お小遣いサイト 危険 小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ

お小遣いサイトの危険性を検証!!小遣い稼ぎ » 初心者用お小遣いサイト利用ガイド » 

携帯メールアドレスが必要なお小遣いサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


携帯メールアドレスって、普段PCを利用されている方にとってはあんまり利用したくない所ですね

 

正直言えば私もあんまり利用したくないです。

 

携帯メールアドレスの利用は許容するかどうかによって、かなりお小遣いサイトの利用の幅が違ってきます。

 

当ブログでご紹介している中では携帯メールアドレスが必要なお小遣いサイトは

  • モッピー
  • お財布.com
  • モバトク

の3つがメインなのですが、この3つはいずれも稼げる、あるいは稼げる可能性があるお小遣いサイトです。

 

この記事を書いた当初は、それぞれ別の運営会社が運営するお小遣いサイトだったのですが、現在は全て株式会社セレスが運営するお小遣いサイトになります。

 

また最近では、換金には携帯メールアドレスやSMS認証が必要になってきたりと、セキュリティーを強固にする為、携帯メールアドレスや電話番号の入力を求められる機会が増えてきています。

 

お小遣いサイト全体において、登録は可能ですが、携帯メールアドレスを利用する事により優待が受けられる等、携帯メールアドレスの入力というのは今後も増え続けていくと思います。

 

 

携帯メールアドレスが必要なお小遣いサイトの特徴

携帯メールアドレスが必要なお小遣いサイトは、モバイルを源流としているお小遣いサイトです。

 

モバイルを源流としているお小遣いサイトは携帯の頃から考えて、1P=1円のお小遣いサイトで公告をクリックする数が少ないのが特徴です。

 

ですのでクリックにかかる時間も少ないという事になります。

 

もう1つは、スマホのアプリダウンロード等には、このモバイルが源流のお小遣いサイトの方がPCからできたサイトよりもどうしても先を行っている状態にあります。

 

アプリダウンロードやスマホコンテンツの利用の場合は、やはり携帯メールアドレスが必要なお小遣いサイトの方が有利です。

携帯メールアドレスの利用を躊躇う点

一番躊躇うのは、プライベートなアドレスにドカドカやってくるメールマガジンであると思います。

 

お小遣いサイト自体はメルマガの量は少ないですが、広告利用した時のメールマガジンは塵も積もるとサイヤ人の戦闘能力のようにメールの件数が上昇します

 

ポイントタウン、げん玉、マクロミル、予想ネットは当サイトのメールマガジンが多いお小遣いサイト四天王です。

 

これらはPCメールアドレス利用可能なので、携帯メールアドレスを使用しなくても良いお小遣いサイトです。

 

PCフリーメールアドレスの登録はコチラ

 

 

私のフリーメールアドレスなんか、スカウターがぶっ壊れそうな勢いの件数です。

 

これが一番やっかいですが、基本的にはメルマガの配信を停止することで回避する事が可能です。

 

次に、ドメイン指定受信の問題です。

 

私自身は利用に問題があった事はありませんが、ドメイン指定受信を利用しているとメールが受信されないといった問題があります。

 

メルマガが受信されないのはまだ良いですが、登録時・退会時にメールが届かない等の問題が多いのは、ドメイン指定受信を行っている可能性のある携帯メールアドレスです。

 

その場合、当ブログでも説明する事は難しく、各キャリア(docomo,softbank,au等)から調べてドメイン指定受信を外していただくしかない。

 

機種毎に変わる問題なので、ネットで調べて外すという事が必要です。

携帯メールアドレスの有利な所

携帯メールアドレスが有利な所、色々とあるのですが、最大のメリットはメールがちゃんと届く事です。

 

例えばお問い合わせ等、フリーメールアドレスを利用して連絡をトル場合、相手側が受信拒否しているドメインにおいては、メールが届かないという事が考えられます。

 

例えそれが有名なGmailであっても…です。最大の問題は、Gmailであろうと相手が開封して読んでくれているかどうか分からないという事です。お問い合わせとかでそうなった場合、運営会社が無視しているのではないか…?とか、悪い方向に考えてしまいます。

 

ですが携帯メールアドレスとはdocomo等の有名な企業、ドメインをブロックしている可能性も少なく、メール送受信のトラブルは少ないです。

 

…あくまでも上記ドメイン指定受信を外している状態で!!ですので、先程のドメイン指定受信についてはきちんと確認しておいて下さい。

ソフトバンクだけは少し有利

キャリアがソフトバンクの場合でスマホを利用している場合、i.softbank.jpとsoftbank.ne.jpを持っていると思います。

 

私もソフトバンクなので、どちらか1つ、主にはi.softbankの方になるとは思いますが、生贄にすることでプライベートなアドレスにメールマガジンが来ることは一切なくなります♪

随分と減ってきている

2018年1月現在、携帯メールアドレスが必ず必要なお小遣いサイトは随分と減ってきています。

 

というか、もはや必ず必要なサイトはほぼ無いと言っていい状態です。

 

携帯メールアドレスが必ず必要だったモッピーでも、現在はフリーメールアドレスでも登録可能になっています。

 

理由としては、SIMフリー携帯の普及で、携帯メールアドレスを持っている方というのが減ってきた事、そして機種変更時のトラブルが大きくなってきた事でしょう。

 

携帯メールアドレスが無いと利用できないなんて…

 

新規会員が欲しいお小遣いサイトにとって、いつかは解決しないといけない問題だったのでしょうね。

 

トラブルも多いと思います。

 

当サイトでも何度もコメントを頂きましたが、携帯メールアドレスで利用していたお小遣いサイトを機種変更した際、以前の携帯メールアドレスが利用できなくてお問い合わせできなくなったり、換金ができなくなったりというトラブルがありました。

 

それを回避する為には、簡単に携帯メールアドレスからフリーメールアドレスに変更できる、登録時に携帯メールアドレスを必要としないようにするという2つだったのでしょうね。

 

ただ随分と減ってきてはいますが、携帯メールアドレスの方が有利な所も多いというのは覚えておいて下さい。

無理強いはしませんが…

決して携帯メールアドレスの利用は、無理強いするものではありませんが私としては携帯メールアドレスは利用したほうが大きく稼げると思います。

 

言い方は悪いですが、お小遣いサイトは換金してなんぼの世界です。

 

換金できなくて途中で辞めてしまうのが一番もったいない。

お小遣いサイト運営会社の養分になってしまいます。

 

年末年始は歌番組ばっかりだったので思わず口走ってしまったが、本当にもったいない。

 

稼げる手段が広がるのであれば、利用すべきであると私は考えます。

 

選ぶのは訪問者さま自身ですが、本当に何ヶ月もクリックし続けるって気力が続かないものです。

 

よく考えて下さいね!!

 

クリックポイント そろそろ嫌になってはいませんか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


フォーチュンドロー

 

今回の記事は、お小遣いサイトを登録してクリックポイントやゲームでお小遣いを稼ごうと思い、登録された方が数日~1ヵ月くらいで思ってしまうだろうという事を過去の自分の体験談から記事にしました。

 

2015年からのお小遣いサイトのゲームは、運営会社が独自のゲームを開発するのではなく、外部の企業からゲームを取り入れるものが多い為、どのお小遣いサイトに行っても同じゲームばかりという状態です。

 

2018年1月においてもその傾向は強く、お小遣いサイトに新たなゲームが登場したと思ったら、他のお小遣いサイトでもリリースされる事が多いです。

 

一部、モッピー等のトップクラスお小遣いサイトにおいて、他社が容易に真似できないコンテンツが出て来る位かな…?

 

現在でもサイトを運営しつつも、まだまだ現役で利用し続けるコツについて記事を書いていきます。

登録した当初は

私も、お小遣いサイトの存在を知り、登録した時は期待に胸を膨らませていましたし、何十個も登録して毎日クリックすればかなり貯まる!!と思って複数サイトに登録しました。

 

その頃のモチベーションはとても高く、クリックで貯まる未来ばかり見ていました。

 

ところが毎日訪問してゲームをやってみるとこれが非常に時間がかかります。

 

1日1サイトゲームを終えるのに数十分かかるものもあるし、当初は登録したサイト全てでクリックしていたが1つ、また1つ巡回するサイトが減っていき、そして、登録当初から頭をよぎっていたポイントサイト自動化ツールの存在が頭をよぎる事になります。

 

ポイントサイト自動化ツールに関しての記事

ポイントサイト自動化ツールの危険性について

 

私は推奨しませんので、利用したことはありません。

 

私のとった対策は、お小遣いサイトの巡回を厳選するという事です。

厳選すればなんとかなる

お小遣いサイトのクリックやゲームで稼ぐ場合、お小遣いサイトを厳選する事が大事です。

 

ポイントポータル系のお小遣いサイト、例えば"げん玉"や"ポイントタウン"等のコンテンツの多いお小遣いサイト。

 

これらはクリックポイントが多く、稼げるコンテンツも非常に多いのですが時間がかかるというデメリットがあります。

 

私も当時そうだったのですが、コンテンツの多いお小遣いサイトばっかりやると非常に時間がかかり、毎日クリックするという事が難しくなってきます。

 

モッピーは、1ポイント=1円のお小遣いサイトでクリックに時間がかからない事が強みです。

 

ですので当サイトでも1位に置いているし、クリックで換金する事が可能です。

 

次に、最低換金額についてです。

 

いくら1ポイント=1円で時間がかからなくても最低換金額2000円とかは気が遠くなります。

 

根性次第の所はありますが、期待を胸にお小遣いサイトに複数登録して毎日クリックして稼いでやろうと思った経験者の私からしたら心が折れるという結論に達しました。

 

最後に、交換先に手数料無料のものが無い事。

 

クリックで貯めると手数料を払うのはもう血反吐を吐くような思いになります。

 

手数料が50円だった場合で、10ポイント=1円だったら俺の500回バナークリック…という気持ちで手数料を支払う事になり、普通にお小遣いサイトに対して悪い印象を持つと思います。

 

これも確認しないといけない重要な事で、お小遣いサイト厳選の元となります。

私が厳選しているサイト

上記のような事を考えて残ったお小遣いサイトが当サイトの上位に食い込んできています。

 

…そりゃこうやって友達紹介の記事を書くから上位にあるという事も全くない訳ではありませんが、良いと思ったものしか上位に入れませんので、その点はご安心下さい♪

 

当サイトトップ5まで、残った経緯をお話します。

 

時間のかからないモッピー

 

モッピーは、クリックポイントについて最も効率が良いお小遣いサイトです。

 

PC+スマホを必要とする本会員で、毎日クリックポイントを獲得すると最低換金額の300円が平均的に貯まります。

 

交換先は電子マネーにすると手数料もかかりません♪

 

これが当サイト1位の大きな原因。

 

もう1つは友達紹介ですが、これはべらぼうに高いという事だけ記述して割愛。

 

今回はクリックポイントについて集中します。

 

モッピーの危険性と評価・評判について

 

最低換金額が100円のポイントタウン

 

ポイントタウンは20ポイント=1円で、クリックは結構辛いとおもっていたのですが、最低換金額100円はスゴイです♪

 

バナー登録で500ポイントで、実質1500ポイントクリックで貯めると換金できます♪

 

現在の当サイトであれば、登録=350円ですので即換金可能です♪

 

Google Chromeツールバーをインストールすると最低換金額を上回るので、誰でも換金できます♪

 

紹介制度は現段階ではモッピーすら上回るお小遣いサイト最強の状態です。

 

ポイントタウンの危険性と評価について

 

結局残ったげん玉

 

結局げん玉は、コンテンツが多いお小遣いサイトの中で最もクリックポイントが多く稼げると思います。

 

最低換金額も300円でほぼクリック及びゲームを利用すれば毎月到達しますし、げん玉で換金額に到達するとポイントエクスチェンジの手数料を無料化できる事により実質手数料が無料になり、多くの交換先を選ぶ事が可能になります♪

 

