして非常に高い評価です。

クリック及びゲームなら

これはモッピーですね。

 

モッピーはサービスが安定していて、クリック及びゲームで毎月換金できるお小遣いサイトを維持し続けてきました。

 

サービスの質が変わらないというのもプラスポイントです♪

ショッピングをメインに利用するなら

ここでも確実に、ポイントタウンの存在が大きいです。

 

ショッピングは、10000円購入で還元率が1%である場合、100円相当のポイントを獲得する事ができます。

 

ですので最低換金額が低ければ低い程換金しやすいです。

 

お買い物保証制度もありますので、保証面でも安心です♪

100%還元を利用するなら

こりゃあもうポイントインカムですね。

 

ここはランク制度狙いで利用します。1度上がったランクは下がらないという条件なので、最高ランクであるプラチナ会員になるには100,000pt以上獲得する必要がありますが、100%還元広告であれば簡単に条件クリアできてしまいます。

 

プラチナ会員になればサービス利用でもらえるポイントとは別にボーナスポイントとして7%が加算されるので、高額案件や100%還元でパッパと最高ランクに上げておくと後がお得です。

高額案件を利用するなら

これだけは微妙な所です。

 

高額案件であれば、一部の強者達を除けば最低換金額に到達する為、比較して一番高いポイントのものでもいいんじゃないかなと思います。

 

これは、ご自身がそのお小遣いサイト!!というものを選んだもので優先的に利用し、あまりにも還元率を比較して高いものがあるのであればそのサイトを利用するのが良いです。

アプリインストールメインに利用するなら

ここでもモッピーの登場です。

 

モッピーはクリック及びゲームでも毎月換金できますので、アプリインストールと合わされば月に1000円以上を楽に換金する事ができます♪

iOS(課金アイテム)なら

※2018年10月にApp Storeアフィリエイトが終了!

 

2016年4月時点であれば、ちょびリッチだけ6%還元ですのでちょびリッチが一番良いです。

 

ただこれは、時期的な気もしますので…となれば、モッピーもオススメしておきます。

 

モッピーの場合、課金アイテム5%還元、iTunesギフト5%還元、そして先程からそろそろSEOが気になってきた、クリック及びゲームで毎月換金できるからです♪

記事作成なら

記事作成であれば、コンテンツに力を入れているげん玉がお小遣いサイトの中では一番強いです。

 

早い時期に始めたというのもありますが、げん玉を運営するリアルワールド株式会社自体もお仕事に力を入れています。

友達紹介なら

これはモッピーポイントタウンですね。

 

モッピーは、お友達が本会員として1週間登録してくれていれば、それだけで300円獲得できます。

 

さらにダウン報酬対象となる広告が99%となり、お友達が広告利用で稼いだポイントの5~100%が付与されます。

 

ポイントタウンは、お友達が登録(電話番号認証)を行ってから1週間後に300円獲得できます。

 

ダウン報酬は50%。友達紹介者ランキングが毎月開催されているので上位に入る事ができれば友達紹介だけでも稼ぐ事が可能となります。

用途別オススメお小遣いアプリ

お小遣いアプリの用途別オススメです。

 

お小遣いアプリの場合、ショッピング及び広告利用等は本家お小遣いサイトにまかせた方が良いです。

 

唯一イッカツのみは、情報を入力する事がないというチート行為があります。

ハニースクリーン

ハニースクリーンはiOSでもAndroidでも利用する事ができ、ロック解除だけでポイントが貯まるお小遣いアプリです。

 

例えば某回転ずしの待ち時間、スマホをロック解除したりという何気ない動作でポイントが貯まる為、インストールしておいたほうが良いお小遣いアプリです♪

イッカツ

イッカツは、お小遣いサイト利用に必要な情報をイッカツに記憶しておく事で、案件利用の際に登録情報を入力しなくとも良いお小遣いアプリです♪

 

ポイントタウンのツールバークラスのチート行為なのですが、その膨大な個人情報を預けるという事を乗り越えてこそ生きるお小遣いアプリです。

GMコイン

トリを飾るのはGMコインです。

 

GMコインは、ゲーム攻略とお小遣いアプリが一体となっています。

 

ポイントをiTunesギフトコードに交換すると、3%がコインバックされるので実質3%OFFになります。

 

非常にシンプルですので、直感的に分かりやすいのもプラスポイントです。

まとめ

箸休め画像

今回の更新では、あえて一番稼げるもののみ記載しています。

 

結局どのお小遣いサイト/アプリがいいか?という事に対しての記事ですので、対象となるサイトを少なくしてみました。

 

こうしてみるとモッピーとポイントタウンが圧倒的に多いですね♪

 

これは、1番という所があまりにも多いからなる現象です。

 

ここに2番、3番と足していくとポイントインカムやげん玉、ちょびリッチやi2iポイントがチラホラと出てきます♪

今回ここに出てこなかったお小遣いサイトは、決して悪いわけではなく、ただ1位ではないというだけです。

 

モッピーが進撃し過ぎているのでバランスが崩れますが、仮に1つの部門だけで1位であったとしても、複数のカテゴリで3位になっている方が強いという事もあります♪

 

 

お小遣いサイト(ポイントサイト)はどう選ぶ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お小遣いアプリ閉鎖

 

この記事は、お小遣いサイト(ポイントサイト)、アンケートサイト、ASP・お小遣いアプリ(ポイントアプリ)全てに対し、自分に合ったサイトは何か?という事を選ぶ為の記事です。

 

どうしても迷うのであれば、以下のリンクを確認して下さい。

 

 

この記事、当サイトを始めた時から書こうと思っていましたが、10年先になっても通用する結論というのが更新されるのが分かっていたので、ずっと書かずにいた記事です。

 

当サイトも5周年を迎えた事ですし、ついにこの記事を更新型として書いていきます。

 

…デンジャーな事もチラホラと書いていきます。

 

お小遣いサイトって結局

悩んでいる主婦

 

お小遣いサイト・アプリを選ぶ際、当サイトを参考にして頂き、当サイトのオススメお小遣いサイトを利用して頂く方がお得です。

 

それだけ私はお小遣いサイトを巡回していますし、時間をかけてサービスを検証した上、当サイトのトップページに上位お小遣いサイトを設置しています。

 

余談ですが、私は業者じゃないです。

 

私は私自身の事しか把握できませんし、把握できてブログ仲間の事位しか分かりませんが少なくとも業者じゃない事は確かです。

 

むしろ零細企業に勤めるサラリーマンで、当サイトは位置づけとしては"副業"です。

 

アフィリエイト一般でよくある事ですが、特別単価という、検索上位の方に特別に報酬を頂くという事。

 

会社は明かす事はできませんが、お話としては2社程貰っています。

 

そのサイトは正直、結構上位に配置していますし、記事の数も多いです。

 

ただ、それが原因でランクを上下させる事というのは今までやった事がありません。

 

しばしば、露出をお願いされる事があり、右サイドバーの一番上に置いて下さいとか、置けば固定報酬とかのお話がありますが、しっかりと断ってします。

 

この状態が"業者"というのであれば私は業者でしょう。

 

そして、デンジャーですが他の上位ランキングにいる方も同じような兼ね合いがあると思います。

 

そういった方も業者でしょう。

 

…批判がきそうで怖いですが、私はそう思います。

 

私の意識的には、あくまで私はユーザーです。

 

…この事は言っておきたかった…

 

さて、余談を戻して、お小遣いサイトを選ぶ際は、当サイトのオススメお小遣いサイトを参考にして下さい。

 

…これだけではただの販促ですね…

 

これ以外の状態、もし、既にお小遣いサイトを利用していて、当サイトでの評価が上位にいない、あるいは悪かった場合についてです。

2013~2019の結論

頑張る主婦

ここでいきなり結論ですが、お小遣いサイト、アンケートサイト、お小遣いアプリ等、サイトを選ぶ時大事なのは"やりぬく"という事です。

 

お小遣いサイト、従業員30名を超えるような企業においては、無料会員登録やクレジットカード作成等、報酬が1000円のサイトや2000円のサイトがあるだけで基本利用すれば稼げます。

 

これが前項で述べた、"お得"という概念を考えないのであれば、大部分のサイトは利用すれば稼げます。

 

お小遣いサイト側も、できるだけ自身のサイトだけを利用して欲しいというのが前提です。

 

まあそれは当然、運営会社は利益を得ているから会社も存続できますし、新たな呼び込みとしてクリックポイントや友達紹介を優遇させる訳です。

 

どの位当然かっていうと、コーラを飲んだらゲップが出る位、海王という称号を得た中国人は水の上を走る事ができる位当然です。

 

その為、利用に応じて会員ステータスを上昇させ、ポイントのボーナスがあったりと、運営会社的にはできるだけそのお小遣いサイトを利用してくれれば優遇されるようにできています。

 

ですので基本、お小遣いサイトは案件を利用する事を考えると稼げるようにできています。

 

私が言いたいのは、例えば当サイトでオススメのお小遣いサイトではないものに登録していた場合、利用をやめてまで当サイトのオススメサイトを利用する必要はないという事です。

 

例外があるとすれば、当サイトでオススメのサイトでない場合かつ、登録して間もない、案件を利用していない場合です。

 

であれば、今からでもオススメのお小遣いサイトを利用してもいいです。

 

…誤解なきように言っておきますが、これは当サイトを参考にした場合に限らず、他のサイトを参考にした場合も同じです。

 

お小遣いサイトの還元率、例えばAとBというお小遣いサイトが合った場合、Aのクレジットカードは1000円、Bは2000円という事はあります。

 

ただ、Bのクレジットカードは2000円、Aは2000円という事もあります。

 

当サイトでは還元率が平均して高いお小遣いサイトを上位に置いていますが、稼げない事はありません。

 

お小遣いサイトは、"やりぬく"厳密に言うと広告利用を1つのサイトで行うならば、どのお小遣いサイトでも稼げるという事です。

 

既に当サイトに出会う前にお小遣いサイトに登録している場合、あまり気にしないでそのサイトを信じ、利用して下さい。

例外もある

例外として、まず広告の量が少ないお小遣いサイト、これは例外です。

 

広告が少なければ、広告利用したとしてもすぐに広告が枯渇してしまいます。

 

その場合、他のお小遣いサイトで案件を利用したりする、こういった場合は当サイトのオススメランキングは有効です♪

 

次に…あまりにも運営会社の規模が小さく、不透明はお小遣いサイトです。

 

正直、運営会社の規模が小さい場合、サービスの充実も難しいですし、提携できる広告の量も違います。

 

そして何より、いつでも辞める事ができるという危険性を持っています。

 

個人運営の場合、サイトは終了しました。ポイントは○○日までに交換しないと失効です。

 

これが法律に違反している訳ではありませんから…

 

最後の1人まで、全ての方が保有しているポイントを全て支払うまで閉鎖してはいけないという法律はありませんから…

 

もう1つ、あまりにもセキュリティーがずさんなお小遣いサイトです。

 

こういったお小遣いサイトは、さすがに個人情報が不安です。

 

SSLが導入されていない…は、さすがに例外として考えた方が良いです。

 

最後に、お小遣いサイトで稼ぐ事が目的ではないサイトです。

 

正直、課金アイテム無料配布キャンペーンで大量のポイントを抽選で当たるようにして、その後抽選にハズレた場合、最低換金額まで貯めることができるか?と言えば、私でもしんどいです。

 

こういった例外もある為、当サイトのランキングにおいては"換金できた""換金できそう""換金できそうにない"という所はしっかりと分けています。

利用歴が長い場合

お小遣いサイトの利用歴が長く、例えばAというお小遣いサイトは保証制度がないから、Bのお小遣いサイトに変えようか…?