げん玉は以前の紹介制度の勢いはお琴路得たのですが、それでも人気変わらずというのは、クリックで換金する事ができる事に起因していると私は思っています。

 

げん玉の危険性と評価について

 

何かあったら利用するハピタス

 

ハピタスはショッピング及び広告利用がメインでクリックポイントはイマイチなのですが、還元率の高さとお買い物あんしん保証のお陰で登録しておいて損はないお小遣いサイトです。

 

クリックポイントで毎月換金するという事よりも何かあった時広告利用するという位置づけで利用をおすすめしています。

 

1ポイント=1円のお小遣いサイトですので、1つしかありませんがクリックポイントは数十秒で獲得できます♪

 

ハピタスの危険性と評価について

 

ポイントインカム

 

ポイントインカムはランク制度込でハピタスと同等の還元率を誇り、さらにお買い物保障制度もあります。

 

エンターテイメント性が高く、独自のゲームを出すことも多いので継続利用しやすいです。

 

ポイントインカムの稼ぎ方と評判・評価について

 

他サイトも定期的に検証しています

 

他サイトも毎日巡回しているもの、定期的にしか巡回しないものもありますが、総合的には私は上記5サイトを厳選しています♪

 

ご参考頂ければと思います♪

厳選するなら~クリックポイント編

上記は宣伝的ですので、具体的にどう厳選するかについての記事を書きます。

 

まず、最低換金額を確認し、クリックやゲームで換金するのにどの位かかるかをいうのを考えます。

 

クリックで換金、特に複数サイトを掛け持ちするなら最低換金額は私的に500円までがリミットです。

 

500円以上は当サイトでもマイナス判定です。

辛すぎますので…

 

次に、手数料のかからない交換先をご自身が選べるかという事になります。

 

クリックポイントで貯めた時の手数料は本当に厳しいです。

 

頑張って石を積み上げたら赤鬼に悪夢の金棒的なものを喰らうような気分です。

 

手数料無料の交換先、電子マネーなら大抵ありますので大丈夫かと思いますが、なかには手数料無料を選べないサイトもあります。

 

例えば!!と言いたいですが、非常に不快なお手紙が届きますのでサイト名を書けません…

 

そして、クリックポイントの量と時間です。

 

これが非常に重要。

 

モッピー、げん玉、ポイントタウン、お財布.com、ECナビ、ちょびリッチ、フルーツメール、ネットマイル、Warau.JP、Potora、この辺りがコンテンツが非常に多いです。

 

これらサイト、全部毎日巡回するとおそらく3時間以上かかります。

 

ですのでこれは現実的ではありません。

 

私だったらモッピー、げん玉、ポイントタウンを選び、優先的に利用しています。

 

お財布.comなんか最近非常に獲得できるポイントが高く時間がかかりません。

 

最近のちょびリッチもいい感じです♪

 

後のコンテンツは、正直クリックでポイント換金を目指そうと思っていません。

 

まだ4サイトか…とか思うと、ネットサーフィンしてしまうものです。

 

Yahoo!とかにうっかり戻ってニュース見たりすると、いつの間にか芸能人の噂話とかにたどり着いてしまうものです。

 

3時間かかるものが30分程度で済みますので、コンテンツの多いサイトは厳選しましょう。

 

2サイト位なら一気にやってしまいます。

 

一番の敵はネットサーフィンかもしれません…

 

時間について、これはモッピーが特徴的ですが、モッピーは効率のよいクリックポイント及びゲームを利用するなら1日5分程度です。

 

これで300円ならとてもお得です。

 

お財布.comのメール受信、これは場所を選ばず利用する事ができるので、スマホでもポイントを獲得できます。

 

まぁトイレなんかでも出しながら貯める事が可能です♪

 

お財布スタンプラリーは、今のお小遣いサイトの中で一番効率が良いのではないかと思います。

 

時間がかからないサイトは負担が少ないので、クリックやゲームについてとてもおすすめできます♪

 

半年続けるという意思があるのであれば時間のかからないサイトを優先しても良いかと思います。

 

最後に、ショッピングや広告利用をするという事も念頭に入れて厳選します。

 

私は広告利用はハピタスを主力としていますが、ポイントインカムなんかスマホ案件では勝利しています。

 

広告利用をメインにするサイトを決め、他はクリックポイントを貯める!!と思ったサイトを使っていくのがベストです♪

 

クリックポイントに+αされる為に心が楽になり、換金にも結び付きます♪

 

こういった選び方をすれば、ポイントサイト自動化ツールに頼らない稼ぎ方ができる上、記事作成や紹介制度の利用等、お小遣いサイトが次に繋がると私は思います。

複数同時に開く

PCでお小遣いサイトをやられている方は、お小遣いサイトを複数開き、同時に利用する事をオススメします。

 

1つひとつ広告が開くのを待っていたら本当に時間がかかります。

 

1回クリックするとページの表示が下にずれ、間違って広告をクリックする可能性もありますが、3サイト位同時でやれば追いつくものではありません。

 

それでいて1回=1円と、非常に効率が良いです♪

 

開いたタブを保存

効率化の1つですが、Google Chrome等は現在開いているタブを保存し、次回起動時に復元する事が可能です。

 

どうなるかと言えば、げん玉のモリモリ選手権を開き、モッピーガチャを開き、ポイントタウンのゲームページを開き保存、次回起動時にそのページを復元できるという方法です。

 

これは各ブラウザで色々なやり方がありますので、詳細記事を追加していきたいと思います。

パスワードの記録

これもGoogle Chrome等には標準で搭載されている機能ですが、メールアドレスやパスワードを記録し、次回起動時には自動入力となる機能です。

 

お小遣いサイトを利用するに当たって、最初に面倒くさいと思うのはこのログイン。

 

毎日利用するとその壁が更に大きくなります。

 

こういった手間、セキュリティーの観念から言うと必ずしも良いとは言い切れませんが、効率化の為、なにより継続の為には致し方がない所です。

クリックポイントの限界

クリックポイントには限界があります。クリックポイントだけで月1万円とかはもう現実的な値ではありません。

 

以前書いた記事、メインのお小遣いサイトは限られてくるは似た内容なのですが、紹介制度の事についても多く触れている為、こうしてクリックポイントを重視し、どちらかというとユーザーが思わずクリックするようなタイトルを選びました。

 

クリックで換金される事を目的として、複数登録する方には是非ご覧いただきたいと思い、当記事を個別に作成しました♪

 

ポイントサイト自動化ツールを使っても否定はしませんが私的には先がないと思います。利用規約に触れる為、運営会社の対応は換金できなくしたり強制退会だったりします。

 

お小遣いサイトを利用する事で私が通った経緯は、

 

クリックで貯める⇒広告利用⇒記事作成⇒紹介制度

 

です。

 

紹介制度に発展する為には内容の薄い記事を書かない為にも最初から利用することが需要だと思います。

 

その経験が得られないのは非常に勿体ないと思います。

 

必死にクリックで貯める事も、複数サイトに登録して辛いなと思うことも決して無駄な事なんてない、無駄な事なんかなかったので

 

安心して複数登録してくださいね(笑)

 

 

 

 

リスク0の定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


デンジャー

 

今回はリスク0というものに触れてみたいと思います。

 

お小遣いサイトを利用する時、あなたにとってのリスクとは何か?を考えていく記事です。

 

リスク0とは、ノーリスクとも言うし、安全とも言うし、危険がないとも言う事ができます。

 

この記事は、リスク0の定義についての記事です。

リスク0の定義

リスク0の定義とは、色々あります。

  • 個人情報が漏れない
  • 怒涛のメールマガジンラッシュ
  • 完全に無料
  • 何らかの作業が発生しない
  • やってみたけど思ったより稼げなかった

 

お小遣いサイトの利用において大きく分けるならこの5つです。

 

この5つについて記事を書いていきます。

個人情報が漏れない

個人情報については漏れない!!と言い切りたい所ですが、完全に漏れない事を目指す場合、お小遣いサイトには登録しないといった方法しかないです。

 

例えば、あくまでお小遣いサイトに登録するだけで、無料会員登録であっても広告は利用しない上に偽名を利用するという使い方ならお小遣いサイトで個人情報が漏れる危険は最小限に抑えられるでしょう。

 

これだと換金できるのか?という疑問もりますし、自動ツールなどの利用でできてしまいそうですので、お小遣いサイト側も電話認証等で対策をしています。

 

私はさすがにお小遣いサイトは実名を使っていますし、お小遣いサイトには規約で登録情報と銀行の個人名は同一でないといけないというルールもあります。

 

全お小遣いサイトで必ずしも必須ではないですが、換金に支障をきたすと思います。

 

100%というものは保障できませんが、ここまで個人情報にこだわると何もできないので、少なくとも運営会社には登録情報を提供する必要があります。

 

実際インターネット回線を引く時でも、個人情報は必要です。

 

スマホを契約する際でも、個人情報は必要です。

 

この場合は提供、というか書いていると思います。

 

個人情報についてのリスク0の定義はここ。

 

ここはさすがにどうしようもありません。

 

個人情報においては、無料と言えば無料なのでどこでリスク0と判断するかは訪問者様次第です。

 

例えば個人情報を入力することで獲得できる無料会員登録、さらにカード開設等の多くの個人情報を必要とするもの、どこまでをリスク0と判断できるか?です。

 

個人情報を提供する以上、リストに載ると言う事ですのでデータが多くなればなる程可能性は高まってきます。

怒涛のメールマガジンラッシュ

お小遣いサイトに登録すると、そのお小遣いサイトからメールアドレスが来ることになります。

 

また無料会員登録やアプリインストール等、広告を利用する事でもメールマガジンが来たりメールが来る事があります。

 

さらに携帯メールアドレスが必要なお小遣いサイトがあったりとメールアドレスはお小遣いサイトでもはや必須です。

 

お小遣いサイト用フリーメールアドレスを取得する事で、PC版のサイトにおいてメールマガジンを振り分ける事が可能です。

捨てアド使ってますか?

 

完全にリスク0となれば、フリーメールアドレスを新しく取得し、携帯メールアドレスが必要なお小遣いサイトには登録しないという方法をとる事で可能ですが、

 

携帯メールアドレスが必要なお小遣いサイトが稼げるお小遣いサイトだったりします。

 

携帯メールアドレスは、フリーメールアドレスよりもより多くの情報をお小遣いサイト側に提供していますので、例えば携帯メールアドレスで登録すると50円相当のポイントが貰えるとか、最低換金額が下がるとかのメリットがあるお小遣いサイトもあります。

 

この部分はどれだけ割り切るかによって違ってきますが、私の場合はキャリアがSoftbankなのでsoftbank.ne.jpとi.softbank.jpを使い分けています。

 

折角なので使い分けしていますが、できるだけ利用したくないといった程度で携帯メールアドレスについては私は許容しています。

 

これも携帯メールアドレスにバンバン来るとキツイが配信停止等でカバーしています♪

 

最近はLINEもありますので、キャリアメールアドレスをあまり利用しないという方も多いと思います。

 

その場合、キャリアの重要なメールを除き、あんまり支障はないです。

完全に無料

お小遣いサイトに登録して利用するのは完全に無料(1サイトを除く)ですが、お小遣いサイトで稼ぐ為にショッピングやエステ体験、100%還元等の広告を利用すると費用が発生します。

 

あくまでお小遣いサイトの主旨としては広告利用がメインであるので、100%帰ってくるのであればリスク0という定義になる場合もあります。

 

しかし、月額が必要なものに登録してしまい解約を忘れてしまう等、余計に費用がかかってしまうリスクも存在します。

 

完全にリスク0と言えば、ただクリックポイントを貯めるだけで可能です。

 

ですが後述する思ったよりも稼げなかったという事は、大体このクリックポイントにおいて発生しやすい現象です。

何らかの作業が発生しない

これはノーリスクというものは存在しないと思っていましたが、お小遣いアプリのハニースクリーンは限りなくノーリスクに近いです。

 

ロック解除だけでポイントが貯まるので、作業はほぼ発生しません。

 

 

お小遣いサイトの醍醐味は、会員登録して稼いだり、サイト訪問でクリックポイントをためたりブログを作成して友達紹介したりというもの。

 

作業を行わないと稼ぐことはできません。

 

作業=サイトを開く、又はバナーをクリックするであればほぼリスク0は存在しません。

 

アプリインストールやショッピング及び広告利用、無料会員登録、記事作成、ブログ作成全てにある程度の時間は費やすことになります。

 

やはりこうやってサイト/ブログ作成は時間も手間も、そして頭を捻る為気力も労力もかなり大きいと思います。

思ったよりかせげなかった

これは難しい問題だと思います。

 

訪問者様がどういう認識で登録されたか?という事が重要になってきます。

 

仮に10分で10000円!!という認識で来られたのならそれは高額案件、カード発行等を行うという事になります。

 

さらに毎月10分で10000円!!があるのか?というといつか枯渇すると思います。

 

ですので当サイトでは、色々書きましたが10分で10000円!!という表記はしていない(ハズ)です。

 

お小遣いサイトで大きく稼ぐためには、費やす時間によってやる事が変わってくると思います。

 

もし、月収超えと言うのであれば、私が今も書き続けている

カテゴリ

お小遣いサイトで月収超え

ですね♪

 

この問題、以前書いた記事の

お小遣いサイトは大丈夫なのか?