 

この場合、当サイトのランキングは役に経ちます♪

 

利用歴が長い方は、既にお小遣いサイトでどうやって稼ぐか?自分がどういった稼ぎ方が向いているか?そして稼ぐ方法を理解しているハズです。

 

そういった方であれば、先程のように保証制度が欲しい、還元率がとにかく高いのがいいとか、最低換金額と手数料がかかるのは分かっているから、それを考慮して広告利用できるとか、色々な方法を知っているハズです。

 

であれば、他のお小遣いサイトを利用する事をオススメします。

 

私であれば100%還元はポイントインカム、

 

通常の広告利用はモッピー、ハピタス、

 

スマホ案件はモッピーやちょびリッチ、

 

クレジットカード等一発案件は還元率を比較して、最低換金額との兼ね合いを見て自身がメインとしているお小遣いサイトの中から決める。

 

こういった事ができるのであれば、お小遣いサイトの"サブ"というのも考えていきましょう。

 

アンケートサイト結論2013~2019

アンケートサイトの場合、もうアンケート頻度が全体の9割を占めます。

 

ある意味、現状一番結論が出ているのでサイト名を限定する事もできます。

 

まずは王道のマクロミル、アンケートの頻度がケタ違いです。

 

リサーチパネル、アンケートの頻度が多く、ECナビというお小遣いサイトと連結できる為、クリックやゲームでもお小遣い稼ぎができます。

 

楽天リサーチ、アンケートの頻度はマクロミル並ですが、ポイントが楽天スーパーポイントに限定されます。

 

infoQは、ポイントタウンのポイントに交換可能ですので、ポイントタウンのアンケート・記事作成部門として重宝します♪

 

アンとケイト、少し規模は小さいながらも、アンケート頻度が非常に多いです。

 

ポップインサイト、マイクで対話というハードルの高さですが、一撃で換金額に到達する報酬の高さがウリです。

お小遣いアプリ結論2013~2019

お小遣いアプリ(ポイントアプリ)の場合、まず利用用途を決める必要があります。

 

大きく稼ぐ方法があるのは、お小遣いサイトのスマホ版及び、お小遣いサイトが提供しているお小遣いアプリです。

 

そこでまず大きな分岐点があります。

 

それは広告利用のあるお小遣いアプリかつ、最低換金額が低い事が重要です。

 

 

上の記事にもあるのですが、やはりお小遣いサイトのスマホサイト及びアプリが上位陣を独占しています。

 

残りはハニースクリーンのような、ロック解除でポイントが獲得できるアプリ。

 

楽天チェックやスマポのように、実際の店舗に赴いてポイントを稼ぐアプリ。

 

こういったものがオススメです。

 

…ここでもお小遣いサイトのポイントタウンが、歩数計機能やチェックイン機能、楽天スーパーポイントが貯まる使える等、アプリ限定のお得なコンテンツを提供しており、お小遣いサイト=ポイントタウン、アンケートサイト=infoQ、お小遣いアプリ=ポイントタウン、とポイントタウンでポイントを貯めることができる流れになっていることが強みともいえるお小遣いサイトです。

ポイント合算サイト結論2013~2019

ポイント合算サイトは、利用しているお小遣いサイトが分岐点です。

 

げん玉、リアルワールド-暮らすことがメインのお小遣いサイトであるならリアルペイ(RealPay)

 

ECナビ・リサーチパネルがメインであればPex

 

その他、ドットマネーというポイント合算サイトが提携数も多く、手数料を無料化させる道が多いです。

 

増量キャンペーンも豊富な、2019年も勢いのあるポイント合算サイトと言えます。

人それぞれですがパターンができる

箸休め画像

 

少し話しましたが、私の場合メインのお小遣いサイトはハピタスです。

 

Gooogle Chromeツールバーや100%還元はありませんが、還元率の高さ、お買い物あんしん保証、手数料無料で現金に交換できることが理由です。

 

高額案件においてはモッピー、ポイントタウン、げん玉、ハピタス、ポイントインカム、i2iポイント、ちょびリッチで比較し、一番還元率が高いものを利用します。

 

アプリインストールはモッピーを利用中。毎時0分に追加されるアプリを狙いましょう。

 

無料会員登録等は私は登録し尽くしてしまったので、新しい案件があれば適宜上記のサイトで利用します。

 

これは私の利用方法で、実際に利用されている方々の見解もありますし、千差万別だと思います。

 

お小遣いサイト(ポイントサイト)で何を利用するのか?というのはよく考えてからというのも多少ありますが、登録当初は選んだお小遣いサイトを徹底的に利用し、途中で他のサイトに目移りしない事が大事です♪

 

その後慣れてきたら、新しいサイト、新しい利用方法を考えましょう♪

 

 

個人情報の入力が多いお小遣いサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


個人情報多すぎ

個人情報の入力が多いお小遣いサイト、なんでこんなに多いのって思いますよね。

 

この記事は私の経験則に基づき作成していますが、ほぼ確信に近い状態でこういった理由で個人情報の入力が必要だという考察に至っています。

 

嘘・適当な個人情報を入力するとどうなるか?については以下の記事を参照下さい。

 

個人情報を漏洩対策で適当に入力しても良いのか?
今回はお小遣いサイトの登録情報の個人情報は適当で良いのか?について詳しく説明していきます。 まあ当然の事ながら運営会社的にはNGですので、その点は重々承知下さい。 例えばパスワードや秘密の質問を忘れてしまった場合、誰でも簡単に変更できないよう...

 

個人情報の入力が必要な理由

これまでお小遣いサイトを利用してきて、個人情報が必要な理由というものを探してきた結果、3つの理由で個人情報の入力が必要なのではないかと思います。

  • 換金手数料
  • 会員の管理
  • 不正利用防止

以下、3つの理由について詳しく説明していきます。

換金手数料

握手

 

お小遣いサイトは登録制、これは絶対です。

 

登録制である一番の理由、これは換金に原因があります。

 

例えばお小遣いサイトから還元率1%の広告を利用するとして、購入金額が100円とします。となると還元率1%ですので、獲得できるポイントは1円になります。要はこの1円を手数料無しで換金するのが非常に難しいという事です。

 

1円から換金可能を実現する為には極端な話、自社が持っているコンテンツのポイントに交換するとかしか見たことがありません。一部換金先については、単純に方法が無いというのもあります。

 

Amazonギフト券であれば最低換金額は15円、お小遣いアプリには一時期50円から交換可能でしたが、現在のお小遣いサイトでは100円が最低換金額と言ってもいいでしょう。

 

iTunesギフトは500円から、これは単純にiTunesギフトが500円単位でしか販売されていないからです。

 

現金において、お小遣いサイト側で現金の手数料が無料な場合、その場合はお小遣いサイトが手数料を自社で受け持っている状態です。ですので1円からポイント交換されると手数料がかかってしまい、運営会社の利益にはならずむしろマイナスになってしまいます。

 

当サイトの記事、お小遣いサイトとは?仕組みについてをご覧になった事がある方であれば、お小遣いサイトは色々な広告を集め、広告を利用してもらった方から中間マージンを取る事で成立しているシステムだという事はご存知だと思います。

 

ですので極端な話、お小遣いサイトとしては広告を利用してくれれば良いのですから、1件利用してくれれば登録情報は必要ありません。なのに登録情報が必要なのはまず換金手数料という問題があります。

会員の管理

情報管理

 

最低換金額の問題から会員登録をしたとして、何故お小遣いサイトによっては膨大な登録情報が必要なのか?連絡するだけならメールアドレスとパスワードだけで良いのではないか?

 

1つは会員を管理するという事について、登録情報が必要となってきます。

 

会員を管理しておかないと、後でどんなトラブルがあるかどうか分かりません。特に広告が承認されないなんてクレームを受けた場合、相手の情報を確認したくともメールアドレスとパスワードしかないのであれば、いわゆる本人確認ができませんし、調査する事も難しいです。

 

先程、1円を獲得したという例を出しましたが、その情報をどうやって管理するの?メールアドレスとパスワードだけで?となると、第三者が勝手にポイントを換金した場合、お小遣いサイトでは本人であるかを確認する術がなく、トラブルを招く結果となります。

 

 

お小遣いサイト運営側は、会員の管理を行い保有ポイントの管理・トレブルやクレームが会った時のために登録情報を必要とします。

 

この場合、より多くの登録情報があった方がトラブルの原因を追求するのに便利ですし、正直お小遣いサイト側も広告を利用して欲しいから、多少はお小遣いサイトを利用する覚悟ができる登録情報を入力して欲しいというのもあります。

不正利用防止

俺の名前を言ってみろ

 

ちょっと昔の話をしますが、6年くらい前まではお小遣いサイトでこれ程多くの登録情報を必要とするお小遣いサイトは一握りしかありませんでした。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ニックネーム
  • 生年月日

位でしょうか?個人を特定するには全く至らない程の情報でした。

 

これが近年、携帯電話でのSMS認証は電話認証が導入され、都道府県まで指定するようになってきたのは何故か?

 

まず生年月日については本人確認のために使われる事が多いです。例えば会員情報の編集ページであれば、生年月日及び秘密の質問を入力すると編集ページ触れるようになったりする事が良くあります。

 

ただ生年月日ですから、友人や知人、ちょっとした知り合い、会社の同僚、結構部署が違うひとでも生年月日を知ることは出来てしまう為、本人確認としてはイマイチです。

 

この状態から2013年位からでしょうか、秘密の質問というシステムが導入され初めました。秘密の質問とは、本人にしか知り得ない秘密の質問を設定し、その質問に答える事ができた場合、本人確認ができたとするシステムです。

 

ただこの秘密の質問、本人の事を良く知っている方にとってはそれ程難しい事ではないというのが問題です。あまりに難しい質問を設定してしまうと、本人自身も秘密の質問と答えがわからなくなってしまうのも原因で、秘密の質問は"好きな食べ物"とか"母親の旧姓"とか、分かりやすいものになってしまった為、本人確認としてはややイマイチです。

 

そこで現在お小遣いサイトに普及しているのがSMS認証・電話認証です。

 

SMS認証はショートメールを使い、認証コードを送って本人確認を取るシステムです。これはかなり効果があったようですが、携帯電話を持っていないと認証ができないと欠点がありました。

 

それを補完したのが電話認証で、お小遣いサイトが指定する電話番号に直接電話をかけ、認証コードを取得するというシステムとなりました。

 