が一番近いと思います。

 

いずれにしろ、労力と時間はかかるものだと認識しておいて下さい。

 

私もこうやってサイト/ブログを作成していますが、私の認識的にはリスク0です。

 

時間と労力はかかりますが、自分の好きな事を書いていますし、自分のやりたいネットで稼ぐという事でお小遣い(以上)のものを稼いでいます。

リスク0のまとめ

にゃー

 

私が今回提示したリスク0は

  • 個人情報
  • メールアドレス
  • 完全無料
  • 作業
  • 思ったより稼げなかった

 

の5つ、この中で訪問者様ご自身がどのラインでリスク0と考えるかが、リスク0の定義になります。

 

私の場合は、お小遣いサイトを利用すると決めて、これらのリスク0の定義についてはとても寛容です。

 

お小遣いサイトは、リスク0の定義が甘い程稼げる額が多くなります。

 

例えば個人情報を気にしないのであれば、もう高額案件に踏み入ったほうが良いし、完全無料を気にしないのであれば100%還元で商品を手に入れ、売る(規約を要確認)なり使うなりする。

 

作業量を気にしないのであれば、ブログを作成して紹介制度を利用する。

 

ご自身の妥協点が、リスク0の定義です♪

 

お小遣いサイトに繋がらない時の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


うわぁぁぁぁぁ

 

何気なくいつものお小遣いサイトを利用していると、いつもの画面が開かない、お小遣いサイトにログインできない…!!

 

そんな経験はないでしょうか?

 

原因は様々で、私達ユーザー側の場合は、

  • ネットワークが安定していない
  • ブラウザにキャッシュが貯まっている
  • 接続の問題

等の要因があります。

 

ネットワークが安定していない場合スマホで良くある事は私は3G回線のiPhone3GSを使用していますが、Wifiに入ってる場合、ちょっとした移動で繋がらなくなったりします。

 

おそらくWifiと3G/4Gの判定があやふなな場所でこの現象が起こったりします。

 

他にも高速運転中や電車の中等、ネットワークが安定しないという原因があります。

 

ブラウザのキャッシュについては、Cookieの削除やインターネットキャッシュを消すことで対応可能です。

 

これはキャッシュを消すことを行わず長年ネットを使い続けているとこんな事も起こります。

 

ネット回線は、何が起こるかわかりません。嫁が掃除していてケーブルを引っこ抜いてしまうという単純な事から、聞いた話では床下のネズミに回線を切られたという自力ではどうやっても直せないし、気づけないトラブルもあります。スマホなどのWifi回線を利用している場合、電子レンジをつけただけで回線が遮断されてしまうという事もあります。

 

が、大体冷静にケーブルを抜き差ししたり、トラブルシューティングを利用したり、再起動したりしたら直る事が多いです。

 

私が体感した中で"おやっ"と思うときは大体、運営側の問題です。

 

運営側では、

  • アクセス負荷によるサーバの負担増大
  • 何らかの人為的ミス
  • 第三者からの不正問題
  • メンテナンス中

等々…原因は本当に様々です。

 

運営側の問題としては、これは主にアクセス負荷によるサーバーの負担が原因。

 

この場合、運営側がどうにかしてくれないと私達ユーザー側にはどうしようもない問題です。

 

これは結構頻繁に起こり、またネットという媒体かつお小遣いサイトのアクセス数を考えると0にすることはできないという事です。

 

この問題が起こったとき、2chなんかを見るとつながらない的な記載があると思います。

 

サーバーに負担がかかっている時の現象は、皆等しくお小遣いサイトが重い状態です。

 

ですので基本的には待つしかないです。

 

それだけなら待っている、あるいは時間をずらすことで無事にアクセスできます。

 

また運営会社も会社ですので、休日中にサーバー負荷により繋がらなくなる場合もあります。その場合、大手運営会社であれば復旧も早いですが、小規模のサイトの場合休日明けの月曜日の対応となる場合もあります。

 

何らかの人為的ミスについては、すぐ復旧するとは思いますが思いもよらぬことだった場合、サーバー負荷と同様、復旧に時間がかかってしまう場合もあります。

 

第三者からの不正問題については、ハッキング等、色々原因はあると思いますが、連続アクセス等を自動的に行なった場合、サーバー負荷が増大して繋がらなくなるといった場合もあります。

 

最後にですが、お小遣いサイトは定期的にメンテナンスを行なう事があります。

 

これが夜中とかにやってくれたら良いのですが、あちらの都合上、朝にやったり、深刻なトラブルであれば日中でもメンテナンスを行なう事があります。この場合、深刻なトラブルでなければアクセスした時にメンテナンス中という告知があると思います。

 

致命的なのは、案件を利用している時にお小遣いサイトに繋がらない・繋がりにくくなった場合ですレベル10

広告利用している時に繋がりにくくなった場合

壁1

 

例えば、ショッピングをお小遣いサイト経由で利用していて、その時に一時的に繋がりにくくなった場合、最悪の場合はポイントが反映されない場合があります

 

その場合に先ほど挙げた様々な原因によりユーザー側か運営側どちらが悪いのかが判断できなくなります。

 

ショッピングにおける要因は、ユーザー側が他の方のアフィリリンクを踏んでしまったり、保存されたCookie情報が残っていたりとポイントが反映されなかった原因を特定するのが難しいです

 

それに加え、サーバー負担等の運営側の問題が加わるともはや運営側にはショッピング経由を行っていたかが判断できなくなります。

 

ですので基本お小遣いサイトは、通帳に反映されない場合の保証というものを基本的には行っていません。

 

ハピタスを筆頭にポイントタウン、げん玉等の一部のお小遣いサイトだけがお買い物あんしん保証というポイントを保証してくれるシステムがあります。

 

その中でもハピタスは、通帳に記載されなかった場合でもポイントを保証してくれます♪

 

流石に注文確定メールが必要だったり、100%還元は対象ですが無料会員登録等のサービスまでは対応していません。

 

まあそれは会員登録メール等、コピペが可能だったりするので難しいのではないかと思います。

 

対処としては、決済を止めることができるのであれば決済を停止しましょう。

 

カートに入れた商品も、一度空にして再びお小遣いサイトを経由して、ショッピングを行って下さい。

特にスマホは注意する必要がある

上記はPCから利用する事を基本としていますが、特にスマホは注意する必要があります。

 

スマホはどうしてもPCよりも入力に時間がかかる為、ちょっとした操作ミスで戻るボタンをタップしてしまったりするとその時点でもう一度最初からやり直した方が確実です。

 

又スマホは携帯性に優れている為、通勤上で案件を利用する場合は電車の走行速度が早い場合、回線が安定しない場合もあります。家庭ではちょっとした事、例を挙げると電子レンジで回線が途切れてしまう、あるいは遅くなってしまうという事もあります。

 

理想なのは、Wifi回線を切って止まった状態で広告利用する事です。

 

この一言だけ、広告利用する場合頭に入れておいて頂ければかなり広告利用のトラブルを防ぐ事が出来ます。

ポイント通帳を確実に反映させる為には

にゃー

 

運営会社のサーバーに負担がかかる問題は、本当にどうしようもありません。

 

何かしら動作が不安定だと思った時は基本的に利用を控えた方が良いです。

 

急ぎの場合先ほど挙げたハピタスを利用すると、万一の時に対するお買い物あんしん保証というものがあります。

 

ハピタスについては還元率が高く、コンテンツが少ないのでほぼこういった問題は起こりにくいです。

 

ショッピングにおいて全対応という事、100%還元まで対応という事。

 

これが私は一番安心な方法だと思います。

 

やっては行けない事は、サイトが重いと感じたままそのままショッピングを続けてしまう事です。

 

重いと感じたままショッピングを続けてネットが表示されない。

 

そして更新ボタンであるF5(更新)を連射。

 

こういった行動をしていると、ポイント通帳に反映されない問題が発生する可能性が上がります。

 

お小遣いサイトを利用していて、サイトが重いなと感じた時は、できるだけ皆が利用してない時間帯に利用しましょう♪

 

そうすることで、ショッピングにおける危険性というのはグッと減ってくるハズです

 

もしくは先ほども挙げたハピタスで利用するのが保証もついていて安心です♪

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ここから登録で30円!! 2018年稼げるサイト ハピタス

 

お小遣いサイト利用 友達紹介バナーを貼る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


友達紹介

 

今回はお小遣いサイト利用では少し異色ですが、友達紹介のバナーを貼り、紹介するという方法について記事を書いていきたいと思います。

 

この記事はブログにバナーを貼るという事が主力ですが、Facebookで紹介したり、Twitterで紹介したり、LINEで送ったりと、紹介方法は色々あります。

バナーのしくみ

 

モッピーのバナーを例にバナーのしくみを解説します。

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

まあぶっちゃけ言うと、ソース部分に貼るだけです。ブログによっては、テキスト表示に切り替えないと貼れないかも…当サイトはWordPressですが、WordPressでもテキスト表示にして私はバナーを貼っています。

 

バナーのソースは

<a href="http://moppy.jp/top.php?○○" target="_blank"><img src="https://img.moppy.jp/pub/pc/friend/468x60-1.jpg" alt="モッピー!お金がたまるポイントサイト" width="468" height="60" /></a>

 

という形になっています。

 

タグの<a href="">にはモッピーから発行される自分のIDが記載されています。

 

"http://moppy.jp/top.php?○○"の○○部分です。

 

ここを何かしら変更するとバナーとして成立しません。

 

一応の解説ですが、target="_blank"は別ウィンドウでという事。

 

ここを消せば自分のページからそのままモッピーへ移動します。

 

<img src="">の部分は画像です。

 

これは自分のブログにアップロードせずとも、モッピー側でアップロードしたものを利用できる状態になっています。

 

あまり意味があるかどうかは別として、バナー画像をダウンロードして自分のブログにアップロードすれば自分のブログからの画像にする事ができます。

 

alt部分は説明文、これが無いと画像はテキストとして認識されないので、モッピーという言葉が入っていた方がSEO的には強いです。

 

widthとheightは幅と高さ。

 

確かこれ、無いと表示速度に関係してくるんじゃないかな?と若干うろ覚えです。

 

モッピーでは登録すると友達紹介ページに自動的にバナーが生成され、基本はコピペで利用できるようになっています♪

 

モッピー側がちょっと…というジャンルのブログでない限り、ブログにお越し下さった方がバナーをクリックして、モッピーに登録されると友達紹介成立となります♪

 

モッピーでは、アダルト要素を含むジャンルのブログはダメだと言っています。

 

…まあ他のお小遣いサイトも大概そうです。

 