これも電話回線が無いと利用できないというデメリットがありますが、電話認証までやると大きなトラブルが少ないというのが現状です。

 

これらの登録情報が年々厳しくなっているのは、不正利用による第三者のポイント換金が多いという事を意味します。まあ秘密の質問とか、秘密の質問になっていない状態ですから携帯電話番号という1つしか所持しにくいものに変わるのも無理はありません。

 

そして1つしかない携帯電話番号、携帯電話を持っていないあるいはショートメールが使えない人からクレームが来るのも無理はありません。

 

何が言いたかったか?と言えば、電話番号が必要という事が本質ではなく、年々不正利用対策に登録情報が増えていっているという事です。

 

この流れの終着点はマイナンバーですが、私でもお小遣いサイトの登録にマイナンバーが必要であれば利用しないですので、マイナンバーが必要という時代はおそらく来ないでしょう。

 

現在のお小遣いサイトではこれらの情報を複合して不正利用対策を行っている状態です。

 

ログイン時にはロボットによる自動認証を阻止し、登録情報変更画面では生年月日の入力、秘密の質問が必要、ポイント交換には電話番号の登録等ですね。

 

登録情報が多くなった原因として、不正利用防止が年々イタチゴッコで認証する方法が変わっているという事があります。

 

目次へ

個人情報入力の多いサイトは強力

ビル群

 

個人情報の入力が多いお小遣いサイトは大体セキュリティが強力です

 

個人情報が多いお小遣いサイトとは、アンケート系お小遣いサイトに属するものとポイント交換先に商品を発送するサイト、懸賞サイトが大半です。

 

これらのお小遣いサイトは、どうしても年代や住んでいる住所が必要になってきます。

 

アンケートサイト側になって考えると年齢も性別もわからない方にアンケートを送るより、集計結果に20代~50代位まで欲しいでしょうし、主婦の方、サラリーマンの方等、個別にアンケートを送る事で顧客の満足いくアンケート結果が返ってこないと話になりません。ですのでアンケートサイトでは氏名や住所はおろか、性別や血液型、趣味や仕事のジャンルまでも登録時に入力することが多いです。

 

このアンケートサイト、例えばマクロミルなんかセキュリティが超強力です。なにか個人情報のページがある所全てにSSLが使用されています。

 

その他のアンケート系お小遣いサイトでも、さすがにSSLを使用していないサイトは私が確認する限りは見当たらず、セキュリティによる個人情報の流出を考える場合SSLを使用しており、登録情報の入力が多いサイト程危険性が少ないと思います。

 

経験則ですけどねレベル10

 

個人情報の入力が心配な方は、個人情報が多いサイトに飛び込むのもある意味手であると言えます。

 

SSLは確認して下さいね!!SSLの確認は、ログイン画面で、上部のURLがhttpsになっているという状態です!!

 

SSLがあれば必ずという訳ではありませんが、情報漏えいの危険は少なくなります。

 

余談ですが、当サイトでも検索順位が低下するのを恐れず後からSSL対応を行いました。私みたいな個人レベルでもSSL化ができるのですから、お小遣いサイトでSSLを導入するというのは、もはやコーヒーに砂糖とミルクが添えてある位たしなみの1つになってきています。

ただ大手サイトだという事

進撃のポイントタウン

 

ただ大手サイトだという事は、それだけ人の目に触れる機会が多いです。ポイントタウンやモッピー等は月間数千万PV、1ヶ月で日本人の数分の1になる程のアクセスがある訳です。

 

人の目に触れる機会が多いという事は、それだけ個人情報を狙う人の目に触れる機会も多いということです。その中にこのセキュリティーなら突破できる…!!と思う方、その中から実際に行動を起こす可能性、月間1万PVのサイトに比べれば明らかに高いです。

 

Yahoo!とか、多くの方々がトップページにしていると思います。会員登録している方も多いので、それだけ個人情報を狙う人にとっても、個人情報を入手できた場合おいしいものとなります。だからこそセキュリティーには人一倍気を使うのですが、可能性としては高いという事は事実です。

SSLが無いという事

デンジャー

 

SSLはあった方が確実に良いのですが、お小遣いサイト/アプリを運営する為には原則として必ず必要という訳ではないです。

 

常識的には欲しい所ですが、最悪無くても…というのが現状です。

 

お小遣いサイト及びお小遣いアプリ、SSLを導入していないと運営してはいけないという法律はありません。

 

SSLが無いという事は、個人情報の入力画面において、通信間のセキュリティーが守られていないということで、通信間のセキュリティーが保障されていない上、多くの方々が個人情報を入力しているページがあれば…狙いどころですね。

 

SSLを利用していないという事は、不正に個人情報を取得している輩のせいにできるという事です。

 

私共のお小遣いサイトはSSLを利用していませんので、通信間でハッキングされたものに対しては責任を負う事ができませんという逃れ方ができる事になります。

 

であれば当サイトで取り扱っているお小遣いサイトにおいてSSLが使用されていないという事はほぼありませんが、評価的にSSLを利用していないという事はかなりのデンジャーであると評価を改める必要性が出てきました。

 

プライバシーマークの取得には審査対象として、SSLの導入が含まれることもあるとの事、であれば、プライバシーマークを取得している企業において、SSLを利用しないなんて事はないという事も言えますね。

 

目次へ

意味のない個人情報の入力も…

なんでやねん

例えばですが、アンケートの必要がなく懸賞などもからまないお小遣いサイトで住所、氏名、電話番号、メールアドレス、世帯の情報等、不正利用を防ぐと言う所ではある程度の入力は必要だと思いますが、これはあきらかにやりすぎだと思います。

 

アンケートも懸賞もないのに詳細な住所が必要なのか?まあ必要ありませんね

 

こんな感じで、必要のない個人情報の入力を迫られて、さらにこれが身元が分からないお小遣いサイトの場合はかなりデンジャーです。個人情報を入力するだけで、稼げる可能性の見いだせないお小遣いサイトである可能性があります。

 

最近こんなお小遣いサイトはあまり見かける事がなく、ちゃんとお小遣いサイトとして広告を掲載していて稼ぐことは可能ですが、登録の際には注意しましょう。

 

換金時に個人情報が求められるという事がありますが、これは不正対策防止としてはしょうがない所です。最近ではSMS(電話認証)だったりしますが、登録情報(生年月日等)等を入力する事が本人確認のお小遣いサイトもあります。

 

こういったものであれば個人情報を入力するという事にも納得がいきます。

 

出会った事はありませんが、現金交換時に換金時の本人確認の為に詳細な住所等を要求するというのは何の目的で?という気がします。

 

目次へ

会社の規模に左右される面も

ツインタワービル

 

会社の規模でもお小遣いサイトの危険度が伺い知れます。

 

先程の話でも、必要のない個人情報を入力するとして従業員が5名とかであったら少し怪しいな…と思いますが、従業員が100人以上で、株式上場していたりするとやはり安心度が違います。何か意味があるのだろう、この先懸賞サービスを出す予定でもあるのかと思うことができます。そして100人を露頭に迷わせる事になる可能性がある個人情報の流出に対して慎重になるという事もわかります。

 

個人情報は大切に扱って欲しいので、ある程度の会社の規模でも危険度を判断する事ができます。逆に言えば責任分担的には規模の少ない運営会社の方がハッキリしているとも言えます。

 

従業員2人の場合、極端な話責任はどっちかです。

 

従業員500人(アルバイト・パート含む)とかだったら、極端な話アルバイトさんが個人情報を漏えいしてしまい、発覚した時にはもういない…なんて責任分担が甘くなってしまう事も考えられます。まあそれを防ぐ為の理由でもあるプライバシーマークですので、プライバシーマークを取得しているのはプラスに働いています。

 

目次へ

まとめ

にゃー

 

個人情報を入力するという事は、少なくともメールマガジンが来る可能性を示します。

 

これが迷惑メールであるかは人それぞれですのでそこまでは言いません。

 

ですが個人情報を入力するのであれば丁重に取り扱って欲しいものです。

 

理想的なのは個人情報の入力が多くても、SSLが効いていたり検索すればパッと出てくる会社であるのが望ましいです。

 

全てがダメな訳ではありませんが、会社名を入力してすぐ出てこないような会社では少し注意が必要だと思います。

 

元々お小遣いサイトの運営会社はそういった技術に長けているハズですので、そういった事も頭に入れつつお小遣いサイトを選定されてみては?と思います。

 

 

目次へ

個人情報を漏洩対策で適当に入力しても良いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


適当な個人情報

今回はお小遣いサイトの登録情報の個人情報は適当で良いのか?について詳しく説明していきます。

 

まあ当然の事ながら運営会社的にはNGですので、その点は重々承知下さい。

 

例えばパスワードや秘密の質問を忘れてしまった場合、誰でも簡単に変更できないように登録情報で本人確認を行います。その本人確認を行う個人情報が適当な場合、覚えていなければ登録情報を変更できなくなりログインできなくなってしまう。

 

…なんてことも考えられます。

 

私はきちんと本当の個人情報を入力しているので、実際に試した訳ではありませんので重ねてご了承下さい。

忘れるとヤバい

デンジャー

 

お小遣いサイトでは登録情報を変更する際やパスワードを忘れた時、そして換金時に、生年月日やパスワード、電話認証利用して本人確認を行う事が多いです。

 

適当に入力すると、パスワードはともかく生年月日を思い出すのは至難の業で、適当に登録した日とかにしておくと、取り返しのつかない事になります。

 

具体的には、本日、1月20日に登録したから、生年月日を1月20日にしておくと、自分の誕生日が1月20日でない限り中々思い出せないですし、憶えておくのも難しいと思います。

 

そもそも生年月日の照会、自分の誕生日を忘れるなんてボケ老人にすら失礼なレベルですので、そもそも問い合わせというものが存在しません。

 

唯一例外として私の会社の人は、父親が出生届を出した際の字が汚すぎて実際の生年月日が違っていたようで、後になって生年月日を変更していく必要があったというのを聞いたことがあります。

 

そんな事でもない限り、生年月日って役所とかでも変えられないのではないかと思います。

 

お小遣いサイト(全てのサイト)でも、生年月日は変えられない事が多いです。適当に入力してお問い合わせで生年月日はどうでしたっけ?って言うと、自分の生年月日知らねぇの的になってしまいます。

 

適当に入力するという事は、当然答える事ができる答えに答えられないという事を意味し、入力ミスで…というしかなくなってしまいますが、それは不正利用を考える人もやる事ですので、運営会社が問い合わせに答えてくれるかどうか…の時に免許書の写しが必要だったりしても文句は言えません。

基本はダメですが

基本はダメですが、例えばAmazonギフト券やiTunesギフトコード等、人にあげるような換金先においては適当な個人情報を入力してもバレないと思います。

 

ギフトですからね…誰にギフトしてもそりゃあバレないでしょう。ただその場合においても、電話認証(SMS認証)等で、本当にお小遣いサイトに登録している本人なのか?というのは確認される事があります。