モッピーに限らず、他のお小遣いサイトでも定型文が用意され、それをコピペする事でも紹介文を書く事ができます。

 

 

モッピーは動画で紹介なんか画期的なのがありますね♪

気になる友達紹介の注意事項

モッピーであれば、友達紹介の注意事項の中に色々な注意点が記載されています。

 

※クリックで拡大できます

 

モッピー友達紹介規約

 

アダルトとか見てわかるようなものはおいといて、色々と気になるところがありますね。

 

まずこの注意事項において考えると、紹介ポイント対象外サイトというのが気になると思います。

 

この紹介ポイント対象外サイトというのは、私の覚えでは"げん玉"が初採用したと思います。これは友達紹介対象外の広告において紹介したお友達がこの広告を利用したとしても、友達紹介ポイントとして反映されないという事です。

 

クレジットカード発行や無料会員登録等が対象外になっている事が多く、家族登録できるけどその優位性は…という感じになります。

 

友達紹介報酬対象外は、友達紹介を行う方にとっては実質無いに等しいティア制度となっていたのですが、モッピーでは現在、還元率を広告ごとに変更するようになり、これが大改善となり非常に稼げるようになっています♪

 

モッピーでは、紹介タグを変更してはいけないという事ですので、紹介タグの変更はやめておきましょう。

 

<DIV>で挟むとかであれば問題ありません。

 

次に、サービスのご紹介以外の文言にて登録を促す場合という所。

 

これは少し前にコメントいただきましたが、例えば旅行ブログの場合、右サイドバーにモッピーのバナーを貼るとか、

 

「後で知ったのですが、ゲットマネーというサイトを経由すれば、旅行代金の○%還元する事ができます。(ゲットマネーのバナー)」

 

みたいな、説明文を入れておけば問題ありません。

 

この問題はむしろ、非常にアクセス数の多いメディアで何の関係もなしに、ただ10000人閲覧すれば100人はバナーをクリックしてくれる、その中の10人が登録してくれれば…みたいな状態を規制しているものと思われます。

 

この状態で大量のお友達を獲得すると、ご登録されたお友達にご利用の意思がない方が多数いる場合にも引っかかってくると思います。

 

こっちは1人が大量のアカウントを作り、友達紹介を行う不正に対する対策が主ですが、広告を利用しないというところについては同じです。

 

そして最後に、モッピーにはありませんが、当社が不正と認めた場合という、注意事項に書いていない紹介方法においても運営会社の判断で不正とする事ができる注意があるサイトが一般的です。

家族を紹介していいのか?

フェードアウト

 

お小遣いサイトで友達紹介をするとまず考えるのが、家族を紹介していいのか?という事だと思います。

 

例えばポイントタウンなんか、家族を紹介してもいいと思いっきり書いています。

 

ハピタスとかも、家族を紹介していいキャンペーンが多数あったりします。

 

逆にi2iポイントでは、家族間の友達紹介はNGという記載があったりします。

 

i2iポイントのように、家族間の友達紹介を禁止しているサイトは意外なまでに少ないです。

 

ほとんどのお小遣いサイトにおいては、家族を紹介する事について問題はありませんが、利用規約に違反してはいけないという事です。

 

極端な話をすれば、私が嫁を友達紹介して、実際は私が利用する私のクレジットカードを嫁のアカウントで発行して、嫁はポイントを獲得した上、私にも友達紹介が入ってっくるという利用方法です。

 

重要はポイントは"実際は私が利用する"ですね。

 

私が利用するものに関して言えば、私のアカウントで利用しないと"その他当社が不正と認めた場合"というのに該当する可能性も出てきます。

 

嫁が利用する嫁名義のクレジットカードであれば、家族というつながりはあれども普通の友達紹介です。

 

やりすぎな例はNGです。架空の家族とか、不特定多数とか、そういった利用方法はアカウント抹消の危険性があります。

その他の紹介方法

その他の紹介方法で一般的なのは

  • メールで紹介
  • Facebookで紹介
  • twitterで紹介

等が一般的です。

 

メールはコピペか、そのまま押すとメールソフトが起動し、メールを送れるようになっています。

 

これはやりすぎ注意です!!

不特定多数の方に大量配布は規約上もNGです。

 

Facebookで紹介は、モッピーをFacebookで紹介する事になります。

 

Twitterも同様です。

 

私はFacebookもTwitterでも紹介制度を利用してませんが、やるのであればリアル友達と切り離す方が良いかな…

 

Facebookは規約が厳しいけど、twitterはある程度匿名性があるので使えると思います。

 

私もいつか…デンジャーマンのアカウントを作成してTwitterも…とは考えていますが、手つかずになりそうなので今の所やってません。

友達紹介色々

友達紹介には色々あり、代表的なのが1人紹介すると報酬、ティア制度等です。

 

それぞれについて説明していきます。

報酬型

報酬型とはそのままの意味で、1人紹介すると○○円獲得できるというものです。

 

お小遣いサイトによって色々な条件があり、

  • 携帯メールアドレスで登録すると対象
  • 紹介したお友達が○○ポイント獲得すると対象
  • 紹介したお友達がアンケートに答えると対象
  • 紹介したお友達が電話認証を行なうと対象

等があります。

 

目安ですが、比較的条件の緩い携帯メールアドレスや電話登録では、報酬の最大値はモッピーの300円です。

 

50円~300円位まで、様々なお小遣いサイトがあります。

 

それに対し、紹介したお友達が○○ポイントという条件の厳しいものは500円、1000円にも到達するお小遣いサイトがあります。

 

アンケートについてはマクロミルが紹介したお友達がアンケートに答えることで100円です。

 

運営会社から報酬として支払われますので、大きく稼いだ場合は確定申告が必要となります。

ティア制度

このティア制度、非常にねずみ講等と間違われやすいのですが、ねずみ講との違いは金品が発生するかどうか?です。

 

お小遣いサイトのティア制度は、金品が発生する事はありませんのでご安心下さい。

 

ティア制度とは、例えば私がお友達を紹介した場合、その紹介したお友達が広告利用で獲得したポイントの○%が私の報酬となるシステムです。

 

これだけ書くと、私が紹介した友達が損をするのではないか?という感じですが、紹介したお友達は必ずポイントが全て獲得できます。

 

○%の部分は、運営会社が私に報酬として支払うポイントになるので、お友達に獲得するポイントには影響がありません。

 

そういったシステムなだけに、ティア制度で稼ぐことができた場合、運営会社から報酬が入る訳ですので確定申告を行なう必要があります。

難しい事ではありませんが

にゃー

 

バナーを貼るという事は、決して難しい事ではなく、基本的にコピペで利用する事ができます♪

 

ですのでここでは、簡単なしくみを最低限で理解しておいて、ちょっと形を変えたいな…とか思った時の為にこの記事を作成しました♪

 

…最後にですが、バナーのソースを変えるなというお小遣いサイトも中にはありますのでご注意下さい!!

 

今回は全面的に協力…というか、丸裸にしたモッピーです♪

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

2018年もさらなる進化を!!モッピー

 

もともとモッピーくんも全裸だし大丈夫だろう…

 

お小遣いサイト利用 アンケートで貯める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お小遣いサイトでポイントを稼ぐ方法の1つ、アンケートについて記事を書いていきます。

 

お小遣いサイトにはアンケートがあるサイトも多く、モッピーやハピタスのようなコンテンツの1つとしてのアンケートと、ECナビのようにリサーチパネルを取り込んだ本格的なものに分かれます。

 

基本的にアンケートに答えるという事は変わりませんので、今回はアンケートに答える場合、一番分かりやす(かった)モラッポのアンケートを例に、アンケートでポイントを獲得していきたいと思います。

 

尚、アンケートの内容を公開したりすとアンケートの意味が無いと思われますので、そこは伏せて記事を書いていきます。

 

今はサイト閉鎖という亡きモラッポですが、アンケートの基本としてはお手軽で立派なサイトだったんですよ…

 

モラッポ…

アンケート回答例

 

モラッポアンケート

 

モラッポのアンケートはこのように、サイト内にアンケートの依頼が表示されています。

 

他のお小遣いサイトでもアンケートのカテゴリの中に自分自身に配信され、なおかつ回答可能なアンケートが表示されています。

 

アンケートはマクロミルのように、サイトに表示され、尚且つメールで配信される(停止する事も可能)ものもあり、色々な方法でアンケートが配信された事を伝えてきます。

 

基本的には依頼のあったアンケートを選び、ガイドに従ってアンケートに答えていく事でポイントを獲得していきます♪

 

色々商品について答えたり、中には動画を閲覧して回答したりと色々ありますが、基本的にはガイドに従っていくと回答できるようになっています♪

注意点

注意点

 

アンケートサイトに関しては…色々と悩まされ続けた結論として、かなり多くの記事を書いています。

 

詳しくは、以下の記事を参照下さい。

 

 

分かって欲しい事は、アンケートサイトにおいて登録情報の更新は定期的に行わないといけないという事。

 

プログラムを使って自動入力できてしまいそうな回答は避けるという位です。

 

アンケートサイトは適当に答えすぎると依頼自体が来なくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

アンケートサイトはお小遣いサイトのカテゴリの1つとしてある場合もありますが、アンケートサイト専門の場合、アンケートが配信されるかどうか?が全てです。

 

アンケートサイトは基本的に、住所・氏名・年収等詳細な個人情報を求めてきます。アンケートサイトですので基本的に登録情報を元に配信するアンケートを決め、より広告主のニーズにマッチした方にアンケートを配信します。

 

アンケートが来ない=登録情報を入力しただけになりますので、アンケートが来ないという場合はしっかりと注意点を確認して下さい。

 

年齢や広告主のニーズに合っていないという事だけはどうしようもありませんが…

アンケートの種類は様々

リサーチパネル本調査種類

 

アンケートの種類は様々で、今回の例のように、少量のアンケートに答えて数円程度のポイントを獲得する事前アンケートや、本格的に数十問のアンケートに答える本調査と呼ばれるアンケートがあります。

 

この他にも、商品をモニターしたり、実際に現地に赴いてアンケートに答えるもの、会場に来訪してグループでアンケートに答えるもの等、様々なアンケートがあります。

 

基本的には事前アンケートと本調査が多く、お小遣いサイトでは事前アンケートが主力となります。

 

マクロミル等の本格的なものに対しては、本調査の依頼が来たり、商品をモニターしたりと、色々なアンケートが来ます。

 

ポップインサイトでは、マイクを使い会話形式でアンケートに答える等の新しい形のアンケートもあります。

基本は答えるだけです

にゃー

 

アンケートは、基本は答えるだけでポイントを獲得する事ができます。

 

多くの方は、自宅で場所を拘束されにくい事前調査や本調査を主力に利用すると思います。

 

会場調査や現地でのアンケートは、個人的にはネットで稼ぐという事において、実際に赴くという事が実際のお仕事とあまり変わらないかな?と思います。

 

空いた時間でお小遣い稼ぎができるのがお小遣いサイトの良い所だと思いますが、時間を拘束されてしまいますので、大きく稼ぎたい方や現地に赴く用事がある方にとってはメリットがあると思います。

 

お手軽さが売りのアンケートですので、少量のポイントを稼いでいく場合、事前調査と本調査、余力があれば商品モニター等を利用してポイントを稼いでいきます♪

 

実際私も、アンケートに答えるのはほぼ事前調査と、時間に余裕があれば本調査に答えるだけで、実際に会場に赴くアンケートは利用していません。

 

時間が取れないし、現地は遠いし…となります。

 

色々なアンケートがあり、大きく稼ぐのであれば会場に赴く等が必要となりますが、お小遣い稼ぎにおいては事前調査と本調査がオススメです♪

 

最後にですが、当記事は今は亡きモラッポでアンケートを説明していますが、2018年もこの先もアンケート業界を率いているのはマクロミルでしょうね♪

 

 

適当な登録情報を入力し、本人を主張するという事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


適当な個人情報

 