 

アカウント乗っ取りに対する対策がギフトという形態上できない為、多くのお小遣いサイトでは電子マネーへの交換の換金上限額が低めに設定されている事が多いです。

 

銀行口座への交換ついては、不正利用だと思われる可能性が非常に高いです。

 

ハピタスを例に挙げますと、きちんと質問にその事が明記されています。

 

ハピタス換金規約

 

必ず利用の会員本人様の交換先を指定する必要があります。家族の口座を含め、他人名義の口座へのポイント交換は承る事ができません。

 

例えばAさん…いや、私を例にすると、いくら私のアカウントで換金できるポイントが貯まったとしても、嫁の銀行口座に振り込むのは宜しくないです。

 

今考えれば、お小遣いサイトの確定申告は振り込まれた時点で雑所得との事、本人以外への口座に振込可能だったら20万円まで自分の口座に振り込んで、今度は嫁、親…とある意味税金を逃れる事ができてしまいます。

 

さらに例えるなら、他人名義に振り込みがまかり通ってしまう場合、私のアカウントが乗っ取られた場合、全く知らない人でも換金できてしまう事になります。

 

そういう意味でも、本人の口座が必要というのはそれは必要な事だと思います♪

ちゃんと入力して問題があったか?

デンジャー

 

私的には、今まで自分の登録情報を偽りなく入力しましたが、それで何か個人情報が流出した等という事は自分で体感できません。

 

お小遣いサイト運営会社は、個人情報を流出するととても大きなダメージを受けますのでしっかりと保護してくれます。

 

そもそもの話ですが、お小遣いサイトは完全に個人を特定できる程、登録情報を入力しないという事もあります。

 

入力が多いと登録をためらってしまいますので、できるだけお小遣いサイト側も個人情報を入力させたくない⇒SMS認証及び電話認証が解決策になってきています。

 

中には大丈夫かよ…?というサイトもありますが、私が登録した中では何も起こってない事から、それらのサイトもしっかりと守ってくれているという事が分かります♪

今後厳しくなっていく

逮捕者

 

お小遣いサイト・アプリの流れを簡単に説明します。

 

極端な話、昔は個人情報が適当であっても、ポイント換金を行なう事ができた時代もありました。

 

この数年、不正利用や不正換金が多くなってきて、多くのお小遣いサイトで登録銀行口座は本人のものという縛りが設定、ポイント交換にはSMS認証が必要、電話番号が必要という流れになってきています。今後、セキュリティーの観念からこれが義務化レベルのデフォルト設定になるという可能性、遅かれ早かれ来ると思います。

 

ただ、お小遣いサイトも正直、誰でも簡単に利用できて簡単に辞める事ができるのを売りにしている為、できるだけ縛りは設定したくないというのが本音です。

 

だから原則義務化されるとかでない限り、縛りがあるサイト・無いサイトというのが混在するでしょう。大手は不正利用に対する対策を導入しますが、中小お小遣いサイトは対策を導入していないという可能性、あると思います。

 

ただ年々厳しくなっているのは事実、最近では、ポイント交換時にはSMS認証及び電話認証のいずれか、かなり必要になってきています。

秘密の質問・パスワードを忘れた時に

個人情報がよく使用される所として、秘密の質問及びパスワードを忘れた場合に個人情報を入力する事で本人確認を行う事があります。

 

通常、個人情報は覚えている事が前提で話が進みます(当然ですが)ので、覚えていないと話にならない事もあります。

 

また、退会時にパスワードが必要で、パスワードを知る為に登録情報が必要だったり、最悪退会できないなんて場合も考えられます。

 

秘密の質問は、本人しかわからない情報を入力する事で、セキュリティーを高めることを目的としていますので、運営会社の考え方次第では、再設定が難しいお小遣いサイトもあります。

 

 

本人確認(電話認証・sms認証)

SMS認証

 

お小遣いサイトでは、換金する際に電話認証やsms認証等の本人確認が必要な場合もあります。

 

sms認証の目的は、再取得しにくい携帯メールアドレスや電話番号で認証を行う事で、不正防止対策としては効果がある為、多くのお小遣いサイトに導入されています。

 

お小遣いサイトに登録する際入力した登録情報で、本人確認を行う事もあります。

 

登録情報画面に行けば分かりますが、例えば誕生日、適当に入力しているとおそらく忘れると思いまし、これは変更できないサイトが多いと思います。上記の本人口座と併用すると、不正利用についてより厳しくなりますので、換金する際の本人確認はこれから多くなっていくのではないかと思います。

 

秘密の質問と答えも同様で、ご家族とか親しい友人とかでないと、秘密の質問にはなかなか答えられないでしょう。

 

 

反面、届かないというトラブルは多いので、届かない場合は対処を行う必要があります。

 

お小遣いアプリは特に

お小遣いアプリは特に、登録情報が必要なく、メールアドレスも必要ではない場合があります。

 

その場合、どうやって本人確認を行うか…?という事になると、ポイント交換時等にsms認証及び電話認証に行き着きます。

 

だって何らかの本人確認を行わないのであれば、端末の数だけ適当にアプリをインストールしてポイントを稼ぎ、ポイントを換金できるようになりますので、そういった事が不正利用に繋がってくるのではないかと思います。

 

簡単に換金できないよう、最低換金額を高めに設定したり…

 

クリック及びゲームのみでの換金を不可にしたり…

 

個人情報が無いという事は、逆に電話認証及びsms認証を必要とする可能性が高いです。

 入力しても問題ないです

個人入力を適当に行う事での弊害は以下の通り。

  • 換金する口座と登録情報が合わず換金できない
  • 本人確認に必要な生年月日・氏名等を忘れて先に進めない
  • 秘密の質問は退会できなくなってしまう事もある
  • お問い合わせの時、個人情報を適当に入力したとは言いづらい

です。

 

対して適当に入力することのメリットは、

  • 怪しいサイトに対して個人情報を漏らさない

という事だけです。

 

デメリットは、

  • 本人であることを証明できない
  • 不正利用者とみなされてしまう
  • 換金できない

という、せっかく頑張ってポイントを貯めたのに、登録時に適当な個人情報を入力したがためにポイントを交換できないという事があります。

 

私的には入力しても特に問題がない事から、入力しない理由はないと思います。

 

個人情報を守ってくれるのであれば、しっかりと入力しない意味っていうのもあんまりないと思いますが…

 

怪しいサイトは、そのサイトの運営会社のHPがあるかどうか?運営会社の住所とか、特にHPにある企業情報は参考になります。

 

親にバレたくない…学校にバレたくない…であってもお小遣いサイトが情報を公開する事はありませんし、

 

ニックネームに本名を入れる等を行わない場合、バレるという事はないと思います。

 

 

余程特殊な名前でもない限りは…

 

今は大丈夫なサイトでも、この先は不正利用防止から厳しくなる傾向にあるのは間違いありませんので、個人情報はしっかりと自分の情報を入力し、お小遣いサイトにしっかりと守ってもらいましょう♪

 

信用できないようなサイトは、利用から検討した方が良いと思います。

 

もちろん100%断言できる訳ではありません。

 

運営会社も人間ですから、あってはならない間違いを犯す事もあるでしょう。

 

ですがそれは、お小遣いサイトというジャンルでは本当にあってはならない事です。

 

それがないよう、企業としてクリティカルヒットを受けないよう、大切に扱われています。

 

こちらの方が良いかもしれませんね♪

 

お小遣いサイト運営会社として、個人情報を流出させましたという記事がYahooのトップページにでも掲載されようものなら、ポイントタウンを運営するGMOメディア(GMOグループ)でも会心の一撃クラスの打撃でしょう。だから身元が判明している大手企業はある程度信頼感があります。

 

お小遣いサイトは信用第一で、信用で運営会社の景気が揺らぎかねないビジネスです。

 

ただ個人情報を適当に入力するという事は、お小遣いサイトに対し、不正利用しているかもしれないという疑いを否定できません。

 

例えばお問い合わせが進んでいって、

 

運営会社「何で個人情報適当に入力したの?」

 

と言われた時、

 

ユーザー「御社が胡散臭いからです。」

 

スーパーコンボのゲージを貯めて、挑発に利用するかの如き行為です。

 

流石に運営もカチンと来ると思いますので、不正利用を疑ってしまうでしょう。

 

少なくとも私が書いた記事は全て登録して実践していますので、そのような危険はありません♪

 

適当に個人情報を入力すると、当初の利用には困りませんが、換金時に困る可能性が高くなってきますのでご注意下さい。

 

最後にですが、お小遣いサイトに限らず、2005年~2010年、こういった認証は全くなかったんですよね。

 

2013年には秘密の質問が始まり、2015年位からはsms認証、電話認証が主流となってきました。

 

電話認証に落ち着いてから2018年現在、3年が経過していますが、今のところ新しい認証方法というのは出てきていません。昔ワンタイム認証というものを採用したお小遣いサイトがありましたが、よっぽどユーザーに不評だったのか、すぐに他の方法に変わってしまいました。

 

新しい認証方法が出るまでは一旦ここで打ち止め、一応言っておくだけですけど、不正防止対策で使われる頻度として

  • 電話認証
  • 秘密の質問・答え
  • 生年月日
  • パスワード

この4つは正確に把握できる状態にしておかないとマジで換金できなくなります。

 

…かと言って、他の情報を適当に入力して良いわけではなく、なにかトラブルがあった時に必要となります。

 

 

1 2 3 12
おすすめお小遣いサイト2019

当サイトで総数150以上のお小遣いサイト・アンケートサイト・お小遣いアプリ等様々なジャンルから危険性を検証し、最も安全、稼げると判断したお小遣いサイトランキング2019年バージョンです♪

おすすめお小遣いサイトランキング2019年

おすすめお小遣いサイトランキング2019へ

あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2019年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2019年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

若干のつぶやき
2月19日:フルーツメール、姉妹サイトとして懸賞ボックスというサイトがオープンしました。イメージ的には、これまでフルーツメールにあった懸賞カテゴリが広がって独立したイメージで、ゲットマネーを運営するインフォニア株式会社の、チャンスイットに近いイメージです。ですがポイント等はなく、ただ単純に懸賞を取り扱っている特集ページとも言える状態です。一応現状であれば、登録する事で抽選でお肉かAmazonギフト券が当たりますが、オープンにしてはお肉1名、Amazonギフト券10名と、1万円位の規模でしか無いのが残念です。まあこれからは日替わりで懸賞があるらしいので、そこに期待です。懸賞はあたっているかが見えるかが命だと思います。誰かブログでもインスタでもいいから、当たった!!という投稿を見かけると信ぴょう性が上がり、応募しようという気になりますよね♪かくいう私も、げん玉では宝くじが当選したり、モリモリ選手権とかも当選した事があるから信頼しています。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
  • 13977932総閲覧数:
  • 1080今日の閲覧数:
  • 5520昨日の閲覧数:
  • 9現在オンライン中の人数:
  • 2013/10/25カウント開始日:
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み