今回はお小遣いサイト・アプリ・アンケート等を利用している場合において、登録情報を適当に入力してしまった場合、換金申請等において、どうやって本人を主張するか?というかなり特殊なケースについての記事です。

 

お小遣いサイトで個人情報を適当に入力…ソーシャルゲームとかやっててたまたまお小遣いサイトに行き着き、登録する際に胡散臭いなぁと思う気持ち、よく分かります。

 

特にアンケートサイトなんか、あまりの個人情報の登録量に躊躇ってしまう場合も多いです。

 

登録情報を適当な、最近はもうあまりない"ああああ"とかで入力。そんな感じで入力した際、困った場合に読む記事とします。

 

運営会社にはこう移る

力を入れる

 

運営会社目線で考えてみましょう。

 

例えば、氏名を変更するという事。

 

これは改名という制度がありますので、最悪あり得る事ですよね。結婚して苗字が変わったり、名前を改名したりという事。これは考えられるでしょう。

 

住所・勤務先等、これらは十分に考えられる事です。だけど生年月日を変えるという事。これはあまりないんじゃないかと思います。

 

私の知り合いには、親の字があまりにも汚かった為、2日と7日を間違えていたという事があり、100%無いとは言い切れません。

 

ですが出生届の期限は14日で、それ以上日にちがずれるという事は通常考えられない事です。

 

もう1つあるとすれば、入力間違い位です。

 

多くのお小遣いサイトでは、生年月日を変更する事はできなくなっています。本当に必要な場合を除いて、変える必要が無いからです。

 

生年月日を変更するという事、単純に間違えるという以外、意図的に違う生年月日を適当に入力しない限り変える必要がないというのが本音でしょう。

 

これって、不正防止対策が理由です。

 

もし…仮定の話ですが、IPアドレスを変更して、お小遣いサイト用フリーメールアドレスを変更して、登録情報を適当に入力した場合、お小遣いサイト運営会社目線で考えると同一人物かというのは非常に判断に困る所でしょう。

 

運営会社は何万人のユーザーを相手にしている為、判断という段階に進むかも怪しい所です。

 

ですので換金ページ、特に銀行口座においては、登録情報と口座情報があっているかどうか?というので本人確認を行っている部分もあります。

 

そうでなくとも、換金する際、秘密の質問やログインパスワード、生年月日を入力する事により、本人確認を行っている訳です。

 

さらにSMS認証でリアルタイムの認証を行い、不正換金を防いでいる訳です。

 

メールアドレスとパスワードでは、もし第三者に情報が漏れてしまった場合、第三者でも簡単に換金できてしまいますので、個人及び近しい人物にしか分からない情報を入力し、不正防止対策を行ってます。

上記を踏まえて考える

適当な個人情報

冒頭で使用した架空の人物、この方に対して、登録情報を変更できるか?考えていきましょう。

 

氏名:カムチャッカ・アベシ

生年月日:紀元前1987年

都道府県:テキサス州

 

という、いたら逆に見てみたいわ的な登録情報を入力し、お小遣いサイトで換金額に到達し、銀行口座に交換しようとすると本人の登録情報が必要とします。

 

当然ですが、銀行口座の氏名・生年月日は山田太郎(仮の本名)のもので、カムチャッカ・アベシという名義の銀行口座が無ければ登録情報の不一致となり、ポイント交換する事ができません。

 

ここで運営会社に、実は私はカムチャッカ・アベシではなく山田太郎でしたと報告します。

 

運営会社の方はカムチャッカ・アベシというあきらかな偽名に憤りを感じますが、運営会社としては一番困るのは"山田太郎"でしたという主張が、はたして本当に本人のものか判断できるでしょうか…?

 

この場合、メールアドレスについては信憑性に欠けますし、仮に保険証などを提示するとしても、第三者かどうか判断できません。

 

となると、運営会社の膨大なアクセス解析からクリックポイントを獲得した時とを洗い出し、本当にそのアクセス状況を再現できるか?とかまでやれば判断できると思います。

 

それが可能か?と言えばかなり現実的ではありませんし、運営会社側も多くの時間をとられる事になります。

 

言葉は悪いですが、運営会社は本人確認の為に人件費を使うことになります。

 

となると、「何で登録情報を適当に入力したの?」から入る事になり、最悪は換金できませんという事態に陥る可能性もあります。

 

私は運営会社の人間ではありませんし、もっと違った方法もあるかもしれませんし、ここまで厳しくないかもしれませんが、最悪のケースを考えるとこうなります。

 

そして先程の山田太郎でしたという事、自分自身で主張できますでしょうか?

 

今更正しい個人情報を伝えても主張にならないのは言うまでもありません。

 

となると、先程のような方法や、〇月〇日に楽天市場で買物をして、ポイントを付与したもらった時の決済メール等で証明する事ができれば、あるいは可能かもしれません。

 

登録情報を適当に入力してしまった以上、私たちはユーザーではありますが、運営会社がどれだけの事で個人を認めてくれるのか、そこに賭けるしかありません。

覚えているかい?

適当な情報を入力した後、最低換金額に到達したとします。

 

そこで本人確認を行う際、適当に入力した個人情報を覚えているでしょうか?

 

生年月日等はサイト内で確認できますが、秘密の質問とかはどうでしょうか?

 

秘密の質問も、質問の変更ができればよいのですが、できない場合はもうどうしようもありません。

 

その場合、運営会社に問い合わせする事になると思いましたが、その時点で「何で登録情報を適当に入力したの?」という事になった場合、最悪は換金できない自体に陥る可能性もあります。

 

「おめぇらが信用ならないからだよ!!」と言ってしまうと、運営会社もカチンと来るでしょうし、そこで試合終了です。

 

もし思い出せない場合は、保有ポイントを換金できない可能性というものがあります。

実際やったわけじゃないけど

このページ、実際私がやった訳じゃありません。

 

私は個人情報をちゃんと入力していますので、このような心配はありません。

 

もう1つ言えば、最悪パスワードや秘密の質問が分かっている場合、ギフト券の交換であれば、ギフトですから大丈夫かもしれません。

 

いずれにしよ、登録情報は適当に入力しないのが一番です

 

 

 

個人情報は適当でも良いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


適当な個人情報

今回はお小遣いサイトの登録情報の個人情報は適当で良いのか?について詳しく説明していきます。

 

まあ当然の事ながら運営会社的にはNGですので、その点は重々承知下さい。

 

例えばパスワードや秘密の質問を忘れてしまった場合、誰でも簡単に変更できないように登録情報で本人確認を行います。その本人確認を行う個人情報が適当な場合、覚えていなければ登録情報を変更できなくなりログインできなくなってしまう。

 

場合なんてことも考えられます。

 

私はきちんと本当の個人情報を入力しているので、実際に試した訳ではありませんので重ねてご了承下さい。

忘れるとヤバい

デンジャー

 

お小遣いサイトでは登録情報を変更する際やパスワードを忘れた時、そして換金時に、生年月日やパスワード、電話認証利用して本人確認を行う事が多いです。

 

適当に入力すると、パスワードはともかく生年月日を思い出すのは至難の業で、適当に登録した日とかにしておくと、取り返しのつかない事になります。

 

具体的には、本日、10月17日に登録したから、生年月日を10月17日にしておくと、自分の誕生日が10月17日でない限り中々思い出せないですし、憶えておくのも難しいと思います。

 

そもそも生年月日の照会、自分の誕生日を忘れるなんてボケ老人にすら失礼なレベルですので、そもそも問い合わせというものが存在しません。

 

唯一例外として私の会社の人は、父親が出生届を出した際の字が汚すぎて実際の生年月日が違っていたようで、後になって生年月日を変更していく必要があったというのを聞いたことがあります。

 

そんな事でもない限り、生年月日って役所とかでも変えられないのではないかと思います。

 

お小遣いサイト(全てのサイト)でも、生年月日は変えられない事が多いです。適当に入力してお問い合わせで生年月日はどうでしたっけ?って言うと、自分の生年月日知らねぇの的になってしまいます。

 

適当に入力するという事は、当然答える事ができる答えに答えられないという事を意味し、入力ミスで…というしかなくなってしまいますが、それは不正利用を考える事もやる事ですので、運営会社が問い合わせに答えてくれるかどうか…の時に免許書の写しが必要だったりしても文句は言えません。

基本はダメですが

基本はダメですが、例えばAmazonギフト券やiTunesギフトコード等、人にあげるような換金先においては適当な個人情報を入力してもバレないと思います。

 

ギフトですからね…誰にギフトしてもそりゃあバレないでしょう。ただその場合においても、電話認証(SMS認証)等で、本当にお小遣いサイトに登録している本人なのか?というのは確認される事があります。

 

アカウント乗っ取りに対する対策がギフトという形態上できない為、多くのお小遣いサイトでは電子マネーへの交換の換金上限額が低めに設定されている事が多いです。

 

銀行口座への交換ついては、不正利用だと思われる可能性が非常に高いです。

 

ハピタスを例に挙げますと、きちんと質問にその事が明記されています。

 

ハピタス換金規約

 

必ず利用の会員本人様の交換先を指定する必要があります。家族の口座を含め、他人名義の口座へのポイント交換は承る事ができません。

 

例えばAさん…いや、私を例にすると、いくら私のアカウントで換金できるポイントが貯まったとしても、嫁の銀行口座に振り込むのは宜しくないです。

 

今考えれば、お小遣いサイトの確定申告は振り込まれた時点で雑所得との事、本人以外への口座に振込可能だったら20万円まで自分の口座に振り込んで、今度は嫁、親…とある意味税金を逃れる事ができてしまいます。

 

さらに例えるなら、他人名義に振り込みがまかり通ってしまう場合、私のアカウントが乗っ取られた場合、全く知らない人でも換金できてしまう事になります。

 

そういう意味でも、本人の口座が必要というのはそれは必要な事だと思います♪

ちゃんと入力して問題があったか?

デンジャー

 

私的には、今まで自分の登録情報を偽りなく入力しましたが、それで何か個人情報が流出した等という事は自分で体感できません。

 

お小遣いサイト運営会社は、個人情報を流出するととても大きなダメージを受けますのでしっかりと保護してくれます。

 

そもそもの話ですが、お小遣いサイトは完全に個人を特定できる程、登録情報を入力しないという事もあります。

 

中には大丈夫かよ…?というサイトもありますが、私が登録した中では何も起こってない事から、それらのサイトもしっかりと守ってくれているという事が分かります♪

今後厳しくなっていく

お小遣いサイト・アプリの流れを簡単に説明します。

 

極端な話、昔は個人情報が適当であっても、ポイント換金を行なう事ができた時代もありました。

 

この数年、不正利用や不正換金が多くなってきて、多くのお小遣いサイトで登録銀行口座は本人のものという縛りが設定、ポイント交換にはSMS認証が必要、電話番号が必要という流れになってきています。今後、セキュリティーの観念からこれが義務化レベルのデフォルト設定になるという可能性、遅かれ早かれ来ると思います。

 

ただ、お小遣いサイトも正直、誰でも簡単に利用できて簡単に辞める事ができるのを売りにしている為、できるだけ縛りは設定したくないというのが本音です。

 

だから原則義務化されるとかでない限り、縛りがあるサイト・無いサイトというのが混在するでしょう。大手は導入しますが、中小お小遣いサイトは導入していないという可能性、あると思います。

秘密の質問・パスワードを忘れた時に

個人情報がよく使用される所として、秘密の質問及びパスワードを忘れた場合に個人情報を入力する事で本人確認を行う事があります。

 

通常、個人情報は覚えている事が前提で話が進みます(当然ですが)ので、覚えていないと話にならない事もあります。

 

また、退会時にパスワードが必要で、パスワードを知る為に登録情報が必要だったり、最悪退会できないなんて場合も考えられます。

 

 

本人確認(電話認証・sms認証)

お小遣いサイトでは、換金する際に電話認証やsms認証等の本人確認が必要な場合もあります。

 

お小遣いサイトに登録する際入力した登録情報で、本人確認を行う事もあります。

 

登録情報画面に行けば分かりますが、例えば誕生日、適当に入力しているとおそらく忘れると思いまし、これは変更できないサイトが多いと思います。上記の本人口座と併用すると、不正利用についてより厳しくなりますので、換金する際の本人確認はこれから多くなっていくのではないかと思います。

 

秘密の質問と答えも同様で、ご家族とか親しい友人とかでないと、秘密の質問にはなかなか答えられないでしょう。

 

お小遣いアプリは特に

お小遣いアプリは特に、登録情報が必要なく、メールアドレスも必要ではない場合があります。

 

その場合、どうやって本人確認を行うか…?という事になると、このsms認証及び電話認証に行き着きます。

 

だって何らかの本人確認を行わないのであれば、端末の数だけポイントを換金できるようになりますので、そういった事が不正利用に繋がってくるのではないかと思います。

 

簡単に換金できないよう、最低換金額を高めに設定したり…

 

クリック及びゲームのみでの換金を不可にしたり…

 

個人情報が無いという事は、逆に電話認証及びsms認証を必要とする可能性が高いです。

 入力しても問題ないです

個人入力を適当に行う事での弊害は以下の通り。

  • 換金する口座と登録情報が合わず換金できない
  • 本人確認に必要な生年月日・氏名等を忘れて先に進めない
  • 秘密の質問は退会できなくなってしまう事もある
  • お問い合わせの時、個人情報を適当に入力したとは言いづらい

です。

 

私的には入力しても特に問題がない事から、入力しない理由はないと思います。

 

個人情報を守ってくれるのであれば、しっかりと入力しない意味っていうのもあんまりないと思いますが…

 

親にバレたくない…学校にバレたくない…であってもお小遣いサイトが情報を公開する事はありませんし、

 

ニックネームに本名を入れる等を行わない場合、バレるという事はないと思います。

 

 

余程特殊な名前でもない限りは…

 

今は大丈夫なサイトでも、この先は不正利用防止から厳しくなる傾向にあるのは間違いありませんので、個人情報はしっかりと自分の情報を入力し、お小遣いサイトにしっかりと守ってもらいましょう♪

 

信用できないようなサイトは、利用から検討した方が良いと思います。

 

もちろん100%断言できる訳ではありません。

 

運営会社も人間ですから、あってはならない間違いを犯す事もあるでしょう。

 

ですがそれは、お小遣いサイトというジャンルでは本当にあってはならない事です。

 

それがないよう、企業としてクリティカルヒットを受けないよう、大切に扱われています。

 

こちらの方が良いかもしれませんね♪

 

お小遣いサイト運営会社として、個人情報を流出させましたという記事がYahooのトップページにでも掲載されようものなら、ポイントタウンを運営するGMOメディア(GMOグループ)でも会心の一撃クラスの打撃でしょう。

 

ただ個人情報を適当に入力するという事は、お小遣いサイトに対し、不正利用しているかもしれないという疑いを否定できません。

 

例えばお問い合わせが進んでいって、

 

運営会社「何で個人情報適当に入力したの?」

 

と言われた時、

 

ユーザー「御社が胡散臭いからです。」

 

スーパーコンボのゲージを貯めて、挑発に利用するかの如き行為です。

 

流石に運営もカチンと来ると思いますので、不正利用を疑ってしまうでしょう。

 

少なくとも私が書いた記事は全て登録して実践していますので、そのような危険はありません♪

 

適当に個人情報を入力すると、当初の利用には困りませんが、換金時に困る可能性が高くなってきますのでご注意下さい。

 

 

個人情報の入力が多いお小遣いサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


個人情報多すぎ

個人情報の入力が多いお小遣いサイト、なんでこんなに多いのって思いますよね。

 

この記事は私の経験則に基づき作成していますが、ほぼ確信に近い状態でこういった理由で個人情報の入力が必要だという考察に至っています。

 

嘘・適当な個人情報を入力するとどうなるか?については以下の記事を参照下さい。

 

 

個人情報の入力が必要な理由

これまでお小遣いサイトを利用してきて、個人情報が必要な理由というものを探してきた結果、3つの理由で個人情報の入力が必要なのではないかと思います。

  • 換金手数料
  • 会員の管理
  • 不正利用防止

以下、3つの理由について詳しく説明していきます。

換金手数料

握手

 

お小遣いサイトは登録制、これは絶対です。

 

登録制である一番の理由、これは換金に原因があります。

 

例えばお小遣いサイトから還元率1%の広告を利用するとして、購入金額が100円とします。となると還元率1%ですので、獲得できるポイントは1円になります。要はこの1円を手数料無しで換金するのが非常に難しいという事です。

 

1円から換金可能を実現する為には極端な話、自社が持っているコンテンツのポイントに交換するとかしか見たことがありません。一部換金先については、単純に方法が無いというのもあります。

 

Amazonギフト券であれば最低換金額は15円、お小遣いアプリには一時期50円から交換可能でしたが、現在のお小遣いサイトでは100円が最低換金額と言ってもいいでしょう。

 

iTunesギフトは500円から、これは単純にiTunesギフトが500円単位でしか販売されていないからです。

 

現金において、お小遣いサイト側で現金の手数料が無料な場合、その場合はお小遣いサイトが手数料を自社で受け持っている状態です。ですので1円からポイント交換されると手数料がかかってしまい、運営会社の利益にはならずむしろマイナスになってしまいます。

 

当サイトの記事、お小遣いサイトとは?仕組みについてをご覧になった事がある方であれば、お小遣いサイトは色々な広告を集め、広告を利用してもらった方から中間マージンを取る事で成立しているシステムだという事はご存知だと思います。

 

ですので極端な話、お小遣いサイトとしては広告を利用してくれれば良いのですから、1件利用してくれれば登録情報は必要ありません。なのに登録情報が必要なのはまず換金手数料という問題があります。

会員の管理

最低換金額の問題から会員登録をしたとして、何故お小遣いサイトによっては膨大な登録情報が必要なのか?連絡するだけならメールアドレスとパスワードだけで良いのではないか?

 

1つは会員を管理するという事について、登録情報が必要となってきます。

 

会員を管理しておかないと、後でどんなトラブルがあるかどうか分かりません。特に広告が承認されないなんてクレームを受けた場合、相手の情報を確認したくともメールアドレスとパスワードしかないのであれば、いわゆる本人確認ができませんし、調査する事も難しいです。

 

先程、1円を獲得したという例を出しましたが、その情報をどうやって管理するの?メールアドレスとパスワードだけで?となると、第三者が勝手にポイントを換金した場合、お小遣いサイトでは本人であるかを確認する術がなく、トラブルを招く結果となります。

 

 

お小遣いサイト運営側は、会員の管理を行い保有ポイントの管理・トレブルやクレームが会った時のために登録情報を必要とします。

 

この場合、より多くの登録情報があった方がトラブルの原因を追求するのに便利ですし、正直お小遣いサイト側も広告を利用して欲しいから、多少はお小遣いサイトを利用する覚悟ができる登録情報を入力して欲しいというのもあります。

不正利用防止

俺の名前を言ってみろ

 

ちょっと昔の話をしますが、5年くらい前まではお小遣いサイトでこれ程多くの登録情報を必要とするお小遣いサイトは一握りしかありませんでした。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ニックネーム
  • 生年月日

位でしょうか?個人を特定するには全く至らない程の情報でした。

 

これが近年、携帯電話でのSMS認証は電話認証が導入され、都道府県まで指定するようになってきたのは何故か?

 

まず生年月日については本人確認のために使われる事が多いです。例えば会員情報の編集ページであれば、生年月日及び秘密の質問を入力すると編集ページ触れるようになったりする事が良くあります。

 

ただ生年月日ですから、友人や知人、ちょっとした知り合い、会社の同僚、結構部署が違うひとでも生年月日を知ることは出来てしまう為、本人確認としてはイマイチです。

 

この状態から2013年位からでしょうか、秘密の質問というシステムが導入され初めました。秘密の質問とは、本人にしか知り得ない秘密の質問を設定し、その質問に答える事ができた場合、本人確認ができたとするシステムです。

 

ただこの秘密の質問、本人の事を良く知っている方にとってはそれ程難しい事ではないというのが問題です。あまりに難しい質問を設定してしまうと、本人自身も秘密の質問と答えがわからなくなってしまうのも原因で、秘密の質問は"好きな食べ物"とか"母親の旧姓"とか、分かりやすいものになってしまった為、本人確認としてはややイマイチです。

 

そこで現在お小遣いサイトに普及しているのがSMS認証・電話認証です。

 

SMS認証はショートメールを使い、認証コードを送って本人確認を取るシステムです。これはかなり効果があったようですが、携帯電話を持っていないと認証ができないと欠点がありました。

 

それを補完したのが電話認証で、お小遣いサイトが指定する電話番号に直接電話をかけ、認証コードを取得するというシステムとなりました。

 

これも電話回線が無いと利用できないというデメリットがありますが、電話認証までやると大きなトラブルが少ないというのが現状です。

 

これらの登録情報が年々厳しくなっているのは、不正利用による第三者のポイント換金が多いという事を意味します。まあ秘密の質問とか、秘密の質問になっていない状態ですから携帯電話番号という1つしか所持しにくいものに変わるのも無理はありません。

 

そして1つしかない携帯電話番号、携帯電話を持っていないあるいはショートメールが使えない人からクレームが来るのも無理はありません。

 

何が言いたかったか?と言えば、電話番号が必要という事が本質ではなく、年々不正利用対策に登録情報が増えていっているという事です。

 

この流れの終着点はマイナンバーですが、私でもお小遣いサイトの登録にマイナンバーが必要であれば利用しないですので、マイナンバーが必要という時代はおそらく来ないでしょう。

 

現在のお小遣いサイトではこれらの情報を複合して不正利用対策を行っている状態です。

 

ログイン時にはロボットによる自動認証を阻止し、登録情報変更画面では生年月日の入力、秘密の質問が必要、ポイント交換には電話番号の登録等ですね。

 

登録情報が多くなった原因として、不正利用防止が年々イタチゴッコで認証する方法が変わっているという事があります。

 

目次へ

個人情報入力の多いサイトは強力

ビル群

 

個人情報の入力が多いお小遣いサイトは大体セキュリティが強力です

 

個人情報が多いお小遣いサイトとは、アンケート系お小遣いサイトに属するものとポイント交換先に商品を発送するサイト、懸賞サイトが大半です。

 

これらのお小遣いサイトは、どうしても年代や住んでいる住所が必要になってきます。

 

アンケートサイト側になって考えると年齢も性別もわからない方にアンケートを送るより、集計結果に20代~50代位まで欲しいでしょうし、主婦の方、サラリーマンの方等、個別にアンケートを送る事で顧客の満足いくアンケート結果が返ってこないと話になりません。ですのでアンケートサイトでは氏名や住所はおろか、性別や血液型、趣味や仕事のジャンルまでも登録時に入力することが多いです。

 

このアンケートサイト、例えばマクロミルなんかセキュリティが超強力です。なにか個人情報のページがある所全てにSSLが使用されています。

 

その他のアンケート系お小遣いサイトでも、さすがにSSLを使用していないサイトは私が確認する限りは見当たらず、セキュリティによる個人情報の流出を考える場合SSLを使用しており、登録情報の入力が多いサイト程危険性が少ないと思います。

 

経験則ですけどねレベル10

 

個人情報の入力が心配な方は、個人情報が多いサイトに飛び込むのもある意味手であると言えます。

 

SSLは確認して下さいね!!SSLの確認は、ログイン画面で、上部のURLがhttpsになっているという状態です!!

 

SSLがあれば必ずという訳ではありませんが、情報漏えいの危険は少なくなります。

 

余談ですが、当サイトでも検索順位が低下するのを恐れず後からSSL対応を行いました。私みたいな個人レベルでもSSL化ができるのですから、お小遣いサイトでSSLを導入するというのは、もはやコーヒーに砂糖とミルクが添えてある位たしなみの1つになってきています。

ただ大手サイトだという事

進撃のポイントタウン

 

ただ大手サイトだという事は、それだけ人の目に触れる機会が多いです。ポイントタウンやモッピー等は月間数千万PV、1ヶ月で日本人の数分の1になる程のアクセスがある訳です。

 

人の目に触れる機会が多いという事は、それだけ個人情報を狙う人の目に触れる機会も多いということです。その中にこのセキュリティーなら突破できる…!!と思う方、その中から実際に行動を起こす可能性、月間1万PVのサイトに比べれば明らかに高いです。

 

Yahoo!とか、多くの方々がトップページにしていると思います。会員登録している方も多いので、それだけ個人情報を狙う人にとっても、個人情報を入手できた場合おいしいものとなります。だからこそセキュリティーには人一倍気を使うのですが、可能性としては高いという事は事実です。

SSLが無いという事

デンジャー

 

SSLはあった方が確実に良いのですが、お小遣いサイト/アプリを運営する為には原則として必ず必要という訳ではないです。

 

常識的には欲しい所ですが、最悪無くても…というのが現状です。

 

お小遣いサイト及びお小遣いアプリ、SSLを導入していないと運営してはいけないという法律はありません。

 

SSLが無いという事は、個人情報の入力画面において、通信間のセキュリティーが守られていないということで、通信間のセキュリティーが保障されていない上、多くの方々が個人情報を入力しているページがあれば…狙いどころですね。

 

SSLを利用していないという事は、不正に個人情報を取得している輩のせいにできるという事です。

 

私共のお小遣いサイトはSSLを利用していませんので、通信間でハッキングされたものに対しては責任を負う事ができませんという逃れ方ができる事になります。

 

であれば当サイトで取り扱っているお小遣いサイトにおいてSSLが使用されていないという事はほぼありませんが、評価的にSSLを利用していないという事はかなりのデンジャーであると評価を改める必要性が出てきました。

 

プライバシーマークの取得には審査対象として、SSLの導入が含まれることもあるとの事、であれば、プライバシーマークを取得している企業において、SSLを利用しないなんて事はないという事も言えますね。

 

目次へ

意味のない個人情報の入力も…

なんでやねん

例えばですが、アンケートの必要がなく懸賞などもからまないお小遣いサイトで住所、氏名、電話番号、メールアドレス、世帯の情報等、不正利用を防ぐと言う所ではある程度の入力は必要だと思いますが、これはあきらかにやりすぎだと思います。

 

アンケートも懸賞もないのに詳細な住所が必要なのか?まあ必要ありませんね

 

こんな感じで、必要のない個人情報の入力を迫られて、さらにこれが身元が分からないお小遣いサイトの場合はかなりデンジャーです。個人情報を入力するだけで、稼げる可能性の見いだせないお小遣いサイトである可能性があります。

 

最近こんなお小遣いサイトはあまり見かける事がなく、ちゃんとお小遣いサイトとして広告を掲載していて稼ぐことは可能ですが、登録の際には注意しましょう。

 

換金時に個人情報が求められるという事がありますが、これは不正対策防止としてはしょうがない所です。最近ではSMS(電話認証)だったりしますが、登録情報(生年月日等)等を入力する事が本人確認のお小遣いサイトもあります。

 

こういったものであれば個人情報を入力するという事にも納得がいきます。

 

出会った事はありませんが、換金時の本人確認の為に詳細な住所等を要求するというのは何の目的で?という気がします。

 

目次へ

会社の規模に左右される面も

ツインタワービル

 

会社の規模でもお小遣いサイトの危険度が伺い知れます。

 

先程の話でも、必要のない個人情報を入力するとして従業員が5名とかであったら少し怪しいな…と思いますが、従業員が100人以上で、株式上場していたりするとやはり安心度が違います。何か意味があるのだろう、この先懸賞サービスを出す予定でもあるのかと思うことができます。そして100人を露頭に迷わせる事になる可能性がある個人情報の流出に対して慎重になるという事もわかります。

 

個人情報は大切に扱って欲しいので、ある程度の会社の規模でも危険度を判断する事ができます。逆に言えば責任分担的には規模の少ない運営会社の方がハッキリしているとも言えます。

 

従業員2人の場合、極端な話責任はどっちかです。

 

従業員500人(アルバイト・パート含む)とかだったら、極端な話アルバイトさんが個人情報を漏えいしてしまい、発覚した時にはもういない…なんて責任分担が甘くなってしまう事も考えられます。まあそれを防ぐ為の理由でもあるプライバシーマークですので、プライバシーマークを取得しているのはプラスに働いています。

 

目次へ

まとめ

にゃー

 

個人情報を入力するという事は、少なくともメールマガジンが来る可能性を示します。

 

これが迷惑メールであるかは人それぞれですのでそこまでは言いません。

 

ですが個人情報を入力するのであれば丁重に取り扱って欲しいものです。

 

理想的なのは個人情報の入力が多くても、SSLが効いていたり検索すればパッと出てくる会社であるのが望ましいです。

 

全てがダメな訳ではありませんが、会社名を入力してすぐ出てこないような会社では少し注意が必要だと思います。

 

元々お小遣いサイトの運営会社はそういった技術に長けているハズですので、そういった事も頭に入れつつお小遣いサイトを選定されてみては?と思います。

 

 

目次へ

お小遣いサイトとは?仕組みについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お小遣いサイトの仕組み

 

お小遣いサイトの仕組みについての記事です。

 

お小遣いサイトは何で会社が成り立っているのか?

どういった仕組みで報酬が支払われているか?

 

お小遣いサイトって一見すると、登録するだけで○○円!!のような言葉が多く、運営側に何のメリットがあるのかが分かりにくいです。こういった疑問を解決していくべく記事を作成しました!!

 

この仕組みについて理解していない場合、格闘ゲームの説明書を読まずに利用するようなもので、パンチやキック(クリックやゲーム)等は直感的に利用できますが、普通は波動拳(広告利用)も厳しいと思います。そこへきて仕組みの難しいもの(100%還元等)はかのレイジングストームを説明書なしで放つ位の難しさです。ポイント交換はポイント合算サイトを利用したりすと、かのブレイクスパイラルのような難しさです。

 

まずは仕組みをしっかりと理解し、お小遣いサイトがどんな仕組みで利用され、どんなビジネスで運営が成り立っているかを知っておきましょう。

 

仕組みについての専門用語

専門用語

お小遣いサイトとは?の仕組みを知るためには、まずこれらの専門用語を理解しておくとスムーズに話が進みます。難しい事ではありませんのでここで理解してみて下さい。

  • 企業
  • ASP
  • お小遣いサイト
  • 私達

この4つでお小遣いサイトという、正式名称で言えばポイントメディア事業が成り立っています。

企業(広告主)

 

企業(広告主)、もっと分かりやすい言葉で言うとスポンサーですね。

 

企業とはお小遣いサイトで代表的な企業をあげるならば、楽天市場やYahoo!ショッピング等です。

 

企業(広告主)は後で説明するASPに広告を掲載して下さいと依頼し、ASPが広告を発行し、お小遣いサイトや私達のようなブログ等、多種多様な方々に広告をクリックして商品を購入(契約成立)すると報酬を獲得できるというシステムを使えるようにしてくれます。

 

広告主はポイントメディア事業の頂点に君臨する存在であり、お金を払う所です。したがってポイントの還元率やお小遣いサイトの景気など、広告主が全てを握っています。お客様は神様という言葉がありますが、広告主はお客様、つまり神様です。

 

例えば無料会員登録で1件100円という広告を広告主が出すならば、お小遣いサイト側は特別な単価をもらわない限り100円以上の報酬を設定する事はできません。

ASP

アフィリエイトサービスプロバイダの略で、簡単に言ってしまえばお小遣いサイトの無料会員登録やショッピング等の広告を取り扱っている会社です。

 

お小遣いサイトが独自に広告主と提携して広告を出すこともありますが、通常このASPにある広告が、お小遣いサイトに掲載されている広告になります。お小遣いサイト運営会社もASPで取り扱っている広告を、ASPと提携してサイト上に広告を掲載しています。

 

ASPはアクセストレードA8netバリューコマース等複数あり、それぞれが提携している広告があり、それぞれの企業で扱っている広告が違います。ASPは広告を利用する企業(個人)を審査し、広告を掲載してもいいよという許可を出す所です。

 

広告主側にとっても、広告を出すという事に対してノウハウが無い場合、アフィリエイトプログラムを利用して簡単に広告を出すことができるようにしてくれるのもこのASPです。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、先程のASPの広告を自分の持っているサイト・ブログ・ソーシャルメディア等に張り、自分のメディアから広告をクリックしてもらうと報酬が発生するというシステムです。

 

このアフィリエイトは、一連の流れからお小遣いサイトを取り除いた状態になります。

 

例を上げますと、私がこのサイトでお小遣いサイトを紹介せず、クレジットカード発行等の広告を紹介するのであれば、それは個人がアフィリエイトを行っている状態です。その場合私が直接ASPと提携し、当サイトを審査してもらった上、ASPからの承認が降りた場合広告を発行する事ができます。

 

一例としてはバナーです。当サイトの各所に貼ってあるバナーはお小遣いサイトから直接バナー広告を貼っているものも多いですが、楽天市場とかになるとASPに審査を受け、バナーを発行してもらう事になります。

 

アフィリエイトの方が稼げる事は事実ですが、ブログ/サイトを作成し、先程説明したASPと直接提携し、当サイトを審査してもらうことが必要であったりとハードルが高いです。

 

目次へ

お小遣いサイトの仕組み

お小遣いサイトの仕組みは、いわゆるアフィリエイトの中にお小遣いサイトが入る事で成り立っています。

図にするとこうなります。

 

よ~く見てよ~く読んで下さい。

 

お小遣いサイト仕組み図1

赤矢印の流れは、企業側のお金の流れ。

青矢印の流れは、私たちが広告利用した時のお金の流れです。

 

企業側が11000円広告費用を出したと仮定します。

企業は1000円のものを購入した場合、購入金額の2%を還元し、500人の方に20円の還元を行う事を想定しています。

 

まず企業がASPに1000円支払い、ASPは1000円で広告作成を請け負います。ASPは広告を作りお小遣いサイトやブロガーさんたちに広告を提供します。

お小遣いサイトやブロガーさんたちがその広告をサイトに表示します。

この時点で企業が支払った広告費用費用は10000円です。

 

お小遣いサイトはASPから提供された広告の還元率を2%から1%に落とし、自身のサイトに広告を表示させます。お小遣いサイトは多くの方々が利用されている為、多くの方々にその広告が1000円のものを購入すると1%還元で10円ポイント還元されるという事が広まります。

 

その広告をたまたまお小遣いサイトで見た私が広告を利用し、1000円のものを購入します。

この場合、お小遣いサイトで設定された還元率は1%還元ですので10円獲得します。

私→10円

 

残りの1%である10円は、お小遣いサイトの報酬です。

お小遣いサイト→10円

 

ここまでで企業が出した11000円に対し、

ASPが1000円、

お小遣いサイトが10円

私達が10円

 

合計1020円の広告料金が使用されています。

ここが10000円になるまでが、お小遣いサイトの広告が出ている期間となります

 

仮にですが、あと499人の方が1000円のものを購入した場合、広告側が出した10000円という予算を超える事になるので、ここでASPの広告掲載は終了します。

 

私を含めた500人の方は450人×10円で5000円

 

お小遣いサイトは500人×10円で5000円

 

企業側は1000円の商品が500人に売れたのですから50万円の売上-広告費の1万円で49万円の売上です。

 

こう見ると私達がお小遣いサイトに中抜きされているように見えますが、私たちはお小遣いサイトがなければそもそも1000円のものを購入した場合、2%分である20円が還元される事を知らないのです。お小遣いサイトのお陰で広告を知ることができ、お小遣いサイトを経由する事により10円のポイント還元を受ける事ができます。

 

 

以上がお小遣いサイトの仕組みになります♪

 

目次へ

根っこは企業

ビル群

 

上記がお小遣いサイトの基本的なながれではありますが、いろいろ変則的なものも多々あり、例えばお小遣いサイトが広告主から直接受けている場合も十分あり得ます。

 

どのみち根っこは企業で、企業側が広告を発行しない限りは広告は発生しません。

 

これに対しアフィリエイトは、先程の図から、お小遣いサイトを省いた状態になります。

 

ですので先程の課金アイテムの例でいえば2.5%の還元率をそっくりそのまま報酬として獲得できるシステムです。

 

企業が広告を出さない限り、お小遣いサイトは運営が成り立ちません。

 

お小遣いサイトは宣伝によって成り立つ、企業を根っことする1つの宣伝業というビジネスです。

 

目次へ

お小遣いサイトが必要なのか?

これまでの記事を読んで頂いた方がおそらく疑問に思った事。

 

だったらアフィリエイトした方がいいよね?とも思うかもしれません。

 

なんでわざわざお小遣いサイトに中間マージンを払わないといけないの?確かにアフィリエイトした方が報酬額は上です。ですがこのアフィリエイト広告を自分で登録し、自分自身で利用するという事、結構な手間です。自分でクリックして商品購入がNGの場合もありますし、広告を貼る為にサイトを作らないといけない場合もあります。

 

アフィリエイト広告は宣伝してもらうという事が目的である為、宣伝するメディア(ブログ・Twitter等)があり、それが宣伝するメディアであるとASPに認められないといけません。

 

お小遣いサイトはそれらすべての課題をクリアして広告を出しています。その手間というものが最大のメリットです。

 

またお小遣いサイトもただ商品を購入するだけでは全く必要性を感じません。

 

ですので様々なキャンペーンやクリックポイント、時には利益よりも大きな還元率で私たちの利用意識を高めようとしています。お小遣いサイト運営会社が広告主さんとのやりとりで特別な単価を頂いている場合もあります。

 

以下、あくまでも例えの話ですので真に受けないように。

 

仮に、お小遣いサイト運営が楽天に、山吹色のお菓子を献上し、お主も悪よのぅ的なやりとりがあり、楽天市場の広告が3%還元にして、2%を私達に、1%を運営会社の利益にする事も可能です。逆も然り。

 

ですのでお小遣いサイトを経由すると一概に損をするとは言えないです。

 

お小遣いサイトのPVは相当なもので、毎月数千万PVはあります。毎月数千万PV、つまりアクセスのある宣伝は企業にとっても魅力的です。お小遣いサイトに掲載されている事自体が宣伝にもなりますので、そういう事があってもなんら不思議ではないと思います。

 

お小遣いサイトは、先程お小遣いサイトの仕組みあげた1%の報酬を積み重ねて会社の運営を行っている為、広告を利用してもらわないと報酬が発生しません。

 

だから広告が無くなったり広告主から提示される広告の単価が下がったりすると、お小遣いサイトは景気が悪くなったり、クリックポイントがいきなりなくなったりと改善・改悪を繰り返す状態になります。

 

ポイントサイト、お小遣いサイト運営会社の運命も、実際の社会と同じかもしれませんが、企業が根っこにあり、景気の善し悪しというのも企業が握っています。

 

目次へ

お小遣いサイトのマージンについて

お小遣いサイトのマージンについて、大体50%が基本と思われます。

 

これはmanekin等では明確に記載してあったりします。

ポイントインカムだったら(以前は)謳い文句に70%以上還元していると明記され、大体半分程度がマージンになります。

 

運営状態により左右されますが、お小遣いサイト運営会社の営業さんが頑張ってASPでも2%の所を3%に交渉したり、キャンペーンで見てもらいたい広告のポイントを赤字になる覚悟で上げたりと、一概には言えません。

 

例えば紹介制度の報酬なんか、2ティア50%と書いてあると、確実に広告の還元率の50%以上の報酬を確保していなくてはなりませんでしたが、最近は紹介報酬対象外の広告の出現により、数値が一定化する事も無くなりました。

 

残りはお小遣いサイト側の企業努力に全てが委ねられています。

 

お小遣いサイトは、私達が利用した広告が本来100ある場合、概ね50位を自分たちの収入として、私達に50報酬として渡した額で成り立っています。

 

又、i2iポイントのように、還元率を一時的に95%位にすることも稀にありますし、あるいは100%に加え、広告主と交渉して100%以上にしているという事もない訳ではありません。

 

だからこそGMOという大企業が運営するポイントタウンは還元率を高く設定できますし、交渉にも有利です。ポイントサイトとして実績のあるモッピーなんかも、東証一部に上場しているような企業ですし、交渉する事も可能です。

 

逆に中小お小遣いサイトは交渉ができない、案件を掲載できない、あるいは還元率を低く設定せざるを得ないという所があります。

iTunesアフィリエイト

iTunesアフィリエイトは、Appleが独自に開催するアフィリエイトです。

 

App Storeのアプリインストールの課金アイテムを利用すると、○%還元されるというのもここに該当します。

 

2018年1月時点でのアフィリエイト料率は、アプリインストールに関しては2.5%、iTunes Storeにおいては7%です。

 

ですので、課金アイテムを利用すると購入金額の1%が還元される!!という広告があった場合、1.5%はお小遣いサイトのマージン、1%は私たちに還元されるという事です。

 

中にはモッピーのように2%還元(最大7.5%)と、2.5%を大きく上回っている所もありますが、これはiTunesギフト購入の際に5%を還元し、プリペイドカードを使うことでiTunesアフィリエイトを超える還元率を実現しています。

 

iTunesギフトは大量購入した場合、少し安価に購入する事が可能という所に目をつけた企業努力という事になります。

 

目次へ

お小遣いサイトが無料は当たり前

デンジャー

 

これまででお小遣いサイトの仕組みは理解して頂けたでしょうか?仕組みを理解して頂けた場合、お小遣いサイトを利用するのはどうやっても完全無料だという事がわかります。これは一般的に悪質と呼ばれるお小遣いサイトにおいても同様です。

 

少なくとも、私が当サイトに記載したお小遣いサイトの中で、登録する事で料金が発生した事は一度もありませんし、お小遣いサイト側にに料金を支払いお小遣いサイトを利用させてもらうという事はありませんでした。

 

唯一例外としてタッチモールというサイトがありますが、このサイトでも無料会員登録、有料会員登録が分かれ、自動的に有料会員に切り替わったりする事はありません。

 

月額の料金を支払う事で還元率が現在のお小遣いサイトよりも数倍高いという特典があるので、有料会員という制度があるのも納得が行きます。

 

現在のお小遣いサイトは、広告を利用して貰い、獲得できるポイントの中間マージンで成り立っている為、仕組み的に費用が発生する事はおかしいです。だって意味が分かりませんよね?お小遣いサイトの仕組みから、会員登録が有料である理由、タッチモールのように何かしら理由がなければ何の為に月額料金を払うのかが説明できません。

 

費用が発生するケースは、お小遣いサイトを登録後、月額料金のサービス広告を利用したり、カード発行した後、年会費が発生する等の広告利用を行った先で料金が発生する場合というのは考えられます。

 

今後タッチモールのように、広告の還元率が数倍となるお小遣いサイトが出て来る可能性はありますが、基本的にお小遣いサイトのリスクというのは登録情報だけで、登録しただけで料金が発生するというのは悪質なサイトだと思って下さい。

 

目次へ

 

まとめ

にゃー

 

以上がお小遣いサイトとは?仕組みについてです。これだけ分かっていればお小遣いサイトに対する基本的な概念・知識は十分です。

 

簡単にまとめるなら、お小遣いサイトは広告主が発行した広告を、自分自身に変わり提携してくる代わりに、手間代として中間マージンを頂くという事が仕組みです。

 

お小遣いサイトは、仕組みから考えても広告を利用してくれるユーザーを獲得できているかが全てであり、運営会社の景気に直結します。よってお得なキャンペーンを維持できるサイトにおいて利益が上がっているという事が分かります。利益が上がっていないとお得なキャンペーン自体できないし、還元率も下がってきます。

 

お小遣いサイトの仕組みとお小遣いサイトの景気は密接な関係にあります。

 

お小遣いサイトの景気が悪い時は、お小遣いサイトの仕組みが成り立っていない時、すなわち広告を利用されていない時となります。

 

お小遣いサイトの仕組みを理解して利用している、あるいはこれから利用するお小遣いサイトがどういう状態であるかを予測することができます♪

 

 

目次へ

1 2 3 11
あいつ一人を超えるお小遣いサイト

モッピー(moppy)
クリックポイント、広告の還元率、紹介制度共に全て良く、確実に2018年においてもその猛威を奮っているだろう。

今後紹介制度を利用したりを考えると、登録しておくべき
スーパーお小遣いサイトです♪
クリックの効率が良すぎです♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーの危険性と評価・評判について

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかなサイト

ポイントタウン
※当サイトからの特典で、登録時に350円相当のポイントを獲得できます!!
何と言っても楽天銀行の最低換金額が100円な所が特徴。

初換金する為のハードルが低く、Google Chromeツールバーのインストールで1000ポイント=50円と、いきなり最低換金額の半分到達で、とりあえずやった方がお得です♪

大手GMOが本気を出して全てのサービスが水準以上の、もうこれだけでいいんじゃなかなと思わせられるお小遣いサイトです♪

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの危険性と評価について

初心者にオススメ

げん玉
登録情報の少なさ、クリックポイントで換金できる事、お仕事もでき、紹介制度も優秀なげん玉は、お小遣いサイト初心者にオススメのお小遣いサイトです♪
2018年、友達紹介サービスの新しい形を生み出し、げん玉の天下が復活するかも?

げん玉の危険性と評価・評判について

2018年の成長株

ちょびリッチ
クリック及びゲームで毎月1000円稼ぐ事ができ、ショッピング及び広告利用の還元率上昇。iOS課金アイテムの還元率を2%に設定しているお小遣いサイトです。

その急上昇は、モッピーやポイントタウンを思わせられる勢いで、ちょびっとではなくなったちょびリッチの成長に、2018年期待しています

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ちょびリッチの危険性と評価・評判について

広告利用・アプリインストール用お小遣いサイト

ポイントインカム

スマホ案件にも強く、常に改善傾向な上、運営会社の対応が丁寧なのが決め手です♪

ショッピング及び広告利用・アプリインストールをメインに利用するお小遣いサイトはこうでないとと思います♪

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム

ポイントインカムの稼ぎ方と評判について

身近に感じられるお小遣いサイト

i2iポイント
お小遣いサイトとして成長してきているのもさることながら、これ程お小遣いサイト担当の方を身近に感じられるお小遣いサイトはi2iポイントです。
密かに登録情報はげん玉よりも少ないです♪
その気さくさは、頼み込めばメル友にでもなってくれんじゃないかという勢いです♪

i2iポイントサイトへのご招待です♪

i2iポイントの危険性と評価・評判について

超期待のスマホお小遣い

モバトク通帳
モッピーを運営する株式会社セレスに
譲渡され、しばらくは息をひそめていたが、ついに改善傾向が見られ始めました

今後の成長に期待している
お小遣いサイトです

おこづかいとウェブマネー稼ぐならモバトク!

モバトク通帳の危険性と評判について

若干のつぶやき
1月17日:ここ1,2ヶ月ずっとなのですが、記事を書いていると突然ブルースクリーンになるという現象が続いています。"DPC Watchdog Violation"というエラー、てめぇの顔も見飽きたぜ!!といいたくなる程です。高速スタートアップの無効化等をやってみたのですが解決せず…なのでもっと時間をかけて対応しないといけない問題のようです。
書いた記事が一瞬で青くなる…やる気をそがれてしまいます。
人気記事一覧
注目記事一覧
最近のコメント
プロフィール

プロフィール

デンジャーマン

デンジャーの化身

お小遣いサイトをなんでも検証します

デンジャーマンのプロフィール

アクセスカウンター
カテゴリー
お小遣いサイトの歩み